2009年12月08日

『16ブロック』

16ブロックまさに老いた日のジョン・マクレーン刑事。これぞ『ダイ・ハード』シリーズの最終章としてアレンジすべきだったのでは?とも思える映画でした。
とにかくブルース・ウィリス演じるやさぐれ老刑事が、ジョン・マクレーンの如く不運なんですけど、でも悪運の強いところが面白いこと。ですから余計にこの脚本をジョン・マクレーン刑事の最後の仕事としてずっと温めていてほしかったですね。

同じNYを舞台にしていながらニューヨーカーから激怒された『ダイ・ハード3』とは違い、地下鉄やらバスなどNYの交通網を巧く利用しながらサスペンスとしての面白さを味あわせてくれるこのバディ・ムービー。

まずこの映画の面白さはやっぱりジョン・マクレーンを連想してしまう、ブルース・ウィリス演じる主人公のやさぐれ具合だと思います。
というのも『ダイ・ハード』ではジョン・マクレーン刑事はいつも事件に嫌々巻き込まれながらも妻への愛のために孤軍奮闘する面白さがあるのに対し、この映画のジャック・モーズリー刑事も夜勤明けという嫌々ながらの仕事をしながらも人のいい証人や救命士をしている妹を守るために孤軍奮闘しているんですよね。

しかも最新鋭の機材を使うとかではなく、自分の知識と悪運だけで勝負するところが面白いこと。いわゆる老練テクと言うのでしょうか、大ベテランのリチャード・ドナー監督の巧い演出のおかげもあってか、脚本も演出も結構面白かったです。
特にジャックが妻の話をした後に証人のエディがジャックの妹を奥さんと勘違いしたりなどという演出は老練テクといった巧さでしたね。

ただ残念だったのは悪事に一度は手を染めたジャックが正義のためにエディを守るというところが説得力に欠けていたこと。
これが日本を舞台に日本映画で描いていたのならまだ多少なりとも説得力はあったのでしょうけど、司法取引のあるアメリカでこんなことを描いても正義のためなのか、それとも司法取引で少しでも量刑を軽くしてもらおうと計算しているのか分からなくなってしまうんですよね。
映画の中にも司法取引が云々というくだりもなかっただけに、ここがちょっと残念でしたね。

あと「24」を意識しているかのような作風もちょっと蛇足だったかも。まぁあれは流行を取り入れました程度のお遊びなんでしょう。

てな訳でラストのジャック・モーズリー刑事の安心した笑みが、やっぱり引退したジョン・マクレーン刑事の笑みにも見えてしまう、そんな映画でした。

深夜らじお@の映画館も不運がよく重なりますが、悪運は強くないので正直いつも辛いです。

現在ネット上にてアシッドリスナー有志により、アシッドリスナーが選ぶベスト10を募集しております。

今年のシネマグランプリ開催がほぼ絶望視される中での募集です。

アシッドリスナーのみなさんのご参加を心からお待ちしております。

詳しくは専用記事にて。
http://blog.livedoor.jp/acideigakan-cinemagrandprix//archives/51295998.html

acideigakan at 18:00│Comments(2)clip!映画レビュー【さ行】 

この記事へのトラックバック

1. 16ブロック  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2009年12月08日 21:18
 『わずか16ブロック(区画)先まで 証人を護送する─ それは簡単な任務のはずだった…。』  コチラの「16ブロック」は、「ダイ・ハード4.0」が好調なブルース・ウィリス主演のアクション・サスペンスです。  監督は、「スーパーマン」、「リーサル・ウェポン3」の....
2. 16ブロック  [ 晴れたらいいね〜 ]   2009年12月08日 23:51
10円だぁ〜(*^o^*) 16ブロック 監督:リチャード・ドナー 出演:ブルース・ウィリス , モス・デフ , デヴィッド・モース , ジェナ・スターン 収録時間:102分 レンタル開始日:2007-02-02夜勤明けで署に戻った刑事ジャック・モーズリーは、上...
3. 映画 16ブロック(2006)を観る ブルース・ウィルスが弱っているよ  [ ザ・競馬予想(儲かるかも?) ]   2009年12月09日 20:22
にほんブログ村 映画ブログ  今日の競馬観戦で鳴尾記念を観た後に、ショックを受けたため、ここは憂さ晴らしにブルース・ウィルス主演のアクション映画で、しかも監督はリチャード・ドナー(リーサル・ウェポン)の16ブロックを、観たのですが、唖然としました{/face2_s...

この記事へのコメント

1. Posted by ディープインパクト   2009年12月09日 20:27
 こんばんわ。僕はこの映画は大好きです。監督がリチャード・ドナーだから持った派手なアクション映画かと思ったけれど、どちらかというと控え目なアクション映画だったと思います。
 ブルース・ウィリスもかなり弱っていたけれど、その分最後は感動しました。
 この映画を観ていると邪悪な心を持った僕でも、清い心を持った人間になれるんだという気がします。
 
2. Posted by にゃむばなな   2009年12月09日 20:40
ディープインパクトさんへ

年を取って弱っているブルース・ウィリスっていうのも、何かよかったですよね。
この俳優さんだけはこの先もずっとこういうアクション映画に出演していってほしいですよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載