2009年09月25日

『ザ・フライ』

ザ・フライデヴィッド・クローネンバーグ監督のイメージをグロい映画監督に、そしてジェフ・ゴールドプラム=ハエ男というイメージを定着させたことでもお馴染みのこの傑作、いや怪作。もともとは1950年代のSF映画のリメイクなんですけど、まぁこれほどストーリーよりも映像が印象的すぎる映画もそうはないと思います。特に主人公セスがハエへと進化していく過程はもう2度と見たくないほど気持ち悪い映像でしたよ。

これまでマッドサイエンティストの映画はたくさんありましたが、自ら実験台となって行ったテレポーテーション実験にハエという異物が混入するというのが妙にリアルなんですよね。
もしこの異物が他の生物なら観客もこの映画を単なる創作の範囲を抜け出ないモノとして捉えることでしょう。
でも今後もし人類がこういう物質転送装置を開発し実験を行う場合に、もっとも異物として混入してくる可能性が高い生物は何か?と考えたら、やはりそれは蚊やハエといった生物になってくるんですよね。

しかもハエというのは蚊よりもいろんな特殊能力を持っていながら、我々人類がハエに対するイメージは蚊以上に「汚い、気持ち悪い」といったもの。
そんなハエと人間が遺伝子レベルで結合するというのが、あぁ〜考えただけでも気持ち悪い!

さらにこの気持ち悪さをデヴィッド・クローネンバーグ監督はゆっくりと描いていくのがこれまた気持ち悪い!始めは変な毛が生えて、粘膜が溢れ出し、肉片が剥がれ、やがて人間性を失って完全に人間大のハエになっていく・・・。あぁ〜思い出しただけでも気持ち悪い!

またこの気持ち悪さに拍車を掛けるように恋愛要素が巧く絡んでいるのが、これまた絵的に気持ち悪い!
だってセスがどんどんハエ化していくのに対して、ジーナ・デイビス演じるベロニカの彼に対する愛はどんどん深まっていくんですよ。
これは見方によれば献身的な無償の愛でもあるんですけど、こういう愛が描かれれば描かれるほど、逆にハエ男の気持ち悪さは際立つという演出にもなっているんですよね。この演出はさすがデヴィッド・クローネンバーグ監督と言わんばかりのものでしたよ。

そして驚いたことに、何とそのデヴィッド・クローネンバーグ監督がこの『ザ・フライ』をセルフリメイクすることが決定したとか。
クローネンバーグ監督自身、監督人生として初めてのセルフリメイク挑戦になるそうですが、VFXが1986年当時よりも格段に進化している現代ですから、映像も凄いことになるんでしょうね〜。
しかもこの特殊趣味の監督のことですから、『猿の惑星』のように安易にVFXを取り入れてオリジナルの恐怖を消し去ってしまうのではなく、どこか手作り感のあるVFXにすることでオリジナル以上の恐怖と気持ち悪さを味合わせてくれるような気がしますよ。

あぁ〜このセルフリメイク作は期待して見るべきなのか、それとも期待して見て後悔してしまうのか。いろんな意味で楽しみです。

深夜らじお@の映画館は森高千里さんの「ハエ男」もちょっと好きでした。

acideigakan at 20:28│Comments(4)clip!映画レビュー【さ行】 

この記事へのトラックバック

1. ザ・フライ/The Fly(映画/DVD)  [ 映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評 ]   2010年02月22日 02:24
[ザ・フライ] ブログ村キーワードザ・フライ(原題:The Fly)キャッチコピー:怖がってください―とても、とても怖がってください―製作国:アメリカ製作年:1986年配給:20世紀フォックギ..

この記事へのコメント

1. Posted by KLY   2009年09月25日 23:42
ぐはぁぁぁぁ!こ、これは私がホラーというか気持ち悪い系が苦手になった原因の作品の一つなんです。確か中学生だったかなぁ、田舎では2本立てが当たり前で、この『ザ・フライ』のカップリングが『死霊のはらわた』。結構えげつない2本立てでしょ?^^;連続で観て完全にやられてしまったのです。あー、思い出すだけで気持ち悪い…orz
2. Posted by にゃむばなな   2009年09月26日 15:58
KLYさんへ

うひゃぁ〜、なんちゅう2本立て・・・。
そりゃ気持ち悪い系に対するトラウマができて当然ですよ。

でも気持ち悪い映像だけでないのがこの映画の素晴らしいところ。
音楽も脚本も見事でしたよ。
3. Posted by あかひ   2009年09月28日 00:29
『ザ・フライ』のセルフ・リメイク?!
楽しみですね〜。
デヴィッド・クローネンバーグ監督ですもの、どっかが気持ち悪くパワーアップしてると思いますよ〜。
4. Posted by にゃむばなな   2009年09月28日 17:30
あかひさんへ

あの個性派監督のことですから、素直なセルフリメイクなんて絶対にしないでしょうから、どんな気持ち悪い映像になっているのか、いろんな意味で楽しみですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載