2009年06月11日

『ローレライ』

ローレライこれは戦争映画ではなく、戦争ゲーム映画です。基本的に潜水艦映画で面白くない映画に出会うことは滅多にないのですが、その滅多にない出会いがまさにこの映画でした。確かに映像は凄いのですが、如何せん原作があるとはいえ、あのラストの情けなさは最低です。正直、マジメに戦争映画を作っている映画人に失礼な作品とも思えたくらいでしたよ。

基本的に外れの少ない潜水艦映画。その理由は潜水艦という密室化した空間の中での人間ドラマに加え、戦争という極限状態の中でその人間関係も極限状態になるのがとても面白いんですよね。
ですからこの映画が公開される時も期待はしてました。でも見終わった後、「なんでこんな映画になってしまうんや?」というのが正直な感想でしたね。

確かに平成『ガメラ』シリーズで撮影監督として名を馳せたものの、映像にこだわりすぎるきらいがある樋口真嗣さんが監督をしているのも一因だとは思います。でも決してそれだけではない理由があるはず!と思っていたら、この映画が公開された翌年にとある戦争映画の大物プロデューサーがこの作品を名指しして、「これは戦争映画ではなく、戦争ゲーム映画だ」と仰っていたのを知って納得しました。

というのも時代設定が1945年8月でありながら、超能力を使ったローレライシステムという突飛なものが出てくることが「ゲーム感覚」ではなく、人物描写が「戦争映画ではなく、戦争ゲーム映画」と言わしめる理由だと思うんですよね。

例えばこの映画のラストで特攻を無駄死にだと考えている役所さん演じる絹見艦長は、特攻を望む妻夫木さん演じる折笠を小型潜水艇に香椎さん演じるパウラを一緒に閉じ込めて、四面楚歌の状況から彼らを脱出させることで未来を託そうとします。
当然、先に特攻に関する意見の違いを描いていたのですから、最後は絹見艦長が良しとしなかった特攻を選んで華々しく散るのかと思えば、不思議とのほほんと生き残っているアホらしさ。
この辺りの戦争というものに対しての覚悟のなさが大いに見えてしまい、戦争映画ではなく戦争ゲーム映画だと言われてしまう大きな要因なんだと思います。

ただ個人的にはこの映画から注目を浴びるようになった香椎由宇さんがいい感じでしたね〜。別に彼女の雰囲気が好みとかではないのですが、彼女の肩までの長さでちょっとウェットしていて、そしてウェブが掛かった髪型が実は10年前くらいまでの私の好みの女性の髪型だったんですよ。
今はポニテが好みの私ですが、やはり男は昔の好みを久しぶりに見ちゃうとちょっと心の奥で「ぽっ♪」となってしまうもの。そういう意味で男心をくすぐってくれた映画としてはまぁ多少評価できる映画だったかも知れませんね。

深夜らじお@の映画館はポニテを解いた瞬間の髪型も大好きです♪

acideigakan at 20:31│Comments(8)clip!映画レビュー【ら行】 

この記事へのトラックバック

1. ローレライ  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2009年06月11日 22:04
 コチラの「ローレライ」は、ミステリー作家の福井晴敏さんのベストセラー小説「終戦のローレライ」を映画化した第二次世界大戦を背景に描く潜水艦アクション・エンターテインメント映画です。  正確に言うと、同じ企画?からスタートして、小説と映画という媒体に分か....
2. 【ローレライ】潜水艦SFファンタジー  [ 映画@見取り八段 ]   2009年10月13日 15:07
ローレライ 監督: 樋口真嗣    出演: 妻夫木聡、堤真一、役所広司、香椎由宇、柳葉敏郎 公開: 2005年3月5日 また妻夫木くんが、の..

この記事へのコメント

1. Posted by KLY   2009年06月11日 20:53
確かに香椎由宇さんがいい感じでしたねぇ。ただ映画自体は「うぅ…」って感じだったなぁ。なんやねんこれ!って愕然としたのを覚えてます。(苦笑)
2. Posted by miyu   2009年06月11日 22:04
確かにこれはなんかアレですよね〜(;・∀・)
戦争映画じゃないんだろうけど、
戦争を描いちゃってるから、やっぱりなんつ〜か
ってのはありましたよね〜。
3. Posted by 氷雨   2009年06月12日 07:38
これまた懐かしい(笑)公開初日に観に行きました。
ローレライシステムとか非常にガンダムっぽくて僕は好きなんですが、展開がかなり微妙でしたね(^_^;。


あのボディスーツは反則的にかわいいです(笑)
4. Posted by にゃむばなな   2009年06月12日 13:33
KLYさんへ

潜水艦映画なのに、一応戦争を扱っているはずの映画なのに、女優さんしか印象に残らないなんて、完全に映画として破綻してますよね。
こういう映画は作らないでほしいですよ。
5. Posted by にゃむばなな   2009年06月12日 14:00
miyuさんへ

マジメに戦争映画を撮っている方に対して、凄く失礼な映画だと思いましたよ。
こういう映画は作っちゃダメですよ。
6. Posted by にゃむばなな   2009年06月12日 14:19
氷雨さんへ

>あのボディスーツは反則的にかわいいです(笑)

分かります!先日「ロケみつ」で見た稲垣早希のプラグスーツ姿も結構かわいかったですよ♪
7. Posted by 氷雨   2009年06月12日 23:00
明日オリオンを観に行くのと、にゃむさんとの話で懐かしくなったんで、ローレライ借りてきてみました(笑)。


劇場で観て以来なんで、ちょっとワクワクしてたりします(笑)
8. Posted by にゃむばなな   2009年06月13日 21:18
氷雨さんへ

一度映画館で見た映画を久しぶりにDVDなどで見るのもいいですよね。
新しい発見があることをお祈りしてますよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載