2007年11月23日

『ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた』

ウェイトレスサンダンス映画祭で絶賛されたものの、当初アメリカでは2館でしか上映されなかったのに、話題が話題を呼び瞬く間に予想を上回る大ヒットを記録したこの作品。有名な俳優も出ておらず、日本での話題性には事欠けるかも知れませんが、これは本当にミニシアターらしい心温まる映画でした。

まずオープニングで描かれる様々なパイが作られるシーン。あぁ〜おいしそうやな〜と思って見ていると嫉妬深いダメ亭主アールの登場で一気にトーンダウン。しかも主人公ジェンナを始めとするウェイトレス3人組の会話は脱力系で、彼女たちがそれぞれ夢見ることも他力本願って感じでした。
でもこの映画で描かれているのは決してダメ人間ではなく、様々な悩みを持っているもほんの少しの勇気が出せないために余計に悩んでしまう等身大な人たち。そしてそんな人たちが終始温かい視線で描かれているんですよね。

ストーカーっぽい詩人男に口説かれた友人を心配するくだりも、従業員同士で不倫現場を目撃してしまった後の会話もどれも素敵な言葉を並べている訳ではないのに、なぜか素敵に見えてしまうこの演出。おそらく一つ一つの言葉や思いやりが私たちが普段友人に対して抱く想いからくるものと同じだからこそ、自然と素敵に思えるんでしょうね。

確かに妊娠したジェンナが担当の産婦人科医と不倫関係に陥ることや、彼女のパイに対するネーミングセンスもいかがなものかと思います。
でもそんな彼女を終始温かく見守ってくれた粋な老オーナーの言葉を聞いていると、悩んで迷って、そして本当に正しい道を選ぶというほんの少しの勇気を振り絞ることで「おいしい人生」は作れるんだと思うんですよね。

何も勝ち組になることだけが、自分の意思を抑えてまで誰かのために生きることだけが「おいしい人生」の作りかたではない。男性従業員のカルが自信を持って言っていたように「幸せだ」と感じれたときこそ「おいしい人生」になるんですよね。
そして最後に彼女が選んだ道。あれを見ているとやっぱり女性って強い、特に母親は本当に強い!と心から思いましたね。

残念ながらこの映画を撮られたエイドリアン・シェリーという女性監督は事件に巻き込まれて亡くなられたそうですが、改めて決して勝ち組と言えない人生でも謳歌することで幸せは十分感じられるんだという、素敵な人生教訓を学んだ映画でした。

深夜らじお@の映画館は日本茶があれば大抵のパイは食べれます。


ちなみにこの映画に出てくるパイを監督さんは実際に作られたそうですが、本当においしいものもあれば、びっくりするほどマズいものもあったそうです。
いったいどのパイがおいしくて、どのパイがマズかったのか?この映画を見ると少し気になりましたね。

この記事へのトラックバック

1. 「ウェイトレス」シネ・リーブル梅田  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2007年11月23日 22:41
4 パイ作りの天才ジェナのお話。パイのネーミングがとっても面白い話に心惹かれました。 あらすじ パイ・レストラン”ジョーズ・ダイナー”でウェイトレスをしているジェナ(ケリー・ラッセル)はパイ作りの天才。ジェナの作るパイは皆を優しく幸せな気分にさせます。ウェイ....
2. ウェイトレス おいしい人生のつくりかた/ケリー・ラッセル  [ カノンな日々 ]   2007年11月23日 23:43
3 今日公開された映画の中でどれが1番観たいかといえばやっぱりコレかなぁという事で初日に行ってきちゃいました。予告編を観た印象でも面白そうでしたし、音楽映画と同様に料理モノもアタリ率が高いのでちょっと期待。 出演はその他に、ネイサン・フィリオン、シェリル・....
3. 「ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた」:新川バス停付近の会話  [ 【映画がはねたら、都バスに乗って】 ]   2007年11月24日 10:31
{/hiyo_en2/}おや、あんなところに、かわいいインド料理店が・・・。 {/kaeru_en4/}かわいいウェイトレスもいるかな。 {/hiyo_en2/}ウェイトレス?ダメな亭主と別れることもできず、産婦人科の医者と不倫しちゃう、パイ作りのじょうずなウェイトレス? {/kaeru_en4/}おいお...
4. ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた  [ 観劇★感激★カンゲ記 ]   2007年11月24日 11:58
公式サイト→コチラ アメリカで口コミでじわじわ広がったというこの映画。 なんとなくそれはわかるものの、主人公ジェナのDV超オレ様男な旦那が私的にアウト。いや、アウトを通り越して、ありえない。別世界の出来事。 んなわけで、共感度はかなり下がってしまいま...
5. ウェイトレス おいしい人生のつくりかた(映画館)  [ ひるめし。 ]   2007年11月24日 12:17
彼女は、世界一のパイを焼く ふしあわせな女性(ひと)。
6. 「ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた」(アメリカ 2007年)  [ 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 ]   2007年11月24日 12:38
不幸せな結婚生活に鬱々としているジェンナ。 "望まない妊娠"と"思わぬ出会い"が彼女の人生を変えていく。 『ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた』
7. 映画:ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた  [ 駒吉の日記 ]   2007年11月24日 22:07
ウェイトレス ??おいしい人生のつくりかた(シネマイクスピアリ) 「泣かないで これからパイを作るから」 ジェンナはパイ作りの名人だけど、横暴なダメ亭主をウェイトレス仲間に同情されている。妊娠がわかり行った先の病院で出会ったポマター先生と不倫関係に。。。
8. ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた  [ 5125年映画の旅 ]   2007年11月25日 07:24
3 田舎町の喫茶店で働くパイ作りの名人ジェンナ。暴力的な夫アールから逃げ出したい彼女は隠れてコツコツとお金を貯めていたが、ある日アールの子供を妊娠している事が発覚する。これ以上重荷が増える事に耐えられないジェンナだったが、産婦人科医と情熱的な恋に落ち事態が....
9. ウェイトレス おいしい人生のつくりかた(試写会)  [ カリスマ映画論 ]   2007年11月25日 17:17
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  味も思いも色とりどり・・・強く生きるが女道  
10. ウェイトレス おいしい人生のつくりかた  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2007年11月25日 21:30
 『彼女は、 世界一のパイを焼く ふしあわせな女性<ひと>。』  コチラの「ウェイトレス おいしい人生のつくりかた」は、2007年サンダンス映画祭に正式出品され、好評を博したハート・ウォーミングなコメディで、11/17公開となっていたのですが、観て来ちゃいました....
11. #159.ウェイトレス 〜おいしい人生のつくりかた  [ レザボアCATs ]   2007年11月26日 00:29
とっても素敵なミニシアター系佳作なんだか、古き良きインディペンデント映画、って気がします。
12. 映画「ウエイトレス〜おいしい人生のつくりかた」  [ 日々のつぶやき ]   2007年11月27日 11:30
監督:エイドリアン・シェリー 出演:ケリー・ラッセル 「ジェンナは『ジョーのパイ』というダイナーでウエイトレスをするパイ作りの天才。彼女の夫アールは独占欲が強いダメ亭主。何とか夫から逃げ出し自分の自由を手に入れたいとこっそりお金を貯めているジェンナだ
13. ウェイトレス 〜おいしい人生のつくりかた  [ to Heart ]   2007年12月02日 00:02
2006年に他界した女性監督エイドリアン・シェリーの遺作となった作品。 監督 エイドリアン・シェリー 音楽 アンドリュー・ホランダー 出演 ケリー・ラッセル/ネイサン・フィリオン/シェリル・ハインズ/エイドリアン・シェリー/ジェレミー・シスト/アンディ・グリフィス {...
14. ★「ウェイトレス 〜おいしい人生のつくりかた」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2007年12月16日 02:58
今週平日休みは・・・ 11月は「ホラー特集」やってるにもかかわらず、 マイナー系作品の二本立て。 その2本目は・・・ 今年流行???のレストラン・レシピもの。
15. ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2008年01月10日 20:45
3 これは、片田舎の小さなダイナーを舞台に、特製パイ・レシピに自分の気持ちを込める“才能”を持つヒロインの、甘くちょっぴりほろ苦い人生の物語。 ジェンナは、パイ作りの天才。彼女の夢はいつかこのパイが人生を変えてくれること_。 南部の田舎町にあるダイナーで働...
16. 映画『ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた』を観て  [ KINTYRE’SDIARY ]   2008年01月17日 00:03
102.ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた■原題:Waitress■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:108分■日本語字幕:栗原とみ子■鑑賞日:12月15日、シャンテシネ(日比谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本・出演:エイドリアン・...
17. ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた  [ eclipse的な独り言 ]   2008年02月17日 19:36
今年はよく観ています。ミニ・シアター系をもしっかりと観ています。こちらはすごく
18. ウェイトレス  [ PLANET OF THE BLUE ]   2008年02月29日 14:44
面白い映画は、台詞が面白い映画だと思います。 ジェンナはパイ作りの天才。 なのに心が満たされない毎日。 ダメ夫のせいで隣町のパイコンテストにも出ることができない。 しかし、新しく赴任してきた医者の存在がきっかけで、 日々に変化があらわれはじめる・・・ ...
19. DVD:「ウェイトレス」Waitress 女性監督ならではの生活感が◎(一方、涙が...)  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2008年03月14日 20:45
DVDリリース直後の一編。 同時に話題作「ボーン・アルティメンタム」もリリースされているが、私はこちらを選択。 で、どうだったかというと。 オーピニングだけでいい映画ってわかるじゃないですか〜! この映画もそう。 そこで発せられる「空気感」だけでもう.... 生活...
20. ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた〜  [ 晴れたらいいね〜 ]   2008年03月14日 22:57
レイブ・ワンを観るはずだったんですが、これを観てしまいました。この映画を観るときは、オヤツ必携(笑)ウェイトレス おいしい人生のつくりかた原題:WAITRESS監督:エイドリアン・シェリー出演:ケリー・ラッセル , ネイサン・フィリオン , シ...
21. ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた〜  [ 銅版画制作の日々 ]   2008年03月26日 14:30
 友情、母性、恋愛、そして希望・・・・・・ 人生という名のパイはいろんなピースでできている 隠し味や秘密のスパイスが個性を引き出す ひとつだって同じものはない ジェンナの甘くてちょっぴりほろ苦い物語を召し上がれ   3月1日、京都みなみ会館にて鑑賞。ち...
22. ウェイトレス 〜おいしい人生のつくりかた  [ Blossom Blog ]   2008年03月31日 16:27
ウェイトレス 〜おいしい人生のつくりかた WAITRESS 監督 エイドリアン・シェリー 出演 ケリー・ラッセル ネイサン・フィリオン     ??.
23. ウェイトレス〜おいしい人生の作り方  [ ネタばれせずにCINEるか ]   2008年04月14日 23:08
ダイアン・レインにちょっと見似ているケリー・ラッセルが、田舎のダイナーで働くウェイトレス・ジョナを演じているハートフル・コメディ。映画前半はかなりタルかったが、ジョナがのぞまない子供を妊娠してからの展開はけっこう見応えがある。診療所に新しく赴任した産婦人...
24. 『ウェイトレス 〜おいしい人生のつくりかた』  [ cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー ]   2008年04月15日 23:24
TVシリーズ『フェリシティの青春』のタイトルロールを演じて人気を博したケリー・ラッセル主演のハート・ウォーミングドラマ。 監督・脚本・出演もしているエイドリアン・シェリーの遺作としても話題になった作品ですね。気になっていたのでDVDで鑑賞してみました。 ヒロ...
サンダンス映画祭など各国の映画祭で大絶賛され、アメリカで公開されるやいなや予想を上回る大ヒットを記録したハートフル・ストーリー。田舎のダイナーで働くウェイトレスが、突然の妊娠をきっかけに自分自身に目覚めていく姿を描く。監督は2006年に他界した女性監督エイド...
26. 映画「ウェイトレス 〜おいしい人生のつくりかた」  [ 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 ]   2008年12月21日 19:46
原題:Waitress おそらく全人類のうち10億人ぐらいは、酔っ払ってできちゃった子なのではないだろうか、喜怒哀楽にも愛の営みにも??美味しそうでたまらなく面白い物語?? ダイナーで働く仲良しな3人のウェイトレス、ジェンナ(ケリー・ラッセル)とベッキー(シェ...
27. 『ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた』'06・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2008年12月25日 06:58
あらすじ南部の田舎町にあるダイナーで働くジェンナ(ケリー・ラッセル)はパイ作りにかけては天才的な腕前を持つウェイトレス。ある日、彼女は嫉妬(しっと)深い夫アール(ジェレミー・シスト)の子どもを妊娠。予想外の妊娠に困惑するジェンナは、アールから逃げる計画...
監督・脚本、エイドリアン=シェリー。原題『WAITRESS』。2006年米。ラブ
29. ウェイトレス  おいしい人生のつくりかた  [ Addict allcinema おすすめ映画レビュー ]   2009年09月30日 08:52
彼女は、世界一のパイを焼くふしあわせな女性。

この記事へのコメント

1. Posted by にいな   2007年11月23日 21:38
あ、これなかなかいいと評判ですね。CMで見たらふつーっぽいなぁ・・・って思ったんですが良かったみたいで・・・

たまにはこういう作品も息抜きにいいかも・・・
2. Posted by にゃむばなな   2007年11月23日 22:00
にいなさん、コメントありがとうございます。

もうすぐ正月映画到来という時期だけにこういうミニシアター作品は本当に心が穏やかになりますよね。

特に泣ける映画ではありませんでしたが、見て損はない作品でしたよ。
3. Posted by YUKKO   2007年11月23日 22:39
筋自体とっても古臭いお話かと思うのですが、最後の爽快さは最高でした。普通の女性でも強く生きれるのだと思います。でも最後にジェナが抱いていたルルはエイドリアン・シェリー監督のお子様だと知り涙がでてきました。さぞ無念だったでしょうね。
パイはとっても美味しそうですが、食べたら太りそうで・・・止めときます。
4. Posted by ちゃぴちゃぴ   2007年11月24日 00:57
この映画、評判イイですね。
こういう映画も、映画館でたまには観たいなぁと思います。
秋から、全然映画館に行けてなくって…。
監督さんの事件の話も読みました。次回作が、もうないっていうのは残念です。
リヴァー・フェニックスの映画を観たところなので、切に感じますねぇ。
5. Posted by にゃむばなな   2007年11月24日 16:45
YUKKOさん、コメントありがとうございます。

この映画を見て改めて女性って本当に強いなぁ〜と思いましたよ。
我々男性ならあの産婦人科医みたいに、情けない顔して捨てられるのが常ですもん。ある意味あの顔もすごくリアルでしたよ。
6. Posted by にゃむばなな   2007年11月24日 16:47
ちゃぴちゃぴさん、コメントありがとうございます。

もうこの人の作品が見れなくなると思うと淋しい思いがさらに大きくなりますよね。
特にリバー・フェニックスは絵になる俳優だっただけに残念です。
7. Posted by miyu   2007年11月25日 21:36
目にはとても鮮やかなパイもお味の方は
いまひとつだったのでしょうか。
確かに、ちょっと色彩のキワドイのもありましたものね。
グリーンなんて、まさか抹茶ってワケじゃないだろうし、
ちょっと怖い〜(((( ;゚д゚)))アワワワワ
でも、チョコ系のパイは太りそうですが、
美味しそうでしたよね〜。
あと、ベリー系とか(@ ̄¬ ̄@)ジュルリ♪
8. Posted by にゃむばなな   2007年11月26日 20:04
miyuさん、コメントありがとうございます。

確かに表面が水色やら緑色だけのパイは見た感じも微妙でしたもんね。それでも実際に全部作ってみるとは大した勇気ですよ。
9. Posted by Franchesca   2007年11月27日 11:11
アメリカのパイは甘すぎて日本人の口には合わないかも知れませんね。銀幕上で見る限りはおいしそうでしたが!
私はこの映画でケリー・ラッセルが女優開眼してくれたのが嬉しくて嬉しくて!何よりの収穫でした!
10. Posted by にゃむばなな   2007年11月27日 17:56
Franchescaさん、コメントありがとうございます。

この女優さんってどこかで見たことあるのですが、思い出せない。仮に思い出したとしても印象が薄い感じだったんですが、この映画で輝く彼女は忘れられないくらいによかったですよ。
11. Posted by Franchesca   2007年11月28日 02:20
ケリー・ラッセルはフェリシティとMI:3ですね。前者の方が有名かも。
アメリカのテレビはご覧になりますか?にゃむばななさん。
12. Posted by にゃむばなな   2007年11月28日 23:59
Franchescaさん、コメントありがとうございます。

私はアメリカのドラマとかはあまり見ないので、映画以外で活躍されている俳優さんはよく知らないのです。
でもこの映画でケリー・ラッセルは覚えましたよ!
13. Posted by ちゃぴちゃぴ   2008年03月14日 23:03
この映画は、にゃむばななさんのところで読んで、DVDになったら絶対観ようと思ってました。
ふっーと入ってくるような映画でした。
不倫は、私もどうかなぁ?と思ったのですが、エンディングがなぜかしら心地よく感じ、帳消し。
パイをあんだけみせられると、オヤツに手が伸びてしまった罪な映画です(笑)
14. Posted by にゃむばなな   2008年03月15日 21:35
ちゃぴちゃぴさんへ

いや〜私のレビューがお役に立っていたとは光栄です。
私も映画を見終わったあとはパイを食べたくなりましたね。
でも今は「あの映画」のおかげでミートパイは遠慮しておきます。
15. Posted by mezzotint   2008年03月28日 00:08
にゃむばななさん
今晩は★☆
TB・コメントありがとうございました!勇気を持って決断して、実行にする
にはかなりパワーがいりますね。たとえほんの少しの勇気でもね。後悔するかもしれないという不安もあるだろうし・・・。ジェンナにとって、ジョーの存在は力になったことでしょう!そういう人が身近にいるなんて羨ましいことですよね。
16. Posted by にゃむばなな   2008年03月28日 21:31
mezzotintさんへ

あの粋な老オーナーの存在が主人公の心を温かくしただけでなく、観客の心まで温かくしてくれたのはとても素敵でしたね。
17. Posted by erabu   2009年02月07日 06:26
にゃむばななさん、情報ありがとうございました。

本当に心温まる映画でしたね。

>いったいどのパイがおいしくて、どのパイがマズかったのか?この映画を見ると少し気になりましたね。
確かにいろいろな色彩のパイが登場して、どれもおいしそうだったのでうが、実際に食べて確かめたくなります。

ところで、昨晩レビューしたのですが韓国映画『恋の罠』はとても面白かったです。機会があればご覧ください。
18. Posted by にゃむばなな   2009年02月07日 16:16
erabuさんへ

あれだけたくさんパイが並ぶと一つくらい試食したくなりますよね。
配給会社も味は保証しませんけど、どうですか?みたいなイベントとかやってくれたらよかったのに・・・なんて。

それと監督映画の『恋の罠』ですか。
未見なんで今度探してみます。元韓国映画好きとしては興味津々ですよ。
ありがとうございましす。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載