2007年12月08日

『バウンド』

『暗殺者』の脚本が認められ『マトリックス』で世界中の度肝を抜いたラリー&アンディー・ウォシャウスキー兄弟が手掛けた監督処女作。アシッド映画館の館主でもある我らが平野秀朗センセイが「このオープニングを見たとき鳥肌がたった」と仰っていただけに興味を持って見てみましたが、正直『マトリックス』の何倍も面白い映画でした。

まずその平野センセイが熱くオススメするオープニングがめちゃシンプルなんですけど類稀なるスタイリッシュな感じで、これから凄いものが見れるぞ〜!という期待を思いっきり煽ってくれるんです。
そしてこの映画は終始服の色や影などを巧く用いて黒という色を基調に、ヴァイオレットとコーキーの出会いや彼女たちが企てるマフィアの200万ドルを強奪する計画をスタイリッシュに描いているんですよね。ヴァイオレットが持ってきた2つのコーヒーカップを真上から撮ったり、シーンが変わるといきなり銃口を大きく撮ってみたりと随所に時代を超えても凄くスタイリッシュなカットがたくさん描かれているので、最後まで浮ついたところなど全くないことに驚きましたよ。

特に完璧だと思われていた計画が、意外にもシーザーがビビって逃げ出さないという詰めの予想が甘すぎたために事態が思わぬ方向へ進むくだりは最高にドキドキしましたよ。
しかもマフィア同士の殺し合いという惨劇のあと、シーザーがいかに警察を、そしてマフィアの掃除係のミッキーを欺くかというドキドキ感もさることながら、現金が入っていないアタッシュケースを開けるだけのシーンであんなにも興奮させてくるなんて、もう本当にびっくりです。

昨今こんな映画なんてしばらくお目に掛かっていなかっただけに、ヴァイオレットとコーキーがいかにしてシーザーから逃げ出すかという後半も含め、終始目が離せないといった感じでした。本当にこんな面白い映画をまだ見ていなかったなんてまだまだ自分も映画ファンとして未熟ですわ〜。

本来ならこのようなタイプの作品はストーリーが二転三転しすぎて結局何が何だか分からなくなるものが多いなか、この映画は終始一徹した脚本の面白さとスタイリッシュで見事な演出のおかげで最後まで目が離せないところが本当に素晴らしいです。やはりウォシャウスキー兄弟は本当に才能ある映画監督ですよね。来夏公開予定の『マッハGOGOGO!』の実写版『スピードレーサー』がまた楽しみになってきましたよ。

深夜らじお@の映画館はシーザー役のジョー・パントリアーノという俳優さんがちょっと気に入ってます。

acideigakan at 20:50│Comments(8)clip!映画レビュー【は行】 

この記事へのトラックバック

1. 「バウンド」  [ ジグソーのオレデミーアワード日記 ]   2007年12月09日 02:28
4 「バウンド」(1996) 監督・脚本・製作総指揮:ラリー&アンディ・ウォシャウスキー兄弟 cast ジーナ・ガーション、ジェニファー・ティリー、ジョー・パントリアーノ story  5年の刑期を終えて出所し、マフィアのビアンキーニ一家の下で働くことになった泥棒のコ...
2. バウンド  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2010年03月03日 21:08
 コチラの「バウンド」は、「マトリックス」、「Vフォー・ヴェンデッタ」、「スピード・レーサー」のウォシャウスキー兄弟の監督デビュー作となったクライム・サスペンスです。マッチョなマフィアに女2人で立ち向かう!と〜っても爽快でございました♪  主演は、「ロー....
3. 映画 バウンド(1996) マトリックスシリーズの監督が放つクライムサスペンス  [ ザ・競馬予想(儲かるかも?) ]   2010年06月05日 22:41
にほんブログ村 映画ブログ   {/arrow_t/}   {/arrow_t/}  人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします{/dogeza/}  マトリックスシリーズはあの特撮を駆使した見ごたえのある映画で、映像革命的な映画だったのは確かだ{/ee_1/}世界がコンピュー...

この記事へのコメント

1. Posted by ジグソー   2007年12月09日 02:59
どうも!

この映画は結構最近見たんですが、面白かったですね〜
話は目新しいものが無かったんですが、一つ一つのアングルがとても凝った物で決してあきさせなかったです。

最新作の『スピードレーサー』は今までのイメージとはかけ離れた感じですが、新しいステップを見せて欲しいです!
2. Posted by Franchesca   2007年12月09日 14:45
いやーそれにしてもあのラブシーンのエロいこと!
私の中ではエロいラブシーントップ10には軽く入るシーンですよ!
(ジョー・パントリアーノがシーザーってのも最高のキャスティングだと思うんですが、それにしてもあのラブシーン)(笑)
3. Posted by にゃむばなな   2007年12月09日 20:43
ジグソーさん、コメントありがとうございます。

コーヒーカップにしても銃口にしても、一つ一つの見せ方がたまらなく巧く、常に何かが起こりそうな雰囲気が最高でしたよ。
最新作の『スピードレーサー』も凄く楽しみです。
4. Posted by にゃむばなな   2007年12月09日 20:45
Franchescaさん、コメントありがとうございます。

確かにあのラブシーンは妖艶でした。
そしてやはりこの兄弟監督の作品にジョー・パントリアーノはいつもいい感じで輝いていますよね。
あの曲者顔、なんか好きですわ〜。
5. Posted by miyu   2010年03月03日 21:08
いやぁ〜にゃむばななさんの記事でよくお見かけする
平野先生もご推薦ですか?( ´艸`)
「マトリックス」も面白かったけど、
これも本当面白かったし、チープっぽさがありながらも
めちゃめちゃ完成度高かったですよね〜!
6. Posted by にゃむばなな   2010年03月03日 21:30
miyuさんへ

平野センセが1997年のNo.1に選ばれた作品がこの映画なんですよ。
『マトリックス』公開時の作品紹介の時もこの作品を絶賛されていたことを今でも覚えています。
まさにこの映画こそ本当の意味でのウォシャウスキー兄弟の代表作ですね。
7. Posted by ディープインパクト   2010年06月05日 22:48
 この映画は同じ監督の『マトリックスシリーズ』よりも面白いですね。
 僕も今頃こんな傑作映画を観ている様では映画ファンとして失格です。
 しかし、この監督の『スピードレーサー』は面白いんですかね。『バウンド』のようなストーリー展開に重点を置いている映画なら見る気がしますが、『マトリックス』のような驚異の映像で魅せるだけの映画なら少し敬遠したい気持ちがありますけれどね
 
8. Posted by にゃむばなな   2010年06月06日 15:43
ディープインパクトさんへ

ウォシャウスキー兄弟の秀作といえば、やはりこの映画ですね。
『マトリックス』は言わば彼らのヲタク魂が結実した作品に対して、こちらは映画愛に満ちた作品だと思います。

ちなみに『スピードレーサー』は彼らのヲタク魂が少しズレた形で映像化されています。
まぁあの兄弟の弟は大金が入るや否や女性になりたいとか言い出した人ですからね。ズレるのも仕方ないかと。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載