2009年02月20日

『チェンジリング』

チェンジリング衝撃の傑作。しかも3度も衝撃を味あわせてくれる骨太な傑作。アカデミーでの評価が3部門だけというのも、過小評価されすぎでは?作品賞にノミネートされていてもおかしくないのでは?と思えるほどに素晴らしい映画でした。そして改めてクリント・イーストウッドという映画監督は「動」の物語を「静」の映画として見せる天才監督だと思いました。

まずこの映画を未見の方に忠告です。この映画はネタばれせずにレビューを書くことが不可能なので、ここからはネタばれします。是非映画を見られてからお読みください。

突然行方不明になり5ヶ月後帰ってきた息子は別人だったという史実を描いたこの映画。予告編からは息子を取り戻したいシングルマザーの視点で描かれるものかと思っていましたが、この映画は感情的になることなど一切なく、常に冷静。
しかもウォルターを見送ったクリスティンが市電に乗るくだりや、クリスティンが休日出勤する際に最後にウォルターの姿を見るくだりも、まるで観客がその場に居合わせたかのようなカメラワークで見せてくれるのがまず凄いです。

そしてそこから描かれるのはLAPDの怠慢捜査と尋常とは思えないほどの腐敗ぶり。この当時のLAPDはギャングよりも怖い存在だったらしいですが、それにしてもあのジョーンズ警部の対応は警察の対応とは思えないものばかりでしたよ。
初動捜査はしない。感動の再会を警察の宣伝材料にしたいがためにクリスティンを無理やり言いくるめる。再捜査願いをすれば「探してやったのに」と上から目線で怒り出す。マスコミに真実を語ろうとすれば令状もなしに精神病院へ強制入院させる。
そしてそのことが全て明るみに出て、ロサンゼルス市全体を巻き込んだ裁判になっていたというのは本当に驚きでした。

しかしこの映画の衝撃というのはその警察の腐敗ぶりを結果的に世間に明かすこととなった、サンフォード少年が真実を話すくだり。つまりはウォルターが行方不明になった本当の理由。それが『ミスティック・リバー』でも描かれていたアメリカの闇の歴史でもある少年性愛ということ、20人も犠牲になったという人数の多さ。
しかもこの衝撃度をタバコの灰を用いたり、農場から遺骨が掘り出されるシーンで描いているところが凄いです。できれば信じたくないものが現実に目の前で具現化されるあの怖さ。身の毛がよだちましたよ。

さらに2度目の衝撃は捕まった犯人ゴードン・ノースコットが絞首刑にされるくだり。本来なら遺族目線で描かれるこのくだりをこの映画は死刑囚目線で描いているんですよね。しかもここでも常に冷静沈着に。この処刑シーンは『ダンサー・イン・ザ・ダーク』よりも強烈でした。

そして3度目の衝撃。それがこのポスターにもなっているある親子の再会シーン。これは全ての言葉を失いそうになるほどの衝撃でした。まさかこんな展開になるとは思いもしませんでしたし、映画は希望を得たクリスティンで静かに終わるところも実に素晴らしかったです。

ちなみに本編でも登場した1934年の第7回アカデミー賞というのは『或る夜の出来事』は大穴だったらしいです。それを的中させたクリスティンは先見の明のあるモダンな女性だったということでしょうね。

しかしそれにしても悲しいことかな、ウォルターと偽ウォルターの身長さも、サンフォード少年が真実を話した取調室の部屋番号も、そしてこのアカデミー賞の開催回数も全て希望を意味する「7」なんですよね。これは演出なのか史実なのか・・・。

深夜らじお@の映画館は鳥肌具合で衝撃度を勝手に決めています。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 映画 【チェンジリング】  [ ミチの雑記帳 ]   2009年02月20日 18:27
映画館にて「チェンジリング」 クリント・イーストウッド監督による実話の映画化。 おはなし:1928年、ロスアンゼルス。クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は9歳の息子ウォルターと暮らしていた。ある日、彼女は休日を返上して仕事をしてから帰宅すると、...
2. チェンジリング  [ Akira's VOICE ]   2009年02月20日 18:48
子は鎹(かすがい)。 永遠に!!  
3. [映画『チェンジリング』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 ]   2009年02月20日 19:00
☆昨夜、『少年メリケンサック』を観たのだが、『チェンジリング』が本日公開で、速報性を重視し、先に報告させて頂く。  ・・・イーストウッド監督作品である。  今、最も安心して、その新作を観ることができる監督だと思う。  観てみると、驚くほど、その作家性は見...
4. 「チェンジリング」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2009年02月20日 19:14
この時代のメイクとはいえ、アンジーの顔がコワイっっ!・・というのはさて置き、非力で警察に頼らざるを得ないだけの母親から、権力の圧力にも屈しないコリンズ夫人へ。実の息子への愛情と想う気持ちだけを楯に、強
5. 劇場鑑賞「チェンジリング」  [ 日々“是”精進! ]   2009年02月20日 19:14
「チェンジリング」を鑑賞してきましたクリント・イーストウッド監督がアンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えた感動のミステリー・ドラマ。1920年代のロサンゼルスで実際に起きた事件を映画化。5ヶ月の失踪ののち保護され帰ってきた幼い息子が別人だったことから、本...
6. 映画「チェンジリング」  [ Andre's Review ]   2009年02月20日 20:21
changeling 2008年 アメリカ 09年2月20日公開  試写会鑑賞 公式サイト ココログのブロガー試写会に当選して東宝東和の試写室にて鑑賞。予告編を観て気になってた作品なので嬉しかったです。上画像は東宝東和様よりいただいたものです。どうもありがとうございます。 舞台は...
7. チェンジリング  [ 悠雅的生活 ]   2009年02月20日 21:55
ただ1人のわが子を求めて
8. 母の愛〜『チェンジリング』  [ 真紅のthinkingdays ]   2009年02月20日 22:44
 CHANGELING  1928年、ロサンゼルス。電話局で働き、女手一つで一人息子を育てるクリ スティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)??.
9. 「チェンジリング」  [ ☆ EL JARDIN SECRETO ☆ ]   2009年02月21日 00:43
面倒を排斥しようとする愚かさは現代にも通じる。これが事実に基づいた話というのだから驚きだ。昔は良かったという人がいるがとんでもない。ひとたび権力に楯突けば、人を人と思わない仕打ちが待っていた時代である。長い作品であるが、別の子供が息子を語って現れたあた...
10. チェンジリング  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2009年02月21日 02:37
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』と並ぶ新春大型作品です。主演はアンジェリーナ・ジョリー、そして監督はあのクリント・イーストウッド。1920年代アメリカの実話を元にした作品です。アンジェリーナ・ジョリーは本作で第81回アカデミー賞主演女優賞にノミネート...
11. チェンジリング  [ ともやの映画大好きっ! ]   2009年02月21日 08:55
(原題:CHANGELING) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 1928年にロサンゼルスで実際に起こったコリンズ事件。 権力と暴力を振りかざす腐敗した警察と戦ったひとりの女性の姿を描いたヒューマンドラマ。 1928年ロサンゼルス。市長の専制的な政治基盤に牛耳ら...
12. チェンジリング / CHANGELING  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2009年02月21日 10:47
クリント・イーストウッド監督作にハズレなし! と思ってはいるけど過度な期待はしないで観て来ました〜 金曜日からの1日前倒し公開。ちょうどタイミングよく時間あいてたので{/shootingstar/} 何かの番組でやってて軽く内容知っちゃったし、さんざんアンジーが叫ぶシ...
13. チェンジリング  [ そーれりぽーと ]   2009年02月21日 10:55
何かと話題を提供してくれるブラピ&アンジー夫妻。 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』に主演の夫ブラピがアカデミー主演男優賞にノミネートされ、同時にアンジーはこちらの映画で主演女優賞にノミネート。 それだけでも話題性たっぷりですが、俺が本当にこの映画を観たか...
14. 『チェンジリング』  [ ラムの大通り ]   2009年02月21日 14:32
(原題:Changeling) -----これってクリント・イーストウッド監督の新作だよね。 彼とアンジェリーナ・ジョリーの組み合わせって 少し意外な気がするニャあ。 「うん。観る前はぼくもそう思ったんだけど、 観ているうちになるほどと…。 というのも、 これが思ったよりも極...
15. レビュー:チェンジリング  [ シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記 ]   2009年02月21日 19:26
5 [実話][サスペンス][警察][洋画][ドラマ] 1928年のロサンゼルス。1人息子と2人で暮らす女性がいた。 ある日、息子が姿を消してしまい、絶望に打ちひしがれる彼女……… しかし、5ヶ月後に朗報が届く。 息子が発見され、警察が保護したというのだ。 涙ながらに、息....
16. 『チェンジリング』  [ Sweet*Days** ]   2009年02月21日 19:54
監督:クリント・イーストウッド  CAST:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ 他 1928年、ロサンゼルスの郊外に...
17. チェンジリング  [ 心のままに映画の風景 ]   2009年02月21日 20:29
1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と殮.
18. チェンジリング  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2009年02月21日 21:19
 『どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの─? ある日突然、消えた息子。 5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だった─。 1928年、ロサンゼルス。 魂で泣く本当にあった物語。』  コチラの「チェンジリング」は、クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー...
19. チェンジリング  [ Lovely Cinema ]   2009年02月21日 21:43
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー    ジョン・マルコヴィッチ    ジェフリー・ドノヴァン    コルム・フィオール    ジェイソン・バトラー・ハーナー     エイミー...
20. チェンジリング  [ ネタバレ映画館 ]   2009年02月21日 22:07
柱のきずはおととしの〜♪
21. チェンジリング  [ 勝手に映画評 ]   2009年02月21日 22:52
1928年、ロスアンゼルスで実際に起きた出来事。ちなみに“チェンジリング”とは、“フェアリーなどの伝承の生物と秘密裏に取り替えられた子供”と言う意味。ヨーロッパなどで、広く伝承されてきた話だそうです。 20世紀初頭のアメリカの司法・警察機関って、どこも腐敗して...
22. 「チェンジリング」予想していたのとは違った  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2009年02月21日 23:26
子供が誘拐され、戻って来た時には、別人だった・・・という「実話」だというのに、すごくソソられ、見たのですが。いや・・・クリント・イヮ..
23. チェンジリング  [ Yuhiの読書日記+α ]   2009年02月22日 00:27
クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー主演の、ゴードン・ノースコット事件の被害者家族の実話を元にした映画。その他キャストは、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール他。 <あらすじ> 1928年。ロサンゼルスの郊外で息...
24. 「チェンジリング」クリント・イーストウッド  [ Mani_Mani ]   2009年02月22日 03:22
チェンジリングCHANGELING 2008アメリカ 監督・音楽:クリント・イーストウッド 脚本:J・マイケル・ストラジンスキー 撮影:トム・スターン 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バト...
25. 「チェンジリング」TOHOシネマズ梅田  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2009年02月22日 08:37
5 クリント・イーストウッド監督そしてアンジョリーナ・ジョリー主演の映画を見に行きました。あらすじクリスティン・コリンズ(アンジョリーナ・ジョリー)は9歳の息子ウォルターとロサンゼルスで暮らすシングル・マザー。電話会社に勤めていますが、1928年3月10日同僚の頼み....
26. Changeling (2008)  [ アヤは観た。 ]   2009年02月22日 11:22
5 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、マイケル・ケリー、コルム・フェオール、ジェイソン・バットラー・ハーナー 監督クリント・イーストウッドが実話を基にして作った作品は(私の知って....
27. 映画「チェンジリング」  [ 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 ]   2009年02月22日 17:18
原題:Changeling 昔のことゆえ不条理な警察権力も行方不明も、驚くほど珍しいことではないかも知れないけど、児童20人が惨殺、我が子が替え玉だったという衝撃の事件 天使が住んでいたというロサンゼルスは1928年のこと、電話会社で主任を勤めるシングルマザー...
28. チェンジリングChangeling  [ 映画!That's Entertainment ]   2009年02月22日 19:22
●「チェンジリング Changeling」 2008 アメリカ Unversal Pictures,Imagine Entertainment,Malpaso Production 142min. 監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド 脚本:J・マイケル・ストラジンスキー 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、...
29. 「チェンジリング」  [ ★ Shaberiba ★ ]   2009年02月22日 21:47
怒りと憤りで胸の震えがとまらなかった・・(涙)
30. チェンジリング  [ 小部屋日記 ]   2009年02月22日 22:17
Changeling(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督・製作・音楽: クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー/ジョン・マルコヴィッチ/コルム・フィオール/デヴォン・コンティ/ジェフリー・ドノヴァン/マイケル・ケリー/ジェイソン・バトラー・ハーナー ...
31. チェンジリング  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2009年02月22日 22:49
公式サイト。クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、エイミー・ライアン、コルム・フィオーレ、ジェフリー・ドノバン、マイケル・ケリー。1928年、暗黒の木曜日でアメリカ経済が奈落の底に突き落とされる直前の実話に基づいたロ....
32. 『チェンジリング』 (2008)/アメリカ  [ NiceOne!! ]   2009年02月22日 23:07
原題:CHANGELING監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー公式サイトはこちら。<Story>1928年。ロサンゼルスの郊外で息...
33. チェンジリング アンジーの目の演技が凄いなー!  [ 労組書記長社労士のブログ ]   2009年02月23日 09:26
 うちの各事業所の朝礼まわりを初めて3週目突入(_ _)(-.-)(~O~)ファ…(~O~)(-.-)。 本来自分の仕事ではないのだけど、職場を担当する執行委員があんまりやってくれないのと、自分自身が現場が好きなのと、それからやはり職場組合員に労働組合のことをもっと意識して貰うため...
34. チェンジリング/アンジェリーナ・ジョリー  [ カノンな日々 ]   2009年02月23日 09:33
予告編だけで物語を想像すると「幼い息子が失踪→数ヶ月後、無事発見、解決→この子は私の子供じゃない!?」というミステリー作品かなぁと思っちゃったりするんですけど、コレって実話に基づいた作品なんだそうですね。ということは謎は謎じゃなく既に明らかになってるとす....
35. チェンジリング 心に刺さる映画  [ 事務屋の日記 ]   2009年02月23日 17:41
話題の映画「チェンジリング」を早速見てきました。 愛情の深い母親が、子どもの行方を探す物語だと思っていましたが、いい意味で違っていました。 行方不明になった子どもが、5ヶ月後に別人として帰ってく...
36. チェンジリング  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2009年02月23日 22:17
4 ある日突然、消えた息子。5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だった__。 物語:舞台は1928年のロサンジェルス郊外。電話会社に務めるクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は9歳の息子ウォルターと暮らすシングルマザー。息子と過ごす時間が一番大切な時間だ。 とある...
37. チェンジリング/Changeling  [ いい加減社長の日記 ]   2009年02月23日 23:27
土曜日が「はしご観キャンペーン」で、1ポイントもらえるということで。 まずは1本目に「チェンジリング 」を選択。 「UCとしまえん 」は、ちょっと少なめかな。 「チェンジリング 」は、中くらいのスクリーンで、9割以上。 クリント・イーストウッドとアン...
38. 「チェンジリング」  [ ジグソーのオレデミーアワード日記 ]   2009年02月24日 01:30
4 「チェンジリング」(2008) 《どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの──?》 2/22 新宿ピカデリー・スクリーン3にて観賞 監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド cast アンジェリーナ・ジョリー 、 ジョン・マルコヴィ...
39. 『チェンジリング』・・・権力に屈しない正義  [ SOARのパストラーレ♪ ]   2009年02月24日 23:53
失踪した息子を捜すために腐敗しきった警察に立ち向かう母クリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)の強さにとにかく圧倒される。警察の信じられないような仕打ちの中で、決してあきらめない母の姿が強烈なインパクトを作品に与えていて見応え十分。ひとりの少年の失踪が恐...
40. 【チェンジリング】  [ 日々のつぶやき ]   2009年02月25日 14:40
監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ   どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの ―? 「シングルマザーのクリスティン・コリンズ、ある日仕事から戻ると息子ウィルターの姿がなくその後の警察の捜索でも
41. 求めているのは希望。『チェンジリング』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2009年02月26日 13:43
1928年のアメリカで実際に起こった事件を基にした作品。行方不明になった息子を探し続ける母親の物語です。
42. チェンジリング 2009-10  [ 観たよ〜ん〜 ]   2009年02月26日 19:08
「チェンジリング」を観てきました〜♪ 1928年の初春、シングルマザーのクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は、息子のウォルターと映画を観に行く予定をしていた土曜、突然休日出勤を強いられる。約束よりかなり遅くなって家に帰ったクリスティン、一人...
43. チェンジリング(映画館)  [ ひるめし。 ]   2009年02月27日 13:00
どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの―?
44. 『チェンジリング』を観たぞ〜!  [ おきらく楽天 映画生活 ]   2009年02月28日 22:56
『チェンジリング』を観ましたクリント・イーストウッド監督がアンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えた感動のミステリー・ドラマです>>『チェンジリング』関連原題: CHANGELINGジャンル: ミステリー/ドラマ製作年・製作国: 2008年・アメリカ上映時間: 142分監督...
45. チェンジリング  [ 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing ]   2009年03月01日 00:12
 アメリカ  ミステリー&ドラマ  監督:クリント・イーストウッド  出演:アンジェリーナ・ジョリー      ジョン・マルコヴィッチ      ジェフリー・ドノヴァン      コルム・フィオール 【物語】  1928年、ロサンゼルス。シングルマザーのクリ....
46. チェンジリング  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2009年03月01日 15:28
最近、劇場に行く時間がなかなか取れないけれど、アンジーがアカデミー賞にノミネートされたこの作品だけは、、、這ってでも観に行きたかった―【story】1928年、ロサンゼルス。ある日突然、クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)の息子ウォルターが姿を消す。...
47. 『チェンジリング』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2009年03月01日 22:28
□作品オフィシャルサイト 「チェンジリング」□監督・音楽 クリント・イーストウッド □脚本 J・マイケル・ストラジンスキー □キャスト アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、コルム・フィオール、デヴォン・コンティ、ジェフリー・ドノヴァン、マイケ...
48. チェンジリング  [ 晴れたらいいね〜 ]   2009年03月02日 01:40
クリント・イーストウッド監督作品には、ハズレがないよ。これも、見応えありました。観に行ってよかったです。ブレのない話の進め方、演出、音楽、絵作り、…上手いですよね。すっかり、どっぷり。1日の日曜日のサービスデーということで、ほぼ満席。すんごい端っこの席...
49. チェンジリング  [ POCKET BASE ]   2009年03月02日 19:53
クリント・イーストウッドが監督の映画『チェンジリング』を観てきた。主演のアンジェリーナ・ジョリーが、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされたことでも注目されていた映画...
50. チェンジリング  [ ☆C'est joli〜ここちいい毎日を〜☆ ]   2009年03月03日 20:56
4 チェンジリング’08:米 ◆原題:Changeling◆監督・製作: クリント・イーストウッド「硫黄島からの手紙」「ミリオンダラー・ベイビー」◆出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・....
51. チェンジリング  [ 5125年映画の旅 ]   2009年03月03日 22:06
4 1928年。ロサンゼルスに暮らすシングルマザー・クリスティンの息子・ウォルターが行方不明となる。5ヶ月後に警察がウォルターを発見するが、クリスティンの前に現れた少年は全くの別人だった。しかし少年は自分が息子のウォルターであると言い、警察も本人に間違いない....
52. 「チェンジリング」  [ クマの巣 ]   2009年03月04日 12:20
「チェンジリング」、観ました。 子供を誘拐されたシングルマザーの身に起る、戦慄すべき実話を巨匠クリント・イーストウッド。主演はア...
53. 【チェンジリング】理不尽な世界との闘い  [ 映画@見取り八段 ]   2009年03月04日 22:38
チェンジリング 〜Changeling〜 監督: クリント・イーストウッド 出演:  アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ヮ..
54. チェンジリング  [ Movies 1-800 ]   2009年03月05日 01:44
Changeling (2008年) 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン 1920年代のロサンゼルスで、横暴な警察権力と戦いながら、行方不明の息子を探し続ける母親の姿を実話に基づいて描く。 腐敗した警察...
55. チェンジリング  [ Memoirs_of_dai ]   2009年03月05日 04:22
オレ(息子)オレ(息子)詐欺 【Story】 1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の??..
56. チェンジリング  [ 利用価値のない日々の雑学 ]   2009年03月08日 15:38
「コリンズ事件」というのはお恥ずかしながら知らなかったが、「ゴードン・ノースコット事件」は、以前にアメリカの犯罪史の研究をしていた時に、どこかで出くわした事があった。但し、文献は英文だったし、内容に関しても「養鶏場を営むノースコットが連続殺人を犯し、死...
57. クリント・イーストウッド監督「チェンジリング」(★★★★★)  [ 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記) ]   2009年03月08日 21:40
監督 クリント・イーストウッド 出演 アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ  どのシーンもすばらしいが、特に最後の方に突然あらわれる少年の訊問のシーンがいい。誘拐され、行方不明になっていた少年(アンジェリーナ・ジョリーの息子とは別人)が、「な...
58. 「チェンジリング」観てきました♪  [ りんたろうの☆きときと日記☆ ]   2009年03月11日 22:08
☆「チェンジリング」 (原題:CHANGELING) 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー、エイミー・ライアン、マイケル・ケリー 1928年...
59. チェンジリング  [ 映画どうでしょう ]   2009年03月14日 13:44
映画チェンジリングの感想 クリント・イーストウッド監督らしい作品ですね。 単純な...
60. チェンジリング  [ エンタメ日々更新 ]   2009年03月14日 16:26
映画チェンジリング見てきました。 クリント・イーストウッド監督の作品ですが、単純なハッピーエンドのエンターテイメント映画と違って、??.
61. チェンジ・リング を観ました。  [ My Favorite Things ]   2009年03月14日 20:59
Did you kill my son?と叫ぶアンジーの迫力はなかなかです。
62. 映画日記りぼーん『チェンジリング』  [ CHEAP THRILL ]   2009年03月15日 21:07
はーい。 今、歌舞伎町にある漫画喫茶なり。 5時間パックで1,280円。 10時に新宿で見たい映画があるので家に帰らないで近場で仮眠、というわけさ。 うん、コレが出来るうちはボクもまだまだ若いもんだな。 それで、ついさっきまで新宿オデオン座で『チ...
63. チェンジリング  [ 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版) ]   2009年03月19日 12:18
 クリント・イーストウッド監督の作品。最初、テーマが重そうで、あまり見たいと思わなかったのだが、夫が大絶賛し、もう一度見てもいいと言うので、一緒に行ってきた。  2時間以上ある映画は、長くてあまり好きじゃないのだが、この映画は集中して見ていたせいか、長さ...
64. 映画:チェンジリング  [ よしなしごと ]   2009年03月20日 22:32
 久々に、たぶん1年以上ぶりに銀座で映画を観ることに・・・。知らない間に日劇がTOHOシネマズになっていて、14日だったので、TOHOの日ということで1,000円で鑑賞。最近はちょっとした繁華街に映画館が乱立されているので銀座で観る人って減っているのかと思いきや、...
65. 【映画】チェンジリング  [ 新!やさぐれ日記 ]   2009年03月22日 17:16
▼動機 名作っぽい雰囲気に。 ▼感想 格が違う。 ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ 1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と暮らしていた。ある土曜日...
66. チェンジリング  [ 映画、言いたい放題! ]   2009年03月23日 11:27
映画館で観た予告編が面白そうだったので。 監督はクリント・イーストウッド。 ミステリーっぽくて面白そうなのだけれど、 彼の作品は、結構後味が悪かったりするので、 要注意。( ^ _ ^; 映画館で観ました。 1928年。 ロサンゼルスの郊外で 9歳の息子・ウォル...
67. チェンジリング ▲42  [ レザボアCATs ]   2009年04月02日 00:13
これまた素晴らしかった!最後の最後まで、ハラハラしながら、かなり面白く見れてしまった作品。
68. 『チェンジリング』  [ 唐揚げ大好き! ]   2009年04月03日 05:44
  どれだけ祈れば、   あの子は帰ってくるの――?   ■1928年、ロサンゼルス。ある日突然、クリスティン・コリンズの息子ウォルターが、姿を消す。5ヶ月後にイリノイ州で発見され、警察が連れて来た少年は別人だった。息子だと言い張る少年。クリスティンの訴えを
69.  チェンジリング 私がいまいちのめり込めなかった3つの理由(大ネタバレ)  [ もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう) ]   2009年04月10日 00:03
タイトル:チェンジリング ジャンル:いろいろ/2009年/142分 映画館:TOHOシネマズ二条 鑑賞日時:2009年4月2日(木) 私の満足度:65% (緑が多く電車が走るロサンゼルスの街並みや、ローラース ケートでフロアを駆け巡る電話交換室、土曜日がお休みの小学校など当時の生...
70. 『チェンジリング』  [ cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー ]   2009年04月24日 02:34
ちょっと前に観ていたんですけど、なかなか忙しくて記事があげられずにいた『チェンジリング』の感想をあげますー。 思っていたよりも感情の抑揚が静かな映画だったかなーっていう印象が。 ******************** クリント・イーストウッド監督がアンジェリーナ・ジョ...
71. 『チェンジリング』2009-No9  [ 映画館で観ましょ♪ ]   2009年05月11日 20:50
突然消えた息子。 帰ってきたのは見知らぬ少年。 誘拐・殺人・腐敗した警察 息子を探す母と真実との戦い。 重苦しいテー??.
72. チェンジリング  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   2009年06月04日 00:05
これ、実話だからすごい!どんどん引き込まれていっちゃう!                     評価:★8点(満点10点) 2008年 142min 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョ...
73. チェンジリング  [ あず沙の映画レビュー・ノート ]   2009年07月18日 17:45
2008 アメリカ 洋画 ミステリー・サスペンス ドラマ 作品のイメージ:泣ける、切ない、ドキドキ・ハラハラ 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール
74. チェンジリング  [ サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村 ]   2009年08月12日 16:29
   = 『チェンジリング』  (2008) = 1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と暮らしていた。 ある土曜日、彼女は同僚に泣きつかれて、断り切れずに休日を返上...
75. チェンジリング−(映画:2009年)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2009年09月24日 21:48
監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー、エイミー・ライアン、マイケル・ケリー 評価:91点 信じ難い実話を、適度な演出で心に....
76. 【映画】チェンジリング…私程度がツッこみする隙無しな良作、高評価。  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2009年10月04日 14:40
一昨日の記事でも「朝まで仕事」{/face_hekomu/}と書きましたが、昨日の朝も同様{/face_hekomu/} 15時間労働の末に朝10:00頃に帰宅{/face_hekomu/}。お陰でそのまま夕方まで寝ちゃって{/kaeru_night/}…昨日の土曜日は無駄に{/face_ase1/}{/ase/} 今日{/kaeru_rain/}{/hiyok...
77. 映画 チェンジリング(2008) クリント・イーストウッドの傑作サスペンス  [ ザ・競馬予想(儲かるかも?) ]   2009年10月07日 17:42
にほんブログ村 映画ブログ   {/arrow_t/}   {/arrow_t/}  人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします{/dogeza/}  最近のクリント・イーストウッドの監督作品は凄いね{/ee_2/}  最高傑作を連発という感じで素晴らしい{/ee_1/}今回のチェンジリ...
78. 『チェンジリング』'08・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2010年03月03日 00:02
あらすじ1928年。シングル・マザーのクリスティンの9歳の息子ウォルターが失踪する。5か月後、警察に息子を発見したと聞かされるが・・・。感想オスカー監督『ミリオンダラー・ベイビー』のクリント・イーストウッドによって信じられない実話を基に作られ、アカデミ...
79. 【DVD】チェンジリング  [ 映画鑑賞&洋ドラマ&スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記 ]   2011年12月23日 23:51
JUGEMテーマ:洋画 最近、ヒューマンドラマも面白さがわかってきました この作品もなかなかの出来です。 アンジーはアクションのイメージが強いけど、今回は全然違うタイプの役柄 今回は、女手一つで子供を育てる母親役 この話は 主人公と息子で2人暮らしをしていた。

この記事へのコメント

1. Posted by ミチ   2009年02月20日 18:33
「7」という数字がやけに出てくるなと思っていたんですが、アカデミー賞の開催数までが7でしたか!
ラジオで聞くアカデミー賞というのも興奮したでしょうね。

イーストウッドはやっぱり上手いな〜と思いながら見てました。
二転三転するストーリーに釘付けでした。
2. Posted by AKIRA   2009年02月20日 18:57
動と静のドラマを,
感情豊かに,でも押しつけがましくなく,
見事に描ききった作品。

隙のない映画でしたね。
引き込まれました。

傑作としか言い様がありません。
3. Posted by BROOK   2009年02月20日 19:16
こんばんは。

ホント衝撃的な作品でしたね。
アンジェリーナ・ジョリーの迫真の演技がそれに拍車をかけているようでした。

殺人鬼の処刑シーンは、私も「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を連想。


今作は是非ともアカデミー賞を獲って欲しいです。
4. Posted by たいむ   2009年02月20日 19:17
こんにちは。
衝撃に次ぐ衝撃に目が離せませんでしたね。
もう嫌悪感でいっぱいになって苦しかったのだけど、真実だと思うと恐ろしくなりますね。

イーストウッド監督万歳です!(笑)
5. Posted by ANDRE   2009年02月20日 20:24
こんにちは。

ショーレースでの過小評価が
本当にもったいない作品ですよね。
次々と明らかになっていく出来事が
実話だというのが本当に怖かったです。
6. Posted by にゃむばなな   2009年02月20日 21:50
ミチさんへ

映画を見終わって調べたら第7回と分かったときはびっくりでしたよ。
これも偶然なのか、必然なのかと

ほんと、イーストウッド監督には脱帽するしかなかったですね。
7. Posted by にゃむばなな   2009年02月20日 21:54
AKIRAさんへ

『ミリオンダラー・ベイビー』にしろ、『硫黄島からの手紙』にしろ、『父親たちの星条旗』にしろ、動と静の描き方がめちゃ巧いですよね。

まさにこの作品も隙のない映画。
傑作以外の何物でもなかったですよ。
8. Posted by にゃむばなな   2009年02月20日 21:55
BROOKさんへ

衝撃作以外の評価が見つからない、そんな作品でしたね。
アンジェリーナ・ジョリーは2度目のオスカー受賞できますでしょうか?

来週の月曜が楽しみです。
9. Posted by にゃむばなな   2009年02月20日 21:59
たいむさんへ

まるで小説としか思えないような史実の連続でしたね。
嫌悪感がいっぱいなのに、それを常に冷静に描いていたところは見事としか言い様がありませんでしたよ。
10. Posted by にゃむばなな   2009年02月20日 22:01
ANDREさんへ

小説でもこれほどのものは書けないくらいに怖い作品でしたね。
ほんと、アカデミーでの評価が低すぎますよね。
11. Posted by 悠雅   2009年02月20日 22:22
こんばんは。
こちらからTBを送ったのに、先にコメントをいただいてごめんなさい。

わたしも、アカデミー賞の評価が低いことに驚いています。
難癖のつけようがない、凄い作品!としか言えない、
自分の語彙の貧しさが悲しいです…
12. Posted by にゃむばなな   2009年02月20日 22:25
悠雅さんへ

この映画を褒め称える言葉が見つからないくらいに素晴らしい映画でしたよね。
アカデミーもやはり最近アカデミー常連になってしまったイーストウッド作品ということで過小評価だったのでしょうか?
それでも高く評価してほしかったですね。
13. Posted by KLY   2009年02月21日 02:49
こんばんは^^
いやはや傑作でした。

アンジーの迫真の演技、緩急自在のテンポの良さ、しっかりと描かれたストーリー。私には非の打ち所がありませんでした。
彼女はこれでオスカー獲れなかったらいつ獲れるんだと思うのですが^^;
14. Posted by ともや   2009年02月21日 09:01
こんにちは、にゃむばななさん♪
ロサンゼルス市役所に埋もれていた記録を見つけ出し、脚本を書いたJ・マイケル・ストラジンスキーも凄いですよね。
TVドラマ『バビロン5』も手掛けていると言うことなので、ちょっと観てみたくなりました♪
15. Posted by まりっぺ   2009年02月21日 09:52
もっとアカデミー賞のノミネートが多くてもいい作品ですよね。
多くの人に観てもらいたいです。
16. Posted by にゃむばなな   2009年02月21日 14:00
KLYさんへ

アンジーは一度助演女優賞でオスカーを受賞してますからね。
今回はどうなんでしょ?

でもこの映画での存在感および演技力は十分オスカー候補だと思いましたよ。
17. Posted by にゃむばなな   2009年02月21日 14:04
ともやさんへ

>ロサンゼルス市役所に埋もれていた記録

まるで『シルミド』みたいな製作輪秘話ですね。
でもこれを見つけ出し、脚本を書き、そして映画化したことが凄いですよ。
製作ロン・ハワードもよくクリント・イーストウッドを口説き落としたなぁ〜と感心しましたよ。
18. Posted by にゃむばなな   2009年02月21日 14:07
まりっぺさんへ

公開時期の関係からも、もう少しアカデミー賞のノミネートが多かったら、もっと話題になっていたでしょうね。
本当に多くの人に観てもらいたい映画ですね。
19. Posted by えい   2009年02月21日 17:49
こんにちは。

イーストウッドという人は、
ほかの映画人とは全く次元が違う高みに立っている気がします。
『グラン・トリノ』を観ると分かるのですが、
一年に、これだけの映画を二本も続けて放つというのはほとんど神業に近いです。
そんな髪をアカデミー会員は
自分たちで評価することを恥じ、
賞レースから外した、
そんな気さえします。
20. Posted by にゃむばなな   2009年02月21日 17:58
えいさんへ

もはやクリント・イーストウッドの才能を評価できるに見合う賞がこの世の中にないってことなんでしょうかね。
凄すぎてアカデミーも脱帽って感じでしょうか。
21. Posted by miyu   2009年02月21日 21:20
本当素晴らしい作品でしたね〜!
おっしゃる通り、過小評価されすぎだと思います。
でも、アンジーの演技は評価に値するものでしたね。
それを引き出したイーストウッド御大もさすが!
でしたよね〜。
22. Posted by にゃむばなな   2009年02月21日 21:35
miyuさんへ

アンジーはオスカー受賞しますかね〜?
助演女優賞で一度受賞しているだけに、他の女優さんにという思いはあるんですが、この映画をどこかで評価してもらいたい気持ちもありますし・・・。

本当に作品賞にノミネートされていないのが不思議でしたよ。
23. Posted by えふ   2009年02月21日 21:55
ものすごく怒りを感じながらみていたのですが、
おしゃるとおり、
「動」を「静」と見せるイーストウッドの監督としての手腕は
素晴らしいものがありましたね。
オスカーの作品賞にノミネートされてないのが残念です。
24. Posted by kossy   2009年02月21日 22:18
この映画も“7”だったのかぁ〜
気にはなってたんだけど、「ベンジャミン」や「7つの贈り物」もあることだし・・・と油断してました!

そういや「ダンサー・イン・ザ・ダーク」でも最後まで歌ってましたよね。「my favorite thing」がすごく印象に残ってます。
25. Posted by にゃむばなな   2009年02月21日 22:27
えふさんへ

感情的に描ける内容を最後まで冷静沈着に描いていたところは本当に素晴らしかったですよ。
これほど凄い監督はもう2度と現れないのではないかと思いましたよ。
26. Posted by にゃむばなな   2009年02月21日 22:30
kossyさんへ

「7」という数字をあんなにも巧く起用していたとは驚きでしたよ。

あの処刑シーンに関しても、最後まで冷静に描いていたところが何とも言えない感動と衝撃を覚えましたよ。
27. Posted by YUKKO   2009年02月22日 08:34
あまりに素晴らしくって、最後の希望を見せて終わるところでは熟練の技を見た思いです。この作品がアカデミー賞の作品賞にも監督賞にもノミネートされないのが不思議でたまりませんでした。
イーストウッド監督がアカデミー賞を受賞した「ミリオンダラーベイビー」は悲惨すぎて、西洋人と私の根本的に違う動物的な考えがダメだったのです。今回は素晴らしい!っていう言葉さえもどかしい作品だったと思います。アンジーに主演女優賞をとって欲しいなあ。
28. Posted by にゃむばなな   2009年02月22日 14:53
YUKKOさんへ

私は『ミリオンダラー・ベイビー』も十分傑作だと思いますよ。
ただあの映画を見る前に『海を飛ぶ夢』を見てしまったので、それほどの衝撃はありませんでしたが。

でもこの映画の衝撃はあまりにも大きかったですね。あのタバコを用いたシーンなどは圧巻でしたよ。
29. Posted by latifa   2009年02月22日 16:12
こんにちは〜にゃむばななさん〜。
そうなのよね〜。
>少年性愛ということ、20人も犠牲に
 こういう展開は映画を見る前、全然想像もしてなかったので、きたかぁ〜〜!「ミスティック・リバー」〜〜と、思っちゃったわ・・・。

それと絞首刑のシーンは、絶対最後までリアルに見せてくれるだろうなあ・・と覚悟してたんだけど、その通りだった・・・。
30. Posted by non   2009年02月22日 16:31
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございました☆

本当に、衝撃に次ぐ衝撃、そして涙、涙・・・と言った感じでした。
アンジーの演技も素晴らしかったけど、イーストウッド監督は凄いですね!
ほんとに、天才ですわ。
31. Posted by にゃむばなな   2009年02月22日 17:49
latifaさんへ

あの絞首刑のシーンに関しても、驚くまでに冷静に見せているところが凄いと思いましたよ。
クリスティンの怒りや不安、死刑囚の恐怖などがスクリーンからひしひしと伝わってくるのが凄く衝撃的でした。
32. Posted by にゃむばなな   2009年02月22日 17:57
nonさんへ

一本の映画でこれほどまでに衝撃を受けたのは初めてでしたよ。
こんな素晴らしい映画を世に送り出せるイーストウッド監督に賛辞を送りたいですけど、この気持ちを言い表す言葉も見つからないのもある意味凄いと思いました。
33. Posted by アイマック   2009年02月22日 22:55
こんばんは!
オスカー作品賞にノミネートされてないのが不思議ですよね。
それにしても見応えありました。
LAPDはひどい組織ですねえ。
その後の連続殺人事件にはもっとびっくりしましたけど・・
農場のところは恐かった..子役の子がまたうまい演技でした。

34. Posted by manimani   2009年02月22日 22:59
コメントありがとうございました

そうそう、あのタバコの灰がのびて落ちるところはいいアイディアでしたね。そういう鋭い小技が満載の映画でもありました。
もう一度観たい映画です。
35. Posted by なな   2009年02月22日 23:08
こんばんは!
ほんと,これは作品賞にノミネートされてしかるべきですよ!
それくらいよくできてましたね。
おっしゃるように,LAPDの腐敗ぶりも目を疑いましたが
農場の猟奇殺人犯もめちゃめちゃ怖かったです。
36. Posted by 佐藤秀   2009年02月22日 23:10
作品が立派過ぎてかえってレビュー書きづらかったです。こんなこともあるんですね。
37. Posted by にゃむばなな   2009年02月23日 13:34
アイマックさんへ

あの農場のシーンは凄く怖かったですよね。
身の毛がよだつとはまさにこのこと。
子役の素晴らしさも際立ってましたね。
38. Posted by にゃむばなな   2009年02月23日 13:35
manimaniさんへ

細かい演出が恐怖を演出したり、衝撃を与えてくれたりと際立った映画でしたね。
私はしばらくこの衝撃を維持したいので、もう一回見るなら、かなり時間を空けてからにしたいですよ。
39. Posted by にゃむばなな   2009年02月23日 13:46
ななさんへ

農場での殺人事件に関しても、その場面を直接描かず、犯行を行う犯人の顔だけを映す演出も見事でしたね。
あれがあるからこそ、見えない事件の真相がいかに深いものかを意味していたように思えました。
40. Posted by にゃむばなな   2009年02月23日 13:48
佐藤秀さんへ

そうですね、私も言葉を選び出すのに苦労しましたよ。
どの言葉で賞賛してもしきれない素晴らしさがこの映画にはありましたからね。
41. Posted by SOAR   2009年02月24日 23:54
3度目の衝撃、公開前から目にしていたこのシーンはまさかの展開でしたね。
この少年が現れたことでクリスティンが希望を見出すというエンディングがまたよかったです。
42. Posted by にゃむばなな   2009年02月25日 20:39
SOARさんへ

予告編で描かれていたくだりがほとんど後半の衝撃に対するフリみたいなものでしたね。
そしてあのラストは素晴らしかったですよ。
43. Posted by 由香   2009年03月01日 15:32
こんにちは〜♪
『クリント・イーストウッドという映画監督は「動」の物語を「静」の映画として見せる天才監督だと思いました。』
そうですね〜
私もこの映画は作品賞にノミネートされてもおかしくない傑作だなぁ〜と思いました。
でも、子どもを失う母親の苦しみを思うと、とても再鑑賞は出来そうにありません。
観ながら胸が押し潰されそうになりました。
44. Posted by にゃむばなな   2009年03月01日 21:14
由香さんへ

この映画は母親になった人が見るとより胸を締め付けられる作品のようですね。
自分がおなかを痛めて産んだ子供を探したいのに、警察があれでは何をどう頼っていいのか分からなくなりますし、不安がただ増幅されるだけですもん。
本当に凄い映画だと改めて思いましたよ。
45. Posted by かつかつ   2009年03月02日 08:30
感想遅れました(汗)ホント皆さんのおっしゃる通り作品賞も監督賞にも挙がってもいいのに!って位重厚でさすがイーストウッド監督という作品でした。アンジーの演技も素晴らしく説得力があったし、今更ながら獲っても良かったんじゃないか?って思いました。(すみませんケイト・ウィンスレットあまり好きじゃないんで。それに彼女の主演作の配給元(だっけ?)の黒い話を聞いたせいもあるんですけど)
46. Posted by にゃむばなな   2009年03月02日 16:28
かつかつさんへ

配給元の黒い話は気になりますね〜。もしかしてあれかな?と想いつつも、私も改めて調べてみます。

それにしてもクリント・イーストウッド監督の素晴らしさにアンジーの素晴らしさも見事に加味された映画でしたね。これは本当に凄い映画でした。
47. Posted by えめきん   2009年03月03日 22:30
こんばんは。

ミステリーかと思いきや、組織腐敗をテーマにした骨太の社会派映画でしたね。実に見応えがありました。

僕も三度目の衝撃の時は胸を打たれました。まさかあんな形で感動的な場面を見せてくれるとは。イーストウッド監督はやはり只者ではありませんね。
48. Posted by にゃむばなな   2009年03月04日 16:44
えめきんさんへ

腐敗したLAPDを糾弾して終わりかと思えば、そこから明かされる真相。じっくりと見せられる処刑。そして最後に与えてくれる希望。
想像もつかなかった展開とその衝撃度の大きさにはただただ感服するしかなかったですよ。
49. Posted by dai   2009年03月05日 04:27
こんばんは★

これが事実だというんだから、まさに”真実は小説より奇なり”ですよね。
しかもこれを秀作に仕上げたイーストウッドには頭が下がりますし、母親役を見事に演じたアンジーは凄いの一言しかありませんでした。
50. Posted by にゃむばなな   2009年03月05日 16:32
daiさんへ

こういうことが実際に起こったなんて信じれないですよね。
でもそんな史実を単に描くだけでなく、ここまでの衝撃的で秀逸な作品に昇華させたイーストウッド監督とアンジーはまさに凄いの一言でしたね。
51. Posted by とらねこ   2009年04月02日 00:18
にゃむばななさん、こんばんは。

衝撃が3度訪れる・・・うんうん、とっても上手な表現ですね!
見事な状況描写、おっしゃる通り素晴らしい表現方法だったと思います!
私も、鳥肌具合で衝撃度が勝手に決められてしまいました。脱帽です!!
52. Posted by にゃむばなな   2009年04月02日 12:59
とらねこさんへ

普通の映画なら、鳥肌ものの衝撃って1回くらいしか来ないものなんですけど、この映画では3度も味あわせてくれましたよ。
本当に凄か〜映画でした。
53. Posted by あっしゅ   2009年06月04日 00:04
こんばんわ!コメント遅くなりました。

アンジーの迫真の演技もすごかったですけど、この内容がノンフィクションであること自体がすごい!かなりハマってしまいましたよ。。。
54. Posted by にゃむばなな   2009年06月04日 13:40
あっしゅさんへ

事実は小説より奇なりとは本当によく言ったものですよね。
しかしそれをこのような素晴らしい映画に仕立て上げたことも本当に凄いものだと思いました。
55. Posted by ディープインパクト   2009年10月07日 17:49
 なるほど動を静にする映画とは、うまく言いますね。
 本当にこの映画はそんな感じですね。強調されていたのはアンジェリーの唇の色だけですからね(笑)。
 しかし、それにしてもイーストウッドの映画の演出力は神懸りですね。
56. Posted by にゃむばなな   2009年10月07日 19:52
ディープインパクトさんへ

クリント・イーストウッド監督の演出力は本当に凄いですよね。
この映画にしろ、『グラン・トリノ』にしろ、本当に映画の神様が舞い降りているようですよね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載