2009年11月22日

『2012』

2012これは映画か?いえ、立体版ディザスターアクションゲームです。しかも自暴自棄になったローランド・エメリッヒ監督が作り上げた人間愛の欠片もない作品でツッコミどころ満載ですが、違う意味で凄く面白いです。
そしてやはりジョン・キューザックの選ぶ脚本にハズレなし伝説はマトモな意味でも違う意味でも健在ということもよく分かる映画でした。

予告編でもごっつい映像だけがえらく話題のこの映画。危惧していた通り前半は薄っぺらい内容が続き唐突にディザスターシーンに突入するのですが、ここからこの映画は爆笑してしまいそうなくらい笑えるシーンが続くんですよね。

多分マトモな映画ファンなら緊張感を持ってスクリーンを凝視されていたことでしょう。でも私のように邪な映画ファンからすれば、主人公家族が何度も間一髪リムジンで崩れるビルを抜け出したり、空飛ぶセスナの前を地下鉄が宙を舞ったりなどのご都合主義的な幸運ぶりについ笑っちゃうんですよね。なんやねん、あのタイミングの良さは!って。

さらに火山が噴火したり火山灰が街を覆うシーンは『ダンテズ・ピーク』や『ボルケーノ』を、津波が押し寄せるシーンは『ディープ・インパクト』を、豪華客船が傾くシーンは『タイタニック』を、ニュートリノ云々は『ノウイング』を、主人公家族たちがジャンボ機に乗り換える空港で消防士の注意も聞かずに勝手な行動を取って助かるシーンは『ポセイドン』を容易に連想させるんですが、これがまるで「他の作品に似てて悪いか!」と言わんばかりの勢いがあって妙に楽しいんですよね。

しかも時事を見事に捉えた国際関係ネタも面白いこと。
アメリカ大統領が黒人だったり、ドイツ首相が女性だったりするのもこのご時世そのまんま。またイタリア首相が国家安泰の祈りを捧げるために残るというのも、どこか浮気をしたことで不機嫌になった妻に対して謝っているように勘繰れます。
さらにアメリカ人の主人公家族がノアの方舟目指して共に逃げるのがロシア人で、その逃げる先がなんと中国!まさに世界は金のあるアメリカとロシアが技術と安い労働力のある中国に頼る現代国際社会そのものじゃないですか。

もっと言うなら黒人地質学者が人類愛を説いて、されに賛同する順番がロシア、中国、日本の順ですよ。そりゃオバマ大統領も訪日よりも訪中する時間を長くする訳やわ!と言わんばかりの「これからは中国の時代になりますよ」的な描き方も怖いもの知らずな勢いを感じます。

またアメリカ大統領がTV演説を通じて国民に大事な話をしようとする瞬間に放送が中断したり、老ミュージシャンが日本にいる仲違いをしていた息子といざ電話で話そうとすると回線が切れてしまったり、ヒマラヤに不時着した飛行機が崖の手前で止まったかと思えば優しさの欠片などなく墜落したりなど、ここもまた「何か文句あるんか!」と言わんばかりの人類愛のないシーンばかり。

極めつけはノアの方舟のゲートが閉まらなくなってしまった原因を作ったこの自分勝手家族が問題解決に命を掛けている間に、水没してしまったロシア人女性タマラが最後には完全に忘れられていたこと。おいおい、あのお姉さんが幼い娘の命を救ったのにその扱いは酷いやろ!

ただローラド・エメリッヒ監督も怖いもの知らずなくらいに自暴自棄になったことでディーン・デブリンに対して残っていた未練が消えたような気がしましたね。
最近では「ディザスター映画はもう撮りたくない」と仰っているそうですし、ラストラストシーンが人類発祥の地アフリカなのもイチからまた始めたいという意思の現われではないでしょうか。
そう思うと失恋の辛さから立ち直った監督に「よかったね」という声を掛けてあげたいですし、またそんな想いが詰まった脚本を選んだジョン・キューザックの選眼にも拍手を送りたいです。

てな訳でこれからは『デイ・アフター・トゥモロー』『紀元前1万年』とこの映画を勝手に「ローランド・エメリッヒ失恋3部作」と呼ぶことにします。

深夜らじお@の映画館も結構失恋を引きずるタイプです。

この記事へのトラックバック

1. 2012  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2009年11月22日 02:48
『インデペンデンス・デイ』、『デイ・アフター・トゥモロー』などディザスタームービーといえばこの人、ローランド・エメリッヒ監督の最新作。主演は『1408号室』のジョン・キューザック。共演に『アメリカン・ギャングスター』のキウェテル・イジョフォーらが出演して...
2. 2012/ 2012  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2009年11月22日 08:07
{/m_0220/}楽しめた方、エメリッヒファンの方は読まないで下さい{/m_0220/} ローランド・エメリッヒ監督といえばパニックもののCG大作を得意とする{/m_0151/} わたし、同じくエメリッヒの「デイ・アフタートゥモロー」駄目だったし、前作「紀元前1万年」もダメ、 関係ナ...
3. 2012  [ Akira's VOICE ]   2009年11月22日 11:55
みごとな超B級大作。  
4. 2012 [映画]  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2009年11月22日 14:43
原題:2012公開:2009/11/21製作国:アメリカ上映時間:158分鑑賞日:2009/11/20監督:ローランド・エメリッヒ出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート、オリヴァー・プラット、タンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー、ウディ・ハレル...
5. 2012  [ ともやの映画大好きっ! ]   2009年11月22日 15:00
(原題:2012) 【2009年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) "2012年12月21日に地球滅亡が訪れる"というマヤ文明の暦をヒントに、世界中で怒濤のごとく発生した未曾有の天変地異に、人類が為す術なく襲われていく様を描いたパニック・アクション映画。 2009年。地質学...
6. 『2012』・・・襲い掛かる国威の象徴  [ SOARのパストラーレ♪ ]   2009年11月22日 15:10
地球滅亡を描く作品のアイデアの限界を感じた。ディザスターの名手エメリッヒ監督といえど、さすがにもうネタ切れなのかもしれない。中味は薄っぺらで延々ひたすら映像勝負の2時間38分。後半は正直キツかった(汗)
7. 『2012』  [ ラムの大通り ]   2009年11月22日 15:46
※かなり辛口です。ごめんなさい。{/dogeza/} (原題:2012) -----昨日の夜は、 『2012』の大試写会が新宿ミラノで開催されたんだよね。 「超」がつく大作ということで、勇んで行ったはずなのに、 なぜか口が重たそうだニャあ…。 確かこれは、マヤ文明が予言したとかいう...
8. 劇場鑑賞「2012」  [ 日々“是”精進! ver.LD ]   2009年11月22日 16:02
ここは「2012」レビューのミラーです。TB&コメントは、http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/200911210003/にお願いします。出来ない場合はミラーの方へ。ロサンゼルスでリムジン運転手をしている売れない作家ジャクソンは、別れた妻ケイトのもとに暮らす子供....
9. 2012  [ 勝手に映画評 ]   2009年11月22日 17:19
マヤの暦が、2012年12月21日で終わっているという事から、いま巷で囁かれている2012年地球滅亡説を映画にした作品。 いやぁ、事前にいろんな評論を聞いていたので覚悟していきましたが、酷いですね。かなり期待はずれ。公開初週末に全米で6千5百万ドル、全世界で2億2千5百万...
10. 「2012」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2009年11月22日 17:47
これぞ、九死に一生[E:sign03] スペシャル決定版 [E:impact]これでもかこれでもかと襲ってくる脅威。良くぞ回避できたものだとその都度笑ってしまうのだけど、それも醍醐味のひとつ。そこにお
11. 2012  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2009年11月22日 20:05
 『2012年12月21日 マヤの予言通り、世界は終わる─。』  コチラの「2012」は、「パトリオット」、「紀元前1万年」のローランド・エメリッヒ監督が、ジョン・キューザックを主演に迎え、エメリッヒ監督の本領発揮とも言える11/21公開のディザスター・ムービーなのです....
12. 2012  [ 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing ]   2009年11月22日 22:24
 アメリカ  パニック&サスペンス  監督:ローランド・エメリッヒ  出演:ジョン・キューザック      キウェテル・イジョフォー      アマンダ・ピート      オリヴァー・プラット 【物語】  2009年、リムジン運転手のジャクソン・カーティスは、...
13. 2012  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2009年11月22日 22:51
公式サイト。ローランド・エメリッヒ監督、ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、ダニー・グローヴァー、オリヴァー・プラット、タンディ・ニュートン、キウェテル・イジョフォー、ウディ・ハレルソン、ジョン・ビリングスレ、モーガン・リリー、ジョージ・シーガル、パ....
14. 「2012」『にせんじゅうに』と読みます(^^;。  [ シネマ親父の“日々是妄言” ]   2009年11月22日 23:20
[2012] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年11月10日1:09 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  “世紀末バカ映画監督”(←最大限の褒め言葉(^^;)ローランド・エメリッヒ最新作「2012」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。...
15. 2012  [ メルブロ ]   2009年11月23日 00:36
2012 289本目 2009-49 上映時間 2時間38分 監督 ローランド・エメリッヒ 出演 ジョン・キューザック キウェテル・イジョフォー アマンダ・ピート オリヴァー・プラット ダニー・グローヴァー 会場 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ(試写会 168回目) 評価 7点(10....
16. 2012  [ 5125年映画の旅 ]   2009年11月23日 07:14
西暦2012年12月21日。それは古代マヤ文明が「世界が滅びる」と預言した日。偶然にもそれが事実である事を知った小説家のジャクソンは、家族と共に安全な場所へ避難しようとするが、世界の崩壊はすでに始まっていた。一方、各国の政府は滅亡を回避するため、極秘裏...
17. 2012  [ 小部屋日記 ]   2009年11月23日 12:17
2012(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック/キウェテル・イジョフォー/アマンダ・ピート/オリバー・プラット/タンディ・ニュートン/ダニー・グローバー/ウッディ・ハレルソン 2012年12月21日 マヤの予言通り、世...
18. 2012 を観たゾ  [ ヤジャの奇妙な独り言 ]   2009年11月23日 15:36
「2012」 を観てきました 実は一ヵ月半振りの映画館… 2012年 マヤの予言通り、世界
19. 2012  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2009年11月23日 16:41
ローランド・エメリッヒ監督の『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』が好きですだから似た傾向であろうコチラにもちょっと期待していました〜【story】イエローストーン国立公園に子どもたちとキャンプに訪れたジャクソン(ジョン・キューザック)は、謎...
20. 『2012』 災厄でも助かる条件  [ 映画のブログ ]   2009年11月24日 02:20
 フィリップ・ワイリーとエドウィン・バーマーの合作『地球最後の日』(1933年)は、1951年と1998年に映画化され(1998年版は『神の鉄槌』も混ざって??.
21. 2012 地球ボコボコ  [ 労組書記長社労士のブログ ]   2009年11月24日 23:29
【 67 -13- 1ヶ月フリーパスポート=15 】 火曜日の昼ご飯、三宮の参議院議員の事務所に寄った帰りにプラプラ歩いていて何気に気になったので入ってみたラーメン屋さん「ホープ軒」にて。 細めながら腰の強い細麺、薄くスライスしたあっさり味ながらコラーゲン濃縮なチャー...
22. 「2012」試写会観てきました♪  [ りんたろうの☆きときと日記☆ ]   2009年11月25日 17:19
☆「2012」 (原題:2012) 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート、オリヴァー・プラット、タンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー、ウディ・ハレルソン、モーガン・リリー、ジョン・ビリングスレイ...
23. 2012  [ Lovely Cinema ]   2009年11月25日 20:28
JUGEMテーマ:映画館でみました!一般庶民の立場って・・・
24. 2012  [ 映画君の毎日 ]   2009年11月26日 00:44
<<ストーリー>>2009年、リムジン運転手のジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は、子どもたちとの旅行を楽しんでいた。ところが、偶然湖底に沈む巨大な研究施設を発見し、地球が滅亡に向かっていることを知る。この危機から逃れる手はないものかと模索するジ...
25. ★「2012」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2009年11月26日 03:25
久しぶりの週末ナイトショウはTOHOシネマズららぽーと横浜で。 「インディペンデンス・デイ」や「デイ・アフター・トゥモロー」の ローランド・エメリッヒ監督作。 いやーーーこの人の作品は地球的規模の危機を描いてて、 お金かかってそーーーだよねーーー。
26. 映画2012 もう一度観たい映画に1票!  [ ぱるぷんて海の家 ]   2009年11月28日 00:03
ポップコーンメーカー すっげぇーど迫力の映画でした2012。 ド迫力の映像とストーリにくぎ付けでした。 もうどれくらいすっごかったかと云うと 映画のお供は毎回バケツのポップコーンなのです。 そのポップコーンを頬ばりながら映画を観て 終わる頃にはポ....
27. 2012  [ Recommend Movies ]   2009年11月28日 00:52
2012年 マヤの予言通り、世界は終わる―。 【感想】 古代マヤ人が予言した人類が滅亡する2012年のお話し。 64万年に一度起の..
28. 2 0 1 2  [ ★ Shaberiba  ]   2009年11月29日 17:07
ローランド・エメリッヒ監督による地球滅亡映画第3弾!映像は大迫力!
29. 2012 (2009)  [ 銅版画制作の日々 ]   2009年11月30日 01:21
2012年12月21日マヤの予言通り、世界は終わる──。 パニックサスペンス?う〜ん確かに大スケール映像。。。。バリバリと大きな亀裂が入りあちらこちらでとてつもない大地震!地面が盛り上がる!!建物はなぎ倒され、人々は下敷きとなり・・・・・。わわわわ〜〜〜〜! ...
30. 映画:2012  [ よしなしごと ]   2009年11月30日 05:08
 前回が超単館系のマイナー映画だったので今回は超有名どころで。ローランド・エメリッヒ監督のパニックムービー2012を観てきました。
31. 【2012】モナリザは逃がしても人間は逃がさない  [ 映画@見取り八段 ]   2009年11月30日 19:53
2012〜2012〜 監督: ローランド・エメリッヒ    出演: ジョン・キューザック、エイドリアン・ヘルムズリー、アマンダ・ピート 公??..
32. [映画『2012』を観た(幼女万歳!)]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2009年11月30日 22:28
☆面白かった^^  これは、「いいエメリッヒ」監督作品ですね。  「いいエメリッヒ」を、私は今まで『ID4』でしか知らなかった^^  『デイ・アフター・トゥモロー』や『GODZILLA』は、「ちょい、いいエメリッヒ」であったね。  『紀元前1万年』は、「...
33. 2012 / 70点 / 2012  [ ゆるーく映画好きなんす! ]   2009年12月01日 22:13
流石エメリッヒやね!途轍もなく凄い映像と途轍もなくうんこなストーリー! 『 2012 / 70点 / 2012 』 2009年 アメリカ 158分 監督 : ローランド・エメリッヒ 脚本 : ローランド・エメリッヒ、ハラルド・クローサー 出演 : ジョン・キューザック、キ
34. 「2012」  [ クマの巣 ]   2009年12月04日 12:47
「2012」、観ました。 大統領の科学顧問エイドリアンは太陽と地球に異常があることに気づく。一方、作家兼運転手のジャクソンは、子供達の..
35. ♯54 「2012」  [ cocowacoco ]   2009年12月07日 18:05
映画 「2012」 2012 (日本語吹替)を観ました       ローランド・エメリッヒ監督 2009年 アメリカ これから何が起きるのか! 久々にドキドキハラハラしました。 ちょっとイマイチなことも聞いていたので、期待しないで見たのがよかったのか コミカルでユーモア...
36. 映画「2012」  [ FREE TIME ]   2009年12月08日 00:58
映画「2012」を鑑賞しました。
37. 『2012』  [ *モナミ*SMAP・映画・本 ]   2009年12月08日 11:08
「ニーゼロイチニー」と言ったら「ニセンジュウニですね」と、チケットカウンターで言われました。2009年。太陽の活動が活発化し、地球の核が熱せられた結果、3年後に世界は終わりを迎える―。この驚愕の事実をいち早く察知した地質学者エイドリアン(キウェテル・イジョ...
38. 映画 2012  [ フクロウと大理石 ]   2009年12月15日 17:56
 この映画を二言でいうと、豪華絢爛、一大スペクタクル。  2012年に地球が滅亡するというマヤの伝説。その兆候を数年前に捕らえた各国政府は秘密裏に対策を講じはじめる。そして伝説が現実になり、という映画。  やはり大災害を描いたデイ・アフター・トゥモローのロ...
39. 2012  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   2009年12月16日 15:29
2012’09:米 ◆原題:2012◆監督・脚 本: ローランド・エメリッヒ「紀元前1万年」「デイ・アフター・トゥモロー」◆出演: ジョン・キューザック 、 アマンダ・ピート 、 タンディ・ニュートン 、 ダニー・グローヴァー 、 ウディ・ハレルソン ◆STORY◆2009年...
40. 2012  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2009年12月17日 11:32
マヤ文明が予言した世界の終末がいま現実のものとなる!ディザスター映画の巨人が放つパニック・スペクタル。 高度に発達しながらも謎の消滅を遂げた古代マヤ文明。そこで用いられた“マヤ暦”は、西暦2012年12月21日で終っていた。その日、人類の歴史にいったい...
41. 『2012』  [ ナナシ的エンタメすたいるNetプラス ]   2009年12月21日 11:26
wmc市川妙典にて先月公開された『2012』を観てきました。『インデペンデンス・デイ』や』『デイ・アフター・トゥモロー』を手掛けたローランド・エメリッヒ監督が送るパニック映画。今囮..
42. 「2012」神も仏もない  [ ノルウェー暮らし・イン・London ]   2010年01月20日 00:57
2012年は、未来のことではあるのだけど、もう随分昔に観たような気分で・・・・ 「デイ・アフター・トゥモロー」も「インディペンデンスディ」も実はあまり好きじゃない私、この映画も低めの評価を聞いていたので、あまり期待しないで観に行ったのが・・・・・・案外良...
43. 2012 評価:★★★★  [ 20XX年問題 ]   2010年04月06日 22:04
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
44. mini review 10451「2012」★★★★★★☆☆☆☆  [ サーカスな日々 ]   2010年04月21日 00:49
マヤ暦による2012年終末説を題材に、『インデペンデンス・デイ』『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒが手掛けるディザスター・ムービー。地球滅亡を目の前になすすべもない人々が、巨大な自然災害から必死に逃げまどう姿を描く。偶然にも地球の危機を知ってしまうリムジ...
45. 『2012』'09・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   2010年11月04日 08:54
あらすじジャクソン・カーティスが子供2人とイエローストーンに旅行中、偶然干し上がった湖底に建てられた巨大なリサーチ施設を発見する・・・。感想良くも悪くも『デイ・アフター...
46. 【映画】2012…正直ショボイストーリーとナイスな大迫力映像  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2010年12月02日 04:40
三連休も最後の日になっちゃいました… あ、三連休って書きましたけど、私は昨日お仕事でしたけど まずは、そんな仕事も含めた三連休中の近況報告から 2010年9月18日(土曜日)…この日は朝から嫁さんと特に目的は...
47. 2012  [ mama ]   2011年02月21日 00:28
2012 2009年:アメリカ 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、タンディ・ニュートン、アマンダ・ピート、ジョージ・シーガル、ダニー・グローバー、ウディ・ ...
48. 『2012』(2009)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2012年01月01日 22:45
題名が題名なだけに早いとこ見ておかないと、と焦って鑑賞した一本。 物語は映画公開時の2009年にスタート。 世界に滅亡の時が迫っていることに気付いた科学者が警鐘を鳴らし、米大統領だけでなく世界各国の首脳も交え、大規模なプロジェクトがスタート。それは選ばれた

この記事へのコメント

1. Posted by KLY   2009年11月22日 02:53
楽しまれたようですねー。
私はダメでした。というか、ダメじゃないな…正確にはエメリッヒ監督のこの手の映画はもう飽きたって感じでした。
ディザスター映像にも全く目新しさを感じず、ストーリーは陳腐そのものですし。
気になったのは方舟のチケットが一人10億ユーロってとこで、日本円で約1320億円。そこまではいいんだけど、40万人乗るうちの10万人が支払ったとしても兆の単位超えちゃうって、超ボッタクリじゃね?とか思ってしまったり。(笑)
2. Posted by にゃむばなな   2009年11月22日 14:12
KLYさんへ

エメリッヒ作品に期待なんぞしちゃダメですよ。
この監督の最近の作品には常にディーン・デブリンの影を追わないと、他に面白みなど全くありませんからね。
3. Posted by yukarin   2009年11月22日 14:56
こんにちは♪
迫力ある映像は堪能しました。だけどあれだけ破壊されちゃうと怖いというよりも笑いが出てきてしまいました。
それとあの家族に緊迫感がなくて・・・とにかく運が良いというか災害のほうが避けてるというか。
4. Posted by SOAR   2009年11月22日 15:10
タマラの最期、私もあれは許せません!
ケイトと通じ合ったり最後はちびっこを助けてるんですよ。
それなのに、ううう(泣)

きっと監督も彼女のこと忘れちゃったんでしょうね・・・。
5. Posted by BROOK   2009年11月22日 16:09
こんにちは。

いろいろとツッコミどころ満載の作品でしたね。
VFXは驚愕の域でしたが、脚本は大味でした(苦笑)

たしかにタマラの扱いが酷過ぎです。
まさかの最期でした。

ストーリーよりも映像を楽しむ作品だったのかもしれません。
6. Posted by えい   2009年11月22日 16:10
おおっ。

こういう観方もあるのか!?
なるほど、まともに観ないで
「おバカ映画」として観る。
それなら楽しいかも…。
でも、そういうパロディ映画、
ちょっと前に観たなあ。
7. Posted by にゃむばなな   2009年11月22日 16:18
yukarinさんへ

本当に悪運の強い家族でしたね。
あそこまで悪運が強いと、そりゃ緊迫感もなくて当然でしたね。

でも映像は凄かったです。
8. Posted by にゃむばなな   2009年11月22日 16:19
SOARさんへ

> タマラの最期、私もあれは許せません!

でしょ?地質学者と主人公家族の間のセクションにいる彼女のことをすっかり忘れてやりとりしているんですもん。
どこに人間愛があるねん!でしたよ。
9. Posted by にゃむばなな   2009年11月22日 16:24
BROOKさんへ

ほんと、ストーリーよりも映像重視だけの映画でしたね。
でもそれだけでも十分でしたよ。
だってエメリッヒ映画なんですもん。
10. Posted by にゃむばなな   2009年11月22日 16:26
えいさんへ

エメリッヒ作品ですから、パロディ映画のパロディとして見るのも一興かと。
っていうか、どんだけマトモに映画を作ろうとしてへんねん!
11. Posted by ともや   2009年11月22日 17:12
こんばんは、にゃむばななさん♪
冒頭のロサンゼルス崩壊を大笑いしながら観ていた邪な映画ファンです♪
だって彼の映画は、どれだけ嬉々としながら物や街を壊しているかしか見所が無いんですもの(笑)。

それにしても感動させる泣かしどころを入れようと思えばいくらでも入れられたんだろうけど、『オレの映画で感動なんかさせないよ!』というブラックっぷりは凄かったですね。

そっか、失恋の痛手だったのね。
12. Posted by たいむ   2009年11月22日 17:46
この辺でディザスターから離れてもよいのでは?という映画になっていたと思います。
これ以上の幸運は生身の人間には無理っしょ。

北と南がひっくり返った割には、最後のアフリカはいびつながらもいつもどおりの位置形・・・いや、もう突っ込むのはやめておこうかしらね(^^;
13. Posted by miyu   2009年11月22日 20:05
タマラやゴードン医師の扱いはちょっと
ひどかったですよね〜(;・∀・)
なんかその辺も含めたご都合主義満載、
ツッコミどころ満載ではあったのですが、
とにかく映像の凄さは強烈でした。
14. Posted by にゃむばなな   2009年11月22日 21:06
ともやさんへ

いや〜あの大崩壊をびっくりするほどの運の良さで抜け切る様は爆笑ものでしたね。

そうそう、監督のブラックなまでの勢いは凄かったですね。
もう怖いものなしって感じでしたよ。
15. Posted by にゃむばなな   2009年11月22日 21:10
たいむさんへ

エメリッヒ監督も怖いものなしにメチャクチャな映画を作ってくれましたよね。

ですからマトモなツッコミはやめておきましょう。

だってマトモに見ちゃダメな映画なんですから。
16. Posted by にゃむばなな   2009年11月22日 21:15
miyuさんへ

映像はマトモに見たら凄いですけど、ストーリーはマトモに見ると辛いだけですからね。
まぁ失恋中のエメリッヒ監督だけに愛を持ってツッコんであげましょう。
17. Posted by えめきん   2009年11月23日 07:21
こんにちは。TB&コメントありがとうございました。

いろんな映画のパクリ満載に見えますが、「そいつらみんな超えてやるぜ!」という監督の意気込みがひしひしと伝わってきたので僕は満足でした。これだけ大規模にやってしまえば、今後しばらくこの手の映画は作られないでしょうね。

ディーン・デブリンと別れて久しいエメリッヒですが、噂されている(そして絶対実現して欲しくない)『ID4』の続編では再タッグを組むもしれないそうです。前作は二人で脚本書いてますしね。このコンビはまた観たいです。
18. Posted by にゃむばなな   2009年11月23日 12:51
えめきんさんへ

おぉ!エメリッヒとデブリンのゲイコンビが復活ですか。
もしかして『王妃の紋章』を見て、コン・リーとチャン・イーモウも仲直りしたんだからなんてアプローチをどちらかがしたのかな?
19. Posted by アイマック   2009年11月23日 13:15
こんにちは!
つっこみどころ満載ですが、VFXのすごさは迫力でしたねー。
ご都合主義な映画でも、エメリッヒらしくて同情したくなる。笑

>最近では「ディザスター映画はもう撮りたくない」と仰っているそうですし、

そうなんだ。映像作家としては新しい分野にいきたいよね。
20. Posted by にゃむばなな   2009年11月23日 13:22
アイマックさんへ

エメリッヒ監督も失恋の痛手をようやく癒せたのでしょう。
ゲイ関連の映画関係者の言葉は素直に受け取ってはダメですからね。
深読みすると、新しい恋人を見つけます!なんでしょうね。
21. Posted by 由香   2009年11月23日 17:46
こんにちは〜♪楽しまれたようですね〜
というか、、、独自の視点で鑑賞されたような(笑)
映像は見事でしたが、いかんせんお話がグダグダだった気がしますよね。
助かった人たちに対し、何の感情も湧きませんでした(笑)
22. Posted by にゃむばなな   2009年11月23日 20:00
由香さんへ

ローランド・エメリッヒといえばディーン・デブリンとの決別という図式は『デイ・アフター・トゥモロー』以来ずっと変わらず意識してきたことですからね。
まぁ独自といえば独自な視点ではありますが、やっぱり映画は裏情報も含めて楽しんでナンボですよ。
23. Posted by mori2   2009年11月25日 16:53
トラコメ、ありがとうございました。
見事なまでに“超ラッキー”の続く
主人公達でしたね。あんなん、
最初の地震でやられちゃうって!
まあエメリッヒの映画は、ツッコンで
なんぼですからね〜(^^;。
24. Posted by にゃむばなな   2009年11月25日 20:20
mori2さんへ

そうそう、エメリッヒ作品はツッコんでナンボですもんね。
だからバカ映画で上等。それ以上もそれ以下も期待してません!で見ないとですね。
25. Posted by えふ   2009年11月25日 20:27
けっこう緊張感をもって見ていたくちなんですが、
あとからみなさんが突っ込む理由も納得しながら思い出し笑いしてしまいます。
個人的にはこれ以上の映像はもう出ないだろう!?とおもって楽しみました(笑
26. Posted by にゃむばなな   2009年11月25日 20:36
えふさんへ

いや〜バカ映画だっただけに、凄い映像の数々もツッコミなしではマトモに見れませんでしたよ。

でもこれでエメリッヒも吹っ切れてくれたなら、それでいいんですけど。
27. Posted by くろねこ   2009年12月01日 00:36
もはや助かるべくもない今作品は、パニックを起こすどころか愛を問う暇もなく?
まさに映像で押し捲ったって感じでしょうかね!
で私は押し倒されちゃったようで(笑)
結構楽しんじゃいました♪
28. Posted by にゃむばなな   2009年12月01日 19:11
くろねこさんへ

ほんと、映像以外に見所がこれっぽっちもない映画でしたね。

まぁ、私はハナから別視点で楽しんでいたんですけどね。
29. Posted by FREE TIME   2009年12月09日 21:07
こんばんは。
本当に人間愛の欠片もない作品でしたね。
2012年を描写しているだけあって、ロンドン五輪が中止なんてシーンもありましたね。アメリカ大統領が黒人だった事しかり、そういう時事ネタに関しては関心しましたが、肝心のストーリーがイマイチで個人的には全く共感できない内容の映画でした(爆)
30. Posted by にゃむばなな   2009年12月09日 22:08
FREE TIMEさんへ

時事問題を巧く扱っているのは面白かったのですが、それ以前に普遍的な人間愛が全く描かれてませんでしたね。
でもまぁローランド・エメリッヒだから仕方ないんですけど。
31. Posted by ノルウェーまだ〜む   2010年01月20日 01:19
にゃむばななさん、こんにちは☆
なるほどー
エメリッヒ監督、失恋しちゃったんですね。
それで地球全部をめちゃくちゃにして、水に流したかったんですか〜☆
すごく納得しちゃいました。
32. Posted by にゃむばなな   2010年01月20日 20:29
ノルウェーまだ〜むさんへ

ディーン・デブリンと別れてこれで3作目。
ようやくエメリッヒも新たな道を歩む覚悟ができたのでしょう。
作品の内容はともかくとして、今後に期待です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載