2007年10月27日

『ブレイブワン』

ブレイブワン彼女の行為は許せるか、許せないか。試写会などでの事前調査では許せる派が70%を超えるという結果でしたが、実際私もこの映画を見ると許せる派に一票を投じたいと思いました。でも決して彼女の行為を正義の行為とは思えません。むしろ彼女のような背徳者を必要としているこの時代に虚しさを大いに感じました。

実は昨日とあるTV討論番組で警察出身の自民党平沢議員が「世の中には事件が多くて警察が国会議員の不正会計まで手が回らない」と発言されていました。
確かにこの映画でも描かれているようにアメリカでも日本でも、都会や地方の関係なしに安全だという時代は既に消え失せ、『踊る大捜査線THE MOVIE』でもあったように倫理観の欠片もないガキどものせいで警察が本来解決しなければならない事件に主力を投じれていないのも事実としてあるそうです。
仮に市民を守るべき警察が本来の仕事を果たせていない原因がこういった下らない事件のせいだとするなら、やはり彼女のような「処刑人」は必要だと思います。

世の中を見回しても電車やコンビニの出入り口付近や駅のホームなど、たくさんの人が往来する場所でも地べたに座り込むアホどもはわんさかいます。でも仮にそんな輩が世の中から排除したとして、何か大きく変わることなどあるのでしょうか?

こういう極論を出すと死刑廃絶論者や宗教関係者からは人命軽視だと言われるかも知れませんが、逆に人命を軽視しているこういう輩を更正させるシステムが未熟で再犯者が後を絶たないこんな現代において、安全を保証してくれる公共機関が機能を果たせていないこんな社会において、誰が我々の安全を守ってくれるというのか問いただしたいです。

別に誰もが彼女のような凶行に走るべきだと言っているのではありません。でも現行法に大いに限界を感じる今、我が物顔で他人に迷惑を掛け、盗みや暴行をはたらき、時には一時の感情で殺人を犯す輩を一般市民が排除できる超法規的なものが必要だというのは誰もが心のどこかに抱いているものではないでしょうか?
そんな我々の想いを代弁しつつ、静かに歪な現代社会に警鐘を鳴らすこの作品がいつの日か「こんな危険な時代もあったんだね」と言われる時代が来ることを心底願う映画でした。

深夜らじお@の映画館は彼女の行為を悪だとは思えませんでした。

acideigakan at 16:14│Comments(4)clip!映画レビュー【は行】 

この記事へのトラックバック

1. ブレイブ ワン(ジョディ・フォスター:主演)  [ ブログで情報収集!Blog-Headline/enjoy ]   2007年10月28日 22:26
「ブレイブ ワン(ジョディ・フォスター:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 「ジョディ・フ...
2. ブレイブ ワン  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2007年11月01日 14:45
ジョディを好きで、『パニック・ルーム』『フライトプラン』は劇場鑑賞したがイマイチだった。今度はどうかなぁ〜【story】ニューヨークでラジオ番組のパーソナリティを務めるエリカ(ジョディ・フォスター)は、婚約者であるデイビッド(ナヴィーン・アンドリュース)との挙...
3. ブレイブ ワン  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2007年11月05日 21:33
 『許せますか、 彼女の”選択”』  コチラの「ブレイブ ワン」は、10/27公開となったR-15指定のクライム・サスペンスなのですが、遅ればせながら観て来ちゃいましたぁ〜♪  監督は、「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」、「ことの終わり」のニール・ジョーダン....
4. 【劇場映画】ブレイブワン  [ ナマケモノの穴 ]   2007年11月12日 22:29
≪ストーリー≫ ニューヨークでラジオのパーソナリティを務めるエリカ・ベインは、婚約者のデイビッドと公園を散歩中、暴漢に襲われた。病院で意識を取り戻した彼女はデイビッドが死んだことを告げられ、悲しみに打ちひしがれる。自らの心にも傷を負い、満足に外出すること...
5. 映画【ブレイブワン】  [ Chateau de perle ]   2007年11月24日 01:29
【ブレイブワン】 公式サイト 監督 ニール・ジョーダン 出演 ジョディ・フォスター、テレンス・ハワード、ナヴィーン・アンドリュース、メアリー・スティーンバージェン、ニッキー・カット、他 ニューヨークで ラジオ番組のパーソナリティとして 活躍するエリカ・....
6. ブレイブ ワン  [ シネクリシェ ]   2007年12月07日 06:33
 今年観た外国映画の中では屈指の作品です。  ハリウッド映画としてはかなりの異色作ですが、このような殺人を肯定する作品がどこまで受入れられるかはちょっと不安です。  ラストにはかなり賛否が分れるのでは
7. THE BRAVE ONE (-_-;) ジョディ・フォスター&ニール・ジョーダン  [ 銅版画制作の日々 ]   2007年12月30日 11:36
 犯罪被害者の気持ち・思いは同じはず。この映画では何とジョディ、最後の一線を越えてしまうことにーーー。     11月9日、MOVX京都にて鑑賞。ニール・ジョーダン監督を自ら口説き落としたジョディ・フォスターの最新作は「ブレイブワン」今回、製作...
8. 『ブレイブワン』'07・米・豪  [ 虎党団塊ジュニアの日常グルメ映画ブログ ]   2008年01月24日 22:53
あらすじニューヨークでラジオ番組のパーソナリティを務めるエリカ(ジョディ・フォスター)と恋人のデイビッド(ナヴィーン・アンドリュース)は、愛犬を連れて散歩中3人組の暴漢に襲われ、エリカは意識不明の重体となりデイビッドは命を落としてしまう・・・。感想2本...
9. ブレイブ ワン−(映画:2008年24本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2008年03月20日 11:18
監督:ニール・ジョーダン 出演:ジョディ・フォスター、テレンス・ハワード、ナヴィーン・アンドリュース、ニッキー・カット、ジェーン・アダムス 評価:80点 公式サイト ジョディ・フォスターの演技が凄い。 恋人を失い心に負った傷の深さや、人を殺めてしま....
10. ブレイブ ワン  [ Addict allcinema おすすめ映画レビュー ]   2009年10月02日 20:18
許せますか彼女の"選択"

この記事へのコメント

1. Posted by にいな   2007年10月27日 23:29
にゃむばななさんのコメントすごく考えさせられますね。ほんとそのとおりだと思います。

誰の為に司法があるのかと・・・・今の司法は加害者の為にあるとしか思えないですもの。
2. Posted by にゃむばなな   2007年10月27日 23:41
にいなさん、コメントありがとうございます。

山口県光市のあの事件に関しても加害者のための司法としか思えないほど、無駄に裁判が長引いていますよね。
本当に誰のための法律なのか、疑問は永遠になくならないような気がしました。
3. Posted by 由香   2007年11月01日 14:50
こんにちは!
『許せる派』が70%もいたんですか?
ちょっとビックリです。
私は正義がどうの・・・ではなくて、エリカの行為は許せないなぁ〜と思いました。
何というか難しいのですが、とにかく計8人の命を奪ったエリカですが、そのうち5人はイケナイなぁ〜と感じました。
刑事の決断にもビックリでした。
最近アメリカの小説で、『処刑人たち』というのを読んだのですが、それも法の穴をくぐって罪を逃れた者にたいして制裁を加えるというものでした。
キアヌで映画化が予定されているそうですが、アメリカではそういう問題がもっと身近なのかもしれませんね。
4. Posted by にゃむばなな   2007年11月01日 22:06
由香さん、コメントありがとうございます。

冷静に考えれば誰もが他人の命を無下に奪うことなど許されないのですが、こういう映画や本が作られる背景にはいかに市民生活が危険に侵され、しかも正義が貫かれていないからなんでしょうね。

確かに彼女がやったことは正しくはないですが、綺麗事を並べるよりもこういうダークな仕事を誰かがやらないといけなくなった時代が来ているのだと思いました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載