2009年06月30日

『それでも恋するバルセロナ』

それでも恋するバルセロナ「この恋、想定外」の割には「この映画、想定内」でした。まぁウディ・アレン作品なので面白いことは面白いのですが、ちょっと毒の効き方が物足りないというか、パンチが効いていないというか、全体的にあまり印象に残らない映画でした。そしてこの映画を見てもバルセロナに行きたいとはこれっぽちも思いませんでした。

サグラダ・ファミリアが映画に登場したかどうかさえ全く記憶に残っていないこの映画。
前半は恋にもマジメなヴィッキーと恋にも開放的なクリスティーナをナンパするフアン・アントニオを見ていると、男性としては「なるほど、こういうタイプの女性にはこういう手で口説くのか。」と凄く勉強になるんですよね。
そして「そうか、一緒にワインでも飲めば話も盛り上がるし。よし今度実行してみよう!」と思いつつも、よく考えたら私は下戸なんで全くお酒が飲めない!ほな、このパターンは全てあかんわ。しょぼぼ〜んてな感じでした。
ですからその後ヴィッキーがフアンとフィアンセの間でぐちゅぐちゅ悩みもうと、クリスティーナがフアンと一緒にのほほんと暮らそうと、お酒の飲めない私にはどうでもいいことでした。

ところがこの映画が面白くなったのはペネロペ・クルスが登場してから。特にクリスティーナに対する罵詈雑言を英語とスペイン語で使い分ける、その使い分け方が最高でした。スペイン語が分からないクリスティーナに対して、相手に嫌悪感を抱かせる程度のモノを英語で、これを相手に聞かれたら大喧嘩になるようなモノはスペイン語でというこの選択センスがなんか凄くリアルなんですよね。
実際彼女はハビエル・バルデムとも交際してますし、過去にこの2人はあの『ハモンハモン』で共演していることを考えれば、まぁフアンの狼狽ぶりも妙にリアルで滑稽なこと。

そりゃ男性としては2人の素敵な女性がいい具合にいがみあっているくらいが一番自分はモテてるな〜って思えるんですけど、その女性2人に大喧嘩されたらどないしようもないですし、また逆に仲良くなられてしまうと自分が最後に両方から捨てられるだけ。そういうことに少々ビビりながら英語とスペイン語を使い分けるフアンも別の意味で面白かったです。

ただ巧くいく三角関係というのは『シャロウ・グレイブ』や『パール・ハーバー』でも描かれていたように、それぞれが微妙な立ち位置にいるから偶然成り立っているもの。一歩でも動けば壊れやすくなるものなのに、のほほん娘クリスティーナは無計画に動くし、ヴィッキーは結婚してもまだ悩んでるし、マリアは発狂しよるしで、その様は傍から見ればフアンと同じで本当に滑稽なものでした。

結局クリスティーナはマリアと恋人関係になっちゃうほどの毒があれば、もしくはマリアが発砲した一件が大きくなれば、『ブロードウェイと銃弾』みたいなブラックな感じでよかったのにと少し思ってしまいました。

でも私がこの映画に対して面白いけど物足りないと感じてしまうのは、やっぱり『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』と同じ日に見てしまったからかも知れませんね。まぁあの映画を見たら他の映画は全て霞むのは当然ですわ!

深夜らじお@の映画館は赤ワインが全く飲めません。

この記事へのトラックバック

1. それでも恋するバルセロナ  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2009年06月30日 00:24
 『この恋、想定外』  コチラの「それでも恋するバルセロナ」は、第81回アカデミー賞でペネロぺ・クルスが助演女優賞を受賞、ゴールデン・グローブ賞で作品賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞した6/27公開のウディ・アレン監督のラブコメディなのですが、早速観て....
2. それでも恋するバルセロナ  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2009年06月30日 00:32
ウディ・アレン監督のロマンティックコメディ。出演は『ノーカントリー』のハビエル・バルデム、『エレジー』のペネロペ・クルス、『ブーリン家の姉妹』のスカーレット・ヨハンソン、『フロスト×ニクソン』のレベッカ・ホール。特にペネロペは本作でアカデミー賞助演女優賞...
3. 「それでも恋するバルセロナ」梅田ピカデリー  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2009年06月30日 07:48
アカデミー賞の助演女優賞をこの映画でペネロペ・クルスはゲットしました。原題は「Vicky Cristina Barcelona」です。 あらすじ ひと夏のバカンスを過ごすため、アメリカからバルセロナにやってきたヴィッキー(レベッカ・ホール)とクリスティー....
4. 【それでも恋するバルセロナ】  [ 日々のつぶやき ]   2009年06月30日 14:53
監督:ウディ・アレン 出演:ハビエル・バルデム、スカーレット・ヨハンソン、ペネロペ・クスル、パトリシア・クラークソン      この恋、想定外 「バルセロナに休暇で来ているヴィッキーとクリスティーナは親友同士、ヴィッキーの親戚の家に滞在している。
5. それでも恋するバルセロナ/ハビエル・バルデム  [ カノンな日々 ]   2009年06月30日 21:11
だいぶ前から劇場予告編がかかっていたこともあって楽しみにしていました。ペネロペにスカーレット・ヨハンソンとレベッカ・ホールという豪華女優陣があのハビエル・バルデムを巡って恋のドラマを繰り広げそうな感じでしたけど、話の中身がまだよくわからない予告編で既にそ....
6. 『それでも恋するバルセロナ』  [ ラムの大通り ]   2009年06月30日 22:49
(原題:Vicky Cristina Barcelona) ----これってぺネロぺ・クルスがアカデミー賞助演女優賞を受賞した映画だよね。 バルセロナが舞台なんて、最初聞いた時は ウディ・アレンの監督作品とは思えなかったニャ。 「そうだね。映像もオレンジ色を帯びてあったかみがある。 ニ...
7. それでも恋するバルセロナ/Vicky Cristina Barcelona  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2009年06月30日 22:51
『マッチポイント』『タロットカード殺人事件』に続いて スカーレット・ヨハンソン起用3回目となるウディ・アレン監督の新作{/m_0150/} スカちゃんはウディじいさんの現代のミューズ{/m_0136/} 昨日のウィル・フェレル主演のコメディの他にもう1本 上海で買ってきたDVD...
8. 映画 【それでも恋するバルセロナ】  [ ミチの雑記帳 ]   2009年06月30日 23:14
映画館にて「それでも恋するバルセロナ」 ウディ・アレン監督によるロマンチック・コメディー。 おはなし:バルセロナにバカンスに訪れたクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)とヴィッキー(レベッカ・ホール)は、画家のフアン・アントニオ(ハビエル・バルデム)...
9. それでも恋するバルセロナ  [ Memoirs_of_dai ]   2009年07月01日 01:06
それでも観ちゃうアレン映画 【Story】 バルセロナにバカンスに訪れたクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)とヴィッキー(レベッカ??.
10. それでも恋するバルセロナ  [ 心のままに映画の風景 ]   2009年07月01日 02:30
クリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)とヴィッキー(レベッカ・ホール)は、ひと夏のバカンスを楽しむためバルセロナにやって来た。...
11. 「それでも恋するバルセロナ」3タイプの美女〜  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2009年07月01日 09:13
世の女性達が、この人相手じゃ絶対かなわない〜と思う、黒髪おっぱい美女代表ペネロペと、金髪おっぱい美女代表スカーレット・ヨハンソン^N..
12. 「それでも恋するバルセロナ」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2009年07月01日 18:25
いやぁ??凡人の私には、女3人、誰の感覚も共感しきれないっつうか、どこか理解不能な恋のおはなし。懲りないひとりのモテ男だけが(一応)トクしちゃってる感じではあるけど、女たちも”ひと夏の情熱”を十分に焦が
13. それでも恋するバルセロナ♪VICKY CRISTINA BARCELONA  [ 銅版画制作の日々 ]   2009年07月02日 00:58
Vicky Cristina Barcelona♪ スペインに行きたくなる〜〜!流れる音楽がまたよろしい。バルセロ〜ナハビエルがイケメンに見えるな バルセロナは、私が毎年出品しているミニプリント展が開催される場所です。そんなこともあってぜひ訪ねたい場所なんだけど・・・・・。い...
14. ★「それでも恋するバルセロナ」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2009年07月02日 02:21
今週の平日休みは「109シネマズ川崎」で鑑賞。 ひらりんお気に入りのペネちゃんのオスカー受賞作。 思わずスクリーンに「おめでとう」と叫びたくなったが、恥ずかしいのでやめましたが。
15. 『それでも恋するバルセロナ』  [ 唐揚げ大好き! ]   2009年07月02日 04:24
  バカンスの恋は身を焦がす   ■ヴィッキーとクリスティーナは親友同士。ヴィッキーは慎重派で、堅実な彼氏と婚約中。一方のクリスティーナは恋愛体質な情熱家。2人はアメリカを離れ、ひと夏のバルセロナで過ごすことに。ある日、2人はセクシーな画家、ファン・アン
16. 「それでも恋するバルセロナ」を観る  [ 紫@試写会マニア ]   2009年07月02日 23:44
ウディ・アレン監督作品「それでも恋するバルセロナ」を観てきました。 実はちゃんとシアターでW・アレン監督作品を鑑賞したのは初めて。彼の作品はとっても魅力的だ、とは思うのだけど、何か‘虫が好かない’部分が。満足感が得られないこと・・・数回。それでも足を運んだ...
17. 『それでも恋するバルセロナ』試写会鑑賞  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2009年07月03日 14:11
ヴィッキーとクリスティーナは親友同士。ヴィッキーは真面目で、立派な若者と婚約中。一方のクリスティーナは自由奔放で、情熱的な恋を常に探している。そんな二人は、バルセロナで一夏を過ごすことになる。そこ二人は魅力的な画家、フアン・アントニオと出会う。クリスティ
18. 『それでも恋するバルセロナ』  [ cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー ]   2009年07月04日 01:10
アカデミー賞に絡んだ作品の6月公開作品って今年は異様に多い気がしますね。たいがいGWを狙った上映くらいまでな気もするのに。。。 ということで、ペネロペ・クルスにアカデミー助演女優賞をもたらしたウディ・アレン監督作『それでも恋するバルセロナ』を観ましたー。 ...
19. それでも恋するバルセロナ  [ 映画どうでしょう ]   2009年07月04日 10:18
映画 それでも恋するバルセロナ の感想 ウディ・アレン監督がスペインのバルセロナ...
20. 映画の感想 それでも恋するバルセロナ  [ エンタメ日々更新 ]   2009年07月04日 10:50
映画の感想 それでも恋するバルセロナ 昨日品川の映画館にそれでも恋するバルセロナを見に行ってきました。 女性3人の恋愛を描くスペイヮ..
21. それでも恋するバルセロナ  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2009年07月06日 22:15
3人の女と1人の男。惹かれあう4人の関係は、予想不可能の怒涛の展開へ! どうなる!?・・・この恋!__青い空の下、最高にセクシーでスリル満点な“バカンスの恋”が始る。あなたもきっと、バルセロナで身を焦がす恋がしたくなる__。 年一作のペースで新作を発表...
22. それでも恋するバルセロナ  [ 空想俳人日記 ]   2009年07月07日 22:27
バルセロナ スカーレットな スパニッシモ  スカーレット、お久しぶりですね。確か最後にお会いしたのは、結婚披露宴でしたよね。アナタがスカーレットという固有の存在であることは、たまたま「真珠の耳飾りの少女」でドキッとして、さらに「ロスト・イン・トランス...
23. それでも恋するバルセロナ  [ 5125年映画の旅 ]   2009年07月09日 22:32
ヴィッキーは婚約者との結婚を控えた堅実派の女性。クリスティーナは危険な恋に燃える情熱派。親友同士の二人は、バカンスのためにバルセロナに長期旅行にやって来た。二人はそこで、魅力的な画家のフアン・アントニオと出会い、恋に落ちる。しかしそこに、フアンの元妻マ....
24. 「それでも恋するバルセロナ」  [ クマの巣 ]   2009年07月12日 09:07
「それでも恋するバルセロナ」、観ました。 旅行でスペインのバルセロナにやってきたヴィッキーとクリスティーナの前に、芸術家のアント...
25. それでも恋するバルセロナ  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2009年07月15日 21:58
公式サイト。原題:Vicky Cristina Barcelona。ウディ・アレン監督、ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン、レベッカ・ホール、トリシア・クラークソン、ケヴィン・ダン、クリス・メッシーナ。「成就しない愛だけがロマンティックだ」。ファン・ア...
26. それでも恋するバルセロナ  [ Addict allcinema 映画レビュー ]   2009年07月25日 20:56
この恋、想定外
27. 『それでも恋するバルセロナ』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2009年07月27日 12:24
  □作品オフィシャルサイト 「それでも恋するバルセロナ」□監督・脚本 ウディ・アレン □キャスト ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン、レベッカ・ホール、パトリシア・クラークソン、ケヴィン・ダン、クリス・メッシーナ■鑑賞日...
28. それでも恋するバルセロナ を観ました。  [ My Favorite Things ]   2009年08月27日 00:03
チョッと軽めの作品が観たくて…チョイス。
29. それでも恋するバルセロナ  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   2009年09月29日 20:32
それでも恋するバルセロナ’08:米、スペイン ◆原題:VICKY CRISTINA BARCELONA◆監督: ウディ・アレン「タロットカード殺人事件」「マッチポイント」◆出演: スカーレット・ヨハンソン、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデム、パトリシア・クラークソン、 レベッカ・....
30. 「それでも恋するバルセロナ」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2010年02月18日 19:16
バルセロナを堪能いたしました♡
31. 『それでも恋するバルセロナ』'08・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   2010年04月15日 23:09
あらすじヴィッキーとクリスティーナは親友同士。ヴィッキーは慎重派で、堅実な彼と婚約中。一方のクリスティーナは恋愛体質な情熱家。2人はアメリカを離れ、ひと夏をバルセロナで...
32. mini review 10464「それでも恋するバルセロナ」★★★★★★★☆☆☆  [ サーカスな日々 ]   2010年06月22日 12:12
ウディ・アレン監督がスペインのバルセロナを舞台に、四角関係の恋愛を描くロマンチック・コメディー。二人のアメリカ人女性、そしてスペイン人の画家と彼の元妻が、各々の個性や恋愛観のもとに駆け引きを繰り広げる。『マッチポイント』『タロットカード殺人事件』に続きウ...

この記事へのコメント

1. Posted by miyu   2009年06月30日 00:26
そうそう!ペネちゃんの何が凄いってあの
スペイン語と英語の入り乱れたセリフ回しが
絶妙でしたよね。
確かにウディ監督らしさというのが、
スペイン、そして2人の客演によってだいぶ
薄れてしまっているように感じましたけど、
やっぱりウディ監督らしさというのも
どうしても感じてしまう映画でした。
2. Posted by KLY   2009年06月30日 01:49
あああ、エヴァと同じ日に観たらあきまへんがな^^; 私は同じ日に『ディア・ドクター』を、それも先に観てしまったんで、完璧に消されましたよ。終わった後に猛烈にメモとっておいたんでそれ見て思い出しながらレビュー書きましたけど。(笑)

って、作品!大好きなスカーレットとペネロペが出ているだけで満足なので言うことなしです。最初から2人のセクシーさを観るために行ったんで。(笑)
しかしあのスペイン語と英語の入り混じったシーンは凄いですよねぇ。残念ながら邦画ではちょっと無理だろうし。
3. Posted by YUKKO   2009年06月30日 08:05
出てくる女性の誰にも共感出来ずに終わりました。だいたい私はお酒は全くダメで、その上昔ワインを飲んで次の日世の中がオレンジ色に見えるくらい苦しみました。だからワイン飲んでる姿を見るだけで、気持ち悪いのですよ。ああいうタイプの男性を好きな女性は多いのかなあ?私はピンときませんが、二人ともコロリでしたね。案外ウディ・アレンの男性に対する思い込みじゃないですか?ああいう少し悪な色っぽい男はもてるって。
4. Posted by にゃむばなな   2009年06月30日 12:53
miyuさんへ

もうペネロペちゃんのセリフ回しの面白さしか印象に残らない映画でしたよね。
ああいうことを私生活でもやってそうに見えるのも、監督の狙い?
いや、ウッディ・アレンはそこまではしない気が・・・。
5. Posted by にゃむばなな   2009年06月30日 12:56
KLYさんへ

ほんと、まさか『破』があそこまで強烈だとは思わなかっただけに、すっかり消え去りかけたこの映画の感想を呼び起こすのに苦労しました。
でも明石では両作品とも上映してないんで、交通費かけて神戸まで行かないと見れなかったんですよ。

今思えば交通費をケチらないで、2日に分けた方がよかったかもです。
6. Posted by にゃむばなな   2009年06月30日 13:09
YUKKOさんへ

>だいたい私はお酒は全くダメで、

私と同じで下戸なんですね。そうそう、下戸の我々にはあのワインばかりを楽しむシーンはクドかったですよね。

それとフアンに関してはウディ・アレンの理想像でしょうね。
なんかMr.オクレさんがセクシー男優を目指しているみたいな、そんなあざとさも少し感じましたよ。
7. Posted by えい   2009年06月30日 22:51
>男性としては「なるほど、こういうタイプの女性にはこういう手で口説くのか。」と凄く勉強になる

いやいや。
あれは、ハビエル・バルデムだから
成り立つのでしょう。
と、ぼくはそれだけで
客観的になってしまいました(笑)。
8. Posted by mig   2009年06月30日 22:53
4 あはは、にゃむばななさん
エヴァンゲリオンと同じ日に?
わたしはエヴァって何にも知りませんが
あの映画と同日に観た映画って相当霞んじゃうみたい?
KLYさんも言ってたし^^

これはアレンじいさんらしいウィットな会話がキモで、内容をあまり求めたらダメかもですね☆
雰囲気とキャストと相変わらずいい音楽でわたしはお気に入り映画です♪
9. Posted by ミチ   2009年06月30日 23:19
この日の劇場は「エヴァンゲリオン」を見に来た男性でむんむんしてました〜!
ウディ監督の作品は鼻に付くこともあるのですが、この作品は大丈夫でした。
やっぱり好きな美人さんが二人出てたからかな?
10. Posted by かのん   2009年06月30日 23:51
こんばんは。

私も実は内心、これって別にバルセロナじゃなくてもいいよねと思いながら観てました(笑)。

でもやっぱりスペイン語圏でないとダメなんですよね。特にペネロペとハビエルを楽しむ上では英語とスペイン語が両方飛び交う会話劇はかなりツボでした。
11. Posted by dai   2009年07月01日 01:21
こんばんは☆

>ちょっと毒の効き方が物足りない〜

おっっ!!冒頭から捲し立ててますねw
でもにゃむばななさんがおっしゃる通り、毒は足りないし、パンチはないし、想定内の話というのはわかりますね。

ペネとスカジョが出ていることがせめてもの救いでした。
12. Posted by latifa   2009年07月01日 09:21
こんにちは、にゃむばななさん☆
確かにパンチとか何かが足りない映画だと思いました・・・
私は期待以下だった感じも・・・
ただ女優さん2人の魅力はビシバシ感じました。内容は・・・別に普通なラブコメっていうか、、うん・・・。
13. Posted by にゃむばなな   2009年07月01日 12:44
えいさんへ

> あれは、ハビエル・バルデムだから成り立つのでしょう。

いや、ごもっともで。
そうなんですよね、私も冷静に振り返ってみたらそうやな〜って思いました。
やっぱり彼にはセクシーな雰囲気がありますもんね。
お酒云々という前に、まずはそこから頑張っていかないと。
14. Posted by にゃむばなな   2009年07月01日 12:48
migさんへ

ほんと、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』だけでも別の日に分けておくべきでしたよ。

あまりにも衝撃的な映画を見ると、本当に他の映画は霞んでしまいますね。
ウディ・アレン映画の楽しみ方さえ忘れてしまった自分に反省です。
15. Posted by にゃむばなな   2009年07月01日 12:50
ミチさんへ

確かにこの映画に関しては、過去のウディ・アレン作品と比べても見やすいですよね。
それゆえに私は物足りないと感じてしまったのかも?です。
16. Posted by にゃむばなな   2009年07月01日 12:52
かのんさんへ

世代的にはバルセロナといえばオリンピックというイメージが強いので、舞台がバルセロナである意味があまり伝わってこなかったですね。

でもペネさんとハビさんのスペイン語と英語の会話は凄く面白かったです。
17. Posted by にゃむばなな   2009年07月01日 13:00
daiさんへ

ウディ・アレン作品に何を期待するか。
おしゃれな会話か、それともちょっと毒の効いた展開か。

私は後者だったので、こんな感想になっちゃいましたね。
おしゃれな会話も楽しむことを忘れてしまったのは、個人的には反省です。
18. Posted by にゃむばなな   2009年07月01日 13:03
latifaさんへ

個人的にはこの映画ではペネロペちゃんが一番美しかったです。
特に彼女の髪を掻きあげる姿がセクシーですわ。
ああいうの、大好きです♪
19. Posted by オリーブリー   2009年07月01日 15:25
にゃむばななさん、こんにちは。

こんな人たちもいるんだな〜と客観的に観たものの、やっぱりアレン作品とは相性が悪いみたいです(苦笑)

ペネロペとスカちゃんは綺麗でしたし、レベッカ・ホールが段々と憔悴?していく様子も上手かったです。
20. Posted by にゃむばなな   2009年07月01日 15:58
オリーブリーさんへ

やっぱりウディ・アレン作品に、普通の映画と同じものを期待しちゃあかんということなんでしょうかね。

でもまぁ女性陣がきれいだったので、それだけでも十分でしたね。
21. Posted by たいむ   2009年07月01日 18:31
こんにちは。

>面白いけど物足りない
これは、ヱヴァと同じ日じゃなくてもー、というのが私の印象。

男性側からのご意見が面白かったです。どっちにしても都合の良い解釈だな〜って思うけど(笑)
22. Posted by にゃむばなな   2009年07月01日 20:31
たいむさんへ

やっぱりこの映画に関しては、ダメな人はほとんど同じ感想みたいですね。

それと改めて、フアンの生活が男の理想だと確信しましたよ。
23. Posted by 由香   2009年07月04日 13:04
にゃむばななさん、こんにちは〜♪
毒の効き方が足りなかったですか?
私は何だか知らないけどこの映画好きでした。・・・・でもスグに内容を忘れそうだけど・・・

エヴァは、昨日のTV放映で息子たちが興味を持っちゃった。時間があれば観に行くかも。
24. Posted by にゃむばなな   2009年07月04日 16:00
由香さんへ

確かにスグに内容を忘れてしまいそうな映画でしたね。

それと『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』はエヴァファンにはたまらない作品でしたので、是非由香さんもエヴァファンになってからご覧になってください。
めちゃ興奮しますから。
25. Posted by えめきん   2009年07月09日 22:36
こんばんは。

この映画を観ていて「恋愛もいろいろあるんだなぁ」としみじみ思いました。フアン、クリスティーナ、マリアの三角関係なんかは到底理解は出来ませんが、何故だか妙に感心してしまいましたね。

ただ、ちょっと楽しみどころが特殊な内容だったので、ゴールデングローブ賞で作品賞を取るほどではないかな、なんて思ったり。
26. Posted by にゃむばなな   2009年07月10日 14:33
えめきんさんへ

> ただ、ちょっと楽しみどころが特殊な内容だったので、ゴールデングローブ賞で作品賞を取るほどではないかな、なんて思ったり。

ほんと、これが作品賞でいいのかな?って私も思いました。
やっぱり外国人記者の中にはウディ・アレンファンが多いってことなんですかね?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載