2009年01月10日

『チェ 28歳の革命』

チェ28歳の革命エルネスト・チェ・ゲバラ。医師であり、革命家であり、軍人であり、善き師であり、そして愛の伝道者でもある男。そしてこの作品はそんな偉大な一人の男を描いた崇高な映画であるように思えるほど、素晴らしいものでした。正直チェ・ゲバラについて勉強しておくか、もしくは『モーターサイクル・ダイアリーズ』を見てからでないと難しく感じる映画だとは思いますが、今の時代だからこそ見ておくべき映画ではないでしょうか。

フィデル・カストロと出会い、バティスタ政権を打倒してキューバを解放するまでを描いたこの『チェ』2部作の前編。キューバでの革命活動のシーンはカラーで、アメリカでの取材や国連での演説シーンを白黒で描く手法が凄く印象的で、これが後編の『39歳別れの手紙』でどのように作用するのかが非常に楽しみです。

映画的にはこのキューバでの銃による戦いのシーンとアメリカや国連での言葉による戦いのシーンを交互に描くので、分かりにくいという反応もたくさんあったみたいですが、個人的には徐々にチェ・ゲバラの内面に入り込んでいくようなこの描き方がとてもスティーブン・ソダバーグらしい「映画的見せ方」のように思えました。
特にオープニング直後の敵の兵舎を襲撃するシーンを途中からアメリカでのインタビュー音声だけを入れて銃声を消してしまう見せ方は素晴らしいです。あのシーンで、チェ・ゲバラという革命家は決して武力だけに頼る革命家ではない。むしろ革命の大部分を武力という選択肢に頼らざるを得なかった哀しき革命家に見えてくるんですよね。

ですからその後描かれるチェ・ゲバラの行動一つ一つも自然と崇高に見えてくるんです。
特に彼の部下や農民たちへの対応は人間としては見習うべきものばかり。フィデル・カストロが政治家のように状況を見てリーダーとして君臨しているのに対して、チェ・ゲバラは部下や農民など一人一人に気を掛けて、周りから兄貴分として慕われている優しきリーダー。しかも彼はどんな状況でも感情的に怒ることは一切せず、信賞必罰のもと敵味方関係なく、情けを掛けるところと厳しくするところを完全に分けているところが人として凄いとしか言い様がありません。

自身も喘息で体力的にも精神的にも楽でないはずなのに、しかも革命のためとはいえ自分の祖国でもないキューバで「祖国か!死か!」と叫んでは司令官でありながら最前線で危険と隣り合わせで戦っているのに、また戦闘だけでなく農民たちの医師として働きながら若き兵士に読み書きを教えている多忙な日々を送っているにも関わらず、ああいう行動が出来るのは本当に人として素晴らしいですし、彼こそまさに崇高な人物そのものだと思います。
この映画のラストでの部下に盗難車を返すように説教するシーンも、まさにチェ・ゲバラという一人の人間を語るに相応しいエピソードだったと思います。

人情もないような今の時代だからこそ、チェ・ゲバラのような人物を必要としてしまうのなら、本当の意味での革命は中南米だけでなく日本やアメリカでも必要ではないのか。そんな哀しき疑問を抱かざるを得なくなるほど、崇高に思える映画でした。

深夜らじお@の映画館も人として革命すべきかも知れません。

この記事へのトラックバック

1. 映画【チェ 28歳の革命】  [ ミチの雑記帳 ]   2009年01月10日 16:44
試写会にて「チェ 28歳の革命」 スティーブン・ソダーバーグ監督による、20世紀のカリスマ、チェ・ゲバラの一生を描く二部作の前編。 おはなし:1955年、アルゼンチン人の若き医師チェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、放浪中のメキシコでフィデル・カストロ(デミア...
2. チェ 28歳の革命  [ そーれりぽーと ]   2009年01月10日 16:57
前々からチェックしようと思っていたガエル・ガルシア・ベルナルの『チェ・ゲバラ&カストロ』は、俺のぽすれんのリストでずっと下の方に下がりっぱなし。 結果未だにチェ・ゲバラについては名前とビジュアルしか知らない俺に、彼を語る事が出来るのだろうか。 スティーヴン...
3. チェ 28歳の革命  [ 象のロケット ]   2009年01月10日 17:03
1955年、メキシコ。 ラテン・アメリカの貧しい人々を救いたいと南米大陸の旅を続けるアルゼンチン人の医師エルネスト・ゲバラは、独裁政権に苦しむ故国キューバの革命を志すフィデル・カストロと意気投合。 わずか82人で海を渡り、2万人のキューバ政府軍と戦うというカスト...
4. チェ 28歳の革命  [ Akira's VOICE ]   2009年01月10日 17:23
程よい予習と睡眠をとってから観ましょう。  
5. 劇場鑑賞「チェ28歳の革命」  [ 日々“是”精進! ]   2009年01月10日 17:33
 「チェ28歳の革命」を鑑賞してきました2009年1作目!!!革命家チェ・ゲバラの生と死を描く2部作の前篇。ゲリラ戦士としての旅立ちからキューバ革命成功までの若き日々を追う。英雄として偶像化せず、“真実の”ゲバラを描くことにこだわったソダーバーグ監督は...
6. 「チェ 28歳の革命」彼は如何にして、革命家となったのか?  [ シネマ親父の“日々是妄言” ]   2009年01月10日 19:09
記事投稿日時 2009年1月5日21:41 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。   20世紀最大のカリスマ、チェ・ゲバラ。今も世界中の人々から、熱狂的な支持を受け続ける彼が、如何にして革命家となったのかを描いた本作「チェ 28歳の革命」 (ギャ...
7. 『チェ 28歳の革命』『チェ 39歳別れの手紙』  [ ラムの大通り ]   2009年01月10日 20:22
(Che El Argentino/Guerrilla) -----えっ、2本一緒にしゃべっちゃうの。 それって無謀じゃニャい? 「う〜ん。だけどこの映画、 もともと、プロデューサーのローラ・ビッグフォードは は第2部『39歳別れの手紙』のパート、 一般的にあまり知られていない チェ・ゲバラのボリ...
8. 『チェ28歳の革命』 (2008)/アメリカ  [ NiceOne!! ]   2009年01月10日 21:09
原題:CHE:PARTONE/THEARGENTINE監督:スティーヴン・ソダーバーグ出演:ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、サンティアゴ・カブレラ、エルビラ・ミンゲス公式サイトはこちら。<Story>1955年、貧しい人々を助けようと志す若き医師のエルネスト(チェ)・ゲバ...
9. 「チェ 28歳の革命」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2009年01月10日 21:22
キューバ革命を成し遂げた時、チェ・ゲバラは30歳だったとのこと。「思いっきり年下なんだよなぁ??」と、何となく思って何となく苦笑い。そういえば、「帰るなら死んだ方がましだ!」と豪語していた兄弟の年齢にも
10. 映画:チェ 28歳の革命  [ よしなしごと ]   2009年01月10日 22:21
 いつもお世話になっているRosalindaさんに誘われて、今年初めての試写会に行ってきました。題目は“チェ 28歳の革命”と“チェ 39歳別れの手紙”です。(共通公式ホームページはこちら。)
11. チェ 28歳の革命  [ ネタバレ映画館 ]   2009年01月10日 23:01
自腹で観る覚悟だったのに、試写のお誘い・・・
12. 【妄想159】「CHEチェ 28歳の革命」 感想  [ 日本妄想協会 paradigm shift ]   2009年01月10日 23:51
今日が公開初日 前から楽しみにしていて 昨日は興奮して 寝坊しちゃいけないと思うと眠れませんでした お蔭で朝一の回 かなり見や??.
13. チェ 28歳の革命  [ 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 ]   2009年01月11日 00:00
 アメリカ&フランス&スペイン  ドラマ&伝記  監督:スティーヴン・ソダーバーグ  出演:ベニチオ・デル・トロ      デミアン・ビチル      サンティアゴ・カブレラ      ロドリゴ・サントロ 【物語】  1955年、メキシコ。アルゼンチン人の青年医...
14. チェ 28歳の革命  [ 永遠の夕暮れ ]   2009年01月11日 00:10
チェ 28歳の革命 監督:スティーブン・ソンダーバーグ 主演:ベニチオ・デル・トロ
15. 「チェ 28歳の革命」TOHOシネマズ梅田  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2009年01月11日 00:21
4 チェ・ゲバラの一生を描く2部作の最初の作品。私は実は試写会で5日に見る予定がインフルエンザA型で断念。今日初日に見ました。新年そうそう、インフルエンザで寝込むなんて、先が思いやられます。 あらすじ 1955年、中南米諸国を旅して、国民の窮状を目にしてきたアル....
16. チェ 28歳の革命 |チェ 39歳別れの手紙  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2009年01月11日 00:30
この時期毎年参加している、小学館の年末忘年会パーティ (美味しいものいっぱい食べ放題{/m_0050/})と重なってしまってどうしようかと思ったけど そこは映画ファンのわたくし やっぱ生デルトロでしょう! ってことで行って来ました ベニチオ・デル・トロ&ソダーバーグ監...
17. チェ 28歳の革命  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2009年01月11日 03:40
今年最初の話題作、主演でチェ・ゲバラを演じるのはベネチオ・デル・トロ。監督は『オーシャンズ13』のスティーブン・ソダーバーグです。連続公開が決定しており、この後1月31日には『チェ 39歳別れの手紙』の公開が控えています。日本人にはあまり馴染みのないキュ...
18. ★チェ 28歳の革命(2008)★  [ CinemaCollection ]   2009年01月11日 16:49
CHE:PARTONETHEARGENTINEかつて、本気で世界を変えようとした男がいたー。上映時間132分製作国アメリカ/フランス/スペイン公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ=日活)初公開年月2009/01/10ジャンルドラマ/伝記【解説】「トラフィック」のスティーヴン・ソダ...
19. 『チェ28歳の革命』を観たぞ〜!  [ おきらく楽天 映画生活 ]   2009年01月11日 17:45
『チェ28歳の革命』を観ました『トラフィック』のスティーヴン・ソダーバーグ監督とベニチオ・デル・トロが再びタッグを組み、伝説の革命家エルネスト・“チェ”・ゲバラの人物像とその半生に迫る伝記ドラマ2部作の前編です>>『チェ28歳の革命』関連原題: CHE:PARTONE...
20. チェ 28歳の革命  [ 悠雅的生活 ]   2009年01月11日 18:23
祖国か、死か。
21. チェ 28歳の革命  [ ★試写会中毒★ ]   2009年01月11日 20:29
満 足 度:★★★★★★★    (★×10=満点) 監  督:スティーヴン・ソダーバーグ キャスト:ベニチオ・デル・トロ       デミアン・ビチル       サンティアゴ・カブレラ       ウラジミール・クルス       エルビラ・ミン...
22. チェ 28歳の革命  [ 今宵、サムソン・マスマスラーオの映画座で ]   2009年01月12日 00:41
    = 『チェ 28歳の革命』  (2008) = 1955年。 貧しい人々を助けようと志す若き医師、チェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、放浪中のメキシコで、フィデル・カストロ(デミアン・ビチル)と運命的な出会いを果たす。 キューバの革命を画策するカスト...
23. 【100.0Kg】 「チェ 28歳の革命」を観てきました♪  [ 街のクマさん 炎のダイエット日記 ]   2009年01月12日 01:13
皆さん♪3連休のかたも多いと思いますが、もう2/3が過ぎちゃいましたねぇ。まあ、まだ1/3も残っている!という前向きな見方もできるんだけど。クマも、だんだん、そういうポジティブなひとになっていきたいなー。 {%うれしいwebry%}
24. チェ 28歳の革命  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2009年01月12日 10:53
JUGEMテーマ:映画 2008年1月10日 公開 ★★★★☆ 前編は★4っつです! 私もベレー帽を小粋に被りたくなりました♪ ひぃやぁ〜、デル・トロ素敵でしたぁ〜!!! っつーか、やっぱりこのチェ・ゲバラがカッコイイからだねぇ〜♪ ...
25. チェ 28歳の革命/The Argentine  [ いい加減社長の日記 ]   2009年01月12日 12:34
普段なら、土曜日のレイトショーなんですが。 今回は三連休ということもあって、日曜のレイトショーで、「チェ 28歳の革命 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、普通かなぁ。 「チェ 28歳の革命 」は、大きめのスクリーンで、3割程度。 (C) 2008 Gu...
26. チェ 28歳の革命  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2009年01月12日 13:57
公式サイト。原題:Che The Argentine。スティーヴン・ソダーバーグ監督、ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、フランカ・ポテンテ、カタリーナ・サンディノ・モレノ、ジュリア・オーモンド、ロドリゴ・サントロ。チェ・ゲバラ役のベニチオ・デル・トロを見るのは「悲し...
27. チェ 28歳の革命  [ ☆C'est joli〜ここちいい毎日を〜☆ ]   2009年01月12日 22:18
4 チェ 28歳の革命’08:米・フランス・スペイン ◆原題:CHE: PART ONE/THE ARGENTINE ◆監督: スティーヴン・ソダーバーグ「オーシャンズ」シリーズ「さらば、ベルリン」◆出演:ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、サンティアゴ・カブレラ、エルビラ・ミンゲス ...
28. 「チェ 28歳の革命」大国に屈しない政府樹立のために戦った革命家の前章  [ オールマイティにコメンテート ]   2009年01月12日 23:44
5 「チェ 28歳の革命」は1957年のキューバ革命の指導者フィデル・カストロの片腕として参加したチェ・ゲバラの28歳の時の革命に参加した軌跡を描いたストーリーである。東西冷戦時代のキューバにおいて軍事政権に弾圧されたキューバを救おうと革命運動に参加したチェ・....
29. チェ28歳の革命■何故、革命は成功したのか?  [ 映画と出会う・世界が変わる ]   2009年01月13日 08:29
「モーターサイクル・ダイアリーズ」が話題になり、「チェ」が2部作で登場し、昨年のカンヌ映画祭でチェ・ゲバラを演じたベニチオ・デル・トロは主演男優賞を獲得した。ここまで来ると、オマー・シャリフがゲバラを、ジャック・パランスがカストロをそれぞれ演じた「ゲバ...
30. チェ 28歳の革命◆ゲリラ戦によみがえる変革のイコン  [ 好きな映画だけ見ていたい ]   2009年01月13日 14:18
     「チェ 28歳の革命」 (2008年・アメリカ/フランス/スペイン)    CHE: PART ONE/THE ARGENTINE 思えば私は映画を見ていたのではなかった。幕が上がった当初は、数日前から読み始めた「革命戦争回顧録」のどのエピソードが再現されるのか、そこだけを注視して...
31. チェ 28歳の革命  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2009年01月13日 21:46
原題:CHE: PART ONE公開:2009/01/10(01/10鑑賞)製作国・年度:アメリカ/フランス/スペイン、2008年上映時間:132分監督:スティーヴン・ソダーバーグ出演:ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、サンティアゴ・カブレラ、エルビラ・ミンゲス、ジュリア・オーモンド...
32. チェ 28歳の革命  [ 映画君の毎日 ]   2009年01月15日 19:20
■ストーリー■1955年、貧しい人々を助けようと志す若き医師のチェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、放浪中のメキシコでフィデル・カストロ(デミアン・ビチル)と運命的な出会いを果たす。キューバの革命を画策するカストロに共感したチェ・ゲバラは、すぐにゲリラ戦の...
33. チェ 28歳の革命  [ 読書好きの読書好きによる読書嫌いの為のページ ]   2009年01月16日 13:05
 今日はmovix仙台のメンズデー(←男性はすべての映画が1000円で観られる日。仙台にはこういうのがあるんですよ。男女同権です)だったの...
34. [映画『チェ 28歳の革命』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 ]   2009年01月17日 00:34
☆今日はいつもの<MOVIX昭島>から浮気して、<ワーナーマイカル日の出>に行った。  明日も仕事なのに、ついレイトショーに行ってしまった訳だが、感想を20分で書こうと思う^^;    ◇  これは、意表をついて地味で、でも味わい深い作品だった。  ゲバ...
35. 【チェ 28歳の革命】  [ 日々のつぶやき ]   2009年01月17日 16:56
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、ジュリア・オーモンド 「医者だあったチェ・ゲバラは、フィデル・カストロと出会うことで、人生を共にし革命に挑んだ。 たった12人で独裁政権の国キューバを革命するという、無謀
36. 映画「チェ 28歳の革命」  [ 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 ]   2009年01月17日 18:38
原題:The Argentine 彼の1952年23歳の頃ラテン・アメリカ探検の旅が描かれた「モーターサイクル・ダイアリーズ」とても素晴らしい映画だった??そして偉大なる愛の革命家へ?? それは1955年7月のこと、メキシコでアルゼンチン人医師エルネスト・ゲバラ(ベニチオ・...
37. [映画]チェ 28歳の革命  [ オレメデア ]   2009年01月17日 23:08
キューバ革命の指導者チェ・ゲバラを描いた映画「チェ 28歳の革命」を見てきまし...
38. 【映画】チェ 28才の革命  [ 新!やさぐれ日記 ]   2009年01月18日 21:24
▼動機 チェ・ゲバラを知りたかった ▼感想 つくりはややこしいがなかなか勉強になった。 ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 1964年、ニューヨークで開かれた国連総会にキューバ主席として出席したチェ・ゲバラ。彼がキューバで行った革命運動をアメリカ...
39. 映画「チェ 28歳の革命」  [ FREE TIME ]   2009年01月18日 23:13
映画「チェ 28歳の革命」を鑑賞しました♪
40. ★「チェ 28歳の革命」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2009年01月19日 01:58
今週は三連休なので、もう一日ナイトショウで見ることに。 チェ・ゲバラものは、いまいちカリスマ革命家の生涯に興味が沸かないけど、 ベニチオ・デル・トロ主演という事で、一応見ておこうと。
41. 情熱と覚悟を持って国を考える人。『チェ 28歳の革命』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2009年01月19日 12:54
伝説のカリスマ的革命家チェ・ゲバラがキューバ革命へと突き進む過程が描かれた作品。二部作の前編です。
42. チェ 28歳の革命  [ 花ごよみ ]   2009年01月19日 15:37
カリスマ的な革命家、 チェ・ゲバラの生き方。 2部作の1作目。 監督はスティーヴン・ソダーバーグ。 主演はベニチオ・デル・トロ。 フィデル・カストロには、 デミアン・ビチルが演じています。 昔から思っていましたが、 ベニチオ・デル・トロが、 古谷一行によく似て...
43. チェ 28歳の革命 ▲9  [ レザボアCATs ]   2009年01月21日 23:31
・チェ 28歳の革命@映画生活
44. チェ 28歳の革命  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2009年01月23日 20:09
4 かつて、本気で世界を変えようとした男がいた__。20世紀最大のカリスマ「チェ・ゲバラ」の一生を描いた世紀の2部作! ジョン・レノンは「あの頃、世界で一番かっこいい男だった」と語り、哲学者ジャン・ポール・サルトルは「20世紀で最も完璧な男」と評した。 ジ...
45. 「チェ 28歳の革命」(アメリカ/フランス/スペイン 2008年)  [ 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 ]   2009年01月23日 22:20
生のチェ・ゲバラ。 勝利のチェ・ゲバラ。 本気で世界を変えようとした男。
46. チェ 28歳の革命  [ Movies 1-800 ]   2009年01月24日 00:49
Che: Part One (2008年) 監督:スティーブン・ソダーバーグ 出演:ベニチオ・デル・トロ、ロドリゴ・サン・トロ、デミアン・ビチル、カタリーナ・サンディノ・モレノ 中南米の革命運動に参加したアルゼンチン人、エルネスト・チェ・ゲバラの後半生を描く2部作の前編。 1964...
47. チェ 28歳の革命(映画館)  [ ひるめし。 ]   2009年01月24日 14:00
かつて、本気で世界を 変えようとした男がいた―。
48. 「チェ・28歳の革命」  [ ひきばっちの映画でどうだ!! ]   2009年01月26日 12:03
ユナイテッドシネマ豊島園にて                                                                                 人の魅力というのは、時としてその国籍、主義主張を超えて感じること...
49. 「チェ 28歳の革命」 やってしまった・・・  [ ノルウェー暮らし・イン・ジャパン ]   2009年01月27日 10:35
相当に期待していた。観客も多かったし。 なのに・・・・・ よく分からなかった。 半分寝てしまったから? どんなに寝不足でも、映画館でほとんど寝ていたのは、これが人生2本目。 『カッコイイ』彼の生き様は、ちゃんと観ていたら、私にも分かったのだろうか???
50. 『チェ 28歳の革命』面白かった・・・  [ 自由の森学園図書館の本棚 ]   2009年02月02日 21:25
今日、『チェ 28歳の革命』を見てきました。 ちょっと予習が必要かなぁ、と思うほど、はなしがくるくる進むけど、とても面白かったです。 とにかく、主人公チェ・ゲバラが、かっこ良いです。 映画を見ている限りでは、孤高といえばいいのか、孤独といえばいいのか分...
51. 『チェ 28歳の革命』  [ cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー ]   2009年02月13日 22:31
公開から1カ月近く経ってからやっと観てきました、『チェ 28歳の革命』。 新宿バルト9に日曜に観にいったんだけれど、朝8:50からの回なのに客入りは普通に入ってて、日曜の動員をなめてましたw。 ******************** 『トラフィック』のスティーヴン・ソダーバー...
52. チェ★28歳の革命レビューその1  [ 銅版画制作の日々 ]   2009年02月18日 23:44
 原題:CHE PARTIE 1 またもや、鑑賞中爆睡となってしまった「チェ★28歳の革命」・・・・・・(-_-;)何とほとんど寝てしまいました(汗) 結局リベンジしてまた鑑賞することになりました。非常に重たい作品でした。だから、もうこの映画に関しては歴史のお勉強だと思...
「チェ 28歳の革命」「チェ 39歳 別れの手紙」…、どちらの映画も、私は予告を見て、既に見に行く気満々になっていますが、このキューバ革命...
54. 映画 チェ/28歳の革命(2008) チェ・ゲバラの熱き想いが伝わるかな?  [ ザ・競馬予想(儲かるかも?) ]   2009年09月29日 19:40
にほんブログ村 映画ブログ   {/arrow_t/}   {/arrow_t/}  人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします{/dogeza/}  あのジョン・レノン曰く、世界で最も格好良い男と呼ばれ、医者にして、旅人であり、そして革命家であるチェ・ゲバラの若き日に...
55. 感動からエナジーを得よう 「チェ 28歳の革命」  [ ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋 ]   2009年10月13日 11:34
「チェ 28歳の革命」 味付無しのチェ。   【原題】CHE: PART ONE/THE ARGENTINE 【公開年】2008年  【制作国】米・西・仏  【時間】13??.
56. チェ28歳の革命(Chepart1:TheArgentine 2008 米)  [ ドリーミングピーチ ]   2010年03月09日 11:59
「バカらしいと思うかもしれないが、真の革命家は偉大なる愛によって導かれる。人間への愛、正義への愛、真実への愛。愛の無い真の革命家を想像することは不可能だ。」チェ・ゲバラ28歳なんだ〜28歳で〜こんなことやり遂げたんだ〜すごいな〜ドクトルジバゴとジャック・バ...
57. チェ 28歳の革命  [ 映画と旅行、にゃんぱらりんな日々 ]   2010年04月12日 21:07
チェ・ゲバラを尊敬する一人として今頃見たのが恥ずかしい・・・・しかも39歳別れの手紙はまだだ。 この物語ではある程度の予習がないといきなり...
58. チェ 28歳の革命  [ 映画と旅行、にゃんぱらりんな日々 ]   2010年04月24日 22:55
チェ・ゲバラを尊敬する一人として今頃見たのが恥ずかしい・・・・しかも別れの手紙はまだ見ていない。 この物語ではある程度の予習がないといき...
59. チェ 28歳の革命  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2010年06月11日 23:16
 『かつて、本気で世界を 変えようとした男がいた─。』  コチラの「チェ 28歳の革命」は、20世紀最大のカリスマ、チェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)の一生を描いた2部作の前編となるバイオグラフィー映画です。本作は、邦題に28歳と入っておりますが、27歳ぐらいか....

この記事へのコメント

1. Posted by ミチ   2009年01月10日 16:47
にゃむばななさんのレビューの冒頭は私のと全く一緒です(笑)
「モーターサイクル〜」を見ていない人にはちょっと分かりづらく入って行きにくい映画かもしれませんね。
何十年経っても時代のアイコンとして残っていく人はカリスマがあるな〜と思いました。
2. Posted by AKIRA   2009年01月10日 17:27
ヒーローものにせずとも,
彼の崇高な思いは伝わる
なかなか紳士的な映画でしたね!

気に入りました。

後編が早く観たい!
でも,次は悲しそうで。。
3. Posted by BROOK   2009年01月10日 17:55
こんばんは。

チェ・ゲバラはまさに”実行の人”だったんですね。
喘息の発作に陥りながらも、自らが先導して革命へと導く・・・
そんな彼の生き様が良く描かれていたと思います。
国連のスピーチが迫るもとがありましたね。

処刑まで描かれる?後編が楽しみです。
4. Posted by えい   2009年01月10日 20:29
こんばんは。

『チェ 39歳の別れ』は、
この映画とまったく受ける印象が違います。
イーストウッドの「硫黄島」2部作と同じく、
これは2本とも観ることで、
チェ・ゲバラの全体像が分かる映画になっていると思います。

ぜひ。
5. Posted by たいむ   2009年01月10日 21:35
こんにちは。
歴史そのものに難しさは感じないけれど、チェについては『モーターサイクル・ダイアリーズ』を見ておくべきでしたね。失敗です。
「39歳・・」までには勉強したいと思います。
6. Posted by にゃむばなな   2009年01月10日 21:37
ミチさんへ

『モーターサイクル・ダイアリーズ』を未見だとかなり難しいというか、ヒマに感じる映画でしたね。
私が見た上映回でも「ようわからん」といった感じの方がたくさんいらっしゃいましたよ。
7. Posted by にゃむばなな   2009年01月10日 21:41
AKIRAさんへ

そうそう、紳士的な映画でしたよね。
チェ・ゲバラを英雄視する訳でもなく、また必要以上に人間臭く描くのではなく、まさに彼そのものを描いていたという感じでしたよ。
8. Posted by にゃむばなな   2009年01月10日 21:42
BROOKさんへ

まさに「実行の人」でしたね、彼は。
こういう人物が今の世の中にも欲しいと思える一方で、彼が他界して何十年と経つのに彼の理想がまだまだ遠い未来というのも悲しいものですよ。
9. Posted by にゃむばなな   2009年01月10日 21:43
えいさんへ

おぉ〜続編は全く印象が違うんですね。
そう言われると余計に早く見たくなりましたよ。
あぁ〜1月31日が待ち遠しいです!
10. Posted by rose_chocolat   2009年01月10日 21:44
確かに予備知識はあるに越したことはないと思います。
そのほうが、よりよくこの映画を理解できますしね。

ラスト、すっきりとしていて、ゲバラの清廉さが表れていましたね。
11. Posted by にゃむばなな   2009年01月10日 21:45
たいむさんへ

私もこの映画を見ながら、先に『モーターサイクル・ダイアリーズ』を見ておいてよかったと思いましたよ。
一本の映画としてはチェ・ゲバラの内面を描ききれているとは思えませんが、それでも私には素晴らしい映画に思えました。
12. Posted by にゃむばなな   2009年01月10日 21:49
rose_chocolatさんへ

チェ・ゲバラという人物に関しては日本ではファッション感覚でしか知られていない偉人ですからね。
予習は必要だと思いましたよ。

そしてあのラスト。仰るとおり、清廉さを感じるものでしたね。
13. Posted by kossy   2009年01月10日 23:05
カストロはゼネストで、ゲバラは武力革命などと言ってたことも自分を卑下してるのか?と思ってしまうほど出来るだけ人を殺さない方針。
考えれば考えるほど奥が深くなってしまいます。
革命という言葉の意味も続編を待たねば答えがみつからないのかな〜
14. Posted by YUKKO   2009年01月10日 23:32
にゃむばななさん、今年もよろしく!この映画試写会で見るつもりが、インフルエンザA型で断念。正月そうそう、さんざんでした。
崇高な映画でしたね。あまりの気高さに心を打たれました。自分が情けなくなりました。次回作が楽しみです。
15. Posted by mig   2009年01月11日 00:31
にゃむばななさん、こんばんは。

わたしはどちらかというと後編の方が好きでした〜、
「レッドクリフ」とは違ってそんなに待たされずに公開になるのでその点は安心ですね★

チェを演じたデルトロの心意気が凄かったです。
16. Posted by にゃむばなな   2009年01月11日 15:12
kossyさんへ

考えれば考えるほど奥が深い映画でしたよね。
革命の本当の意味は続編待ちでしょうね。
17. Posted by にゃむばなな   2009年01月11日 15:15
YUKKOさんへ

こちらこそ今年もよろしくお願いします。
これからもっと寒くなるので、お体には気をつけてくださいね。

この映画を見るとチェ・ゲバラの素晴らしさがわかりますよね。
本当に崇高な映画でした。
18. Posted by にゃむばなな   2009年01月11日 15:18
migさんへ

そう聞くとますます続編が楽しみになってきますよ。
あぁ〜早く見たいです!
19. Posted by ひろちゃん   2009年01月11日 16:56
にゃむばななさん、こんばんは^^
先日は、変なHN、イタズラみたいで
すみませんでした(T.T)

やっぱり、モーターサイクル〜は必見
でしたか(^^ゞ以前からお友達に
薦められいましたし、観る気もあったのに未見のままでした(T^T)

ですが、この作品を観て、ゲバラがいかに魅力的で素晴らしい人であったかはよくわかりました。

ラストシーン、真っ赤な車のエピソード
好きなシーンです。映像とともに
ゲバラの言葉が心に残りますよね^^
20. Posted by にゃむばなな   2009年01月11日 17:00
ひろちゃんさんへ

訂正部分は直しておきましたので、ご心配なく。
間違いは誰にでもあるものですからね。

チェ・ゲバラという人物の素晴らしさ。
この映画でも十分かも知れませんが、やはり『モーターサイクル・ダイアリーズ』を見てからの方がより理解できるものだったと思います。

是非続編公開までにご覧になってみてください。
21. Posted by 悠雅   2009年01月11日 18:28
こんばんは。
『モーターサイクル〜』は未見、
チェ・ゲバラも名前と顔(の絵)しか知らなかったのですけど(恥)
冒頭部分も「なんらかの理由でともかく出会ったんだろう」と
とっても感嘆に勝手に納得して観始めたシンプルなわたし。
それでも、チェという人の人間性が伝わってきて
早速、「39歳」が観たいと思っています。

いくつかの場面で、チェのいつも変わらない人柄や信念を感じましたが、

>部下に盗難車を返すように説教するシーン
ここに全てが集約されているようで、
余計に続きが待ち遠しくなりました。
22. Posted by michi   2009年01月11日 20:36
こんばんは。
チェ・ゲバラは、Tシャツとカストロの右腕というくらいしか知らなかったので
本作では色々と勉強になりました。
まさに崇高な人物ですね。
信念や言動に感動しました。
もう一度観に行きたいです。

それと、もし差し支えなければ
にゃむばななサンのブログをブックマークに登録させていただきたいのですが、
いかがでしょうか。
ご検討いただければ幸いです。
宜しくお願いいたします。
23. Posted by にゃむばなな   2009年01月12日 00:46
悠雅さんへ

ラストシーンはチェ・ゲバラの人となりを端的に表現するにふさわしいシーンでしたね。
カストロと別れる続編が楽しみでなりませんよ。
24. Posted by にゃむばなな   2009年01月12日 00:48
michiさんへ

こんなにも崇高な人がかつてこの世にいたことが本当に驚きでした。
そしてそんな彼が若くして絶命しなければならなかった続編が楽しみです。

それから相互リンクの件ですが、こちらこそよろしくお願いします。
25. Posted by ゆかりん   2009年01月13日 21:58
こんばんは♪
チェ・ゲバラという人物を知るにはとても勉強になりました。
後編も楽しみですね。
26. Posted by にゃむばなな   2009年01月13日 22:03
ゆかりんさんへ

私もチェ・ゲバラについては詳しくなかったのですが、この映画を見れたことは本当にいい勉強になりましたよ。
27. Posted by とらねこ   2009年01月21日 23:39
こんばんは、にゃむばななさん
有言実行の人で、革命について極めてシンプルな、「こうあって欲しい理想の姿」を体現してますよね。
何より、どんな仕事でも、出来ることを何でもやるところがいいですよね。
28. Posted by にゃむばなな   2009年01月22日 12:46
とらねこさんへ

革命という言葉を聞くと難しそうな感じがしますが、チェ・ゲバラが目指していたものは凄くシンプル。
それを実現するためには自分が何をすべきなのか。それをどこまでも分かっている人だったんですね。
改めて尊敬してしまいましたよ。
29. Posted by ノルウェーまだ〜む   2009年01月27日 10:49
こんにちは☆
なるほど、レビューを読ませていただいて、反省しました。
実はゲバラという人物を全く知らなかったうつけ者の私は、よく理解できなかったことも手伝って半分寝てしまいました。
ので、何も言えないのですが、武力でした解決の道はなかったのかな?と思っていたので、演説とインタビューでも戦っていたとは…
勉強になりました。
30. Posted by にゃむばなな   2009年01月27日 15:52
ノルウェーまだ〜むさんへ

歴史上の人物を見ても、武力でも知力でも戦っている人物って本当に少ないと思います。
しかも革命が成功しても権力にこだわらずにいたことも。
こういう人物がいたことを知ることも凄く大事なんだと思いましたよ。
31. Posted by ディープインパクト   2009年09月29日 19:52
 僕の会社には南米からの人も多いので、彼らも非常にチェ・ゲバラの事が好きみたいです。
 正直僕には物足りなさが残りましたが、流石はにゃむばななさんですね。
 読まさせていただきましたが素晴らしいブログの記事ですね。
 実は僕も南米の人たちに、僕の名前を(チェ本名)で呼んでもらっていました。
 しかし、僕は残念ながらチェ・ゲバラのようなリーダー・シップ、信念が無かったようですっかり、南米の人たちとは友達感覚で仕事をするようになってしまいました。
32. Posted by にゃむばなな   2009年09月29日 20:27
ディープインパクトさんへ

いえいえ、リーダーシップ以前に周囲の南米の方々からそう呼んでいただけているのはそれだけチェ・ゲバラと同様に、ディープインパクトさんにも人望があるという証拠ですよ。

恐らくチェ・ゲバラという英雄はナポレオンを始めとする雲の上の英雄ではなく、一般市民と共に肩を寄せ合って生きてくれた等身大の英雄なんでしょうね。
それが今もなお人気が高い理由ではないでしょうか。
33. Posted by 晴雨堂ミカエル   2009年10月13日 11:29
こんにちは、映画ブログの晴雨堂です。
 
 この前編ではわかりませんでしたが、後編の「38歳 別れの手紙」で確信しましたね。ソダーバーグ監督が贈るゲバラへの墓標です。
34. Posted by にゃむばなな   2009年10月13日 18:53
晴雨堂ミカエルさんへ

そうですね。
間違いなくソダバーグ監督からの偉大なる英雄への墓標でしょうね。

これだけの力作。多分並々ならぬ想いがあるんでしょうね。
35. Posted by にいな   2010年04月12日 21:11
死して何十年とたった今でも世界中の人から愛されているゲバラ。革命家としての思いはとてもシンプル。虐げられている人々をただ救うこと。それだけなんですよね。己の利益も追求しない。まさに愛に満ちた革命家だと思います。生きていて欲しかった。

別れの手紙は週末に見る予定ですが、今から泣きそうで見るのに覚悟がいります。
36. Posted by にゃむばなな   2010年04月13日 17:36
にいなさんへ

そうなんですよね。想いが純粋であり、そして崇高でもあるからこそ、今もなお多くの人に愛されているんでしょうね。
彼こそまさに革命家を超えた政治家でもあると思いましたよ。
37. Posted by miyu   2010年06月11日 23:16
すみません、勉強せずに観てしまいました(;・∀・)
とりあえず「モーターサイクル・ダイアリーズ」は
観ようと思っております。
他にもたくさんの映画があるんですよね?
38. Posted by にゃむばなな   2010年06月12日 14:42
miyuさんへ

チェ・ゲバラに関する映画はたくさんありますが、この『チェ』2部作を楽しむには『モーターサイクル・ダイアリーズ』を見るだけでも十分だと思いますよ。
要は彼の業績ではなく、彼の想いを知ることが大切な訳ですから。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載