2009年02月16日

『ミスティック・リバー』

ミスティック・リバークリント・イーストウッド監督作品がここ数年何かと注目を集めていますが、その始まりは全てこの映画からだったのではないでしょうか。アカデミー作品賞候補にもなったこの作品は宣伝文句にもあるように、まさに「もうひとつの『スタンド・バイ・ミー』」。そして少年性愛という病んだアメリカを映し出した傑作だと思います。

この映画を見終わった時、私はアメリカという国に安全な場所など一箇所も存在しないと思いました。というのも『スリーパーズ』や『告発の行方』でも描かれていた少年性愛という危険が、子供たちの日常に隣り合わせで存在しているんですから。
さも今もアメリカ国内のどこかで少年が大人たちに連れ去られ、数日後に帰ってくるも、人格を失ったかのように雰囲気が変わってしまう様子を淡々と描くこの恐怖。静かであればあるほど、闇の深さを感じずにはいられないところが妙に印象に残りましたよ。

また以前聞いた話では、昨今アメリカで同性愛者が多い背景にはこういった事件が関連しているそうです。つまりこういう事件に巻き込まれた少年が少年性愛という性癖に目覚めてしまい、大人になったその内の何割かは罪を犯すほうに回ってしまうのだとか。奇しくもこの映画のオチもそういったことになっているのが、本当に哀しく恐ろしいことだと思います。

映画としてはミステリー要素がそんなに強くないので、犯人を追う面白みはそんなにありませんが、事件の真相を追ううちにアメリカが目を背けたい闇に目を向けなければならないもどかしさや苦しみというのは、やはり役者陣が豪華なだけあって見事だったと思います。

世間的にはこの作品でオスカーを受賞したショーン・ペンとティム・ロビンスに何かと注目が集まっていますが、個人的にはやはりケビン・ベーコンが一番素晴らしかったように思えました。娘を殺されたジミーと容疑者リストに名を連ねるデイブの友人として、そしてこの事件を担当する刑事として、幼き頃にデイブを見捨てたと同然の行動をとった自分に対する罪の意識に苦しみながら、その感情すら押し殺さなければならない彼の苦悩が一番私の心に響きましたね。
正直彼がアカデミーにノミネートされてなかったのも不思議に思うくらい素晴らしかったと思いましたよ。

残念ながらこの映画ではクリント・イーストウッド監督の映画監督としての魅力はあまり感じませんでしたし、噂では「カット」も言わないほど役者任せの演出をしていたそうです。でもこの次の年にはこんな噂を完全否定するような『ミリオンダラー・ベイビー』を送り出しているんですよね。そう思うとこの映画で監督は何かに目覚めたのでしょうか。今週末公開の『チェンジリング』も凄く楽しみです。

深夜らじお@の映画館にとってケビン・ベーコンは好きな役者の一人です。

acideigakan at 18:00│Comments(6)clip!映画レビュー【ま行】 

この記事へのトラックバック

1. ミスティック・リバー  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2009年02月16日 21:49
 『もうひとつの「スタンド・バイ・ミー」を見るために、あなたは大人になった。』  コチラの「ミスティック・リバー」は、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」の原作者デニス・ルヘインの同名小説を、クリント・イーストウッド監督が映画化した重厚なクライム・ミステリーで....
2. 『ミスティック・リバー』  [ erabu ]   2009年02月16日 22:17
監督、クリント=イーストウッド。2003年米。ミステリー映画。原題『MYSTIC
3. ミスティック・リバー  [ ミスティック・リバー: LOVE Cinemas 調布 ]   2010年04月04日 00:21
2004年に公開作品。監督は翌年『ミリオンダラー・ベイビー』で2度目のオスカー監督賞を獲得することになるクリント・イーストウッドだ。本作でも主演のショーン・ペンが主演男優賞を、共演のディム・ロビンスが助演男優賞を獲得。ほかにもマーシャ・ゲイ・ハーデンが助...

この記事へのコメント

1. Posted by なな   2009年02月16日 20:52
こんばんは
救いのないお話ですが
なぜか強烈にひきつけられてしまい
何度もレンタルして観た覚えが・・・
私は個人的にはショーン・ペンの演技と
ティム・ロビンスの哀れさが心に残りました。
チェンジリングは私も鑑賞予定です〜
2. Posted by にゃむばなな   2009年02月16日 21:37
ななさんへ

とにかく主役3人の印象が凄く強い映画でしたね。
『チェンジリング』がどんな感じになっているのか、非常に楽しみです。
3. Posted by KLY   2010年04月04日 00:35
そっかー、この後『チェンジリング』だとそれはまた強烈ですよね。内容的にも似通った部分というか、テーマの根底は同じだろうし。
私はやっぱりイーストウッド監督ってアメリカを愛しているんだなって思います。だからこその問題提起なのかなって。性的虐待もそうだし、どんなに悔しくても復讐が果たせてしまう社会って、それは近代ではあってはいけないと思うんです。
4. Posted by にゃむばなな   2010年04月04日 14:38
KLYさんへ

この映画は映画館で見たのですが、やはりこの作品、『ミリオンダラー・ベイビー』、硫黄島2部作、『チェンジリング』と続くクリント・イーストウッド監督のアメリカ愛を思うと、いろいろと考えさせられましたね。
本当に凄い監督さんですわ。
5. Posted by mig   2016年07月21日 23:10
こんばんは!
これ。大好きでDVD持ってるんだけど
いまCSでやっていて私レビュー書いたかなぁと調べたらにゃむばななさんとこがでてきて。ケビンが1番とかいてくれていたので、ケビンファンの私は最高に嬉しいのでコメントしました!
6. Posted by にゃむばなな   2016年07月22日 00:49
migさんへ

ケビン・ベーコンって何でまたオスカーに縁遠いんでしょうね。
いろんな映画で名バイプレーヤーとして活躍されているのが、個人的には凄く好きなんですけどね〜。
早く彼もオスカー俳優になっていただきたいものです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載