2008年12月25日

『愛と青春の旅だち』

愛と青春の旅だちリチャード・ギアの出世作としても名高いこの映画。1982年公開の作品なんですけど、いつ見てもやっぱりあのラストシーンはいいですよね。希望が消えかけたところで、製紙工場に場違いな軍服を着たザックの姿。『Shall we ダンス?』や『プリティ・ウーマン』の時も思ったのですが、リチャード・ギアって本当に女性を迎えに行く姿が絵になる俳優さんですよね。

リチャード・ギアという俳優さんにはダンディなおじさまというイメージがありますが、でも同性の私から見ても彼のダンディズムはある意味理想のもの。知的で紳士的でかつ常にスマート。でも心のどこかに熱いものを常に秘めているその姿は30年近く前の映画でも見事に健在していました。
確かに見てくれも格好いい俳優さんなんですが、彼の場合はブラッド・ピットやジョニー・デップとは全然違う「大人の男性の魅力」というのがこの映画の頃から多少なりともあるんですよね。

この映画でも主人公のザックは他人を信用しない、自分は優秀だから他人には負けないという尖った自信を持つ、そんな男。
でもそんな男があの鬼教官とのやりとりや、シドたちがおしり丸出しで応援してくれる友情などを通じて、単に丸くなるのではなく、柔らかみのある男へと成長していく様は本当に気持ちいいんですよね。
特に唯一の女性訓練生だったシーガーの壁登りを優先して、自分の記録をふいにしてしまうくだりや、床をハブラシで掃除しながらシドに礼を言うくだりは大好きです。

そしてやっぱりこの映画で一番印象的なのはこの映画でアカデミー助演男優賞を受賞したルイス・ゴゼットJr.演じるフォーリー鬼教官。時に厳しく、時に表面に出さないけど優しく、そして最後は高ぶる気持ちを抑えて訓練生たちを見送る姿は実に格好いいです。
シドが自殺したあともザックと体を張って向き合う姿もすごく素敵でした。

そしてこの映画の一番のシーンはやっぱり冒頭でも記したあのラストシーン。女性にとってもああいうシチュエーションは理想かも知れませんが、男性からしてもああいうことを実行に移せるのは凄く格好いいですし、男として株が物凄く上がったようにも思えるんですよね。いや〜本当に格好よかったです。

しかしそれにしてもあのフォーリー教官の訓練生への第一声は実に面白いですね。どこの地名が出てこようと、その土地の名産は去勢牛とゲイだと言い放つなんて、毎回訓練生を受け持つたびにそんなこと言ってたらアメリカの名産がいつしか去勢牛とゲイだけになってしまうじゃ、あ〜りませんか。
でもそういうユーモア、私は結構好きです。

深夜らじお@の映画館は男性用の帽子を被った女性が大好きです。

acideigakan at 19:20│Comments(4)clip!映画レビュー【あ行】 

この記事へのトラックバック

1. 愛と青春の旅だち  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年12月25日 20:10
 コチラの「愛と青春の旅だち」は、海軍航空士官養成学校の士官候補生の友情と恋を描いたリチャード・ギア主演の青春映画です。  タイトルはもちろん知っていましたし、あの有名な主題歌も耳にしていましたし、超有名なラストシーンもTVなどで見ていましたが、だからこ....
2. 愛と青春の旅だち  [ Yuhiの読書日記+α ]   2009年05月03日 12:48
海軍士官学校の新入生と、町工場の娘とのロマンスを軸にした青春映画。監督はテイラー・ハックフォード、キャストはリチャード・ギア、デブラ・ウィンガー、デビッド・キース、リサ・ブロント他。 <あらすじ> 海軍士官養成課程に入校したザックは、海兵隊軍曹の鬼教官フォ...
3. 愛と青春の旅だち  [ mama ]   2010年07月18日 12:06
AN OFFICER AND A GENTLEMAN 1982年:アメリカ 監督:テイラー・ハックフォード 出演:リチャード・ギア、デブラ・ウィンガー、トニー・プラナ、デビッド・キース、ルイス・ゴセット・Jr、ロバート・ロジア シアトルに住む青年ザックは、かねてからの夢だったパイロ....
4. 愛と青春の旅だち  [ 悠雅的生活 ]   2011年09月18日 20:08
マヨネーズ。DOR。卒業の朝。

この記事へのコメント

1. Posted by miyu   2008年12月25日 20:11
う〜ん、なるほどっ!
女性が憧れるのは分かりますが、
男性もまたあ〜ゆうことをするには
勇気?とか必要なんですね。
言われてみればそうですよね〜。うんうん。
2. Posted by にゃむばなな   2008年12月25日 21:09
miyuさんへ

ああいう行動って男性は誰しもやってみたいと思いつつも、恥ずかしいとかいう理由で避けてしまうんですよね。
だからこそ周りの目など気にしない、自分は自分の道を行く姿がより格好よく見えてしまうものなんですよ。
3. Posted by 悠雅   2011年09月18日 20:11
こんばんは。

言われてみれば、女性を迎えに行くリチャード・ギアを、何度も観ましたっけ。
ホント、それがよく似合うんですよね。

ああいうラストは女性の憧れ、と思ってたけど、
そうか…男性にとっても、別の意味でかっこいい男性像なんですね。
目からウロコでした。
4. Posted by にゃむばなな   2011年09月18日 21:00
悠雅さんへ

女性が憧れる一方で、男性もああいう格好いいことをしてみたいと思いつつも、完璧にできないと絵にならないだけに、そのリスクを犯す勇気も結構いるんですよね。

それがさらりとできるリチャード・ギアは本当に格好いいですよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載