2008年03月28日

『ウォーターボーイズ』

ウォーターボーイズ最近やたら日本映画が『うた魂♪』やら『ガチ☆ボーイ』やらと青春映画を続々と製作していますが、そのきっかけとなったのはやはりこの映画のヒットによるものだと思います。「男のシンクロ」と青春と笑いを巧く織り交ぜた内容に見終わったあとは結構満足度の高い作品なのですが、なぜかしら公開当時は関西だけが興行成績が非常に悪かったそうです。別に笑いもそんなにぬるくなかったのですが、なぜなんでしょう?ちなみに私はこの映画を映画館で見ていません。その理由は覚えてません・・・。

この映画の魅力って何だろうと考えてもラストのシンクロシーン以外は何も思い当たらないんですよね。別に高校時代に何かに熱く燃えた人が共感できる内容とかは特になく、ラストのシンクロに至るまでの全てのシーンが前フリだったとしか思えない出来なんですよね。実際ラストのシンクロだけを見てもそれほど感動はないのですが、でも考えてみるとこの映画って「映画の面白さ」というものをちゃんと伝えているところが素晴らしいと思うのです。

映画の面白さって、私は何も考えずにスクリーンに集中して楽しめてしまうシーンがあることだと思います。この映画でもそれまでのシンクロチーム結成に至るまでの苦労とか友情とかいろいろあれども、ラストのシンクロでは誰もが最初から最後まで何も考えずに楽しめてしまうはずです。
竹中直人さんが途中で海パン姿になって学生シンクロに飛び入り参加しようとして阻止されたり、柄本明さん演じるオカマバーのママさんがやかましく騒いだりするのも全部言わばオマケみたいなもの。要は楽しい音楽に乗せて「男のシンクロ」を観客に楽しんでもらえるか、そこにこの映画の全てを集約している。これがこの映画の魅力なんだと思います。

妻夫木クンが最後に履くド派手な海パンも、金子貴俊クンが大好きな人に直接抱きつくシーンもそれだけ見たら確かにイタいです。でも竹中直人さんが自分が仕事をサボりたいために学生たちに水族館の仕事をさせていたらそれがシンクロの練習になっていたという、どう見ても『ベスト・キッド』のパロディが何気にあったりするなど、映画ファンも喜ばせつつ、決して力技ではない面白さで勝負しようとしているところがこの映画が評価される一番の理由なんだと思います。

でも個人的には水泳部顧問の真鍋かをり先生の水着姿をもっと拝みたかったですよ。あの頃は「麒麟です♪」の影すらなかった頃でしたからね〜。

深夜らじお@の映画館は麒麟川島さんの名探偵ポワロネタが結構好きです。

acideigakan at 18:00│Comments(2)clip!映画レビュー【あ行】 

この記事へのコメント

1. Posted by 恋愛オチ 下らない DBGT   2013年03月14日 23:58
2008年のころ も、思い出していました。ブーム当時、近所の小学校で、ウォーターボーイズを企画する、やんちゃな子供が、張り切っていました。

今では、陰りになっています。
あの頃から、そんなに時間が経っていないのに。

ブラウン管テレビでウォーターボーイズの映画を見ていました。
2. Posted by にゃむばなな   2013年03月15日 22:04
DBGTさんへ

まだ5年しか経っていないんですよね。なのに陰りになっているとは。
淋しいものですなぁ〜。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載