2007年10月28日

『レクイエム・フォー・ドリーム』

レクイエム・フォー・ドリームス麻薬の恐ろしさ本気で伝えたいのなら「麻薬はダメです」と100回言うよりもまずこの映画を見せるべきだと思います。
カルト的な人気を誇る『Π』のダーレン・アロノフスキー監督が自ら「モンスターの出ないホラー映画」と自負するだけあって、この映画が面白い面白くないは別としても見終わった後に残る恐怖感はそこらへんのホラー映画よりも遥かに味わえる作品だと思います。

この映画のタイトルは時に『レクイエム4ドリーム』と表記されるように、物語はドラッグに溺れてたり、密売に関わったがために命が危うくなる4人を主人公にしています。
ダイエットのためやら手っ取り早く金儲けができるからなど、安易な理由で麻薬に手を出してしまったがために取り返しのつかない転落人生劇なんですが、これが「こいつらアホやな〜」なんて他人事で見ていられなくなるのがこの映画の一番の魅力だと思うのです。

というのも麻薬に関わる入り口というものが決して非日常的ではないのです。ダイエットや友人からのおいしい話で自分も勝ち組になりたいなどの欲望は誰もが普段から抱いているもの。それに麻薬が関わってくると誰もが「止めておこう」と思いつつも「少しくらいなら大丈夫かな?」と思えてしまうのも妙にリアルなんですよね。

仮に自分にも麻薬関連でおいしい話が来た時にきっぱりと断れるかというと、この映画を見る前は微妙でした。
しかしこの映画で麻薬に関わった4人に何度も立ち直る機会が訪れようともそれを逃してしまったために、さらに転落していっては二度と戻れない一線を越えてしまうという様を見てしまったら、もうどんなおいしい話でも麻薬関連は一切お断りさせていただきます!と断言できます。

自分自身を失ってしまうか、もしくは自分の心の中に一生消えない恐怖を植えつけられるか。そんな結果しかもたらさない麻薬に誰が関わりたいというのか。
こういう映画こそ青少年の麻薬撲滅に役立たせていただきたい作品だと思いますね。

深夜らじお@の映画館は麻薬に頼らずともぶっ飛ぶことが昔は出来ていました。


acideigakan at 17:53│Comments(8)clip!映画レビュー【ら行】 

この記事へのトラックバック

1. 映画 レクイエム・フォー・ドリーム(2000) 破滅へ向かって  [ ザ・競馬予想(儲かるかも?) ]   2010年05月11日 18:51
にほんブログ村 映画ブログ   {/arrow_t/}   {/arrow_t/}  人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします{/dogeza/}  ミッキー・ローク主演のレスラーはまさに人間ドラマとして逸品だ{/face_yaho/}またミッキー・ロークの背中を追いかける手持ちカ...
2. レクイエム・フォー・ドリーム / Requiem for a Dream  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2011年05月01日 14:25
ランキングクリックしてね←please click 来月新作「ブラック・スワン」が公開の、ダーレン・アロノフスキー監督× 今週末に主演作「ミスター・ノーバディ」が公開のジャレッド・レト主演の2000年の作品 日本公開は2001年の夏。公開からもう10年...
3. レクイエム・フォー・ドリーム  [ こわいものみたさ ]   2011年08月14日 19:30
『レクイエム・フォー・ドリーム』  REQUIEM FOR A DREAM 【製作年度】2000年 【製作国】アメリカ 【監督】ダーレン・アロノフスキー 【出演】エレン・バースティン/ジャレッド・レト/ジェニ...
4. 「レクイエム・フォー・ドリーム」感想  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2013年08月27日 17:49
ずっと見たいと思って来ましたが、近くに置いているお店がなくて、宅配DVDでも、いつもレンタル中ばかり・・・。 このたび、やっと見ることができました。 面白かった!

この記事へのコメント

1. Posted by Franchesca   2007年10月29日 04:45
いやー、本当に麻薬の恐ろしさを伝えるにはぴったりの映画でしたね。
正直、映画館でこの映画を観終わった後ほど不快な気持ちになったことはありません。
エレン・バースティンの鬼気迫る演技・・・死ぬほど怖かったです(涙)
2. Posted by にゃむばなな   2007年10月29日 23:22
Franchescaさん、コメントありがとうございます。

見終わったあとの感想が不快であればあるほど、この映画が伝えるべきメッセージが観客に伝わっているのだと思います。
こういう作品がもっとたくさんの人に見てもらえる時代が来てほしいものです。
3. Posted by ディープインパクト   2010年05月11日 18:50
 ダーレン・アロノフスキー監督は凄いですね。麻薬、薬物の恐ろしさをこの映画は描いていますが、ちょっとした誘惑によって破滅に向かっていくこの映画は名作だと思いましたね。
 
4. Posted by にゃむばなな   2010年05月11日 20:46
ディープインパクトさんへ

単に麻薬の恐ろしさを声高に言うのではなく、麻薬を使うとどうなるかを具体的に見せる。
これがこの映画の最大の魅力でしょうね。
文部科学省もこういう映画を推奨映画にすればいいのにって思いますよ。
5. Posted by mig   2011年05月01日 23:49
こんばんは、コメTBありがとです!

これ、編集もいいしやっぱりエレンバースティンとジャレッドがいいです。
ほんと毎回うまい。
日本では麻薬は一般人ではしないけど(アタリマエ)
海外ではもっと身近だからこそ、余計怖さ伝わるでしょうね〜。
6. Posted by にゃむばなな   2011年05月02日 20:05
migさんへ

ほんと、海外の麻薬の身近さは恐ろしいものがありますもんね。
そんな怖さを巧く演出するこの監督の巧さ。
本当に毎回凄い!って思いますわ。
7. Posted by latifa   2013年08月27日 17:50
にゃむばななさん、こんにちは!
やっと見る事が出来ました。
凄く面白かったです。

ほんとにこれは、まさしく麻薬撲滅運動の代表作品ですね。
中学高校とかで是非見せると良いのになー
8. Posted by にゃむばなな   2013年08月29日 22:39
latifaさんへ

この作品はどんなに多くの時間を費やして麻薬の恐ろしさを解説するよりも有用ですよ。
この映画を見て麻薬に手を出すヤツはいないはずですから。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載