2008年03月15日

『ノーカントリー』

ノーカントリーコーエン兄弟といえばアメリカ社会の矛盾と闇を時にはコミカルに、時にはシリアスに描く映画監督。第80回アカデミー作品賞受賞作品で一気に知名度の上がったこの映画はコーエン作品の中でも演出面において特筆すべき素晴らしさがある一方で、見終わったあと多くの観客から「よく分からない」という感想が聞こえるように、「コーエン好き」以外にはちょっと難解な映画だったと思います。

コーエン好きから言わせていただくとこの映画はコーエン作品史上、最高の演出を見せてくれた映画です。ハビエル・バルデム演じるシガーの殺し屋としての脅威をオープニングの保安官暗殺の1シーンで見事に見せたかと思うと、ジョシュ・ブローリン演じるモスが銃撃戦が行われた麻薬取引現場で用心深く行動するシーンをじっくり見せてくれます。またオープニングで人生の先輩であるお年寄りから話を聞くのが好きだと言っていたトミー・リー・ジョーンズ演じる老保安官も事件を追ううちに、これまでの経験は対処しきれない展開だと悟っていくなど、登場人物に合わせて映像中心で見せる演出は同じクライム・サスペンス作品である『ファーゴ』以上に緊張感を持たせてくれます。

中でもコーエン兄弟の演出が最高だと思えたのは1泊26ドルのホテルでの銃撃戦前のドア越しにシガーとモスが対峙するシーンです。
不審な音に気付きロビーに電話するも応答なし。やがて発信機の音が大きくなりドアの下の隙間にシガーの足の影が見える。ガスボンベでの攻撃に応戦すると今度はシガーが自分の影を消す作戦に出る・・・。こんな緊張感を味あわせてくれる映画は滅多にないです。コーエン兄弟がアカデミー監督賞を受賞したのも大納得です。

『アメリカン・ビューティー』と同じく現代社会の闇と矛盾を描いているのですが、この映画が特に素晴らしいのはその闇と矛盾を暴力を通して描くことでよりシリアスに見せていることだと思います。
劇中に何度も出てきたベトナム従軍の話や老保安官同士の20年前を懐かしむ会話に象徴されるように、マフィアの金を横領する身の程知らずさやガスボンベを使って鍵を破壊する無茶など、これまでの常識では考えられないことの連続こそが現代社会の闇と矛盾は肥大化させている。でも無力な我々にはトミー・リー・ジョーンズのように傍観することしかできない。
理不尽・非常識というものは常識では計算できないものだからこそ、人々の心の奥底にまで恐怖を与えてしまう。イラク戦争にしても理不尽な暴力と非常識な侵略行為が泥沼化という計算違いを生み出していることもこの映画を通して訴えたかったことではないでしょうか。

そしてラストも大いに余韻を残してくれます。コインの裏表を当てる賭けに毅然とした態度で命の重みを語るモスの妻カーラはこれまでの銃撃戦が何の意味もないことだと語り、また同業の殺し屋までも殺したのに交通事故で大怪我をしてしまうシガーの運命も彼のこれまでの所業と同じく不条理の一言。最後に老保安官が昨日見た夢を語るシーンも若くして亡くなった父の年齢を超えているのに父親の分まで生きているという実感すらなく、あとは父親のもとに行くだけだと語る夢も未来もない現代を悲観しており、改めて『No Country For Old Man』というタイトルがいかに淋しく悲しい現代を言い表しているのかがよく分かる傑作でした。

深夜らじお@の映画館はあのシガーのニヤッとした笑顔が夢に出てきそうで少し怖いです。

この記事へのトラックバック

1. ノーカントリー  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年03月15日 22:04
 『純粋な悪にのみこまれる』  コチラの「ノーカントリー」は、コーエン兄弟がメガホンをとった最新バイオレンス映画なのですが、いよいよ本日3/15公開となりましたので、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  ご存知のようにアカデミー賞で、作品賞、監督賞、助演男優賞、....
2. ノーカントリー  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2008年03月15日 22:54
公式サイト。原題No Country for Old Men、コーマック・マッカーシー原作(邦題「血と暴力の国」、ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン監督、トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン。本年アカデミー作品賞の割にはつまらない。なんか舞台を...
3. 映画「ノーカントリー」を試写会にて鑑賞  [ masalaの辛口映画館 ]   2008年03月15日 23:32
 25日、新宿明治安田生命ホールにて「ノーカントリー」を鑑賞した。 当日はアカデミー賞授賞式で各賞が発表されて「ノーカントリー」が作品、監督、脚色、助演男優賞の4部門を受賞の報告が入っての鑑賞となった。客入りは意外と普通の8割ほどでアカデミー賞の影響は...
4. 「ノーカントリー」:富坂上バス停付近の会話  [ 【映画がはねたら、都バスに乗って】 ]   2008年03月15日 23:41
{/kaeru_en4/}この門をくぐると中央大学の後楽園キャンパスだ。 {/hiyo_en2/}司法試験にたくさん受かっている大学でしょ。 {/kaeru_en4/}ああ、中央大学を「白門」と呼ぶことがあるけど、「白」という色には、「正義」「潔白」「真実」「純粋」というイメージがあって、それ...
5. 『ノーカントリー』  [ 唐揚げ大好き! ]   2008年03月16日 02:48
  世の中は計算違いで回る   ■アメリカの荒涼たる西部、テキサスの町でひとりの男が麻薬密売にからんだ大金を発見し持ち去ることで、その危険な金を巡り謎の殺し屋や警察が動き出す。追う者と追われる者。彼らの行く先々には無数の死体が転がり、荒野は血の海に染ま
6. ノーカントリー  [ タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌 ]   2008年03月16日 04:47
3 原題 NO COUNTRY FOR OLD MEN 上映時間 122分 製作年度 2007年 製作国 アメリカ 初公開年月 2008/03/15 監督 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 原作 コーマック・マッカーシー 『血と暴力の国』(扶桑社刊) 脚本 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 音....
7. 『ノーカントリー』  [ Sweet*Days** ]   2008年03月16日 06:35
監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン  CAST:トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン 他 第8...
8. ノーカントリー  [ Akira's VOICE ]   2008年03月16日 11:52
ユーモアを持つ者,持たない者。
9. ノーカントリー−(映画:2008年23本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2008年03月16日 12:06
監督:ジョエル&イーサン・コーエン 出演:トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン 評価:79点 公式サイト (ネタバレあります) 「理由なき反抗」というジェームス・ディーンの映画があったが、実は反抗の理由は「若さ(ゆえのも...
10. 「ノーカントリー(NO COUNTRY FOR OLD MEN )」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   2008年03月16日 12:36
アカデミー賞で作品、監督、脚色、助演男優、の4部門で受賞した
11. ノーカントリー/ NO COUNTRY FOR OLDMEN  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2008年03月16日 14:06
前評判は高かったけどホントに穫っちゃいました、コーエン兄弟の最新作! 皆様ご承知の通り先日のアカデミー賞で作品賞、監督賞含む4部門で受賞のこの作品、 3月15日から日本でも公開予定{/star/} ちょっとだけ先に観て来ました〜。 これまでの彼らの作品は全部観てる...
12. ノーカントリー  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2008年03月16日 14:13
第80回アカデミー賞で、≪作品賞≫≪監督賞≫≪脚色賞≫そして≪助演男優賞≫を受賞した本作の公開を待ちわびた。特に助演男優賞のハビエル・バルデムの演技をとっても楽しみにしていた―【story】狩りをしていたモス(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれた大量のヘ...
13. ノーカントリー  [ ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! ]   2008年03月16日 15:21
インディペンデント感マキシマム!! 一筋縄ではいかないオッサン 3人の物語。
14. 【映画】 ノーカントリー  [ Coffee and Cigarettes ]   2008年03月16日 17:08
「ノーカントリー」 上映時間    122分 製作国      アメリカ 公開情報    劇場公開(パラマウント=ショウゲート) 初公開年朮..
15. 「ノーカントリー」  [ クマの巣 ]   2008年03月16日 17:29
「ノーカントリー」、観てきました。 本当のタイトルは「No Country for Old Men」。小説の方では「血と暴力の国」というタイトルをつけていまの..
16. 映画レビュー「ノーカントリー」  [ 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 ]   2008年03月16日 18:20
5 ◆プチレビュー◆暴力的なのに抗いがたい魅力がある逃亡/追跡劇。コーエン兄弟独特のノワールな笑いが彩りを添える。 【90点】  80年代のアメリカ・テキサス。砂漠でハンティング中だったモスは、偶然に、死体の山と麻薬、現金200万ドルを見つけ、危険を承知で現金を...
17. 人間に未来はあるのか。『ノーカントリー』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2008年03月16日 18:33
1980年代のテキサスを舞台に描かれた、麻薬密売に絡んだ大金を手にした男が非情な殺し屋に追われるサスペンス映画です。
18. 映画『ノーカントリー』 コーエン兄弟が久々に描ききったアメリカの荒涼。  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2008年03月16日 20:21
今年のアカデミー賞最多4部門をの受賞をはじめ、世界中で賞を取りまくったことで、久々にコーエン兄弟に『バートン・フィンク』『ファーゴ』そして『ビッグ・リボウスキ』あたりの作品の冴えがもどったなとほくそえんだ人は多いのかも。 今日の新宿の某劇場は、朝10時にも...
19. ノーカントリー/トミー・リー・ジョーンズ  [ カノンな日々 ]   2008年03月16日 21:46
アカデミー賞を獲ったからどうのこうのというわけじゃないんだけど、この映画に関して言えば、日本公開は絶妙のタイミングといえるでしょう。観るほうとしても期待値もグーンとアップしてかなりワクワクです。 出演はその他に、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン....
20. 「ノーカントリー/No Country for Old Men(2008)」  [ MoonDreamWorks★Fc2 ]   2008年03月16日 22:00
【ノーカントリー(2008) 】2008年3月15日(土)公開 監督 : イーサン&??.
21. ノーカントリー◆死との対峙を掘り下げた不条理劇  [ 好きな映画だけ見ていたい ]   2008年03月17日 19:59
     「ノーカントリー」 (2008年・アメリカ) 藤原新也は生と死に関する考察の中で、こう記している――「死というものは、なしくずしにヒトに訪れるものではなく、死が訪れたその最期のときの何時(いつ)かの瞬間を、ヒトは決断し、選びとるのです」(「メメント・...
22. ノーカントリー  [ things4u ]   2008年03月18日 06:16
☆FC2ブログランキング☆ & ☆人気blogランキング☆ ↑今日も1クリックで応援ありがとう〜☆↑ 今日の1本は「No Country for Old Men」(邦題:ノーカントリー)から。 狩りをしていたルウェリン(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれた大量のヘロインと2...
23. 映画『ノーカントリー』  [ きららのきらきら生活 ]   2008年03月18日 06:23
 ☆公式サイト☆1980年代のテキサスを舞台に、麻薬密売に絡んだ大金を手にした男が非情な殺し屋に追われるサスペンス。監督は映画『ファーゴ』のコーエン兄弟。狩りをしていたルウェリン(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれた大量のヘロインと200万ドルの大金を...
24. ハビエル怪演!! ☆『ノーカントリー / NO COUNTRY FOR OLD MEN』☆  [ honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜 ]   2008年03月18日 07:19
4 先日のアカデミー賞で、作品賞、監督賞、助演男優賞、脚色賞の主要4部門を制覇した本作。 最多受賞作だけあって、見応え十分 特にシガー役のハビエル・バルデムの存在感は際立ってた アカデミー賞授賞式の時とは別人のような、あの不気味な風貌と、酸素ボンベで人を殺し...
25. 真・映画日記(1)『ノーカントリー』  [ CHEAP THRILL ]   2008年03月18日 21:58
JUGEMテーマ:映画 3月15日(土) 745日目 さあ、待ちに待った『ノーカントリー』の公開初日である。 このために、前の日は無理をせずに『魔法にかけられて』を見終えた後はマンガ喫茶で休んだ。 時間的にもう一本見るのも手だったけど、 翌日に備えるために少...
26. ノーカントリー  [ 映画のメモ帳+α ]   2008年03月19日 01:07
ノーカントリー(2007 アメリカ) 原題   NO COUNTRY FOR OLD MEN    監督   ジョエル・コーエン イーサン・コーエン    原作   コーマック・マッカーシー 『血と暴力の国』    脚色   ジョエル・コーエン イーサン・コーエン       撮影...
27. 「ノーカントリー」  [ ジグソーのオレデミーアワード日記 ]   2008年03月19日 01:10
4 「ノーカントリー」(2007) 《純粋な悪にのみこまれる》 3/17新宿アカデミーにて観賞 introduction 監督・脚本・制作:ジョエル&イーサン・コーエン cast トミー・リー・ジョーンズ 、 ハビエル・バルデム 、 ジョシュ....
28. ノーカントリー: NO COUNTRY FOR OLD MEN  [ 銅版画制作の日々 ]   2008年03月20日 00:31
   第80回アカデミー賞 4部門受賞作品 「ノーカントリー」   今までに観たことがない殺人鬼、ハンニバル・レクター以上に凄い男をハビエル・バルデムが演じています。そしてこの役で彼は見事、最優秀助演男優賞をゲットしたわけです。   3月18日、東宝シ...
29. ノーカントリー 2008-12  [ 観たよ〜ん〜 ]   2008年03月20日 09:51
「ノーカントリー」を観てきました〜♪ ベトナムの帰還兵ルウェリン・モス(ジョシュ・ブローリン)は、狩の途中死体の山に囲まれたヘロインと200万ドルを発見する。200万ドルをくすねたルウェリンは、組織からの殺し屋アントン・シガー(バビエル・バルデム)に狙われる...
30. ノー・カントリー  [ eclipse的な独り言 ]   2008年03月20日 17:43
 割引も使わないで映画を観たのは何年ぶりでしょうか。アカデミー賞に敬意を表して、
31. 『ノーカントリー(NO COUNTRY FOR OLD MEN)』  [ CHAOS(カオス) ]   2008年03月20日 19:11
『ノーカントリー(NO COUNTRY FOR OLD MEN)』 シガー、怖い。 髪形じゃなくて・・コインとか酸素ボンベとかドアの鍵壊すとことか。妙な殺人哲学とか。 あのエアガンみたいのなんなのさ! とにかく不条理で無秩序でバイオレンスな映画。 BGMもないし、言...
32. 「ノーカントリー」TOHOシネマ梅田  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2008年03月20日 21:17
4 アカデミー賞4部門獲得。コーエン兄弟がついに監督賞も取った作品です。 あらすじ 狩をしていたモス(ジョシュ・ブローリン)は多くの死体と車、大金を見つけます。彼は大金200万ドルを奪ってしまいます。モスは妻カーラを実家に帰し、金の入ったカバンと逃亡の旅にでます....
33. 『ノーカントリー』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2008年03月20日 22:27
□作品オフィシャルサイト 「ノーカントリー」□監督・脚本 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン □原作 コーマック・マッカーシー(「血と暴力の国」)□キャスト ハビエル・バルデム、トミー・リー・ジョーンズ、ジョシュ・ブローリン、ウディ・ハレルソン、ケリー...
34. 明白な運命「ノーカントリー」  [ 再出発日記 ]   2008年03月21日 16:35
この国は人に厳しい監督・脚本:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン原作:コーマック・マッカーシー出演:トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、ケリー・マクドナルド話の筋は麻薬がらみのカネをめぐる、男と殺し屋の追っかけ劇なの...
35. ノーカントリー  [ future world ]   2008年03月22日 23:21
緊迫感の連続、癒しや娯楽性など感じない、良くも悪くも存在感のある、まさに観る者を選ぶ作品だと思います。 コーエン兄弟監督の作品として「ファーゴ」が印象深く好きなのだが、 同じ殺人の犯罪物とはいえ、かなり切り口が違う・・・ 緩む隙が無くストレートな印象....
36. 映画「ノーカントリー」(2007年、米)  [ 富久亭日乗 ]   2008年03月23日 09:29
     ★★★★☆  1980年代のテキサスを舞台に 不気味な殺人鬼を描いたCoen兄弟監督のサスペンス。 2008年アカデミー賞の 作品賞、監督賞、脚色賞、助演男優賞をとった。 原題は「No Country for Old Men 」。  テキサス州西部の荒野で、 麻薬取引のこじれか...
37. ノーカントリー  [ カリスマ映画論 ]   2008年03月23日 18:35
【映画的カリスマ指数】★★★★★  『突然』の残酷、『予想外』の運命  
38. コーエン兄弟の「ノーカントリー」を観た!  [ とんとん・にっき ]   2008年03月24日 01:16
渋谷の渋東シネタワーで、コーエン兄弟の「ノーカントリー」を観ました。といっても、コーエン兄弟とは誰のこと?まあ、知らないことはたくさんあるので、別に驚きませんが。実は知人のブログで、彼がこの映画を観たということを知って、渋東シネタワーであれば駅から繋
39. 【ノーカントリー】  [ 日々のつぶやき ]   2008年03月24日 12:26
監督:ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン 出演:トミ・リー・ジョーンズ、バビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン 「1970年代のテキサス。 溶接工のモスはハンティングの最中、日死体の山を発見する。そして車には麻薬と死体が抱えていた大金・・危険を知
40. コーエン兄弟の「ノーカントリー」  [ OKANOTION'S BLOG ]   2008年03月24日 15:12
ちょっと前にココに書いた「ノーカントリー」を観る。 コーエン兄弟の作品で私の好きなポイントは3つ。 ?おとぎ話のような語り口 ?どうにも救いようのない負の連鎖 ?陽気なキャラクターと陰気なキャラクターの対比 いずれも満たされていた。特に?の陰...
41. ノーカントリー NO COUNTRY FOR OLD MEN  [ 映画に恋してる ]   2008年03月26日 22:37
日の当たる白いポーチに出て男はおもむろに靴底の汚れを気にした。たったそれだけの仕草で私たちは全てを悟る。静寂の中に漂う異様なまでの緊迫感。コインの表裏という彼にしか解らない奇妙なルール。「私は選ばない。決めるのはあなただから」搾り出すようなそれがたぶ...
42. 43●ノーカントリー  [ レザボアCATs ]   2008年03月27日 07:33
アカデミー賞の作品賞&監督賞を取った作品というのは、やっぱり要注目になるのだけれど、その発表が終わってすぐの公開、という、まるで結果を分かっていたかのような印象。批評家の評価もこぞって高かったというこの作品。私もすっごく楽しみにしていた。
43. ノーカントリー(映画館)  [ ひるめし。 ]   2008年03月27日 14:37
世の中は計算違いで回る 純粋な悪にのみこまれる
44. ノーカントリー 86点(100点満点中)08-080  [ (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) ]   2008年03月28日 22:32
わしらの席は、もうどこにもないのさ 公式サイト コーマック・マッカーシーの小説『No country for old men(邦題:血と暴力の国)』を原作に、犯罪コメディとシリアスなノワールを交互に作る、コーエン兄弟が映画化。 原題はアイルランドの詩人ウィリアム・バトラー....
45. ★ノーカントリー★  [ CinemaCollection ]   2008年03月28日 23:18
NOCOUNTRYFOROLDMEN世の中は計算違いで回る異様なまでに生真面目な殺し屋と、時代に取り残された保安官ーふたりの男に追われる男の可笑しいほど残酷な運命上映時間122分製作国アメリカ公開情報劇場公開(パラマウント=ショウゲート)初公開年月2008/03/15ジャンルドラマ/...
46. ノーカントリー(2007年)  [ 勝手に映画評 ]   2008年03月28日 23:36
2008年アカデミー賞主要4部門(作品賞、監督賞、助演男優賞(ハビエル・バルデム)、脚色賞)受賞作。ネタバレ注意。 摩訶不思議な、難解な作品。いきなり最初に、ハビエル・バルデム演じるアントン・シガーが、トミー・リー・ジョーンズ演じるエド・トム・ベル保安官に逮捕...
47. ノーカントリー・・・・・評価額1800円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2008年03月28日 23:46
ハビエル・バルデムの変な髪形だけではない、超一級のクライムサスペンス。 監督デビュー作の「ブラッド・シンプル」以来コーエン兄弟が拘っ...
48. ノーカントリー  [ 映画三昧、活字中毒 ]   2008年03月29日 01:24
■ TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて鑑賞ノーカントリー/NO COUNTRY FOR OLD MEN 2007年/アメリカ/122分 監督: ジョエル・コーエン/イーサン・コー...
49. ノーカントリー  [ たかお=うどイズム ]   2008年03月29日 07:10
アメリカがよくわかる映画だ。 ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン 監督・脚本
50. ノーカントリー  [ 5125年映画の旅 ]   2008年03月29日 07:39
4 テキサスで狩猟を営むモスは、ある日不審な数台の車を発見する。そこには争った形跡と複数の死体、大量の麻薬が残されていた。そこから少し離れた場所には、鞄に詰まった現金200万ドル。モスは200万ドルを持ち帰るが、謎の殺し屋シガーが200万ドルを狙ってモスに...
51. ノーカントリー  [ B級パラダイス ]   2008年03月29日 09:18
すごくよかったというわけではないんですが、かといってつまらないわけでもなく、何とはうまくいえない不思議な魅力がありました。
52. 『ノーカントリー』  [ ラムの大通り ]   2008年03月29日 09:21
(原題:No Country for Old Men) ----これって、アカデミー賞の本命と言われている映画でしょ? 確か最多8部門ノミネートで、 他の映画賞でもゾクゾク受賞。 「うん。2月5日現在で 作品賞23冠。 助演男優賞25冠。監督賞21冠。 各映画賞計96部門受賞。まさに快挙だね」 ----...
53. 血と暴力の国〜『ノーカントリー』  [ 真紅のthinkingdays ]   2008年03月29日 10:48
 No Country for Old Men  風が吹き渡るテキサスの荒野。ヴェトナム帰還兵のルウェリン(ジョシュ・ブロー リン)は、狩りの途中で死体と共??.
54. ノーカントリー  [ メルブロ ]   2008年03月29日 12:02
ノーカントリー 203本目 2008-9 上映時間 2時間2分 監督 コーエン兄弟 出演 トミー・リー・ジョーンズ ハビエル・バルデム ジョシュ・ブローリン 評価 7点(10点満点) 会場 渋東シネタワー  今年のアカデミー作品賞受賞作。これは映画ファンとしては見....
55. ノーカントリー  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2008年03月29日 17:36
評価★★★★ そのボンベ、かなり気になるんですけど・・
56. [映画]ノーカントリー  [ 落とし穴には気をつけろ! ]   2008年03月29日 20:38
アカデミー賞4部門受賞ということよりも、「ハンニバル・レクター以来の史上最悪の殺し屋」というコピーに惹かれて見てみましたが。。。。正直私には難しかった 殺し屋シガー(ハビエル・バルデム)は、あのダサダサの髪型に死んだ魚の目のような無表情ぶりで、気味の悪いこ...
57. 「ノーカントリー」圧倒的迫力の殺人者ハビエル  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2008年03月29日 21:39
ハビエル・バルデムの寝たきりの男性を演じた人だってーー!!)演じる殺人者が、もの凄い怖い!この人、ペネロペクルスの彼なんだとか@@??..
58. ノーカントリー  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2008年03月30日 04:36
3月16日(日) 16:40?? 日比谷スカラ座 料金:1480円(有楽町の金券屋で前売り券を購入) パンフレット:600円 『ノーカントリー』公式サイト コーエン兄弟の新作だ。久しぶりのスリラー? かなり客を突き放している感じの作品で、誰が主役だか解らない。 なんせ、大...
59. 「ノーカントリー」  [ ??☆ EL JARDIN SECRETO ☆?? ]   2008年03月30日 14:33
圧倒的な緊迫感の近くにいながら、所在なし。いろいろ捉え方がありそうな作品ですが、興味深いのはT.リー・ジョーンズの保安官でしょうか。原題"No Country for Old Men"の"Old Men"に当たる人物であり、冒頭もラストも彼。物語の中心に位置づけているのは間違いないはず...
60. 【2008-72】ノーカントリー(NO COUNTRY FOR OLD MEN)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2008年03月31日 00:11
5 人気ブログランキングの順位は? CALL IT,FRIEND-O 純粋な悪にのみこまれる
61. ノーカントリー  [ 心のままに映画の風景 ]   2008年03月31日 00:58
メキシコ国境に近い砂漠で狩りをしていたルウェリン・モス(ジョシュ・ブローリン)は、 偶然、死体と出くわし大量のヘロインと200万ドルの宮.
62. ノーカントリー  [ 映画を観たよ ]   2008年03月31日 20:10
話題作。
63. 恐怖おかっぱ男【ノーカントリー】  [ 犬も歩けばBohにあたる! ]   2008年04月03日 16:02
今年のオスカー総ナメした「ノーカントリー」を見てきました。 先に見た友人から「む
64. ノーカントリー  [ 悠雅的生活 ]   2008年04月03日 22:39
追われる男、追う男、追いつけない男
65. 『ノーカントリー』  [ 映画大陸 ]   2008年04月13日 23:20
 コインの表裏が人生を決める。  その言葉を聞いて僕がまず思い出すものは車谷長吉の『漂流物』。  友人から借りて読んだ小説ですが、ある男が旅先でコインを投げ、その表裏によって会社に戻るかそれともこのまま旅を続けるかを決める。コインに命運をゆだねた結果だ....
66. 【劇場映画】ノーカントリー  [ ナマケモノの穴 ]   2008年04月25日 19:31
≪ストーリー≫ メキシコ国境に近い砂漠でハンティング中に、偶然、死体の山に出くわしたルウェリン・モスは、大量のヘロインと現金200万ドルが残されているのを見つける。危険を承知で大金を奪ったモスに、すぐさま追っ手がかかる。必死の逃亡を図るモスを確実に追い詰めて...
67. 『ノーカントリー』  [ cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー ]   2008年04月25日 22:44
アカデミー賞4部門受賞の話題作をやっと鑑賞ー。とにかくハビエル・バルデムのイッちゃった演技は強烈でした。 テキサスの砂漠で狩りをしていたモスは、銃撃戦が行われたと思われる現場を発見。複数の死体が転がる現場には大量のヘロインを積んだトラックがあり、近くから...
68. ノーカントリー  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2008年05月03日 22:17
【NO COUNTRY FOR OLD MEN】R-152008/03/15公開(05/03鑑賞)製作国:アメリカ監督・脚本:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン製作:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン、スコット・ルーディン原作:コーマック・マッカーシー『血と暴力の国』(扶桑社刊)出演...
69. 『ノーカントリー 』を観たぞ!  [ おきらく楽天 映画生活 ]   2008年05月06日 23:22
世の中は計算違いで回る。ハンニバル・レクター以来の映画史上最悪の死の運び屋殺し屋アントン・シガーが映画の冒頭からその威力を発揮しておりました。おかし
70. 映画【ノーカントリー】  [ ミチの雑記帳 ]   2008年05月07日 22:33
映画館にて「ノーカントリー」 アカデミー作品賞など4部門を受賞した、コーエン兄弟による犯罪サスペンス。 おはなし:1980年代のテキサス。ベトナム帰還兵のモス(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山と大量のヘロインと200万ドルの大金を発見する。大金をネコババした彼...
71. ノーカントリー  [ BUNPITUノHIBI ]   2008年05月07日 22:36
ジョエル&イーサン・コーエン監督 80年代、メキシコと接するテキサスの荒野。累々と死体の横たわる麻薬取引現場から大金を持ち逃げしたモスは、謎の無慈悲な殺人者シガーに追われつづける。シガーは空気ボンベを武器とし、コインの裏表で相手を殺すかどうかを決め、自ら....
72. ノーカントリー  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2008年05月08日 18:01
4 ハンニバル・レクター以来映画史上最悪の死の運び屋__。 静寂の中に漂う異様なまでの緊迫感__コーエン兄弟の最高傑作誕生! メキシコ国境に近い砂漠でハンティング中に、偶然、死体の山に出くわしたルウェリン・モスは、大量のヘロインと現金200万ドルが残されてい....
73. 「ノーカントリー」  [ cocowacoco ]   2008年05月31日 12:38
映画 「ノーカントリー」 NO COUNTRY FOR OLD MEN 観ました        ジョエル・コーエン / イーサン・コーエン監督 2007年 アメリカ (ネタバレあり) スパイ映画のようにクールでプロフェッショナル。 暗いと聞いていただけに、ハラハラドキドキの物語展開は...
74. ノーカントリー  [ 虎猫の気まぐれシネマ日記 ]   2008年08月08日 19:56
2008年度,アカデミー賞受賞作品。DVD[E:cd] リリースを待ちかねての鑑賞。 単純に「感動した」とは言いがたい。しかしさすがに,途方もないパワーを持った,超ヘビー級の作品だった。 あらすじ: 狩りをしていたモス(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれた大量...
75. 「ノーカントリー」  [ シネマ・ワンダーランド ]   2008年09月04日 23:09
「ファーゴ」(1996年)や「未来は今」(94年)などの作品で知られる米国のジョエル&イーサン・コーエン兄弟が2007年にコーマック・マッカシーの小説「血と暴力の国」を映画化したクライム・サスペンス「ノーカントリー」(原題=No Country For Old Men、米、1...
76. ノーカントリー  [ サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画 ]   2008年09月13日 09:54
     = 『ノーカントリー』  (2007) = 狩りをしていたルウェリン(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれた大量のヘロインと200万ドルの大金を発見する。 危険な匂いを感じながらも、金を持ち去ってしまったルウェリンは、謎の殺し屋シガー(ハビエル...
77. ★「ノーカントリー」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2008年09月15日 02:24
今週の平日休みは、今年のオスカー4冠の話題作。 ■ 作品賞 ■ 助演男優賞 ハビエル・バルデム ■ 監督賞 イーサン・コーエン    ジョエル・コーエン ■ 脚色賞 イーサン・コーエン    ジョエル・コーエン
78. ノーカントリー  [ 映画、言いたい放題! ]   2008年11月06日 00:48
第80回アカデミー賞、 作品賞、監督賞、助演男優賞、脚色賞をとりました。 コーエン兄弟の作品はあまり好きではないのですが、 「海を飛ぶ夢 」が素晴らしかった、ハビエル・バルデムが 助演男優賞を取ったということで観ようと いや、観なくてはと思いました。f(^^...
79. 『ノーカントリー』'07・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2008年12月10日 21:53
あらすじ狩りをしていたルウェリン(ジョシュ・ブローリン)は死体の山に囲まれた大量のヘロインと200万ドルの大金を発見する。危険なにおいを感じ取りながらも金を持ち去った彼は、謎の殺し屋シガー(ハビエル・バルデム)に追われることになる。事態を察知した保安官ベ...
80. ノーカントリー  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2009年04月18日 16:23
JUGEMテーマ:映画 2008年3月15日 公開作品 2008年8月7日 DVDリリ−ス ★★★*☆☆ 見方によれば深いメッセージがありそうだけど 星3っつ半! おかっぱ殺人者、参上!!! ハビエル・バルデムが、とにかく圧倒的なインパクトでこっわ...
81. 「ノーカントリー」絶望の中の希望  [ ノルウェー暮らし・イン・London ]   2009年06月18日 18:59
怖い。 怖いのに綺麗でどこか可笑しい。 血なまぐさい暴力のかぎりが、救いようのない混沌とした世界を扱っているようでいて、全編を通して映し出される景色の美しさと、時にユーモラスなシーンを挟み込むこのミスマッチが、コーエン兄弟の凄さを物語っている。
82. ノーカントリー  [ mama ]   2009年09月09日 03:50
NO COUNTRY FOR OLD MEN 2007年:アメリカ 原作:コーマック・マッカーシー 監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 出演:トミー・リー・ジョーンズ、ジョシュ・ブローリン、ウディ・ハレルソン、ハビエル・バルデム、ケリー・マクドナルド、バリー・コービン....

この記事へのコメント

1. Posted by miyu   2008年03月15日 22:24
そっかぁ〜。
あたしはあまり難解だとは感じなかったのですが、
でもそうなのかもしれないですね。
オスカー作品と言えども、って言うよりも
どちらかと言うと「アメリカン・ビューティー」のように
日本ではイマイチな感じだけど、
アメリカでは評価の高い作品なのかなぁ〜と思いました。
2. Posted by にゃむばなな   2008年03月15日 22:28
miyuさんへ

上映終了後、私の周りでは難しい映画だったという言葉をたくさん聞きました。
たぶんコーエン作品自体が映画好きに受ける作品なんで、こんな感想がたくさん飛び交ったのではないかと思いますね。
3. Posted by くまんちゅう   2008年03月16日 12:39
トラバどうもでした

モーテルでの対決は痺れました、緊張感凄かったです。
最後の事故はなんとなく予感しました、でもラストシーンは「あれ?ココで終わりか」と思いましたよ、深いです
4. Posted by 耕作   2008年03月16日 14:04
こんにちわ♪
TB&コメントありがとうございました。

>現代社会の闇と矛盾を描いている。

そうですね。
この作品に限らず、最近はアメリカ現政権が行ってきた政策に対し、
批判的というか、その影響について描かれた作品が多いように思えます。
最後は力で何事も解決しようとする、短絡的な行動が現代社会に落とす影みたいなものの恐さ。
これからも、この手の作品はたくさん出てくるような気がします。

5. Posted by にゃむばなな   2008年03月16日 14:45
くまんちゅうさんへ

あの終わり方は一般受けする終わり方ではないので、あまり映画を見ない方からすれば「?」になり、それで感想が難解だという意見が多くなったのではないかと思います。

でも映画ファンとしてはこういう深みのある映画の方が好きですね。
6. Posted by にゃむばなな   2008年03月16日 14:48
耕作さんへ

この映画がアカデミー作品賞を獲ったことで、映画ファンが喜ぶような作品が増えてくれることを祈るばかりですね。
どうも最近のハリウッド作品がリメイクやら気の抜けたものが多かったですもんね。
7. Posted by Whitedog   2008年03月16日 17:23
TBありがとうございました。
原作読んでからの鑑賞だったのですが、あらためて画を観ると衝撃的でした。上映後の皆さんの反応がおかしかったです。ほとんど無言でしたね。
でも、終ったあとにいろいろ考えさせられる映画はいいですね。
8. Posted by non   2008年03月16日 17:37
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございます☆

この作品はコーエン作品好きの方からすれば最高傑作となるのでしょうね。
確かにすごかった・・・怖く手仕方ないけど、面白かったです。

シガーとモスの直接対決のシーンは面白かったですよね。
シガーの姿は見えないのに、ほんとに怖かったです・・・
9. Posted by にゃむばなな   2008年03月16日 18:07
Whitedogさんへ

コーエン好きはその余韻に無言になり、こういう映画を見たことがない人は難解さゆえに無言になる。そんな感じでしたね。
10. Posted by にゃむばなな   2008年03月16日 18:12
nonさんへ

シガーとモスのドア越しの対決はまさにコーエン作品最高の演出でしたね。
怖さゆえに先が読めなくなる映画というのも本当にコーエンならではだと思いましたよ。
11. Posted by たかひょ   2008年03月17日 06:26
シガーが保安官を締め上げて残った床の跡、ホテルでモスとシガーが対決するシーンはちょっとシビレましたね。
一つ一つ手順を踏んで緊迫感を盛り上げていく・・・。
でもちょっと私には敷居が高すぎたみたいです。
上映終了後、帰り際に「コーエン兄弟は〜」なんて語ってる人たちがいました。
う〜むぅ、そういう映画なのかと今更気付いた私です。
12. Posted by motti   2008年03月17日 08:58
にゃむばななさんこんにちは。
やはりコーエンファンなんですね?
同じく僕も大ファンです。
サスペンスとコメディと両刀の氏の作品どちらの持ち味のときも好きですが、やはりベストといえるコーエンの最高傑作「ファーゴ」再びって感じの感動感激で鑑賞しました。
グイグイ引き込まれる展開、ハードボイルド感、熟練して尚輝く作品全体としてのインディペンデント感に納得でした!
TB、コメントありがとうございました♪
13. Posted by 睦月   2008年03月17日 15:41
こんにちわ。

≫1泊26ドルのホテルでの銃撃戦前のドア越しにシガーとモスが対峙するシーンです。

私もあのシーンは、あまりにもドキドキしすぎて、心停止するかと思ったほどでした(涙)。

途中まで、「この作品は一体何を言いたいんだろう?」って思っていましたけれど、ラストの衝撃シーンによって、全てが繋がったなあという気がしましたです。ホントに秀逸な傑作!今年のマイベスト上位に入ること決定ですわ!
14. Posted by にゃむばなな   2008年03月17日 21:43
たかひょさんへ

あの床に残された靴の跡は強烈でしたね。ああいう映像でシガーの恐ろしさを見せるコーエン兄弟はやっぱり最高ですよ!
15. Posted by にゃむばなな   2008年03月17日 21:45
mottiさんへ

おぉ〜、mottiさんもコーエン好きでしたか。
全体としてインディペンデントなあの感じがコーエンの味なんですよね。

こういう映画を撮れる監督は世界広しといえどもそうはいないですもんね。
16. Posted by にゃむばなな   2008年03月17日 21:47
睦月さんへ

私もこの映画は今年のベスト10に間違いなく入りますね。
近年のアカデミー受賞作品の中でも個人的には大好きな映画です。

でも一般にはこの面白さを理解してくれる人は少ないでしょうね。
17. Posted by 由香   2008年03月17日 22:37
こんばんは!
そうだったんですか・・・(汗)
私は、コーエン監督の映画に無知で、『スッゴク怖い殺人鬼が出る映画』というノリで鑑賞してしまいましたので、モヤモヤした気持ちが残ってしまいました。
こちらに詳しくコメントも頂きましたし、記事もジックリ読ませて頂いたので、もう1回観直したら印象が違うかも?と淡い期待を持ちました〜
18. Posted by にゃむばなな   2008年03月17日 23:27
由香さんへ

コーエン兄弟をはじめPTA監督などサンダンス映画祭出身の監督さんの作風は個性豊かで好き嫌いもかなり別れるので、たぶんこの映画はコーエン好き以外には評価されないでしょうね。

GW公開予定の『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』もそんな感じになりそうですけどね。
19. Posted by moviepad   2008年03月19日 01:17
にゃむばななさん、こんばんわ

>無力な我々にはトミー・リー・ジョーンズのように傍観することしかできない。理不尽・非常識というものは常識では計算できないものだからこそ、人々の心の奥底にまで恐怖を与えてしまう。

こういった要素が全体からにじみ出ていた映画でしたね。

にゃむばななさんはコーエン兄弟ファンなんですね。
僕はコーエン兄弟の名前にときめかない映画ファンで、これまで「未来は今」と「ファーゴ」しか見ていなかったのですがこの作品には(よくわからないなりに)魅せられました!ほかの作品、とくに初期のものを見てみたくなりました。
20. Posted by ジグソー   2008年03月19日 01:49
どうも!

恥ずかしながらコーエン兄弟作品はコレが初めてだったんですが、非常に気に入りましたよ。
見せ方が非常に巧いなと感じましたね。
あまり詳しく描かない所もあれば、じっくりと描くところがあったりで。

>中でもコーエン兄弟の演出が最高だと思えたのは1泊26ドルのホテルでの銃撃戦前のドア越しにシガーとモスが対峙するシーンです。

僕もここが一番好きなシーンです。
あの緊迫感は尋常じゃないですよね。
21. Posted by にゃむばなな   2008年03月19日 22:09
moviepadさんへ

コーエン好き以外には受けがよろしくない映画と思っていましたが、案外この映画は好きという人もいらっしゃって個人的には嬉しい限りです。

ちなみにコーエン初期作品の中では『赤ちゃん泥棒』がオススメですね。喜劇の中にブラックな要素を結構詰め込んでいるところが個人的には好きなので。
22. Posted by にゃむばなな   2008年03月19日 22:11
ジグソーさんへ

おぉ!ジグソーさんもコーエンの世界観を楽しまれたみたいですね。
コーエン兄弟の巧さは映画全体の構成を考えて、あっさり描いたりじっくり描いたりを使い分けているところ。
このセンスが好き嫌いの大きな分かれ目でもあるみたいですけどね。
23. Posted by YUKkO   2008年03月20日 21:15
暴力の不条理を見せ付けながら、暗くない作品ですね。強烈なインパクトを与えるシガーに怖れを覚えました。圧倒的な暴力を封じる正義は存在しないのでしょうか?
カーラの表情に救いを覚えました。
24. Posted by にゃむばなな   2008年03月21日 21:54
YUKKOさんへ

並みの暴力映画とは確実に一線を画し、なおかつこれまでにない高度で巧みな演出で映画ファン、特にコーエン好きをうならせる名作でしたね。
こういう映画を見るたびに、コーエン好きをやっていてよかった〜と思いますよ。
25. Posted by とらねこ   2008年03月27日 08:30
おはようございます。
にゃむばななさんはそんなにコーエン監督がお好きだったのですね!
あの対決の前のシーンの詳しい感想、おっしゃる通りで、
緊張感もすごいのですが、暗闇というべき影と闇の対照的な使い方。本当すごかったです。
あの対決シーンは、緊張感だけじゃなくて、そこにある種のユーモアさえ感じて余計空恐ろしかったですよ。
私は言葉足らずで、どうもうまく語れませんでした。
26. Posted by にゃむばなな   2008年03月27日 20:00
とらねこさんへ

緊張感のある演出といい、含みのあるラストといい、コーエン好きを満足させてくれる傑作でしたよ。

『テラビシアにかかる橋』みたいに蛇足などなく、観客に考えさせる演出。これがいいんですよね!
27. Posted by ひろちゃん   2008年03月28日 23:26
TBありがとうございました^^
いつも読み逃げ、TBのみで失礼して
おります(¨;)

単純明快なハリウッド作品が好きな
私には、この映画の緊張感、緊迫感は
好きなものの、いまいち映画の良さが
わかりませんでした・・パンフを読んでそう言うことだったのかとわかったこともありましたが、今回にゃむばななさんのコメントを読んで、よりこの作品が
わかったような気がしました。

にゃむばななさんのコメントやパンフの内容を頭に入れてこの作品を観たら、
また感じが違うのかもしれないと
思いました。
28. Posted by にゃむばなな   2008年03月29日 20:46
ひろちゃんさんへ

この映画はコーエン好きやその作風を理解していないと楽しめない作品だっただけに、みなさんコーエン好きの方のレビューを読まれると悔やまれるみたいですね。
29. Posted by ミチ   2008年05月07日 22:35
こんばんは♪
コメント返信が遅れてスミマセン。

ドア越しの対決は緊迫感が最高潮に達しました。
受信機の音の間隔がだんだん狭まるのが怖かったですね〜。
タイトルと保安官の表情がリンクしてなんともいえない終わり方だったと思います。
30. Posted by にゃむばなな   2008年05月07日 23:30
ミチさんへ

あのドア越しの2人が対峙するシーンの緊迫感は最高でしたよね。コーエン兄弟がオスカーを受賞するのも大納得でしたよ。
31. Posted by なな   2008年08月08日 20:01
はじめまして
「虎猫の気まぐれシネマ日記」のななと言います。
TBさせていただきました。
コーエン作品にお詳しいですね〜。
記事を拝見して,この作品の見どころがよくわかった気がします。
私はコーエン作品はファーゴが大好きなのですが
他の作品はほとんど未見です。
秀逸な映像と,深いメッセージはオスカー受賞にふさわしいと思いました。
これからもよろしくお願いしますね〜
32. Posted by にゃむばなな   2008年08月08日 22:28
ななさんへ

コーエン作品は結構好きなのでほとんどの作品を見ています。
『ファーゴ』以外では『ビッグ・リボウスキ』や『赤ちゃん泥棒』『オー!ブラザー』がオススメですよ。

こちらこそこれからもよろしくお願いしますね。
33. Posted by David Gilmour   2008年09月05日 22:39
こんばんは、トラコメ、サンクスでした。

コーエン兄弟の作品では、「ファーゴ」が結構好きです。

凄惨な事件と、のん気な婦人警官との対比。「ノーカントリー」でも非情な殺人鬼とのんびりとしたTRジョーンズ演じる保安官との対比が面白かったです。

桂枝雀の落語の理論ではないですが、「緊張と緩和」が両作品にあったのかもしれませんね。

それでは、またよろしくです!!
34. Posted by にゃむばなな   2008年09月06日 15:39
David gilmorさんへ

「緊張と緩和」の絡み具合の巧さ、まさにコーエン兄弟にしか描けない世界観ですよね。
コーエン好きにはたまらない映画でしたよ。
35. Posted by ひらりん   2008年09月16日 03:48
トラ・コメどうもでした。
「ハモンハモン」に反応してくれて、ちょっと嬉しかったですよーーー。
バルデム恐るべしでしたね。
36. Posted by にゃむばなな   2008年09月16日 21:37
ひらりんさんへ

バルデムさんといえば『夜になる前に』『ハモンハモン』『ノーカントリー』『海を飛ぶ夢』ですからね。
あのムキムキは未だに忘れられませんよ。
37. Posted by ノルウェーまだ〜む   2009年06月18日 19:22
にゃむばななさん、こんにちは☆
私はコーエン兄弟がお初でしたが、すっかり気に入ってしまいました。
全編、夢も未来もない寂しい現実を表しているようで、私には途中に挟み込んだユーモラスな若者との対話が反対に「救い」を表現したのではないかと感じています。
最後の突き放した終わり方が、観客の感想を好きなように感じていいよと、言っているように思えましたね…
38. Posted by にゃむばなな   2009年06月18日 20:26
ノルウェーまだ〜むさんへ

コーエン兄弟は単純で分かりやすい描き方をしない分、苦手な方もいらっしゃるみたいですが、私はこういういろんなメタファーを詰め込んだ作品って大好きなんですよ。
ですから仰るとおり、あのラストも監督たちが自分の意見を観客に押し付けないところが本当に素晴らしいと思いましたよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載