2009年01月25日

『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』

レボリューショナリー・ロード本当の幸せって何なんでしょう?誰もが不満のない生活を望んでいるのに、幸せな生活を送るためには不満も必要かも知れない。結婚経験のない私にはまだまだ実感のないことの多い映画でしたが、見終わった後、年々なくなっていく私の結婚願望がさらになくなってしまいそうになったのだけは事実でした。

若き日の2人の出会いから物語が始まるのかと思えば、いきなり夫婦喧嘩から始まるこの映画。またその夫婦喧嘩も罵声の応酬の繰り返し。もちろん愛し合って夫婦になった2人なので「相手のことが心配」「今は相手に心配を掛けたくないから一人にしてほしい」という互いの意見がすれ違ってしまい、喧嘩はヒートアップするばかり。
喧嘩の原因は互いに相手を思うがあまり、自分の夢を犠牲にしたことへの未練なのか、それとも自分のために相手の夢を犠牲にしてしまった罪悪感なのか。人一人の人生を背負って生きていくという結婚生活の重みを改めて感じましたよ。いや〜結婚されている方は本当に凄いです。

不満のない理想的な生活を送りたいと望みながらも、妻の妊娠や夫の出世という明るい話が2人の計画を狂わせてしまうという皮肉。若い頃には全く分からなかったことなのですが、それなりの年齢になり私も友人夫婦などいろんな「2人」を見ていると、多少不満がある方が実は幸せなのではないか?と思うんですよね。
子供が増えれば生活費も増える。仕事が忙しくなれば家族の時間が減る。不満は確実に増えるのに、でも逆にそれが幸せを生む要素だったりする。理想ばかりを追っている「おままごと」では絶対に経験することのできない実生活の重みなんでしょうね。

『アメリカン・ビューティ』と同じく、アメリカの中流階級を描いているこの映画。1950年代という大量生産・大量消費の時代。周りと同じ、でも周りと違うものがほしいという矛盾した悩みに苦しむところは日本でもアメリカでも同じなんですね。
「レボリューショナリー・ロード」という聞こえのいい通りにある、周りよりちょっと小高いところに建った家。周囲からは理想の夫婦と言われ、パリへ引っ越すと宣言しても誰も愛想笑いをするだけ。
ラストで隣家のキャンベル夫人や住宅仲介をしてくれたギヴィングス夫人が陰口にも似た無責任なことを言うシーンも、実家にいればよく母親が似たようなことをしてますよ。あれを生返事もせずに聞いている父親は本当に凄いです。ギヴィングス氏の怪訝そうな表情で終わるところも、父親が口に出さない気苦労を凄く感じました。

あとやっぱりサム・メンデス監督作品はメタファーが多くて面白いですね。何度も登場する喫煙シーンも愛煙者からすれば、「このタバコ1本吸い終わるまでに自分の気持ちが変わっていますように」と願ってしまうシーンばかりで使われていますし、何よりも堕胎した直後のエイプリルが流血しながら外を眺めるシーンは圧巻でした。
希望というイメージの強い朝の光が天使に召される時に見える「天使の階段」にさえ見えてしまう恐ろしさ。見事としか言い様のない美しさでした。

ちなみにフランクとエイプリルはパリに引っ越すなら船でと言ってましたが、その場合はやっぱり「タイタニック号」に乗船する予定だったのでしょうか?

深夜らじお@の映画館の結婚願望は風前の灯火になりそうです。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで  [ そーれりぽーと ]   2009年01月25日 14:28
「『タイタニック』主演の二人が…」という印象の強い映画なので、仮面夫婦的な予告編にもきっとラブストーリーな要素が強いんだろうと想像しながら『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』を観てきました。 ★★★★ なんつーアンチラブストーリー。 カップルや夫...
2. レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで  [ ともやの映画大好きっ! ]   2009年01月25日 14:50
(原題:REVOLUTIONARY ROAD) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★☆☆☆) 1961年に発表されたリチャード・イエーツの処女小説「家族の終わりに」を映像化。 「タイタニック」のレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが、11年ぶりに競演するヒューマンドラ...
3. 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』  [ Sweet*Days** ]   2009年01月25日 16:25
監督:サム・メンデス  CAST:ケイト・ウィンスレット、レオナルド・ディカプリオ、キャシー・ベイツ 他 ゴールデングローブ賞 主??..
-----今日はちょっと 紹介するの恥ずかしいニャあ。 なぜってフォーンの顔が あのディカプリオやケイト・ウィンスレットと並んでいるんだもの。 えっ、ニャンの話かって? 火曜日恒例の カタログハウス「シネマのすき間」。 今日の映画は『レボリューショナリー・ロード/燃え...
5. レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで  [ 今宵、サムソン・マスマスラーオの映画座で ]   2009年01月25日 16:51
  = 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』  (2008) = 1950年代、半ば。 富裕層が集まるコネチカット州の郊外で、フランク(レオナルド・ディカプリオ)とエイプリル(ケイト・ウィンスレット)の夫婦は、二人の子どもにも恵まれ、幸せに暮らして...
6. 「レボリューショナリー・ロード??燃え尽きるまで」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2009年01月25日 18:44
”おままごと”から脱出するはずだった。。。傍から見れば順風満帆、美男美女の似合いの夫婦に2人の可愛い子供たち。閑静な郊外の住宅地に庭付き一戸建て持ち、理想的な家庭を営んでいるウィラー家。でもそれは、夫
7. レボリューショナリー・ロード 〜燃え尽きるまで/ REVOLUTIONARY ROAD  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2009年01月25日 20:15
『タイタニック』以来の、ケイト・ウィンスレットとレオナルド・ディカプリオの共演ということ、 各映画賞でもケイトの演技力に注目が集まってるこの作品{/m_0151/} 札幌駅にあるシネコンで観て来ました〜 初日の夜なのにガラガラ〜{/down/}{/face_sup/} 皆 007の方に流...
8. 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』・・・ ※ネタバレ有  [ 〜青いそよ風が吹く街角〜 ]   2009年01月25日 21:40
2008年:アメリカ+イギリス合作映画、ケイト・ウィンスレットの夫:サム・メンデス監督、レオナルド・ディカプリオ&ケイト・ウィンスレット『タイタニック』以来11年ぶりの共演作。
9. 『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』を観たぞ〜!  [ おきらく楽天 映画生活 ]   2009年01月25日 22:54
『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』を観ました1950年代半ばのアメリカの郊外の街で、夢と希望に人生を懸けようとする若い夫婦の葛藤と運命を描く感動作です>>『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』関連原題: REVOLUTIONARYROADジャンル: ...
10. 「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2009年01月25日 22:55
3 今日2本目はサム・メンデス監督の作品です。ゴールデン・グローブ賞では監督、作品、主演男優、主演女優とノミネートされましたが、アカデミー賞では、助演男優、美術、衣装デザインのみのノミネートとなりました。 あらすじ 1950年代半ばのアメリカ、コネチカット州。フラ...
11. レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで  [ 心のままに映画の風景 ]   2009年01月25日 23:19
1950年代のコネチカット州。 “レボリューショナリー・ロード”と名づけられた新興住宅街に暮らすフランク(レオナルド・ディカプリオ)とエ...
12. レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2009年01月26日 01:57
つい先日のゴールデングローブ賞では主演女優賞を受賞したケイト・ウィンスレットとレオナルド・ディカプリオが『タイタニック』以来11年ぶりに共演。しかも監督のサム・メンデスはケイト・ウィンスレットの旦那様。アカデミー賞では3部門でノミネートするなど、とにかく...
13. Revolutionary Road (2008)  [ アヤは観た。 ]   2009年01月26日 10:12
4 邦題:レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで 監督:サム・メンデス 出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、マイケル・シャノン、キャスリン・ハーン、デヴィッド・ハーバー、キャシー・ベイツ、ライアン・シンプキンス、タイ・シンプキンス、...
14. レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで Revolutionary Road  [ 映画!That' s Entertainment ]   2009年01月26日 15:10
●「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで Revolutionary Road」 2008 アメリカ Dream Works SKG,BBC Films,119min. 監督:サム・メンデス  原作:リチャード・イェーツ「家族の終わりに」 出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、キャシ...
15. 映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』  [ きららのきらきら生活 ]   2009年01月26日 21:21
☆公式サイト☆1950年代半ばのアメリカの郊外の街で、夢と希望に人生を懸けようとする若い夫婦の葛藤(かっとう)と運命を描く感動作。作家リチャード・イェーツの小説を原作に、『アメリカン・ビューティー』のアカデミー賞受賞監督サム・メンデスが映像化。1950年代...
16. 【レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで】★レオナルド・...  [ 猫とHidamariで ]   2009年01月27日 00:31
それは−誰もが逃げられない≪運命の愛≫あなたの最愛のひとは  あなたを愛していますか―。 レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまでHPレボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで英題:REVOLUTIONARYROAD製作年:2008年製作国:アメリカ/イギリス日本公開:...
17. [映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 ]   2009年01月27日 06:23
☆・・・いや、映画としては非常に面白い。  傑作と言えよう。  しかし、『タイタニック』コンビ(レオナルド・ディカプリオ ケイト・ウィンスレット)による、「その後の『タイタニック』」を期待し、デートで出かけた日にゃあ、暗雲垂れ込める二人の未来となるやも知れ...
18. レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2009年01月27日 11:15
『タイタニック』コンビ、11年ぶりの復活だぁ〜ってワクワクしている場合ではなさそうな作品だけど、公開日に観て来ました〜 (お客さんが6〜7人しかいなかった!寂しい・・・)  【story】1950年代半ば、アメリカ。富裕層が集まるコネチカット州の郊外で、フランク・ウィ...
19. 【レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで】  [ 日々のつぶやき ]   2009年01月27日 16:16
監督:サム・メンデス 出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、キャシー・ベイツ あなたの最愛の人は あなたを愛していますか ―。 「田舎のレボリューショナリー・ロードに住む夫婦フランクとエイプリルと二人の娘。誰もが認める理想的な
20. 映画 【レボリューショナリー・ロード / 燃え尽きるまで】  [ ミチの雑記帳 ]   2009年01月27日 17:01
映画館にて「レボリューショナリー・ロード / 燃え尽きるまで」 リチャード・イェーツの小説を『アメリカン・ビューティー』のサム・メンデス監督が映像化。『タイタニック』主演の二人が11年ぶりに共演を果たす。 おはなし:1950年代半ばの富裕層が集まるコネチカット州...
21. 映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」の感想です。  [ MOVIE レビュー ]   2009年01月27日 17:14
1月24日(土)公開の映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」の主演ケイト・ウィンスレットが第66回 ゴールデン・グローブ賞で、最優秀主演女優賞に輝きました。ケイト・ウィンスレットは、『愛を読むひと』でも最優秀助演女優賞を受賞!主演&助演の最優秀...
22. レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2009年01月27日 22:48
公式サイト。サム・メンデス監督、レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、マイケル・シャノン、キャスリン・ハーン、デヴィッド・ハーバー、キャシー・ベイツ。「タイタニック」はヨーロッパからアメリカへ、そして今度はアメリカからヨーロッパへ、逆タイタニ....
   ★★★★★  Leonardo DiCaprio とKate Winslet が 「Titanic」(1997年)以来11年ぶりに共演、 夫婦のすれ違いを描いたドラマ。 原作はRichard Yatesの処女小説『家族の終わりに』 原題は「Revolutionary Road 」。       ◇  1955年、 結婚7年目...
24. レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで  [ 悠雅的生活 ]   2009年01月28日 00:46
すれ違う心。愛しているはずなのに…   
25. レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで  [ 利用価値のない日々の雑学 ]   2009年01月28日 10:56
ディカプリオとウインスレットの共演だからやはり映画史に残るあの作品「タイタニック」を思い出してしまうのは仕方が無いことだと思う。当のディカプリオですらその類の発言を何度もしているのだから。しかし、あの作品の呪詛を取り除くが如くのウインスレットのゴールデ...
26. レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで  [ カノンな日々 ]   2009年01月28日 22:24
『タイタニック』のレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが11年ぶりに共演!という宣伝文句はワタシ的には何故かマイナス効果でイマイチ気が乗らなかったんです。ケイトは相変わらずでかいし。ところが監督が『アメリカン・ビューティー』のサム・メンデスだと....
27. レボリューショナリー・ロード  [ Akira's VOICE ]   2009年01月29日 16:54
趣味を持とう。  
28. レボリューショナリーロード/燃え尽きるまで◆郊外型夫婦の破滅の物語  [ 好きな映画だけ見ていたい ]   2009年01月29日 17:16
   画像:「レボリューショナリー・ロード」 (ヴィレッジブックス刊)   「レボリューショナリーロード/燃え尽きるまで」 (2008年・アメリカ/イギリス)    REVOLUTIONARY ROAD 「タイタニック」の主演コンビによるラブロマンスかと思いきや、これがみごとに予想...
29. 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2009年01月30日 16:18
□作品オフィシャルサイト 「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」□監督 サム・メンデス □原作 リチャード・イェーツ(「家族の終わりに」) □脚本 ジャスティン・ヘイス □キャスト レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、マイケル・シャノ...
原題:REVOLUTIONARYROAD監督:サム・メンデス原作:リチャード・イェーツ出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、キャシー・ベイツ、キャスリーン・ハーン、マイケル・シャノン公式サイトはこちら。<Story>1950年代のアメリカ、コネチカット州...
31. 婚活女性にオススメ!『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2009年01月31日 12:26
夢や希望に人生を懸けようとする若い夫婦の理想と現実を描いた作品です。
32. 「レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで」  [ ☆ EL JARDIN SECRETO ☆ ]   2009年01月31日 14:11
えぐり合うふたり。考えさせられる映画はいい。しかも描かれているのが夫婦のあり方である。おもしろくないわけがない。主役のエイプリルとフランク以外にも夫婦が出てくるが、つくづく痛感するのが幸せとは主観であるということ。ぎくしゃくし始めた夫婦関係に対し、エイ...
33. レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで-★★★★-  [ not simple. ]   2009年01月31日 20:30
  英題: REVOLUTIONARY ROAD 製作年: 2008年 製作国: アメリカ/イギリス 日本公開: 2009年1月24日 (丸の内ピカデリー1 ほか) 上映時間: 1時間59分 配給: パラマウント ピクチャーズ ジャパン 公式サイト スタッフ 監督・製作: サム・メンデス 原作: リ...
34. レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2009年02月01日 20:35
 『それは──誰もが逃れられない<運命の愛> あなたの最愛のひとは あなたを愛していますか──。』  コチラの「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」は、不沈の大ヒット作「タイタニック」のレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの再共演が...
35. レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで  [ 小部屋日記 ]   2009年02月01日 21:44
Revolutionary Road(2008/アメリカ=イギリス)【劇場公開】 監督・製作: サム・メンデス 出演:レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット/マイケル・シャノン/キャスリン・ハーン/デヴィッド・ハーバー/キャシー・ベイツ あなたの最愛のひとは あなたを愛...
36. レボリューショナリー・ロード◎燃え尽きるまで  [ 銅版画制作の日々 ]   2009年02月05日 10:03
    Happyで美しい恋愛ドラマかと思っていたら・・・・。 1月30日、MOVX京都にて鑑賞。 「エレジー」とはまったく反対のドラマでした。あの「タイタニック」の美男・美女カップルが11年目に再度タッグを組んだ作品です。ケイト・ウィンスレットはこの作品で...
37. 「レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで」で?何が燃えたのさ??  [ シネマ親父の“日々是妄言” ]   2009年02月05日 21:10
[レボリューショナリーロード/燃え尽きるまで] ブログ村キーワード   レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット共演。「タイタニック」再び?!「レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。久々に“ワイル...
38. 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで 』  [ 音次郎の夏炉冬扇 ]   2009年02月05日 22:35
レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの共演と聞けば、誰しも97年の超大ヒット作を思い浮かべるでしょうが、小生その映画を観に行かなくて変人扱いされましたっけ。周囲には劇場で複数回観た人(4回観たツワモノもいた)も珍しくなかったのになんでだろう。...
39. ★「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2009年02月09日 02:55
今週の平日休みは話題作2本を「TOHOシネマズ・ららぽーと横浜」で。 その2本目。
40. 「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」  [ クマの巣 ]   2009年02月09日 15:58
「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」、機内上映で観ました。 1950年代の平凡な夫婦が平凡な生活を営む中、次第に人生のボタ??.
41. レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで ▲22  [ レザボアCATs ]   2009年02月11日 01:08
思ったよりずっと良かった。 結婚したことのある全ての人にオススメ。
42. レボリューショナリー・ロード / 燃え尽きるまで  [ 週末映画! ]   2009年02月11日 22:42
期待値: 74% 『タイタニック』以来のレオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレットの共演映画。
43. レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで  [ Memoirs_of_dai ]   2009年02月20日 00:43
結婚は人生の墓場 【Story】 1950年代半ばの富裕層が集まるコネチカット州の郊外で、フランク(レオナルド・ディカプリオ)とエイプリル(ケ...
44. レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで  [ 晴れたらいいね〜 ]   2009年02月20日 23:18
公開最終日に観てきました。う〜ん、やはり重苦しいものが残りましたね。少し、わかる部分も多いですし。これって、若いカップルが観る映画じゃないと思いますね。隣がそうでしたけど…(*´ー`) フッレボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで原題:Revolutionary Road....
45. ベンジャミン・バトン 数奇な人生  [ 週末映画! ]   2009年02月24日 22:32
期待値: 96% デヴィット・フィンチャー監督,ブラッド・ピット主演のファンタジーロードムービー 出
46. 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』  [ cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー ]   2009年03月11日 00:21
レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの『タイタニック』以来11年ぶりの共演で話題になった『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』を観ました。 『タイタニック』から10年以上のもう時間が流れてるんだねーと思うと、心にくるものがありますねー。...
47. レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで  [ あず沙の映画レビュー・ノート ]   2009年06月12日 10:37
2008 アメリカ 洋画 ドラマ ラブロマンス 作品のイメージ:笑える、切ない 出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、キャシー・ベイツ、マイケル・シャノン 「アメリカン・ビューティー」のサム・メンデス監督作品で、サムの妻であるケイト・ウ...
48. レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで  [ Addict allcinema 映画レビュー ]   2009年07月12日 22:01
あなたの最愛のひとはあなたを愛していますか──。
49. 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 2009-No3  [ 映画館で観ましょ♪ ]   2009年09月21日 08:10
11年の時を経てもジャックとローズは幸せになれない。 この作品ではフランクとエイプリル・・・ウィーラー夫妻。 男にとっても、女...
50. 『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』'08・米・英  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2010年02月27日 22:44
あらすじ高度成長期を迎えた50年代アメリカ郊外の新興住宅地“レボリューショナリー・ロード"にある美しい住宅に住む結婚7年目のフランクとエイプリル。理想の夫婦に見えるふたりだが、夫は退屈な仕事に疲れ果て妻はそんな夫への愛を、見失いつつあった・・・。感想『...
51. レボリューショナリーロード  [ 映画大好き BLOG ]   2010年06月10日 00:25
ジャンル : ドラマ 製作年 : 2008年製作国 : アメリカ=イギリス配給 : パラマウント ピクチャーズ ジャパン 監督 : サム・メンデス原作 : リチャード・イェーツ出演 : レオナルド・ディカプリオ       &nbsp...
52. 映画『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』を観て  [ kintyre's Diary〜Goo Version ]   2011年04月14日 22:13
9-10.レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで■原題:Revolutionary Road■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:119分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:2月1日、新宿ジョイシネマ(歌舞伎町)レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで 日本版予告編

この記事へのコメント

1. Posted by ともや   2009年01月25日 14:54
こんにちは、にゃむばななさん♪
ノリで結婚しちゃいかんって事ですよね。
お互いをよく知り合って結婚しないと、ちょっとしたことでぶつかり合っちゃうんでしょうね。
でもともやは結婚する時に、補聴器を買っておくようにするから大丈夫ですわん(笑)。
2. Posted by にゃむばなな   2009年01月25日 14:57
ともやさんへ

ほんと、ノリで結婚しちゃいかんですよね。
できちゃった結婚なんてことはさらに危険度が高くなりそうですよ。
私もあれこれと気をつけないと。
3. Posted by non   2009年01月25日 16:40
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございました☆

「結婚」も「出産」「育児」も、これ全て修行なのだと思います。
結婚生活にバラ色の生活を夢見るのもおかしいし、
ましてや可愛い子供の為の出産や育児は、少なくとも私にとっては地獄です。
でもやっぱり夫も子供も自分の命より大切で、
増して自分の夢なんて子供の将来に比べたらどうでも良いぐらい。
母ならそうなるものだって思いたいんだけど、
中にはエイプリルのような情熱的な女性もいて、あれだけの情熱を持つと平穏な家庭生活を送るのは難しいでしょうね・・
4. Posted by にゃむばなな   2009年01月25日 17:40
nonさんへ

やはり結婚生活をご経験されている方の言葉は重みが違いますね。
なるほど〜と感心いたしましたよ。
5. Posted by えい   2009年01月25日 17:46
こんばんは。

>「相手のことが心配」「今は相手に心配を掛けたくないから一人にしてほしい」

いやあ。ここはポイントでしたね。
結婚生活は、ほんとうに難しいです(汗)。

なんて言ってしまっていいのか(爆)。
6. Posted by にゃむばなな   2009年01月25日 17:51
えいさんへ

既に結婚した友人の話を聞いても結婚生活はほんとうに難しいそうです。
そしてこの映画を見るとそれがより感じられましたよ。
こんな感じでは私はいつまで経っても結婚できないような気が・・・。
7. Posted by たいむ   2009年01月25日 18:50
こんにちは。
この映画で結婚に幻滅するようでは結婚はしない方か良いかも?とか思ってしまいます。何が幸せかなんて、決まってませんし。

>やっぱり「タイタニック号」
この2人としては面白いけれど、ここで豪華客船と決めたなら「おままごと」は永遠な気がしますね(^^;
8. Posted by にゃむばなな   2009年01月25日 18:58
たいむさんへ

ははは〜、やっぱり今の私には結婚は程遠いものかも知れませんね。
結婚願望が薄いというよりはもともとないのかも。

夢は夢、現実は現実。だからいいんでしょうね。
9. Posted by mig   2009年01月25日 20:19
3 にゃむばななさん

他人の喧嘩は面白くみれるひともあるかもだけど
なんだかシリアスだから人ごとではないというか、、、
レオ演じる夫に同情しちゃうほど
ケイトはイヤな女だったなぁ〜
いくら結婚の理想と現実が違うと言ってもあの妻の行動は理解不能でしたよ、、、、
10. Posted by にゃむばなな   2009年01月25日 20:54
migさんへ

理想と現実のギャップに苦しむ人は多いですが、さすがにあそこまでヒステリックになるとダンナとしても辛いですよね。
私の場合はああいう時にどう対処すべきか、まずそこから考えないと結婚はできなさそうです。
11. Posted by YUKKO   2009年01月25日 22:54
見ていて、かなり辛かったですね。エイプリルの気持ちが解る場所もあって、納得できる場面もありますが。あそこまで自己実現を熱望されると、旦那はシンドイでしょうね。
ところで、皆様のコメントを見ていると、結婚に絶望している感があり、心配になりました。結婚って、一種のギャンブルです。よく知り合って結婚しても、生活してみたら、全く知らない面がでてきたり、短期間の付き合いでも上手くいくこともあるし・・・まあ、一言ではいいきれないものですね。私の周りを見回してみても、結婚しているけれど、ほぼ家庭内別居に近い人もいますし・・・。でも、悪い面の方が強調されている気がしますね。
12. Posted by にゃむばなな   2009年01月25日 23:13
YUKKOさんへ

この映画を見て、結婚のマイナス面を改めて感じさせられましたね。
「おままごと」はプラス面だけですからね。大人なら現実にあるマイナス面にもちゃんと目を向けないとダメって思いましたね。
13. Posted by 由香   2009年01月27日 11:49
こんにちは〜♪
『年々なくなっていく私の結婚願望がさらになくなってしまいそうになったのだけは事実でした』
まぁ〜大変(笑)
フランクとエイプリルみたいな夫婦は特別ですよ〜というか、変わっていただけかな(笑)
レオとケイトの久しぶりの共演で、2人の演技合戦は見応えがありましたが、他はこれと言ってあまり感じるところがありませんでした。
ああ!初日に観に行きましたが、劇場内がガラガラだったのにはショックを受けました。レオ様〜♪は遠い過去でしょうか(汗)
14. Posted by にゃむばなな   2009年01月27日 15:58
由香さんへ

私の結婚願望については、その後「CLANNAD AFTER STORY第14話」で何とか持ち直してきました。
でもその前に相手を探すところから始めないと・・・。

私が見た回では『ワールド・オブ・ライズ』の時と比べると明らかに女性ファンは増えていました。
でも『タイタニック』の頃と比べると本当に少なくなりましたね。
15. Posted by ミチ   2009年01月27日 17:06
ギヴィングス家の人々がかなり印象に残ります。
あの褒め殺しをするような夫人と、痛いところをグサグサ指摘する息子、そしてひたすら沈黙の夫。
この手の話を見ていると家庭生活、結婚生活に何の夢も抱けなくなると思いますが、これは極端なオハナシですから〜。
結婚生活もなかなかいいものですよ〜(笑)
16. Posted by にゃむばなな   2009年01月27日 17:54
ミチさんへ

結婚生活の嫌な部分をここまで描いているのも、独身者からすればちょっと先行き不安になりそうな感じでしたよ。
個人的には『ストーリー・オブ・ラブ』のように最後はやっぱり夫婦っていいなぁ〜と思える方がいいかなと思いました。
でもこの作品も映画としては素晴らしかったです。
17. Posted by 佐藤秀   2009年01月28日 11:39
>やっぱり「タイタニック号」に乗船する予定だったのでしょうか?

タイタニック号は既に沈没してますから乗りようがありません。チケット買うシーンでCunardと書かれていましたから初代のクイーン・エリザベス号だと思います。けれど、あの時代、もう旅客機が普通なんでしょうから「タイタニック」を意識して船旅にしていたのかもしれませんね。
18. Posted by まりっぺ   2009年01月28日 16:02
ちょっと賛否両論ありそうな話でしたね。
19. Posted by にゃむばなな   2009年01月28日 16:08
佐藤秀さんへ

まぁ「タイタニック号」のことはお愛嬌ということで。
でもあのシーンは明らかに狙っている感じがしましたよ。
20. Posted by にゃむばなな   2009年01月28日 16:09
まりっぺさんへ

夫婦観、結婚観に対する価値観の違いからでしょうね。
でもこういう映画の方がいろんな感想があって面白いですけどね。
21. Posted by miyu   2009年02月01日 20:37
あはは、あたしも同じことを思いました。
この当時であれば、船がふつーなのでしょうか?
それとも、それもメタファーなんでしょうか?
22. Posted by にゃむばなな   2009年02月01日 20:54
miyuさんへ

サム・メンデス監督がそんな単純な遊び心を映画に取り入れるとは思いにくいのですが、やっぱりあれはそう思っちゃいますよね。
それとも他に何らかの意味があるんでしょうか?
23. Posted by アイマック   2009年02月01日 22:37
こんばんは!
何が幸せなのか、人それぞれちがいますが
相手の求めているのものがちがうと、自然に心は離れていきますね。
理想が高いと、失望も大きいわけで、いろいろ考えさせられた映画でした。
タバコを吸うシーンが多かったですが、ケイトの姿は印象的でしたね。
24. Posted by にゃむばなな   2009年02月02日 14:22
アイマックさんへ

そうですよね、失望は理想の反動ですからね。
私もあまり夢見すぎずに生きなければと思いましたよ。
25. Posted by とらねこ   2009年02月11日 01:23
こんばんは、にゃむばななさん
本当、タイタニックを見て夢ばかり見ている女性たちに、冷水でも浴びせそうな勢いでしたね、ちょっとは水に慣れろよということでw
それにしても“船旅”の台詞はヤリすぎじゃないかなんて思いましたけど^^;

タバコを吸うシーンは、おっしゃる通り象徴的に使われてましたね。
26. Posted by にゃむばなな   2009年02月11日 14:46
とらねこさんへ

結婚に夢ばかり見ている人には、本当に冷や水を浴びせられたような映画でしたね。
この映画を見て結婚を躊躇したカップルとかもいそうな感じがしましたよ。
27. Posted by dai   2009年02月20日 00:51
こんばんは★

独身者には辛い話でしたね。
これを観る事で得をするのは
離婚間近な人間くらいですかねw
28. Posted by にゃむばなな   2009年02月20日 19:38
daiさんへ

そうですね。離婚間近な方なら、この映画みたいにならないうちに別々の人生を歩もうかって言い出しやすいかも知れませんね。
29. Posted by ちゃぴちゃぴ   2009年02月20日 23:25
こんばんは
最終日に観てきました。
結婚というのは、タイミングが合った人同士がするものでしょうね。
それが、吉か凶かはわかりません。
たとえひとときでも幸せな時を共有できれば、よろしんじゃないかと思う今日この頃。
エイプリルの放つ言葉に、自分ちの夫婦喧嘩を思い出した私です。よう我慢してますよ、お互い。
30. Posted by にゃむばなな   2009年02月21日 13:57
ちゃぴちゃぴさんへ

既婚者と未婚者では結婚に関する考え方も全く違ってきますからね。
現実を知っているのか、夢を大事にしているのか。

未婚者の私には夫婦喧嘩も夫婦生活の一部ということを改めて実感させられましたよ。
31. Posted by かつかつ   2009年08月19日 15:53
遅れましたが、鑑賞しました。
この監督はシニカルな作品よく撮りますよね。レオもケイトも演技は素晴らしかったです。個人的には助演男優賞にノミネートされたマイケル・シャノン(だっけ?)が強烈でした。フランク&エイプリル夫妻にズバズバ本質を突くところが。理想を追いかけてしまうエイプリルの気持ちも分からなくはないですけど、ちょっと・・・と思いましたね。だって〜夫は平凡かもしれませんが、職ありますし、子供にも恵まれてるし、生活に困ってないのに〜でも、これは私の主観なので決められないですけど・・・。
32. Posted by にゃむばなな   2009年08月20日 20:20
かつかつさんへ

ほんと、この監督のシニカルさは凄いですよね。

やっぱり幸せってものは等身大が一番なんでしょうね。
マイケル・シャノンがズバズバ言っていたことも、要はそういうことなんでしょう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載