2009年11月14日

『ゼロの焦点』

ゼロの焦点昭和のにおいが全くしない映画でした。それゆえに謎解きの先に見えてくる、戦後という時代が生み出す重みも感じなければ、その時代を描いたがゆえの面白味もありませんでした。
別に『沈まぬ太陽』と比べる訳ではありませんが、見終わった後の感想としては「今更なぜこの作品なのか」とか「古臭いだけ」とかというものしか残りませんでした。

広末涼子、中谷美紀、木村多江の競演が話題になっているこの映画ですが、やはり何が何でも自分の汚れた過去を消したい女性を演じた中谷さんと愛だけを信じる芋臭い純粋女を演じた木村さんの前では、平成っぽさがまだ少し残っている広末さんは少し浮いている感じが最後まで拭えませんでしたね。
もちろん夫のことを何一つ知らない新妻の役を演じた広末さんの演技は素晴らしかったのですが、特に後半になってその中谷さんと木村さんが車内や雪道、そして終戦直後という過去で対峙するたびに、否が応でも女優としての実力差を強く感じてしまうんですよね。

おそらくこれが昭和30年代を舞台にした原作を現代版にリメイクして映画化したのであれば、そんなことはあまり感じなかったと思います。
ただ中谷さんと木村さんの昭和のにおいがする素晴らしい演技の前では、広末さんをはじめ少しでも違和感ある存在は中谷さんや木村さんの前では最後まで違和感のままなんですよね。

しかもこれも犬童監督の演出力の弱さなのか、昭和を描いているのに昭和のにおいがしないというこの映画の悲しさが、そんな違和感に拍車を掛けるんです。考えてみればあの昔の映像が多様された無意味なOPも、どこか昭和の雰囲気の弱いこの映画に急遽付け足されたのではないでしょうか。
とにかくパプリカをかじっていたあの主宰が耐火煉瓦会社の社長というのも、どこか違和感ある感じでしたし、まぁ悪役がそこそこ似合うとはいえ、もう少し田舎臭い感じのする俳優さんでもよかったのでは?と思えてしまったのは悲しかったです。

ただ雪道でマリーを前に最後に笑顔を見せる木村さんの田舎臭い演技も素晴らしかったのですが、それ以上にその後からの中谷さんの一連の演技は見物です。雪道で転んで狼狽し、帰宅してガラスを割りまくり血で顔を真っ赤に染めながら狼狽する演技も素晴らしいのですが、何よりも初の女性市長が当確した会見の席で「マリー」という声を聞いた瞬間に一瞬にして表情から色も生気も何もかも失われるあの演技は、中谷美紀という女優の絶大なる素晴らしさを存分に味わえると思います。
まさにあの瞬間、この映画の3女優対決は中谷さんの圧勝だと確信できるでしょう。

そんな訳でクライマックスの「Only you」を流すセンスはどやねん?とか、EDの中島みゆきさんの曲はこの映画に合っているのか?とか、最後に平成の東京を映すシーンも違和感だけしか感じなかったなど、とにかくセンスの良さを全く感じることのない映画でした。
やっぱり個人的に犬童一心監督作品とはウマが合わないのかな〜。

深夜らじお@の映画館はパプリカを持つと反射的に「あ〜れ・きゅいじ〜ぬ!」と叫んでしまいます。

この記事へのトラックバック

1. 劇場鑑賞「ゼロの焦点」  [ 日々“是”精進! ]   2009年11月14日 15:01
ゼロの焦点オリジナル・サウンドトラック「ゼロの焦点」を鑑賞してきました松本清張の傑作ミステリーを豪華女優陣の競演で映画化した松本清張生誕100年記念作品。敗戦直後の混乱期を経て復興へと向かう昭和30年代初頭の日本を舞台に、結婚間もない夫の謎の失踪を発端...
2. 『ゼロの焦点』  [ ラムの大通り ]   2009年11月14日 16:28
----このタイトルって、昔からよく聞くよね。 原作が有名ニャの? 「もちろん。推理小説の大家松本清張の原作だからね。 今年の東京国際映画祭では招待作品となっていて、 主演の広末涼子、中谷美紀のいずれもが 相手をほめたたえていたようだ」 ----ふうん。でもキー・ビジ...
3. 「ゼロの焦点」(試写会)みた。  [ たいむのひとりごと ]   2009年11月14日 17:48
松本清張生誕100年を記念した映画ということで、原作はかれこれ50年も前に発表されているもの。社会派推理小説の作風が特徴である松本作品だが、この作品も”当時”の社会情勢が反映された内容となっている。公
4. 「ゼロの焦点」:駒込千駄木町バス停付近の会話  [ 【映画がはねたら、都バスに乗って】 ]   2009年11月14日 20:10
{/kaeru_en4/}ずいぶん大がかりなくい打ちだな。 {/hiyo_en2/}ちょっとした大工事ね。 {/kaeru_en4/}測量機器の焦点合わせとか、一部の狂いも許されないんだろうな。 {/hiyo_en2/}つまり、ゼロの焦点は許されないって言いたいの? {/kaeru_en4/}いやいや、犬童一心監督の「...
5. ゼロの焦点 ε-(;ーωーA フゥゥム  [ 労組書記長社労士のブログ ]   2009年11月14日 23:49
【 56 -13- 1ヶ月フリーパスポート=4 】 昨日は社労士試験、合格発表の日だ、みんなはどうやったのだろうか?自分が試験監督したあの人はどうやったのか?【今年の合格率は7.6%(前年7.5%)】  で、自分はまたまた映画の日、昨日は無料パスポートではなくて試写会にて...
6. [映画][劇場公開]ゼロの焦点 73点  [ さとうれおはオレだけか ]   2009年11月14日 23:58
こんな罠にハマるアホがいるのかって罠にハマりガンガン殺されていくのが笑える。コロンボみたいに犯人が最初からわかってる形式にしてもいいんじゃないかってくらい犯人バレバレで普通に期待して見に行った人はキレるでしょう。客層が50代ばっかりだったので相当ハズした作
7. 「ゼロの焦点」過去を知られたさきに発生した人生隠蔽殺人事件  [ オールマイティにコメンテート ]   2009年11月15日 10:00
「ゼロの焦点」は松本清張原作の「ゼロの焦点」を映画化した作品で、お見合い結婚したばかりの夫が突然失踪して、妻となった女性が夫の赴任地だった金沢へと向かいそこで出会う人たちが次々と殺されて事件に巻き込まれるストーリーである。昭和30年代前半という時代と事件....
8. ゼロの焦点  [ ★ Shaberiba  ]   2009年11月15日 18:33
この題の意味を友人と語り合ったことを思い出します・・(笑)
9. ゼロの焦点  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2009年11月15日 20:44
松本清張生誕100年記念作品。新婚間もない夫が謎の失踪、手がかりを求めて夫を追う新妻に襲い掛かる連続殺人の謎――、同名の傑作小説の映画化だ。出演はアカデミー賞作品賞『おくりびと』の広末涼子、『嫌われ松子の一生』の中谷美紀、『ぐるりのこと。』の木村多江の豪...
10. 映画「ゼロの焦点」感想と採点 ※ネタバレあります  [ ディレクターの目線blog ]   2009年11月15日 21:03
映画『ゼロの焦点』を本日初日に観て来ました。 採点は★★☆☆☆(5点満点中2点)。ホントは45点くらいかな。 前の記事『映画「ゼロの焦点」の予告篇が劇場で上映中』で書いた程の期待作だったが、期待し過ぎた分だけ正直期待外れ。やはり日本映画は有料2時間ドラマだ...
11. ゼロの焦点  [ いい加減社長の日記 ]   2009年11月15日 21:47
観たい映画が4つも公開された昨日の土曜日。仕方ないので(?)、レイトショーのはしごをすることに。時間を調べて、1本目は「ゼロの焦点 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、普通の人出かな。 「ゼロの焦点 」は、中スクリーンで、6??7割。 (C) 2009 「...
12. ゼロの焦点 [映画]  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2009年11月15日 23:27
公開:2009/11/14製作国:日本上映時間:131分鑑賞日:2009/11/14監督:犬童一心出演:広末涼子、中谷美紀、木村多江、杉本哲太、西島秀俊、鹿賀丈史愛する人のすべてを知っていますか?+あらすじ+結婚式から7日後、仕事の引き継ぎのため金沢に向かった鵜原憲一(西島秀俊)....
13. ゼロの焦点  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2009年11月17日 13:11
2009年11月14日(土) 20:10?? TOHOシネマズ日劇1 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:未確認 『ゼロの焦点』公式サイト フリーパス鑑賞13本目。 松本清張生誕100年記念作品だそうだ。松本清張の小説は、「点と線」しか読んだことが無い。 松本清張と言え...
14. ゼロの焦点  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2009年11月17日 22:25
公式サイト。松本清張原作、犬童一心監督、広末涼子、中谷美紀、木村多江、杉本哲太、崎本大海、野間口徹、黒田福美、本田博太郎、西島秀俊、鹿賀丈史。松本清張の名作とされながら、ディテイルはかなり杜撰というか、不自然だ。
15. ゼロの焦点  [ Akira's VOICE ]   2009年11月18日 10:53
断崖に柵を!  
16. ゼロの焦点 (広末涼子&中谷美紀&木村多江)  [ yanajunのイラスト・まんが道 ]   2009年11月18日 16:46
◆広末涼子さん(のつもり) ◆中谷美紀さん(のつもり) ◆木村多江さん(のつもり) 映画『ゼロの焦点』に広末涼子さんは鵜原禎子 役で、中谷美紀さんは室田佐知子 役で、木村多江さんは田沼久子 役で出演しています。原作は松本清張さんの長編推理小説です。1961年にも野村芳太...
17. 映画「ゼロの焦点」  [ FREE TIME ]   2009年11月18日 20:47
映画「ゼロの焦点」を鑑賞。
■製作年:2009年 ■配給:東宝 ■監督:犬童一心 ■主演:広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊、加賀丈史、他 公開されたばかりの松本清張原作の映画「ゼロの焦点」を見ました。小説は既に読んでいるし、1961年に野村芳太郎監督によって映画化された作品や他に...
19. [映画『ゼロの焦点』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2009年11月19日 00:20
☆面白かった。  『ALWAYS』以降、日本のVFX技術は、作品の中で、本当に違和感なく、物語の回想シーンの戦後直後から、昭和30年代までの風景を見事に再現している。  その中で、割とオーソドックスなシナリオで役者が熱演している。  これまでの邦画(日本...
20. ◆『ゼロの焦点』◆ ※ネタバレ少々  [ 〜青いそよ風が吹く街角〜 ]   2009年11月19日 02:08
2009年:日本映画、犬童一心監督&脚本、松本清張原作、広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊共演。
21. 男の気持ちが一番ミステリー。『ゼロの焦点』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2009年11月20日 12:23
松本清張の小説を映画化した作品。昭和30年代の日本を舞台に描かれたサスペンスドラマです。
22. 「ゼロの焦点」  [ ひきばっちの映画でどうだ!! ]   2009年11月22日 04:35
                              「ゼロの焦点」 原作 松本清張「ゼロの焦点」 監督 犬童一心 脚本 犬童一心・中園健司 広末涼子・中谷美紀・木村多江、アカデミー賞女優三人が共演するミステリー大作であります! この作品は、本を映画化...
23. 【ゼロの焦点】夢に届かない女たち  [ 映画@見取り八段 ]   2009年11月25日 22:58
ゼロの焦点 監督: 犬童一心    出演: 広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊、鹿賀丈史、崎本大海 公開: 2009年11月 原作は松本渮..
24. 『ゼロの焦点』 試写会鑑賞  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2009年11月26日 22:22
結婚式から7日後、仕事の引き継ぎのため金沢に向かった鵜原憲一は帰ってこなかった。夫の消息を追い金沢へと旅立った妻の禎子は、憲一のかつての得意先で、社長夫人の室田佐知子と受付嬢の田沼久子に出会う。一方、憲一の失踪と時を同じくして連続殺人事件が起きるが、事件の
25. 『ゼロの焦点』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2009年11月29日 10:12
 □作品オフィシャルサイト 「ゼロの焦点」□監督・脚本 犬童一心 □原作 松本清張 □脚本 中園健司 □キャスト 広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊、鹿賀丈史、杉本哲太、崎本大海、野間口徹、黒田福美、本田博太郎■鑑賞日 11月22日(土)■劇場 チ...
26. ゼロの焦点(2009)  [ 銅版画制作の日々 ]   2009年12月05日 12:15
 愛する人のすべてを知っていますか? フリ―パスポート鑑賞第7弾目は邦画「ゼロの焦点」(6本目はクリスマスキャロル3D版鑑賞しました)ヴィヨンの妻以来の邦画です。そう言えば広末さん、ヴィヨンの妻にも登場していましたね。今回は凄いです!主役ですよ。 今年で...
27. ゼロの焦点  [ 単館系 ]   2009年12月17日 01:30
禎子は新婚七日目に、社用で金沢へ旅立つ夫・鵜原憲一を上野駅まで送っていった。それが、禎子が夫の姿を見た最後になってしまった。憲一はの..
28. 『ゼロの焦点』(2009)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2010年06月06日 20:25
松本清張生誕100年記念作品として、『ゼロの焦点』を再映画化。 出演は広末涼子、中谷美紀、木村多江の「アカデミー賞に輝く3人の女優(ミューズ)」に、西島秀俊、鹿賀丈史、杉本哲太、崎本大海、野間口徹、黒田福美、本田博太郎ら。 監督は犬童一心。 旧作とはど...
29. ゼロの焦点  [ こわいものみたさ ]   2010年06月20日 15:11
『ゼロの焦点』 【製作年度】2009年 【製作国】日本 【監督】犬童一心 【出演】広末涼子/中谷美紀/木村多江/杉本哲太/崎本大海/鮮.
30. 『ゼロの焦点』'09・日  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   2010年11月06日 22:43
あらすじ仕事の引継ぎのため、金沢に戻った鵜原憲一が失踪。彼の足跡をたどって、妻・禎子は金沢を訪れ・・・。感想松本清張生誕100年記念作品この原作の映画化は2度目で、何度...
31. 別館の予備(感想192作目 ゼロの焦点)  [ スポーツ瓦版 ]   2011年05月04日 12:48
5月4日 感想192作目 ゼロの焦点 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10879958429/a8440a53
32. ゼロの焦点  [ mama ]   2011年11月25日 17:06
2009年:日本 原作:松本清張 監督:犬童一心 出演:広末涼子、中谷美紀、木村多江、杉本哲太、崎本大海、黒田福美、市毛良枝、本田博太郎、西島秀俊、木村多江 禎子の夫・憲一 ...

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2009年11月14日 15:03
こんにちは。

謎解きの部分はなかなか面白かったのですが、
どうも広末さんの演技が・・・。
中谷さんと木村さんの演技は見応えがありまいた。

私もあそこで「only you」を流すのはどうかと・・・。
全く合っていませんでしたね。
2. Posted by えい   2009年11月14日 16:42
こんにちは。

ぼくは「昭和の匂い」というより、
「昭和30〜40年代ごろに造られた映画の匂い」を感じました。
それを意図的にやったのかどうか?
古臭さを好意的にとらえるべきかどうか、
ちょっと難しいところですね。
3. Posted by にゃむばなな   2009年11月14日 17:18
BROOKさんへ

「only you」がまさかあそこで場違いに流れるとは思いもしませんでしたよ。

やっぱりこの映画を見て中谷さんと木村さんは女優として凄まじいということだけはしっかりと分かりましたよ。
4. Posted by にゃむばなな   2009年11月14日 17:19
えいさんへ

なるほど「昭和30〜40年代ごろに造られた映画の匂い」ですか。
私はどうしても『沈まぬ太陽』と無意識に比較してしまったところがあったので、どうも古臭さを好意的に捉えられなくて・・・。

難しいところですよね。
5. Posted by たいむ   2009年11月14日 17:53
こんにちは。
中谷さんの壊れっぷりは見事でしたね。
木村さんの芋臭さもハマっていて、「沈まぬ太陽」の時とも違う不幸の見せ方が良かったです。
ヒロスエはやっぱりヒロスエで、カタカナ以上にはなってません(笑)
「マリー」ももっと腹の底から悪意全開で叫んで欲しかった。お嬢だからあれが精一杯って演出なのかもしれないけれど。

6. Posted by にゃむばなな   2009年11月14日 18:00
たいむさんへ

>ヒロスエはやっぱりヒロスエで、カタカナ以上にはなってません(笑)

まさにこの通りでしたね。やっぱり女優として他の2人との実力差が垣間見えてしまったのはちょっと残念でしたね。
もう少し悪女とか演じれるようにならないと。
7. Posted by kajio   2009年11月14日 18:20
ヒロスエさんは、やっぱり焼肉をかっ食らってからでないと、本性が見えてこないのでしょうか(笑)
8. Posted by にゃむばなな   2009年11月14日 18:25
kajioさんへ

> ヒロスエさんは、やっぱり焼肉をかっ食らってからでないと、本性が見えてこないのでしょうか(笑)

うわぁ〜懐かしいネタ!
そうですね、彼女には焼肉が必須アイテムかも知れませんね。
9. Posted by KLY   2009年11月14日 23:29
仰るとおり。広末涼子は正直下手だと思っていますが、今回はお嬢様お嬢様した役のせいもあって、いつもほどの違和感はありませんでした。
しかし、如何せん中谷美紀を相手にしては女優としての格の違いがかわいそうな程如実にでてしまったかなぁと。
木村さんは流石でした、見事に中谷さんの演技を受け切ってましたよね。短かったけど鹿賀さんもやはり名優、血まみれの中谷さんを文字通りがっちり受け止めていました。
いずれにしても、この作品は中谷さんあっての作品でした。
10. Posted by PGM21   2009年11月15日 10:20
何時もお世話になっております。

昭和30年代の時代背景があるので今の考え方に当てはめてしまうとこのサスペンスは・・・とは思いますが、心理面については時代を超えて理解されるものだと感じました。

さすが中谷美紀さんの演技は今年の最優秀助演賞確実でしょうね。木村多江さんとの崖のシーンは最優秀女優に相応しいまさに圧巻のシーンでした。

広末涼子さんの演技も悪くはないもののやはり若き日の出来事が観る人の印象を悪くしているんでしょうね。
中谷さんのように演技力ある人と出会えば大きく化ける可能性はあると思います。
やはり広末がこれ以上上をいくためには女優として1つの決断をするしかないのかもしれません。
11. Posted by にゃむばなな   2009年11月15日 10:53
KLYさんへ

やっぱり演技派女優2人を揃えていながら、ストーリーテラーの演技があの程度では映画としてはちょっと苦しかったですよね。

どうせなら地味でも、もう少しイメージに合う女優さんを選んだ方がよかったのでは?と思ってしまうあたりがこの映画の悲しさかと。
12. Posted by にゃむばなな   2009年11月15日 11:08
PGM21さんへ

女優を活かそうとするなら作品の時代設定が合わず、作品の時代設定を活かそうとするなら主演女優が合わず。
やはりキャスティングミスってところなんでしょうか。

まぁ広末さんにはそろそろ悪役とか演じることで、女優として一皮剥けてほしいのですが、それは期待するだけ無駄かな・・・。
13. Posted by はっしゃん   2009年11月15日 13:23
僕の母が田舎出身で、役柄の彼女達とほぼ同年代だった為、大変な時代に生きたんだ…て思いと、子供の頃見た田舎の風景に目を奪われ、少し感傷に浸っちゃいました(失笑)それと中谷さんの演技は、確かに際立ってましたね(^_^;)あと広末は役柄に恵まれてないかな…
14. Posted by にゃむばなな   2009年11月15日 15:49
はっしゃんさんへ

本当にあの時代を知らない私たちにとって、あの時代を生きた方が身近にいるとまた映画を見る感覚が変わってきたりするんでしょうね。

それと広末さんは事務所の意向なんですかね、役者として挑戦するような役選びを全くされていないですよね。
15. Posted by yukarin   2009年11月16日 00:38
こんばんは♪
♪Only youには???でした^^;
広末涼子も役どころは合ってたし良かったと思うんですけど、あのお二人の演技力には負けちゃいますね。
特に中谷さんは怖かったなぁ。イカレっぷりもですけど、マリーと呼ばれた時の表情はさすがでしたね。
16. Posted by にゃむばなな   2009年11月16日 08:20
yukarinさんへ

やっぱりあの実力派女優たちの前では広末さんは所詮広末さんでしたね。

だからこそ監督も演出にもっと気を配るべきだったんですけどね〜。
17. Posted by くろねこ   2009年11月16日 21:12
こんばんは!
あそこまで夫を探し続け真実に迫った妻なのに、涙もこぼれない展開は痛すぎでした!
男をめぐる2人の女の心情も伝わってこなかった気がします。
美紀さんの狂気に心をもってかれた作品ですね!!
18. Posted by にゃむばなな   2009年11月16日 23:11
くろねこさんへ

ほんと、中谷さんに全て持っていかれた作品でしたよね。

主役さんがもう少し頑張っていただけたらと思えることが少し淋しかったです。
19. Posted by 佐藤秀   2009年11月17日 22:57
広末さん、わけの分からない状況を世間知らずながら持ち前の頭のよさで探っていくひたむきな女性をよく演じていたと思いますよ。はまり役と言っていいかも。
20. Posted by にゃむばなな   2009年11月17日 23:40
佐藤秀さんへ

広末さんが頭がいいのは分かるのですが、今回は共演者が凄すぎましたからね。

多くの方が広末さんの方に目が行かなかったのも仕方ないかと。
21. Posted by FREE TIME   2009年11月21日 10:12
こんにちは。
まさにミステリアスな内容でした。
確かに中谷美紀、木村多江と比べると、広末涼子は見劣りしてしまいますねw
特に中谷美紀の鬼気迫る演技に目を奪われました。
木村多江の出番が少ないのは、ちょっぴり残念でした。

22. Posted by にゃむばなな   2009年11月21日 12:55
FREE TIMEさんへ

木村多江さんの出番の少なさにはちょっとガッカリでしたね。

まぁその短い時間の中でも広末さん以上に演技派女優としては輝いていたと思いました。
23. Posted by くう   2009年11月25日 23:01
>EDの中島みゆきさんの曲はこの映画に合っているのか?

私も思いましたわ〜。
ここ、もっと歌なしで重厚な音楽を持ってくれば、
観賞後の感慨もまた違う気がするのに。。
only youもどうかと思います^^;
主演の悲しさがイマイチ描き切れてない気がするのも
結局、演出の問題なのかな〜。。。
24. Posted by にゃむばなな   2009年11月26日 19:57
くうさんへ

やっぱり犬童監督の演出って個人的には好きになれないんですよね。
今回も音楽の使い方が意図不明って感じでしたもん。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載