2008年07月13日

『きみにしか聞こえない』

きみにしか聞こえない公開当時から成海璃子という若手女優さんが話題になっていましたが、ようやく見ることのできたこの映画。正直ストーリーはハリウッドでもリメイクされた韓国映画『イルマーレ』とほとんど同じですが、でもこれも主演の成海璃子と小出恵介の魅力のおかげでしょうか、初夏に見るには最適な、清々しさも感じるいい映画でしたよ。

友人がいないためにケータイも持たない横浜在住の少女リョウが公園で拾ったおもちゃのケータイになぜかかかってきたのは長野に住むリサイクルショップ店員のシンヤからの電話。しかもシンヤはリョウが過ごす時間の1時間前を生きているという設定は、文通を媒体にしていた『イルマーレ』と比べるといかにも若者的というか、現代的なもの。
でもたった1時間というすぐにでも逢える時間的距離と電話という媒体が大人の恋愛ではなく思春期の恋愛には適しているんですよね。要は「相手と繋がっていたい」とより強く思う気持ちはやはり思春期の頃の方が強いもの。それを設定からして表現しているところが二番煎じな設定なのに不思議と好印象を持てる要素だと思いました。

また昨今多機能化してしまったケータイに対するアンチテーゼのように出てくる小道具の使い方もいいです。メールではなく電話、着メロではなくオルゴールや鼻歌、そしてカセットテープでの録音と、全てケータイがあれば代用できることばかりなのにあえてケータイがないからこそ味わえる大切なことを丁寧に描いているところが素晴らしかったです。特にちょっと壊れたら使えなくなってしまうケータイとは違い、オルゴールやカセットテープなんてちょっと壊れても修理すれば使えるという、物を大切にする気持ちがそのまま相手を大切に思う気持ちに転化されているところもなんだか凄く清々しく感じましたよ。

そしてシンヤが住む長野やリョウが訪れる鎌倉の風景もとても清々しく、特に長野の緑と青空の美しさは2人の感情と巧く重なり合ってか、とても爽やかな感じでした。八千草薫おばあちゃんの優しき存在もあってか、その長野の清々しい風景がラストでも十二分に活かされているところが本当に素晴らしい映画でした。

ただ如何せん、おもちゃのケータイを媒体にする設定からいつの間にか2人が頭の中だけで会話できるようになっている設定に変更されているくだりの説明がなかったり、片瀬那奈演じる原田リョウの登場ももっと効果的にしてもよかったのでは?と思うんですよね。
そして一番の問題なのはやはりシンヤの最後ですよ。やっぱりこういう設定の作品は全て同じオチにしかならないのか?このオチをリョウからの視点とシンヤからの視点で描いているのはいいものの、やはり全く違うオチを見たかったというのが正直な感想でした。

深夜らじお@の映画館のケータイも普段からあまり鳴らないです。

acideigakan at 14:54│Comments(4)clip!映画レビュー【か行】 

この記事へのトラックバック

1. 『きみにしか聞こえない』'07・日  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2008年07月13日 15:06
あらすじ内気で友だちのいない高校生のリョウ(成海璃子)はある日、公園でおもちゃの携帯電話を拾う。数日後、彼女が保健室にいると着信音が聞こえ若い男性の声が聞こえてくる。なぜか、二人は電話がなくてもテレパシーで通話できるようになり長野に住むシンヤ(小出恵介...
2. きみにしか聞こえない  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年07月13日 15:07
 コチラの「きみにしか聞こえない」は、6/16公開になる人気作家・乙一さんの同名短編小説を映画化したハートウォーミングでピュアなラブ・ファンタジーなのですが、久々のオンライン試写会で観ちゃいましたぁ〜♪  14歳の天才美少女・成海璃子さんと実力派若手俳優の小....
3. きみにしか聞こえない  [ お萌えば遠くに来たもんだ! ]   2008年07月13日 15:13
最終日に観てきました。 <池袋シネマサンシャイン> 監督: 荻島達也 原作: 乙一 『Calling You』 脚本: 金杉弘子 ケータイを持っていない女子高生、相原リョウ。コミュニケーションが苦手で、かける友達がいないから。高校からの帰り道、誰もいない公園でオモチャ...
4. 映画『きみにしか聞こえない』  [ 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 ]   2008年07月13日 16:46
運命は変えられない、変えることなどできない、たとえそれが1時間前に分かっていたとしても、何度繰り返したとしても・・そんな、哀しく切ない愛の物語・・・ 港ヨコハマの女子高生、相原リョウ(成海璃子)は友達もなく携帯電話も持たない孤独な学校生活、ある日...
5. きみにしか聞こえない/成海璃子、小出恵介  [ カノンな日々 ]   2008年07月13日 21:31
4 乙一さんの原作はまだ一度も読んだことないんだけど映画化されたものはわりと好きだったりして相性の良さを感じてます。しかも今作は主演があの天才少女・成海璃子ちゃんとあってスゴク楽しみにしてました。 出演はその他に、片瀬那奈、石川伸一郎、高田延彦、羽田実加、....
6. 『きみにしか聞こえない』  [ ラムの大通り ]   2008年07月13日 22:19
----これって乙一の原作だよね。 これまでがこれまでだけに、 ちょっと心配だニャあ。 「そうだよね。 乙一が映画化されるたびに、 ぼくがクドいほど言っている叙述トリック。 これって映像でやるのは至難の業。 しかも今回は頭の中の携帯だからね。 実際に口に出しては喋ら...
7. 一時間後の僕によろしく  [ CINECHANの映画感想 ]   2008年07月13日 23:46
158「きみにしか聞こえない」(日本)  横浜に住む女子高生相原リョウは内気で友達もなく、携帯も持っていない。携帯を持ちたいが、誰からもかかってこないと辛いので、持たないことにしている。  ある日オモチャの携帯を拾うリョウ。その携帯が突然鳴り出し、男の声...
8. きみにしか聞こえない  [ 5125年映画の旅 ]   2008年07月14日 07:09
4 女子高生リョウには誰も友達がいなかった。家族ともうまくコミュニケーションがとれず自閉的になっていた彼女は、ある日オモチャの携帯電話を拾う。それをきっかけにして、リョウは離れた場所で暮らす青年、シンヤと心の中で繋がってしまう。こうして二人の若者の「心のケ...
9. きみにしか聞こえない(DVD)  [ ひるめし。 ]   2008年07月14日 09:59
私を、ちゃんと言おう。きみの運命に、会いに行く。
10. 映画【きみにしか聞こえない】  [ ミチの雑記帳 ]   2008年07月14日 22:31
試写会にて「きみにしか聞こえない」 乙一の同名小説の映画化。監督は新人の荻島達也。 子供の頃のある出来事のトラウマから人と話すのが苦手な高校生のリョウ(成海璃子)はある日公園でおもちゃのケータイを拾う。数日後、リョウには着信音が聞こえ、若い男性シンヤ(小...
11. きみにしか聞えない  [ ネタバレ映画館 ]   2008年07月16日 01:24
私の頭の中の携帯?消しゴムじゃないのか・・・“ケ”繋がりで、私の頭の中の毛虫でもいいんじゃないか・・・
12. 「きみにしか聞こえない」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2010年02月07日 20:57
風景に 懐かしさや親近感がある場所が多くて嬉しかったなぁ

この記事へのコメント

1. Posted by miyu   2008年07月13日 15:12
主演の2人がおっしゃるように若手では
なかなかの実力派なだけに清々しい仕上がりでしたね。
タイトルと同名のドリカムの楽曲も良かったですね。
このタイトルを聞くとあのメロディーが
蘇ります。
2. Posted by にゃむばなな   2008年07月13日 17:43
miyuさんへ

見る前はそんなに期待するほどではないと思っていたのですが、意外とよかったです。

でもやっぱりあんなオチにしかできないのかと思うと、特にチョン・ジヒョンちゃんファンの私には淋しく感じますね。
3. Posted by ミチ   2008年07月14日 22:34
こんにちは♪
試写会が当たったので見たのですが、予想外に感激してウルウルしちゃいました。
一時間という設定が今にも手に届きそうな距離感を出していて良かったし、ケータイ代わりの小道具も上手く使われていたと思います。
ドリカムの歌もね!
4. Posted by にゃむばなな   2008年07月14日 23:53
ミチさんへ

二番煎じな設定なのに一時間とケータイが独特のいい雰囲気を醸し出していましたよね。
でもあのラストはオリジナルな別物にしてほしかったですよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載