2009年09月22日

アシッド映画館、放送終了へ

今年最悪のニュースです。関西の映画ファンやラジオファンがこよなく愛してきた深夜ラジオ番組、ABCアシッド映画館が10月3日の放送を持ちまして、ついに放送終了となることが決定してしまいました。

思えば今年3月に起きた誠のサイキック青年団強制終了の余波を受けて、7月からはメインパーソナリティーである館主・平野秀朗センセが降板し、放送枠も30分に短縮されていました。でもこれだけリスナーに愛されている番組だから、いつか平野センセも番組も1時間枠に復帰してくれると思っていたのですが、「東京に屈した大阪のラジオ」こと朝日放送はまたしてもリスナーを裏切ってくれましたよ。
もう「AhoでBakaなChinkeなラジオ」と揶揄されてもしかたないABCラジオの深夜番組を聴くことはなくなりそうです。

私も10年来のアシッドリスナーとして、これまで関西で出会う映画好きにはことあるごとに「映画に詳しくなりたかったら、いい作品に出会いたかったら何も言わずにアシッド映画館を聴きなさい」と諭してきました。
そしてブログを始めてからもAkiraさん氷雨@竜兄さんなどたくさんのアシッドリスナーと共に番組の素晴らしさを公言してきました。

そもそもアシッド映画館の素晴らしいところというのは、面白い映画は思いっきり誉める、つまらない映画は思いっきりけなすという映画評論なんですよね。どの作品も甘口で誉めるとか、どの作品も辛口で評価するとかではないため、アシッド映画館で評価された映画は掛け値なしに本当に面白い。
またおすぎさんのように映画会社に魂を売るような評論はしないため、どんなに知名度の低い映画でも、どんなに世間一般から注目されていない作品でも、面白かったら全力で応援するというのもアシッド映画館の魅力の一つ。

特に毎年のように現れる「アシッドを聞いていなかったら出会えなかった名作・傑作」というのは数知れず。
ちなみに「アシッドを聞いていなかったら出会えなかった名作・傑作」の一部を追記に載せておきますが、本当に映画好きが納得するような、映画館で見逃したことを後悔するような作品が凄くたくさんあるんですよ。

現在再注目を浴びている『クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』だってアシッド映画館が猛烈に推した名作であり、またそういう知る人ぞ知る名作が年末に発表されるリスナーが選ぶ「シネマグランプリ」でも並み居る大作を押し退けて上位に食い込むのも、生温いランキングを発表するぴあなどの情報雑誌や他の映画雑誌とは違った、まさに映画ファンが選ぶ映画ランキングだったんですよ。
特に昨年『ガチ☆ボーイ』を高く評価したのはアシッド映画館だけですよ。それを思うとアシッド映画館の閉館は日本の映画界にとっても大いなる損失なんです。

とまぁアシッド映画館に対する思い入れを記せばキリがありませんし、まだまだアシッド映画館について語りたいことは山積しています。
ですからこれから機会を見てはアシッド映画館に対する思い入れを記していきたいと思います。

とにかくアシッド映画館放送終了と聴いて呆然としている映画ファンは私だけではないはず。多くの映画ファン、アシッドリスナーの希望を無残にも奪ったABCラジオの犯した罪は永遠に許されることのない愚行としてこれからも語り継がれることと思います。
でも今は平野秀朗センセ、鳥居睦子さんに「お疲れ様でした」と「ありがとうございました」の言葉を心から送りたいと思います。

深夜らじお@の映画館は今後アシッド映画館の記憶や記録の保管庫として運営していくことにします。

アシッド映画館を聴いていなかったら出会えなかった名作・傑作
【1997年以前】
バウンド
推手
恋する惑星
【1998年】
この森で天使はバスを降りた
ブレーキ・ダウン
ボンベイ
パーフェクト・ブルー
【1999年】
バンディッツ
八月のクリスマス
のど自慢
ラン・ローラ・ラン
ロック・ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ
39刑法第三十九条
メイド・イン・ホンコン
ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア
【2000年】
遠い空の向こうに
アイアン・ジャイアント
人狼
スパイシー・ラブ・スープ
【2001年】
ギャラクシー・クエスト
サトラレ
GO
15ミニッツ
クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲
ザ・カップ夢のアンテナ
【2002年】
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
エネミー・ライン
クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦
陽だまりのグラウンド
バーバー
【2003年】
猟奇的な彼女
ロボコン
運命の女
THE EYE【アイ】
シティ・オブ・ゴッド
【2004年】
オールド・ボーイ
スパニッシュ・アパートメント
マッハ!
イン・アメリカ
【2005年】
海を飛ぶ夢
パッチギ!
サマー・タイムマシン・ブルース
セルラー
【2006年】
嫌われ松子の一生
時をかける少女
虹の女神
スネーク・フライト
サムサッカー
【2007年】
キサラギ
幸福な食卓
それでもボクはやってない
河童のクゥと夏休み
【2008年】
ガチ☆ボーイ
バンテージ・ポイント

この記事へのトラックバック

1. 【アシッド映画館 本放送あと2回】さらばABC  [ ジョニー暴れん坊デップの部屋 ]   2009年09月22日 23:44
ああ〜、エレカシの「武道館ライブ」DVDを観なければ、、、と思いながらも、昨日は『サムライ・ゾンビ』 なんかを観てしまったwww 今日は今日で、目の前にDVDを置きながらも、アシッド映画館の懐かし音源ば かり聴いてしまってる。。。エレカシ武道館を観られる...
2. アシッド映画館、10月3日で終了  [ ラジオ映画館 ]   2009年09月23日 00:34
10月3日をもって土曜日午前2時からの放送が終了されると発表された。16年半の番組がついに終わってしまう。 しかし、一筋の光明として不定期の特別番組として何とか続けたいという事を鳥居さんが話していた。出来れば月一回の放送にしたいと。その時は平野先生も帰....
 ABCラジオの『ABCアシッド映画館』が10月3日で終了するそうです。今週の放送を聞いて、ガクッとしました。無念。ABCラジオのサイキックの系譜と呼べる番組は全滅です。10月3日以降は毎週放送というレギュラー番組ではなく、不定期番組になるそうですが……。映画の楽しい観...

この記事へのコメント

1. Posted by ジョニーA   2009年09月22日 23:46
トラバさせてくださいな。
あぁ、アシッド映画館を聴いていなかったら
出会えなかった名作・傑作の一覧を見ていたら、走馬灯のように過去の放送が蘇って来た
よ〜〜〜う( ;∀;)カナシクテヤリキレナイ・・・
2. Posted by にゃむばなな   2009年09月23日 00:01
ジョニーAさんへ

アシッドを聞いていなかったら出会えなかった名作の数々はまさに我々アシッドリスナーの歴史であり、自分自身が映画を好きになっていった歴史でもありますからね。

そう思うたびにさらにまた放送終了がつらくなりますよ。
3. Posted by ラジオ映画館   2009年09月23日 00:39
にゃむばななさま、コメント&TBどうもありがとうございました。こちらからもTBさせていただきます。
本当にリスナーを無視した朝日放送の姿勢は許せません。サイキックの時もなぜ終了するのか明らかにせず終わり、ほかの企業が不祥事を起こした時は真相を明らかにせよと報じるのに自ら当事者になった時にはディスクローズせずに済まそうとするのはおかしいです。特番で放送するというのもリスナーの批判をかわすためで、そのうちフェードアウトということにならないのか心配になります。
サイキック経由で聞き始めたのですが、両方とも今年で終わってしまうのは残念でなりません。「ブレーキ・ダウン」「ロック・ストック」「メイド・イン・ホンコン」「遠い空の向こうに」「オトナ帝国」「シティ・オブ・ゴッド」は私もアシッドがないと見なかったと思います。「セルラー」は年末のベスト10で番組で紹介しませんでしたがと先生と鳥居さんが話していていましたが、確か番組でも紹介していましたよね。先生はぼけていたんですかね。
長くなってしまいまい、失礼しました。
4. Posted by 氷雨@竜兄   2009年09月23日 12:01
つ、ついにこの時が(;_;)。時間短縮のままでも生き延びて欲しいって思ってたのは、きっとにゃむさんや僕以外にもたくさんいると思います。

ABCも自分の局の持つ自前の名物番組を排除し、他局の番組をネットするようになるとは…数年前は想像もつきませんでした。はぁ〜、一体ABCとしての尊厳とからしさってものは一体いずこへ…(^_^;。

アシッドのリスト見て思ったんですが、…本当に隠れた名作をたくさん紹介してくれてますね…。僕の中でもボンベイやサトラレは今でも色あせない名作です。
5. Posted by にゃむばなな   2009年09月23日 12:33
ラジオ映画館さんへ

ほんと、朝日放送の放送倫理というものを疑ってしまいますよね。
他人には厳しく、自分には甘く、リスナーは無視。
最低の放送局ですよ。

アシッドを聞いていなかったら出会えなかった名作の数々。
それはまさに我々がたくさんの素晴らしい映画に出会えてきた歴史でもあるだけに、その歴史が途絶えるのは非情に悲しいですよ。
6. Posted by にゃむばなな   2009年09月23日 12:38
氷雨@竜兄さんへ

ABCラジオには尊厳も自尊心も何もないのか?と思いますよ。
「ミューパラ」「サイキック」「アシッド」は長年関西の深夜番組として多くのリスナーから応援されてきた、ラジオの歴史に名を残す番組だったのに・・・。

今、アシッドの代用になるような他の映画番組を探しているのですが、正直なかなか見つかりそうにないですね。
だって『ボンベイ』や『オトナ帝国』といった作品を真っ先に紹介してくれる番組なんて、アシッド以外に見当たらないんですもん。

それを思うと、アシッドの閉館は本当に辛いです。淋しいです。
7. Posted by ずーらんだー   2009年10月18日 23:49
こんばんは。
私見ですけど…、最初に平野先生が切られたのは確かに北野氏の余波だと思うんですが、アシッド映画館そのものの終了は、あの時間枠を空けたかったから、のような気がします。後番組はどう見てもかなり気合を入れて準備した感があるし、セットになった「ほにゃらじお」の終了も唐突なようだし。
つまりメインはアシッドの終了ではなく、後番組の場所取りだったと。

どちらにせよ無念ですが。
8. Posted by にゃむばなな   2009年10月19日 08:25
ずーらんだーさんへ

私は後番組を聞いていないのですが、もし仮にそうであるなら放送時間変更とか曜日変更にしてほしかったですよね。

後番組のためとはいえ、リスナーから愛されている長寿番組を終わらせる必要なんてないはずなのに。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載