2007年09月29日

『サマータイムマシン・ブルース』

サマータイムマシン・ブルース『踊る大走査線The Movie』シリーズで売れっ子監督となった本広克行監督が一番作りたかった映画というのがこういうミニシアター系作品だったそうで、実際映画を見てみると笑いのセンスや伏線の張り方も面白く、そういえば自分も学生時代にこんなバカやってたなぁ〜と思わせる演出がたまらなく素敵な映画でした。

そもそも突然現れたタイムマシーンで昨日に行くという設定がリアルで面白いです。大昔や未来に行くという話はよくありますが、戻れなくなったら怖いから昨日に行ってみようという、単純なんですけどもし自分の目の前にタイムマシーンがあったら彼らと同じようにしてしまうだろうという、お伽話なんですけど妙に現実的というこのギャップがいい感じなんですよね。

しかも結果的に昨日に行く目的が壊れたクーラーのリモコンを取りに行くという、本当に「タイムマシン無駄使い」なのも面白いです。『タイムマシン』のガイ・ピアースや『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のマイケル・J・フォックスとは比べものにならないほどのアホらしさと無駄無駄さなんですけど、もし自分にもタイムマシンを使える機会がやってきたらこういう使い方しかできないでそうね。

またもし彼らのように昨日に戻ったら、やはりすることも彼らと一緒のことばかりすると思います。というか男性なら誰しもがあんなバカばっかりやって騒ぐと思うんですよね。
そりゃ傍から、特に女性から見れば「子供っぽい」とか「歳を考えなさい」とか言われるかも知れませんが、男なんて所詮あんなもんですよ。いつまでも少年のまま、いやガキのまんまなんです。

でもそんな単純でおバカな青春映画に落ち着かせることなく、前半でたくさんの映像的な違和感を観客に見せておいて、それをストーリーが進むにつれて次々と解決していく本広監督の手法がこれまた気持ちいいこと!佐々木蔵之介先生の飄々としたおまぬけぶりも手伝ってか、私もバカばっかりやっていた学生時代に帰りたいなぁ〜と思わせる演出も見事でした。

ちなみにもしタイムマシンがあったら私は2003年2月22日に戻りたいです。出来れば何度でも・・・。

深夜らじお@の映画館はもう一度あの女優さんに会いたいです。

acideigakan at 18:12│Comments(8)clip!映画レビュー【さ行】 

この記事へのトラックバック

1. 真・映画日記『サマータイムマシン・ブルース』  [ CHEAP THRILL ]   2007年10月11日 11:48
9月6日(木)◆555日目◆ なんと言っても台風9号でしょ。 結局、新橋のマンガ喫茶でお泊まり。 とりあえずフラットシートタイプの席がとれた。 カップ麺とレトルトのキムチクッパでディナー。 で、午後11時過ぎからパソコンのシネマチャンネルにあった『サマー...
2. 【映画】サマータイムマシーン・ブルース  [ 快投乱打な雑記帳 ]   2007年10月29日 14:17
蒼井優ちゃん出てませんが、何か?(笑) って、上野樹里ちゃんが自然体な好演で出てますので、無問題です(爆)
3. サマータイムマシン・ブルース  [ シェイクで乾杯! ]   2008年01月19日 21:40
4 冒頭のダレダレの草野球、くだらない会話、だらしない日々、躍動感のない写真、そしてSFの研究なんか全くしていない、「SF研究会」。
4. サマータイムマシン・ブルース  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年12月16日 20:55
 コチラの「サマータイムマシン・ブルース」は、ヨーロッパ企画の舞台を「踊る大捜査線 THE MOVIE」の本広克行監督が映画化した青春SFコメディです。  原作者でもあるそのヨーロッパ企画の上田誠が脚本を手掛け、いい意味で舞台的な掛け合いによるコミカルさを残しなが....
5. 「サマータイムマシン・ブルース」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2009年11月25日 01:25
テレビの地上波の深夜番組を録画。 たまにはパソコンのチューナー録画も役に立つのね。 この作品・・・巷の噂ではなかなか評判がいいし、 宅配レンタルのスポットレンタルでは、なかなか順番が回ってきそうもない人気ぶり。

この記事へのコメント

1. Posted by YUKKO   2007年09月30日 23:10
いっぱいある伏線が段々判明していく様が面白いですね。実にばかばかしいのに、見終わった後さわやかな気分になれました。私が今戻りたいのは、終わったばかりの「Mr.Childrenコンサート」の長居陸上競技場です!2日間終わってしまいました。
2. Posted by にゃむばなな   2007年10月01日 21:37
YUKKOさん、コメントありがとうございます。

ミスチルのコンサート、お疲れ様でした。
そういう楽しい時間には何度でも戻りたくなりますよね。
この映画にもそんな純粋な想いが見事に描き出されていたと思いますよ。
3. Posted by shake   2008年01月19日 21:39
TBとコメントありがとうございました。
私は学生時代の、バカばっかりやっていた男の子たちを見てるのが好きでした。(^-^)
あの頃を思い出させられる作品でしたね。
4. Posted by にゃむばなな   2008年01月19日 21:52
shakeさんへ

男って生き物はアホでバカなことをやってナンボな生き方をしていますからね。
私も一人の男性として彼らのアホさが途中からすごく羨ましくなりましたね。
またあんなアホなことをしたいものですよ。
5. Posted by miyu   2008年12月16日 20:58
う〜ん!確かに、あたしも
タイムマシーンがあったとしたら、
とりあえず昨日って感じかも。
やっぱり帰ってこれないのは怖いもの。
でも、真夏に1日中ロッカーっつ〜のも
かなりキツイですよね〜(´▽`*)アハハ
6. Posted by にゃむばなな   2008年12月16日 21:33
miyuさんへ

いろんな映画やアニメで何度も登場しているタイムマシーン。
でもそれが自分の目の前に出てきたらということを本当にリアルに描いてますよね。
なんかこういう楽しかった学生時代に戻りたくなりましたよ。
7. Posted by ひらりん   2009年11月25日 23:08
トラ・コメどうもです。
大人から見れば、うざったい大学生たちでしたが、うざったいのが楽しい日々なのが青春。
ひらりんもきっとうざったく生きてたなーーと思い返させる作品でした。
8. Posted by にゃむばなな   2009年11月26日 19:59
ひらりんさんへ

ああいう「うざったい」のが学生時代の醍醐味ですよね。
確かに傍から見ればアホでも、本人たちは楽しい。
あれがこの映画にも描かれていたのがよかったですよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載