2007年11月03日

『ALWAYS続・三丁目の夕日』

続・三丁目の夕日テーマを「人情」から「家族」に移し変えた本作ですが、やっぱりあのテーマ曲を聴いただけで涙腺が緩んでしまいます。ただ昨日TV放送されていた前作と比べると、ハードルが上がっている分見終わった後の幸せ満足度など若干の物足りなさは感じましたね。これは仕方ないのかな〜。

今回は茶川龍之介がひろみと淳之介のため一念発起して芥川賞に挑むという話を軸に鈴木オートにも新たな居候が加わり、あの三丁目の温かさが再び描かれているのですが、この映画を振り返るとやはり東京タワーが破壊されるあのオープニングシーンが一番面白いかったです。VFXを巧く使い、あたかも別作品かのように思わせる演出といつものように髪の毛を逆立てて怒る鈴木オート社長。これは凄く大満足のオープニングでしたよ。

そこから前半はあぁ〜これが昭和34年なのね〜とばかりに次々と繰り出されるゴジラ、林家三平、美智子様、石原裕次郎、高速道路といった話題。前作同様に「あの頃」を再現しながら笑いを混じえて進んでいくストーリーは面白かったのですが、本音を言うと続編だからこそもう一つ何か新しいものをプラスしてほしかったですね。

また芥川賞選考員が登場する中盤はちょっと中だるみというか、間延びした感じがあって、やはり続編はこの程度か…と思っていた矢先。芥川賞結果発表後のみんなの茶川龍之介作品に寄せる温かな想いと、彼がこの作品に込めた純粋な想いに号泣してしまいました。

純文学だとか堅苦しいことは抜きにしてもこんな真っ直ぐで純粋な想いのこもった作品をみんなが知らず知らずのうちに愛読していたというあのくだりは涙なくして見れませんよ。しかもタイトルが「○○○」ですよ。くぅ〜たまりませんわ!未見の方は是非映画館でこの本のタイトルを確かめてきてくださいね。

戦争に対する心の後遺症も徐々に癒え始めた昭和34年というのは歴史上から見れば、このあと日本は高度経済成長時代を迎え、経済的には幸せになるものの、心の幸せを徐々に失い始めるそんな時代だったように思われます。
「お金より大事なものがある」という使い古された言葉も、実は時代を問わずに心に刻んでおくべき大切な言葉だったんですね。

変わっていくもの、変わってほしくないもの。それは人それぞれ多々あるものですが、変わっていくからこそ素晴らしいものもあるんですよね。一平クンが最後に見せる粋なプレゼントも使ってしまえばいつか無くなってしまうものですが、それをもらった、または渡したという思い出だけは一生なくならないものです。

最後に高所恐怖症の鈴木オート社長も含めた4人が見る東京タワーからの夕日。どんなに時代が変わっても夕日だけはいつの時代も変わらず綺麗に見える、そんな心温まる素晴らしいラストに、ひろみが茶川龍之介に返した指輪ケースの中に入っていた言葉と同じものをこの作品を生み出した山崎貴監督に伝えたいと思います。

深夜らじお@の映画館はあのテーマ曲を聴くだけで泣いてしまいそうです。

この記事へのトラックバック

1. ALWAYS 続・三丁目の夕日/吉岡秀隆、堤真一  [ カノンな日々 ]   2007年11月03日 22:48
5 初日に観ることになりましたけど、特別楽しみにしてたわけじゃないんですよね。絶対混むの分かってたし平日のほうがヨカッタんだけど、チケットが先行発売になって上映時間もわかったから予定を組みやすかっただけのことで、ま、お祭り映画だし盛り上がる分には世間的にはい....
2. 「ALWAYS続・三丁目の夕日」芥川賞を目指して1つになった三丁目の人たちの絆  [ オールマイティにコメンテート ]   2007年11月03日 23:52
5 「ALWAYS続・三丁目の夕日」は2年前に公開された「ALWAYS三丁目の夕日」の続編で前作から4ヵ月後の昭和34年を舞台に三丁目の人たちの生き様と芥川賞受賞候補になるか?というストーリーである。昭和の良き時代の光景を懐かしみながら、その時代に生きる人たちの人との絆....
3. 映画【ALWAYS 続・三丁目の夕日】  [ ミチの雑記帳 ]   2007年11月03日 23:53
映画館にて「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 大ヒット作『ALWAYS 三丁目の夕日』の続編。前作終了から4か月後、昭和34年の夕日町三丁目に住む人々の姿を描く。 大ヒット作の続編というのはかなりハードルが高いものですが、意表をつく始まり方ですっかり引き込まれました。あ...
4. ALWAYS 続・三丁目の夕日 前作のテンションを維持したジラシのテクニックと吉岡秀隆とその他沢山  [ もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう) ]   2007年11月04日 02:01
タイトル:ALWAYS 続・三丁目の夕日  ジャンル:大ヒット作の続編・2007年東宝 場所:福知山シネマズ(146席) 日時:2007年11月3日(土) 10:25〜(約20人) 初日初回 満足度:70% おすすめ度:75%:幅広い層に安心してオススメできます。 ◆序 今日は、ある意味私の地...
5. ALWAYS 続・三丁目の夕日  [ 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 ]   2007年11月04日 10:08
 日本  ドラマ&ファミリー  監督:山崎貴  出演:吉岡秀隆      堤真一      小雪      堀北真希 【物語】 昭和34年の春、日本は東京オリンピックの開催が決定し高度経済成長時代 を迎えようとしていた。そんな中、東京下町の夕日町三丁目では....
6. ALWAYS 続・三丁目の夕日 観た☆  [ せるふぉん☆こだわりの日記 ]   2007年11月04日 18:17
昨日、11月3日に「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を観てきました。 わたし的
7. 『ALWAYS 続・三丁目の夕日』  [ Sweet* Days** ]   2007年11月04日 19:26
監督:山崎貴 CAST:堤真一、薬師丸ひろ子、吉岡秀隆、小雪 他 昭和34年、高度成長期が始まろうとしていた日本。完成したばかりの東京タワーの近くに住む鈴木オートの家??..
8. 映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を観ました!!(2007-24)  [ 馬球1964 ]   2007年11月04日 20:17
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を観ました!!2007年の24作目です。今年一番楽しみにしていた映画です。
9. ALWAYS 続・三丁目の夕日  [ Akira's VOICE ]   2007年11月05日 18:26
良い話やけど,印象は大味。
10. ALWAYS続・三丁目の夕日  [ アートの片隅で ]   2007年11月06日 10:15
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の試写会に行って来ました。 前作が大好きな妻と一緒です。 前作から4ヶ月後、既に完成した東京タワーをバックに始まります。 このオープニンがとても楽しいです、(内容は書けないけど、、、) 山崎監督のこういう感じの作品も観てみたい...
11. 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」TOHOシネマズ梅田  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2007年11月08日 00:22
3 2005年11月に公開され異例のロングランを記録、数々の賞を受賞した「AlWAYS 三丁目の夕日」の続編が完成しました。 あらすじ 昭和34年春、去っていったヒロミ(小雪)を思いながら淳之介と暮らしていた芥川(吉岡秀隆)の元に淳之介の父川渕が又連れ戻しにやってき....
12. 『ALWAYS 続・三丁目の夕日』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2007年11月08日 12:57
□作品オフィシャルサイト 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」□監督・脚本 山崎 貴 □原作 西岸良平 □キャスト 吉岡秀隆、堤真一、須賀健太、小清水一揮、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子 ■鑑賞日 11月3日(土)■劇場 チネチッタ■cya...
13. ALWAYS 続・三丁目の夕日(映画)  [ 漢方薬剤師の日々&映画 ]   2007年11月08日 17:31
いきなりかい! って思わず叫びそうになるオープニング! これは痛快でしたねー。 かなり焦りました。 でもやっぱり「続」って難しいですね。 前回の感動以上のものをどの場面にも求めてしまう自分がすごく残酷{/face_ase2/} すでに3丁目界隈の事情が分かっているだけに、...
14. 映画:ALWAYS 続・三丁目の夕日 試写会  [ 駒吉の日記 ]   2007年11月08日 19:43
ALWAYS 続・三丁目の夕日 試写会(よみうりホール) 「六ちゃん、夕日が目に染みるねえ」 前作(2005)から4ヵ月後の設定です。鈴木さんちには女の子が預けられることになり、茶川はヒロミを迎えに行くため芥川賞を狙う。この2つを柱に則文(堤真一)の特攻仲間の消息...
15. 【2007-160】ALWAYS 続・三丁目の夕日  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2007年11月10日 01:25
5 人気ブログランキングの順位は? あれから、4ヶ月── 昭和34年 三丁目に、 新しい住人が増えました。 昭和34年、日本の空は広かった。 あなたを待ってる人が、きっといる。
16. 『ALWAYS 続・三丁目の夕日』鑑賞!  [ ★☆★風景写真blog★☆★healing Photo! ]   2007年11月10日 06:08
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』鑑賞レビュー! 「こだま」も登場! 前作を超えるVFX技術で古き良き昭和を表現 昭和34年、日本の空は広かった 東京タワーが完成し、年が明けた昭和34年????。 日本中を感動の涙でつつんだ あの三丁目の人々が帰っ...
17. 74『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を鑑賞しました。  [ はっしぃの映画三昧! ]   2007年11月10日 18:09
映画を鑑賞しました。秊 74『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 評価:★★★★☆ 待ちに待った感じの続編です。 前作を公開前日に日本テレビで放送していましたね。 映画館によっては500円で鑑賞できる期間も設けていました。 今回は日...
18. 映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」  [ 茸茶の想い ∞ 祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり ]   2007年11月11日 03:11
始まりは、昭和34年の東京に地震があったのかと思わされるが、すぐにゴジラのテーマでそれと気付かされる、ミエを切るゴジラというのもなんだか可愛い・・・ 前半は細切れのシーンが続いて、やはり続編では前作ほどの感動も涙も味わうことはないのかなと思いなが...
19. 『ALWAYS 続・三丁目の夕日』  [ 唐揚げ大好き! ]   2007年11月11日 04:55
? 『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 ? 昭和34年、日本の空は広かった。 ? ■昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本が高度経済成長時代に足を踏み入れることになるこの年――。黙って去っていったヒロミを思い続けながら、淳之介と暮らしていた茶川
20. ALWAYS 続・三丁目の夕日(映画館)  [ ひるめし。 ]   2007年11月11日 14:03
昭和34年、日本の空は広かった。
21. ALWAYS 続・三丁目の夕日  [ 今日感 ]   2007年11月11日 22:11
いや??いいお話です。ジーンとくる。
22. 前作よりも更に良い!『ALWAYS 続・三丁目の夕日』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2007年11月12日 00:14
2005年に劇場公開された「ALWAYS 三丁目の夕日」の続編です。
23. ALWAS続・三丁目の夕日&ハタチの恋人&黒の契約者  [ 別館ヒガシ日記 ]   2007年11月12日 18:26
ハタチの恋人は長澤が病室に来てペンネーム勘違いし事なき得たが 内容に段々と興味が薄くなって来たが初回から見てて最後まで見るし 黒の契約者は拉致された博士はゲート消失で契約者は消滅と発言し ノーベンバーは契約者の消失したいと願ってる上司を道連れに死亡し ア...
24. ALWAYS 続・三丁目の夕日 2007-59  [ 観たよ〜ん〜 ]   2007年11月12日 20:26
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を観てきました〜♪ 東京の下町に住む貧乏作家の茶川(吉岡秀隆)は、一緒に住む淳之介(須賀健太)との生活を守るため、再び芥川賞にチャレンジする事になる。一方、お向かいの鈴木オートには、事業に失敗した親戚の娘美加(小池彩夢)を預か...
25. ALWAYS 続・3丁目の夕日  [ こころね* ]   2007年11月13日 20:21
またあの懐かしい夕日が観たくなって午前1回目のファーストショーで堪能してきましたぉ。 大体、続編というヤツは期待の大きさに負けてしまうのか、前評判の割に「あらら?」ってなるのが多いのがセオリー。 がっかり感を味わいたくなくて映画館に行くか行くまいか結構...
26. 真・映画日記『ALWAYS 続・三丁目の夕日』  [ CHEAP THRILL ]   2007年11月13日 21:54
JUGEMテーマ:映画 11月6日(火)◆616日目◆ この日の終業後、有楽町マリオン11階「日劇」で『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を見た。 CGは凄いねぇ(笑)。 エピソード盛りだくさんでそこそこ。 ストーリーは前作『ALWAYS 続・三丁目の夕日』から4ヶ月後の夕日町。 ...
27. 『ALWAYS 続・三丁目の夕日』舞台挨拶@日劇1  [ |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο ]   2007年11月14日 00:40
これは堀北真希が暴漢に襲われそうになる前に行われた午前の回の『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の舞台挨拶レポート。登壇したのは、吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、山崎貴監督。10/22に一足早く東京国際映画....
28. ALWAYS 続・三丁目の夕日〜ネタバレ感想!  [ 一言居士!スペードのAの放埓手記 ]   2007年11月14日 15:32
ALWAYS続・三丁目の夕日ですが、前作から4ヶ月後ということで茶川(吉岡秀隆)と淳之介(須賀健太)は一緒に暮らしています。鈴木オート(堤真一)の家に親戚のお嬢様が来たりもしますが、淳之介の父親(小日向文世)が再びやって来ます。(以下に続きます。ネタバレ...
29. 『ALWAYS 続・三丁目の夕日』  [ ねこのひたい〜絵日記室 ]   2007年11月15日 11:18
茶川さんの小説は、東京〜横浜間で読める程度の短編です。 (執筆完了とはいうものの、読むに値しないシロモノになっちゃって、林家三平風にどーもすいませーん)
30. 『ALWAYS 続・三丁目の夕日』舞台挨拶@日劇1  [ |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο ]   2007年11月16日 01:10
これは堀北真希が暴漢に襲われそうになる前に行われた午前の回の『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の舞台挨拶レポート。登壇したのは、吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、山崎貴監督。10/22に一足早く東京国際映画....
31. 【劇場映画】ALWAYS 続・三丁目の夕日  [ ナマケモノの穴 ]   2007年11月16日 21:28
≪ストーリー≫ 昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた。取引先も増え、軌道に乗ってきた鈴木オートに家族が増えた。事業に失敗した親戚の娘、美加を預かることにしたのだ。しかし、お嬢様育ちの美加と一平は喧...
32. ALWAYS/続・三丁目の夕日 ≪退屈な夕日町に響く、まさかの咆哮!≫  [ シオぴ&ミツのレンタル☆キャット ]   2007年11月17日 22:03
3 評価:50点 昭和34年、日本の空は広かった。 【監督】山崎貴 【脚本】山崎貴/古沢良太 【音楽】佐藤直紀 【出演】吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子/須賀健太/マギー/温水洋一/ピエー....
33. Always 続・三丁目の夕日 07206  [ 猫姫じゃ ]   2007年11月26日 00:21
ALWAYS 続・三丁目の夕日 2007年   山崎貴 監督・脚本・VFX吉岡秀隆 小雪 堤真一 堀北真希 薬師丸ひろ子 もたいまさこ 三浦友和 須賀健太 小清水一揮 小日向文世 ピエール瀧 福士誠治 小池彩夢 あの名作ALWAYS 三丁目の夕日 は、もう2年前か、、...
34. ★「ALWAYS 続・三丁目の夕日」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2007年11月27日 03:14
今週の週末レイトショウは、前作で日本アカデミー賞を総ざらいしたものの続編。 主演??の吉岡秀隆の演技には、いささかハテナマークを付けたくなるひらりんですが・・・ 同い年の薬師丸ひろ子もいい味出してるし・・・ 堤真一のべらんめぇオヤジもさまになってるし・・...
35. ALWAYS 続・三丁目の夕日 観てきました  [ よしなしごと ]   2007年12月02日 15:54
 みなさんの映画ブログの中で、2005年観て良かったランキング(自分調べ)でベスト5以内に入れている人がほとんどだった「ALWAYS 三丁目の夕日」の続編ALWAYS 続・三丁目の夕日を観てきました。
36. ALWAYS 続・三丁目の夕日  [ 映画!That' s Entertainment ]   2007年12月16日 11:46
●「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 2007 日本 東宝、日テレ、続・三丁目の夕日製作委員会 146分 監督:山崎貴、 原作:西岸良平 出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、薬師丸ひろ子、須賀健太、三浦友和、     もたいまさこ、小日向文世、小清水一揮、上川隆也...
37. ALWAYS 続・三丁目の夕日 吉岡君、もたいさん、受賞!  [ 銅版画制作の日々 ]   2008年02月18日 21:50
吉岡秀隆君、日本アカデミー賞最優秀男優賞、受賞! もたいまさこさん、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、受賞!   おめでとうございます 昨年12月11日に、東宝シネマ二条にて鑑賞しました。宮沢りえちゃんの「オリヲン座からの招待状」と同じ日からロード...
38. ALWAYS 続・三丁目の夕日−(映画:2008年43本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2008年06月14日 01:00
監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子 評価:88点 公式サイト (ネタバレあります) 泣いた泣いた。 一人で自室にこもって鼻をグスグズ言わせながら。 前作終了時点から4ヵ月後の昭和34年(1959年...
39. ALWAYS続・三丁目の夕日  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   2008年06月15日 20:19
やっぱりいつ観ても三丁目の夕日は美しいぃ〜!笑いあり、涙ありの心温まる映画!                 評価:★9点(満点10点) 2007年 146min 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆 堤真一 小雪 堀北真希 ...
40. 今日も夕陽は綺麗・・・。  〜「ALWAYS 続・三丁目の夕日」  [ 取手物語〜取手より愛をこめて ]   2008年10月21日 21:19
冒頭のゴジラはやってくれたなという感じ。
41. 『ALWAYS 続・三丁目の夕日』'07・日  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2008年11月27日 07:08
あらすじ昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた。取引先も増え、軌道に乗ってきた鈴木オートに家族が増えた。事業に失敗した親戚の娘、美加を預かることにしたのだ。しかし、お嬢様育ちの美加と一平は喧嘩ばか...
42. 【映画】ALWAYS 続・三丁目の夕日…邦画ブームに黄昏の予感?  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2008年12月02日 20:43
そう上手くも無いサブタイトルでお恥ずかしい…と思っているけど他に思いつかなかったピロEKです{/face_ase2/} 今日から12月ですね{/ase/} …ホント大人になってからの時間経過ってのは早いです{/dododo/} 昨日はお酒{/beers/}飲んで眠たくなったので、お爺ちゃんの様な...

この記事へのコメント

1. Posted by かのん   2007年11月03日 23:07
続編が前作を越えられない落とし穴はきっとこの作品にもありえるなぁと思っていたので、私は始めからそこは意識しないようにして観てました。キャラクターは全て前作で立ててしまってるし、VFXも既に最高水準の表現だったしで、そういう意味での新鮮さはないぶん、おっしゃる通りハードルが高くなってしまいましたね。

私は今作での「お金じゃ買えないもの」にグっときちゃいました。居候の少女もお金じゃ買えない素敵なものをたくさんみつけて短い期間にちょっとだけ大人になってましたね。

そうそう、私も茶川先生の作品を全部読みたいと思ったんですけど、あれはつまり前作の茶川とヒロミの物語だから前作を観賞してればいいんですよね?(笑)。
2. Posted by にゃむばなな   2007年11月04日 21:18
かのんさん、コメントありがとうございます。

前作があれだけヒットしてハードルも高くなっているなか、やはりこれだけのクオリティーを確保しただけでも賞賛に値するのかも知れませんね。
いや〜山崎監督は凄いですわ。
3. Posted by YUKKO   2007年11月08日 00:21
やはり前作は超えられなかったと思いました。あまりの幸せな展開に素直に喜びながら、物足りなさを感じました。
戦争の影を少し描いていますが、牛島のエピソードあたりもう少し突っ込んで欲しかったです。
続編ありですか?
4. Posted by にゃむばなな   2007年11月08日 20:01
YUKKOさん、コメントありがとうございます。

続編に関しては現キャストではないと関係者が断言しているそうです。
今回の続編出演に関しても説得にかなりの時間と労力を費やしたそうですから。

ただある筋からの話では別キャストではあるのではないか?という噂があるらしいですよ。
5. Posted by やく   2007年11月09日 14:06
TB下さって有難うございました。

>もうひとつ何か新しいもの・・・
これ同感です。
とてもいい作品で、戦友のこと、昔の恋人、そんな淡いシーンステキだったけど、もうひとこえってとこでしょうか。
「続」ってやっぱり大変ですね。
6. Posted by にゃむばなな   2007年11月09日 22:33
やくさん、コメントありがとうございます。

戦友、初恋の人などもう少し踏み込んで欲しかったネタがたくさんあったのも思い返してみれば残念な要素ではありますね。

ほんと、続編製作って大変なわけですが、それでもここまでのクオリティーを保てたことは評価に値することだと思いますよ。
7. Posted by Franchesca   2008年04月29日 15:57
ニューポート・ビーチ・シネマ・フェスティバルに出品されていたので観て来ました!
あの時代が見事にCGで再現されていたのが凄いですね(前作は未見)。正攻法で泣かせるので、気持ちよかったです。
それにしても今昭和がブームなようですね。社会学的な見地から非常に興味深いです。
ほぼ満員の会場至る所からすすり泣きが漏れていました。手塚理実は彼女だと気づかなかったので、クレジットを見てびっくり!
8. Posted by にゃむばなな   2008年04月29日 19:45
Franchescaさんへ

この続編で泣けたということは前作ならもっと泣けるかも知れませんね。
日本ではこれから定年を迎える団塊世代をマーケティングの主要ターゲットにしようという動きも相まってか、この昭和ブームはまだまだ続きそうな感じですよ。
9. Posted by あっしゅ   2008年06月15日 20:18
にゃむばななさん、コメントありがとうございます!返事が遅くなりまして申し訳ございません!

とても古めかしい昭和の時代のお話ですけど、現代にない人間としての温かみが伝わる、そして涙できるとてもいい映画でしたよね!
茶川役の吉岡秀隆。彼には笑わせてもらったし泣かせてもらったし!彼の演技力は半端じゃないっす。
10. Posted by にゃむばなな   2008年06月15日 20:48
あっしゅさんへ

『北の国から』しか代表作がないと言われていたのを『Dr.コトー』で払拭し、そしてこの茶川で完全に俳優としての魅力を世間にアピールできた!って感じでしたね。
でも考えてみれば彼が演じる役ってほとんど似たようなものが多いような・・・。
11. Posted by YOSHIYU機   2008年11月27日 21:41
こんばんわ。
コメントありがとうございました。
やっぱり、最初のゴジラが
最大の見せ場でしたね(笑)
みんなが「踊り子」を読んでたところも
良かったですけどね。
ミエミエの詐欺の展開は、無くても
良かったと思いました。
12. Posted by にゃむばなな   2008年11月27日 22:12
YOSHIYU機さんへ

あの詐欺のシーンは本当にいらないですよね。みんなが「踊り子」を読んでいたことを描きたいのなら、別の方法もあったと思うのですが。
でもまぁOPのゴジラのシーンだけでも十分満足でした。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載