2008年07月06日

『クライマーズ・ハイ』

クライマーズ・ハイ世界最大の航空機事故と呼ばれた御巣鷹山の日航機墜落事故を扱うこととなった地方新聞社の記者たちを描いた本作。原作を書かれた横山秀夫先生ご自身も当時の事故を地方記者として取材されたご経験があるそうで、新聞社内の確執や一面に何をもってくるかの駆け引きは面白かったのですが、映画としてはちょっと落とし所が曖昧だったような気がしました。

この映画のラストにこの物語は架空の新聞社を舞台にしたという説明が入るまではもしかしたらこれは史実を描いた映画?と思えるほど、とにかく前半から当時の未曾有の航空機事故のニュースに奔走する記者たちの緊迫感が凄いこと。ケータイもネットもない時代、全国紙に劣らない新聞にするためにはどんな記事が必要なのか、地方紙ゆえの強み弱みを踏まえつつ、締め切りギリギリまで様々な部署や上司たちと掛け合い、怒鳴り合い、そして協力しあう北関東新聞社の悠木デスクたち。特に必死の思いで現場から帰ってくると苦労して得たネタが一面に使われていなかった時のあの堺雅人さん演じる佐山の目つきは凄かったです。記者のみなさんはいつもあんな思いでスクープを探しておられるんですね。

そして佐山が一呼吸置いてから書いたあの記事がまた素晴らしいこと。広告を削ってまで載せる写真よりもたった数十文字の文章が現場をよりリアルに表現する。これこそがまさに新聞の魅力だと思います。真実を伝えるということは何も今起こっていることを伝えるだけでなく、そこにいる人たちの心まで伝えること。私はこの映画では記者たちがそこに向かって葛藤していくものだと思っていました。

ところが男の嫉妬の浅ましさや他紙がどうのこうのなど、この映画が描こうとしているのは未曾有の事件に対しての記者たちのネタ集めに対する葛藤や苦労であって、別にこれは日航機墜落事故でなく架空の事故という設定でもよかったのではないか?とも思えてくるんですよね。どうも記者たちが遺族や事故の方ではなく、新聞の方しか向いていないような感じがして、私が毎朝読んでいる新聞もこんな人間の汚い部分を否応なしに見れてしまうところで作られているのかと思うとちょっと辛いです。

またクモ膜下出血で倒れた安西やセクハラ社長の一件なども本筋とどう絡めることもなく映画は終わってしまいますし、安西の息子とクライミングをする現代パートも過去パートと巧く絡めていないように思えました。ラストのニュージーランドでのシーンも記者時代のエピソードがはっきりしないまま終わっているせいか、ちょっと物足りない感じ。結局彼らが追っていたものは注目されるようなスクープなのか、それとも命の重みを知らされる記事なのか、最後まではっきりしないままでした。
できればもっと「日航機墜落事故でなければ描けないエピソード」というものがほしかったです。それがあればこの映画ももっと違っていたような気がします。

深夜らじお@の映画館は読売新聞を購読しています。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. クライマーズ・ハイ  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2008年07月06日 15:56
JUGEMテーマ:映画 2008年7月5日 公開 今日のブログ一面でやらせてください!!! うぉ〜っ!良かったですよぉ〜♪ 久しぶりにスクリーンにのめり込みましたねぇ。 1985年8月12日 この日は、よく晴れた真夏の日ざしが照り返す暑い日だったの...
2. クライマーズ・ハイ  [ Lovely Cinema ]   2008年07月06日 16:36
JUGEMテーマ:映画館でみました! 監督:原田眞人 出演:堤 真一、堺 雅人、小澤征悦、田口トモロヲ、堀部圭亮、マギー、尾野真千子、滝藤賢一、でんでん、矢島健一、皆川猿時、野波麻帆、西田尚美、遠藤憲一、中村育二、蛍雪次朗、高嶋政宏、山崎努 ・・・ チェッ...
3. [映画『クライマーズ・ハイ』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 ]   2008年07月06日 17:04
☆日航123便墜落事件は、私が社会の動向に興味を持ち始めた高校生の頃に起こった大事件だったので、非常に記憶に残っている。 川上慶子ちゃんや与圧隔壁なんて言葉が、すぐに思い出される。 後に、阪神大震災が起きた後に、サブカル系言論者が「<終わらない日常>が終わっ...
4. 『クライマーズ・ハイ』  [ ラムの大通り ]   2008年07月06日 18:11
----ゴールデンウィークも、 もう残りあと2日。 今日の邦画は? 「『クライマーズ・ハイ』。 今年観た日本映画の中では 『アフタースクール』と並ぶぼくのオススメだね」 ----監督は原田眞人だよね? 「うん。この監督は 他の人には決してマネできないハリウッド仕込みの手...
5. 『クライマーズ・ハイ』  [ Sweet*Days** ]   2008年07月06日 19:17
監督:原田眞人  CAST:堤真一、堺雅人、山崎努 他 1985年8月、群馬県御巣鷹山に日光ジャンボ機が墜落、未曾有の被害者を出す...
6. 『クライマーズ・ハイ』  [ cinema!cinema!??ミーハー映画・DVDレビュー ]   2008年07月06日 21:11
18:30スタートの試写会って仕事後に行って間に合うのか、すごく焦ります。 昨日は一ツ橋ホールに堤真一主演の『クライマーズ・ハイ』を観に行ってきました。 1985年8月12日。群馬、北関東新聞の記者・悠木和雅は、出世街道から外れ一匹狼として行動する遊軍記者。社内...
7. クライマーズ・ハイ  [ 悠雅的生活 ]   2008年07月06日 21:34
 チェック 、 ダブルチェック
8. クライマーズ・ハイ  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2008年07月06日 22:12
2008/07/05公開(07/05鑑賞)製作国:日本監督:原田眞人出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、遠藤憲一 命を追った、あの夏。
9. 映画『クライマーズ・ハイ』  [ きららのきらきら生活 ]   2008年07月06日 22:14
  ☆公式サイト☆1985年、群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐって翻弄(ほんろう)される地元の新聞記者たちの姿を描く社会派ドラマ。実際に記者として日航機墜落の取材をした作家・横山秀夫が自らの体験を反映した同名小説を、映画『金融腐蝕列島 [呪縛]』の原田...
10. 『クライマーズ・ハイ』  [ 唐揚げ大好き! ]   2008年07月07日 04:38
  命を追った、あの夏の日。   ■1985年8月12日。群馬、北関東新聞の記者・悠木和雅は、出世街道から外れ一匹狼として行動する遊軍記者。社内の登山サークル“登ろう会”の仲間で販売局所属の親友・安西と共に、翌日谷川岳の衝立岩登頂に挑もうと準備を進めていた。そ
11. 「クライマーズ・ハイ」レビュー  [ 映画レビュー トラックバックセンター ]   2008年07月07日 14:09
映画「クライマーズ・ハイ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、他 *監督:原田眞人 *原作:横山秀夫 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。....
12. クライマーズ・ハイ  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2008年07月07日 14:39
公式サイト。横山秀夫原作、原田眞人監督、堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努。2005年日航ジャンボ機墜落20周年でNHKがドラマ化したのを映画化。正直、NHKの方がまだ臨場感あったし、意味のない脚色で余計に散漫になっている。
13. クライマーズ・ハイ  [ Akira's VOICE ]   2008年07月07日 17:22
舞台構成の巧さがスクリーンに見入らせる!  
14. 映画 【クライマーズ・ハイ】  [ ミチの雑記帳 ]   2008年07月07日 21:42
映画館にて「クライマーズ・ハイ」 横山秀夫の同名小説の映画化。ちなみに、横山秀夫自身は記者として日航機墜落を取材した体験を持つ。 おはなし:1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社に入る。悠木和雄(堤...
15. 「クライマーズ・ハイ」高度な映画  [ ノルウェー暮らし・イン・ジャパン ]   2008年07月07日 22:56
高さもすごい、硬さもすごい(硬度)。 まるでドキュメンタリーを観るような、まさにその現場に居合わせたような緊迫感は、なるほど実際に上毛新聞の社会部の記者として取材に当たった経験を持つ原作者 横山秀夫ならではだ。 ひさしぶりに硬派な映画を観た。
16. 「クライマーズ・ハイ」史上最大の墜落事故を描いた怒涛の7日間のマスコミストーリー  [ オールマイティにコメンテート ]   2008年07月08日 00:27
4 「クライマーズ・ハイ」は1985年8月12日に墜落した日航123便の事故を追った新聞社のデスクと記者が駆け抜けた7日間を追ったドキュメンタリーストーリーとなっている。23年前の事故は私も良く覚えているし、多くの人が犠牲となった大惨事だったが、ストーリーとしては複数の....
17. 『クライマーズ・ハイ』・・・ ※ネタバレ含  [ 〜青いそよ風が吹く街角〜 ]   2008年07月08日 01:31
2008年:日本映画、原田眞人監督、堤真一主演、横山秀夫原作小説の映画化。凄く観応えありました。
18. 「クライマーズ・ハイ(2008) 」  [ MoonDreamWorks★Fc2 ]   2008年07月08日 09:19
【クライマーズ・ハイ】2008年7月5日(土)公開 監督 ・ 脚本 : 原田眞人 ...
19. 映画感想≪クライマーズ・ハイ≫  [ キネマ徒然草 ]   2008年07月09日 02:04
映画は時間とお金がかかるものなので、百聞は一見にしかずとわかっていても、全て観ることは当然出来ません。 雑誌やネットで収集する情報や、自らの経験を考慮して、鑑賞予定映画を決めます。 今回の映画は、鑑賞予定から外れていました。<b>この映画の監督には...
20. 【クライマーズ・ハイ】  [ 日々のつぶやき ]   2008年07月09日 09:26
監督:原田眞人 出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、遠藤憲一 「1985年8月12日、羽田発大阪行日航123便が乗客524人を乗せ消息を絶った。 群馬か長野か・・その日山に登る予定だった北関東新聞の悠木は、日航全権デスクを任命された。 誰も経験し
21. クライマーズ・ハイ  [ 欧風 ]   2008年07月09日 18:11
土曜日、八戸フォーラムで映画を観ました??。 1本目に観たのが、「クライマーズ・ハイ」。 話としては、1985年、群馬県の北関東新聞社に勤める新聞記者の男。山登りが趣味な男は、友人と山登りに行く約束をする。しかし
22. 「クライマーズ・ハイ」:門前仲町バス停付近の会話  [ 【映画がはねたら、都バスに乗って】 ]   2008年07月09日 21:00
{/kaeru_en4/}俺って、こういう赤い成田山の門とか見ると、なんかこう心がウキウキしてきてハイな気分になってくるんだよなあ。 {/hiyo_en2/}どうして? {/kaeru_en4/}成田山だけに、クライマーズ・ハイになるのかな? {/hiyo_en2/}うーん、それは“山”ちがいだと思うけど...
23. クライマーズ・ハイ  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2008年07月09日 23:21
4 極限状況の中、男たちはなにを伝えるのか。混乱する現場で未曾有の大事故を追った新聞記者たちの激動の1週間。決断を迫られた男たちはその時・・・。 物語:1985年8月12日――。終戦記念日を3日後に控え、日本国中が中曽根首相の靖国公式参拝の動向を固唾を飲んで見守る...
24. 劇場鑑賞「クライマーズ・ハイ」  [ 日々“是”精進! ]   2008年07月10日 14:44
「クライマーズ・ハイ」を鑑賞してきました日航機墜落事件を追う新聞記者たちの1週間を描いた横山秀夫のベストセラー小説を、原田眞人監督、堤真一主演で映画化。事件を追いかける記者たちの、歴史的大事件への影響と葛藤の日々が綴られる。ストーリーは・・・1985年...
25. 『クライマーズ・ハイ』2008・7・6に観ました  [ 映画と秋葉原と日記 ]   2008年07月10日 18:13
『クライマーズ・ハイ』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 1985年8月12日。群馬の北関東新聞の記者・悠木和雅(堤真一)は、社内の登山サークルの仲間で販売局所属の親友・安西耿一郎(高嶋政宏)と共に、谷川岳の衝立岩登頂に挑もうと準備を進め退社しようと
26. 香りある人間。『クライマーズ・ハイ』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2008年07月12日 10:00
1985年に群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐる地元新聞記者たちの物語です。
27. 【映画】クライマーズ・ハイ  [ 新!やさぐれ日記 ]   2008年07月12日 13:09
■動機 クライマーズ・ハイならば観ないわけにいかない ■感想 原作を捻じ曲げてまで伝えたかったものは何? ■満足度 ★★★★★☆☆ おまけね ■あらすじ 1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が、群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社に...
28. クライマーズ・ハイ/堤真一、堺雅人  [ カノンな日々 ]   2008年07月12日 22:48
NHKでドラマ化されたとき見逃しちゃって、DVDをレンタルしようと思っていたら、映画化されてたいたとはチラシを目にするまで知りませんでした。1985年に実際に起きた航空史上最悪の惨事といえる日航機墜落事故を巡って奔走する地元新聞社の人々の姿を描いた社会派ヒューマン....
29. クライマーズ・ハイ  [ ★試写会中毒★ ]   2008年07月13日 12:06
満 足 度:★★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:原田眞人 キャスト:堤真一       堺雅人       尾野真千子       高嶋政宏       山崎努       遠藤憲一、他 ■内容■  1985年8月12日、 乗員乗客524名...
30. クライマーズ・ハイ  [ Thanksgiving Day ]   2008年07月14日 01:15
映画「クライマーズ・ハイ」を観てきました! 今日が公開初日なんですけど、公開されたらずっと観に行こうと心に決めてたんですよ。 日航ジャンボ機墜落事故は、絶対に忘れてはならないですし、山崎豊子の「沈まぬ太陽」を読んで、また別の視点から考え直すこともできま...
31. 映画「クライマーズ・ハイ」を観ました!!(2008-11)  [ 馬球1964 ]   2008年07月14日 09:25
映画「クライマーズ・ハイ」を観ました!!2008年の第11作目です。久々に映画を観ました。
32. 映画「クライマーズ・ハイ」  [ FREE TIME ]   2008年07月14日 22:12
映画「クライマーズ・ハイ」を鑑賞しました。
33. クライマーズ・ハイ 2008-39  [ 観たよ〜ん〜 ]   2008年07月15日 06:32
「クライマーズ・ハイ」を観てきました〜♪ 1985年夏。群馬の地方紙、北関東新聞の編集局に羽田発の日航23便がレーダーから消えたとのニュースが飛び込む。まだ事故の全容が見えない中、この事故の全権デスクとして悠木(堤真一)が任命される・・・ 人気Bl...
34. 『クライマーズ・ハイ』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2008年07月16日 12:21
 □作品オフィシャルサイト 「クライマーズ・ハイ」□監督・脚本 原田眞人□脚本 加藤正人、成島 出□原作 横山秀夫  □キャスト 堤 真一、堺 雅人、尾野真千子、山崎 努、遠藤憲一、田口トモロヲ、堀部圭亮、螢雪次朗、西田尚美、でんでん、小澤征悦、高嶋政...
35. 【2008-162】クライマーズ・ハイ CLIMBER'S HIGH  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2008年07月19日 02:40
3 人気ブログランキングの順位は? 命を追った、あの夏。 1985年8月12日 御巣鷹山に日航機墜落、死者520名──。 走り、叫び、書いた。 新聞記者たちの激動の一週間。
36. クライマーズ・ハイ  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年07月20日 20:48
 『1985年8月12日 御巣鷹山に日航機墜落、死者520名―。 走り、叫び、書いた。 新聞記者たちの激動一週間』  コチラの「クライマーズ・ハイ」は、「半落ち」、「出口のない海」の横山秀夫が当時地元地方新聞社の記者だった自らの体験をモトに、日航ジャンボ機墜落事....
37. 映画「クライマーズ・ハイ」を鑑賞  [ 多数に埋もれる日記 ]   2008年07月20日 21:38
新聞記者がみた事故はどういった感じだったのか。
38. クライマーズ・ハイ(2008年、日本)  [ 泉獺のどうでも映画批評 ]   2008年07月21日 11:32
 この映画は、ギャオの株主優待の試写会で観ました。 監督:原田眞人出演:堤真一、
39. クライマーズ・ハイ  [ 映画、言いたい放題! ]   2008年07月21日 19:48
試写会で観ました。 1985年8月12日、 群馬県の地方新聞社・北関東新聞社の遊軍記者で、 翌日の朝刊作りに追われていた悠木和雅は、 19:36分発の電車で谷川岳に向かう予定だった。 目的は過去780人もの死者を出している難所・衝立岩へのアタック。 パートナーは販売局...
40. クライマーズ・ハイ  [ Thanksgiving Day ]   2008年07月28日 00:55
映画「クライマーズ・ハイ」を観てきました! 今日が公開初日なんですけど、公開されたらずっと観に行こうと心に決めてたんですよ。 日航ジャンボ機墜落事故は、絶対に忘れてはならないですし、山崎豊子の「沈まぬ太陽」を読んで、また別の視点から考え直すこともできま...
41. クライマーズ・ハイ 見てきました。  [ よしなしごと ]   2008年08月02日 19:13
 代休をとって映画三昧!と思っていたのですが、暑くて出かける気にならなかったので夕方から。。。と言うわけでクライマーズ・ハイを観てきました。
42. クライマーズ・ハイ  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2008年08月04日 02:31
8月3日(日) 15:50?? 丸の内TOEI1 料金:1800円(前売り売り切れ) パンフレット:600円 『クライマーズ・ハイ』公式サイト 1985年日本航空機墜落での群馬の地方新聞社での物語。 東映にしては数少ないヒットをあてに出来る社会人組織路線。よってもって監督は、原田...
43. 『クライマーズハイ』@丸の内TOEI  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2008年08月12日 00:25
1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、死者520人の大惨事が起こった。前橋にある北関東新聞社では、白河社長の鶴の一声により、一匹狼の遊軍記者・悠木和雅が全権デスクに任命される。そして未曽有の大事故を報道する紙面作り―闘いの日々が幕を開けた。さっそく
44. クライマーズ・ハイ を観ました。  [ My Favorite Things ]   2008年08月16日 21:05
最近ペースがメッキリ落ちている映画鑑賞です。あー観たいのがたくさんあるのにね?まぁ仕方ないのでチョビチョビやります…。
45. クライマーズ・ハイ 第一面は日航墜落事件ではなく新聞記者の人間ドラマでした。  [ もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう) ]   2008年09月14日 00:51
タイトル:クライマーズ・ハイ、製作:ビーワイルト、配給:東映/ギャガ ジャンル:アニメ/2008年/145分 映画館:福知山シネマ(135席)19:00〜、9人 鑑賞日時:2008年8月30日(土) 私の満足度:65%(ただし、」日航機墜落事故に関する情報は多くはありません。)  オススメ度...
46. 「クライマーズ・ハイ」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2009年01月02日 22:21
記者たちの時間との戦い・緊迫感、新聞社の様々なことがひしひしと伝わって来ました。 事故のこと、事故当時の自分のことなども思い起こされましたし・・。
47. mini review 08348「クライマーズ・ハイ」★★★★★★★★☆☆  [ サーカスな日々 ]   2009年01月14日 04:53
1985年、群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐって翻弄(ほんろう)される地元の新聞記者たちの姿を描く社会派ドラマ。実際に記者として日航機墜落の取材をした作家・横山秀夫が自らの体験を反映した同名小説を、映画『金融腐蝕列島 [呪縛]』の原田眞人監督が映像化し...
48. 『クライマーズ・ハイ』'08・日  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2009年06月03日 07:56
あらすじ1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、死者52人の大惨事が起こった。北関東新聞社では、白河社長の鶴の一声により悠木和雅が全権デスクに任命される。そんな時、販売部の同僚で無二の親友・安西がクモ膜下出血で倒れたとの知らせが届く...
49. クライマーズ・ハイ  [ あず沙の映画レビュー・ノート ]   2009年06月12日 18:37
2008 日本 邦画 ドラマ 作品のイメージ:泣ける、切ない、スゴイ、ためになる 出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、山崎努 NHKで放映されたドラマを見逃してしまい、ドラマをDVDレンタルしようとしたら、前編と後編に分かれている。で、それなら映画で一気に...
50. クライマーズ・ハイ(感想121作目)  [ 別館ヒガシ日記 ]   2009年07月09日 14:43
クライマーズ・ハイはWOWOWで放送ありして鑑賞したけど 結論は私が生誕の1985年事故の作品も凄く良かったよ 内容は1985年8月12日に群馬県御巣鷹山で日航123便が 墜落した記事を巡る新聞社の記者らの人間ドラマ描いた展開だ 地方の新聞社内墜落の...
51. クライマーズ・ハイ  [ Addict allcinema 映画レビュー ]   2009年08月12日 15:30
命を追った、あの夏。
52. クライマーズ・ハイ  [ mama ]   2009年09月02日 20:13
2008年:日本 原作:横山秀夫 監督:原田眞人 出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、遠藤憲一、田口トモロヲ、堀部圭亮、小澤征悦 1985年8月12日、群馬県、北関東新聞社。乗員乗客524人を乗せた羽田発大阪行きの日航機123便が群馬と長野の県境に墜落...
53. クライマーズ・ハイ  [ Yuhiの読書日記+α ]   2009年10月18日 22:27
1985年、群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐって翻弄される地元の新聞記者たちの姿を描く社会派ドラマ。横山秀夫が自らの体験を反映した同名小説が原作。監督は原田眞人、キャストは堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努他。 <あらすじ> 1985年8月12日...
54. 堤真一 堺雅人 / クライマーズ・ハイ  [ 中川ホメオパシー  ]   2010年02月20日 12:42
ワケもなくトラック野郎 毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのキヌガワマサト担当、ブロッケンです。 横山秀夫原作の映??..

この記事へのコメント

1. Posted by なぎさ   2008年07月06日 16:01
にゃむばななさん こんにちは。

>こんな人間の汚い部分を否応なしに見れてしまうところで作られているのかと思うとちょっと辛いです。
ほんとにね!
現場ではあんな感じなんでしょうね。
事故現場が群馬と分かった時には歓声が聞こえたりもしましたねぇ。
こういう舞台裏を見ると悲しい気持ちにもなります。

ラストの悠木が息子に会いに行くシーンは要りませんでしたね。
それとあのシーンでの堤サンは老け役というよりも病気?って感じが・・・。
2. Posted by くまんちゅう   2008年07月06日 16:42
新聞の世界の闇の部分を抉り出した作品という捉え方も出来ます。
その中で真の報道の有り方を貫こうとする主人公のやり場のない怒りは感じられました。
落としどころは確かに原作の有る部分を削ったことで方向性が変わってしまったと思います。
山を登りきった所で終わった方がすっきりしますね。
原作かNHK版ドラマもオススメしておきます。
3. Posted by にゃむばなな   2008年07月06日 21:17
なぎささんへ

他人の不幸が自分の仕事のネタになるのは誰もが辛いはずなのに、それが喜びになってしまうのが新聞社なんでしょうかね?
そんなことを思わせてくれるのはちょっと辛かったものの、逆に言うとそれだけこの映画はリアルだということでもあるのでしょうか?
4. Posted by にゃむばなな   2008年07月06日 21:19
くまんちゅうさんへ

なるほどあのラストは原作にはなかったものなんですね。
原作の削った部分が気にもなりますので、機会あらば是非ドラマ版や原作にも触れてみたいと思いますよ。
5. Posted by ゆかりん   2008年07月06日 22:20
いっそのこと安西や社長のシーンはカットしちゃった方が良かったのかなとも思ってしまいます。
前に見たドラマの印象が良かったので期待しすぎた所もありました。
とはいえ、俳優さんたちの迫真の演技は素晴らしかったです。
そして新聞社の裏側はとても興味深いものがありましたね。
6. Posted by にゃむばなな   2008年07月07日 21:12
ゆかりんさんへ

社長役が山崎務さんだっただけに何かあると期待していたのですが、何にもなしというのはちょっと宝の持ち腐れって感じでしたね。
7. Posted by ミチ   2008年07月07日 21:46
こんばんは♪
悠木の家族の部分が上手く本編と絡まっていなかったような気がします。
どうして原作をあんな風に変えちゃったのかしら〜。
映画のほうも役者さんは皆良かったのですが、個人的にはNHKドラマの脚本の方が好きです〜。
8. Posted by にゃむばなな   2008年07月07日 22:33
ミチさんへ

みなさんが原作はもとよりNHKのドラマを高く評価されているのには驚きです。
確かにみんないい役者さんだけにもっと無駄をなくして緊迫感を盛り上げてもよかったのかもとも思いましたよ。
9. Posted by ノルウェーまだ〜む   2008年07月07日 23:30
にゃむばななさん☆TBありがとうございました〜
私も安西の倒れるシーンは、不必要に思えるほど、絡み方がいまひとつでしたね。
最後の堤さんも、あまり老けてなかったですね。
原作これから読みます〜
10. Posted by にゃむばなな   2008年07月07日 23:59
ノルウェーまだ〜むさんへ

安西役や社長役にもいい役者さんを起用しているからこそ何かあると期待したのも空回りでしたね。
あぁ〜映画としてはそのあたりが残念です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載