2008年09月13日

『パコと魔法の絵本』

パコと魔法の絵本笑って泣ける感動ファンタジーと謳っていた予告編通りに、大いに笑って大いに泣かしてもらった映画でした。やはり『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督は素晴らしい映画監督さんです。濃い色彩にオーバーアクション、反則レベルの笑いや見事なCGと実写の融合など様々な要素を取り入れておきながら、見事に纏め上げたその手腕。次の日本アカデミーでは是非監督賞を受賞していただきたいものです!

オープニングからいきなりフラダンス、そして阿部サダヲの濃いほぼ一人芝居に驚きましたが、本編は昔話で語られるという展開は『嫌われ松子の一生』と同じだったのがちょっと残念。しかも大貫たちのキャラ紹介のテンポが妙に速く、また堀米の押しボタンコントが無駄に長いこと。笑いのセンス落ちてますなぁ〜、今回は失敗に終わるのかな?と見始めて15分くらいはそう思っていました。

ところが大貫ジジィがパコの絵本を適当に読むくだりから、この映画は弱者な人たちに対する優しさがいかに人として大切かを描いた作品だということが分かってくるんですよね。何も弱者というのは子供だけでなく、夢に破れたりして明日を見失った大人も含めた全ての人たち。強く生きることも大切ですが、それよりも大事なことが優しく生きることでは?というメッセージを、大貫がパコのほっぺに触れるシーンやタニシ先生が涙を止める方法はいっぱい泣くことだとアドバイスするシーンなどで強烈に感じました。

そしてそのメッセージが最も具現化していたのが「ガマ王子対ザリガニ魔人」の舞台劇。1日しか記憶の残らず、毎日今日が自分の7歳の誕生日だと思って母親からもらった誕生日プレゼントの絵本を楽しそうに読むパコの純真無垢な笑顔のため、そして悩み苦しむ自分たちがパコのような笑顔を取り戻すため、オカマもヤクザも消防士も元子役もヤンキー看護士もみんなで心を合わせて楽しく演じたあの舞台は本当に楽しくて、また涙が止まらないほど心に響きました。

ただ舞台のオチも堀米の押しボタンというのは最悪でした。あれはこの映画最大の汚点だったと思います。
ついでに年老いた堀米が絵本開くシーンで後ろにメーテルや惣流・アスカ・ラングレーが映りこんでいたのも何かのメタファーかと思っていましたが、何も意味なかったのも個人的にちょっと残念でした。

しかしこの映画、ヤクザの龍門寺がジュンペイの死を悼むくだりであんな反則技な笑いを持ってきたり、これまで堅物イメージのある國村隼にオカマ姿でテレサ・テン(←ジュディ・オングの間違いでした)の真似事をさせたり、またタニシ先生の語る余命の話もてっきり大貫のことかと思っていたら最後にあんな展開を持ってきたりなど、予想外な展開が多いのですが、そのほとんどが実に効果的に映画を盛り上げていたのには、改めて中島監督の手腕に感服してしまいました。

大いに笑い、大いに泣き、大いに予想をいい意味で裏切ってくれたこの作品。「お前が私を知っているというだけでも腹が立つ」とサリーちゃんのパパみたいな髪型で怒鳴っている役所広司を始め、どのキャスティングも最高だと思えた素晴らしい映画でした。

深夜らじお@の映画館は強く生きることよりも優しく生きていた人間です。

この記事へのトラックバック

1. 『パコと魔法の絵本』  [ ラムの大通り ]   2008年09月13日 21:53
----これって『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督の新作だよね。 観る前はあまり期待していなかったようだけど…。 「いやいや。 やはり映画は観てみるもの。 これがもう大感動のクライマックス」 ----それって泣かせる映画ってこと? ビジュアルからは想像つかニャイけど…...
2. パコと魔法の絵本  [ 悠雅的生活 ]   2008年09月13日 22:36
 偏屈爺と、飛び出す絵本と、涙の止め方。
3. パコと魔法の絵本/PACO and the Magical Book  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2008年09月13日 23:16
主役のパコちゃん以外、ほぼ全員、キャラ濃っ{/ee_1/}個性豊かすぎる面々が詰まったおもちゃ箱{/atten/} まるで、焼きそばとカレーと焼き肉とお寿司とチョコレートとエビフライと薔薇の花をごった煮した鍋みたい{/kaminari/} どんな鍋じゃ。 うげっ。そんな気持ちワルくな...
4. 「パコと魔法の絵本」泣いて笑って大人の絵本  [ ノルウェー暮らし・イン・ジャパン ]   2008年09月13日 23:28
バカにしていたら、いけませんな。 子供だましの絵本ファンタジーと思うなかれ。 泣いて笑って、笑って泣いて、すごく変だけど、癒される。 出演者でまともなのは、劇団ひとりだけ??????って、どうよ?・・・・・・・・・・・小池栄子さん、やりすぎです。
5. 「パコと魔法の絵本」何が出てくるかわからない奇想天外なパコのマジックストーリー  [ オールマイティにコメンテート ]   2008年09月14日 00:21
5 「パコと魔法の絵本」は病院に入院している嫌われジイさんが記憶が1日しか持たない少女と出会い心に残る事をしようと病院全員でお芝居をして頑張るコメディーファンタジーストーリーである。ストーリーは殆どハチャメチャだが最初から最後まで笑えて呆れてしまうコントの連....
6. [映画『パコと魔法の絵本』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 ]   2008年09月14日 07:31
☆こんな映画が、日本で作り得たことに、先ず、喝采を送りたい。 その是非は別として、監督の思いは存分に表現できたのではなかろうか? 画面上の全てに手が加えられていて、私は、ピーター・グリーナウェイ監督の『プロスペローの本』を思い出した。 しかし、今作は、あ...
7. パコと魔法の絵本  [ そーれりぽーと ]   2008年09月14日 11:42
今俺が一番ハマっている後藤ひろひと原作の舞台劇『MIDSUMMER CAROL ガマ王子VSザリガニ魔人』を、今のとこ最も面白い邦画だと思っている『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督が映画化。 『嫌われ松子の一生』では原作から大胆なアレンジで違う世界を創造した監督だけに、今回...
8. パコと魔法の絵本★★★★+劇場68本目:ハンカチ必須!笑って泣...  [ kaoritalyたる所以 ]   2008年09月14日 17:29
日本映画では珍しく、カラフルなCGとの組み合わせで独特の世界観がありそうだなぁ〜・・と思って密かに楽しみにしてたパコ、初日に観てきました。そして思った以上にそのCGとの組み合わせが巧く出来ていて、とうとう日本にもこんな映画が出来たのか〜・・と感慨深いも...
9. パコと魔法の絵本/役所広司、アヤカ・ウィルソン  [ カノンな日々 ]   2008年09月14日 17:48
独特な色彩感覚の映像が魅力的な『下妻物語』『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督の最新作です。予告編は飛び出す絵本がさらに立体映像になったような華やかさ。豪華な顔ぶれの出演者たちによるブラックなファンタジーに期待です。 出演者はその他に、妻夫木聡、土屋アン....
10. 観ている私も魔法にかかった!『パコと魔法の絵本』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2008年09月15日 09:11
9月13日から劇場公開予定の映画です。
11. 『パコと魔法の絵本』劇場鑑賞  [ 続・蛇足帳〜blogばん〜 ]   2008年09月15日 14:58
 レイトショーで邦画『パコと魔法の絵本』を観て来ました。風変わりな登場人物たちとファンタジーな内容には公開前から興味がありまして、ギ..
12. パコと魔法の絵本  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2008年09月15日 18:22
2008/09/13公開(09/14鑑賞)製作国:日本監督:中島哲也出演:役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、加瀬亮、小池栄子、劇団ひとり、山内圭哉、國村隼、上川隆也 子どもが大人に、読んであげたい物語。
13. パコと魔法の絵本  [ ★ Shaberiba ★ ]   2008年09月15日 21:55
ハンカチじゃダメ〜。タオルプリーズ!!(涙)
14. 『パコと魔法の絵本』・・・アヤカ・ウィルソンの才華  [ SOARのパストラーレ♪ ]   2008年09月15日 23:32
異様なメイク、派手な色彩、そして実写とCGの合成と、私の苦手な要素が揃っているにもかかわらず、最初に劇場予告を見た時から注目していた『パコと魔法の絵本』。公開が待ち遠しかったこの作品をさっそく観てきた。
15. 映画「パコと魔法の絵本」  [ FREE TIME ]   2008年09月16日 00:44
3連休中に映画「パコと魔法の絵本」を鑑賞しました。
16. パコと魔法の絵本  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2008年09月16日 09:11
JUGEMテーマ:映画 2008年9月13日 公開 男はコーヒー、女はミルク、混ぜて混ざってワタシはカフェオレ(byカマ姫) 1ヶ月フリーパスポートで6本目の鑑賞 きました!きました!良かったです! 素直に感動しましたよぉ。 も、とにかく主演のアヤカ...
17. 『パコと魔法の絵本』2008・9・16に観ました  [ 映画と秋葉原と日記 ]   2008年09月16日 17:24
『パコと魔法の絵本』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 有る所に、鞭打ち症の老齢のオカマ(國村隼)や大人の俳優に脱皮出来なかった元有名子役(妻夫木聡)や消防車に轢かれた消防士(劇団ひとり)やとんでもない物に銃で撃たれたヤクザ(山内圭哉)と言
18. パコと魔法の絵本  [ 5125年映画の旅 ]   2008年09月17日 06:47
5 可笑しな医者に可笑しな看護婦、可笑しな患者達が集まる病院。偏屈な老人おーぬきは、自分勝手な言動でみんなから嫌われていた。ある日、おーぬきは一日しか記憶が持たない少女・パコと出会った事で、その心情に変化が現れる。おーぬきは、パコの記憶に残るよう、彼女の大....
19. 【パコと魔法の絵本】世界で一番幸せな絵本  [ 映画@見取り八段 ]   2008年09月17日 19:27
パコと魔法の絵本 監督: 中島哲也 出演:  役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、阿部サダヲ、      上川達也、土屋アンナ、加瀬...
20. パコと魔法の絵本  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2008年09月17日 21:55
3 ここは、高台にある古いお屋敷。一階はダンス教室になっていて、黒塗りの顔の男性が雄叫びの響く中、大勢の主婦たちがハワイアン&タヒチアンのリズムに乗って踊っていました。 その屋敷の前に、ひとりの老紳士の姿がありました。彼を迎えたのは、屋敷に住む青年です。青...
21. パコと魔法の絵本(映画館)  [ ひるめし。 ]   2008年09月18日 09:48
小さな女の子がくれた大きな幸せ♪
22. パコと魔法の絵本  [ 映画君の毎日 ]   2008年09月18日 15:10
「下妻物語」「嫌われ松子の一生」と映像も内容も抜群のセンスの中島哲也監督。 独特の色彩や光やその動きが独特で癖になるのか、どうしても観たくなった。 俳優陣もさらにパワーアップしての大人の童話。 演技がしっかりしているからこそ見応えもあり、薄っぺらに...
23. パコと魔法の絵本  [ Akira's VOICE ]   2008年09月18日 15:53
命きらめく絵本劇。  
24. 「パコと魔法の絵本」  [ かいコ。の気ままに生活 ]   2008年09月19日 10:51
試写会で 観てきました。「パコと魔法の絵本」公式サイト先週観たのに更新すっかり遅れ・・ タラタラ1日しか記憶が持たないパコのために、大人たちが思い出を残そうと大奮闘。舞台が病院内のみ、セリフもみんな次々と・・で芝居っぽいナーって思ったらコレ、元は舞台な...
25. ★「パコと魔法の絵本」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2008年09月20日 03:32
だいぶ前から劇場で予告編を流してた期待の1本。 実写と3D・CGの合成みたいな映像は華やかで楽しそう。 監督は「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の中島哲也。 この作品も豪華・異色キャストで話題だけど・・・ ひらりん的にはヒロイン役のアヤカ・ウィルソンちゃん...
26. パコと魔法の絵本  [ pure's movie review ]   2008年09月20日 18:56
2008年度 日本作品 105分 東宝配給 STAFF 監督:中島哲也 脚本:中島哲也 門間宣裕 原作:後藤ひろひと 舞台『ミッドサマーキャロル』 CAST 役所広司 アヤカ・ウィルソン 妻夫木聡 土屋アンナ 阿部サダヲ 加瀬亮 小池栄子 劇団ひとり 山内圭哉 國村隼 上川隆也...
27. パコと魔法の絵本  [ On The Road ]   2008年09月20日 21:01
久しぶりに心が洗われました。映画「パコと魔法の絵本」。パコと大貫の心温まるやり取りがいい。いいねぇ。
28. パコと魔法の絵本  [ お萌えば遠くに来たもんだ! ]   2008年09月21日 07:38
観てきました。 <新宿ピカデリー> 監督:中島哲也 原作:後藤ひろひと(舞台『ミッドサマーキャロル』) 脚本:中島哲也 門間宣裕 とある病院に入院している大企業の会長、大貫。偏屈で我が儘なその振る舞いに、入院患者も病院のスタッフも手を焼くばかり。ところがあ...
29. 『パコと魔法の絵本』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2008年09月22日 12:12
□作品オフィシャルサイト 「パコと魔法の絵本」□監督・脚本 中島哲也 □原作 後藤ひろひと □脚本 門間宣裕 □キャスト 役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、加瀬亮、小池栄子、劇団ひとり、國村隼、上川隆也 ■鑑賞日 9月14日(日...
30. 【パコと魔法の絵本】  [ じゅずじの旦那 ]   2008年09月23日 11:45
元気、いただいてきましたぁ [:楽しい:]   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:] 【あらすじ】 昔々、大人の俳優に脱皮できずに人生を諦めてしまった元・有名子役の室町、消防車にひかれた間抜けな消防士・滝田、ジュディ...
31. 「パコと魔法の絵本」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   2008年09月23日 15:20
今週の公開作品は見ちゃったし、アイアンマンの先行は無いみたいだし、これといって見たいものが無くてどうしようか、と悩んでま
32. パコと魔法の絵本  [ 映画、言いたい放題! ]   2008年09月24日 00:12
中島哲也監督があまり好きではありません。 でもこの作品は観てみたい。 試写会で観ました。 会社を興し、一代で大企業に発展させ、 我侭放題に生きてきた大貫は、持病で入院していたが 院内一の嫌われ者だった。 ある日、大貫は交通事故で入院している少女・パコに...
33. パコと魔法の絵本  [ Memoirs_of_dai ]   2008年09月24日 17:54
子役の一生を皮肉ってるが子役が主役 【Story】 変わり者が集まるとある病院。そこは、大人の俳優に脱皮出来なかった元有名子役や消防車に??.
34. 「パコと魔法の絵本」映画は見た目じゃない  [ soramove ]   2008年09月25日 08:17
「パコと魔法の絵本」★★★☆ 役所広司 、アヤカ・ウイルソン 、妻夫木聡 、 土屋アンナ 、阿部サダヲ 、加瀬亮 、國村隼 出演 中島哲也 監督、2008年、105分 監督で映画を見るなんて ほとんどしないことだ。 この映画の宣伝を見ただけでは 「見るのは...
35. パコと魔法の絵本  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2008年09月25日 21:01
9月20日(土) 16:40?? TOHOシネマズ川崎スクリーン6 料金:0円(TOHOシネマズ会員シネマイレージカードのポイント使用) プログラム:600円(後日購入予定) 『パコと魔法の絵本』公式サイト 連続で少女主演作品を観ている・・・ で、「クリスマス・キャロル」を幼...
36. パコと魔法の絵本  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年09月26日 20:09
 『昨日をなくした女の子と明日がいらない大人達のミラクル感動ファンタジー』  コチラの「パコと魔法の絵本」は、2004年に上演された「MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人」という舞台をベースに、日本映画では初となる3DのフルCGキャラと実写を融合させ映画化し....
37. パコと魔法の絵本(2008年、日本)  [ 泉獺のどうでも映画批評 ]   2008年09月26日 21:08
 この映画は試写会で観ました。客層には女性や子供連れが多かったです。 監督:中島
38. 【2008-215】パコと魔法の絵本  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2008年09月30日 00:52
3 人気ブログランキングの順位は? 子どもが大人に、読んであげたい物語。
39. パコと魔法の絵本&鴎  [ 別館ヒガシ日記 ]   2008年10月02日 20:21
パコと魔法の絵本は劇場で先月18日に鑑賞したが 結論は面白さの中に所あり良い感じだったね 内容は人間嫌い大貫が記憶障害の少女と出会って 少女のため他の入院患者と劇をする展開だった 役所が大貫でパコとの出会い変わる演技は流石で ウィルソンがパコで同じ事
40. パコと魔法の絵本  [ 空想俳人日記 ]   2008年10月04日 19:00
蛙チョコ ゲロゲ??ロ作る 工場かな  げろげーろ、で思い出したのは、漫才師の青空球児・好児、だったっけ。今どうしちゃったかな。決してキレイなギャグじゃなかったよな。えっ、なんですって? 球児の方が2003年に世田谷区議会議員に立候補し当選したんですって。...
41. パコと魔法の絵本  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2008年10月09日 23:58
公式サイト。中島哲也監督、役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、加瀬亮、小池栄子、劇団ひとり、山内圭哉、國村隼、上川隆也。「お前に名前覚えられるだけで不愉快だ」という傲岸不遜の偏屈じじい大貫(役所広司)が、決して自分の名前を覚えて....
42. 『パコと魔法の絵本』@新宿ピカデリー  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2008年10月17日 00:04
一代で会社を作り、我侭放題に生きてきた大貫は、持病で入院していた。病院には、患者も医者も看護婦もクセのある者ばかりが集まっていた。その中で唯一、ピュアな心を持っていたのが、交通事故で入院した少女パコ。我侭な大貫だったが、パコの優しい心に打たれ、毎日、絵本
43. 映画:パコと魔法の絵本 を観てきました。  [ よしなしごと ]   2008年11月02日 16:34
 前回の映画関連記事を書いたのが10/5なので、映画ブログのくせに約1ヶ月ぶりの映画記事です。  しかも観てから記事を書くまでに気がつけば2週間たってしまいました!!ちょっと記憶が薄れ気味です(^^ゞ と言うわけでパコと魔法の絵本を観てきました。
44. パコと魔法の絵本  [ 晴れたらいいね〜 ]   2009年03月13日 00:08
劇場予告で、ちょっと観たかった邦画。中島哲也監督の映画(下妻物語・嫌われ松子の一生)は、性にあってるようです。今回も、独特の原色を基調とした色合いとぶっ飛び加減と毒が、お好みです。3Dアニメもふんだんに使われています。お子様映画ではないですよ。どちらか...
45. パコと魔法の絵本 ─ 計算された悪ノリと遊びと泣かせどころ ─  [ Prototypeシネマレビュー ]   2009年03月14日 23:48
─ 計算された悪ノリと遊びと泣かせどころ ─ 『下妻物語』『嫌われ松子の一生』など、カラフルで毒のある作品で定評のある中島哲也監督の最新作がDVDでリリース。さっそくレンタルしました。『パコと魔法の絵本』(2008年/日本) とある病院内だけの出来事を描いたこ...
46. (映画)パコと魔法の絵本  [ ゼロから ]   2010年03月31日 23:19
映画館で見たかったけど、見逃した映画の一つ。「パコと魔法の絵本」。予\告では、パコの生き生きとした動きに感動しました。
47. 役所広司 小池栄子 妻夫木聡 / パコと魔法の絵本  [ 中川ホメオパシー  ]   2010年04月04日 17:34
ワケもなくペロペロ 毎度です。ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの竹井みどり担当、ブロッケンです。 中島哲也監督の映画『パコと魮..
48. パコと魔法の絵本  [ mama ]   2010年07月28日 03:18
2008年:日本 原作:後藤ひろひと 監督:中島哲也 出演:役所広司、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、加瀬亮、小池栄子、劇団ひとり、山内圭哉、國村隼、アヤカ・ウィルソン、上川隆也 一風変わった人たちが集まっている、ある病院。病院中の嫌われ者でわがまま放....

この記事へのコメント

1. Posted by mig   2008年09月13日 23:19
にゃむばななさんこんばんは☆
コメントTBありがとうございますー

笑いの部分は阿部サダヲがハナについて(笑)どうにもついていけませんでしたけど
お話自体はステキでしたね、

あ、テレサテンではなくジュディオングでしたね^^
すごく強烈なキャラばかりだけど
子供たちにもみて欲しい作品でした
2. Posted by にゃむばなな   2008年09月14日 00:28
migさんへ

あっ、すみません!ジュディ・オングでしたか〜!
ず〜っとテレサ・テンだと思い込んでいました。

でもこれからは國村隼だと思い込みます!ってそれは一番あかんがな!
3. Posted by ノルウェーまだ〜む   2008年09月15日 00:21
にゃむばななさん、TB&コメありがとうございました〜
病んでる大人にも、病んでない大人にも是非とも観てほしい映画でしたね。
我が家では、阿部サダヲのしつこいのをネタにした笑いを見慣れているせいか、全く問題なかったです。
にゃむばななさん、この映画で元気出していきましょ〜
4. Posted by テクテク   2008年09月15日 09:21
こんにちは♪
TB&コメント、ありがとうございました!

私も、この映画には、想像以上に泣かされてしまいました。

「下妻物語」「嫌われ松子の一生」
そして今回の映画と、
中島哲也監督の作品にはヤラれっぱなしです。

大貫のように天邪鬼でヒネくれた部分は、
誰もが心の中に少なからず持っているように思うのですが、
それが解きほぐされていく過程には、
心の奥をギュッ!と掴まれてしまいました。

ハチャメチャな映像に、ハートフルな物語…。
ずっと心に残り続けそうな映画です。
5. Posted by にゃむばなな   2008年09月15日 09:58
ノルウェーまだ〜むさんへ

私も阿部サダヲの笑いは嫌いではないんです。グループ魂も結構好きですし。

でもTPOを考えると今回はちょっとズレていたような気がします。

ともあれ、私もこの映画で元気になるよう生きていきますよ〜。
6. Posted by にゃむばなな   2008年09月15日 09:59
テクテクさんへ

そうなんですよね、ハチャメチャなんですけど、心の奥にグッ!とくるものがあるから中島哲也監督作品って好きになってしまうんですよね〜。
7. Posted by ななんぼ   2008年09月15日 15:01
こんにちは。

パコちゃんが登場するまで「…ん?想像した話と違うかも」と思っていたんですが、パコちゃんが登場してからは、阿部サダヲさんのハイテンションな演技も何でもOKになりました(笑)正直、ヤゴとが卑怯だと思いましたよ〜。

でも、ラストの展開はホントに予想外で、今でもパコちゃんとガマ王子のラストシーンを思い出すと鼻がツーンときます。
8. Posted by にゃむばなな   2008年09月15日 16:18
ななんぼさんへ

予想外の展開もびっくりさせるというよりもストーリーを効果的に感涙の方向に持っていく効果が抜群だったと思います。

ほんと、中島監督って凄い監督さんですよね。
9. Posted by ゆかりん   2008年09月15日 18:32
こんにちは♪
思ってた以上に楽しめました。本当に笑って泣けるお話でした。
中島監督の作品ってやっぱり好きですねぇ。独特の映像も良いし。

キャストも良かったですし、普段観られないような演技もみられて堪能しました。

10. Posted by にゃむばなな   2008年09月15日 19:45
ゆかりんさんへ

普段見られない演技というのは國村隼さんのことでしょうか?
他の役者さんの演技も面白かったですが、個人的には國村版オカマでジュディ・オングが最高でしたよ!
11. Posted by えめきん   2008年09月17日 06:54
こんにちは。

笑って泣ける、夢一杯の素敵な映画でした。
後半のお芝居シーンが大好きです。大人たちの安っぽいお芝居も、パコには極彩色の一大アドベンチャーに見えてしまうという演出は実に見事でした。

僕は序盤からのハイテンションに押し切られてしまい、不満を感じる間もなく物語に引き込まれてしまったので、全編通して大満足でした。
12. Posted by にゃむばなな   2008年09月17日 21:20
えめきんさんへ

こういう映画を子供に見せるのも悪くないですが、やはりこの映画の劇中劇のように子供に見せてあげたい劇を大人がするのが一番かも知れませんね。
そう思わせるこの映画はやはり素晴らしいと思いますよ。
13. Posted by ひらりん   2008年09月21日 02:53
トラコメどうもでーーーす。
この作品の登場キャラは、みんな強烈でしたね。
なのに、笑って泣けるお話に仕上がってるところが凄いですね。
14. Posted by にゃむばなな   2008年09月21日 11:44
ひらりんさんへ

この手の映画って下手すりゃ個性的なキャラだけが一人歩きしてまとまりのないものになりそうなところを、中島監督は見事に纏め上げていましたよね。
15. Posted by dai   2008年09月24日 18:07
こんばんは★

単に感動モノにせず、巧い笑いを入れていたところが良かったです。
特におっしゃられているように、ヤクザの龍門寺がジュンペイの死を悼むくだりや堅物イメージの國村隼にオカマ姿でテレサ・テンを歌わせるといった着眼点は流石だと私も思いました。
16. Posted by にゃむばなな   2008年09月24日 22:03
daiさんへ

ヤクザとオカマの2人に関しては笑わすのと泣かせるのを同時に持ってくるので、正直泣いたらいいのか笑ったらいいのか分からなくなるんですよね。

でもそれが逆にこの映画の良さでもあると思いましたよ。
さすが中島監督です!
17. Posted by miyu   2008年09月26日 20:21
う〜ん、確かに反則ギリギリ?
でも、あたしはやっぱり中島監督のセンス好きです!
サダヲの押しボタンは引っ張りすぎでしたけどね〜(;・∀・)
ファンの贔屓目もあるかと思いますが、それでも笑って泣けて、
とっても楽しんじゃいました!
あたし的にはアンナちゃんに「ぶっ殺す!」と
照れ隠しにキレられちゃったら、
もうそれだけでキュ〜ンとなっちゃうんですけどね(´▽`*)アハハ
18. Posted by にゃむばなな   2008年09月26日 21:11
miyuさんへ

阿部サダヲの笑いって嫌いじゃないんですけど、見せられすぎるとすぐに飽きてしまうものに感じるんですよね。
ですからあんまり引っ張らずにいてほしかったのが、本音でしたよ。
19. Posted by ちゃぴちゃぴ   2009年03月13日 00:07
こんばんは〜
やはり、中島ワールドはいいですねぇ。楽しませてもらいました。
ジュンペイって…、あれは笑ってたんですが、泣きそうにもなりました。
俳優さんたちも、それぞれのキャラにはまり、またいつもと違うキャラの方も多くて、見応えありました。
國村さんは、似合いすぎ。上村さん、メガネとるまで誰かわからなかったし、妻夫木くんなんか最後まで、原型なし。
この世界にひたりきれて、幸せだったなー。
20. Posted by にゃむばなな   2009年03月13日 18:20
ちゃぴちゃぴさんへ

それぞれの役者さんをこれまでのイメージで起用するのではなく、ちょっと変わった感じで起用していながら、それが見事に功を奏するこの見事さ。
やっぱり中島監督って凄いわ!って思いましたよ。
21. Posted by GAKU   2009年03月15日 00:03
私も大いに笑い、大いに泣かされました。
これはまさしく「反則」です。ずるい。

>それよりも大事なことが優しく生きることでは?というメッセージ

そうそう、このあたりのシリアスなメッセージ性がそれまでの悪ノリした一人芝居とちょうどいい感じに打ち消しあって絶妙なバランスをとっていたと思います。
もしかしたら、笑いで感情の隙を衝いておいて、いきなり泣きに持っていく高等テクニックなのかもしれません。恐るべし、中島監督。

でも中島監督ってアカデミー審査員から嫌われてそうですよね。三谷幸喜と同じく。年配の審査員たちからウケは良くなさそうな気がします。でも、これこそ日本文化の真骨頂、海外に出てほしいとずっと願っているんですけどね〜。
22. Posted by にゃむばなな   2009年03月15日 14:13
GAKUさんへ

中島監督って笑いを単に観客を楽しませるためだけの要素として取り入れているのではなく、感動を演出するための小道具として取り入れているところが他の監督とは一味も二味も違うところだと思いましたよ。
こういう監督の力量が評価されないのは日本映画界の汚点ですよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載