2008年02月23日

『潜水服は蝶の夢を見る』

潜水服は蝶の夢を見る言葉では巧く表現できない、とても不思議な感覚を味わった映画でした。特に泣けるシーンがある訳でもないですし、魂を揺さぶられるほどの感動がある訳でもないのに、なぜか機会あらばもう一度見たくなるこの感覚。私も映画館通いを10年していますが、こんな感覚は初めてでした。

脳梗塞でロックト・イン・シンドロームという閉じ込め症候群を患った元編集長の自伝を基に映画化されているこの作品。とにかく驚いたのは前半のカメラワークです。主人公ジャン・ドミニク・ボビーの左目視点だけで見せようとするあの手法は彼の状況や心理状態を事細かく説明する余分な手間を省くと同時に、観客までもがまるで潜水服を着ているような状況を味わえてしまうところが凄いです。しかもこの映画の撮影監督がスピルバーグ組のヤヌス・カミンスキーですよ。スピルバーグ作品では見せなかった彼の実力の凄さを改めて実感しましたね。

そしてもっと驚いたのは左目の瞬きだけで意思の疎通を行おうとするあの手法。アルファベットを一つずつ読み上げ、伝えたい部分に来ると瞬きで合図。あとはひたすらそれの繰り返しで一単語ずつ文章を作り上げていくという、伝える方も彼の意思を書き取る方も途方もない根気のいる作業。この作業を見ていると改めて言葉を声に発したり、今このように文章を打てたりすることがいかに素晴らしいことであるかを思い知らされましたよ。

『海を飛ぶ夢』や『みなさん、さようなら』とは設定は似ていますが、主人公が死について考えるよりもいかに感謝の気持ちを伝えたい家族や友人にその想いを伝えようとするのかを中心に描いているために最後まで気持ちが悲しくなるようなことは一切ありませんでした。むしろ蝶のように自由に羽ばたける心を持てれば、どのような状況にあれど幸せは味わえると教えられた映画でしたね。

あのジョニー・デップがこの作品を絶賛したのもそういったスピリチュアルな部分が丁寧に描かれていたからなんでしょう。これは映画好きとしては見ておかなければいけない映画です。

そしてこの映画で一番素晴らしかったのは、ジャン・ドーを取り巻く女性陣がみんな美人であるということ。目の前で舌を出す女性にさえ手を出せない彼の気持ち。私も入院した初日だけ若い美人看護師さんがついてくれたという経験があるため、あの気持ちは痛いほどよく分かりましたよ。

深夜らじお@の映画館は白衣の天使に弱いです。

この記事へのトラックバック

1. 潜水服は蝶の夢を見る  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年02月23日 21:36
 『ぼくは生きている。 話せず、身体は動かせないが、 確実に生きている。』  コチラの「潜水服は蝶の夢を見る」は、2/9公開となった"20万回の瞬きで自伝を綴った、脅威の実話!圧倒的な映像美で描く、きらめく愛の感動作"なのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  ア...
2. 潜水服は蝶の夢を見る/le scaphandre et le papillon  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2008年02月23日 21:38
原題はle scaphandre et le papillon "ー身体は潜水服を着たように重たくても、僕の想像力と記憶は蝶のように自由に羽ばたくー" 実話です。 {/book/}ジャンドミニクは三人の子の父親であり、雑誌ELLEの編集長として充実した人生を送っていた。 ある日突然、倒れ気がつくと...
3. 失って気付く大切な事。『潜水服は蝶の夢を見る』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2008年02月23日 21:52
脳梗塞で倒れてしまった男性の実話を描いた作品です。
4. 『潜水服は蝶の夢を見る』  [ ラムの大通り ]   2008年02月23日 22:32
(原題:Le scaphandre et le Papillon) 「いやあ、久しぶりに見応えある映画を観たね」 ----そうニャの。 これってよく分かんないタイトルの映画だよね。 ある意味、アスミック・エースっぽい気もするけど…。 「うん。確かにそうかも。 この映画、タイトルだけでは想像が...
5. 映画「潜水服は蝶の夢を見る」(2007、仏・米)  [ 富久亭日乗 ]   2008年02月23日 22:59
    ★★★★☆  病に倒れた仏ファッション誌「Elle」の編集長が、 不自由な体で自叙伝を綴った実話の映画化。 原題(英題)は「Le Scaphandre et le papillon(The Diving Bell and the Butterfly )」。  42歳で人生の絶頂にいたJean-Dominique Bauby (Mathieu Ama...
6. 潜水服は蝶の夢を見る/マチュー・アマルリック  [ カノンな日々 ]   2008年02月23日 23:01
おすぎさんに宣伝されるずっと前からこの映画は絶対観に行くと決めてました。ああいう宣伝の仕方ってあんまり好きじゃないっていうか、もっと作品本位で訴えてほしいなぁって思うんですよね。かえって作品の良さを歪めかねないような? それに引き換え、劇場予告編は作品....
7. 『潜水服は蝶の夢を見る』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2008年02月23日 23:09
□作品オフィシャルサイト 「潜水服は蝶の夢を見る」□監督 ジュリアン・シュナーベル □原作 ジャン=ドミニック・ボービー □キャスト マチュー・アマルリック、エマニュエル・セニエ、マリ=ジョゼ・クローズ、マックス・フォン・シドー、ジャン・ピエール=カッセル&...
8. 「潜水服は蝶の夢を見る(Le Scaphandre et le Papillon )」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   2008年02月23日 23:28
アカデミー賞4部門ノミネート作品で、色々と評判の高い映画「潜
9. The Diving Bell and the Butterfly "Le Scaphandre et le papillon" 「潜水服は蝶の夢を見る」(2007)  [ アメリカ西海岸テレビ&映画徒然日記 ]   2008年02月24日 05:15
5 監督:ジュリアン・シュナーベル 脚本:ロナルド・ハーウッド 出演:マチュー・アマルリック、エマニュエル・セニエ、マリ=ジョゼ・クローズ、マックス・フォン・シドー、アンヌ・コンシニ、オラル・ロペス・ヘルメンディア ELLE誌の編集長だったジャン=ドミニク・ボ....
10. 『潜水服は蝶の夢を見る』  [ Sweet*Days** ]   2008年02月24日 07:01
監督:ジュリアン・シュナベール CAST:マチュー・アマルリック、エマニュエル・セニエ 他 第60回カンヌ映画祭 監督賞他受賞 第65回ゴ...
11. 『潜水服は蝶の夢を見る』  [ かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]   2008年02月24日 11:36
感動のバタフライ・エフェクト。 まばたきが文字になり、目がカメラになり、僕らは深海から天空に飛び立つ蝶に出逢う。 ファッション誌「ELLE」の編集長ジャン=ドミニク・ボビーは、 脳梗塞で倒れて生死をさまよい、全身が麻痺して左眼だけしか動かせない体となって目覚...
12. 潜水服は蝶の夢を見る  [ カリスマ映画論 ]   2008年02月25日 22:10
【映画的カリスマ指数】★★★★★  厚い殻を打ち破る、無限大のイマジネーション  
13. 「潜水服は蝶の夢を見る」  [ ジグソーのオレデミーアワード日記 ]   2008年02月26日 01:14
4 「潜水服は蝶の夢を見る」(2007) 《ぼくは生きている。話せず、身体は動かせないが、確実に生きている。》 2/17シネマライズ2にて観賞 introduction 監督 : ジュリアン・シュナーベル cast マチュー・アマルリ...
14. 潜水服は蝶の夢を見る  [ future world ]   2008年02月28日 22:07
脳梗塞の一つロックト・インシンドローム(閉じ込め症候群)〜 意識は全く正常なのに身体的自由を全て奪われる・・・ そんな状況で、人は‘記憶と想像力’をどこまで‘生’の糧と出来るのだろうか。 重く身動きのとれない‘潜水服’に縛られてしまった主人公ジャン=ド....
15. 30●潜水服は蝶の夢を見る  [ レザボアCATs ]   2008年02月29日 15:19
'08年ゴールデン・グローブ賞、監督賞・外国語映画賞おめでと〜!それと、マチュー・アマルリックのセザール賞、主演男優賞受賞もその他、セザール賞編集賞受賞、他、アカデミー賞も主要7部門ノミネート。
16. 「潜水服は蝶の夢を見る」梅田ガーデンシネマ  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2008年03月01日 01:44
4 20万回の瞬きで自伝を綴った実話に基づくお話です。アカデミー賞の監督賞、脚色賞、撮影賞、編集賞にノミネートされていましたが、受賞は出来ませんでした。 あらすじ ジャン=ドミニク・ボビー(マチュー・アマルリック)は3週間の昏睡から目覚めます。そこで、自分の言葉...
17. 【2008-45】潜水服は蝶の夢を見る(Le Scaphandre et le Papillon)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2008年03月01日 09:44
4 人気ブログランキングの順位は? ぼくは生きている。話せず、身体は動かせないが、 確実に生きている。 ジャン=ドミニク・ボビー ELLE編集長、42歳、子供3人の父親。 ある日倒れ、身体の自由を失った。 そして左目の瞬きだけで語り始める。 蝶のように飛び立....
18. 潜水服は蝶の夢を見る  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2008年03月05日 22:45
ジャン=ドミニック ボービー原作、 ジュリアン・シュナーベル監督、マチュー・アマルリック、マリー=ジョゼ・クローズ、マックス・フォン・シドー。原作者の実体験に基づいた映画で、本来なら「潜水服」というより「潜水鐘」。英訳はDiving Bellだ。最も原始的な潜水装置で...
19. 「潜水服は蝶の夢を見る」(フランス/アメリカ 2007年)  [ 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 ]   2008年03月08日 11:03
42歳のジャン=ドミニク・ボビー。 3週間の眠りから覚めた彼は身体の自由を失くしていた。
20. 「潜水服は蝶の夢を見る」:春日二丁目バス停付近の会話  [ 【映画がはねたら、都バスに乗って】 ]   2008年03月08日 20:10
{/hiyo_en2/}学校の校門が並んでいる風景を見ると、この時期、卒業の頃が思い出されるわ。 {/kaeru_en4/}おや、お前にも卒業なんて頃があったのか。 {/hiyo_en2/}当たり前じゃない。早く窮屈なセーラー服を脱ぎ捨てて、蝶のように美しく変身したいって願ったものよ。 {/kaer...
21. 潜水服は蝶の夢を見る  [ 空想俳人日記 ]   2008年03月09日 07:19
瞬きの 紡ぐ人生 羽ばたきの   それにしても、イントロのクレジット(背景がX線写真)から、この映画やるな、そう思わせぶりの作品。と思いきや、本編に入ると、いきなり朦朧とした映像。そうか、観客は主人公の目を通して周囲を見ているんだ。私たちは主人公その...
22. まばたき20万回【潜水服は蝶の夢を見る】  [ 犬も歩けばBohにあたる! ]   2008年03月10日 17:37
人気ファッション誌「ELLE」の編集長だったジャン=ドミニック・ボビー氏。 突然
23. 潜水服は蝶の夢を見る  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   2008年03月15日 13:28
確かに奇跡の実話なのかもしれないけれど特に感動はなかったな、、、。                       評価:★3点(満点10点) 2007年 112min 監督: ジュリアン・シュナーベル 出演:マ...
24. 潜水服は蝶の夢を見る  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2008年03月16日 23:42
5 ぼくは生きている。話せず、身体は動かないが、確実に生きている。 「身体は“潜水服”を着たように重くても、ぼくの想像力と記憶は、“蝶”のように自由に羽ばたく__。」実在した奇跡の伊達男、ジャン=ドミニク・ボビー!   順風満帆に輝いていた人生が、ある...
25. 映画『潜水服は蝶の夢を見る』を観て  [ KINTYRE’SDIARY ]   2008年03月29日 19:06
22.潜水服は蝶の夢を見る■原題:LeScaphandreetlePapillon■製作年・国:2007年、フランス=アメリカ■上映時間:112分■鑑賞日:2月16日、シネマライズ(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:ジュリアン・シュナーベル□脚本:ロナルド・ハー...
26. 潜水服は蝶の夢を見る  [ eclipse的な独り言 ]   2008年04月03日 20:25
 この映画、ジョニー・デップでは演じることはできなかったと思います。(2008年
27. mini review 08316「潜水服は蝶の夢を見る」★★★★★★★☆☆☆  [ サーカスな日々 ]   2008年07月29日 04:09
ファッション誌「エル」の編集長として活躍する人生から一転、脳梗塞(こうそく)で左目のまぶた以外の自由が効かなくなってしまった男の実話を映画化。原作は主人公のジャン=ドミニック・ボビー自身が20万回のまばたきでつづった自伝小説。『夜になるまえに』のジュリアン...
28. 団塊の蝶  [ Akira's VOICE ]   2008年07月31日 10:44
「潜水服は蝶の夢を見る」 「団塊ボーイズ」 
29. 『潜水服は蝶の夢を見る』'07・仏  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2008年10月11日 16:25
あらすじ昏睡状態から目覚めたものの、左目のまぶた以外を動かすことができないジャン=ドミニク・ボビー(マチュー・アマルリック)。意識は、はっきりしているにもかかわらず、言葉を発することができない彼に、言語療法士のアンリエット(マリ=ジョゼ・クローズ)はま...
30. 潜水服は蝶の夢を見る  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2009年06月12日 23:06
随分前に(汗)WOWOWで鑑賞―【story】脳梗塞による昏睡状態から目覚めたものの、左目の目蓋以外を動かすことが出来なくなったファッション雑誌ELLEの編集長ジャン=ドミニク・ボビー(マチュー・アマルリック)。意識ははっきりしているにもかかわらず言葉を発することが出...
31. 潜水服は蝶の夢を見る  [ E'S STREAM ]   2015年10月13日 20:03
想いは語り継がねば、世や人に伝わらない…。パリのファッション誌「ELLE」の編集長であったジャン・ドミニクは、ある日突如、脳溢血に倒れ、全身が麻痺して、顔すらも動かせない難病に陥った。彼が語る事のできる想いは、今や左目の動き、瞬きなどの表現に限られ、元妻や子

この記事へのコメント

1. Posted by miyu   2008年02月23日 21:38
その瞬きだけで綴られた自伝が原作なワケですけど、
この映画のカラっとしたあっさり感は、
もうジャン・ドーの人柄そのものなんでしょうね。
フツーだったらもっとしみったれた映画になりそうですものね。
にゃむばななさんが感じられた不思議な感覚、
なんとなく分かります。
2. Posted by mig   2008年02月23日 21:38
にゃむばななさん☆

こんばんは〜♪
TBありがとです☆

すごい生命力を感じた映画でした。
自分に置き換えたらそんな前向きになれるか疑問だけど、
映画として、泣かせようというわざとらしさがないところ良かったです。
3. Posted by にゃむばなな   2008年02月23日 21:41
miyuさんへ

悪態ばかりつく主人公というのも功を奏した部分もあったと思いますが、この不思議な感覚を分かっていただけたことが嬉しいです。
泣かせようとする映画ばかりが流行っている昨今、こういう映画もいいもんですね。
4. Posted by にゃむばなな   2008年02月23日 21:48
migさんへ

そうそう、自分ならあんな根性はないかも?って思ってしまいますよね。
でもあの方法しかないというよりも彼の伝えたい思いの強さを大いに感じられたところが凄く良かったです。
5. Posted by Franchesca   2008年02月24日 05:14
もともとデップはボビー役にキャスティングされていたんですね!(想像つかないですが;)
個人的に、今年度の作品ではNo.1です。作品賞にノミネートされていないのが信じられません。
6. Posted by にゃむばなな   2008年02月24日 22:19
Franchescaさんへ

ゴールデングローブでは大絶賛されていたのに、アカデミーでは4部門ですからね。
特に外国語映画賞にノミネートされていないのは本当に不思議ですよね。
7. Posted by ジグソー   2008年02月26日 01:51
どうも!

確かにこのような気持ちで映画館を出たのは僕も初めてでしたね。
うまく言葉で表せない素晴らしさがありましたよね。

>そしてこの映画で一番素晴らしかったのは、ジャン・ドーを取り巻く女性陣がみんな美人であるということ。

それは本当ですよね。
見れるだけに何も出来ないのは苦しいでしょうね・・・
8. Posted by にゃむばなな   2008年02月26日 20:59
ジグソーさんへ

あれだけ美女がいる病院なら毎日通いたいくらいですよ。
でもこの映画はそんな私の邪な想いなど蹴散らすくらいに素晴らしい作品でしたね。
9. Posted by YUKKO   2008年03月01日 01:42
不思議な映画でしたね。凄い不自由な状況なのに、妙にあっさりとした内容に驚きました。自分の方が絶対精神的に閉じ込められていると感じてしまいました。でも、なぜアカデミー賞が取れなかったのでしょうか?
10. Posted by にゃむばなな   2008年03月01日 14:53
YUKKOさんへ

アカデミー無冠には本当に驚きましたが、今回の受賞結果を分析すると協会はここまで絶賛されるこの映画に特に賞を与える必要はなし。次の作品でもこの監督たちなら受賞できると踏んだのではないでしょうか。
それくらいこの映画は素晴らしいということなんでしょう。
11. Posted by あっしゅ   2008年03月15日 13:27
こんにちわ!コメントが遅くなりまして申し訳ございません。

確かに、女性が自分の目の前で舌を出しているのに何も出来ない歯がゆさは痛いほどわかるような気がしましたよ(笑)!
生きる勇気をもらえたそんな映画だったような気がします。
12. Posted by にゃむばなな   2008年03月15日 21:37
あっしゅさんへ

お久しぶりです。名古屋での生活も落ち着かれましたでしょうか?
「男は女に生かされる」という言葉を聞いたことがありましたが、そんな言葉も関係なく、自分の気持ちを伝えたいという思いが人を生かしてくれるんだと教えてくれた映画でしたね。
13. Posted by kimion20002000   2008年08月05日 02:15
TBありがとう。
撮影監督は「プライベート・ライアン」の人ですね。フランスのスタッフ&キャストに混じって、NY育ちの監督とうまくタッグを組んでいましたね。
14. Posted by にゃむばなな   2008年08月05日 22:04
kimion20002000さんへ

ハリウッドの才能とフランスの才能が見事に融合した映画でしたよね。
こういう映画をたくさん見れると映画好きとしては大変うれしいですよ。
15. Posted by 由香   2009年06月12日 23:13
こんばんは〜♪
男性は美人看護師さんに惹かれるでしょうねぇ〜
最近は、若いイケメン看護師さんもいたりするので、女性も楽しみが増えました(笑)

ジョニーがこの役をやりたがったそうですね〜
ジョニーのジャンも見たかったような、、、見たくないような、、、(笑)
16. Posted by にゃむばなな   2009年06月13日 21:19
由香さんへ

ジョニー・デップファンには彼がヨダレを垂らしながら、しかも顔をいがめての演技は避けてしまいそうな感じがしますよ。

でも俳優にとってはこれほど演じ甲斐のある役もなかったんでしょうね。
ジョニーが演じたかっていた気持ちも分かる気がします。
17. Posted by    2015年10月13日 20:08
こうした障害のある主人公を演じるのは難しさもあるでしょうね。俳優さんは、健康な時には、不敵さすら感じさせる雰囲気で良かったと思います。過去と現実のギャップが描かれた作品だと思いますので。

人と人を繋ぐものは、社交上の態度でも無いし、キャパシティの裏付けでも無い。心の籠った言葉だという事がよく描かれていましたね。運命を果たして、著作の完成までこぎつけたのは、苦心の連続だったと思います。
18. Posted by にゃむばなな   2015年10月16日 00:26
隆さんへ

マチュー・アマルリックさんはこれで名優の仲間入りをしましたからね。
ほぼ全身を動かさずに演技をするって本当に凄いことですよね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載