2009年10月24日

『沈まぬ太陽』

沈まぬ太陽沈まぬ太陽、恩地元。彼こそまさに昭和のラスト・サムライ。
己の信念を絶対に捨てない、己への信義を絶対に忘れない、そして己への信頼をも絶対に裏切らない、最もサムライらしい男。そんな男の半生を描いたこの叙事詩映画は昭和という時代の空気を知らない若い世代には退屈な映画かも知れませんが、個人的にはこれぞ日本映画にしか描けない力作だと思います。

労使交渉で絶大なる信頼を得た労組委員長を務めたばかりに報復人事を受け、会社に振り回される人生を送った恩地元という男の人生に、『クライマーズ・ハイ』でも描かれた御巣鷹山の航空機事故を絡めて描いたこの映画。
まずこの映画で特筆すべきなのはタイトルロールまでのOPシーン。墜落する飛行機に偶然乗り合わせた様々な家族の物語が端的に巧く描かれているのですが、この様々なドラマがあったということ自体がこの映画に独特の叙事詩的彩りを与えてくれているように思えるんです。

というのもこの映画が単なる一人の男の会社に振り回されるだけの半生なら、このOPはもっと簡単でよかったはず。でもここに520人分のドラマがあったということが描かれることで、いろんな人のいろんな人生ドラマが絡んでくることで一人の人間の人生ドラマが構築される。だからこそどんな人生もドラマティックなんだということが読み取れてくるんですよね。

裏切る行天、牙を抜かれた八木、悩み苦しみ続ける美樹、夫を理解しようと静かにもがく妻りつ子、父に理解を示す息子や理解できずに苦しむ娘、利権にひた走る堂本や八馬などの経営陣、政治的介入を図る利根川や竹丸などの政治家、お遍路周りをする阪口を始めとする遺族、そしてもう一人のサムライ・国見会長など、いろんな人のいろんな人生ドラマが恩地元の人生に絡んでくるからこそ、そこに恩地元という一人の男の生き様が生まれる。恩地元という一人のラスト・サムライの信念が垣間見れる。
これが同じ働く男としてはたまらなく格好よくも見えてくるんですよ。

昨今のJR西日本関連のニュースを見ていてもそうですが、信念という名の刀を失くしたサムライはどんなに資産を持っていても本当に格好悪いです。
やはりサムライはどんな時代でも「刀」を持ってこそ価値のある存在。野生のライオンのように輝きを放つ存在。
だからこそその「刀」で誰を守り、どの敵を討つのか。

「刀」を持たぬ者は沈んでいく太陽。未来に待っているのは終わりのない暗闇だけ。
「刀」を持つ者は恩地元と同じように沈まぬ太陽。どんな場所にいようと人の心を熱くし、どんな暗闇がやってこようとも必ず訪れる未来に希望を照らしてくれる。

そんな壮大なる人生叙事詩を話題性よりも実力重視で集められた日本の名優たちが見事に紡いで織り成してくれているところも見所のこの力作映画。きっとこの映画を見れば日本映画界もまだまだ沈まぬ太陽だということを実感できるのではないでしょうか。

そして個人的にはこの作品が遺作となった山田辰夫さんの名悪役ぶりも沈まぬ太陽のごとく、いつまでも記憶に残りそうなくらい素晴らしかったです。

深夜らじお@の映画館も沈まぬ太陽でいたいです。

この記事へのトラックバック

1. 劇場鑑賞「沈まぬ太陽」  [ 日々“是”精進! ]   2009年10月24日 15:57
映画『沈まぬ太陽』オリジナル・サウンドトラック「沈まぬ太陽」を鑑賞してきました『白い巨塔』『華麗なる一族』の人気作家・山崎豊子が綿密な取材の基に書き上げた渾身のベストセラー巨編を壮大なスケールで映画化した社会派ヒューマン・ドラマ。激動の昭和30年代から...
2. 『沈まぬ太陽』(@シネマのすき間」)  [ ラムの大通り ]   2009年10月24日 16:10
-----さあ、今日はいよいよ話題の『沈まぬ太陽』だよ。 この映画、久々の邦画超大作。 何といってもインターミッション付きだからね。 それって何のこと?と思った人は、 「シネマのすき間」を訪ねてね。 そこに詳しく書いてあるから。 ね。驚いた? まずロゴからして違うで...
3. 沈まぬ太陽  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2009年10月24日 20:15
公式サイト。山崎豊子原作、若松節朗監督、渡辺謙、三浦友和、石坂浩二、松雪泰子、鈴木京香、山田辰夫、香川照之、木村多江、清水美沙、鶴田真由、柏原崇、戸田恵梨香、大杉漣、西村雅彦、柴俊夫、風間トオル、神山繁、菅田俊、草笛光子、宇津井健、小林稔侍、加藤剛、品川....
4. 沈まぬ太陽  [ Lovely Cinema ]   2009年10月24日 20:31
JUGEMテーマ:映画館でみました!沈まぬJ〇L!?
5. 沈まぬ太陽  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   2009年10月25日 00:22
この映画の秀逸な面は、史上最大の航空機事故を再現しながら、労働組合運動に熱心だったという理由だけで左遷を強いられた主人公恩地のリアルな描写だ。脚本が非常にいいと思う。今まで報道されなかった舞台裏も見ることができるので、是非お勧めしたい。
「沈まぬ太陽」は山崎豊子原作の映画で日本の航空会社の労働組合委員長を務めた男が懲罰人事で僻地の海外勤務を9年務めた後墜落事故のお世話係として犠牲者遺族の補償に当たるが、会社の方針などで社員は厳しい労働環境などの改善と利権に走る経営陣、さらには政治家の圧力....
7. 『沈まぬ太陽』  [ 唐揚げ大好き! ]   2009年10月25日 04:44
  魂が、震える。   ■30年間、企業の不条理に翻弄されても絶対に諦めなかった男。仕事とは、家族とは、人生とは・・・。苦悩する現代社会に投げかける、壮大なる人間の叙事詩。   はぁ??、何この「映画観たぞぉ??」って云う充実感と疲労感。 それもその筈
8. 沈まぬ太陽  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2009年10月25日 10:36
『白い巨塔』、『華麗なる一族』などで知られる人気作家・山崎豊子の同名ベストセラー小説の映画化。日本航空をモデルにした国民航空を舞台に、権力に翻弄されながらも自らの信念に従って生きる男を壮大なスケールで描いた社会派ヒューマンドラマだ。主演は『硫黄島からの手...
9. 沈まぬ太陽  [ Yuhiの読書日記+α ]   2009年10月25日 10:38
山崎豊子の同名作品を映画化した社会派ドラマ。監督は若松節朗、キャストは渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二、香川照之、西村雅彦、柴俊夫他。 <あらすじ> 国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられて...
10. [映画『沈まぬ太陽』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2009年10月25日 10:47
☆本日は、朝5時に家を出る早番の仕事であったが、帰宅して、午後8:45からの<ワーナーマイカル・日の出>のレイトショーで、この作品を観た。  眠気との戦いが起こるかなと思いきや、私の心を、骨太の大河ドラマがグイグイと引っ張ってくれて、三時間半の長尺を全く...
11. 「沈まぬ太陽」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2009年10月25日 10:53
インターミッション付きの映画を劇場で見るのは初めて。長時間なだけに良いシートを設置している劇場で見たいもの。軽く3時間を超えているだけに息抜きとトイレ休憩が有難いと思うけれど、インターミッションを入れ
12. 沈まぬ太陽  [ 映画ってエエがな ]   2009年10月25日 17:50
沈まぬ太陽 ←コチラをクリックお願いします山崎豊子の同名小説が原作です。いくつかの配給会社が映画化しようと試み頓挫した問題作です。「不毛地帯」もテレビドラマで放映中なので「山崎豊子」とあれば見たい作品ではないでしょうか。昭和30年代、恩地元(渡辺謙)は....
13. 沈まぬ太陽  [ 勝手に映画評 ]   2009年10月25日 18:02
山崎豊子の、とある航空会社の腐敗を描いた長編小説。小説なので、この国民航空は【一応】実在しない架空の航空会社と言う設定ですが、モデルとなったのは日本航空と言うのは一目瞭然です。 また同時に、小説の登場人物も実在の人物を髣髴させところが多々あります。しかも...
14. 沈まぬ太陽  [ いい加減社長の日記 ]   2009年10月25日 21:48
「きみがぼくを見つけた日 」も迷ったんだけど。 山崎豊子原作、渡辺謙主演となれば、見ないわけにはいかないだろう、ということで、「沈まぬ太陽 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、意外と少ない感じ。 「沈まぬ太陽 」は、大きめのスクリーンで、4??5割。
 昨日、映画「沈まぬ太陽」が封切られました。ぜひとも多くの方にご覧いただきたいので、2000年に私が企画・編集した山崎豊子さんのインタビュー記事を再掲載します。  これまで、山崎豊子さん原作の『白い巨塔』『華麗なる一族』、そして現在2クールに渡るテレビド...
16. 超大作「沈まぬ太陽」  [ Thanksgiving Day ]   2009年10月26日 00:31
映画「沈まぬ太陽」を観てきました。 まさにスケールの大きい超大作でした!! この作品は、映画化されることを知ってからずっと楽しみにしてたんですよ。 今ドラマ化されている「不毛地帯」や、「白い巨塔」「華麗なる一族」などでも知られる、山崎豊子さんの原作で、....
17. 沈まぬ太陽 [映画]  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2009年10月26日 12:58
公開:2009/10/24製作国:日本上映時間:202分鑑賞日:2009/10/24監督:若松節朗出演:渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二、香川照之、大杉漣、西村雅彦、宇津井健、小林稔侍、加藤剛+あらすじ+国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走...
18. 沈まぬ太陽  [ Akira's VOICE ]   2009年10月26日 16:20
輝き続けるからこそ太陽!  
19. 【沈まぬ太陽】理不尽な夕日  [ 映画@見取り八段 ]   2009年10月26日 18:33
沈まぬ太陽 監督: 若松節朗    出演: 渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二 公開: 2009年10月 この会社は何も答えをくれ??.
20. 沈まぬ太陽  [ 象のロケット ]   2009年10月27日 19:25
昭和30年代。 国民航空の労働組合委員長・恩地は海外勤務を命ぜられ、10年を僻地で過ごした。 一方、副委員長だった行天は組合を抜けてエリートコースを歩みはじめる。 やっと本社への復帰を果たした恩地は、御巣鷹山で起こったジャンボ機墜落事故の救援隊として現地に赴...
21. 「沈まぬ太陽」鑑賞  [ 帰ってきた二次元に愛をこめて☆ ]   2009年10月28日 17:55
JAL幹部は恥知らずの最低人間ばかり!!あ、ごめん、NALだっけww腐敗政治家と癒着、金と物欲まみれの畜生ばかり。だからあんな会社になってしまったのですねえ・・タイムリー過ぎて笑えないですよ。あ、あくまでフィクションのNALの話ですからww長くて退屈で...
22. 沈まぬ太陽  [ GLOBAL セブねっと ]   2009年10月30日 18:31
7月に上映されると聞いてから待ちに待った映画『沈まぬ太陽』を公開3日目に観ることができた。 「白い巨塔」・「華麗なる一族」、そして連続ドラマとして現在放送されている「不毛地帯」で知られる山崎豊子の原作の『沈まぬ太陽』。 第一巻(アフリカ篇・上)/第
23. 人は何の為に働くのだろうか。『沈まぬ太陽』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2009年10月31日 08:29
高度経済成長期の時代から日本の航空会社に勤め続ける社員の生き様を描いた作品です。
24. 「沈まぬ太陽」よくぞ映画化したな・・・と拍手  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2009年10月31日 19:33
フィクションと言ってはいるものの、ついJALと重ねて見てしまうのもやむを得ないお話です。
25. 映画「沈まぬ太陽」  [ FREE TIME ]   2009年11月01日 00:43
映画「沈まぬ太陽」を鑑賞。
26. 沈まぬ太陽 よくもまあこんな映画が創れたもんだ  [ 労組書記長社労士のブログ ]   2009年11月04日 12:48
【 53 -12- 1ヶ月フリーパスポート=2 】 昨日は映画「BALLAD 名もなき恋のうた」を観た後に仕事があって、そしてその後に今度は妻と待ち合わせしてまたまた映画(1日に2本観たのって学生時代以来?)、観たのは山崎豊子原作を映画化した「沈まぬ太陽」。 とりあえずびっく...
27. 沈まぬ太陽/渡辺謙、三浦友和、松雪泰子  [ カノンな日々 ]   2009年11月06日 22:27
公開直前まで途中休憩の入る202分もの作品だったとは全く知りませんでした。私が劇場鑑賞した邦画での最長は今年観た園子温監督の『愛のむきだし』の237分ではありますけどあれはちょっと特殊な作品でもあるし、これは作品規模でいえば邦画では異例の超大作スケールですよね....
28. 沈まぬ太陽  [ future world ]   2009年11月08日 00:22
‘信念を貫く’ということは、 己や家族にどれほどの試練を与えることか・・・ 自分なら、自分の家族ならどうだろうか、 ・・・難しい。。。 3時間22分もの長時間だったけど、しっかり集中して鑑賞できました。 渡辺謙が舞台挨拶で涙したこともなんだかわかる気がし...
29. 映画「沈まぬ太陽」  [ Playing the Piano is ME. ]   2009年11月08日 20:39
原作を読んでから見るつもりだったのに、結局1ページも読まないで鑑賞となりました。 私は「脳が満足する映画」が好きです。 そして、これも私好みの「脳が満足する映画」だと思っていたのですが...
30. 沈まぬ太陽  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2009年11月09日 01:31
信念は決して消えない。激動の昭和をかけぬけた男の熱き生きかたとは・・・。 物語:昭和30年代―。恩地元(渡辺 謙)は、巨大企業・国民航空で労働組合委員長を務めていた。職場環境の改善のため会社側と闘った結果、恩地を待っていたのは懲罰人事ともいうべき海外赴任....
31. 沈まぬ太陽  [ 5125年映画の旅 ]   2009年11月10日 22:34
国民航空の労働組合の委員長を務めた恩地元は、会社の重役達に敵視された挙句にカラチでの長期勤務を命ぜられる。2年後には日本に帰れると言われた恩地だったが、その後もテヘラン、ケニアと10年もの間たらい回しにされる。ようやく日本に帰ってきた恩地を待っていたの....
32. 【映画】沈まぬ太陽  [ 新!やさぐれ日記 ]   2009年11月12日 22:20
▼動機 渡辺謙、凱旋 ▼感想 この物語こそ3部作でやるべきだったのでは? ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。10年におよぶ孤独な生活に耐え、本...
33. 映画「沈まぬ太陽」  [ おそらく見聞録 ]   2009年11月15日 17:54
監督:若松節朗(ホワイトアウトの監督さん) 出演:渡辺謙(怪物)三浦友和 松雪泰子 鈴木京香 石坂浩二 香川照之 宇津井健  出演:戸田恵梨香 柏原崇 大杉漣 西村雅彦 小林稔侍 風間トオル 柴俊夫 木村多江  30年間、企業の不条理に翻弄されても絶...
34. ♯50 「沈まぬ太陽」  [ cocowacoco ]   2009年11月16日 13:37
映画 「沈まぬ太陽」     監督:若松節朗  製作総指揮:角川歴彦 原作:山崎豊子 2009年 日本        面白くて見応えがありました。 なのに、観て数日経っても難しくて私にはなかなか書けませんでした。 主役の恩地は、会社からあんな酷い仕打ちを受けて、...
35. 沈まぬ太陽  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2009年11月17日 13:21
2009年11月15日(日) 14:20?? TOHOシネマズ スカラ座 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:未確認 『沈まぬ太陽』公式サイト フリーパス鑑賞14本目。 フィクションで実在の団体、人物とは関係ないなどと申し訳のように終了後に出てくるが、誰もがそんなこと...
36. 沈まぬ太陽  [ かりんのつれづれなるblog ]   2009年11月18日 12:57
とんでもないタイミングで封切した沈まぬ太陽。 やっと見てきました。 3時間22分
37. 『沈まぬ太陽』が沈みそう!  [ 映画のブログ ]   2009年11月21日 03:28
 太陽、すなわち日章旗を模した鶴のマークが沈みかかっている。  鶴のマーク(鶴丸)で知られた日本航空は、いま厳しい経営環境にある。そギ..
38. 映画 沈まぬ太陽  [ 単館系 ]   2009年12月16日 00:12
国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。10年におよぶ孤独な生活に耐え、本...
39. 沈まぬ太陽  [ 映画、言いたい放題! ]   2010年12月04日 20:49
日本アカデミー賞って発表前から予想できて、 しかも予想通りになりますね。( ^ _ ^; この作品も、作品賞を取るかなと思ったらその通りになりました(爆) でも受賞の時のケン・渡辺氏の言葉は胸にきました。 観ていないと何もわからないので、 DVDで鑑賞しました。
40. 『沈まぬ太陽』'09・日  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   2011年02月15日 23:47
あらすじ国民航空の労働組合委員長・恩地は職場環境の改善に奔走した結果海外勤務を命じられてしまう・・・。感想劇中、ニューヨークの動物園が出てきますけど実際は、大阪の天王寺...
41. 『沈まぬ太陽』/TV地上波  [ 京の昼寝〜♪ ]   2011年03月20日 08:52
     □作品オフィシャルサイト 「沈まぬ太陽」□監督 若松節朗 □原作 山崎豊子 □脚本 西岡琢也 □キャスト 渡辺 謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二、香川照之、木村多江、柏原 崇、戸田恵梨香、大杉 漣、       西村雅...

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2009年10月24日 16:08
こんにちは。

まさに力作でした。
これぞ日本映画という感じでしたね。

物語は大体3部構成ですが、
どれをとってもこの作品には必要不可欠で・・・
見応えあった3時間22分でした。
2. Posted by にゃむばなな   2009年10月24日 18:29
BROOKさんへ

3時間22分が全く長く感じることはありませんでしたよね。
邦画史に残る映画でしょうね。
3. Posted by えふ   2009年10月24日 20:30
渡辺謙さんに、
まさにサムライ魂を見せてもらいました!
邦画もすてたもんじゃないですね。
4. Posted by にゃむばなな   2009年10月24日 22:01
えふさんへ

邦画に幻滅している方にこそ見ていただきたい力作でしたね。
改めて自分が昭和生まれの日本人でよかったと思いましたよ。
5. Posted by 佐藤秀   2009年10月24日 22:24
今男らしい剛速球派俳優さんて渡辺謙さんくらいですかね。ご本人も直球ストレート勝負と言っておられたし。高倉健を継ぐケンさん二世ですね。
6. Posted by アンパンマン   2009年10月24日 22:38
 今日見てきました。
 原作は5年位前に読んでいたので、次はどうなる?っていうストーリーとかは分かっていつつ、映画としての魅力、完成度に引き込まれました。
 脱帽です。。。
 今年のベスト1になるかも。

 今日聞いたアシッド映画館で、「今の人(若い人)の感想は違うものになるかも」と言っていましたが、正に戸田恵理香の後半のセリフがそうなんかなって思いましたね。
 
 映画を見ると、何だか友人や親と一緒にお酒(特にビール)を飲みたくなります。(苦笑)
 最近は友人とお酒を飲んでも、「誰それはカワイイ」とか低レベルな会話で情けないです。。。(苦笑)
7. Posted by たいむ   2009年10月25日 10:52
こんにちは。
OPシーンでは私も一気に引きつけられました。
名だたる俳優さんがそれぞれにマッチングしており、山田さんの合理主義的社員ぶりは数分なのにドンピシャでしたね。
8. Posted by にゃむばなな   2009年10月25日 11:34
佐藤秀さんへ

ほんと、男らしい男を演じさせたら渡辺謙さんの右に出る方はカンタンには見つからないでしょうね。
9. Posted by にゃむばなな   2009年10月25日 11:37
アンパンマンさんへ

この映画を見てどれくらいの時間話せるかというのはその人の人生経験の長さに比例するのかも知れませんね。

若い人よりもある程度年齢を重ねた人の方が評価も熱意も高くなりそうですね。
10. Posted by にゃむばなな   2009年10月25日 11:40
たいむさんへ

山田さんの役は三浦友和さんが演じた行天よりもある意味恩地とは対照的な存在でしたよね。
あれはさすが山田辰夫さんだと思いましたよ。
11. Posted by KLY   2009年10月25日 17:02
骨太な見応えある作品でしたねぇ。3時間半でも全然平気でした。というかもっと観たいです。
国見と恩地って似たもの同士なんでしょうかね。どちらも性善説な気がします。
山田さんのあの嫌らしさというか、ムカツキかせ加減はさすがですよね。名バイプレイヤーを亡くしてしまいました。
12. Posted by にゃむばなな   2009年10月25日 17:10
KLYさんへ

3時間22分なんて長さを全く感じることはありませんでしたよね。
どうせならインターミッションなしで見せてくれ!とか、同じくもっと見せてくれ!と思えるほどでしたから。

そして短い時間ながらもその魅力を思う存分発揮してくださった山田辰夫さんの素晴らしさを改めて感じましたよ。
13. Posted by たかひょ   2009年10月26日 06:29
飛行機が墜落するシーンや、体育館に整然と並べられた棺のシーンはお腹が痛くなるほど辛いシーンでした。
「これはフィクションです」っていってもモデルは明白。
これは、ホントに映画化への道は険しかったでしょうねぇ。
3時間22分を長いと感じない良い映画でした。
14. Posted by yukarin   2009年10月26日 17:08
こんにちは♪
途中に休憩が入る映画なんて初めて観ましたが長さを感じさせなかったです。
渡辺謙さんはとてもハマリ役で素晴らしかったですね。
15. Posted by くう   2009年10月26日 18:30
ラストも理不尽さを感じていましたが、

>「刀」を持つ者は恩地元と同じように沈まぬ太陽。どんな場所にいようと人の心を熱くし、どんな暗闇がやってこようとも必ず訪れる未来に希望を照らしてくれる。

この一文で恩地が救われたような気がします^^
そうですよね。
彼の仕事人生が徒労だったとは思いたくない。
素晴らしいサムライでした。
16. Posted by AKIRA   2009年10月26日 19:00
主演が渡辺謙以外なら成立しなかった作品ですね。
素晴らしかった。

短い時間ながら存在感を焼き付けていた
山田辰夫さんも良い!!
17. Posted by にゃむばなな   2009年10月26日 20:27
たかひょさんへ


この映画の企画は何度も頓挫しているらしいですね。
それでも成功した一つの理由に、もしかしたら時代がこの映画を求めたのかも知れませんね。
18. Posted by にゃむばなな   2009年10月26日 20:31
yukarinさんへ

私も途中休憩の入る映画を映画館で見たのは初めてでしたよ。
最初聞いたときは『ベン・ハー』か!なんてツッコミを入れちゃいましたが、でも『ベン・ハー』同様に最後まで見せてくれる映画でしたね。
19. Posted by にゃむばなな   2009年10月26日 20:33
くうさんへ

恩地元は負けてませんからね。信念を曲げない限り、彼に敗北の2文字は永遠に訪れないですよ。

そういう男であることの素晴らしさを存分に味わえた映画でしたね。
20. Posted by にゃむばなな   2009年10月26日 20:34
AKIRAさんへ

まさ渡辺謙の代表作とも言える作品でしたね。

そして山田辰夫さんを始め、存在感のある俳優たちの見事な演技も素晴らしかったです!
21. Posted by latifa   2009年10月31日 19:35
にゃむばななさん、こんにちは!
>昭和のラスト・サムライ
すごい!!ピッタリ来る名言?ですね^^
長い映画は苦手な私なのに、この映画は全く苦痛に思うことがありませんでした。多い人に見て頂きたい映画だな〜と思いました。
22. Posted by にゃむばなな   2009年10月31日 20:32
latifaさんへ

『ラスト・サムライ』を見たときの男気のある渡辺謙さんと、この映画で恩地元を演じる渡辺謙さんとがタブってきたんですよね。
絶対に信念を曲げないその姿。それを格好よく、そして渋く演じられた渡辺謙さんの演技に感服でしたよ。
23. Posted by FREE TIME   2009年11月01日 23:52
こんばんは。
TBありがとうございます。
途中で休憩が入る長時間上映でしたが、終わってみたら本当にあっという間でした。
「昭和のラストサムライ」とは素晴らしい表現ですねw
今の腐敗した日本の政治・経済に問いかけているような作品だったような気がします。
出演者達のそれぞれの生き方にも、何かと考えさせられた作品でした。
24. Posted by にゃむばなな   2009年11月02日 18:41
FREE TIMEさんへ

今の時代には恩地みたいな熱き人がいないだけに、凄くサムライ魂みたいなものを感じましたよ。

ああいう熱き生き方は是非見習いたいものですよね。
25. Posted by なな   2009年11月02日 20:32
謙さんは「サムライ」の役がよく似合いますね。
たしかに恩地のような一徹な人間は
昨今ではあまりお目に書かれなくなったと思います。
それだけに,彼の生き方には感動を覚えました。
26. Posted by にゃむばなな   2009年11月02日 20:46
ななさんへ

ああいう生き方って凄く格好いいですよね。
とても自分自身がマネできるものではありませんが、ああいう生き方をしている人が近くにいたら、是非とも応援したいものですよ。
27. Posted by vic   2009年11月08日 20:38
日本映画は予算の少なさが見えてしまって、侘びしい雰囲気に充ちていて苦手なのですが、この映画はかなり見応えのある完成度でした!

原作読んでから見るんだったな、と思っています
28. Posted by にゃむばなな   2009年11月08日 21:10
vicさんへ

映画はやっぱりこれくらい力を入れて作らないと!って思わせてくれる映画でしたよね。
こういう日本映画が増えてくれることを願うばかりです。
29. Posted by えめきん   2009年11月10日 22:41
こんばんは。TB&コメントありがとうございました。

今年の日本映画を代表する力作でした。企業の思惑や激動の時代に呑まれながらも、信念を貫き通した恩地の姿に目頭が熱くなりました。
渡辺謙のネームバリューも使って、是非海外でも公開して欲しいですね。『おくりびと』とはまた違う、日本の底力を見せてやりたいです。
30. Posted by にゃむばなな   2009年11月10日 23:50
えめきんさんへ

そうそう、これが日本映画の凄さじゃ!とばかりに世界に見せ付けてやりたくなるほどの力作でしたよね。

本当に見応えのある映画でしたよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載