2009年07月05日

『星から来た男』

星から来た男元々の邦題は『スーパーマンだった男』だったのに、どうしてこのタイトルになってしまったのか?そしてチョン・ジヒョンちゃん出演作品にも関わらず、どうして韓流シネマ・フェスティバルのみの公開だったのか?ついでにどうしてこんなにレンタルDVDの本数も少ないのか?
とにかくチョン・ジヒョンちゃんファンとして見たくて仕方なかったこの映画をようやく見ることができましたが、やっぱりチョン・ジヒョンちゃんにはこういう役が一番似合ってますよ♪

自分は元々スーパーマンだったのに、運悪く今は超能力を封じられたために人助けをしながら自分自身を忘れないようにしているアロハシャツ姿の謎の男が主人公のこの映画。もうこの時点で『K-PAX 光の旅人』と似たような設定やな〜と思っていたら、まんまそのままの展開になっていたのはちょっと残念でした。
またバットマンやロビン、スパイダーマンがちょっち登場するのは面白いものの、本家の『スーパーマン』をパロったシーンの質が凄く低いんですよね。特に一瞬だけ映る悪のハゲ頭レックス・ルーサーもどきがショボい!パロディにするなら、もっと愛を持ってやれ!って思いました。

ただいくら設定が『K-PAX 光の旅人』と同じとはいえ、この映画は人が困っている時に誰も助けようとしない無関心社会に対する怒りをコメディという形で描いているので、映画を見ていて多少のもどかしさはあるものの、でもほんのりと心が温かくなるエピソードも数多くあったのが素敵だなと思いました。
特にラストでアロハシャツをパクった高校生4人組が、大人が誰も協力しようとしないなか、スーパーマンだった男と協力して転倒した車を持ち上げようとしたり、十分水に濡らした布をマント代わりに掛けてくれたりするくだりは凄く素敵でしたね。

劇中何度も子供相手にスーパーマンだった男が慕われるというシーンがありましたが、やっぱり私利私欲しか頭にない大人と違い、子供は本当の意味でのヒーローを求めているからこそ、憧れの存在を常に探しているからこそ、真っ先に彼に協力をしようと行動に移すことができるんでしょうね。そういうサイドエピソードは『K-PAX 光の旅人』よりも素晴らしかったと思います。

そして個人的にはやはりチョン・ジヒョンちゃんの新たな魅力が満喫できたことが凄く嬉しかったです。もちろん相変わらず本当にかわいいのですが、この映画ではスッピンで出演しているらしく、しかもこれまでの作品とは違い、長い髪を無造作に括ったりするなどの大雑把な姿が凄く新鮮でした。
やっぱりチョン・ジヒョンちゃんには強さや弱さの中に常にこういう女性的優しさが見え隠れするような役を韓国映画で演じ続けてほしいですね。ですから『ラスト・ブラッド』みたいな映画はファンとしてはできれば今後は断ってほしいですよ。

深夜らじお@の映画館はスーパーマンよりスッパマンの方が親しみやすいです。

この記事へのトラックバック

1. 星から来た男 [DVD]  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2009年07月05日 15:45
原題:A MAN WHO WAS A SUPERMAN公開:2008/09/27製作国:韓国上映時間:106分監督:チョン・ユンチョル出演:ファン・ジョンミン、チョン・ジヒョン、チン・ジヒ+あらすじ+毎日徹夜であけくれるテレビディレクター、スジョン(チョン・ジヒョン)が出逢った自称”スーパ....
2. 星から来た男/チョン・ジヒョン、ファン・ジョンミン  [ カノンな日々 ]   2009年07月05日 22:05
久々のチョン・ジヒョン主演作品です。『DAISY』以来だからおよそ2年ぶり?化粧品のコマーシャルではちょくちょく見かけてるんですけどね。共演があのファン・ジョンミンさんという事もあって今回の韓シネでは一番楽しみにしていた映画です。原題は『スーパーマンだった男』...

この記事へのコメント

1. Posted by yukarin   2009年07月05日 15:52
こんにちは♪
私もチョン・ジヒョンちゃんはこういう作品のほうが好きですね。
ストーリーも切ないエピソードや心温まるようなエピソードもあったりして素敵な作品でした。
2. Posted by にゃむばなな   2009年07月05日 20:47
yukarinさんへ

そうそう、やっぱりチョン・ジヒョンちゃんにはこういう作品の方がいいですよね。
今後もできればこういう作品に出演し続けてほしいものですよ。
3. Posted by かのん   2009年07月05日 22:53
こんばんは。

完璧じゃなくどこか不器用なところも韓国映画の魅力に感じてたりもするので、この映画もそういう部分も含めて純朴さがとても愛おしく感じられました。

私もチョン・ジヒョンちゃんのもっと普通の女性役を観ていたいです。
4. Posted by にゃむばなな   2009年07月06日 12:58
かのんさんへ

>純朴さがとても愛おしく感じられました。

これは韓国映画が持っている独特の魅力ですよね。
こういう映画に似合うということは、やっぱりチョン・ジヒョンちゃんも純朴だということなんでしょう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載