2009年09月19日

『ココ・アヴァン・シャネル』

ココ・アヴァン・シャネル一人のフランス人女性ココが世界のブランド・シャネルになるまでを描いたこの映画。シャネル好きの方やフランス映画が苦手な方には退屈に感じる映画だとは思いますが、個人的には「流行」の先に「個性」があるものだというココの信念みたいなものを描こうとした映画に見えました。ただ如何せん、この映画には説得力がないのが辛いところ。どうせなら2部作くらいの構成にしてガブリエル・ココ・シャネルの人生と信念を丁寧に描いてほしかったです。

ブランドものに全く興味のない私でももちろん知っているシャネル。世界中の女性が憧れるブランドの一つであるものの、この映画では私でも知っているシャネルのブランド品というものが一切出てこないんですよね。
それはシャネル好きの方からすれば退屈に感じるところだと思いますが、逆に私には「ブランド品」ではなく「ココ」という一人の女性に注目してほしいという演出の現れだと思いました。

孤児院育ちで、酒場の歌手から裕福な将校の愛人になり、やがてイギリスの大富豪の愛人にもなった毒舌家である彼女の人生。結婚を望むも彼女の独立心旺盛な性格と女性の地位がまだ低かった時代がそれを許さず、結局生涯独身を貫き通した意思の強い彼女の人生。
それはまさしく「他と同じはイヤ」という彼女の強い「個性」そのものであり、映画もその「個性」を少しでも描くべく前半からフランス映画独特のシャレた会話と共に、ココがみんなの没個性的な衣装を見てはインスピレーションを受けていく様を描いているのですが、結局最後まで一つの分かり易い完成形を見せずにこの映画は終わっているので、ココ・シャネルがいかに素晴らしいかという説得力に欠けてしまうんですよね。

多分ココ・シャネルという人はオシャレというものは一人一人の個性を最大限活かしてこそ初めて成り立つものというのを世界で最初に確立した女性なんだと思います。男性がどう好むかではなく、また周りの女性がどう評価するかではなく、まず自分をオシャレにすること。それができればオシャレに興味のある女性たちは自然とそのスタイルを取り入れますし、男性も自分にとって一番美しいと思える女性を見つけることができる。それがココ・シャネルが「流行」の先に求める「スタイル=個性」だと思うんですよね。

そしてそれは男性の好みを重要視しなくなっても、まだどこか周りの女性の評価ばかりを気にしている現代女性のファッションについて危惧しているようにも思えました。最近ではアゲ嬢でしたっけ。お水系ファッションが流行っているそうですが、大阪や神戸など都会へ行けばどこを見ても同じようなファッションばかり。没個性を感じることも多くなりましたよ。

そんな時代ということも重なってか、この映画が描こうとしていることは分かるのですが、やっぱり「これ!」といったモノを見せてくれないので説得力に欠けるんですよね。そして説得力がなければパンチもない。
オドレイ・トトゥも同じフランス人女優のマリオン・コティヤールを意識してか、えらい頑張ってましたが、こちらもココ一番の見せ場がないため説得力というかパンチが効いていませんでしたね。

シャネル公認という映画ながらも、ココ・シャネルとブランド・シャネルの両方をきちんと理解した人が製作者サイドにいなかったように感じた映画でした。う~ん、ちょっと残念。

深夜らじお@の映画館はブランドモノに費やすお金があれば映画を見るのに使います。

この記事へのトラックバック

1. ココ・アヴァン・シャネル  [ ★ Shaberiba  ]   2009年09月19日 15:15
彼女が世界のシャネルになった訳は 恋?それだけじゃないはずだけど・(涙)
2. ココ・アヴァン・シャネル  [ 悠雅的生活 ]   2009年09月19日 17:06
黒衣のデザイナー、Coco。
3. ココ・アヴァン・シャネル  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2009年09月19日 18:15
シャネル創立100周年の今年に公開される第2弾作品。世界的デザイナー、ココ・シャネルの半生を描く伝記映画です。この作品の主演は『アメリ』のオドレイ・トトゥ。共演に『アイズ』のアレッサンドロ・ニヴォラが出演。監督は『ドライ・クリーニング』のアンヌ・フォンテ...
4. ココ・アヴァン・シャネル@朝日ホール 孤児院から世界へ  [ ネット社会、その光と影を追うー ]   2009年09月19日 20:16
映画『プリティ・ウーマン』において、ジュリア・ロバ
5. ココ・アヴァン・シャネル  [ そーれりぽーと ]   2009年09月19日 20:22
シャネル映画第二弾。 シャネル公認の『ココ・アヴァン・シャネル』を観てきました。 ★★★★ 先に公開された『ココ・シャネル』とほぼ同時期、彼女の少女期から悲話を経てブランドを立ち上げるまでを描いています。 『ココ・シャネル』がほぼ事実に基づいたストーリーだ...
6. 『ココ・アヴァン・シャネル』 試写会鑑賞  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2009年09月19日 22:21
孤児院で育った少女時代を経て、酔った兵士を相手に歌うナイトクラブの歌手となったガブリエル。その一方、つつましいお針子として、田舎の仕立屋の奥でスカートのすそを縫う日々に甘んじていた彼女は、将校のエティエンヌ・バルサンの愛人となり、退屈な暮らしを送ることに
7. ココ アヴァン シャネル /COCO AVANT CHANEL  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2009年09月19日 22:38
{/m_0150/}ランキングクリックしてね{/m_0150/} ←please click  えー、これでもシャネル映画なの{/eq_1/} シャーリー・マクレーンがシャネルの後期を演じ、先月から日本でも公開した 『ココ・シャネル』に続き、 全部で3本公開されるシャネルの伝記映画、 2本目はオ...
8. ココ・アヴァン・シャネル  [ Yuhiの読書日記+α ]   2009年09月20日 00:18
伝説のファッション・デザイナー、ココ・シャネルの若き日を描いた伝記ストーリー。監督はアンヌ・フォンテーヌ、キャストはオドレイ・トトゥ、アレッサンドロ・ニヴォラ、ブノワ・ポールヴールド、マリー・ジラン他。 <あらすじ> 孤児院で育った少女時代を経て、酔った兵...
9. ココ・アヴァン・シャネル  [ 映画君の毎日 ]   2009年09月20日 01:22
<<ストーリー>>孤児院で育った少女時代を経て、酔った兵士を相手に歌うナイトクラブの歌手となったガブリエル(オドレイ・トトゥ)。その一方、つつましいお針子として、田舎の仕立屋の奥でスカートのすそを縫う日々に甘んじていた彼女は、将校のエティエンヌ・バルサン...
10. 「ココ・アヴァン・シャネル」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2009年09月20日 10:28
ジャージーも、ストライプもみんなココ・シャネルが最初に素材として活用したのだそうだ・・・が、本家シャネルの商品なんぞは高嶺(高値)の花も良いところで、ジャージー素材だろうが袖すらとおしたことがない。(
11. ココ・アヴァン・シャネル [映画]  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2009年09月20日 20:23
原題:COCO AVANT CHANEL公開:2009/09/18製作国:フランス上映時間:110分鑑賞日:2009/09/20監督:アンヌ・フォンテーヌ出演:オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールヴールド、アレッサンドロ・ニヴォラ、マリー・ジラン、エマニュエル・ドゥヴォスもし翼を持たずに生まれてき....
12. ココ・アヴァン・シャネル/オドレイ・トトゥ  [ カノンな日々 ]   2009年09月20日 22:38
『アメリ』のオドレイ・トトゥ主演によるココ・シャネルの伝記映画。ココ・シャネルの生誕125年を記念して製作された映画の公開が続きますがワタシ的にはコレが本命の作品。でもシャーリー・マクレーン主演の『ココ・シャネル』もなかなか良かったので、この映画の期待度もさ...
13. ココ・アヴァン・シャネル☆★COCO AVANT CHANEL  [ 銅版画制作の日々 ]   2009年09月20日 22:44
今こそ知りたいーーー〈シャネルの秘密〉 シャネル・シリーズ第二弾は、オドレイ・トトゥ主演のシャネル物語。本家本元のフランス映画です。いやあこれだけでも何かいいですよね。シャネルはフランス人ですから、こうこなきゃ!なんて・・・・。主演のオドレイ嬢、実際のシ...
14. ココ アヴァン シャネル  [ Addict allcinema おすすめ映画レビュー ]   2009年09月21日 10:45
もし翼を持たずに生まれてきたのなら、翼を生やすためにどんなことでもしなさい 【関連記事】 ココ アヴァン シャネル 壁紙1 ココ アヴ??.
15. 映画 【ココ・アヴァン・シャネル】  [ ミチの雑記帳 ]   2009年09月21日 16:39
映画館にて「ココ・アヴァン・シャネル」 CHANELの全面協力による、ココ・シャネルの若き日を描いた伝記ストーリー。 おはなし:ガブリエル(オドレイ・トトゥ)は孤児院育ちで、今はお針子とナイトクラブの歌手をして生活していた。ある日彼女はクラブでエティエンヌ・バ...
16. ★「ココ・アヴァン・シャネル」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2009年09月22日 04:00
シルバーウィークで、連日ナイトショウまでやってるので、 久しぶりに観てきましたが、眠かったぁ。
17. ココ・アヴァン・シャネル  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2009年09月22日 08:38
 『シャネルの成功の秘密、解禁。』  コチラの「ココ・アヴァン・シャネル」は、田舎のナイトクラブからパリへ、そして世界へ、コネクションも財産も教育もない孤児院育ちの少女が、世界のシャネルになるまでの物語を描いた9/18公開のバイオグラフィー映画なのですが、....
18. 「ココ・アヴァン・シャネル」梅田ピカデリー  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2009年09月22日 22:31
次々に公開されるシャネルの映画の中で唯一シャネル社全面協力の作品です。あらすじガブリエル・シャネル(オドレイ・トトゥ)は母を亡くし、父に捨てられ姉アドリエンヌとともに孤児院で育ちます。姉とともにキャバレーで歌を歌いますが、その時の持ち歌から”ココ&rdq...
19. ココ・アヴァン・シャネル Coco avant Chanel  [ 映画!That' s Entertainment ]   2009年09月23日 00:28
●「ココ・アヴァン・シャネル Coco avant Chanel」 2009 フランス Haut et Court,Ciné@ ,Warner Bros.,France 2 Cinéma,Canal+ ,105min. 監督:アンヌ・フォンテーヌ 出演:オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールヴールド、アレッサンドロ・ニヴォラ、マリー・ジラン...
20. 【96.0Kg】 「ココ・アヴァン・シャネル」を観てきました♪  [ 街のクマさん 炎のダイエット日記 ]   2009年09月23日 00:57
ばりばりオトコノコで、ブランドものの「シャネル」など、名前くらいしか知らないクマですが、観てきてしまいました! 「ココ・アヴァン・シャネル」という作品を・・・。
21. ココ・アヴァン・シャネル  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   2009年09月23日 17:25
ココ・アヴァン・シャネル’09:フランス ◆原題:COCO AVANT CHANEL ◆監督: アンヌ・フォンテーヌ「恍惚」「ドライ・クリーニング」◆出演:オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールブールド、アレッサンドロ・ニボラ、マリー・ジラン、エマニュエル・ドゥボス ◆STORY◆修道院...
22. シャネル前史〜『ココ・アヴァン・シャネル』  [ 真紅のthinkingdays ]   2009年09月24日 09:27
 COCO AVANT CHANEL  孤児院で育った少女ガブリエル(オドレイ・トトゥ)は、昼はお針子、夜は酒場 で歌を唄い、パリでの生活を夢見てい??.
23. ココ・アヴァン・シャネル  [ 心のままに映画の風景 ]   2009年09月24日 13:57
孤児院で育ったガブリエル(オドレイ・トトゥ)は、 仕立屋で針仕事をする傍らキャバレーで歌い生計を立てていた。 ある日、裕福な将校エヮ..
24. ココ・アヴァン・シャネル  [ Lovely Cinema ]   2009年09月26日 17:25
JUGEMテーマ:映画館でみました!2009年/フランス監督:アンヌ・フォンテーヌ出演:オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールヴールド、アレッサンドロ・ニヴォラ、マリー・ジラン
25. 恋とファッションと自立。〜ココ・シャネル&アヴァン・シャネル〜  [ TSUTAYA×枚方駅前 ]   2009年09月28日 14:36
ハイ、Agehaです。 ま〜た、このテーマでBookは、ねーだろ〜とつっこまれそうですが。(笑) 今年は生誕125周年、シャネル設立100周年だそうで。 何もこの時期バッティングしてシャネルを2本続けて上映しなくてもと 思いつつ。 しかもこの話において出てくる恋...
26. ココ・アヴァン・シャネル  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2009年09月28日 22:58
時代とともに新しい女性像を表現し、数々のミューズを生み出してきたフランスの老舗ファッションブランド、シャネル。その創立者であり、女性ファッション界に新たな価値観を打ち立てたパイオニア、ココ・シャネルの波乱に満ちた生涯を描いた作品が、奇しくも今年2本公開....
27. オドレイ・トトゥ☆ 『ココ・アヴァン・シャネル / COCO AVANT CHANEL』 ☆  [ honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜 ]   2009年09月28日 23:48
世界中の女性が憧れるブランド“CHANEL”。 その創始者ココ・シャネルの若かりし頃を描いたストーリーなら観ないわけにはいかないと劇場に足を運んだんだけど…。 期待していたようなサクセス・ストーリーとはちょっと趣が違ってて、どちらかというとラブ・ストーリーの....
28. 【ココ・アヴァン・シャネル】  [ 日々のつぶやき ]   2009年09月29日 17:11
監督:アンヌ・フォンテーヌ 出演:オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールブールド、マリー・ジラン もし翼をもたずに生まれてきたのなら、翼を生やすためにどんなことでもしなさい 「孤児院で成長したガブリエルは姉と二人でカフェで歌うことと裁縫の仕事とをして生
29. [映画][劇場公開]ココ・アヴァン・シャネル 22点  [ さとうれおはオレだけか ]   2009年10月03日 17:03
予告をDVDに焼いてラベルでも貼ってコレクションでもすればええやんってほど中身がないわー。 映画を見てここまで腹の立つことがあるとは思わなかったよ。 内容を語ることなんてあるんかな。モチベーションを維持できる内容じゃないもん。 伝記ものでよくある生涯を語りきっ
30. 「ココ・アヴァン・シャネル」  [ ひきばっちの映画でどうだ!! ]   2009年10月05日 20:31
                       「ココ・アヴァン・シャネル」 久々に劇場で観て参りました!アンヌ・フォンテーヌ監督の「ココ・アヴァン・シャネル」であります。 主演は「アメリ」のオドレイ・トトゥ。 ココ・シャネルが服飾デザイナーとして名を馳せる...
31. 映画「ココ・アヴァン・シャネル」  [ Playing the Piano is ME. ]   2009年10月10日 00:20
個人的にシャネルは好きなブランドではありません。 シャネラーと言えば、思いつくのはハイヒール・モモコや小柳ルミ子あたり。 ちょっと「派手」で、ギラギラ、チャラチャラしているイメージがあります。
32. ココ・アヴァン・シャネル  [ 5125年映画の旅 ]   2009年10月24日 22:50
幼い頃を孤児院で暮らした女性ココは、姉と二人でナイトクラブの歌手として生計を立てていた。そこで二人は将校のバルサンに見初められ、芸能界への道を見出す。しかし姉が結婚を選んだことでココの夢は絶たれる。ココはバルサンの屋敷に居候として住み着き、そこで独自の...
33. 「ココ・アヴァン・シャネル」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2010年02月04日 16:54
もうちょっとたくさんシャネルらしいファッションが見られると思ってたんですが・・
34. 『ココ・アヴァン・シャネル』'09・仏  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   2011年01月17日 08:57
あらすじ孤児院で育った少女時代を経て、酔った兵士を相手に歌うナイトクラブの歌手となったガブリエル。その一方、つつましいお針子として、田舎の仕立屋の奥でスカートのすそを縫...

この記事へのコメント

1. Posted by くろねこ   2009年09月19日 16:22
まさにこれから!ってとこで終わっちゃてますよね。
2部作なら納得できるけどコレはないよね。私泣きたくなっちゃった(苦笑)
もっと彼女が知りたかった!残念です〜
2. Posted by 悠雅   2009年09月19日 17:11
同じ映画を観ながら、わたしはまた違うことを考えて観ていたようです。
実力があっても、資金の目処もコネも愛もなくて、埋もれてしまった人だっていただろうな、とか。
まず最初は、よくも悪くもパトロンが要るだろうな、とか。
今だって、何のコネも資金もない女が、自分の力だけで道を切り開いていくのは難しいだろうと思うから・・・
そこがクリアできたから、あとは腕と時代の要求だったかな、とか。
なので、何かちっともがっかりもせず何かとっても納得してしまいました。
3. Posted by にゃむばなな   2009年09月19日 17:16
くろねこさんへ

ちょっと映画の作りとしては中途半端に感じてしまいますよね。
う〜ん、何かもったいないって感じでした。
4. Posted by にゃむばなな   2009年09月19日 17:26
悠雅さんへ

仰ることはよく分かるのですが、彼女の頑張りは分かれども彼女の仕事に対する心の内がどうも見えてこなかったんですよね。
この時代にあえてシャネルを描く理由。それを知りたかったですよ。
5. Posted by KLY   2009年09月19日 18:20
これだけだったら別にシャネルで作らなくてもいい作品ですね。ただのラブストーリーでしかないから…。
どうしてココ・シャネルという人物を映画化してまで見せたかったのか。一番重要な部分が抜け落ちてました。
6. Posted by にゃむばなな   2009年09月19日 19:58
KLYさんへ

そうなんですよね。
「ココ・シャネルである意味」というのがこの映画は弱いんですよね。
やはり映画に詳しくないシャネル幹部が脚本にケチつけたとか、そんな裏話があったりするんでしょうかね?
7. Posted by mig   2009年09月19日 22:48
こんばんは、

いや〜シャネル好きだしシャネルの現物自体が出て来ないで退屈ってより
それくらいは普通出すでしょう?って感じですね。
シャネル映画なのにロゴ全く出ず、
成功の物語なんて どこが成功までの過程描いてるんでしょうね〜
一応退屈ではなかったので☆5にしちゃったけどやっぱり4でもよかったなぁって思っちゃいました
8. Posted by にゃむばなな   2009年09月19日 23:24
migさんへ

宣伝の仕方が間違えているのか、本当に成功までの過程を描いている映画ではなかったですよね。

シャネルを立ち上げるまでの人生という宣伝だけで十分だったと思いました。
9. Posted by たいむ   2009年09月20日 10:36
こんにちは!
>ココ・シャネルがいかに素晴らしいかという説得力に欠けてしまう
その一言につきそうです。
なんか「あれ?」と肩透かしな印象しか残らないんですよ。

成功した肝心の部分が抜け落ちているからなのかもしれません。
10. Posted by にゃむばなな   2009年09月20日 14:07
たいむさんへ

大切な人を失った後、どういう心持ちと経緯で成功を収めたか。
それが肝のはずなのに、その肝がなかったのが残念でしたね。
11. Posted by yukarin   2009年09月20日 20:43
こんばんは♪
ブランドには興味がないほうなのでシャネルの映画というより、ココというひとりの女性を描いた作品として普通に観られました。
うーん確かに説得力みたいなもんはなかったですね。
12. Posted by にゃむばなな   2009年09月20日 21:16
yukarinさんへ

ココという一人の女性の生き様を描いた映画としてはいい映画だと思うのですが、シャネルの創始者という部分がごっそり抜けていたのはちょっと残念でしたね。
それならシャネルじゃなくてもよかったと観客に思わせてしまったら、キツいですからね。
13. Posted by かのん   2009年09月20日 23:24
思いっきり憶測なんですけど、シャネルサイドからああしろこうしろと注文が入って要求を受け入れていったら結局無難な内容になってしまったなんて事はないのでしょうか。ファッションは別にしても彼女の人生はもっとダイナミックだったと思うんですよね。

あの時代に自立した女性の生き方を貫いて力強さが感じられなかったのは残念でした。
14. Posted by にゃむばなな   2009年09月21日 12:24
かのんさんへ

いや、その憶測は決して間違っていないと思いますよ。
そういう映画に詳しくない企業が映画にいろいろ要求することなんて、これまでにも何度もあったことですからね。

特にシャネルのようなブランド企業なら、その可能性は捨てきれないですから。
15. Posted by ミチ   2009年09月21日 16:40
こんにちは♪
期待していたのですが、なんとも残念な結果です〜。
ココには強烈な個性があったはずなのに、オドレイの演技からはそれがあまり感じられなかったんですよね。
16. Posted by にゃむばなな   2009年09月21日 17:03
ミチさんへ

オドレイ・トトゥも頑張っているんですけど、やっぱり『アメリ』のイメージが強烈ということもあってか、それとも彼女の女優としての実力がまだまだなのか分かりませんが、ちょっと期待したほどの映画ではありませんでしたね。
17. Posted by miyu   2009年09月22日 08:38
なるほど〜、あたしはどうしてもシャーリー・マクレーンの
「ココ・シャネル」を観ていたので、
そちらと比べて観てしまったところがあるのですが、
確かに1人の女性としてのココを描こうとしていた
映画なのかもしれませんね。
18. Posted by mezzotint   2009年09月22日 09:44
にゃむばななさん
こんにちは!
マリオン・コティヤールですか・・・。
全然タイプは違いますよね。
マリオンは魅力的ですし、オドレィは
やはり中性的という感じかな?
本物のココと重なるところも
あるんですけれど。個人的には
頑張って欲しいところです。
19. Posted by にゃむばなな   2009年09月22日 10:47
miyuさんへ

私はシャーリーマクレーン版をまだ見ていないので見比べようがないのですが、この映画は1人の女性「ココ・シャネル」を描いているようで、一人の女性であり偉人でもある「ココ・シャネル」を描いているようには思えませんでしたね。
20. Posted by にゃむばなな   2009年09月22日 10:49
mezzotintさんへ

同じフランス人女優としてオスカーを受賞したマリオン・コティヤールの存在はオドレイ・トトゥの中でも無視できない存在だと思います。
そんな中で出演が決まったこの映画は彼女にとっては女優としての勝負作でもあったように感じたのですが・・・。

でもオドレイ・トトゥも女優としてはまだまだって感じなんですよね〜。
21. Posted by YUKKO   2009年09月22日 21:34
オドレイ演じるココには、気高さや意気込みが全く感じられませんでした。
アレってところで終わりましたよね。何を描きたかったのかよく解りませんでした。
22. Posted by にゃむばなな   2009年09月22日 22:13
YUKKOさんへ

多分シャネルが必要以上にしゃしゃりでた結果がコレになっちゃったんでしょうね。
やっぱり映画製作に素人参入はダメですよね。
23. Posted by なな   2009年09月23日 20:14
こんばんは
イマイチ・・・と感じた作品でした。
もっとシャネルの仕事面での葛藤とか
彼女の作品が受け入れ始められた頃の世間の反応とか
そんなものが観たかったです。もっと。
まあ,わたしは今まで
オドレイがヒロインの映画とは相性悪いんですが・・・。
24. Posted by にゃむばなな   2009年09月23日 21:13
ななさんへ

予告編からもココ・シャネルという人物の女性としての人生と成功者としての人生の両方が描かれるような感じでしたが、実際に見てみると・・・でしたね。
25. Posted by アイマック   2009年09月24日 23:12
こんばんは!
みなさん、辛口だなあ・・・、、
事前にシャネルの恋愛話と聞いてたので、満足しちゃいました。
ストーリーよりも衣装に目が生きました^^;
成功物語としてみちゃうと肩すかしな映画ですね。
26. Posted by にゃむばなな   2009年09月25日 16:33
アイマックさんへ

確かに成功物語として見てしまうと、う〜んって感じの映画でしたね。
でもココ・シャネルって成功を含めた人生に魅力があると思うので、この作りというのはちょっと・・・だったかも知れませんね。
27. Posted by えふ   2009年09月26日 17:25
いかにしてシャネルブランドとして成功したか!?
そこの過程が見たかったのに、
愛人生活が長くて〜〜(苦笑
せめてロゴマークや香水といった、
有名なアイテムくらいだしてほしかったです。
28. Posted by にゃむばなな   2009年09月26日 19:55
えふさんへ

シャネルの創始者の人生を扱う映画なのに、肝心の成功話が一つもないのはダメですよね。
なぜにココ・シャネルの人生を映画化しようとしたのか。
その辺りをもっと明確にしてほしかったです。
29. Posted by vic   2009年10月10日 00:23
かなり評判良くないのですが
私も、シャネルになる前のココに焦点を当てた物語として、楽しめました。

フランス映画ってハリウッドとはかなり違いますよね。
みんなが納得するような、常套的な作品にはならないですね。
ココもそうだけど、そんなフランス人の小難しい所がよく出ていたと思います
30. Posted by にゃむばなな   2009年10月10日 17:33
vicさんへ

フランス映画は分かりやすい描き方をしない分、その芸術性を理解できると凄く面白く感じるのですが、この映画に関しては宣伝と中身が一致していないこともあってか、ちょっと不満が残るものでしたね。
31. Posted by えめきん   2009年10月24日 22:54
こんばんは。

オドレイ・トトゥ目当てで観に行ってきました。
孤児院育ちの女性が、ファッション業界で成功していくサクセスストーリーだと思っていたんですが、実際には成功譚の部分があまり強調されていなかったのでちょっと肩透かしを食ってしまいました。
ただ、オドレイ・トトゥの存在感はしっかり堪能できたので、その点は満足でしたね。
32. Posted by にゃむばなな   2009年10月25日 11:49
えめきんさんへ

成功物語のような宣伝だったのに、中身は全くの別物でしたね。

でもオドレイ・トトゥの女優魂だけはしっかりと見させていただきましたよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載