2007年11月13日

『CUBE』

CUBE奇抜なストーリーと謎めいた映像の低予算映画といえば誰もがこのタイトルを挙げるカナダ発の密室サスペンス劇。日本ではたった2館でしか公開されませんでしたが、最近では『SAW』などの密室サスペンス映画が公開されるたびによく引き合いに出され、徐々に知名度を上げつつある作品だと思います。

公開当時からとにかく怖い映画だと聞かされていましたが、実際に見てみると理不尽なまでに理不尽な設定が最後まで凄く効いていると思います。
何の理由も分からず、気がつけばCUBEに閉じ込められている何の共通点もない6人の男女。しかも脱出するためにはいくつかの殺人トラップが仕掛けられたCUBEを移動しなければならないなんて、まさに理不尽以外の何物でもないです。

しかもこの謎が最後まで明かされることなく、またCUBEの外観など全体像も完全に謎のまま。「分からない」ということがやがて「恐怖」に変わり、そして自分だけが助かりたいという人間の醜い内面を容赦なく抉り出すあの展開こそ、ミニシアター作品の醍醐味とも言えるものでしたね。
昨今何でもかんでも謎解きをしてくれる丁寧すぎて余韻も残らない作品が増えていますが、この映画のように見終わったあとに観客に色々と空想させてくれる映画こそ、本当に観客を楽しませてくれる映画だと思いますよ。

ちなみにこの映画のセットってあの立方体たった一つだけだったらしいです。そのたった一つの立方体を色を変えたり、撮影角度を変えることであたかも複数の立方体があるかのように見せていたとか。まさに予算を掛けずともいい映画が撮れるというお手本となるべき傑作ですよね。

深夜らじお@の映画館の愛車はCUBEではありません。

acideigakan at 18:00│Comments(6)clip!映画レビュー【か行】 

この記事へのトラックバック

1. 「CUBE」  [ ジグソーのオレデミーアワード日記 ]   2007年11月15日 23:45
4 CUBE ファイナル・エディション監督:ヴィンチェンゾ・ナタリ出演:モーリス・ディーン・ウィント , ニコール・デボアー , デヴィッド・ヒューレット収録時間:91分レンタル開始日:2004-04-21Story大ヒットを記録した新感覚ゲームサスペンスの映像にデ....

この記事へのコメント

1. Posted by miyu   2007年11月13日 22:43
本当、コレを観た時が多分最初の衝撃だったような気がします。
だけど、まさか1つのCUBEで撮っていたとは驚きですねぇ〜!
でも、公開時にたった2館ってのもビックリ。
そこから広まった事も凄いですね。
2. Posted by にゃむばなな   2007年11月14日 00:33
miyuさん、コメントありがとうございます。

この映画が公開された当時はミニシアター作品に日の目が当たることはほとんどない時代でしたからね。

もし現代なら必ずシネコンがスクリーン確保に動きだしているでしょうね。
3. Posted by にいな   2007年11月15日 08:54
この作品も面白かったなぁ・・・誰が何のためにこんなものを作ったのか・・・見ているヤツらがいると思うとゾっとしますね。

一番無垢な人間が行き残るというのにもなんだか考えさせられたなぁ・・・
4. Posted by にゃむばなな   2007年11月15日 19:52
にいなさん、コメントありがとうございます。

人間の汚い部分をあれほど見せる演出もさることながら、あんなラストを用意しているとは驚きでしたよ。
5. Posted by ジグソー   2007年11月16日 00:20
どうも!

やっぱりこれが元祖シチュエーションスリラーですよね。
僕も設定、トラップとかは大好きなんですが、この映画は『SAW』ほど好きではないです。
なぜなら登場人物が全員うざいからです(笑)
なんか皆見ててイライラするやつばっかりで・・・
6. Posted by にゃむばなな   2007年11月16日 21:30
ジグソーさん、コメントありがとうございます。

ははは〜、その理由が何となくジグソーさんらしくて私は好きですよ。
人の醜さをリアルに描いたといえば確かにそうなんですが、ウザイと感じるのも確かですよね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載