2007年10月30日

『SAW』

SAWこの週末の全米興行成績でまたしても初登場1位が確定したシリーズ第4作目となる『SAW4』ですが、改めて自分の過去のレビューを見ていると1作目に関するレビューがないことに気付いたので、ここで再びあの興奮を思い出してみます。

この映画は公開規模も小さく、『セブン』や『CUBE』と比較した宣伝文句も在り来たりに思えるほど、当初はマイナーな作品でした。
しかし映画ファンなら誰しもが興味をそそられる「サンダンス映画祭で絶賛された」という噂を聞き、はるばる明石から大阪まで出て行って映画館で見てみました。

古びたバスルームに片足を鎖で繋がれた男が2人。そして2人の間には拳銃自殺した男の死体。まずこの設定がすごく面白く、しかもこの設定を最後まで貫き通したことが素晴らしいと思います。普通は途中で場面転換をしたりするものですが、この作品は古びたバスルームをメインにすることで観客の観察力を無意識に制限する効果があったのだと思いました。

また中盤に登場するタイトルの『SAW』を意味するのこぎり。そしてゴードンの「これは足を切れというメッセージだ」という一言。ここからいつこの2人が足にのこぎりを入れるのかと想像するだけで恐ろしくて…。でもこの想像させるグロテスクがすごく刺激的でしたよ。

そして物語が終盤に差し迫ってきても全く分からない真犯人。狂信的になった老刑事か?と思いきや病院の清掃員ゼップが殺されてやっと解決だと思っていたところで登場する新たなるカセットテープ。再生しなくてもいいのに再生されるメッセージに震えるアダムの後ろでゆっくりと立ち上がる真犯人。

まさにうぉ〜!!でしたよ。本当にこのラストは鳥肌モノというか、髪の毛が逆立つくらいに興奮しましたね!
あとで先にこの映画を見た友人に感想メールを送りましたが、内容は「うぉ〜!」とか「うひゃ〜!」だけでした。ちっとも感想になっていなかったのですが、これで相手に興奮が伝わるんですから、やっぱりこの映画は凄いですよ!

ちなみにDVD化されてから、この映画の噂を聞きつけた友人5〜6人にDVDを貸して見てもらいましたが、みんな同じように興奮してくれるんですよね。
そしてまだ見ていない人の前で「あのラストは「うぉ〜!」という感想だけでも十分その面白さが伝わるよね」なんて意味深なことばかり言っては未見の人をやきもきさせてました。ちょっと根性が悪いプレイかも知れませんが、やはり映画の面白さを伝えるにはこういう宣伝方法が一番ですもん。まるでゾンビが増殖していくかの如く、この映画に興奮した人が増えていくのがすごく楽しかったことを今でも覚えています。

そんなこんなで11月17日に日本公開を迎えるシリーズ4作目。グロい映像が増えていそうな感じですが、是非完結まで見て行きたいと思います。

深夜らじお@の映画館はジグソウストラップを密かに所持しています。

この記事へのトラックバック

1. ソウ  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2007年10月30日 21:56
 コチラの「ソウ」は、nigeraさんのご紹介で観させていただいちゃいましたぁ〜♪噂には聞いてましたが、エグいですねぇ〜。  ナニゲにハロウィンにぴったりなこの映画は、低予算のインディペンデント映画ながら、話題になったR-15指定のショッキング・サスペンスです。 ...
2. 映画『ソウ』、『ソウ2』  [ 茸茶の想い ∞ 祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり ]   2007年11月09日 00:12
原題:Saw , SAW II お前はすでに死んでいる。それがソウ2だったとは・・いかにも皮肉がこめられている。最初にソウを観たときの衝撃は・・食い入るように観たのを覚えている・・ ソウ2でジグソウ(トビン・ベル)の末期癌の彼の素顔が明らかになるが、ソウではバ...
3. ≪SAW/ソウ≫  [ ミーガと映画と… -Have a good movie- ]   2007年11月21日 20:48
SAW ソウ DTSエディション ¥3,110 Amazon.co.jp (WOWOW@2007/10/05) 原題SAW 製作年度2004年 製作国アメリカ 上映時間103分 監督ジェームズ・ワン 出演ケイリー・エルウィズ 、ダニー・グローヴァー 、モニカ・ポッター 、リー・ワネル 、トビン・ベル ...
4. 【ソウ】「生」に感謝するゲームを始めよう  [ 映画@見取り八段 ]   2009年11月06日 20:57
ソウ〜SAW〜 監督: ジェームズ・ワン    出演: ケイリー・エルウィズ、ダニー・グローヴァー、モニカ・ポッター、 リー・ワネル 公開:??.
5. ソウ/SAW  [ ソウ/SAW: LOVE Cinemas 調布 ]   2010年03月31日 00:33
2004年に公開されたサスペンススリラー。低予算ながらも興行収入1億ドルを突破するなど大ヒットした。監督のジェームズ・ワンは長編デビュー作ながらも本作で一躍メジャー監督になり、現在(2010年3月)までにシリーズ6作が制作された人気シリーズだ。とある一室...
6. 「SAWソウ」ソープパークでソウ体験  [ ノルウェー暮らし・イン・London ]   2010年08月26日 20:02
日本帰国時に、「はい、まだ??む、これ見てね☆」とニコニコしながらmigちゃんに手渡されたのが、この人気ホラーの1作目「SAW ソウ」である。 痛い映画苦手な私が、当初から敬遠してきたこのシリーズ。 「第一作は名作だよ!」とのmigちゃんの強い勧めに、観念して見...
【関連記事】「ソウ2」 「ソウ3」 「ソウ4」
8. ソウ  [ E'S STREAM ]   2015年11月01日 20:19
真実はたったひとつ、それを語る者こそが真犯人…。残酷な殺しのゲームは、突如として、監禁された二人によって演じられる遊びであり、それは禁じられたものだ。普通の人間が監禁され、家族を人質に取られ、極限状態に陥ればどうなるか。アダムとローレンスという二人は、数

この記事へのコメント

1. Posted by miyu   2007年10月30日 21:59
おっしゃるようにこの映画はススメたくなるんですよね。
その「うひょ〜」な感じを是非感じてもらいたいと思うんだけど、
グロテスクなだけにそれがOKかどうかが
ネックになってしまうのが歯がゆいぐらい
とても面白い映画なんですよねぇ〜。
2. Posted by ジグソー   2007年10月30日 22:12
どうも!お久しぶりです!
ようやく仕事が一段落しました。

・・・と思ったらいきなり僕が飛びつける記事じゃないですか(笑)

ソウですね。あの『うぉぉぉぉ!!』という感覚は最高でしたね。
それを続編では味わえないし、ほかの映画でも無理。
やっぱりSAWの【あの驚き】は最強です!

僕もいろんな人に勧めまくりましたよ!
高校のときは僕の席から隣、前と段々と広めていきました(笑)

4が楽しみですね!
3. Posted by にいな   2007年10月31日 13:14
ソウは傑作です。本当にあの作品を試写会で見たときは衝撃的だったなぁ・・・・あのラストは・・・

わが目を疑いましたよ!!

その先は読めても先の先がまったく読めない・・・・ここ数年見た映画の中で私のベストワンです。

もちろん4も楽しみ。試写会当たったらいいなぁ・・

4. Posted by にゃむばなな   2007年10月31日 19:37
miyuさん、コメントありがとうございます。

グロなんですけど、あの衝撃的なラストを思い出すと是が非でも…って思っちゃうんですよね。
でもここまでおもしろければグロなんてあまり気にならないと思うんですけど。
5. Posted by にゃむばなな   2007年10月31日 19:42
ジグソーさん、コメントありがとうございます。
そしてお久しぶりです。

この映画を勧めて見てくれた友人が興奮している様子を見るのが凄く楽しかったですよね。
そしてみんな意味深に未見の人に勧めてくれる様も意外と滑稽で、映画を勧めるだけでこんな楽しみも味わえる作品は久しぶりでしたよ。
6. Posted by にゃむばなな   2007年10月31日 22:29
にいなさん、コメントありがとうございます。

あのラストは本当に「やられた〜!」とか「うわぁ〜完全に忘れてた〜!」でしたもんね。
まさかまさかの真犯人の登場。

近年「驚愕のラスト」と謳われる作品でこの映画を超えるものはないですね。
7. Posted by KLY   2010年03月31日 01:45
この脚本家は天才ですよ。お金がなくても知恵だせば映画ってこんなに面白くなるんだってつくづく思いました。
こんなん観ちゃうと、最近のちょっと手抜きのスリラーとか見てられないです。あのラストはもう…完璧にやられました。確かにうぉ〜!で解りますよ。まいった!
8. Posted by にゃむばなな   2010年03月31日 16:55
KLYさんへ

この映画の脚本家はアダム役のリー・ワネルですからね。
監督とあれこれアイデアを出し合ってこの脚本を作り出し、短期間で撮影を終わらせたそうですよ。
本当に細部まで巧い映画でしたよね。
9. Posted by ノルウェーまだ〜む   2010年08月26日 20:00
にゃむばななさん、こんにちは☆
遅まきながら増殖したゾンビです。
再三勧められたのを、「痛い映画いやだー」と拒絶していたのですが、見てやっぱりうぉ〜!となり、すっかり虜になりました。
でも、シリーズを追うごとにもっと痛くなるようなので、私はここまで。
そのかわり、「SAW ALIVE]に行ってきました。
ジグソウに直接会えましたよ♪
10. Posted by にゃむばなな   2010年08月26日 20:34
ノルウェーまだ〜むさんへ

ようこそ、ジグゾウ先生によって増殖したゾンビワールドへ。
これ、本当に面白い映画でしたでしょ?
みんな「痛い映画」だと思って見て最後の謎解きで鳥肌になるんですよね。
あれが味わえるのはこの1作目だけなのが残念なんですけどね。
11. Posted by    2015年11月01日 20:30
古びたシャワールームという舞台を変えずに、物語を引っ張って、緊張感と新鮮味を保ったのは凄いですね。

加害者が支配している監禁場所だった筈、だけど、物語を作るのは渦中に居る登場人物達で、カオスが深まれば深まるほどに、物語は芯を強くするという。

緻密な計算と、被害者達がこう動くであろうという段取りの巧妙さは、よほど高い知能の所業でしょう。残酷のデザインに魅せられる矛盾、思考の逆を突くトラップにはまってしまいました。
12. Posted by にゃむばなな   2015年11月02日 23:01
隆さんへ

見事にダマされた〜!という作品でした。
まさかそんなところに真犯人がいたなんて…。
でも振り返ると確かにヒントは最初から散りばめられていたというのも、逆にダマされたことが爽快に思えるものでしたよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載