2008年10月04日

『犯人に告ぐ』

犯人に告ぐ「犯人に告ぐ。お前はもう逃げられない。今夜は震えて眠れ。」
予告編でこのセリフを聞いてから興味のあったこの作品。捜査官がTV出演して事件解決にあたるという『身代金』に似たような設定ながら、原作本がミステリー作品として評判が高いということで期待して見てみましたが、正直な感想としては面白かったのですがちょっと物足りなさも感じました。

まず6年前に解決できなかった事件に悩まされ左遷された主人公が足柄署から連れてきた笹野高史演じる津田のベテランらしい活躍が少ないこと。カーキ色云々の一件だけというのはあまりにも淋しすぎます。また6年前に苦渋を味わった仲間たちの熱い思いも他の捜査官との明確なる違いを持った活躍として描かれていないのも残念なところ。

要は主人公の巻島とボンボンの植草を中心にかつ別々に描いているためか、事件解決よりも巻島の葛藤と警察内部の腐り具合がメインになってしまっているんですよね。
ですから『身代金』のような主人公と犯人の駆け引きというよりは『羊たちの沈黙』のような捜査側内部の葛藤のような感じで、やはり映画としては事件解決をメインにして見せてほしかったのが本音でした。特に巻島が6年前の遺族と再び対峙するくだりは人間ドラマとしては必要かも知れませんが、サスペンスとしては蛇足だった感が否めませんでした。

また6歳の少年ばかりを狙う犯人、TVに捜査官が出演しての劇場型捜査など面白い設定ながらも、巻島たちの力や思いだけではどうにもならない「社会の闇」というのが描かれていないため、パンチの重い作品になっていないのも残念なところ。できれば観客にも推理をさせつつ、謎が解明されるにつれ現代社会に蔓延る様々な問題が見えてくる展開にしてほしかったですね。

でもそういう不満点を除いても、この映画は面白いです。TVドラマっぽいと言われればそれまでですが、それでもこの瀧本監督の演出力の素晴らしさは一見の価値ありだと思います。この先もっと面白い映画を撮ってくれることと期待できる監督さんの一人だと思いましたよ。

深夜らじお@の映画館はパンチの重い映画が好きです。

acideigakan at 13:33│Comments(6)clip!映画レビュー【は行】 

この記事へのトラックバック

1. 犯人に告ぐ  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年10月04日 16:06
 『幕は上がった。主役は、お前だ―― お前はもう逃げられない。 今夜は震えて眠れ――』  コチラの「犯人に告ぐ」は、雫井脩介の同名ベストセラー小説を映画化したサスペンス・ミステリーです。公開前にWOWOWさんでは放送されてたんですよね〜。  まぁ我が屋では加...
2. 犯人に告ぐ  [ 晴れたらいいね〜 ]   2008年10月04日 20:29
この映画、気になってました。邦画コーナーを通るたびに…。準オチしたので、速攻借り。トヨエツさん、キンチョールのCMが私気に入ってますがこれは、クールだじぇい!犯人に告ぐ監督:瀧本智行出演:豊川悦司 , 石橋凌 , 小澤征悦 , 笹...
3. 「犯人に告ぐ」テアトル梅田  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2008年10月05日 16:50
5 ミステリー小説で数々の賞に輝く雫井脩介の原作小説「犯人に告ぐ」が映画化されました。 あらすじ 2000年6歳の男児が誘拐され、神奈川県警の警視巻島(豊川悦司)が中心になり捜査を開始する。しかし、取引の場所で不審な人物を取り逃がし、結局男児は殺害される。巻島は曾...
4. 犯人に告ぐ  [ Yuhiの読書日記+α ]   2009年05月05日 23:29
雫井脩介の同名ベストセラー小説を映画化したもの。連続児童誘拐殺人事件の犯人と、事件を担当する心に傷を負った刑事の攻防戦を描く犯罪ドラマ。監督は瀧本智行、キャストは豊川悦司、石橋凌、笹野高史 松田美由紀、片岡礼子、小澤征悦他。 <あらすじ> 大晦日。神奈川県...

この記事へのコメント

1. Posted by miyu   2008年10月04日 16:08
あたしはこの原作は読んでいないのですが、
雫井さんの小説は何冊か読んでいて
結構面白いんですよね。
でも、この映画は確かにちょっと物足りなさがありましたね。
トヨエツが渋くってカッコ良かったし、
にゃむばななさんもあの予告気になりました?
あたしもアレが気になってたんですけどね〜。
2. Posted by にゃむばなな   2008年10月04日 17:43
miyuさんへ

原作が面白いと評判だからこそ、単純に原作通りに映画化せずに「映画として」の何かを付け足してほしかったです。
予告編がよかったのもあったのかな?
3. Posted by ちゃぴちゃぴ   2008年10月04日 22:47
私も、原作は未読です。
「今夜は震えて眠れ!」
これが、もう観たいでした。
私も、にゃむばななさんと同じく、面白かったのですが、物足らない感がありました。
エピソードが色々ありすぎて、散漫になったのかなぁ。
警察の腐り具合も、浮かび上がりにくいような。
それでも、邦画のクライムものではよくできている方だと思います。

あの台詞は、カッコいいです!痺れます。トヨエツだから似合うんですけどねぇ。ハハハ
4. Posted by にゃむばなな   2008年10月04日 22:52
ちゃぴちゃぴさんへ

警察内部の腐り具合などは『踊る大捜査線』で見てますから、今更って感じはありました。
おそらくそういうもの以外での新鮮味がなかったのが物足りなさの原因だと思いましたよ。
5. Posted by YUKkO   2008年10月05日 16:48
私はひさびさ格好の良いトヨエツ見た気がして感動しました。それに刑事たちが犯人探しのために1軒ずつ訪問する場面で、「ああ、こうやって解るのだあ」と驚きでした。最後に決して巻島がヒーローにならなかったところなんか、渋いなあと思いましたね。2007年に見たフランス映画の「あるいは裏切りという名の犬」が刑事物として素晴らしかったので、その点では少し落ちますがね。
6. Posted by にゃむばなな   2008年10月05日 18:26
YUKKOさんへ

確かにトヨエツはめっちゃ格好よかったです。
でもだからこそ笹野高史さんの渋さももっと見たかったというのが本音でした。

まぁとにかく警察内部の腐り具合が酷かったのもその一因だと思いますが。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載