2008年02月19日

『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』

エディット・ピアフエディット・ピアフという人物を知らない人でも一度は耳にしたことのある名曲「愛の讃歌」。日本では越路吹雪さんがカバーされたことでも有名な曲ですが、私自身も実はあの曲は越路さんの持ち歌だと思っていました。でもこの映画を見れば、あの曲に込められた一人の女性の壮絶なる想いがすごく伝わってきます。これは映画ファンなら必見の作品でしょう。

先日のゴールデングローブ賞でも主演女優賞を受賞されたマリオン・コティヤールの演技がいかなるものかと気になって見てみましたが、やはり世界中から絶賛されているだけあって本当に凄いですね。『TAXi』シリーズで軍人一筋の父親を持ち、サミー・ナセリをひたすら待つ恋人役を演じていた女優さんとは同一人物とは思えないほど、全く雰囲気が違うんですもん。
しかもエディット・ピアフという人が幼き時から愛に恵まれず、ひたすら不安がる姿を表情や手の震えなどで巧く演じていたのが印象的でした。映画を見始めた頃は特に気付かなかったのですが、物語が進むにつれそういった細かな仕草が実はしっかりと見る者の心に残っていたのには驚きましたね。

で映画を見て当初はこのエディット・ピアフという人はよくいる、成功して周りにイエスマンばかりになりわがままばかり言う嫌な人だと思っていました。でも彼女の人生を見ていくうちに、いかに彼女の中で歌うことが重要なのかが理解できるんですよね。
彼女にとって歌は大切な人たちとの繋がりを感じていられる行動なんですよね。幼き頃に世話してくれた娼婦のティティーヌとも、大道芸人だった父親とも、金をせびるだけだった母親とも、警察に連行された親友のモモーヌともみんな「歌」というキーワードで結びついている間柄。でもその大切な人たちと長く幸せにいられたという経験がない彼女には「歌う」ことで愛を得られるはずだという強い信念みたいなものがあったのでしょう。

晩年になって医者から止められても舞台に上がろうとしたのも全て彼女が何よりも手に入れたい愛のため。もう二度と恋人に飛行機事故で死なれたくない想いの裏に隠された「もう一人のマルセル」の逸話には切なくなりました。もし彼女にあんな不幸がなければ愛を与えることで新たな愛を得れていたのかも・・・などと色々考えてしまいましたね。そしてあの「愛の讃歌」が一段と耳に残ってしまうようになりましたね。

もう少しこの作品をアカデミーも評価してほしかったかな?と若干思える作品ですが、果たしてマリオン・コティヤールはオスカーを受賞できるんでしょうか?

深夜らじお@の映画館は最近カラオケで歌った記憶がありません。

acideigakan at 18:00│Comments(6)clip!映画レビュー【あ行】 

この記事へのトラックバック

1. La Vie en Rose "La Mome" 「エディット・ピアフ 〜愛の讃歌〜」  [ アメリカ西海岸テレビ&映画徒然日記 ]   2008年02月20日 08:12
4 監督・脚本:オリヴィエ・ダアン 出演:マリオン・コティヤール、シルヴィ・テステュー、パスカル・グレゴリー、エマニュエル・セリエ、ジャン・ポール・ルーヴ、ジャン・ピエール・マルタンス すみません、すみません、すみません、Netflix様! 我々は長〜い間このオン...
2. エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜  [ 晴れたらいいね〜 ]   2008年02月22日 01:52
日本人は、「愛の賛歌」が好きだと思う。このメロディは、大多数の人が知っている。エディット・ピアフ 愛の讃歌原題:LA MOME/THE PASSIONATE LIFE OF EDITH PIAF/LA VIE EN ROSE (07’仏)監督:オリヴィエ・ダアン出演:マリオン・コティヤール , シル....
3. エディット・ピアフ 愛の讃歌  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年05月27日 20:44
 コチラの「エディット・ピアフ 愛の讃歌」は、シャンソン歌手エディット・ピアフの波瀾万丈な47年間の人生を描いた伝記映画です。  主演のマリオン・コティヤールがアカデミー賞で主演女優賞を獲得したことでも話題になりましたね〜。なワケでやっとレンタル出来たので...
4. 『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』を観たぞ〜!  [ おきらく楽天 映画生活 ]   2009年08月29日 23:45
『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』を観ました「愛の讃歌」など、数々の名曲で世界中を魅了した伝説の歌姫エディット・ピアフの生涯を描く伝記ドラマです>>『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』関連原題:LAMOME   THEPASSIONATELIFEOFEDITHPIAF   LAVIEENROSE[米...
5. エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜  [ Addict allcinema おすすめ映画レビュー ]   2010年01月18日 20:51
愛を生きた世界の歌姫 涙と喝采の物語
6. 映画 エディット・ピアフ〜愛の賛歌〜(2007) シャンソン歌手ってよくわからないけれど  [ ザ・競馬予想(儲かるかも?) ]   2010年08月17日 21:46
にほんブログ村 映画ブログ   {/arrow_t/}   {/arrow_t/}  人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします{/dogeza/}  最近よく耳にする女優さんの名前でマリオン・コティヤールの名前をよく聞く。  現在大ヒット中のインセプションに出演している...

この記事へのコメント

1. Posted by YUKKO   2008年02月20日 00:18
マリオン・コティヤールは「TAXI」と同一人物とは思えない演技でしたね。でも、見ていて痛々しくなりました。これが実話とは驚きです。マリオン・コティヤールハリウッドに進出して「プロヴァンスの贈りもの」ではラッセル・クロウの相手役でしたが、この映画はかなり酷かったです。対照的でした。2007年のワーストに入れましたから。
2. Posted by Franchesca   2008年02月20日 07:47
本当に凄かったですね。
日本で言うと美空ひばり、アメリカで言うとジュディ・ガーランドみたいな壮絶な一生です。
コティヤールは素晴らしかった!なぜ彼女が主演女優賞「(ダントツで)本命」じゃないのかわかりません。
ゴールデングローブも「ミュージカル・コメディ部門」での受賞だったし!ミュージカルでもコメディでもないのに(怒)!
3. Posted by にゃむばなな   2008年02月20日 21:36
YUKKOさんへ

私は『TAXi』シリーズ以外の彼女の作品を見ていないのでよく分かりませんが、この作品がきっかけで「いい女優さん」として大成してほしいものですね。
4. Posted by にゃむばなな   2008年02月20日 21:39
Franchescaさんへ

かつてケイト・ブランシェットが『エリザベス』でオスカーを受賞できなかったように、アカデミー賞は単純に演技力だけで決まりませんからね。
さて決戦の日は誰にオスカーが微笑むのか、楽しみですね。
5. Posted by ディープインパクト   2010年08月17日 21:45
 最近話題作に出演しまくっているマリオン・コティヤール出演作品と知って観ましたが、彼女の演技は素晴らしかったですね。
 この映画でアカデミー主演女優賞を取ったし、今後も楽しみな女優さんですね。
6. Posted by にゃむばなな   2010年08月17日 21:48
ディープインパクトさんへ

ちなみにマリオン・コティヤールってこれで世界的に一気に注目されるまでは『タクシー』シリーズの恋人を待つ女性役を演じておられたんですよ。
ご存知でした?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載