2009年12月12日

『パブリック・エネミーズ』

パブリック・エネミーズバイバイ、ブラックバード。このセリフが『男の世界』の奥深さを静かに物語る映画でした。やはりマイケル・マン監督が描く「男たちの世界」は相変わらず渋くて格好いいです。そして「漢の世界」に到達できる「男」はごく一部だと諭しているようなあのラストも、静かで格好いいものでした。

世界恐慌時代のアメリカ、公共の敵No.1ジョン・デリンジャー。女性や弱者には紳士的な銀行強盗、仲間を見捨てない脱獄犯。
犯罪多発地域シカゴの支局長捜査官メルヴィン・パーヴィス。ジョン・デリンジャーを追い詰めるため、仲間が撃たれても犯人逮捕を最優先してしまう有能すぎる男。
まずOPでこの2人をそれぞれ斜め下からのカメラワークで撮る演出力。これが非常に格好いいんですよね。

またリトル・ボヘミアでの銃撃戦も、吐く白い息を要所要所でさりげなく使うことで「男の対決」の緊張感と激しさを物語らせているところも「漢」を描く演出としては格好いいこと。

ただ映画としては多すぎた情報量を端折ったことで、ジョン・デリンジャーやメルヴィン・パーヴィスの人物背景を描ききれていないところはあったと思います。
でも仮に彼らの人物背景を描いていたら、恐らくこの映画は「渋い男たちの世界」をここまで描くことはできなかったと思います。

というのも、特に女性の方には理解しにくいことかも知れませんが、男の世界には男から漢になれたからこそ到達できる世界というのがあり、それは損得勘定や自己防衛を超越した「絆の世界」。
シンジケートに見捨てられても被弾したホーマーは見捨ないジョンや、ジョン・デリンジャーをずっと追いかけてきたからこそ彼の映画の好みも理解できるウィンステッド捜査官たちのみが到達できた世界。
もっと分かりやすい具体例を出すなら、ルパンと銭形警部が時に共闘するあの友情にも似た世界ってことなんですよね。

ですから史実としてメルヴィン・パーヴィスがジョンの死後数年で自殺したというのも、目の前で「漢の世界」を見てきたのに自分は「漢の世界」に到達できなかったがために、敬意を払うべき敵ジョン・デリンジャーを守れなかったことに対する「男としての罪悪感」からではないかと思うんですよね。

『男の世界』を見て死を選ぶジョン・デリンジャー、彼の最後の言葉をわざわざビリーに伝えにいくウィンステッド捜査官も、「漢の世界」に到達できたからこそあんなに格好よく見えたはず。
そして一見大胆不敵にも見えたジョン・デリンジャーがシカゴ警察にぶらりと潜入するくだりも、あの「バイバイ、ブラックバード」のラストを見ると、ある種逮捕されてもいいという、「男としての覚悟」を決める前までの彼自身の願望の現われだったのかも知れませんね。

深夜らじお@の映画館はマイケル・マン監督が描く男の世界が好きです。

この記事へのトラックバック

1. パブリック・エネミーズ  [ Lovely Cinema ]   2009年12月12日 15:37
JUGEMテーマ:映画館でみました!
2. パブリック・エネミーズ  [ Akira's VOICE ]   2009年12月12日 17:18
上がった期待値に応えてくれる終盤が良い!!  
3. パブリック・エネミーズ  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2009年12月12日 17:30
 『大胆不敵な銀行強盗 奪うのは、汚れた金 愛したのは、たった一人の女。』  コチラの「パブリック・エネミーズ」は、1930年代の大恐慌時代、己の美学を貫き通した伝説の銀行強盗ジョン・デリンジャーをジョニー・デップが演じる12/12公開のバイオグラフィー・サスペ...
4. パブリック・エネミーズ  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2009年12月12日 17:58
ちょっと風邪引いちゃったんだけど、、、ジョニーに会いたくって朝一で鑑賞【story】鮮やかな手口で銀行から金を奪い、不可能とも思える脱獄を繰り返す世紀のアウトロー、ジョン・デリンジャー(ジョニー・デップ)。利益を独り占めする銀行を襲撃する大胆不敵な犯罪行為、強...
5. パブリック・エネミーズ  [ 悠雅的生活 ]   2009年12月12日 18:23
大恐慌下。“社会の敵”と呼ばれた男。
6. 「パブリック・エネミーズ」:荒川四丁目バス停付近の会話  [ 【映画がはねたら、都バスに乗って】 ]   2009年12月12日 19:09
{/hiyo_en2/}あー、こんなところに病院が。体調診てもらおうかしら。 {/kaeru_en4/}どうしたんだ、象につぶされてもピンピンしていそうなお前が? {/hiyo_en2/}だって「パブリック・エネミーズ」を観ようとシネコンに行ったら、「ワンピース」の客で長蛇の列なんだもの。開...
7. パブリック・エネミーズ  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2009年12月12日 19:52
アメリカの伝説のギャング、社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と言われたジョン・デリンジャーをテーマにしたクライムドラマ。主演は米ピープル誌で2009年最もセクシーな男性に選ばれたジョニー・デップ。共演に『ターミネーター4』のクリスチャン・ベイル、『エデ...
8. パブリック・エネミーズ  [ 心のままに映画の風景 ]   2009年12月12日 20:41
1933年、大恐慌時代のアメリカ. 汚い金が眠る銀行を標的にする銀行強盗、ジョン・デリンジャー(ジョニー・デップ)は、社会から注目を集めの..
9. 『パブリック・エネミーズ』  [ ラムの大通り ]   2009年12月12日 21:18
(原題:Public Enemies) ----『パブリック・エネミーズ』。 これって直訳すると“社会の敵”だよね。 ということは、主役のジョニー・デップは悪役ってこと? 「そうだね。 彼が演じているのは、FBI史上初の “社会の敵ナンバーワン”に指名された犯罪者デリンジャー。 ...
10. パブリック・エネミーズ  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2009年12月12日 22:59
原題:PUBLIC ENEMIES公開:2009/12/12製作国:アメリカ上映時間:141分監督:マイケル・マン出演:ジョニー・デップ、クリスチャン・ベイル、マリオン・コティヤール、ビリー・クラダップ、スティーヴン・ドーフ、スティーヴン・ラング奪うのは、汚れた金愛したのは、たった...
11. パブリック・エネミーズ  [ 小部屋日記 ]   2009年12月12日 23:35
Public Enemies(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:マイケル・マン 出演:ジョニー・デップ/クリスチャン・ベール/マリオン・コティヤール/ビリー・クラダップ/スティーブン・ドーフ/スティーブン・ラング/ジョバンニ・リビシ/ロリー・コクレイン 奪うのは、汚れ...
12. パブリック・エネミーズ  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   2009年12月13日 00:03
マイケル・マン監督・製作・脚本で、ジョニー・デップを主演にしたのだ。どうしても期待して見る。衣装も使用されている車も見事に再現された。デリンジャー役のジョニーデップは、すばらしい演技をしている。でも、物語の主軸がはっきりとしない。「ボニーとクライド・俺た
13. 「パブリック・エネミーズ」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2009年12月13日 11:39
ジョニー・デップと古代進を天秤にかけ、やっぱり長年の付き合いから古代が勝ったゆえ後回しになった『パブリック・エネミー』。(クリスチャン・ベイルのことはすっかり忘れていた[E:coldsweats01]
14. パブリック・エネミーズ  [ 象のロケット ]   2009年12月14日 17:27
1933年、世界大恐慌下のアメリカ。 シカゴのバーで神秘的な美女ビリーと出会ったジョン・デリンジャーは、初対面の彼女に自分が有名な銀行強盗であることを明かし、ストレートに「俺の女になれ」と告白した。 一方、創設されたばかりの連邦捜査局FBIの捜査官メルヴィン・パ...
15. パブリック・エネミーズ  [ 晴れたらいいね〜 ]   2009年12月14日 21:56
みんな大好きジョニー・デップ♪友達と行ってきました。「愛」が…という宣伝ですね。どうでもいいねん、ジョニーを観よう(笑)ジョン・デリンジャーに関しては、よく知らなかったんですが、アメリカでは有名な方ですね。FBIの射的標的も彼のシルエットだったようで&h...
16. 「パブリック・エネミーズ」試写会 大阪厚生年金会館  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2009年12月15日 07:55
久しぶりの試写会!それも、正統派ジョニー・デップが見れるので、ウキウキ出かけました!ところで、今日はプロ野球のコンベンションがニューオオタニであるので選手見たさに、ニューオオタニにお昼行きました。お昼は「今井」でおうどんとわらびもちを食べました。「今井」....
17. 劇場鑑賞「パブリック・エネミーズ」  [ 日々“是”精進! ver.LD ]   2009年12月15日 14:18
ここは「パブリック・エネミーズ」レビューのミラーです。TB&コメントは、http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/200912150001/にお願いします。出来ない場合はミラーの方へ。大恐慌時代。貧困に苦しむ民衆は、汚い金が眠る銀行だけを標的に大胆不敵な手口で金を奪....
18. 男の世界〜『パブリック・エネミーズ』  [ 真紅のthinkingdays ]   2009年12月15日 18:07
 PUBLIC ENEMIES  1933年、大恐慌時代のアメリカ。中西部インディアナ州の刑務所に、仮釈放 中のジョン・デリンジャー(ジョニー・デップ...
19. パブリック・エネミーズ  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2009年12月15日 23:30
公式サイト。マイケル・マン監督、ジョニー・デップ、クリスチャン・ベイル、マリオン・コティヤール。実在の銀行強盗ジョン・デリンジャー(左)はこれまでも何度も映画で取り上げられた大恐慌時代の、「俺たちに明日はない」のボニーとクライドと並ぶ伝説的ギャング。
20. 【パブリック・エネミーズ】  [ 日々のつぶやき ]   2009年12月16日 11:37
監督:マイケル・マン 出演:ジョニー・デップ、クリスチャン・ベイル、マリオン・コティヤール 奪うのは、汚れた金    愛したのは、たった一人の女。 「1930年代アメリカ、銀行強盗と脱獄を繰返すギャングのジョン・デリンジャー。 不当な利益を得る銀行
21. 【パブリック・エネミーズ】さよなら、さよならブラックバード  [ 映画@見取り八段 ]   2009年12月16日 22:29
パブリック・エネミーズ〜PUBLIC ENEMIES〜 監督: マイケル・マン    出演: ジョニー・デップ、マリオン・コティヤール、クリスチャン・ベ...
22. パブリック・エネミーズ  [ 銅版画制作の日々 ]   2009年12月16日 23:38
 原題:PUBLIC ENEMIES パブリック エネミ―ズとは社会の敵、NO1という意味。 奪うのは、汚れた金愛したのは、たった一人の女。 12月12日の夕方、東宝シネマズ二条へ・・・・。実は「ジュリ―&ジュリア」を鑑賞する予定だった。ところが予告篇が途中切れてし...
【 75 -15- 】 一気に寒くなって、西日本でも日本海側は雪が降りまくっているようだ{/kaeru_snow/} 今、スタッドレスタイヤを持っていないので、次に海に行く前にはちゃんとチェーンを車に搭載しておかなくては。  おそらく今年最後の映画鑑賞、TOHOシネマズのシネマイレ...
24. 『パブリック・エネミーズ』(ネタバレかな^^;)  [ みすずりんりん放送局 ]   2009年12月17日 15:46
 『パブリック・エネミーズ』を観た。  鮮やかな手口で銀行から金を奪い、不可能とも思える脱獄を繰り返す世紀のアウトロー、ジョン??.
25. ★「パブリック・エネミーズ」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2009年12月18日 00:19
週末ナイトショウを観に「TOHOシネマズららぽーと横浜」に行ってきました。 夜中だっていうのに激混みだったよーー。 ツイッター見てて、朝の回から満員御礼の劇場が続出だって聞いてた、 「One Peace」のお客だったのね。
26. パブリック・エネミーズ  [ 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing ]   2009年12月19日 23:39
 アメリカ  ドラマ&ロマンス  監督:マイケル・マン  出演:ジョニー・デップ      クリスチャン・ベイル      マリオン・コティヤール      ビリー・クラダップ 【物語】  1933年、大恐慌時代のアメリカで、ジョンは紳士的な態度と鮮やかな手腕...
27. パブリック・エネミーズ  [ Movies 1-800 ]   2009年12月20日 01:04
Public Enemies (2009年) 監督:マイケル・マン 出演:ジョニー・デップ、クリスチャン・ベイル、マリオン・コティヤール 1930年代のアメリカで、社会の敵No.1と言われた銀行強盗ジョン・デリンジャーと彼の逮捕を目指したメルヴィン・パーヴィス率いる捜査チームとの攻防...
28. パブリック・エネミーズ 2009-56  [ 悠久の華美 ]   2009年12月20日 10:09
「Heat」、「インサイダー」、「コラテラル」、「マイアミ・バイス」、巨匠マイケル・マンの作品です。相変わらず男臭い映画ですね!でギ..
29. パブリック・エネミーズ  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2009年12月21日 01:01
2009年12月20日(日) 16:15?? TOHOシネマズ スカラ座 料金:1250円(チケットフナキで前売りを購入) パンフレット:600円(買っていない) 『パブリック・エネミーズ』公式サイト 近頃公開されたヴァンサン・カッセルの演じたフランスの大衆の敵ジャック・メスリー...
30. パブリック・エネミーズ  [ 犬・ときどき映画 ]   2009年12月21日 07:02
パブリック・エネミーズ(PUBLICENEMIES) [Story] Truestory、本当にあった話の映画化です。 ジョン・デリンジャー(ジョニー・デップ)は大恐慌時代の銀行強盗、鮮やかに1分40秒で仲間とともに銀行強盗をやってのける、庶民を殺さない、銀行の金しか盗まない、仲間を裏切...
31. パブリック・エネミーズ  [ メルブロ ]   2009年12月21日 23:51
パブリック・エネミーズ(原題:PUBLIC ENEMIES) 293本目 2009-53 上映時間 2時間21分 監督 マイケル・マン 出演 ジョニー・デップ クリスチャン・ベイル マリオン・コティヤール ビリー・クラダップ スティーヴン・ドーフ 会場 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ 評....
32. レビュー:パブリック・エネミーズ  [ INTRO ]   2009年12月22日 20:24
『ジョニー・デップのキャラクター・メイキングこそが現代俳優の誉れの証』 / (結末に関する言及あり!)1929年、ウォール街で端を発した株価の大暴落をきっかけに、世界的規模の経済不況が市民を苦しめていた。世に言う「大恐慌時代」である。第1次大戦への輸出によって経済...
33. 映画:パブリック・エネミーズ  [ よしなしごと ]   2009年12月22日 21:43
 見たかった映画の時間を間違え、へんな時間に劇場に着いてしまいました。と言うわけで、急遽観る作品を変更し、この日公開初日だった作品パブリック・エネミーズを観てきました。土曜日の夕方で公開初日、そしてあのジョニー・デップ。混んでいるだろうなぁと思いつ...
34. 「パブリック・エネミーズ」  [ ひきばっちの映画でどうだ!! ]   2009年12月23日 09:32
                        「パブリック・エネミーズ」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・マイケル・マン ようやく観て参りました。 ジョニー・デップ主演の映画を観たのは、なんと「スリーピー・ホロウ」以来ですから、ホンッとに久々ですな!...
35. 映画:パブリックエネミーズ PUBLIC ENEMIES デップ+マイケル・マン=無性にカッコよすぎ  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2009年12月26日 04:57
我ながらドバイばっかりでゲップが出てきた(だいたい仕事で行ってるし) ので、機内映画だったコレを紹介。 この映画、まずはデップ。 (クリスチャン・ベールもがんばっているのだが、役的にかなわない) そして、監督・脚本・製作のマイケル・マンの2人に尽きるだろう...
36. 伝説の男となる所以。『パブリック・エネミーズ』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2009年12月26日 09:27
大恐慌時代のアメリカに実在した銀行強盗犯ジョン・デリンジャーを描いた作品です。
37. パブリック・エネミーズ  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2009年12月26日 15:53
硬派骨太なマイケル・マン監督が1930年代、全米にその名を轟かせた伝説の実在した銀行強盗デリンジャーの実話を描いている。 単なるギャング・アクションとはまったく違う。ジョニー・デップがそこで演じてみせるのは、己のポリシーを貫き通した一人の男の生き様であ...
38. パブリック・エネミーズ  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   2009年12月28日 13:29
パブリック・エネミーズ’09:米 ◆原題:PUBLIC ENEMIES ◆監督: マイケル・マン「マイアミ・バイス」「コラテラル」「ヒート」◆出演: ジョニー・デップ 、 クリスチャン・ベイル 、 マリオン・コティヤール ◆STORY◆大不況時代の1933年、銀行強盗のデリンジャーは....
39. パブリック・エネミーズ  [ 5125年映画の旅 ]   2009年12月28日 20:09
1933年、大恐慌真っ只中のアメリカ。パブリックエネミー(社会の敵)№1と言われた男ジョン・デリンジャーは、大胆な手口で次々と銀行を襲撃していた。業を煮やしたFBIは、敏腕捜査官メルヴィン・パーヴィスにデリンジャー逮捕を指示する。そしてジョンは、運命...
40. パブリック・エネミーズ  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2009年12月29日 06:22
 『パブリック・エネミーズ』を日比谷のTOHOスカラ座で見ました。  『チャーリーとチョコレート工場』や『スウィーニー・トッド』など映画ごとに全く違った顔を見せるジョニー・デップが、今度はどんな顔を見せてくれるのだろうという期待で映画館に出かけてみました...
41. [映画]パブリック・エネミーズ  [ 余白日記 ]   2010年01月09日 00:33
ギャングスターものの傑作はたくさんあるけど、 スコセッシ組の端正で流麗なカメラワークと編集技を 見慣れている目には、マイケル・マンの映画は どこを見たらいいのかちょっとよく分からない。 ともあれジョン・デリンジャー。裏マニア?にはけっこう 有名な人らしく、そ
42. パブリック・エネミーズ  [ to Heart ]   2010年01月12日 21:31
奪うのは、汚れた金 愛したのは、たった一人の女。 原題 Public Enemies 上映時間 2時間21分 原作 ブライアン・バーロウ 監督 マイケル・マン 出演 ジョニー・デップ/クリスチャン・ベール/マリオン・コティヤール/ビリー・クラダップ/スティーブン・ドーフ/スティーブン・ラ...
43. パブリック・エネミーズ  [ Addict allcinema おすすめ映画レビュー ]   2010年01月17日 20:02
奪うのは、汚れた金 愛したのは、たった一人の女。
44. [遅ればせながら、映画『パブリック・エネミーズ』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2010年01月21日 01:31
☆もうすぐ公開が終了してしまいそうだったので、いまいち、気分が乗らなかったのだが、『パブリック・エネミーズ』を観に行く。  何で気分が乗らなかったかと言うと、何となく雰囲気的に『ジェシー・ジェームズの暗殺』っぽい雰囲気があって、  『ジェシー・・・』は完...
45. 映画『パブリック・エネミーズ』を観て  [ KINTYRE’SDIARY ]   2010年02月06日 23:47
9-65.パブリック・エネミーズ■原題:PublicEnemies■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:141分■鑑賞日:12月19日、吉祥寺オデヲン座(吉祥寺)■予告編□監督・脚本・製作:マイケル・マン□脚本:ロナン・ベネット、アン・ビダーマン□原作:ブライン...
46. パブリック・エネミーズ  [ RISING STEEL ]   2010年07月28日 19:43
パブリック・エネミーズ / PUBLIC ENEMIES 現在ハリウッドにおいて人気、評価ともに最高峰のスター、ジョニー・デップ主演 男の世界をコダワリあ...
47. 【映画】パブリック・エネミーズ…聞いていて退屈な昔話  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2010年08月05日 23:00
{/kaeru_fine/} 新規購入したTV{/tv/}の話。 「散在報告」にかこうかとも思ったのですが、わたしの個人的な買い物でも無いのでココに書かせていただきます{/face_warai/} 先日記事にも書いたHDDレコーダー故障{/down/}に伴い新しいのを買う必要に迫られた我が家{/ase/}{/ase...
48. パブリック・エネミーズ  [ mama ]   2010年12月03日 16:46
PUBLIC ENEMIES 2009年:アメリカ 原作:ブライアン・バーロウ 監督:マイケル・マン 出演:ジョニー・デップ、クリスチャン・ベール、マリオン・コティヤール、ビリー・クラダップ、 ...
49. 『パブリック・エネミーズ』'09・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   2010年12月05日 20:42
あらすじ1933年、大恐慌時代のアメリカで、ジョンは鮮やかな手腕の銀行強盗として注目を集めていた。ある日、彼はクラブのクローク係として働く美しいビリーに目を奪われる・・...

この記事へのコメント

1. Posted by えふ   2009年12月12日 15:36
作品自体が男くさくて渋くてかっこよかったですね。
ジョンの映画の好みを理解できたあの捜査官には感服でした。
2. Posted by ノルウェーまだ〜む   2009年12月12日 16:04
にゃむばななさん、こんにちは☆
この映画は恋愛映画のように紹介されていますけど、本当は男臭い映画なのでしょうね。
ルパンと銭形警部…なるほど!です。
そこにあった深い絆を、もう少し表に出して欲しかった気もします。
3. Posted by にゃむばなな   2009年12月12日 16:11
えふさんへ

やっぱりあのウィンステッド捜査官のくだりは感服ものでしたよね。
ああいうのをもうちょっと見たかったですね。
4. Posted by にゃむばなな   2009年12月12日 16:13
ノルウェーまだ〜むさんへ

男って生き物で敵でも時に友情が芽生えたりするものなんですよね。
それが「漢の世界」ってヤツ。

それがもう少し分かりやすく描かれていたら、女性の方にも理解していただけたかも知れませんね。
5. Posted by AKIRA   2009年12月12日 17:21
良かったですね〜。

「漢の世界」に饒舌な言葉なんて要らない!!

ラストのメッセージも粋でしびれました。
あの刑事もかっこいい。
6. Posted by にゃむばなな   2009年12月12日 17:24
AKIRAさんへ

そうそう、「漢の世界」は言葉よりも行動、絆、友情なんですよね。
それがラストの「バイバイ、ブラックバード」に集約されている感じがしましたよ。
7. Posted by miyu   2009年12月12日 17:30
う〜ん、やっぱりこうゆうのは「男の世界」ですよねぇ。
女にはちょっと理解しづらい映画でした。
なんかもうちょっとロマンが感じられるといいんですけどね〜。
ただ、その魅力は感じられる映画でしたね。
8. Posted by にゃむばなな   2009年12月12日 17:46
miyuさんへ

女性はどちらかというと現実的に損得勘定とか自己防衛とかの視点で考える方が多いと聞きますので、理解し難い方も多かったと思いますよ。

でも男っていう生き物は敵にも友情を示せる不思議さのある生き物なんですよ。
だからあのラストの渋さがたまらないんですよね。
9. Posted by 由香   2009年12月12日 18:01
こんにちは〜♪

>マイケル・マン監督が描く「男たちの世界」は相変わらず渋くて格好いいです
そうですか〜
私は残念ながら男の世界を感じられなかったなぁ〜
ルパンと銭型の関係は大好きなんですが(笑)
10. Posted by 悠雅   2009年12月12日 18:35
「男の世界」をあまり好まない夫や息子と暮らしているわたしにとっては、
その真髄を理解することは未来永劫ありえなさそうで、
この作品の本質をさっぱりわからないのも仕方ないことでしょうね。

男女問わず、合う合わない、得手不得手がありますから、
女性でも心酔する方もいらっしゃるかもしれないし、
男性でもイマイチ、と言われる方もある作品だと思いました。
11. Posted by KLY   2009年12月12日 20:12
悠雅さんではないですけど、“男性でもイマイチ”のクチでした。ラストのウィンステッド捜査官は確かに渋かったですね。あそこは「そう来るか。」と思いました。ただどっかでウィンスレット捜査官と接点あったっけ?という疑問は禁じえなかったですが…。ジョンとメルヴィンの間や仲間たちの絆も含めてどうにも希薄であっさりとした描写なんで、解ったのはデリンジャーの考える美学がこういうことだったんだろうということかなぁ。そういう意味ではデリンジャー本人に関してはとても伝わってくるものがあったと思います。
12. Posted by yukarin   2009年12月12日 23:26
こんばんは♪
私もマイケル・マン監督の描く男たちの世界は好きです。
メルヴィン・パーヴィスの自殺というのもにゃむばななさんのを読んでなるほど〜と思いましたわ。
それにしても銃撃戦は良かった〜音がなんとも言えませんでしたねぇ。
13. Posted by アイマック   2009年12月12日 23:43
こんばんは!
特別ファンではないのにジョニーにやられましたよ。
男の世界、よかったです。

>敬意を払うべき敵ジョン・デリンジャーを守れなかったことに対する「男としての罪悪感」からではないかと思うんですよね。

メルヴィン・パーヴィスの自殺、驚いたんですがそういうことか・・
シカゴ警察にぶらりと潜入するところ、あれも覚悟かもしれませんね。
私も銃撃戦がよかったです!
14. Posted by たいむ   2009年12月13日 11:52
こんにちは。
途中ウトウトしてましたけど、終盤は目もらんらん。
シカゴ警察への侵入といい、映画館で何かを悟り決断したデリンジャー。
どう終わるのか気になっていただけに、アッパレなラストには満足でした。
15. Posted by えい   2009年12月13日 14:02
なるほど。
“漢”ですか。
そう考えると、
メルヴィン捜査官の行く末も納得いくというわけですね。
ふうむ。
16. Posted by にゃむばなな   2009年12月13日 15:53
由香さんへ

マイケル・マン監督の世界って好きでない方と好きな方との温度差が相当激しいみたいですね。
まぁ今回の作品に関しては「マイケル・マン監督作品」として見るか否かで評価が分かれると思います。
17. Posted by にゃむばなな   2009年12月13日 15:58
悠雅さんへ

「男が漢になる」ということを理解するのはカンタンなことではないですからね。
もちろん男性でも理解できない方はたくさんいらっしゃると思いますよ。

でもラストのウィンステッド捜査官のように渋くなりたいと願う男性なら、「男が漢になる」ということは誰しも理解できるはずと思います。

ちょっと女性には難しい世界かも知れませんけどね。
18. Posted by にゃむばなな   2009年12月13日 16:00
KLYさんへ

男同士の絆って、描きすぎても希薄になりますからね。
その辺りはやっぱり「漢の世界」に対する好みの違いになってしまうのかも?ですね。

まぁ私はこういう世界観っていうのが昔から好きなのですが、そうでない方にはやっぱり退屈な映画なのかな?
19. Posted by にゃむばなな   2009年12月13日 16:02
yukarinさんへ

メルヴィンが自殺してしまったという理由を考えると、これ以外には何も考えれないんですよね。
だって彼は仕事上は目標の敵を排除できた訳ですし、何も失敗などしていないのに。

その辺りを考えると、この映画の「男たちの世界」というのがより深く感じられるんですよ。
20. Posted by にゃむばなな   2009年12月13日 16:05
アイマックさんへ

メルヴィンが自殺する理由なんて一見なさそうでしたし、また逆に彼がそんな最後を迎えたこともこの映画で描く理由なんて本来なら必要ないはず。
でもそれをあえて描いたということは、やっぱり「男たちの世界」が絡んでくると思うんですよね。
ジョンのシカゴ警察ぶらり潜入も「覚悟」という名の「男の世界」を描く一要素だと思いましたよ。
21. Posted by にゃむばなな   2009年12月13日 16:06
たいむさんへ

男たちの「対決」よりも、男たちの「絆の世界」を描いた映画でしたからね。
それをあの渋いラストで結び終える巧さはさすがマイケル・マン監督でしたね。
22. Posted by にゃむばなな   2009年12月13日 16:10
えいさんへ

男性として生きていくうえで、一度でも目の前で「漢」を見てしまうと、このメルヴィン捜査官の気持ちも多少なりとも理解できると思うんですよね。
「漢」に出会うことは滅多にできることではありませんが、一度出会えると人生が少し変わりますよ。

ちなみに私はこれまでに2人ほど出会わせていただきました。
23. Posted by オリーブリー   2009年12月13日 23:06
こんばんは。

「男たちの世界」から「漢の世界」ですか…凄い奥が深いです。
女の私には難しいけど、なるほど、参考になりました!!

山荘の場面からラストまでの展開がとても良かったので、そこへ行くまでにもう少し掘り下げられていたらなぁ〜と感じました。
ジョニーファンには彼の魅力をタップリと堪能できる映画です♪
24. Posted by にゃむばなな   2009年12月14日 08:23
オリーブリーさんへ

漢の世界というのは限られた男のみが到達できる世界ですからね。
確かに難しいといえば難しいですわね。
25. Posted by ちゃぴちゃぴ   2009年12月14日 21:55
こんばんは〜。
吐く息といえば、最初の方だったかに亡くなる前に、ふっーと白い息が立ったのがゾクッときました。
私もね、あの終盤の追い詰められてくとこらあたりから、すごく好きです。
私は、どうも香港マフィアの漢の方が好きみたいです。もうちょっと、欲しかったような気がしたの。
26. Posted by にゃむばなな   2009年12月14日 22:11
ちゃぴちゃぴさんへ

漢を描かせたら、そりゃやっぱり香港映画の右に出る者はいないですよ。
マイケル・マン監督も描いているのはどちらかといえば「漢」ではなく「男」の世界ですからね。

それでも香港映画ほどではなかったものの、「漢」の世界はやっぱり渋いですよね。
27. Posted by Ageha   2009年12月15日 00:20
キャ〜ジョニー〜!

だけでいつもなら満足出来るハズだったんですけどね〜…。

男の美学…については
わかる気もするんですが仲間の絆も
好敵手と認めた上での対峙も希薄でどうしても物足りなさが残ってしまいました。

ジョニーひとりが目立ち過ぎてエネミーズが
エネミーにしか見えず
受けてたつクリスチャンべイルが影薄くて…。
ラストに出てきた捜査官が一番渋かった気がします…。
渋くて、かっこいいといえば、
数少ない洋画鑑賞の中で最近なら
「エグザイル/絆」
コレみたいなもんを
期待してたんで…。

28. Posted by YUKKO   2009年12月15日 07:52
私には今一歩感がありました。男の世界なら「ヒート」の方が数段上だと思います。デリンジャーとパービィスの心の奥底が読めなかったです。
29. Posted by BROOK   2009年12月15日 14:21
こんにちは。
遅ればせながら、本日鑑賞してきました。


マイケル・マン監督らしく、銃撃戦は素晴らしかったです。
森の中でのシーンなんて、かなり痺れました。
一瞬スローモーションになるところもあり、
そこがお気に入りに。

ストーリーは恋愛メインでしたね。
そこがちょっと残念だったりもします。
30. Posted by にゃむばなな   2009年12月15日 18:59
Agehaさんへ

『エグザイル/絆』は終始漢の映画でしたからね。

対してマイケル・マン監督の描く世界は基本男の世界から始まる漢の世界ですから、それを比べちゃうとやっぱり見劣りしますよ。
31. Posted by にゃむばなな   2009年12月15日 19:01
YUKKOさんへ

『ヒート』はオヤジ2人の渋い映画でしたから、それに比べると今回は主人公が若すぎたのかも?ですね。
32. Posted by にゃむばなな   2009年12月15日 19:04
BROOKさんへ

恋愛要素がちょっと入りすぎて、漢の要素が薄く感じたのは確かでしたね。
やっぱり漢の世界は男たちだけで描かないと!
33. Posted by 佐藤秀   2009年12月15日 23:35
ドラマそのものよりもむしろ、色々と歴史のお勉強させてもらいましたわ。
34. Posted by にゃむばなな   2009年12月16日 19:10
佐藤秀さんへ

そうですね。歴史の勉強にもなる映画でしたね。
35. Posted by かつかつ   2009年12月16日 21:32
ご無沙汰してます。
予告編では恋愛を前面に押し出してるっぽいけど、そういう甘いのはわずかでハードな男のドラマでしたね。(監督はマイケル・マンだから当たり前か(汗))銃撃戦は迫力&音楽もなかなかカッコ良くて好みです。(特にメインテーマ曲が流れた時は鳥肌が立ちました)
ジョニデはああいう役似合いますね。ワルには間違いないんだけど、情に厚くカリスマを持っていて・・・。(久々に奇抜メイクなしの彼を見たような?)

何か「パブリック・エネミーズ」というタイトルが皮肉に見えて仕方ないです。「社会の敵、民衆の敵」と言ったのは政府側であって大衆は支持していたのですから。
36. Posted by くう   2009年12月16日 22:39
>特に女性の方には理解しにくいことかも知れませんが、男の世界には男から漢になれたからこそ到達できる世界

うう〜。。。そう、たぶんそれなんですね〜。。。
私には、今一つ理解出来ないんですわ〜(; ;)
だから、ただジョニーが、カメラが、ファッションが
カッコ良いだけ〜な感じに見えちゃう。
ストーリーが薄く感じてしまったのでした^^;
37. Posted by みすず   2009年12月17日 15:45
こんにちはー^^

にゃむばななさんが書くレビューがなんだかとても嬉しくなりました^^
なかには、ジョニーを見るだけの映画で全然ダメダメっていうのもありで、さすがに悲しくなったりして^^;
とか、いいながら、ジョニーかっこいい〜♪ってキャイキャイ言ってるんですけどね^^;

漢の世界なんですね!
なんとなく内容がイマイチに感じるのも女じゃ理解できない世界だからかな?

ただ、クリスチャンが出てるのに、もうちょっと二人の絡みが欲しかったです^^
38. Posted by にゃむばなな   2009年12月17日 19:16
かつかつさんへ

ほんと、ジョニーはああいう役が似合いますよね。
やっぱり言葉数の少ないジョニーも、引き締まった格好良さがあっていいですよね。
39. Posted by にゃむばなな   2009年12月17日 19:18
くうさんへ

男から漢になる世界観を説明しようとすると、たぶん1〜2時間くらい掛かっちゃうと思うんです。

まぁそれだけ特殊な世界観ですから、女性の方には厳しかったでしょうね。
40. Posted by にゃむばなな   2009年12月17日 19:21
みすずさんへ

公開前から私はこの映画はジョニーの映画ではなく、マイケル・マン監督の映画として見るべきだ!と主張してきたので、好意的なレビューになったんですよ。

やっぱり映画は俳優でなく監督で見ないと!
41. Posted by えめきん   2009年12月28日 20:11
こんばんは。

パブリック・エネミー癸韻離献腑法次Ε妊奪廚函■藤贈匹良厦啻楮佐吋リスチャン・ベイルの対決を期待していたので、ちょっと肩透かしを食らってしまいました。二人の絡みがほとんどなかったのも残念です。
ジョン・デリンジャーの半生に焦点を縛った作品だと理解して観ていれば、もう少し楽しめたと思うんですが。
42. Posted by にゃむばなな   2009年12月28日 23:45
えめきんさんへ

確かにジョニー・デップとクリスチャン・ベイルの対決をもっと見たかったですよね。
男の世界は格好よかったのですが。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載