2007年10月18日

『ウェディング・プランナー』

ウェディング・プランナー改めてこの映画を今見ても、そしてこの先いつ見てもそんなに楽しめないのでは?と思います。
というのもこの映画、完全に終始予定調和でしか進まない作品なんですもん。ウェディング・プランナーの女性がクライアントの花婿に恋をして仕事との狭間で悩み、そして周囲の助けもあって最後は幸せを掴むという、これまでにイヤになるほど何度も見てきた展開ですから。サプライズなんて全くない映画ですよ。

でもそんなことを言いながら実は私、この映画を結構楽しめた一人なんですよね。
だってこの映画が公開された当時、主演のジェニファー・ロペスといえば「褐色の女神」と言われ、飛ぶ鳥を落とす勢いで世界屈指のええオンナだったんですもん。恐らく私と同じように映画館でジェニファー・ロペスの魅力に圧倒され幸せを堪能した男性諸君は数多いことだと思います。
まぁそんな訳ですから、今や勢いが完全になくなってしまったジェニロペの映画を今頃見たってストーリーに全く新鮮味がない分、普通の映画としか感じないんですよ。

ではなぜジェニファー・ロペスに勢いがなくなってしまったのか?ですが、それは単に彼女の性格の悪さが原因だと言われています。
振り返ってみれば、彼女の勢いが衰え始めた頃ってちょうどベン・アフレックと婚約をした時期だったんですよ。『チーム☆アメリカ-ワールドポリス-』をご覧になられた方なら、あのベン・アフレックかぁ〜と思われるかも知れませんが、実はある意味彼こそが一番の被害者だったんのです。

というのもアメリカでは結婚する前に離婚する場合の取り決めをする習慣がありますが、このジェニロペとベン・アフレックの婚前離婚協定の内容って物凄く酷かったらしいのです。
細かい内容までは覚えていませんが、確かベン・アフレックはジェニロペと結婚すると向こう数十年は離婚できず、その後離婚できたとしても彼の財産の半分はジェニロペのものとなる。しかも夫婦共有の財産も彼女のものとなるということ。

結局どこぞの「別に・・・」女優よりも絶対的な女王っぷりを発揮したジェニロペも最後はベン・アフレックに捨てられてしまい、その後この婚前離婚協定が世間に漏れ伝わったこともあってか映画の第一線からも退いてしまったそうなんです。
ですから「褐色の女神」が「褐色の悪魔」に降格してしまった女優の映画なんて、今頃改めて見ても楽しめないような気はしますよ。

深夜らじお@の映画館はこんな婚前契約をするくらいなら一生結婚しません!

acideigakan at 18:00│Comments(4)clip!映画レビュー【あ行】 

この記事へのコメント

1. Posted by にいな   2007年10月18日 20:34
ほんと当時は人気ありましたね。

私も彼女キライなんです。にゃむばななさんの言うとおり、性格に問題が・・・・

ジュリア・ロバーツなんかも性格に問題ありで大キライですね。

褐色の美女なら・・・
ジェシカ・アルバたんですかねぇ。人気が出ても天狗にはならないで欲しいな。
2. Posted by にゃむばなな   2007年10月18日 22:02
にいなさん、コメントありがとうございます。

この映画の頃はまさかジェニロペがあんなにも性格に難がある人だとは思いもしませんでしたよ。

ジェシカ・アルバも最近売れっ子になってますが、それでもまだ決定的な代表作がない状態ですからね。悪い噂だけは聞きたくないものです。
3. Posted by miyu   2007年10月18日 22:28
うっひゃぁ〜ヽ(;´Д`)ノ
この映画は観てないのですが、
その婚前契約は凄まじいものがありますね!
でも、今やジェニロペよりもジェニファー・ガーナーの方が
映画界では活躍してますものねぇ。
ベンアフもプロデューサー業で頑張ってるみたいだし、
新たな幸せを掴めて良かったですねぇ〜。
4. Posted by にゃむばなな   2007年10月20日 19:12
miyuさん、コメントありがとうございます。

ベン・アフレックもジェニロペと別れてジェニファー・ガーナーとくっついて正解でしたね。
親友のマット・デイモンが成功への道を着実に進むなか、ベンにもこれからも頑張ってほしいものですよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載