2009年03月05日

『夕凪の街 桜の国』

夕凪の街桜の国広島のある、日本のある、この世界を、愛するすべての人へ。
広島市を訪れたことのある方ならこの言葉の深さを感じていただけると思います。
こうの史代先生の同名マンガを実写映画化したこの作品は、いずれ被爆者という語り部がいなくなったとしても、その心の傷は世代を超えてずっと残る。いや残さなくてはならないということをより重く感じた繊細な映画でした。そしてこの映画を見て、私はもう一度広島を訪れたくなりました。

昭和33年に生きる平野皆実を主人公にした「夕凪の街」と、彼女の姪で平成19年に生きる石川七波を主人公にした「桜の国」という2部構成で描かれるこの作品。
これまで原爆被害の作品といえば、「裸足のゲン」を始め被爆直後のものが多いのですが、この「夕凪の街」で描かれるのは原爆投下から13年後。
阪神大震災を経験した我々でも10年経てば被害の爪痕もなくなり風化が問題視されていますが、皆実が防火水槽に毎日合掌したり、銭湯に行けばみんなケロイドが色濃く残る体だったりと、原爆被害というのは全く過去のものにならない、常に自分の目の前に存在し続けているというのがとても恐ろしく感じました。

また皆実が自分は「死んだらええ」と思われた人間だからと泣き崩れるくだりも凄く心に響き残りました。
これまで戦争といえば基本は軍人同士の殺し合い、そこに民間人が巻き込まれるという認識がありましたが、原爆投下というのもよく考えてみればあの計画を実行に移す時点でアメリカ側には確実に広島の民間人は「死んだらええ」と思っているに違いないんですよね。
そこに戦争を終わらすためだったとか、仕方ないとかという言い訳は通用しない。どんな言い訳をしようと少なくとも「死んだらええ」という思いを持って原爆を投下しているのだと思えば思うほど、その被害に遭われた方の心の傷がいかに深いか、想像もつかないです。

どれだけ多くの人が被爆という恐怖に何年も苦しみ、被爆さえしなければ得ることができたはずの幸せを諦めざるを得なかったか。特に幸せになりたいという想いが強い女性の悲しみは計り知れないです。
あの恐ろしい日から何年経ってもその原爆症という恐怖から一度たりとも逃れることができないのですから。

でもそんな悲しみを経験された人たちがいたから今の私たちはこの平和な「桜の国」に生きることができているのも事実。ならば私たちがそういった先人のことを忘れてしまうのは大変失礼なことであり、恩義に反することでもあると思うのです。
戦争を経験していない私たちもある意味「生かされている」人間。あの戦争で苦しみ、望んでいた幸せを手放さざるを得なかった人たちの分まで「長生き」しなければと改めて思いましたよ。

そしてそんな平野皆実を演じた麻生久美子さんと彼女が話す広島弁が個人的にはかなり好きになりました。やはりきれいなお姉さんが話す方言っていいですよね。私は標準語より方言派なので、この映画も「桜の国」よりは「夕凪の街」の方が印象的でした。

深夜らじお@の映画館は方言を話す女性が大好きです。

acideigakan at 18:00│Comments(4)clip!映画レビュー【ま行】 

この記事へのトラックバック

1. 『夕凪の街桜の国』 (2007) / 日本  [ NiceOne!! ]   2009年03月06日 08:29
監督・脚本:佐々部清原作:こうの史代出演:田中麗奈、麻生久美子、吉沢悠、中越典子、伊崎充則、金井勇太、藤村志保、堺正章公式サイトはこちら。<Story>原爆投下から13年後の広島。そこに暮らす平野皆実(麻生久美子)は、打越(吉沢悠)に愛を告白される。だが...
2. No.100 夕凪の街 桜の国  [ 気ままな映画生活 ]   2009年03月07日 13:09
4 原爆投下から13年経過した広島、 「夕凪の街」と平成19年の東京を舞台にした 「桜の国」の時代を超えて原爆の記憶背負って 生きる女性の物語です。
3. 夕凪の街 桜の国  [ 本と映画、ときどき日常 ]   2013年12月31日 01:41
監督 佐々部清 出演 麻生久美子     田中麗奈     中越典子 広島に原爆が投下された13年後と現在を舞台にし、それぞれその時代に生きる女性の視点から観た作品。 今でもなお、そしてこれから先も語り継いでいかなければいけない原爆投下の悲痛。 それでも...

この記事へのコメント

1. Posted by rose_chocolat   2009年03月06日 17:34
そうですね。「夕凪の街」と「桜の国」はつながりはあるのですがトーンは全く異なります。私もどちらかというと「夕凪の街」のほうが好きです。被害に遭われた方の心の叫びほど哀しいものはありません。
皆実には幸せになってもらいたかったですね。
2. Posted by にゃむばなな   2009年03月06日 21:41
rose_chocolatさんへ

そうですよね、私も皆実には本当に幸せになってほしいと思いましたよ。
幸せになりたいのになれないあの悲しみ。
二度と繰り返してほしくないと切に願います。
3. Posted by シムウナ   2009年03月09日 02:14
TB有難うございました。
麻生久美子の大ファンなのですが、
彼女の”私は生きててもいいの?”という
台詞で涙が止まらない状態になりました。
戦争で経験して生き残った人たちも
ずっと苦しんでいるのだと実感しました。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】〜と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
4. Posted by にゃむばなな   2009年03月09日 15:11
シムウナさんへ

麻生久美子さんはきれいで、いい女優さんですよね。
彼女の雰囲気が私も凄く好きですよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載