2008年11月23日

『1408号室』

1408号室スティーブン・キング原作の映画化という一抹の不安はあれど、ジョン・キューザックが選んだ脚本ということで見てみましたが、いい意味での悪い意味でもいや~な映画でした。『ミスト』のようにクリーチャーが出てくる映画ではないのですが、ホラー映画としては十分面白いものの新鮮味がやっぱりないのが残念でした。

スティーブン・キングの作品というのは出版された段階から、たくさんの業界に影響を与えるほど素晴らしいものです。もちろん彼の原作を読んで、映画製作に取り入れる方も多いです。それゆえに彼の作品が映画化される頃にはそのネタ自体が古臭く見えてしまう逆効果もあるのが非常に残念なところ。『シークレット・ウィンドウ』を見たときと同じように、今回も似たような作品を以前見たような気がして終始新鮮味を感じることができなかったのが非常に残念でした。

さらにこの映画はその大部分がジョン・キューザックの一人芝居で見せているためか、中盤以降は主人公のココロが破壊されたように映画も訳分からんようになってくるんです。
要はこれまでに56人の犠牲者を出した「泊まると死ぬ部屋」に一泊する予定のオカルト作家が徐々に冷静さを失うという、どこか『シャイニング』にも似た設定なのですが、『シャイニング』のように奥さんや子供という襲われる存在がこの映画にはいない分、一人芝居が徐々に方向性を失っているようにも思えて、じゃあここまで風呂敷を広げたら「夢オチ」しかないやん!と思わせてしまう展開も残念なところ。

まぁラストに関しては「夢オチ」に見せかけて実は一昔前のホラー映画的な終わり方だったのでそれなりに楽しめたものの、やはりスティーブン・キング原作の映画化は監督の想像力や演出力の違いを大きく現してしまう恐ろしさがあるんだなと改めて思いました。

ただ主人公が助けを求めた向かいのビルに自分自身がいたというシーンと、地上13階(欧米のホテルは13階がないので14階が実質の13階)からホテルの外壁伝いに隣の部屋に逃げ込もうとするシーンは非常に怖かったです。特に後者は高所恐怖症の私には拷問に近い映像でした。とにかく「お願いだから、早くこんなシーン終わらせて」と心底願ってしまうほどの怖さでしたよ。あぁ~思い出したくもない!

てな訳で1408号室が1+4+0+8=13というならば、あのホテルの広さから考えると1417号室も存在するはずですから、1417号室も1+4+1+7=13になるんですけどこれはいいのですか?と思ってしまう、いや~な怖さを味わいたい方にはオススメの映画でした。

深夜らじお@の映画館は高いところが大嫌いです。

この記事へのトラックバック

1. 1408号室  [ ともやの映画大好きっ! ]   2008年11月23日 22:07
(原題:1408) 【2007年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 第21回東京国際映画祭特別招待作品。 スティーブン・キングの短編小説「一四0八号室」を原作にしたスリラー映画。 幽霊ホテルや心霊スポットなど呪われた場所を取材し、執筆して生計を立てているオカルト作...
2. 1408号室/1408  [ いい加減社長の日記 ]   2008年11月23日 22:38
いゃ????、気になる映画が一気に4本も公開。 「私は貝になりたい 」 戦争もの苦手、中居くん嫌いな私はちょっとパスかな。 暗そうだし。 仲間由紀恵さんは好きだけど、やはりコメディチックな役柄の方が好き^^ 「トロピック・サンダー/史上最低の作戦 」 お...
3. 1408号室  [ Memoirs_of_dai ]   2008年11月23日 23:37
ONE ROOM 【Story】 呪われた場所を取材し、執筆することで生計を立てている作家マイク(ジョン・キューザック)は、ある朝海岸でドルフィンヮ..
4. 『1408号室』  [ ラムの大通り ]   2008年11月24日 11:36
※※映画の見どころについて触れています。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:1408) 「う〜。怖かったあ。 スティーヴン・キングの原作だから、 ある程度の覚悟はしていたけど、 まさかここまでとは……」 ----キングのホテル...
5. 1408号室 を観たゾ  [ ヤジャの奇妙な独り言 ]   2008年11月24日 11:58
スティーヴン・キングの短編小説を映画化 「1408号室」を早速観てきました 物語は神の存在
6. 1408号室  [ 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 ]   2008年11月24日 13:27
 アメリカ  ホラー&サスペンス  監督:ミカエル・ハフストローム  出演:ジョン・キューザック      サミュエル・L・ジャクソン      メアリー・マコーマック      トニー・シャルーブ 【物語】  超常現象を一切信じないマイク・エンズリンは、....
7. 1408号室/1408  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2008年11月24日 14:03
2007年全米公開、この映画、 スティーヴン・キング原作の映画化史上、No1ヒット!なんだって{/atten/} キング原作は衝撃的な結末が賛否巻き起こした『ミスト』が今年公開されたばかり。(mig今年のベスト上位に入る(予定)) でもこちらは何故かなかなか日本での公開が決...
8. 1408号室  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年11月24日 17:16
 『この部屋はあなたのココロを破壊する』  コチラの「1408号室」は、宿泊した56人全員が死亡したチェックアウト不能の「1408号室」を舞台に繰り広げられる、11/22公開となったノンストップ・パニック・スリラーなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪主演は、ジョン...
9. 1408号室  [ 晴れたらいいね〜 ]   2008年11月24日 17:37
キング好きな友達とそのお嬢様と、実家の方で観てきました。なんせ、京都じゃ高の原しかやってませんからねぇ。優先してしまいました(笑)血みどろはないといってもいいくらい、残酷シーンの苦手な彼女たちでも大丈夫な映画でした。1408号室原題:1408監督:ミカエル・ハフ....
10. 宿泊客56人が死んだ「1408号室」を鑑賞  [ 映画感想 瞼のスクリーン 第二章 ]   2008年11月25日 01:21
1408 評価 8  原作が巨匠スティーブン・キング、監督はスウェーデン人のミカエル・ハフストローム、そしてサミュエル・L・ジャクソンが出る、というこの化学反応は、この3者が好きな筆者にとって、究極の吸引力を持った映画になります。  まずスティーブン・キング、同じ...
11. 1408号室  [ 5125年映画の旅 ]   2008年11月25日 07:28
3 ホラー作家のマイクの元に届いた一通の絵葉書。ニューヨークのドルフィンホテルが描かれたその絵葉書には、「1408号室に入るな」という言葉だけが綴られていた。興味を持ったマイクはドルフィンホテルに赴き、支配人の制止を無視して1408号室に泊まる。そこでマイ....
12. 劇場鑑賞「1408号室」  [ 日々“是”精進! ]   2008年11月25日 15:49
幸運の25セント硬貨「1408号室」を鑑賞してきましたスティーブン・キングの短編小説を原作にしたミステリー・ホラー。過去に次々と死者を出し、宿泊することを禁じられている高級ホテルの一室に足を踏み入れた作家が、不可解なな現象に襲われていく。現実と虚構との境...
13. 1408号室  [ Akira's VOICE ]   2008年11月25日 16:17
恐怖のお仕置き部屋。  
14. 1408号室  [ りらの感想日記♪ ]   2008年11月25日 20:43
【1408号室】 ★★★★ (27) 2008/11/22 ストーリー 超常現象を一切信じないマイク・エンズリン(ジョン・キューザック)は、
15. 1408号室  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2008年11月26日 11:48
公式サイト。スティーヴン・キング原作、ミカエル・ハフストローム監督、ジョン・キューザック、サミュエル・L・ジャクソン、メアリー・マコーマック、トニー・シャルーブ。ニューヨークのドルフィンホテル(Dolphin Hotel)は1910年代創業だが、1408号室は宿泊者は2度と出てこ...
16. 「1408号室」  [ のほほん映画鑑賞 ]   2008年11月26日 21:38
娘を亡くして心に痛手を負っているオカルト作家マイク・エンズリン(ジョン・キューザック)の元に、一通の葉書が届く。 それは「ニューヨークのドルフィンホテルの1408号室に入ってはいけない」とだけ書かれたものだった。 調査を始めたマイクは、この部屋の宿泊客が次々...
17. 1408号室  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2008年11月26日 23:06
フェイントで鑑賞―【story】アメリカ各地の超常現象などをルポしていた作家のマイク(ジョン・キューザック)のもとに一通のハガキが届く。そこには「NYのドルフィンホテルの1408号室には絶対に入るな―」と書いてあった。好奇心をかき立てられたマイクはホテルに出向き、入...
18. 1408号室  [ そーれりぽーと ]   2008年11月27日 00:05
スティーブン・キング原作の中で全米で一番ヒットしたのだそうで、こないだの『ミスト』の面白さから相当期待をして『1408号室』を観てきました。 ★★★ アンチオカルトなのにオカルト本で飯を食ってる作家が、ホテルの呪われた部屋の嘘を暴こうと泊って酷い目に会う話。 ...
19. ★「1408号室」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2008年11月27日 03:15
今週の平日休みは、 TOHOシネマズの「1ケ月フリーパスポート」は使い切ったけど、 まだまだ鑑賞ポイントが貯まってるので、 それを使ってタダ観をしました。 本作は、数多くの作品が映画化されてるスティーヴン・キングの原作。 全米では彼の作品の中でもトップクラス...
20. 『1408号室』  [ 唐揚げ大好き! ]   2008年11月27日 06:47
  泊まった者は必ず自殺する・・・なぜ?  チェックアウト不能の<ノンストップ パニックスリラー>   ■娘を亡くし、頑なに現実しか信じられなくなったオカルト作家マイク・エンズリン(ジョン・キューザック)の元に、ある日、ニューヨークのドルフィンホテルから
21. 1408号室  [ カリスマ映画論 ]   2008年11月27日 21:23
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  その部屋に入れば最後、脱出不能の死と恐怖  
22. 「1408号室」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2008年11月29日 00:26
しばらくの間は”カーペンターズ”の「愛のプレリュード」を聴きたくないかも??[E:bearing]怖い系とは知らずに見てしまったこの映画。1408号室はまさに”邪悪の部屋”。恐怖によるパニックとヒステリ
23. おじさんシネマ(1408号室)  [ おじさん(Age.52)日記By宙虫 ]   2008年11月29日 00:50
スティーブン・キング原作のホラー映画。 最近、なぜだかホラーにひかれて観に行ってしまう。 というか、水曜日の夜ってどこか中途半端。 じゃ、映画でも行こうかと妻を誘って夜出かけた。 ま、ホラーだし。 それも良くある密室ものだし。 何か新しいだましやびっくり...
24. 「1408号室」  [ ジグソーのオレデミーアワード日記 ]   2008年11月30日 02:56
3 「1408号室」(2007) 《この部屋はあなたのココロを破壊する》 11/12サイエンスホールでの試写会にて鑑賞 監督:ミカエル・ハフストローム cast ジョン・キューザック 、 サミュエル・L・ジャクソン 、 メアリー・マコ...
25. 映画「1408号室」(2007年、米)  [ 富久亭日乗 ]   2008年12月01日 07:22
   ★★★★☆  ホラー小説家Stephen Edwin King原作のスリラー。 原題は「1408」。     ◇  ロスアンジェルスに住むホラー作家のMike Enslin(John Cusack ) は、 幽霊の出るホテルを取材、ガイドブックを執筆している。 ある日、彼のもとに「The Dolphin Hot...
26. 【1408号室】  [ 日々のつぶやき ]   2008年12月01日 09:49
監督:ミカエル・ハフストローム 出演:ジョン・キューザック、サミュエル・L・ジャクソン、メアリー・マコーマック 「オカルト作家のマイク・エンズリンは、幽霊が出るなどの超自然現象の起こる部屋に実際に泊まっては本に書いていたが、自分は全くそういう存在を
27. 「1408号室(1408)」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   2008年12月02日 18:21
WELL DONE 公開してから少し経つけど、まだ見てなかった映画、 「1408号室(1408)」を見てきました。うん、
28. 1408号室  [ 象のロケット ]   2008年12月02日 20:13
超常現象の噂の真相をルポするオカルト作家・マイクのもとに「1408号室に入ってはいけない」という差出人不明の葉書が届く。 ドルフィンホテル1408号室にはこれまで56人が宿泊し、1時間以内に全員が死亡したという。 ホテル支配人の執拗な説得にもかかわらず、オカルトなど...
29. 1408号室  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2008年12月02日 23:25
3 宿泊した56人が自殺したという「1408号室」――この部屋には一体何が潜むのか……。『ミスト』に続いてスティーヴ・キングが贈る、“チェックアウト不能”のパニックスリラー。 物語:“1408号室には入ってはいけない”――それは、一通の葉書からはじまった……。 マ....
30. 『1408号室』 2008-No81  [ 映画館で観ましょ♪ ]   2008年12月03日 22:21
全米では『グリーンマイル』を抜いて、 S・キング原作映画史上最大のヒットとなった作品。 (ワタシは何故か『グリーンマイル』には弱くの..
31. 1408号室  [ スワロが映画を見た ]   2008年12月04日 08:58
原題:1408 製作年度:2007年 製作国:アメリカ 上映時間:104分 監督:ミカエル・ハフストローム 原作:―― 脚本:マット・グリーンバーギ..
32. 「1408号室」鑑賞@シネマイクスピアリ  [ たっちゃんの「虹を翔る黙示録DX」 ]   2008年12月13日 12:36
3 ジョリー外れたんで シネマイクスピアリに避難 「1408号室」観てきたんですの この作品は ホラーなのか サスペンスなのか よくワカラン・・・ てか 眠すぎて 序盤 覚えてませんが( ̄▽ ̄;) 窓 ないじゃん! 18歩で辿り着か....
33. 『1408号室』  [ cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー ]   2008年12月18日 22:05
スティーヴン・キング原作のオカルトホラーということで観たかった作品をやっと観てきました。観てきたのは新宿ミラノ3。 平日の昼間の回だった割にはそこそこ入っていたかなーという印象。 ******************** 巨匠スティーヴン・キングの短編ホラーをジョン・キュ...
34. 「1408号室」  [ キネオラマの月が昇る〜偏屈王日記〜 ]   2008年12月21日 10:32
「1408号室」 オフィシャルサイト (音量注意!) ネタバレ全開です。ご注意下さい。 スティーブン・キングのまさに集大成。 彼自身の作品のみならず、彼が愛してやまない作品の数々、彼の人生観、世界観、宗教観にいたるまでの全てを網羅し、かつ内包している大変興味深...
35. 三ツ星ホテル  [ MESCALINE DRIVE ]   2009年01月18日 20:43
スティーヴン・キングの原作小説は読んでいないが、公開終了が迫っていたので劇場に急いだ。 「1408号...
36. 1408号室◆ジョン・キューザックがホラーに挑む!  [ 銅版画制作の日々 ]   2009年02月10日 18:47
 この謎を知り、生きて帰れる者はいるのか? 京都での上映はないと半ば諦めていた「1408号室」が何と!京都みなみ会館での上映が実現されました。2月7日、早速鑑賞!原作はあのホラーの巨匠、スティーヴン・キングの短編小説「一四〇八号室」(新潮文庫刊)「幸運の...
37. 1408号室  [ mama ]   2009年08月11日 10:40
1408 2007年:アメリカ 原作:スティーヴン・キング 監督:ミカエル・ハフストーム 出演:ジョン・キューザック、サミュエル・L・ジャクソン、ジャスミン・ジェシカ・アンソニー、メアリー・マコーマック、トニー・シャルーブ 超常現象を一切信じないオカルト作家の...
38. 【映画】1408号室…関係ない蛇足が長め…の記事&エアコン故障とその後  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2009年08月23日 01:40
ホントこの夏、この国は天災に見舞われ続けてる様子で{/face_hekomu/}… 北部九州から中国地方にかけての集中豪雨{/kaeru_rain/}が過ぎたかと思えば、台風の影響でもっと東の方で大雨{/kaeru_rain/} その後は結構大きな地震{/face_hekomu/}ですか…来週、息子が某企業の職場...
39. 映画『1408号室』を観て  [ KINTYRE’SDIARY ]   2010年12月23日 23:54
92.1408号室■原題:1408■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:104分■字幕:栗原とみ子■鑑賞日:11月22日、渋谷東急(渋谷)スタッフ・キャスト(役名)□監督:ミ...

この記事へのコメント

1. Posted by ともや   2008年11月23日 22:10
こんばんは、にゃむばななさん♪
原作は読んでないのですが、本当に本当に短い短編みたいですね。
途中まではかなり面白かったんですが、部屋が氷り始めてからは、『どうやって終わらせる気だろう?』ってオチばかり気になっちゃいました。
…で、あの終わり方でしょ。
ちょっと物足りなかったですわん。
2. Posted by にゃむばなな   2008年11月23日 22:13
ともやさんへ

設定としてはそこそこ面白いものの、原作の行間をいかに想像し、映像化するかで評価が分かれてしまいますからね。
物足りない映画であったことは確かでしたね。
3. Posted by dai   2008年11月23日 23:41
こんばんは★

確かにキング作品は新鮮味という観点では若干物足りない気がしますね。まあそれだけ彼が偉大ということですが。

>てな訳で1408号室が1+4+0+8=13というならば、あのホテルの広さから考えると1417号室も存在するはずですから、1417号室も1+4+1+7=13になるんですけどこれはいいのですか?

確かにあれだけの大きさのホテルなら1417号室、1309号室なんてのはあるかもしれないですよねwまあそこら辺を突っ込むのは野暮ということでw
4. Posted by にゃむばなな   2008年11月24日 10:54
daiさんへ

なぜに1408号室なのかがあれでは不明でしたからね。
もう少し小さいホテルなら1408号室しかないんだろうと予測できるんですがね。
5. Posted by mig   2008年11月24日 14:01
4 にゃむばななさん★
こんにちは〜

やっぱり幻想か?と思わせながらうまくしめていたと思う。
わたし最近のキング作品はなかなかいいと思ってるんです。
この作品は映画観てから原作読んだんだけど、けっこう違うんですよね。
少々やりすぎ感あれど映画版の方が好みでした♪

ホラー好きにとってはまだまだ恐怖感は足りないけど怖い雰囲気でてましたね☆

ってにゃむばななさんは怖かったんですよね、いいなぁ(違うか
6. Posted by にゃむばなな   2008年11月24日 16:33
migさんへ

ホラ−映画の恐怖というよりも高所恐怖症の人間にとっての恐怖がより印象的でしたよ。
あぁ〜思い出したくないですぅ〜!
7. Posted by miyu   2008年11月24日 17:16
にゃはは、一瞬夢オチかよ〜!
ってあたしも思いました(´▽`*)アハハ
まぁサスガにそれはなくって良かったのですが、
確かに影響を与えすぎてしまうのも
弊害があるのかもしれませんね〜。
あたしは結構面白く観れましたけど、
ホラーをたくさん観ている方にはちょっと
物足りない感じなんでしょうかね〜。
8. Posted by ちゃぴちゃぴ   2008年11月24日 17:40
観てきました
はい、私も「夢オチ」かよぉ〜〜。って思いましたが、そうではなかったですね。
血まみれは嫌いな友人と行ったのですが、そこそこ楽しんできました。
私自身、かなり過激なものも観てますが、これはこれで面白かったかな。
9. Posted by にゃむばなな   2008年11月24日 17:48
miyuさんへ

スティーブン・キング作品の弊害を頭に入れても、まぁそこそこ楽しめる映画でしたよ。
でもやはりホラー映画は古典的な怖さが一番怖いですね。それはこの映画を見て改めて思いましたよ。
10. Posted by にゃむばなな   2008年11月24日 17:51
ちゃぴちゃぴさんへ

怨念という仏教概念のホラーを見慣れている我々には、キリスト教世界の血まみれ映像は時に気分悪いだけになりかねないですからね。

でもこの映画は思っていたよりも気分悪くならなかったので、それはそれでよかったと思いました。
11. Posted by 氷雨@竜兄   2008年11月24日 18:27
やっとこさ神様のパズルのDVD入手しました☆★
発売から早3日(笑)。



三池崇史ファンとしても谷村美月ファンとしても納得できる出来映えだったのに、公開初日の第一回目で3人の観客しかいなかったのが(笑)いい思い出です。


今日はブラインドネスを観てきました。最後ドラゴンヘッドみたいな展開かと思いましたが、なかなかうまいことまとめてくれてましたわ。
山場は微妙ですが、それなりによくできてました
12. Posted by にゃむばなな   2008年11月24日 19:07
氷雨@竜兄さんへ

『ブラインドネス』はスルーです。
どうもああいう設定は好きではないので。
13. Posted by えい   2008年11月24日 23:36
こんばんは。

>『シャイニング』のように奥さんや子供という襲われる存在がこの映画にはいない分、一人芝居が徐々に方向性を失っているようにも思えて

これは鋭いご指摘ですね。
ただ、ぼくは
こういう、ひとりで恐怖を味わう映画の方が怖いかな。
同じ恐怖を味わう者が他にだれもいないというのは怖い。


やはり怖がり屋です。
14. Posted by にゃむばなな   2008年11月25日 00:51
えいさんへ

恐怖の感じ方は人それぞれですからね。
私は逆に一人だと自分のことさえ気にしていればいいと思えるので、そんなに恐怖は感じないんですよ。
15. Posted by AKIRA   2008年11月25日 18:13
気軽に楽しめるホラーお化け屋敷でした。

「ミスト」ほど後味悪くなくて安堵。
よう考えたら怖いけど。。
16. Posted by にゃむばなな   2008年11月26日 14:37
AKIRAさんへ

心の奥底にまで来るような恐怖はない映画でしたよね。
でも高所恐怖症の私にはあの外壁伝いに隣の部屋に逃げ込もうとするシーンが一番怖かったです。
17. Posted by はくじ   2008年11月26日 18:10
こんにちは。
TBありがとうございます。
こちらからのlivedoorブログへのTB設定ができない状態なので、コメントにて失礼します。

なんかテーマパークにあるアトラクションを体験しているかのような映画でした。
謎が謎のままなのが個人的には消化不良です。
18. Posted by りら   2008年11月26日 19:16
こんばんは(^^)
コメントありがとうございました〜♪
最後の方は、かなりド派手な超常現象になってましたね〜。あれで、夢オチのままだったらどうしようかと、思いましたがちゃんと続きがあってホッとしました(笑)でも、あれだけ頑張っていたジョン・キューザックよりサミュエル・L・ジャクソンの印象のほうが強かったような。。。
19. Posted by にゃむばなな   2008年11月26日 20:34
はくじさんへ

気になる謎の数がちょっと多すぎましたよね。
ただそれを明かしちゃうと作品としては質が下がってしまうのかも知れませんね。
20. Posted by にゃむばなな   2008年11月26日 20:37
りらさんへ

ジョン・キューザックからすればあれだけ頑張ってサミュエル・L・ジャクソンよりもインパクト薄いというのはちょっと辛いですよね。
でもこれからも彼には頑張ってほしいものです。
21. Posted by 佐藤秀   2008年11月26日 20:53
>1417号室も1+4+1+7=13になるんですけどこれはいいのですか?

見落としたんですけど、隣室まで9歩じゃなかったでしたっけ。とすると1408+9で1417になっちゃう。隣室は1417号室だったような。後知恵の思い過ごしかもしれないけれど。
22. Posted by にゃむばなな   2008年11月26日 21:12
佐藤秀さんへ

私も隣の部屋番号までは気にしてなかったので詳しいことは分かりませんが、どちらにしろ明かされない謎の多い映画でしたね。
23. Posted by 由香   2008年11月26日 23:16
こんばんは!
にゃむばななさんは高所恐怖症ですか?
・・・・・富士急ハイランドには、ガラス張りで出来たボックスに乗る観覧車がありますよ。想像すると怖くないですか?!(って意地悪な私・笑)

スッゴク短い原作をかなり肉付けしたなぁ〜と思いましたが、仰るように少々新鮮味には欠けたかもしれませんね。
私は自称怖がりなのに、大胆にもアクビをしながら観ていました。もうこれからは怖がりで〜す♪なんて言えそうにありません。
24. Posted by にゃむばなな   2008年11月26日 23:27
由香さんへ

いやぁぁぁぁぁ〜!富士急ハイランドには絶対に行きません!そんな恐ろしか観覧車には乗れませんわ〜!

解明されていない謎は数あれど、それなりに楽しめる映画でしたね。
25. Posted by 睦月   2008年11月28日 11:02
こんにちわ。

≫ホラー映画としては十分面白いものの
新鮮味がやっぱりないのが残念でした

全くですね(苦)。

でもおっしゃるように、
ホテルの外壁シーンはなかなか怖かった。
あれはホントに高所恐怖症の方には拷問の
ような場面ですわね(汗)
26. Posted by にゃむばなな   2008年11月28日 17:22
睦月さんへ

私は駅のホームでさえ怖くてビビっていたことさえあったので、こういうシーンはまさに拷問でした。
あぁ〜思い出したくもないです!
27. Posted by たいむ   2008年11月29日 00:30
こんにちは!
この手の映画って避けることが多いので間違ってみちゃったのだけど、逆にこれまで見ていなかった分、怖かったし面白く見られた気がします。
でも、痛さを伴う不意を突く演出は予測可能で目をつぶってばかりでした(><)
28. Posted by にゃむばなな   2008年11月29日 15:27
たいむさんへ

怖い映画が苦手な方にはこういう映画はちょっと辛いでしょうね。
となると『ミラーズ』はもっと辛いかも知れませんよ。
29. Posted by ジグソー   2008年11月30日 03:04
どうも!

一瞬夢オチで終わりかけた時には座席からずっこけそうになりましたが、違ったので安心しました(笑)

それにしてもサミュエル兄貴はそれほど必要なかったですよね・・・
30. Posted by にゃむばなな   2008年11月30日 16:03
ジグソーさんへ

サミュエル兄貴もこういう映画に出演するのが好きなんでしょうね。
『SW』といい、『ジャンパー』といい、『アイアンマン』といい、どこにでも顔を出すカメレオン俳優さんですからね。
31. Posted by くまんちゅう   2008年12月02日 23:06
こちらにもお邪魔します
隣の部屋に逃げようとしら窓が無い!
って怖いような可笑しいような
戻ってみたら案内図が違う
芸が細かいトコはウケました
心理的に追い詰めていこうとする
悪意は効いてました
凄く怖いという訳じゃないけど
結構面白かったです
夢オチ風になりかけたのはマイナスですかね
シャイニングには及ばなかったという結論です
32. Posted by にゃむばなな   2008年12月03日 13:53
くまんちゅうさんへ

『シャイニング』はスティーブン・キングが「原作と違う!」と激怒したという噂が流れたくらい、監督と原作者が大喧嘩した映画でしたからね。
まぁあれは特別なのかも知れませんよ。
33. Posted by swallow tail   2008年12月04日 09:08
にゃむばななさん、こんにちは。

スワロはスティーブン・キングが好きなので
この内容でもそれなりに満足できました。
だってもの凄くキングらしいし(笑)

にゃむばななさんも感じられたように
スワロも『シークレット・ウィンドウ』と
『シャイニング』を足して二で割ったような作品だと思いました。
・・・っていうか、キングのホラーって
ある程度手が限られているのでどれも似たような雰囲気ですよねぇ・・・
34. Posted by にゃむばなな   2008年12月04日 10:20
swallow tailさんへ

スティーブン・キング好きにはちょうどいい感じの作品だったんですね。
私はキングの非ホラーは好きなんですが、どうもホラーに関しては仰られるとおり、どれも似たような雰囲気に思えまして・・・。
でもどれもそれなりに面白いですけどね。
35. Posted by mezzotint   2009年02月10日 21:44
にゃむばななさま
今晩は★☆
TB・コメントありがとうございました。今頃になっての上映です(笑)
う〜んそれなりに楽しめましたが。
確かに後半はたるいところもありましたね。何か私には斬新な作品に見えましたが・・・。似た雰囲気なんですね。
“シャイニング”も鑑賞したのですが、
すっかり忘却の彼方。ジャック・ニコルソンが凄く怖かったという印象が強い
ですね。ただ、あの作品を観たスティーヴン・キングはお気に召さなかったという話でしたが・・・。
36. Posted by にゃむばなな   2009年02月10日 21:48
mezzotintさんへ

『シャイニング』に関しては、スタンリー・キューブリック監督が独自のアレンジを入れたために、スティーブン・キングと大モメになったんですよね。
結構有名な話です。

まぁスティーブン・キングも自分の作品の映画化には結構うるさいみたいですからね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載