2009年04月19日

『おっぱいバレー』

おっぱいバレーナイスおっぱい!そう言いたくなるほど楽しい映画でした。実話を基にした青春コメディとはいえ、笑えるだけでなく感動もさせてくれる、まさにお疲れ気味の日本にぴったりの元気映画。
私も中学生男子を経験してきた者として、これほどまでにおっぱいに対する憧れをきちんと描いてくれた作品に出会えたことは本当に嬉しかったです。ですから男性諸君、是非「ナイスおっぱい!」と叫ぶために映画館へ行きましょう!

私も一人の男性として、これまで何度も女性から「なぜ男性はそんなにおっぱいが好きなのか?」と聞かれたことがありましたが、その答えは登山家が山に登る理由と似たようなもので、「そこにおっぱいがあるから」。ただそれだけなんですよね。
単に男性にない体の部位だから興味があるのではなく、あの膨らみから想像する柔らかさに憧れ、でも実際に触れるとその想像とはまた違う飽きることのない柔らかさに酔いしれる感動。あれを男は死ぬまで追い求めるものなんですよ。

ですからこの映画でもバレー経験なしのバレー部男子5人が風圧でおっぱいの柔らかさを疑似体験するOPのいやらしい手つきも懐かしさで思わず笑っちゃうんですよね。あぁ〜私もあんなことよくしてたって。
さらに「道程」など音だけ聞いてアホな連想をしたり、「11PM」に妙な期待を抱いたり、レオタード姿の新体操部に見惚れたり、女子テニス部のスコートを覗き見ようとしたり、雨に濡れて透けて見えるブラ線に興奮する気持ちも凄く分かるんです。
特に現代と違って情報を仕入れる媒体が少なかった昭和の時代は、妄想を掻き立ててくれるための材料集めの苦労から、もう楽しくて仕方ないんですよね。
男の友情はスケベ心でより強固なものになる。これをこの映画がしっかりと描いてくれたことは本当に男としてナイスおっぱい!でした。

またバレー部をダメにした不良の先輩がきっかけでバレー部が生まれ変わったり、でもその不良先輩も後輩の城クンもその父親もみんな「おっぱい」に対する憧れにほだされて協力して前に進もうとしているところもナイスおっぱい!でした。
美香子先生の教師としての成長ぶり、教師と生徒の信頼関係、教師たるものの本来の務めなど、おっぱい以外の要素も映画全編にかかる懐メロに載せて巧く楽しく描かれていたので、ラストのバレーの試合も自然と感動してしまいましたよ。
やはりおっぱいは全男子共通の友情の証。同じ男として妙な感動までしてしまいました。

そして美香子先生とバレー部員の別れのシーンにも、おっぱいに対する憧れがきちんと描かれていたのもナイスおっぱい!でした。
バレー部員6人がボールを体操着の下に入れておっぱいにするのは男性なら誰しも経験があると思いますし、またおっぱいは本来見るものではなく触れるものということを明かしたあの手紙もナイスおっぱい!
男としておっぱいは見たら触れたくなるけれど、触れることができれば別に見れなくてもいい。これが微妙な男心ってヤツなんですよね〜。
あぁ〜ナイスおっぱい!

ちなみにポニテ好きの私としては今回綾瀬はるかさんのポニテを堪能させてもらっただけでなく、平田クンの幼馴染で女子バレー部にいた小島藤子ちゃんのポニテ姿も最高でした。セーラー服でポニテ、ブルマ姿でポニテ。できれば私服姿でポニテも見たかったなぁ〜と思えるほど、いいものを見せてもらいましたよ。
特に男子バレー部に試合で負けてへたり込む姿、かわいかったです♪

余談ですが、1970年代の街並みや小道具の数々。よくぞあそこまで集めたもんだと少し感心しました。

深夜らじお@の映画館は生粋のおっぱい星人です。


この記事へのトラックバック

1. 「おっぱいバレー」 実はノスタルジー映画  [ はらやんの映画徒然草 ]   2009年04月19日 14:51
あまりにストレートなタイトルと予告を観ると、本作のストーリーがなんとなく想像でき
2. 劇場鑑賞「おっぱいバレー」  [ 日々“是”精進! ]   2009年04月19日 15:20
おっぱいバレーオリジナル・サウンドトラック「おっぱいバレー」を鑑賞してきました実話を基にした水野宗徳の同名青春小説を「ハッピーフライト」の綾瀬はるか主演で映画化。70年代後半の中学校を舞台に、新任女性教師の成長と彼女のおっぱい見たさに見違えるように練習...
3. おっぱいバレー  [ Akira's VOICE ]   2009年04月19日 15:40
目の前に夢があるから頑張れる!  
4. レビュー:おっぱいバレー  [ シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記 ]   2009年04月19日 17:14
[青春][エンターテイメント][ドラマ][スポ根][ノスタルジー][実話][実写][邦画] 王道さ:★★★☆☆ 楽しさ:★★★☆☆ さわやかな感動:★☆☆☆☆ 出演: 綾瀬はるか 青木崇高 仲村トオル 石田卓也 大後寿々花 福士誠治 1979年、福岡県の中学に通う男子バレーボー...
5. おっぱいバレー  [ 欧風 ]   2009年04月19日 19:34
引っ越しでバタバタしてたけど、落ち着いてきたので今日映画観てきた??。まあ、まだダンボールだらけではあるけど(^_^;)。 今回観たのが、「おっぱいバレー」。久々で忘れてたけど、首都圏は初日舞台挨拶があるんだよね。そっちに行けば良かった??。 話としては、やる...
6. おっぱいバレー  [ ともやの映画大好きっ! ]   2009年04月19日 20:38
【2009年・日本】試写で鑑賞(★★★☆☆) 水野宗徳原作。 実話を元にした同名小説を映像化した青春コメディ映画。 1979年、福岡県北九州市。戸畑第三中学に臨時採用された新米国語教師の寺嶋美香子(綾瀬はるか)は、赴任早々男子バレー部の顧問を任されることになる。だ...
7. おっぱいバレー/綾瀬はるか、青木崇高  [ カノンな日々 ]   2009年04月19日 21:56
このタイトルばかりが話題先行しちゃってるようですけど、確かに思春期の男の子にはインパクト大みたいで先日『ドロップ』を観に行ったときにこの映画の予告編がかかると、いかにもヤンキールックでの中学生男子たちがギャーギャーと大興奮していたのがとても面白かったです....
8. 「おっぱいバレー」  [ かいコ。の気ままに生活 ]   2009年04月19日 21:57
試写会で 観てきました。「おっぱいバレー」公式サイト水野宗徳による実話を基にした同名小説を映画化。当日監督と綾瀬はるかの舞台挨拶がありました。僕の彼女はサイボーグの時より、彼女太った気が・・気のせい?現場では挨拶が「おはようおっぱい!」だったそうで。監...
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w今回のそんじょそこらの映画サイトより“無駄に詳しい”舞台挨拶レポートは、4/18公開『おっぱいバレー(OPV)会場は、渋谷C.C.レモンホール(旧渋谷公会堂)登壇するのは、綾瀬はるか、青木崇高、『LIMIT OF LOVE 海....
10. [映画『おっぱいバレー』を観た(ブルマ太もも女子バレー^^;)]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 ]   2009年04月19日 22:50
☆『おっぱいバレー』は、私の映画鑑賞の歴史で出会った(意識した)初めての「映画女優」と呼べる綾瀬はるかの主演作である。  私は、ほとんどテレビを見ないので、一番注目して見ている女優の一人と言える。  何度も書いているが、私は、つくづく、綾瀬嬢の顔を見ると...
11. 『おっぱいバレー』 おっぱいの行方、青春の彼方。  [ ketchup 36oz. on the table 〜新作映画レビュー ]   2009年04月19日 22:58
『おっぱいバレー』 監督: 羽住英一郎 原作: 水野宗徳 脚本: 岡田惠和 撮影: 西村博光 美術: 北谷岳之 音楽: 佐藤直紀 キャスト: 綾瀬はるか 青木崇高 仲村トオル 石田卓也 大後寿々花 福士誠治 光石研 田口浩正 市毛良枝 木村遼希 高橋賢人 橘義尋 本庄...
12. おっぱいバレー  [ Thanksgiving Day ]   2009年04月20日 00:35
映画「おっぱいバレー」を観てきました!! なかなか衝撃的な題名ですよね。 でもそんなにふざけた内容ではなく、笑いあり感動ありの楽しい映画でしたよ。 あ、こんなあらすじです。 ↓↓↓ 『1979年、北九州市の公立中学校。新任教師、美香子(綾瀬はるか)は赴任早々....
13. 「おっぱいバレー」プチレビュー  [ 気ままな映画生活 ]   2009年04月20日 23:10
数か月前に、「おっぱいバレー」というタイトルの映画が 公開されるという情報を耳にして、いったんどんな映画?と ずっと気になっていた。 綾瀬はるか出演!?でまさか・・・ と思って見たら、以外な事に感動ものでした。 不覚にも涙もろい私は、涙腺がかなり刺激され....
14. おっぱいバレー  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2009年04月21日 00:08
インパクトのあるタイトルが特徴だが同名の小説が原作。なんとノンフィクションだそうです。主演は『ハッピーフライト』の綾瀬はるか。更に「海猿」シリーズの羽住英一郎が監督を務めています。同僚の教師役・青木崇高は現在公開中の『ニセ札』にも出演中。予告編で仲村トオ...
15. おっぱいバレー  [ 象のロケット ]   2009年04月21日 02:11
1979年、北九州。 新任中学教師の美香子は男子バレーボール部の顧問になるが、全員まるでやる気がない。 「あなたたちが頑張るのなら、先生何でもするから!」と宣言する美香子。 「じゃあ、試合に勝ったら先生のおっぱいを見せてください!」 がむしゃらに練習し強くな...
16. おっぱい  [ movie-highway編集部!のブログ ]   2009年04月21日 17:02
みなさまこんにちは! Movie-Highway 編集部のTannyです 四月公開の『おっぱいバレー』をいち早く見てきました。 昔ありましたよね。 時速100キロで走ったときの風の感触がおっぱいの感触。 そんなウワサをことごとく追求した映画ですw しかも主演が推定Fカ...
17. おっぱいバレー  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2009年04月21日 21:53
公式サイト。羽住英一郎監督、綾瀬はるか、青木崇高、仲村トオル、石田卓也、大後寿々花、福士誠治、光石研、田口浩正。子供たちの心に火をつけたのは「道程」ではなく、「おっぱい」というあられもない肉塊。確かにこの写真の角度から見ると豊かだ。夢見る文学少女が自らの....
18. 『おっぱいバレー』・・・「道程」そして「道標ない旅」  [ SOARのパストラーレ♪ ]   2009年04月22日 20:36
ただただおバカなだけの映画だろうと予定に入れてなかったのだが、日頃お世話になってる映画ブロガー諸氏、特に私と世代の近い男性陣がまずまずの評価をされているので、ワーナーマイカルの千円の日を利用して観ることにした。
19. おっぱいバレー ★★  [ えいがのはこ。 ]   2009年04月23日 12:58
柚木「全然駄目!!結局、二時間待って綾瀬はるかのおっぱいが見れないなんてふざけてる!!」 楠本「見る前から予測可能でしょ!!主演・綾瀬はるかの時点で、おっぱいNGじゃん。」 柚木「大人の事情なんて聞きたくない!!なんで、少年の心を持った純粋な大人のお...
20. おっぱいバレー  [ 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版) ]   2009年04月23日 17:04
 レディースデーに鑑賞。脚本の岡田惠和は結構好きなのだけれど、やっぱりいい感じに仕上がっていたかな。  中学生の男の子たちのHなことに興味津々なバカっぽさの中に、不純な動機ながらも何かに必死に取り組む爽やか青春物、そして、教師になるきっかけを与えてくれた...
21. 所詮三次より二次だったか・・・  [ HISASHI'S ver1.34 ]   2009年04月23日 17:18
             (ヽ三/) ))          __  ( i)))         /⌒  ⌒\ \  今日ついにあの話題の    ...
22. 「おっぱいバレー」  [ ★ Shaberiba ★ ]   2009年04月23日 23:52
「おっぱい」への憧れ・・。しかと感じました(笑)
23. 「おっぱいバレー」梅田ブルク7  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2009年04月25日 08:29
最初まったく鑑賞予定がなかった映画ですが、ブロガーさんたちの評判が良いので、見にいきました。 あらすじ 1979年、北九州市。転任してきた中学で弱小男子バレー部の顧問になった美香子先生(綾瀬はるか)。部員たちは全くやる気がなく女子バレー部にコテンパンに負....
24. 【101.5Kg】 「おっぱいバレー」を観てきました♪  [ 街のクマさん 炎のダイエット日記 ]   2009年04月25日 11:24
皆さん、おはようございます。 せっかくの土曜日なのに、関東地方は雨ですねー。なんか、雨って、それだけで気が滅入っちゃう。この土日は、とくに予定もないし、映画でも観て、実家に戻ろうかなぁ、と思います。
25. 『おっぱいバレー』 (2009)/日本  [ NiceOne!! ]   2009年04月25日 15:50
監督:羽住英一郎原作:水野宗徳出演:綾瀬はるか、青木崇高、仲村トオル、石田卓也、大後寿々花公式サイトはこちら。<Story>1979年、北九州市の公立中学校。新任教師、美香子(綾瀬はるか)は赴任早々、男子バレー部の顧問になった。しかし、部員全員やる気のない...
26. おっぱいバレー  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2009年04月28日 17:11
4月25日(土) 13:55?? TOHOシネマズ川崎8 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) パンフレット:未確認 『おっぱいバレー』公式サイト 作風の変わった東映。これも最近の路線を感じるが、はたして内容はどうか。 1979年の設定であるが、時代考証が無茶苦...
27. 映画「おっぱいバレー」@ワーナー試写室  [ masalaの辛口映画館 ]   2009年04月29日 00:23
 映画の話 赴任早々、廃部寸前の弱小男子バレーボール部の顧問になった女性教師・寺嶋美香子(綾瀬はるか)。ある日彼女は、やる気のない部員たちに、「試合に勝ったら、おっぱいを見せる」という、とんでもない約束をさせられてしまう。おっぱいを見るという目標に向か...
28. 「おっぱいバレー」見る事を夢見て目標へ向かってがんばる事を知った青春バレー  [ オールマイティにコメンテート ]   2009年04月29日 09:54
「おっぱいバレー」は23歳の新任女性教師が赴任した学校のバレーボール部でやる気のない部員に勝ったら何でもするという約束に部員たちが「おっぱい見せてください」というとんでもない約束をさせられ部員たちが目の色を変えて猛練習して1勝を目指すストーリーである。タ....
29. おっぱいバレー (綾瀬はるかさん)  [ yanajunのイラスト・まんが道 ]   2009年05月05日 00:41
◆綾瀬はるかさん(のつもり)綾瀬はるかさんは、現在公開中の映画『おっぱいバレー』に寺嶋美香子 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想
30. ナツメロPV映画?『おっぱいバレー』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2009年05月09日 10:18
1979年の北九州を舞台に描かれた作品。中学校の弱小男子バレーボール部とその顧問になった新任女性教師の物語です。
31. 『おっぱいバレー』  [ 唐揚げ大好き! ]   2009年05月10日 06:47
  見せられるわけ、ないじゃん!?   ■1979年、北九州。赴任早々、中学の弱小男子バレー部の顧問になった新任国語教師・美香子(綾瀬はるか)は。やる気もなければ、バレーボールすらまともに触ったことがない部員たちに”試合に勝ったらおっぱいを見せる”というあり
32. おっぱいバレー  [ いつか深夜特急に乗って ]   2009年05月13日 21:08
製作年:2008年 製作国:日本 監 督:羽住英一郎 「試合
33. おっぱいバレー  [ アートの片隅で ]   2009年05月30日 19:29
ブログパーツならブログデコ!!
34. 映画:おっぱいバレー  [ よしなしごと ]   2009年06月03日 21:24
 もうすぐ公開終了ですが、やっとおっぱいバレーを観てきました。
35. 「おっぱいバレー」感想  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2009年11月09日 08:37
予想外に面白くて、泣く映画ではないのに、途中不覚にも泣けてしまった。4つ☆ ←クリックすると大きくなります。  白くて大きいプリン系??.
36. おっぱいバレー  [ 映画、言いたい放題! ]   2009年11月10日 17:05
脚本ゼミでの映画を観る会で候補に挙がった作品ですが却下。 でも結構評判よいですよね。(^^) 映画の紹介番組でも面白そうだったので 観てみました。 1979年、北九州市の公立中学校。 寺嶋美香子は赴任早々、 弱小男子バレーボール部の顧問になる。 やる気のない...
37. 「おっぱいバレー」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2009年11月11日 17:15
もっとコメディっぽいのかと思ったら、結構まじめなお話でした
38. おっぱいバレー  [ 単館系 ]   2009年11月11日 22:35
自分なら映画館でチケットを購入する際、そう言っちゃうよなぁ。 綾瀬はるかの噂のFカップが拝める?「おっぱいバレー」に主演! http://eiga.c...
39. 【おっぱいバレー】私の胸は、みんなの夢なの!  [ 映画@見取り八段 ]   2009年12月12日 20:45
おっぱいバレー 監督: 羽住英一郎    出演: 綾瀬はるか、青木崇高、仲村トオル、石田卓也、市毛良枝 公開: 2009年4月 試合に一勝し...
40. おっぱいバレー−(映画:2009年鑑賞)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2009年12月30日 00:18
監督:羽住英一郎 出演:綾瀬はるか、大後寿々花、木村遼希、橘義尋、高橋賢人、田口浩正、市毛良枝、仲村トオル 評価:82点 受け狙いに見せかけて結構ぐっとくる青春もの。 そんなところだろうと思っていたら、予想以上にそんなところだった。 1979年に中学3年...
41. おっぱいバレー  [ いやいやえん ]   2011年09月01日 10:40
学校の先生って、人生の最初に出会う「大人」です。そこに憧れや思慕やなんかが生まれてくるのも自然ともいえる(いい先生の場合はね)。 そんな小田舎の中学男子たちが出会ったのは、綾瀬はるかさん演じる美人新任教師。「ナイスおっぱい!」清楚で美人の彼女のおっぱ

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2009年04月19日 15:27
こんにちは。

全体を通して、思春期時代の少年たちの心を良く描いていましたよね。
それに加え、美香子先生の成長も・・・。

「ナイス、おっぱい!」
たしかに、そう言いたくなる作品でした。
2. Posted by にゃむばなな   2009年04月19日 15:34
BROOKさんへ

生徒たちだけでなく、先生の成長ぶりがよかったですよね。

「ナイス、おっぱい!」
今年の流行語にならないかな〜?
3. Posted by はらやん   2009年04月19日 15:40
にゃむばななさん、こんにちは!

体操着の中にバレーボールっていうのは、やりましたねえ。
今考えるとバカですよね。
だから同じ年頃の女子にはバカにされるんですよね。
そんなところも含めてけっこうノスタルジックな作りでしたよね。
思えば昭和の頃は情報も少ないから、そこにかけるエネルギーも大きかったし、感激(?)も大きかった。
今はなんでも簡単すぎるのかな。
4. Posted by まりっぺ   2009年04月19日 17:13
冒頭から時速80キロの話が出てきたのには、コーラ噴きそうになりました。
5. Posted by にゃむばなな   2009年04月19日 17:22
はらやんさんへ

そうですね、今はネットで簡単に探せちゃう時代ですからね。
成人雑誌を買うときの緊張感なんて知らないんでしょうね。

やはり情報は少ないからこそ、それを求めるエネルギーも大きくなる。
それを改めて感じましたよ。
6. Posted by にゃむばなな   2009年04月19日 17:28
まりっぺさんへ

> 冒頭から時速80キロの話

あれは男性なら誰しも一度は試してみたくなりますよね。
まぁ私もこの映画を見た帰り道、車を運転しながら久しぶりにやってたんですけどね。
7. Posted by AKIRA   2009年04月19日 18:13
神聖なる「おっぱい」讃歌を,
きちんと描いてくれて有難う!
^^;

愛すべき男子,
愛すべき美香子先生!

幼馴染みの子が良いアクセントになっていましたね。
8. Posted by にゃむばなな   2009年04月19日 20:12
AKIRAさんへ

一人の男性として、凄く愛すべき映画でしたよ。

ほんと、幼馴染のあの女の子はいい感じでしたね。
9. Posted by ともや   2009年04月19日 20:52
こんばんは、にゃむばななさん♪
ナイスおっぱい!
いや〜、情報が氾濫してない時代だからこそ、さまざまな妄想が試行錯誤を繰り返し、風圧でおっぱいという結論に達したんでしょうね〜(笑)。
これを観た後に、逆に今の中学生達はおっぱいに対してどのように接してるんだろう?なんて思っちゃいました(笑)。

>1970年代の街並みや小道具の数々。
ちょっと偏りはありましたけど、車をよくそろえたな〜って感心しちゃいました♪
10. Posted by にゃむばなな   2009年04月19日 21:18
ともやさんへ

情報がないからこそ膨らむ妄想と息子たち。
その想いは男性ならではのものですよね〜。

ほんと、今の時代の中学生はおっぱいに関してどうなんでしょうね?
我々と同じように熱く語れるのかな?
11. Posted by かいこ   2009年04月19日 21:57
「そこにおっぱいがあるから」って!!
にゃむばななさんのおっぱいへの熱い思い、
笑えました〜ぷぷぷ
あの時速80キロはほんとなんですねー!
(しかも車でされてるし・・笑)
そしてあれもこれも共感されてるんナンて!!
実際に男性の意見を聞くとなおさら笑えますネ〜
やっぱりそうなんだ!って^^

おっぱいなのにちょっと感動しちゃうのが
さらになんだかおかしかったデス^^
12. Posted by かのん   2009年04月19日 23:18
何だか映画よりおっぱいへの思い入れがひしひしと・・・(笑)。
でも、そんな風に強く共感出来るというのは映画にとって大切なことだと思うんですよね。

視覚的な意味でもっと刺激的な作品は他にもいろいろあるでしょうけど、そういった手段を使わずに男子中学生の思春期をこうも瑞々しく描いたというのも素敵だなと思いました。
13. Posted by にゃむばなな   2009年04月20日 15:25
かいこさんへ

女性からすれば、本当にアホみたいなことばかりに見えたと思いますが、ああいうことして妄想を膨らませているのが男っていう生き物なんですよ。
でも今考えたら、本当にアホなことしてたな〜って思います。
って言いながら、今もアホなことしてるんですけどね(笑)
14. Posted by にゃむばなな   2009年04月20日 15:38
かのんさんへ

いや〜男子中学生を経験してきた者として、ここまで気持ちを分かってくれている映画を見ると、つい嬉しくなりまして。
普段は蔑まれるようなネタなんですけど、映画レビューという形で思う存分語らせていただきましたよ!
15. Posted by ミスターシネマ   2009年04月20日 23:12
4 にゃむばななさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。
綾瀬はるかの胸を見れるんじゃないかと思った人はいたみたいですよ。

仮に試合に勝って見せる羽目になっていたとしても、おそらくカメラのアングルは後姿だったと思います。

中学や高校時代を思い出させてくれた作品でした。

また時間の空いたときなどに僕のブログに遊びに来てください♪
16. Posted by KLY   2009年04月21日 01:07
にゃむばななさんこんばんは^^

せっかく“おっぱい”とか普通じゃない切り口なんでもう少しそれっぽいエピソードを盛り込んで欲しかったなぁと言うのが正直なところです。
小島さんとか可愛らしいですし、いまじゃありえないブルマで登場してるんで、彼女とかにもうちょっとポジティブに絡んで欲しかった気がしてます。

個人的に時代が被るんで、音楽や11PMネタにはたまらないものがありましたねぇ。私も親に隠れて見たものです。そのまま寝ちゃって朝起こされて青くなったのを思い出しました。(笑)
17. Posted by にゃむばなな   2009年04月21日 16:58
ミスターシネマさんへ

作品のレビューに関するコメントをいただいておりましたので、申し訳ございませんがこちらに移行させていただきました。
ご了解くださいまし。

キスシーンさえ見せてくれない事務所だから全く期待はしてなかったのですが、やはり世間にはそういう期待をされていた方がいたんですね。

でも仮に試合に勝っていても仰るとおりの後姿になっていたでしょうね。
まぁそれでも私的にはよかったのですが。

これからも時々お邪魔させていただくことがあると思いますので、どうぞよろしくお願いします。
18. Posted by にゃむばなな   2009年04月21日 17:00
KLYさんへ

確かにもう少し・・・というのはありましたね。小島藤子ちゃんももっと見たかったですし。
でもこれまできちんと描かれてこなかった分野をあれだけ描いてくれたのはありがたいことです。
19. Posted by ミチ   2009年04月21日 21:02
「鴨川ホルモー」には不満たらたらだったんですけど、この作品には大満足!
こちらを初日に見れば良かった〜。
男子のアホさがとても可愛らしく見えました。
最後の最後までアホだったのも良かったデス。
20. Posted by にゃむばなな   2009年04月21日 21:27
ミチさんへ

男って生き物はいくつになってもアホですからね。
特にこういう下ネタ関係に関しては。

でも最後の最後までそのアホっぷりを通してくれたことは嬉しかったですよ。
21. Posted by シムウナ   2009年04月21日 23:27
5 TB有難うございました。
最初は、なんて如何わしいタイトルなんだと。
これを映画にするのか・・・と思いましたが
100%の感動作品ものでした。
前半の笑いと後半の涙、バランスが絶妙でした。
タイトルは一瞬、えっ!?となりますが
女性に薦めたい映画です。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】〜と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
22. Posted by にゃむばなな   2009年04月22日 15:22
シムウナさんへ

そうですね、確かにこの映画は女性に見ていただきたいですね。
そんないやらしい映画ではないですから、これを機に男性のアホっぷりにも少しは理解をいただけるとありがたいですよ。
23. Posted by くろねこ   2009年04月24日 01:30
男の子達のおっぱいへの憧れ。
よくわかりました(あはは)
ダメダメな彼らを動かしたんですから
ほんと「ナイスおっぱい!」ですよね。それだけに先生へのこの現実は悲しい限りでした〜。
24. Posted by にゃむばなな   2009年04月24日 20:35
くろねこさんへ

男たるもの、おっぱいに憧れを感じずにはいられない生き物なんですよね。
そのあたりをきちんと描いてくれたことは凄く嬉しいことでした。

でも1970年代にこの話題は当時ではハレンチだとしか言われなかったのかも知れませんね。
25. Posted by YUKKO   2009年04月25日 08:27
皆さんの評判があまりによくて急遽見に行きました。感想としてはっきり言って「アホ」・・・思春期の男の子ってこれほど、アホなんですね。いやーーー、あまりに「おっぱい、おっぱい」と連呼されて最後の方は少しうんざりでした。でも、最後の負けてもちゃんと考えていたエロガキものプランは可愛かったです。
26. Posted by rose_chocolat   2009年04月25日 15:53
>「そこにおっぱいがあるから」

ホントににゃむばななさんはいっつも正直でいいですよねー(笑)

うちにもリアルで、この「バカ部」みたいなのが住んでいるだけに、彼らの生態にまず笑い、そして彼らのおっぱいへの執着心に笑い、最後に美香子先生の涙にホロリ。。。
ほのぼのして心に残る1本でした。
27. Posted by にゃむばなな   2009年04月25日 15:55
YUKKOさんへ

これが男の子という生き物なんです。
女性からすれば「アホやわ〜」と思われるだけかも知れませんが、逆に男性から見ても女の子の行動で嫌悪感を感じるものもあったりしますよ。

ただ女の子の場合は男の子と違い、全員に共通するアホなものが少ないんですよね。

まぁこれが女性と男性の違いってヤツですよ。
ですから大目に見てやってくださいな。
28. Posted by にゃむばなな   2009年04月25日 16:26
rose_chocolatさんへ

> ホントににゃむばななさんはいっつも正直でいいですよねー(笑)

ははは〜、ありがとうございます♪
最近はこういうネタになると隠し事をしなくなっているんですよね。
本当に私もアホですわ。
29. Posted by たかひょ   2009年05月11日 06:39
4 おっぱいは男達の憧れ!
それは部員だけでなく、不良の先輩も仲村トオルも「ナイス、おっぱい!」です。
私もネットに「おっぱい」ってリンクがあればクリックしちゃいますもん。(関係ないか…)
 
冷静に考えれば「お前らが先生を辞めさせる原因作ったんだろ!!」と突っ込みたい所ですが、面白かったです。
30. Posted by にゃむばなな   2009年05月11日 13:59
たかひょさんへ

> おっぱいは男達の憧れ!

そうなんですよね。だから男はこの憧れに向かって生きていけるねすよね。
その辺りの気持ちもきちんと描かれていたのが、やはり同じ男性としては凄く嬉しかったです。
31. Posted by latifa   2009年11月09日 08:36
にゃむばななさん、こんにちは。
そっか〜、ポニーテール好きなのですね?私も好きです。(若い子がしてるのを見るのが)
懐かし小物やら車やらも出て来て思いがけずそっち方面でも楽しめちゃいました^^(時代設定が現代だと私は思いこんでいた)
32. Posted by にゃむばなな   2009年11月09日 19:13
latifaさんへ

そうなんです。ポニテが好きなんです。
もっと言うとポニテを解いた時の姿も好きなんです。

ポニテ万歳!
33. Posted by くう   2009年12月15日 03:32
>これほどまでにおっぱいに対する憧れをきちんと描いてくれた作品に出会えたことは本当に嬉しかったです。

あはは(^▽^
確かに〜。。。その憧れが詰まった映画でしたね〜。
そういう懐かしさは女子的には感じられなかったのですが、
あの時代の少年はネットの映像が氾濫する現代よりも
純朴だっただろうな〜、とは思いましたよ〜^^

綾瀬はるかちゃんが、とても可愛かったです。
あんな先生がいたら、確かに頑張ろうって気になるでしょう。
34. Posted by にゃむばなな   2009年12月15日 20:31
くうさんへ

男たるもの、「おっぱい」に対しては死ぬまで憧れを持ち続けてナンボですからね。
特に本物を見たこともなければ、情報入手も巧く出来なかったあの頃ならその憧れも一入でしたよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載