2009年10月17日

『正義のゆくえ I.C.E特別捜査官』

正義のゆくえ不自由の国アメリカ。本来ならイスラム、ユダヤ、アジア、アフリカン、アングロ・サクソンなど様々な人種が「星条旗」という国旗と国歌の下で一つにまとまるはずの国アメリカ。でも現状は人種によって主張する正義がバラバラでまとまりのない国アメリカ。
同じ社会派群像劇である『クラッシュ』ほどの衝撃はなかったものの、『扉をたたく人』同様に不法移民問題を扱ったこの映画は作られることに価値があり、見ることに意義のある映画だと思いました。

いつもは脚本を読まないハリソン・フォードが珍しく脚本に惚れ込んで出演したという疑わしい噂が流れているこの映画。
メキシコからの移民母子、イランから亡命してきた裕福な一家、女優志望のオーストラリア人女性、論文にケチをつけられたバングラディッシュ少女、偽ラビになりすますユダヤ人青年、里親を待つ黒人少女、希望より度胸が必要だと勘違いしている韓国人少年など現代アメリカが抱える様々な問題が描かれているのですが、その全ての移民問題に「取引」が絡んでいるという現状。これがこの映画の一番の恐ろしさであり、悲しさであり、そして悲しき希望でもあると思うんですよね。

というのもレイ・リオッタのように分かりやすい取引を持ちかける判別官や女子高生の拙い論文に強引にテロを絡めて片親と国外退去という取引を持ちかける汚いFBIはまさに「アメリカ様野郎」であるのに対して、前途ある若者の心意気を救おうとするラビや宣誓式出席のため韓国人少年を逃がすハミードの思いはアメリカが本来目指すべき「明日への希望」そのものなんですよね。
アメリカ生まれのアメリカ人よりもアメリカ人になりたい外国人がアメリカの正義を行っている。こんな矛盾した悲しき希望しかないなんて悲しすぎませんか。

そもそもアメリカは移民国家。様々な移民と様々な正義が高速道路のジャンクションのように一つの場所に集まり、アメリカ人であるという正義の下でまとまるはずの国家。またロック、ヌード、ジャンクフードなどより人間の本性に素直に従った文化のため、伝統で縛られている世界中から憧れの眼差しを向けられている国家。
でも9.11以降はテロリストを人間扱いすべきという意見にも議論がされず、自由恋愛をしたい妹ちゃんを一家の恥と揶揄するなど、これまたいろんな方向に向かうジャンクションのようにまとまりがなくなってしまっている国家。

そんなアメリカを象徴するような存在として、時に酒屋でアメリカを乱す敵を有無を言わさず倒し、希望ある者にはチャンスを与え、でも内なる多文化問題に常に悩むクリフ・カーティス演じるハミードの姿はハリソン・フォード以上に印象的でした。

そしてクライマックスでの空港や宣誓式もまた印象的です。
オーストラリア人女性が辿り着いた正義。レイ・リオッタが気付いた正義。アシュレイ・ジャッドが選んだ正義。ハリソン・フォードが悩んだ正義。韓国人少年が宣誓式出席で知った正義。家族と離れ離れになる女子高生が最後まで知ることのなかった正義。ユダヤ人青年の元に郵送で届いた正義。
まさにアメリカの正義が行方不明になりそうな現代。間違っても国境沿いの荒野で悲しい姿になって見付かるようなことだけは避けてほしい。そう願ってしまう映画でした。

深夜らじお@の映画館はなぜか「正義」を連発すると、自動的に孫会長を連想してしまいます。

この記事へのトラックバック

1. 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官/ハリソン・フォード  [ カノンな日々 ]   2009年10月17日 22:10
結局、一度も劇場予告編を目にすることは出来ませんでしたけど、ハリソン・フォード主演作ならとにかく観ておかなくっちゃなんですよね。共演がレイ・リオッタというのもそそられます。今作でハリソン・フォードが演じるの移民局の捜査官。アメリカの移民問題を背景にした社....
2. 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2009年10月17日 22:11
 『アメリカを守る正義か。 人々を救う正義か。』  コチラの「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」は、全米に1,100万人いると言われる不法滞在者問題を真摯に受け止め描いた9/19公開のPG-12指定の社会派サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪なんでもハリ....
3. 「正義のゆくえ I.C.E特別捜査官」:上池袋一丁目バス停付近の会話  [ 【映画がはねたら、都バスに乗って】 ]   2009年10月17日 22:44
{/kaeru_en4/}この先へ行くと、どこにたどりつくんだ? {/hiyo_en2/}さあ、深々とした森が続くのか、視界が一気に開けるのか、ゆくえはわからないわね。 {/kaeru_en4/}正義のゆくえがわからないようなもんかな。 {/hiyo_en2/}ウェイン・クラマー監督のアメリカ映画「正義の...
4. 正義のゆくえ I.C.E特別捜査官  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2009年10月17日 22:50
公式サイト。原題:CROSSING OVER。ウェイン・クラマー監督、ハリソン・フォード、レイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド、ジム・スタージェス、クリフ・カーティス、サマー・ビシル、アリシー・ブラガ、アリス・イヴ、ジャスティン・チョーン。 ハリソン・フォードが缶コーヒ...
5. 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2009年10月17日 23:07
ハリソン・フォード最新作。監督は『ワイルド・バレット』のウェイン・クラマー。監督自身も南アフリカ出身でグリーンカードを取得した移民なのだそう。共演にレイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド、ジム・スタージェス、クリフ・カーティスといった演技派が揃う。9.11を境...
6. 試写会「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 」  [ ITニュース、ほか何でもあり。by KGR ]   2009年10月17日 23:29
上げるのを忘れてました。 2009/9/2、なかのZEROホール。 開場10分後くらいに着いたが、ホールの横に長い列。 この時間でここまで長く列が伸びているのは初めてだ。 前から2、3列目に座る。 中央のブロックと中盤から後ろは結構な入りだが、 前方の両サイドと2階...
7. 『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』  [ ラムの大通り ]   2009年10月17日 23:32
(原題:Crossing Over) ----ハリソン・フォード久しぶりだよね? この映画、あまり噂をきかなかったけど…。 「彼にしては、珍しいメジャースタジオ以外の作品。 それこそ有名になって初めてと言っていいんじゃないかな」 ----それって逆に言えば、 どうしても出演したか...
8. 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官  [ ともやの映画大好きっ! ]   2009年10月18日 03:21
(原題:CROSSING OVER) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) ハリソン・フォードが長年のキャリアの中で、初めてメジャースタジオ以外の作品に出演。 不法入国、アメリカ永住権=グリーンカードなど、アメリカの移民事情を題材にしたヒューマンドラマ。 マック...
9. 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官  [ Memoirs_of_dai ]   2009年10月18日 04:51
グリーンカードを巡って 【Story】 ロサンゼルスの移民局I.C.E.のベテラン捜査官マックス(ハリソン・フォード)は不法就労者の取り締まりが??.
10. 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」 社会について考えるきっかけを与えてくれる  [ はらやんの映画徒然草 ]   2009年10月18日 07:04
映画というのは純粋にエンターテイメントであるという側面もありますが、社会について
11. 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官  [ 5125年映画の旅 ]   2009年10月18日 07:40
世界で最も多様な人種が集まる街・ロサンゼルス。そこで移民局に勤めるマックスは、不法移民として捕えた女性から子供を託される。女優志望のクレア、ミュージシャンを夢見るギャビン、イスラム教徒のタズリマ、移民弁護士のデニス、帰化間近の高校生ヨン、そしてマックス...
12. 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官(2009)  [ 銅版画制作の日々 ]   2009年10月18日 15:43
アメリカを守る正義か。                 人々を救う正義か。 原題:CROSSING OVER 東宝シネマズ二条にて・・・。今回はポイントにて鑑賞しました。ハリソン・フォードがメジャースタジオ以外の映画に出演するのは初めてらしいです。出演理由は彼がこの脚...
13. 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官(CROSSING OVER)」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   2009年10月18日 20:50
久々のハリソン・フォード主演映画、「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官(CROSSING OVER)」を見てきました、
14. 正義のゆくえ I.C.E特別捜査官・・・・・評価額1600円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2009年10月18日 23:22
「正義のゆくえ I.C.E特別捜査官」といういかにもな邦題と、ハリソン・フォード主演という事で、殺人事件をモチーフにしたハリウッド製エンタ...
15. ★「正義のゆくえ I.C.E特別捜査官」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2009年10月19日 03:39
今週の平日休みも「1ヶ月フリーパス」を使ってバリバリ観てやろうと思ってたけど、 新規公開作品がぱっとしないので、ちょっとスローダウン・・で2本。
16. 『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』(2008)/アメリカ  [ NiceOne!! ]   2009年10月19日 20:55
原題:CROSSINGOVER監督・脚本:ウェイン・クラマー出演:ハリソン・フォード、レイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド、ジム・スタージェス、クリフ・カーティス、アリシー・ブラガ公式サイトはこちら。<Story>ロサンゼルス、移民・関税執行局(I.C.E.)のベテラン...
17. 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官  [ 心のままに映画の風景 ]   2009年10月21日 14:47
LA移民局ベテラン捜査官マックス(ハリソン・フォード)は、不法滞在の移民たちを取り締まる立場だが、彼らの境遇に同情的だった。 縫製工??..
18. 映画:正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官  [ よしなしごと ]   2009年11月02日 04:23
 最近、映画が激減。最近は見たい映画も出てきましたが、ちょっと前まで見たいと思う映画がありませんでした。  この映画もたまたま知ったのですが、日本で29館でしか上映していない映画です。でも主役はあのハリソン・フォード。ハリソン・フォード主演でなぜこん...
19. 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官  [ 晴れたらいいね〜 ]   2010年06月11日 23:51
ハリソン・フォードが移民局の捜査官で〜というくらいの予備知識で観ました。これって、群像劇やん。どこかで結びつきはあるものの、ハリソン・フォードが一人熱く捜査官しているわけでもなかった。人種のるつぼであり、自由の国といわれるアメリカ。この国には、1000万....
20. mini review 10462「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」★★★★★★☆☆☆☆  [ サーカスな日々 ]   2010年06月17日 00:00
アメリカで1,100万人以上の不法滞在者がいるとされる現実を背景に、現代アメリカの抱える移民問題をリアルに描いた社会派ヒューマンドラマ。職務と正義の間で苦悩する移民局の捜査官をハリソン・フォードが熱演するほか、『BUG/バグ』のアシュレイ・ジャッド、『ダウト』のレ...
21. 正義のゆくえ/I.C.E.特別捜査官  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2010年06月17日 21:39
【CROSSING OVER】 2009/09/19公開 アメリカ PG12 113分監督:ウェイン・クラマー出演:ハリソン・フォード、レイ・リオッタ、アシュレイ・ジャッド、ジム・スタージェス、クリフ・カーティスアメリカを守る正義か。人々を救う正義か。さまざまな人種、事情を抱えた移民が集....
22. 【映画】正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官…の記事&景気向上に貢献し続ける我が家。  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2010年08月08日 23:30
本日{/kaeru_fine/}二度目の投稿(前のは寝る前の夜中ですが{/face_nika/}) ひとつ前の「サロゲート」の記事で、古いHDDレコーダーの故障{/face_hekomu/}に伴って、ブルーレイ&HDDレコーダーと、プラズマTV(42インチ)を買った事は書きましたが、最近の我が家の散在はそ...

この記事へのコメント

1. Posted by miyu   2009年10月17日 22:14
あはは、マサヨシですね〜(´▽`*)アハハ
マサヨシのゆくえもきになるところですが、
正義って時代によって変わる曖昧なもので
あっては本来いけないもんなんでしょうけどね〜。
色々と考えるところがありましたよね〜。
2. Posted by にゃむばなな   2009年10月17日 22:26
miyuさんへ

そうそう、S-1であれだけ賞金を大盤振る舞いしていて大丈夫なの?って思っちゃいますもんね。

でもそんなことよりもアメリカの正義はどうなってるねん!と思えてしまうこの映画。
いろいろ考えさせられる作品でしたよ。
3. Posted by かのん   2009年10月17日 22:45
さすがに『クラッシュ』と比べてしまうとそうなんですけど非メジャー系の作品としてはしっかりとした手応えが感じられる映画でした。移民問題と言っても人種の坩堝と言われるだけに様々なケースがあって、そこで用いられる正義もその相手や状況によって顔を変えてしまうのもアメリカの現実なのかもしれませんね。
4. Posted by 佐藤秀   2009年10月17日 22:54
フォードが一番気にかけたメキシコの女の子、あまり詳細に描かれず死んでいるのはあんまりだと思いました。可哀想過ぎ。
5. Posted by KLY   2009年10月17日 23:41
一口に移民問題とはいっても、実に様々なケースがあるのだと解ったのは勉強になりました。ただあのタズマリの部分はなぁ。言ってることは誤解されても仕方ないことだけど、にゃむばななさんの言うとおり、教師が密告してどーすんだよって…。
んでまたそれをバカ正直に真に受けるFBIもFBIです。まったくいつからアメリカはこんな社会になってしまったのかと。
まあ、映画ですから強調して描いてはいるのでしょうけど…。
6. Posted by ともや   2009年10月18日 03:58
こんばんは、にゃむばななさん♪
アメリカに移民するつもりは毛頭ないですが、この映画を観て"こういう問題が起きている"って知る事ができたのは非情に有意義でした。
自由の国とは言うけれど、その自由を得るまでにものすごい制約があるんですね。

ショー・コスギなんかも、アメリカで認められて働けるようになるまで、大変だったんだろうなぁ。
7. Posted by dai   2009年10月18日 05:01
こんばんは★

こういう移民問題の作品は観ることに意義があるんですよね。知らないというのはやはり同じ人間としていけないことだと思います。

>「正義」

最後の一行の”正義=孫”には思わず笑ってしまいましたw
8. Posted by はらやん   2009年10月18日 07:30
にゃむばななさん、こんにちは!

>内なる多文化問題に常に悩むクリフ・カーティス演じるハミードの姿
これこそアメリカという国が持っている現在なんですよね。
彼らの自国には自由がなく、アメリカは自由がある。
確かにそうなんですけど、アメリカはアメリカ人であることを求めるんですよね。
移民国家であるアメリカの持つ根本問題なんでしょうか。
9. Posted by えめきん   2009年10月18日 07:47
こんにちは。TB&コメントありがとうございました。

思えばこの映画も、『さまよう刃』同様に「正義」を問う映画でしたね。
クリフ・カーティスは今までで一番の存在感でした。彼の正義と葛藤、人種差別に対する想いが、映画の中も芯となっていましたね。
10. Posted by にゃむばなな   2009年10月18日 11:19
かのんさんへ

一言では片付けれない移民問題。そのケースバイケースの多さをまざまざと見せられたというような映画でしたね。
11. Posted by にゃむばなな   2009年10月18日 11:25
佐藤秀さんへ

あのメキシコ人女性の話は、ある意味世間から見えないところでも移民問題の悲惨さは進行しているというメタファーではないでしょうか。
最後帰らぬ姿で発見された時にそう感じましたよ。
12. Posted by にゃむばなな   2009年10月18日 11:29
KLYさんへ

高校生が書く文章なんてたかが知れてる文章ですよ。
それを国家の危機だとかにまで拡大解釈してしまうなんて、ちょっと怖いですよね。
まぁ映画だからということなんでしょうけど、逆に考えるとそうなりえる危険性が今のアメリカにはあるということでもあるんでしょうね。
13. Posted by にゃむばなな   2009年10月18日 11:31
ともやさんへ

確かにパイオニアであるショー・コスギさんの苦労を考えると、もしかしたらこの映画で描かれている以上だったかも知れませんね。

移民の国なのに移民に冷たい国アメリカ。

正義が矛盾してますよね。
14. Posted by にゃむばなな   2009年10月18日 11:34
daiさんへ

まず見ることに意義がある。知ることに意義がある。それが監督の一番の思いなんでしょうね。

「正義」ネタで笑っていただき、光栄です。
やっぱり関西人としてネタを思いつくと、どこかに入れ込みたくなっちゃうんですよね。
15. Posted by にゃむばなな   2009年10月18日 11:37
はらやんさんへ

アイデンティティーとかを一番主張するアメリカが移民に対しては、自国のアイデンティティーよりもアメリカ人であることを強く望んでしまう悲しさ。
歴史の浅い国ならではの悲しさかも知れないんですけど、それで不幸が一向になくならないのはあまりにも悲しすぎますよね。
16. Posted by にゃむばなな   2009年10月18日 11:40
えめきんさんへ

ハリソン・フォードよりもクリフ・カーティスが印象的に残る映画でしたね。
彼もまたこれまで演じてきた役を考えると、この映画で演じたハミード役の重さに時に苦悩したりしたんでしょうね。
そんなことを感じるくらいの素晴らしさでした。
17. Posted by ノラネコ   2009年10月18日 23:26
非常に重いテーマを扱いながら、飽きさせずに見せ切る力量はなかなかだと思います。
私個人の歴史とも重なる物語でもあり、ぐいぐい引き込まれました。
惜しむらくは、物語がやや御都合主義に見えてしまうところですね。
レイ・リオッタのキャラとか判り安すぎる悪役で、ちょっと勿体無かったです。
18. Posted by にゃむばなな   2009年10月19日 08:18
ノラネコさんへ

こういう似たご経験がある方にはまた響いてくるものが違ったりするんでしょうね。
実際にアメリカみたいな環境でないと体験できないことは、本当に貴重なことですよね。
19. Posted by mezzotint   2009年10月19日 11:04
にゃむばななさん
こんにちは!
コメント・TBありがとうございます。
お返事遅くなりました。
多民族国家の現実を理解するのはなかなか難しいことですが・・・。こうして
色々な作品で取り上げて頂くことで実感出来ますね。
クリフ・カーティスのファンでしたか。
確かにハリソンさんより印象深い存在
でしたね。
20. Posted by にゃむばなな   2009年10月19日 18:44
mezzotintさんへ

クリフ・カーティスに関しては『クジラの島の少女』あたりから注目し続けてるんですよ。
その他にも『トゥルー・ライズ』などにも出演してまして、彼を応援してきた身としては昨今の彼の活躍はうれしいですよ。
21. Posted by えい   2009年10月20日 10:56
おはようございます。

>ハリソン・フォードが珍しく脚本に惚れ込んで出演したという疑わしい噂


「疑わしい噂」の意味がわからなかったのですが、
どういうことかが、
「ハリソン・フォードについて」を読んで納得。
とても面白い記事でした。

ありがとうございます。
22. Posted by にゃむばなな   2009年10月20日 20:31
えいさんへ

ハリソン・フォードって本当に脚本を読まずに映画出演を決めているらしいんですよ。
いったい何を基準にしているんでしょうね?
23. Posted by ちゃぴちゃぴ   2010年06月11日 23:50
こんばんは。
なかなか多種多様の人種や移民問題が理解できなくって…。
頭ではわかってるふうでありながら、ぜんぜんです。この作品は、群像劇でいろんな問題や希望などを盛り込んであったからかもしれないです。
FBIが恐ろしかったです…。
24. Posted by にゃむばなな   2010年06月12日 14:44
ちゃぴちゃぴさんへ

単一民族国家と呼ばれる日本では馴染みのない出来事ばかりですよね。
でも移民とか人種とか以前に他人に敬意を払うことをきちんと実行に移すことができれば、何も悩むことのない問題なんですよね。
25. Posted by yukarin   2010年06月17日 21:49
こんばんは♪
日本人にはここに登場する人たちの気持ちはわからないですね。
移民についてもいろんなタイプがあるんだなと大変勉強になった作品でした。
26. Posted by にゃむばなな   2010年06月17日 22:10
yukarinさんへ

そうですね。日本に住んでいる日本人にはこういう気持ちを理解するのは難しいかもですね。
ただ日本も近いうちに移民国家になるかも知れませんからね。今から勉強しておくにはちょうどいいかも知れませんよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載