2008年10月12日

『フレフレ少女』

フレフレ少女これは高校野球を冒涜する映画です。高校野球が好きな方には絶対にオススメしたくない駄作です。
シンクロ、ジャズ、フラダンス、合唱、学生プロレスに次ぐ6匹目のドジョウは感動なし、青春なし、そして萌えもなしのどうしようもない映画でした。

まず新垣結衣を筆頭とする応援団員5人のキャラが全く立っていません。特に1年生3人組に至っては入部理由も曖昧、応援団を続ける理由も曖昧。茶髪のドラマー、音痴の合唱部員、サボタージュのレスリング部員という前フリが全く活かされていません。

さらに主役である新垣結衣に至ってはインパクトが弱い、いや弱すぎます。というのも彼女って結構背が高いこともあって、男子部員と並んでも見劣りはしないものの、発声は女の子女の子のまんま。女の子としての可憐さもなければ、応援団員としての硬派さもない、どこまでも中途半端なまんま。ライバルの不知火高校応援団と比べるのも失礼なほどでしたよ。

またこの主役である5人が合宿中に応援団に対する考えを変えるくだりも曖昧。よってこの映画は最後まで応援団の魅力を伝えることが全くできていないのです。さらにいざ応援となると「HEARTS GO!」とか「HEAVEN GO!」とか言い出す始末。どこが硬派やねん!?押忍の精神はどこ行ってん!?ですよ。
要は新垣結衣というアイドル的女優が出演していたら、何でもいいでしょ!程度の映画なんですよね。でも私が見た上映回ではガッキーファンらしき人は誰一人としていませんでしたけど、いろんな意味で大丈夫なんでしょうか?

そしてこの映画が最悪なのは高校野球を完全に侮辱していること。
というのもクライマックスは夏の高校野球の地方大会決勝戦。なのにマスコミはゼロ、父兄の観客も極少。試合に決着がついても甲子園出場という快挙に野球部員が沸き立つことはなく、最後の方は野球部員が応援団を見守るという不甲斐なさ。
いくら応援団がメインの映画といっても実際は野球部を見守りエールを送るのが応援団。それが逆に野球部に見守られるなんてアホ丸出しですよ。

また両校の応援も別撮りしているため、二つの歓声や応援歌が被ることは一切なしという監督の演出も最悪。ガッキーが応援団に入部するきっかけとなった大嶋クンも転校したら1年間は試合に出れないという協約を完全無視してくれていますし、何よりもガッキーの学ラン(団服)姿に萌え要素が皆無なのが最も辛いところ。
普通女の子が男性的な衣装を着れば多少の萌え要素はあるものの、全く魅力なし。銭湯のシーンでも色気なし。他の4人の応援団員同様にセリフ廻しに大いなる問題がある以上どこかで補ってほしかったのですが、監督以下の製作陣にそんなヤル気は一切感じませんでした。

てな訳で『恋空』に続き、この映画もきいちご賞を受賞してしまうのでしょうか。テレビ朝日が作る映画に面白い映画なし伝説に続き、ガッキーにもそんなマイナスの伝説ができてしまいそうな予感満々の映画でした。

深夜らじお@の映画館は高校野球が大好きです。

acideigakan at 12:00│Comments(4)clip!映画レビュー【は行】 

この記事へのトラックバック

1. フレフレ少女  [ Memoirs_of_dai ]   2008年10月12日 21:07
萌ポイントはメガネと入浴シーン 【Story】 読書が趣味で、物語の中の空想の恋に夢中になっている女子高生・桃子(新垣結衣)は、ある日偶??.
2. 「フレフレ少女」女応援団長が魅せたネバーギブアップソウルサポートストーリー  [ オールマイティにコメンテート ]   2008年10月14日 00:01
5 「フレフレ少女」は読書好きの文学少女がある日野球部のボールが頭に直撃した事をキッカケに野球部のエースに恋をしてしまい、少しでも近づきたい気持ちで廃部寸前だった応援団に入部し、応援するが、エースがライバル高校へ転校してしまい、応援する意味を見出せない中で応....
3. フレフレ少女■新垣結衣だから許そう・・・  [ 映画と出会う・世界が変わる ]   2008年10月20日 08:00
新垣結衣の可愛さで許すが、相当にひどい映画である。私が見たときには劇場には観客は私が一人だけ。ひどい映画になったのは製作者、監督に原因がある。新垣結衣を出して、しかも学ランでコスプレ気分にしておけばいいだろう程度の魂胆がミエミエである。共演者、特に応援...
4. フレフレ少女/新垣結衣、永山絢斗  [ カノンな日々 ]   2008年10月20日 17:47
久々に劇場での映画鑑賞です。観たい作品はいろいろあるのですが、いきなりヘビーなのもしんどそうなので。1番お気楽に観られそうなコレにしてみました。つまらなくても映画鑑賞&楽しい事飢餓状態なこのタイミングだと意外と笑えるかもしれないでしょ?(笑)。 出演はそ....
5. 【映画】フレフレ少女  [ 新!やさぐれ日記 ]   2008年10月21日 00:09
▼動機 地元ロケの半ご当地映画?(勘違い) ▼感想 映画というものの意味を考えるいい機会になった ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 読書が趣味で、物語の中の空想の恋に夢中になっている女子高生・桃子(新垣結衣)は、ある日偶然野球部のエースに出...
6. フレフレ少女  [ 象のロケット ]   2008年10月21日 22:15
暴投した一球で気を失った、夢見る文学少女・桃子を介抱してくれたのは野球部のエース大嶋。 彼に恋してしまった桃子は、彼をずっと見守り続けたい! との思いから、廃部寸前の応援部に入部し、なんと団長に指名されてしまう! 寄せ集めの情けない団員たちの前に、ある日...
7. フレフレ少女  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2008年10月22日 16:41
JUGEMテーマ:映画 2008年10月11日 公開 想いが通じれば、奇跡は起きる! 応援団と言えば、私はこれ↓でした。 クエックエックエーッ!!!の青田赤道を中心とする浪速の応援団☆ で、こちらの応援団は花の女子高生、百山桃子(新垣結衣)が応援...
8. 『フレフレ少女』@新宿ピカデリー  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2008年11月03日 23:31
女子高生の桃子は、ある日偶然野球部のエース・大嶋に出会い、一目ぼれしてしまう。彼に夢中になった桃子は、廃部寸前の応援団へと入団。団員探しに奔走した甲斐あって、やっと人数が集まった。だが、ひょんな事から桃子は応援団長に仕立て上げられてしまう。そして迎えた強
9. 映画:フレフレ少女  [ よしなしごと ]   2008年11月16日 12:33
 もう、劇場公開終わってしまいましたが、フレフレ少女を観てきましたので、ようやく記事にします。

この記事へのコメント

1. Posted by dai   2008年10月12日 21:06
こんばんは★

確かに高校野球をなめきった映画ですねw笑い自体もいかにもという感じで、流石TV局映画と思ってしまいました(*はんにゃは若干反則気味に見えましたが)。
まあガッキーありきの映画ですね。彼女のファン以外の鑑賞は・・・無理でしょうねw
2. Posted by にゃむばなな   2008年10月13日 12:43
daiさんへ

アイドル映画としてもこの映画は見るに値しないですよ。
というのもアイドル映画並みのツッコミどころのレベルが低い!
ツッコミを入れても楽しくないアイドル映画なんて最低です!
3. Posted by PGM21   2008年10月14日 00:13
何時もお世話になっております。

え〜と私自身大の野球を愛する人(Blogが野球記事3割なので)ですが、高校野球はプロが大注目する選手がいない限り殆ど観ません。
確かに予算から考えると高校野球の決勝を本格的に描くならあと5億予算が要るでしょうね。
私はその辺は実際に球場で現実を知っているので度外視して応援する気持ちという視点からこの映画を追いました。
野球を知らない人たちが撮ってしまうとこのような視点になってしまうんでしょうね。
4. Posted by にゃむばなな   2008年10月14日 15:53
PGM21さんへ

こちらこそいつもお世話になっております。

この映画の酷いところは高校野球にしろ何にしろ、現場に行って実際の応援風景や雰囲気を全く下調べしていないところですよ。
もしこの程度で下調べしました。なんて言われても、誰も納得しれくれないでしょうね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載