2009年04月01日

『フィッシュストーリー』

フィッシュストーリーつながった〜!気持ちいいくらいに1953年〜2012年までひとつにがつながっちゃった〜!
最後に「FISH STORY」がフルで流れるまではどないなるかと思ってましたが、まさか本当に誰にも聴かれなかったパンクレコードが世界を救うなんて、笑っちゃうほど面白かったです。

もともと『アヒルと鴨のコインロッカー』の映画としての出来がいいということで伊坂先生の方から中村監督に映画化の打診をしたというこの企画。個人的には主題歌の「Summer Days」も提供している斉藤和義さんが全面プロデュースしているということで興味があったのですが、まぁこれが音楽も映画も十分に満足のいく作品でしたよ。

1975年に作られた逆鱗の、どうせ売れないレコード「FISH STORY」。1982年にコンパでつまはじきされた気弱な男。1999年にノストラダムスの大予言とノアの箱舟で失敗したペテン師。2009年に修学旅行でシージャックに遭遇した女子高生と正義の味方。そして地球に彗星が衝突するまであと5時間の2012年。

この全く何の関係もない5つの話が点々バラバラに進んでいくのですが、これがいつまで経ってもなかなか各エピソードが一本の線になることはないんですよね。まぁ1999年のペテン師が2012年に登場したりなど、何となくそれぞれの話を繋げようと思えば繋げることはできるのですが、この先どう展開していくのかは全く予想がつきませんでした。

ところが訳あって空白にした間奏の1分間に込められていた逆鱗と岡崎プロデューサーの5人の想いが分かったところから、この5つの話が見事に繋がるんですよね。これがもうたまらないくらいに気持ちいい♪

「FISH STORY」を「ホラ話」ではなく「魚の話」と間違えた1953年から、どうせ売れないレコードでもいつかどこかで誰かが聴いてくれたらと願い、その願いが時代を超えて実現して出会いのきっかけになる。しかもその出会いがまた新たな出会いを生み、そしてその新たな出会いがやがて世界を救う。もう最高です!

また映画好きの伊坂先生だけあって、彗星爆破が『アルマゲドン』計画であったり、正義の味方の修行風景が『ベスト・キッド』そのまんまだったり、逆鱗の3人が『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』みたいに客席に飛び込んだりと映画的小ネタも満載。

さらに正義の味方ゴレンジャーから始まり、伊藤淳史さんの部屋にあった星型の鍋敷きや世界を救ったヒーローの人数など随所に「5」という数字に関連しているのも非常に興味深いところ。
そもそもきっかけとなった「FISH STORY」に特別な想いを込めたのも逆鱗と岡崎プロデューサーの5人ですし、この曲がきっかけで繋がるエピソードの数も5つ。そして五線譜で現されるその音楽が救うのが有人5大陸を表す世界。
もうお見事!としか言い様のない素晴らしさです!

ちなみに1982年のエピの冒頭で話題になっていたかぐや姫の「私にも聞かせて」という心霊音声ですが、あの音声が録音されたMDを私は持ってます。あれは何度聴いても本当に怖いです。状況的に入ることのない声が確実に入ってますから。

深夜らじお@の映画館の誕生月もラッキーナンバーも5です。

この記事へのトラックバック

1. フィッシュストーリー  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2009年04月01日 20:10
公式サイト伊坂幸太郎原作、中村義洋監督、伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田岳、森山来來、大森南朋、渋川清彦、大川内利充、眞島秀和、江口のりこ、山中崇、波岡一喜、高橋真唯、石丸謙二郎。末期がん患者(石丸謙二郎)は至福の瞬間が迫り、避難して人気のない町を電動....
2. フィッシュストーリー  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2009年04月01日 20:48
 『きっと、つながる』  コチラの「フィッシュストーリー」は、”発売当時だれにも聞かれなかった曲が、時空を超えて人々をつなぎ、世界を救う!「アヒルと鴨のコインロッカー」のチームが贈る、伊坂幸太郎ワールド第2弾!!”となる3/20公開のヒューマン・ファンタジー...
3. フィッシュストーリー/伊藤淳史、高良健吾  [ カノンな日々 ]   2009年04月01日 21:34
『アヒルと鴨のコインロッカー』の伊坂幸太郎さんの同名小説を映画化した作品です。大好きな作家さんですと言いつつも未だに一作品も読まずにいますけど実は一作だけ購入した本があるんです。でも何故か手をつけずに験担ぎを続けてます(笑)。 出演はその他に、多部未華子....
4. フィッシュストーリー  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2009年04月01日 22:36
伊坂幸太郎の短編小説を映画化した作品。監督は中村義洋。主演は伊藤淳史だが、バンド“逆鱗”の仲間として高良健吾、渋川清彦、大川内利充が共演。他にも森山未來、濱田岳、多部未華子、大森南朋、石丸健二郎、中村有志など若手とベテランが多数出演している。というか、そ...
5. フィッシュストーリー  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2009年04月01日 22:49
3月24日(火) 21:05?? チネ4 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:700円(買っていない) 『フィッシュストーリー』公式サイト 『アヒルと鴨のコインロッカー』の原作、監督コンビの作品。伊坂幸太郎原作映画は、いくつか見ているが、小説は一冊も読んで...
6. フィッシュストーリー  [ いつか深夜特急に乗って ]   2009年04月01日 23:12
製作年:2009年 製作国:日本 監 督:中村義洋 “フィッ
7. フィッシュストーリー  [ Memoirs_of_dai ]   2009年04月01日 23:38
ただでは終わらん大ボラ話(FISH STORY) 【Story】 1975年、鳴かず飛ばずのパンクバンド“逆鱗”のメンバー4人(伊藤敦史、高良健吾、渋川清彦??.
8. フィッシュストーリー  [ 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 ]   2009年04月01日 23:51
私は伊坂幸太郎原作の映画とはどうにも相性が悪い。それを差し引いても、この映画はいただけない。70年代に活動した売れないパンクバンド“逆鱗”の楽曲「FISH STORY」を軸に、4つの時代の事件がバラバラに描かれ最終的には一つにつながって、2012年の地球滅亡の....
9. 映画「フィッシュストーリー」  [ またり、すばるくん。 ]   2009年04月02日 00:20
予告を見た時に、面白そう!と思った映画「フィッシュストーリー」を見て参りました。
10. フィッシュストーリー  [ to Heart ]   2009年04月02日 01:19
きっと、つながる 製作年度 2009年 上映時間 112分 原作 伊坂幸太郎 『フィッシュストーリー』(新潮社刊) 脚本 林民夫 監督 中村義洋 出演 伊藤淳史/高良健吾/多部未華子/濱田岳/森山未來/大森南朋/渋川清彦/石丸謙二郎/草村礼子 『アヒルと鴨のコインロッカー』に続き...
11. フィッシュストーリー  [ 5125年映画の旅 ]   2009年04月02日 07:35
2012年、巨大彗星の衝突で世界は滅亡の危機に直面していた。2009年、北海道行きのフェリーがジャックされた。1999年、ノストラダムスの預言の時が近づいていた。1982年、一人の大学生が自分の自分の不甲斐無さを嘆いていた。そして1975年、それらの出...
12. 『フィッシュストーリー』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2009年04月02日 08:20
□作品オフィシャルサイト 「フィッシュストーリー」□監督 中村義洋 □脚本 林 民夫 □原作 伊坂幸太郎(フィッシュストーリー」新潮社)□キャスト 伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田 岳、森山未來、大森南朋 ■鑑賞日 3月25日(水)■劇場 チネチッタ■cy...
13. フィッシュストーリー(映画館)  [ ひるめし。 ]   2009年04月02日 13:13
きっと、つながる
14. 『フィッシュストーリー』売れないバンドの物語から地球滅亡を救うとこまで、爽やかに繋がるんだな  [ ketchup 36oz. on the table 〜新作映画レビュー ]   2009年04月02日 23:09
『フィッシュストーリー』 監督: 中村義洋 プロデューサー: 宇田川寧 / 遠藤日登思 原作: 伊坂幸太郎 脚本: 林民夫 撮影: 小松高志 美術: 仲前智治 編集: 大畑英亮 音楽プロデューサー: 斉藤和義 照明: 松岡泰彦 録音: 高野泰雄 キャスト:伊...
15. 『フィッシュストーリー』(2009)/日本  [ NiceOne!! ]   2009年04月03日 00:22
監督:中村義洋原作:伊坂幸太郎音楽プロデュース:斉藤和義出演:伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田岳、森山未來、大森南朋試写会場 : 一ツ橋ホール公式サイトはこちら。<Story>1975年、セックス・ピストルズがデビューする1年前。最後のレコーディングで...
16. フィッシュストーリー  [ 象のロケット ]   2009年04月03日 05:55
2012年、彗星の衝突まであと5時間。 人々が避難し静まり返った街で、一軒だけ営業を続けているレコード店があった。 店長はつぶやく「正義の味方が地球を救う」。 店に流れているのは70年代に全く売れなかったパンクバンド“逆鱗”の最後のアルバム「フィッシュ・ストーリ...
17. 【フィッシュストーリー】  [ 日々のつぶやき ]   2009年04月03日 11:17
監督:中村義洋 出演:伊藤淳史、森山未來、浜田岳、高良健吾、多部未華子、大森南朋、石丸謙二郎 「1975年セックス・ピストルズがデビューする1年前、「FISH STORY」を最後に出して消えたパンクバンド“逆鱗”。1982年、いつか世界を救うと予言された、同級生の運転
18. 「フィッシュストーリー」  [ ジグソーのオレデミーアワード日記 ]   2009年04月04日 02:13
「フィッシュストーリー」(2009) 《きっと、つながる》 4/3 シネクイントにて観賞 監督:中村義洋 原作:伊坂幸太郎 cast 伊藤淳史 、 高良健吾 、 多部未華子 、 濱田岳 、 森山未來 、 大森南朋 story 2012年、彗星の地球への衝突が5時間後に迫り世界が終わろうとする中...
19. フィッシュストーリー ─ 無意味なコトなど何ひとつない ─  [ Prototypeシネマレビュー ]   2009年04月05日 15:20
─ 無意味なコトなど何ひとつない ─ 伊坂幸太郎の人気小説が、中村義洋監督をはじめとする『アヒルと鴨のコインロッカー』のチームによって映画化。1曲の売れない音楽が全て繋がって最終的には世界を救う…という、ややファンタジックなストーリーです。 物語は1975....
20. 「フィッシュストーリー」:青山斎場バス停付近の会話  [ 【映画がはねたら、都バスに乗って】 ]   2009年04月09日 19:15
{/kaeru_en4/}あと5時間後に地球が滅びるとしたら、俺はここにいたいね。 {/hiyo_en2/}どうして葬儀場なんかに? {/kaeru_en4/}成仏しそうな感じがするじゃないか。 {/hiyo_en2/}辛気臭っ。それより、自分の好きなことをやったほうがいいんじゃないの?好きなアーティストの...
21. [映画『フィッシュストーリー』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 ]   2009年04月17日 15:19
★MOVIX昭島での、最終上映に駆け込んできましたよ^^  明日から、ロードショーがいっぱいだから、上映終了の映画も多いですな。    ◇  簡単に言うと、これは「小エピソード連鎖」の物語である。  とあるパンク(と言うジャンル名さえない頃の)バンドの売...
22. 「フィッシュストーリー」シネリーブル梅田  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2009年04月23日 07:23
「アヒルと鴨のコインロッカー」の中村義洋監督が原作者の伊坂幸太郎さんに次回作はこれがいいのではと打診され作った作品です。とにかく、評判がいいので、ようやくレイトショーで見ました。 あらすじ 2012年彗星の衝突まであと5時間。人一人いない町でのレコード店....
23. 『フィッシュストーリー』試写会鑑賞  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2009年04月27日 22:29
1975年、セックス・ピストルズがデビューする1年前。最後のレコーディングで「FISH STORY」を放った、早すぎたパンクバンド“逆鱗”。1982年、いつか世界を救うと予言された気弱な大学生。2009年、シージャックに巻き込まれた女子高生と、正義の味方になりたかったフェリーの
24. 映画【フィッシュストーリー】  [ ミチの雑記帳 ]   2009年05月15日 20:02
映画館にて「フィッシュストーリー」 伊坂幸太郎の原作を『アヒルと鴨のコインロッカー』の中村義洋監督が映画化。 おはなし:1975年、鳴かず飛ばずのパンクバンド“逆鱗”のメンバー4人は、解散前最後のレコーディングに挑んでいた。そして、地球の滅亡まで数時間に迫った...
25. 【映画】フィッシュストーリー  [ 新!やさぐれ日記 ]   2009年05月17日 17:05
▼動機 多部未華子&濱田岳&中村義洋 in 伊坂ワールド ▼感想 なるほど「おとぎ話」とはよく言ったもの ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 1975年、ピストルズがデビューする1年前。鳴かず飛ばずのバンド「逆鱗」のメンバー4人(伊藤敦史、高良健吾、渋...
26. 「フィッシュストーリー」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2009年05月19日 21:54
「僕の孤独がぁ??(ダダダ ダン) 魚だったらぁ??(ダダダ ダン)♪」何度も繰り返して聞かされると必ず頭の中でエンドレスにグルグルと回ってしまうような曲の一つと思う。何たってヘンテコリンな歌詞だし、「ダ
27. フィッシュストーリー  [ 悠雅的生活 ]   2009年09月27日 10:36
「いつか世界を救う」。「誰かに届け」。「礼なら父に」。
28. フィッシュストーリー : 信じれば繋がる  [ こんな映画観たよ!-あらすじと感想- ]   2012年10月08日 20:05
 今日は、朝から随分と気温が高いですね。もう少しで3月になりますし、少しずつ張るが近づいているのでしょう。では、本日紹介する作品はこちらになります。 【題名】 フィッシ
29. 映画:「フィッシュストーリー」〜録画で  [ David the smart ass ]   2013年03月30日 16:49
先日、ロシアの隕石落下は、実際の上空通過の映像もあって、テレビも、ネットもちょっとした騒ぎでしたね。 あんな隕石(「分解直前……直径は数mから15mと見られている」→Wikipedia)でも、通過落下時の...

この記事へのコメント

1. Posted by 佐藤秀   2009年04月01日 20:13
私、この物語の背景になっている知識に乏しく、にやむばななさんほど楽しめなかった感じでした。
ところで、4月1日を機にブログタイトル変えました。これからもよろしくお願いします。
2. Posted by miyu   2009年04月01日 20:50
本当気持よく繋がりましたよね〜。
お話自体なかなか素敵なエピが満載だったので、
より気持ち良かったのかもしれませんね〜。
3. Posted by にゃむばなな   2009年04月01日 21:29
佐藤秀さんへ

どんな作品にも合う合わないというのがありますからね。

それとブログタイトル、変更しておきます。
4. Posted by にゃむばなな   2009年04月01日 21:32
miyuさんへ

そうですね。確かにどのエピも素敵でした。
個人的には1975年と2009年が好きですよ。
5. Posted by かのん   2009年04月01日 21:50
こんばんわ。
こういう繋がり方は気持ちいいですよね。とっても爽快な気分でした。
ひとつひとつのエピソードも味があって楽しめたのも良かったと思います。

心霊現象の音源って「万華鏡」のことだと思ってました(笑)。
6. Posted by えい   2009年04月01日 21:53
こんばんは。
入っていないはずの声が入っているレコードの話って
けっこうありましたよね。これに限らず、小ネタが多く
観ていて始終ニヤニヤ。
もう一回、観たくなる映画でした。
7. Posted by KLY   2009年04月01日 23:20
こんばんは^^
実は私は「Fish STORY」がホラ話という意味だって全然知らなくて、散々引っ張ったあとの繁樹の脱力感がえらく身近に感じました。(笑)

というか、他のメンバーが意味知ってたのにちょっと驚いたんですよね。何でそんなこと知ってんだよ!って。^^;

個人的に小ネタ部分がすごく懐かしかったです。どれも夢中になってたので。
8. Posted by Ageha   2009年04月01日 23:35
TSUTAYAで BOOK担当のくせ
担当ジャンルが
映画原作文庫ばっか
入ってくるのをいい事に映画の話ばっかしてるんですが

伊坂作品はこのあと
重力ピエロがあって
東京1館と高崎映画祭オンリーのようですが
ラッシュライフも
6月映画公開されます。私をかろうじて活字離れから救ってくれてる
数少ない作家(笑)

伊坂作品て最後のパズルのピースがハマった時の快感が魅力。

今回のホラ話は
妙に見た人を幸せな気分にしてくれる余韻が
ありました。
9. Posted by dai   2009年04月01日 23:44
こんばんは★

映画の小ネタは面白かったですねw
それにラストのハマり方は見事でした。
でも個人的にいつも彼の作品は自分には
ハマらないんですよね・・・。
10. Posted by kira   2009年04月02日 01:27
これは予告も観てなくて、かなり前にチラシをみたきりだったので
ちょっと「ビッグフィッシュ」みたいな感じかとも思ったのですが、
なんだかこのバカバカしさが身近で(笑)
懐かしいような、好きな作品でした♪
あの"つぶやき"ごと、逆鱗のCDが欲しいくらいです^^
11. Posted by えめきん   2009年04月02日 07:45
こちらにもお邪魔します。

いくつものエピソードが結末に向けて収束していくという話は結構ありますが、一枚のレコードが彗星衝突の危機を救うという、まさしく「ホラ話」が展開されるストーリーにはただただ感心してしまいました。

やっぱり正義の味方の話が好きですね。パッとしない森山未來がしっかりヒーローしている姿は面白かったです。
12. Posted by cyaz   2009年04月02日 08:34
にゃむばななさん、こんにちは^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m
無音状態ではないですが、結構怪しげな声や音が入っているCD(レコード)も多いですね(笑)?!
直前に『アヒル〜』を観たものですから、そのインパクトの強さと「風に吹かれた」が頭の中を巡ったままに観たので、やや期待していたものは得られませんでしたが、“逆鱗”することもなく(笑)、面白かったです!
13. Posted by にゃむばなな   2009年04月02日 12:48
かのんさんへ

全く関係のなさそうなストーリーたちが、本当に気持ちよく繋がってくれましたよね。
しかもどのエピも面白かったですよ。
14. Posted by にゃむばなな   2009年04月02日 12:49
えいさんへ

そうですね。この映画をもう一度見ると、結構細かいところで新しい発見がたくさん出てきそうな感じですよね。
そしてもう一度「FISH STORY」もフルで聴きたいですよ。
15. Posted by にゃむばなな   2009年04月02日 12:52
KLYさんへ

あの逆鱗の中で繁樹は結構頭良さそうな感じだったんですけど、そういうギャップもなかなか味があって面白かったです。
小ネタは本当に面白かったですね。原作者が映画好きだけあって、同じ映画好きとして凄く楽しめましたよ。
16. Posted by にゃむばなな   2009年04月02日 12:53
Agehaさんへ

これからも伊坂先生の作品は次から次へと映画化されていきそうですね。
こうなりゃ今まで以上に伊坂作品に注目しなければ!
17. Posted by にゃむばなな   2009年04月02日 12:55
daiさんへ

合う合わないというのは不思議なことに誰にでもありますよね。
私もこの監督の作品は全くダメとか、よくありますよ。

でもこの映画のラストの見事さは本当に爽快でした。
18. Posted by にゃむばなな   2009年04月02日 13:01
kiraさんへ

あぁ〜私も同じです。
あの空白の1分間に込められた思いがしっかり入った「FISH STORY」を何度も聴きたくなりますよね。
あのつぶやきがあってこその、逆鱗の音楽って感じですもん。
19. Posted by にゃむばなな   2009年04月02日 13:09
えめきんさんへ

レコードと彗星衝突が繋がってしまうというこの「ホラ話」的展開が非常に面白かったですよね。

あの正義の味方は私も好きです。まさしくヒーローでしたもんね。
20. Posted by にゃむばなな   2009年04月02日 13:10
cyazさんへ

最後までどうなるか分からなかっただけに、もしかしたら逆鱗するかも?という不安を見事に蹴散らしてくれたラストでしたね。
本当に「逆鱗」しなくてよかったですよ。
21. Posted by rose_chocolat   2009年04月03日 07:56
苦手な中村作品ということで、イチかバチかでいつも鑑賞するんですが(爆)、これはお見事でした。いやー、よかったです。
最後も妙に爽快ですよね。
22. Posted by にゃむばなな   2009年04月03日 16:03
rose_chocolatさんへ

監督に好き嫌いは誰にでもあれど、この映画を見て伊坂先生原作モノに関しては、これから見て行きたくなりましたよ。
本当に最後は爽快でしたね。
23. Posted by ジグソー   2009年04月04日 02:20
どうも!

本当に爽快感と後味の良さが抜群に良かったです!

繋がった所ももちろん素晴らしかったんですが、それがなかったとしても一つ一つのエピソードが本当に面白く見れてそれが作品として完成度が高いということかなと感じました。
24. Posted by にゃむばなな   2009年04月04日 14:23
ジグソーさんへ

そうですね、どのエピも面白くて、最後に全てが繋がるまでも退屈を感じることは全くありませんでしたよ。
それがこの映画の素晴らしいところなんでしょうね。
25. Posted by GAKU   2009年04月05日 15:24
こんにちは。
空白の1分間の内容がたまらなくせつなくてよかったです。そしてその後の飲み屋の会話も。あれが将来、実現しちゃうんだから、世の中何がおこるかわからない、そんな希望の持てる作品でした。

※TBを間違えてしまいした。不要なTBは削除していただけると助かります。すいません。
26. Posted by にゃむばなな   2009年04月05日 17:31
GAKUさんへ

あの空白の1分間の想いと飲み屋での会話があるからこそ、最後に世界が救われた瞬間にあんなにも爽快になるんでしょうね。
想いはきっと誰かに届く。そんな気がしましたよ。
27. Posted by YUKKO   2009年04月23日 07:57
ようやく見てきました。最後のすべて繋がった時に感動しました。正義の味方がコックって時点で『沈黙の戦艦』を思いだし笑っちゃいました。森山未來くんのパイ持って立ってる姿が格好良かった!です。
しかし『フィッシュストーリー』の意味が解った時点で納得しました。
28. Posted by にゃむばなな   2009年04月23日 20:13
YUKKOさんへ

あぁ〜そうでした。確かに『沈黙の戦艦』ですわ。
セガール閣下の作品なんで、すっかり忘れておりました。

でもそういうところでも映画愛を感じさせる伊坂先生の作品は素晴らしいですよね。
29. Posted by ミチ   2009年05月15日 20:04
この手の作品って「つながった〜〜〜!」って思う瞬間が至福のときですよね。
あの削除された部分に入っていた「届けよ誰かに!!」という叫びが時空を超えたのに感動でした。
30. Posted by にゃむばなな   2009年05月15日 20:12
ミチさんへ

そうなんですよね、あの空白の部分にあった逆鱗の想いが全てのエピと繋がった瞬間に嬉しくてたまらなくなるんですもんね。
気持ちのいいラストでしたよ〜。
31. Posted by たいむ   2009年05月19日 21:56
こんにちは。
「5」へのこだわりも、更に運命めいた何かを感じさせられて上手いなーって唸るところですよね。

あまり多くない、人気小説の映像化の成功例は観ていて気持ちが良いですね(^^)
32. Posted by にゃむばなな   2009年05月20日 12:43
たいむさんへ

そうですよね。映画は原作を越えれないと言われている中で、この完成度の高さは見事ですよね。
今週末公開の『重力ピエロ』も楽しみです。
33. Posted by 悠雅   2009年09月27日 10:44
こと、伊坂作品に関しては、この監督がいちばん映像化が巧いんじゃないか、と思う中村監督。
(何がダメとは言いませんが)
今回も、元の小説を映像化するコツを心得ているような作り方で嬉しかったです。
小説の設定を、よりテーマに近づけて壮大(かつあり得ないけどもしかして?なもの)にして、
大いに楽しめる映画を作ってくれました。
予想外だったのは、逆鱗のヴォーカル、高良くんの歌声がよかったことと、
ほとんど初見同様の森山くんの身のこなし。
未華子ちゃんも可愛いんだけど、どうしても若いボクたちに目が行ってしまいました(笑)
34. Posted by にゃむばなな   2009年09月27日 14:20
悠雅さんへ

そうですね。伊坂先生作品の映画化はやはり中村監督が一番でしょうね。
それを伊坂先生も分かってらっしゃるからこそ、伊坂先生から中村監督に映画化を打診されたのでしょう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載