2009年02月28日

『オーストラリア』

オーストラリアハリウッドで活躍するオーストラリア人監督が同じくハリウッドで活躍するオーストラリア人俳優2人を主演に迎えて送る、文字通り壮大なラブロマンス作品!というよりはタイトル通り「これがオーストラリアだ!」というアイデンティティを大いに感じる映画でした。
ラブロマンス作品としては『コールドマウンテン』『パール・ハーバー』を合わせたような感じで特に新鮮味はなかったのですが、上映時間165分の割には全く退屈しない映画でした。

一般的にオーストラリアといえば誰もが想像するのは、シドニーやメルボルン、エアーズロックといった有名どころ。でもこの映画の舞台は北部の港町ダーウィン。
オーストラリアに特に興味がある人以外にはあまり知られていないこの港町も郊外には砂漠あり、荒野あり、山岳地帯あり、そして雨期になれば緑豊かな土地になることをこの映画は全編を通して描いているんですよね。
これはまさに観光誘致そのものですよ。オーストラリアにはシドニーなど以外にもこんなにも魅力的な場所がたくさんあるんですよ!海も陸も空も広いんですよ!だってオーストラリアは大陸ですから!と世界に向けて訴えかけているようでした。

ですから鳥瞰撮影もとにかく多いこと。ファラウェイ・ダウンズの屋敷全体をみせるシーンだけでなく、崖に向かって暴走する牛追いのシーンも、ナラが施設に送られる際の港湾を描くシーンも、とにかく空から見下ろすシーンばかり。ついでに人物も真上から撮影するようにすることでオーストラリアは特に空が広いことを猛アピールしている感じがしましたよ。

さらにアボリジニの偉大な文化も悲しい歴史もきちんと描くところもオーストラリアに対する愛国心があるからこそできること。『裸足の1500マイル』でもアボリジニの同化政策が描かれていましたが、個人的にはアボリジニの文化を丁寧に描いたこちらの方が素敵だと思いました。
ナラがアボリジニの伝統文化である「大人になる旅」に出ることもこの国家がそれぞれの民族文化を尊重していることを強調したメタファーとして描いていますし、また日本軍に攻撃を受けたことで町が生まれ変われることもオーストラリアが差別社会から民族共存社会に生まれ変わったというメタファーにしているなど、悲しい歴史も明るい未来への礎として描いているところにはバズ・ラーマン監督の映画的巧さを感じましたよ。

結局映画自体がこんな感じだったので、正直ラブロマンスなんてどうでもよかったです。新鮮味はないし、先の展開も読めるし、人物を深く掘り下げることもしないんですから。
でも本来ならヒロインとして輝くはずのニコール・キッドマンよりも目立っていたヒュー・ジャックマンの魅力が集約されていただけでも十分な映画だったのではないでしょうか。
がっちりとした肉体を見せびらかすワイルドさだけでなく、ヒゲを剃った時のダンディズム、差別を嫌う正義感など、随所に彼の魅力が満載でしたからね。ついでにEDロールでも彼の歌う曲が使われていたりと、とにかくヒュー・ジャックマンこそが今オーストラリアの観光大使だ!と言わんばかりでしたよ。

となるとこの映画でドローヴァーが「オーストラリアへようこそ」と言っているシーンも、もしかしたらこの先オーストラリアの空港ロビーなどで使われるかも知れませんね。ホンマに旬な俳優だな〜って思いましたよ。

深夜らじお@の映画館はオーストラリアに行ったことはないです。

この記事へのトラックバック

1. オーストラリア  [ Akira's VOICE ]   2009年02月28日 16:14
依り所が弱くて,心に響かない・・・。  
2. 劇場鑑賞「オーストラリア」  [ 日々“是”精進! ]   2009年02月28日 16:15
「オーストラリア」を劇場鑑賞してきました「ムーラン・ルージュ」のオーストラリア人監督バズ・ラーマンが、同郷のニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンを主演に迎え、戦時下の当地を舞台に綴るアドベンチャー・ロマン。はるばる異国の地に降り立った英国貴婦人が...
3. オーストラリア  [ そーれりぽーと ]   2009年02月28日 16:42
もう映画は撮らないと言ってたはずのバズ・ラーマンが、『ムーラン・ルージュ』以来久々にメガホンを取った『オーストラリア』を観てきました。 ★★ 大好きなんですよ、赤いカーテン三部作は。 でもこれは…。 『アレキサンダー』がポシャッた代わりに、オーストラリア人...
4. 「オーストラリア」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2009年02月28日 17:06
コピーどおりの壮大でワイルドなスペクタクル作品。燃え上がるロマンスに友情や家族愛、先住民(アボリジニ)によるスピリチュアルな雰囲気までをも漂わせた、何から何までがギュギュギューっと詰め込まれたドラマチ
5. 映画【オーストラリア】  [ ミチの雑記帳 ]   2009年02月28日 17:36
映画館にて「オーストラリア」 『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が、再び二コール・キッドマンと組んだ壮大な物語。 おはなし:第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリア。英国貴族サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、死んだ夫が残した広大な土地...
6. オーストラリア  [ ともやの映画大好きっ! ]   2009年02月28日 18:35
(原題:AUSTRALIA) 【2008年・オーストラリア】試写で鑑賞(★★★☆☆) 「ロミオ&ジュリエット」「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督が、故郷であるオーストラリアの歴史を壮大なスケールで映画化。 ひとりの英国貴族の女性がさまざまな人々と出会いながら、人...
7. 「オーストラリア」を観る  [ 紫@試写会マニア ]   2009年02月28日 20:48
2月の興業作品は、ハリウッド・スターの興行収益や人気番付のランキング上位ばかりが出てくる作品が目白押し!(こっちは財布が寒くなる訳だ) ウィル、アンジーときて、今度の試写はキッドマン&ジャックマンのラブ・ロマンス「オーストラリア」。オーストラリア国家が国...
8. 「オーストラリア」TOHOシネマズ梅田  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2009年02月28日 21:10
2 「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督が母国オーストラリアを舞台にニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンというオーストラリア人俳優を使って壮大な映画を撮りました。 あらすじ 第二次世界大戦が勃発前ロンドンの貴族サラ(ニコール・キッドマン)はオース....
9. Australia観てきた。  [ 下り階段をかけのぼる。 ]   2009年02月28日 21:50
なんかうっかりネタバレしてしまいそうな程ダmあのねえ、面白くないというわけではないんだけど、良い作品と言うにはほど遠い。B.Luhmannの作品ってそういう傾向あるよな。前評判とか一部の人には妙に受けがいいんだけど、実際観てみたら「・・・それで?」レベル。ex)ム...
10. 『オーストラリア』 (2008)/オーストラリア  [ NiceOne!! ]   2009年02月28日 21:58
原題:AUSTRALIA監督・原案・脚本:バズ・ラーマン出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェナム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン試写会場 : ニッショーホール公式サイトはこちら。<Story>第二次世界大戦前夜のオース...
11. 『オーストラリア』  [ ラムの大通り ]   2009年02月28日 22:20
(原題:Australia) ----これ観るの、いつもに比べてちょっと遅いよ。 もう公開まで2週間しかないじゃニャい。 「いやあ、3時間近い映画は どうしても腰が引けてしまうんだよね」 ----でも監督がバズ・ラーマンだし、 その凝った映像を観ているだけで楽しんじゃニャいの。 ...
12. オーストラリア  [ Lovely Cinema ]   2009年02月28日 22:29
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/オーストラリア 監督:バズ・ラーマン 出演:ニコール・キッドマン    ヒュー・ジャックマン    デヴィッド・ウェンハム    ブライアン・ブラウン    ジャック・トンプソン ヒュー・ジャックマンにヒューヒュ...
13. オーストラリア /AUSTRALIA  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2009年02月28日 23:39
『ムーランルージュ』から8年、オーストラリア出身のバズ・ラーマン監督が オーストラリア人俳優、ニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンで、オーストラリアを舞台に創り上げた、 オーストラリアずくしの本作{/ee_3/} でもこれ、アメリカ映画。 ちなみに、オースト...
14. オーストラリア  [ 象のロケット ]   2009年03月01日 00:08
第二次世界大戦勃発前、オーストラリアの牧場から1年も帰って来ない夫を訪ね、ロンドンからはるばるやって来た英国人貴族のサラ。 しかし夫は殺され、屋敷は荒れ果てていた。 サラは財産を守るため、カウボーイのドローヴァー、アボリジニの混血の少年ナラたちと共に、1500...
15. ☆「オーストラリア」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2009年03月01日 01:19
今週の平日休みは今年初の試写会に行ってまいりました。 最近とんと試写会に当たってなかったので、 いろんなところに送りまくったら、二枚も当たっちゃって、姉貴夫婦に一枚進呈。 やっぱり、ニコール・キッドマン主演作は気合が入るのね、ひらりんは。
16. オーストラリア  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2009年03月01日 01:47
2月のトリを飾るのは『オーストラリア』。主演は昨年『ライラの冒険/黄金の羅針盤』がヒットしたニコール・キッドマン。共演は先日のアカデミー賞で司会を務めたヒュー・ジャックマンです。更に監督は『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン。実は3人ともオーストラリア...
17. 映画「オーストラリア」(2008年、米)  [ 富久亭日乗 ]   2009年03月01日 09:03
     ★★★☆☆  監督のBaz Luhrmann 、 主演のNicole Kidman、Hugh Jackman と Australia出身の3人が手掛けた 愛と冒険のロマン。         第2次世界大戦直前の1939年、 英国貴族の夫人Sarah Ashley (Nicole Kidman)が 夫の住む北オーストラリアを訪れるが...
18. オーストラリア  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2009年03月01日 16:37
 『前に進むための涙もある』  コチラの「オーストラリア」は、あたしの大好きな「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督と二コール・キッドマンが再びコンビを組み、2人の祖国である「オーストラリア」を舞台に繰り広げられる2/28公開のエピック・アドベンチャー・...
19. オーストラリア  [ メルブロ ]   2009年03月01日 18:23
オーストラリア 242本目 2009-3 上映時間 2時間45分 監督 バズ・ラーマン 出演 ニコール・キッドマン ヒュー・ジャックマン ブランドン・ウォルターズ デヴィッド・ウェンハム ジャック・トンプソン デヴィッド・ガルピリル 会場 よみうりホール(試写会 166...
20. 映画:オーストラリア  [ よしなしごと ]   2009年03月01日 18:28
 予告編を観たときはそれほど興味をそそられなかったのですが、このブログで何度も紹介しているテレビ番組やぐちひとりの特集を観て、ちょっとおもしろそう・・・。と迷っていたんです。そんな話を会社の後輩としていたら、彼の奥様が試写会に当選しすぎたらしく、2...
21. オーストラリア  [ 悠雅的生活 ]   2009年03月01日 21:35
虹の彼方に・・・
22. オーストラリア  [ ☆C'est joli〜ここちいい毎日を〜☆ ]   2009年03月01日 22:08
3 オーストラリア’08:オーストラリア ◆原題:AUSTRALIA◆監督・製作・脚本: バズ・ラーマン「ムーラン・ルージュ」「ロミオ&ジュリエット」◆出演: ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トン....
23. オーストラリア  [ 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン ]   2009年03月01日 22:14
公式サイト。バズ・ラーマン監督、ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン。舞台のダーウィンには20年近く前行ったことがある。はっきり言って小さな田舎の港町。乾季で日差しはきついが日陰は涼....
24. オーストラリア  [ SUPER BLOG.JP ]   2009年03月01日 22:44
今日は「映画の日」ということで「1000円」で観れちゃうわけ。で、とくに何を観た...
25. 『オーストラリア』を観たぞ〜!  [ おきらく楽天 映画生活 ]   2009年03月01日 23:24
『オーストラリア』を観ました「ムーラン・ルージュ」のオーストラリア人監督バズ・ラーマンが、同郷のニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンを主演に迎え、戦時下の当地を舞台に綴るアドベンチャー・ロマンです>>『オーストラリア』関連原題: AUSTRALIAジャンル...
26. オーストラリア  [ メルブロ ]   2009年03月01日 23:51
オーストラリア 242本目 2009-3 上映時間 2時間45分 監督 バズ・ラーマン 出演 ニコール・キッドマン ヒュー・ジャックマン ブランドン・ウォルターズ デヴィッド・ウェンハム ジャック・トンプソン デヴィッド・ガルピリル 会場 よみうりホール(試写会 166...
27. 「オーストラリア」試写会 大自然の迫力!  [ ノルウェー暮らし・イン・ジャパン ]   2009年03月02日 00:10
試写会絶ちが無事解禁になって、第一弾は、ヒュージャックマンとニコールキッドマン 美しすぎる美男美女カップルの恋愛映画 「オーストラリア」 西部劇的恋愛もの?と、実はさほど興味を示さずに行ったのだけど・・・・・ なんの、なんの、雄大すぎるほどの大自然の迫力...
28. オーストラリア  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2009年03月03日 21:41
4 第二次世界大戦前のオーストラリア。広大な原野を舞台に、強く生きる女性の姿を描く「オーストラリア」。二コール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン主演の一大叙事詩だ。 ヒロインの愛と冒険にのみこまれ、大興奮!!__ハラハラ・ドキドキが連続し、うっとり陶酔して...
29. 「オーストラリア(AUSTRALIA)」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   2009年03月03日 22:46
オーストラリア人(監督)のオーストラリア人(キャスト)による、オーストラリアを舞台にした、オーストラリアという名前の映画
30. 映画「オーストラリア」  [ FREE TIME ]   2009年03月04日 00:41
3月1日のファーストデーに映画「オーストラリア」を鑑賞。
31. オーストラリア  [ 心のままに映画の風景 ]   2009年03月04日 16:51
イギリスの貴婦人レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、 オーストラリアの領地に旅立ったまま1年も帰ってこない夫に会う??.
32. オーストラリア  [ 晴れたらいいね〜 ]   2009年03月05日 00:35
本当は、来週の方がいいかなぁと思ったのですが有休を消化してあげた。ワークシェアよ(ほんまかいな)これは、イマイチ観る気が薄かったんだけど、デヴィッド・ウェンハムもでてるんでやっぱし、大画面でオーストラリア観光しよーということで。恋愛臭は、割と薄いので、....
33. オーストラリア  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2009年03月08日 15:38
アカデミー賞で司会をしたヒューを見て密かに萌えた私としては、何が何でも鑑賞しなければならないではないか―【story】第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリアを訪れた英国貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)。サラは殺された夫が残した広大な土地...
34. 「オーストラリア」  [ クマの巣 ]   2009年03月08日 18:33
「オーストラリア」、観ました。 第二次世界大戦下のオーストラリアで、イギリスの貴族の女性が夫の残した1500頭の牛を売りさばくために奮..
35. 『オーストラリア』  [ cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー ]   2009年03月12日 01:16
ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン主演のドラマ『オーストラリア』を観ましたー。 バズ・ラーマン監督作品ってことで期待は大きかったんですけど、スケールの大きさは感じつつもどうも自分には合わない作品かなーという気もしてみたり。。。 *****************...
36. オーストラリア  [ Yuhiの読書日記+α ]   2009年03月15日 01:01
第二次世界大戦前夜のオーストラリアを舞台にした愛と冒険のドラマ。監督はバズ・ラーマン、キャストは ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン他。 <あらすじ> 第二次世界大戦前夜のオースト...
37. 映画「オーストラリア」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2009年03月15日 19:02
原題:Australia WBCは残念ながら1次ラウンド敗退も、サッカーでは最終予選A組の首位を堅持、映画でいえば「マッドマックス」も「クロコダイル・ダンディー」も良かった・・・ イギリス貴族ながら財政的窮地に陥ったアシュレイ家、危機打開のために夫はオース...
38. オーストラリア◇AUSTRALIA  [ 銅版画制作の日々 ]   2009年03月20日 12:24
オーストラリア♪ついに観た!  ニコール・キッドマンの美しさとヒュー・ジャックマンの野生的な男の魅力がなんともいえませんね。そしてローケションも素晴らしいです!豊かで広大な自然のオーストラリアを舞台に、繰り広げられる二人のラブロマンス。何でもオーストラ...
39. オーストラリア  [ あず沙の映画レビュー・ノート ]   2009年06月08日 11:42
2008 オーストラリア 洋画 ラブロマンス アドベンチャー 作品のイメージ:笑える、カッコいい、ドキドキ・ハラハラ、おしゃれ、スゴイ 出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン 観る前は166分の長尺とい...
40. オーストラリア  [ Addict allcinema 映画レビュー ]   2009年08月13日 16:28
遥かなる異国の地オーストラリアが、一人のイギリス貴族の女性の運命を変える 【関連記事】 ►オーストラリア(ラブシーン)1 壁紙 ►...
41. 「オーストラリア」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2009年08月21日 18:35
これぞオーストラリアという風景は見応えありました

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2009年02月28日 16:19
こんにちは。

う〜ん・・・まさに大河ロマン!という感じの作品でしたね。
でも、それだけだったかもしれません。

2時間45分もの上映時間は全く飽きずに鑑賞出来ました。
オーストラリアに行きたく・・・♪
2. Posted by にゃむばなな   2009年02月28日 16:33
BROOKさんへ

この映画を見てオーストラリアには行きたくなりましたか?
私は正直どっちでもいいって感じでした。
この映画のラブロマンス度具合なみに。
3. Posted by AKIRA   2009年02月28日 16:58
なるほど観光誘致ムービーとして観れば良かったのですね・・・。

ヒューの格好良さ全開でしたね!
Xメンのスピンオフ「ウルヴァリン」が待ち遠しい。^^:
4. Posted by たいむ   2009年02月28日 17:04
監督の気持ちがビンビンって映画でしたよね。がっつり「これがオーストラリアだ、どーだ!」って感じでw

いつかカンガルーと一緒に車で走ってみたいものです。
5. Posted by ミチ   2009年02月28日 17:38
俯瞰撮影が多かったですよね〜。
その俯瞰もどこまでがCGなのか、全部実写なのか、そんなことを考えながら見ておりました(汗)
6. Posted by にゃむばなな   2009年02月28日 18:22
AKIRAさんへ

どこから見ても観光誘致映画って感じでしたよ。

ヒュー・ジャックマンの新作も楽しみですね。
7. Posted by にゃむばなな   2009年02月28日 18:26
たいむさんへ

カンガルーと一緒にというのはいいですが、もしかしたら目の前でこの映画みたいなことが起こるやも。

それはできればナマでは見たくないですね。
8. Posted by ともや   2009年02月28日 18:45
こんばんは、にゃむばななさん♪
あのオーストラリアの壮大さは、一度は実際に体験してみたいですよね♪

どっちかというと恋愛映画ではなく、ハーフのアポリジニ・ナラの成長物語ですよね。
ちょっと上映時間、長って思いましたが、充分楽しめましたわん♪
9. Posted by にゃむばなな   2009年02月28日 19:00
ミチさんへ

何でもCGで描ける今のこの時代。
ロケでしか出せないはずだった映像もやがてなくなっていくんですかね。
この映画を見ていると、そんな気がしましたよ。
10. Posted by にゃむばなな   2009年02月28日 19:03
ともやさんへ

オーストラリアの雄大さは確かに一度体験してみたいですよね。

それにしてもホント、アボリジニ少年の成長物語でしたね〜。
それならそれで一貫してほしかったですけどね。
11. Posted by YUKKO   2009年02月28日 21:08
ナラを演じたアボリジニの少年が印象的でしたね。アカデミー賞の司会を務めたヒューの格好よさも抜群でしたが、いろいろ詰め込みすぎて、大味でしたね。
私はとりあえず「ゴールド・コーストマラソン」に行きたいです。
12. Posted by えふ   2009年02月28日 22:29
ヒューさまのかっこよさと、
オーストラリアの広大な自然、
牛追いと船に乗り込む競争シーンと、
わりと楽しめたのですが、
最後の日本軍が・・・
知らなかったのでショクでした。。。
日本はもっと自国の歴史を教えたほうがいいとおもいました。。。
13. Posted by MIL   2009年03月01日 00:32
3 日本軍はオーストラリア上陸してません
日本兵が取り囲むシーンは嘘です
エンタテイメントと風景は見事な映画ですがこの辺りは誤解を招かれる作品です
14. Posted by mig   2009年03月01日 08:04
2 にゃむばななさん
おはようございます。

楽しめたみたいですね★
オーストラリアの宣伝映画ならそれはそれで良かったんですが
どうもあのラブストーリーにはのめり込めずでした、、、、
お決まりパターンってわかってても
こんな長いのでもっとみどころが欲しかったなぁ。残念です
15. Posted by miyu   2009年03月01日 16:38
EDロールの歌ってクラプトンってなってたのですが、
そっかぁ〜あれはヒューの歌声だったんですかぁ〜♪
でも、本当彼の魅力満載でしたよね!
男性から観ても彼の男臭いワイルドな感じって
素敵でしょうが、女性にしたらもうたまらないですよ( ´艸`)
あたしも長さは然程感じませんでした。
結構見どころ色々あって、やっぱりバズ・ラーマン監督は
盛り上げ方が上手いなぁ〜と思いましたもの。
16. Posted by にゃむばなな   2009年03月01日 21:00
YUKKOさんへ

前半の牛追いのシーンを短くすれば、もう少し見やすい作品になっていたのかも知れませんが、ちょっとバズ・ラーマンにしたら大味でしたね。

「ゴールド・コーストマラソン」ですか。私にはマラソンは不向きですが、頑張ってまた無事に完走されてくださいね。
17. Posted by にゃむばなな   2009年03月01日 21:03
えふさんへ

そうですよね、日本とオーストラリアが戦争をしていたなんて多くの日本人は知らないでしょうからね。
あれは歴史好きか、オーストラリア好きしか知らない史実ですよ。
18. Posted by にゃむばなな   2009年03月01日 21:07
MILさんへ

日本とオーストラリアが戦争していたことは知ってましたが、上陸まではしていなかったんですね。
勉強になりました。ありがとうございます。
バズ・ラーマン監督も勇み足でしたね。
19. Posted by にゃむばなな   2009年03月01日 21:10
migさんへ

確かにもう何度も使い古されたパターンの映画ですよね。
私も予告編の段階で「またか?」と思っていたので、ハナからオーストラリア人によるオーストラリアの映画がどんなものかという点に注目して見てましたよ。
期待できない映画も見方次第で楽しむしかないですね。
20. Posted by にゃむばなな   2009年03月01日 21:22
miyuさんへ

映画を見る前に得た情報ではあれがヒュー・ジャックマンの歌声らしいですよ。

この映画におけるヒュー・ジャックマンって男から見て格好よすぎるやろ!と思うシーンは多々あったのですが、あの肉体美を見せられちゃ〜何も言えなくなりますよ。
あんな男前な肉体、憧れを通り越してひれ伏してしまいそうです。
21. Posted by 悠雅   2009年03月01日 21:38
こんばんは。
主演2人は綺麗だし、キング・ジョージの存在感は凄いし、
ナラのピュアな表情は可愛いし、
雄大な自然は桁外れだし、
見せたいものがたくさんあるんだ、という主張が聞こえてきそうなくらいでした。
22. Posted by にゃむばなな   2009年03月01日 21:51
悠雅さんへ

オーストラリアの魅力をこれでもか!って言わんばかりに見せてくれた映画でしたね。
これでオーストラリアへの観光客は増えるのでしょうか?
山火事で大変な時期だけに、オーストラリアにとって好材料になることを祈るばかりです。
23. Posted by 佐藤秀   2009年03月01日 22:22
ダーウィン行くならカカドゥ国立公園です。途上で映画「バグズ・ワールド」のような巨大な蟻塚ありましたよ。この映画には出てこなかったけれど。
24. Posted by えい   2009年03月01日 22:26
こんばんは。

なるほど『コールド・マウンテン』に
『パール・ハーバー』か。
このふたつを一つの映画の中に入れ込むのは
やはり無理があったようですね。
前半だけだったら、けっこう楽しめたのに、
ほんと後半は駆け足でした。
25. Posted by ノルウェーまだ〜む   2009年03月02日 00:36
にゃむばななさん、こんばんわ☆
暗い過去も明るい未来に変えてしまうオーストラリアって、自然だけでなく懐も広いのですね〜。
とにかく今こそのヒュー・ジャックマンが、素晴らしかったです。
26. Posted by にゃむばなな   2009年03月02日 16:04
佐藤秀さんへ

私はオーストラリアに行ったことがないのですが、ダーウィン近郊にはそういう名所があるんですね。勉強になります。
27. Posted by にゃむばなな   2009年03月02日 16:07
えいさんへ

両作品とも壮大なラブロマンスとして描いていましたからね。
この映画もそんな路線を王道で行くような作品でしたよ。

できれば前半の牛追いのシーンだけにしておけば、映画としてはもう少しマシになっていたかも知れませんね。
28. Posted by にゃむばなな   2009年03月02日 16:23
ノルウェーまだ〜むさんへ

ほんと、改めてオーストラリアは大陸なんだなぁ〜って思いましたよ。
でもそれだけの映画でしたね。
ヒュー・ジャックマン人気だけは上がりそうですね。
29. Posted by FREE TIME   2009年03月05日 00:00
こんばんは。
上映時間が長かったけれど、オーストラリアのスケールの大きさを堪能出来ただけでも、お腹いっぱいになる作品でした。
この映画を観てオーストラリアに行きたいなんて思っている人が増えてきそうですねw


30. Posted by にゃむばなな   2009年03月05日 16:30
FREE TIMEさんへ

某旅行会社もタイアップしていることですし、オーストラリアに観光に行く人が増えそうですね〜。
でも大部分はシドニーやエアーズロックに流れそう・・・。
この映画で描かれていたダーウィンにはどれくらいの人が行くんでしょうね?
31. Posted by ちゃぴちゃぴ   2009年03月06日 00:40
こんばんはー。
オーストラリアのいじられていない自然もさることながら、ヒュー・ジャックマンの魅力全開で、ぽっーとなりました。
アカデミー賞も観たばかりだったし、余計にそう感じたのかもしれません。

恋愛は映画としては新鮮味もなく、展開は読めましたねぇ。でも、この長い時間を退屈することなく観られたのは、よかった。
書いておられるように鳥瞰撮影は効果的で、アポリジニと白人とのこともオーストラリアの側面を伺わせてくれました。
思ったよりも、よかったかな。
32. Posted by にゃむばなな   2009年03月06日 14:20
ちゃぴちゃぴさんへ

オーストラリアのためのヒュー・ジャクマンの映画って感じでしたね。
もうどれだけ男前やねん!って思いながらも、同じ男として嫉妬しない彼の魅力には素直に頭が下がりました。
33. Posted by 由香   2009年03月08日 16:15
こんにちは〜♪
ヒューは素敵でしたね〜
流石セクシーな男No1です!!
・・・・・でも、素敵は素敵なんだけど、何だか整い過ぎているのよねぇ〜
完璧な肉体、小さくって美しい顔、歌やダンスも巧いし、ちょっと野性味もある。
う〜ん、、、天の邪鬼の私としては、悪役のデヴィッド・ウェンハムの憎々しさが可愛らしく思えたりして(笑)
34. Posted by にゃむばなな   2009年03月08日 19:56
由香さんへ

ヒュー・ジャックマンは確かに今一番イケてる男性俳優でしょう。
でもね〜、やっぱりブラピやレオくんと比べると魅力が大衆ウケ程度に留まっているような気がするんです。

単に見てくれだけではない、俳優としての魅力も是非これから兼ね備えてほしいものです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載