2010年01月09日

『(500)日のサマー』

(500)日のサマーこれは(恋)の物語。(恋をしたくなる)物語。恋をした人なら誰でも共感できる、スウィート&ビターで楽しくて切なくて苦しくて、でもかわいらしく思えるラブストーリー。
しかも終始男目線で描かれている以上に、サマーを演じるズーイー・デシャネルのかわいらしさに惚れてしまうやろが~!と思えるラブストーリー。
ですから最近恋をしていない男性諸君にこそ是非見ていただきたいと思える映画でしたよ。

『猟奇的な彼女』のキョヌのように運命の恋を信じるトムが、真実の恋など信じないサマーという女性に一目惚れをし、サマーとエレベーターの中で共通の音楽の話で初めて会話したことで夢中になり、でもサマーとの関係をはっきりさせれないことに苦しみ自暴自棄になってもやっぱりサマーのことが忘れられなくてという様を、数々のエピソードを時間経過をバラバラにしながらも、かわいらしく見せてくれるこの映画。

特にトムとサマーがIKEAで展示家具を用いて夫婦ごっこをしたり、トムがサマーの腕に自分が考える街のデッサンを描くシーンを始めとして、トムがサマーとコピー機の前でキスし、サマーといろんな場所ででデートし、サマーと公園で「ペ○ス」と叫び、サマーと高台のベンチで建物を眺め、サマーと友人の結婚式で一緒に踊るなど、どのエピも等身大で普通っぽくて、でもどれも実行に移してみたくなるほどかわいらしいんですよね。

しかもこのサマーを演じるズ―イー・デシャネルがハンパねぇ~!ほど、かわいらしいこと。特にカラオケエピでの彼女のリボンで結ばれたポニテは最高です。今までリボンを付けてかわいく見えるなんて幼女と二次元美少女だけだと思っていただけに、あのかわいらしさにポニテ好きの私はもちろんノックダウン寸前でしたよ。たまんねぇ~!

またそんなサマーだけでなく、恋に一喜一憂するトムも同じ男性としてはかわいらしくも思えてしまうんですよね。
だって気になる女の子との距離が一気に縮まれば、鏡に映る自分がハン・ソロに見えるのも、街行く人達の服装が全てサマーが着ていたのと同じ色に見えるのも凄く分かります!冬なのに自分だけは春のような気持ち、分かります!

でもその一方でサマーと恋人関係になれないがために苦しむ姿もこれまた共感できてしまうんですよね。特に彼女にパーティに誘われるくだりを期待エピと現実エピを画面分割で見せるくだりなど、笑っちゃうけど痛いほどあの気持ちが手に取るように分かっちゃうんです。
始めは期待というか予想通りなのに、どんどん開いていく期待と現実の溝。目の前には彼女の見たくない他の男性との幸せエピソードの数々。

あれを笑えてしまったのも私も似たような経験があるからで、あの苦しみ、あの切なさは本当に辛いですよ。
まぁ私の場合は恋した女性に彼氏ができた時期と私がその女性を気になりだした時期がほぼ同時、つまり不幸にも私は幸せ絶頂期の彼女に恋をしちゃった訳で、彼女の幸せを考えると気持ちすら伝えることができませんでしたというだけなんですけどね。

ですから思い出の公園の高台でトムが必死にサマーの幸せを願おうと努力するトムの気持ちもよく分かるんです。初夏なのに自分だけは凄く涼しすぎる風が吹いているようなあの淋しさが辛いほど分かっちゃうんです。
多分トムが『猟奇的な彼女』のキョヌのように彼女に接していたら、カラオケの帰りに友達としてではなく女性として好きだと言えていたら、サマーとの関係は500日以上続いたのかも知れません。

でもトムが運命の恋を信じるきっかけとなった『卒業』のラストシーンを見て運命の恋など信じないサマーが涙を流したように、運命は努力した人にしか偶然という橋を架けてくれないんですよね。恋の努力が足りなかったトムには偶然という橋を架けてくれなかったんですよね。

でもだからこそ、その努力をしてみようと一歩踏み出してみるラストのトムはちょっと格好よく見えました。しかも最後に登場した女性の名前、これがいいですよね。サマーとの(500)日をステキな思い出にするためにも始まる、オータムとの新たな(500)日。あれこそ運命と呼ぶべきものなんでしょう。

ただ改めて思うとサマーもまたトムにとっては運命の女性だと思いました。だってトムはサマーと出会って恋に落ちたことで人生をいい方向に向けることができたのですから。
となれば片思いや両思い問わず、恋をした相手が全て「運命のひと」なのかも知れませんね。そう思うとポニテリボンの似合う女の子と恋をしたくなりましたよ~ってポニテリボン限定かい!

深夜らじお@の映画館はどんなに困っても身内の小学生女子に恋愛相談はしません。


この記事へのトラックバック

1. 『(500)日のサマー』  [ ラムの大通り ]   2010年01月09日 23:16
(原題:(500)Days of Summer) ----変わったタイトルの映画だニャあ。 500に、()まで付いている。 「そうだね。 これはサマー(ズ―イー・デシャネル)という名前のキュートな女の子に 一目ぼれしてしまったトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)という男の子の目を通...
2. 『(500)日のサマー』・・・サマーの“青”が印象的  [ SOARのパストラーレ♪ ]   2010年01月10日 14:55
今年最初の鑑賞作品は、ほほえましくもちょっとほろ苦いボーイ・ミーツ・ガール。誰もが大切にしているであろう恋愛の思い出にきっと重ね合わせたくなるような、いい意味でごく等身大の恋物語だった。
3. 『(500)日のサマー』(2009)/アメリカ  [ NiceOne!! ]   2010年01月10日 18:09
原題:(500)DAYSOFSUMMER監督:マーク・ウェブ出演:ズーイー・デシャネル、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、クラーク・グレッグ、ミンカ・ケリー、ジェフリー・エアンド、マシュー・グレイ・ガブラー、クロエ・グレース・モレッツ観賞劇場 : TOHOシネマズシャンテ公...
4. (500)日のサマー/(500) DAYS OF SUMMER  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2010年01月10日 21:11
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 恋って辛いもの?楽しいもの? 全米でもヒットし、観た人たちの評判も既に良いのを聞いてたから楽しみにしてた本作。 え〜?そうくるの? ラストはとても意外だ...
5. (500)日のサマー/ジョセフ・ゴードン=レヴィット  [ カノンな日々 ]   2010年01月10日 21:58
『イエスマン "YES"は人生のパスワード』でとってもチャーミングな女性を演じて私の好感度も急上昇でお気に入りの女優さんとなったゾーイ・デシャネルと『ルックアウト/見張り』『BRICK』のジョセフ・ゴードン=レヴィットが主演でのロマンチックコメディです。二人とも私の....
6. (500)日のサマー  [ (500)日のサマー: LOVE Cinemas 調布 ]   2010年01月11日 00:27
運命の恋を信じる青年と信じない女性のちょっとほろ苦い500日間を描いたラブコメディーだ。主演は『セントアンナの奇跡 』や『G.I.ジョー』のジョセフ・ゴードン=レヴィットと『イエスマン “YES”は人生のパスワード』のズーイー・デシャネル。監督のマーク・ウェブは...
7. 「(500)日のサマー」 心の傷にしみる・・・  [ はらやんの映画徒然草 ]   2010年01月11日 14:26
アタタタタ・・・、心の傷がうずきます。 本作「(500)日のサマー」は冒頭にある
8. 「(500)日のサマー」:千束バス停付近の会話  [ 【映画がはねたら、都バスに乗って】 ]   2010年01月11日 18:48
{/hiyo_en2/}山形水ラーメン? {/kaeru_en4/}おお、こんなところにあったのか、山形水ラーメン。 {/hiyo_en2/}知ってるの? {/kaeru_en4/}俺たちラーメン通の間では、伝説のラーメンだ。こんなところで出会うとは、まさに運命。 {/hiyo_en2/}単なる偶然だと思うけど。 {/kae...
9. 「(500)日のサマー」シネ・リーブル梅田  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2010年01月11日 21:19
全米10都市27スクリーン公開から大幅にスクリーンを拡大し、公開4週目にさいてトップ10入りの快挙を成し遂げた映画です。久々のロマンティックな映画です。あらすじトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は建築家を夢見ながらグリーティングカード会社で働いています....
10. ★「(500)日のサマー」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2010年01月13日 03:38
今週の平日休みは、久しぶりにシネコンをはしごして2本。 こちらはチネチッタ川崎で鑑賞。
11. 「(500)日のサマー」感想  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2010年01月13日 12:30
最初に「恋愛映画ではありません」と出る^^ 日付が出るものの、バラバラのシャッフで、最初混乱しました。テンポも良くて、今風なテイスト...
12. (500)日のサマー  [ 小部屋日記 ]   2010年01月13日 22:30
(500) Days of Summer(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:マーク・ウェブ 出演:ジョセフ・ゴードン=レビット/ズーイー・デシャネル/ジェフリー・エアンド/クロエ・グレース・モレッツ/マシュー・グレイ・ガブラー/クラーク・グレッグ サマーに恋をした。 最低で...
13. (500)日のサマー  [ 心のままに映画の風景 ]   2010年01月14日 01:56
グリーティングカード会社で働くトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、アシスタントとして入社してきたサマー(ゾーイ・デシャネル)...
14. (500)日のサマー  [ サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村 ]   2010年01月14日 18:11
   = 『(500)日のサマー』  (2009) = グリーティングカード会社で働くトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、新入りのサマー(ゾーイ・デシャネル)に一目ぼれしてしまう。 ある日、好きな音楽をきっかけに意気投合し、いいムードになった二人。 そん...
15. (500)日のサマー  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2010年01月16日 15:53
 『運命の恋なんて、あるに決まってる。』  コチラの「(500)日のサマー」は、運命の恋を夢見るトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)が愛を信じないミステリアスでエキセントリックな女性サマー(ズーイー・デシャネル)に恋をしたビタースウィートな500日間を描いたP...
16. 「(500)日のサマー」夢をみるのは女とはかぎらない  [ ノルウェー暮らし・イン・London ]   2010年01月16日 17:44
突然、「私、結婚することにしたから・・・・・」って言って、ごめんなさい。
17. 恋の病の治療法。『(500)日のサマー』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2010年01月16日 21:48
運命の恋を信じる青年と恋や愛を信じない女性を描いたラブコメディーです。
18. 映画「(500)日のサマー」  [ Andre's Review ]   2010年01月16日 22:52
(500) days of Summer アメリカ 2009 10年1月公開 劇場鑑賞 2010年劇場鑑賞第1弾。映像が面白そうなので、とても気になってた1本です。 主人公はグリーティングカード作成会社に勤めるトム(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)。入社してきたサマー(ゾーイ・デシャ...
19. (500)日のサマー  [ Movies 1-800 ]   2010年01月18日 01:54
(500) Days of Summer 監督:マーク・ウェブ 出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ゾーイ・デシャネル、ジェフリー・エアンド “運命の恋”を信じる男性トムが“恋は幻”と言い切る女性サマーに恋した500日を絵日記風に描いたロマンチック・コメディ。 最近は男女の立ち位...
20. (500)日のサマー  [ お萌えば遠くに来たもんだ! ]   2010年01月18日 07:46
観てきました。 <日比谷 TOHOシネマズシャンテ> 監督:マーク・ウェブ 脚本:スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー グリーティングカードの制作会社に勤めるコピーライターのトムは、ある日社長のアシスタントとして入社した女性サマーに一目惚れして...
21. (500)日のサマー  [ to Heart ]   2010年01月18日 22:23
運命の恋なんて、 あるに決まってる。 原題 (500) DAYS OF SUMMER 製作年度 2009年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 96分 監督 マーク・ウェブ 音楽 マイケル・ダナ/ロブ・シモンセン 出演 ジョセフ・ゴードン=レヴィット/ゾーイ・デシャネル/ジェフリー・エアンド/マ...
22. 運命の恋、もしくは幻想〜『(500)日のサマー』  [ 真紅のthinkingdays ]   2010年01月20日 11:01
 (500) DAYS OF SUMMER  グリーティングカード会社で働く草食系男子トム(ジョセフ・ゴードン=レヴィ ット)は、社長秘書として入社して??.
23. (500)日のサマー  [ 5125年映画の旅 ]   2010年01月30日 09:24
愛を信じる男・トムと、愛を信じない女・サマー。同じ職場で出会った二人は次第に意気投合し付き合うようになる。サマーは深い関係を望まず、トムもそんなサマーの意見を尊重するが、トムの気持ちはどんどん大きくなり、自分達の関係を明確にしたいと願う様になる。そんな....
24. (500)日のサマー  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2010年01月31日 07:40
 『(500)日のサマー』を渋谷のシネクイントで見ました。  予告編で見たときは、“夏”の500日とは変だな、なぜタイトルに括弧書きがあるのだろう、と気にはなりましたが、どうせたわいのないラブストーリーに違いないと思えてパスしようかと考えていたところ、決して一筋...
25. (500)日のサマー♪(500)Days of Summer  [ 銅版画制作の日々 ]   2010年03月04日 21:28
運命の恋なんて、あるに決まってる。 京都シネマにて鑑賞。ところでタイトルのカッコは何を意味するのかしら?いまだに謎です。調べているのですが、分かりません。さてこの物語に登場する男性と女性のタイプは逆のようです。一般的に女性が運命的な恋を信じるというパター...
26. 「(500)日のサマー」  (500) DAYS OF SUMMER  [ 俺の明日はどっちだ ]   2010年05月06日 01:28
・ 運命の恋なんぞを信じている草食系な男子が、恋も愛も幻想だと思っているちょいと風変わりな女の子と恋に落ち、そんな彼女と過ごす500日間にわたるほろ苦い愛の軌跡をあくまでも男目線からリアルに描き出していったロマンティック・コメディ。 いやはや前評判がかなり良...
27. 「(500)のサマー」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2010年05月28日 17:18
ラブコメといえばラブコメの一種。だけど、冒頭で語られているようにラブストーリーというには何とも釈然としない物語。運命の恋を信じていた男の子が運命の出会いなんてものは幻想だと知り、恋なんてまるで信じてい
28. (500)日のサマー  [ 晴れたらいいね〜 ]   2010年07月05日 00:54
評判がよくって観たかった。出来るだけ、観に行っちゃおって思ってた。月日はちょいと流れて、Blu-rayで観ることが出来た。ボーイ・ミーツ・ガールの話だけど、ラブ・ストーリーじゃないと冒頭にお断りあり(笑)時系列は、かなり入り組んでますがわかりやすい。(500)日の....
29. Blu-Ray:(500)日のサマー 2010年 最新型ラブストーリー(笑)  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2010年07月21日 23:27
現在ならではのラブストーリー(と言いたい) それは、この作品のストーリー構造。 500日間にわたる恋愛の経緯が、「時勢」をぐちゃぐちゃにぶった切られて!並べられている。 映画中にも登場する、名画「卒業」 もしこの映画がその時代に封切られていたら?! (話の内...
30. (500)日のサマー  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2010年09月05日 22:51
【(500) DAYS OF SUMMER】 2010/01/09公開 アメリカ PG12 96分監督:マーク・ウェブ出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ゾーイ・デシャネル、ジェフリー・エアンド、マシュー・グレイ・ガブラー、クロエ・グレース・モレッツ運命の恋なんて、あるに決まってる。秘書とし....
31. (500)日のサマー  [ ここにあるもの ]   2010年09月11日 00:19
自分でも少し驚いてるけど、想像以上の大好きっぷりで、嬉しい気持ちが続いてる。 【きっとずっと好きな映画】が1本仲間入りしたっていう、嬉しい気持ち。 普段あまりラブい映画は観ないんだけど、 たまたまそういったムードだったのか(何、それ?) レンタルしたら、あり....
32. 映画『(500)日のサマー』を観て  [ KINTYRE’SDIARY ]   2010年12月05日 17:29
10-3.(500)日のサマー■原題:(500)DaysOfSummer■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:96分■字幕:古田由紀子■鑑賞日:1月23日、シネクイント(渋谷)スタッフ・キャス...
33. (500)日のサマー  [ RISING STEEL ]   2010年12月19日 20:15
(500)日のサマー / (500) DAYS OF SUMMER いや〜、恋愛映画のレビューなんて慣れない事したら、意味わかんない文章になってしまいました。 2009年 アメリカ映画 フォックス・サーチライト製...
34. (500)日のサマー  [ 悠雅的生活 ]   2011年01月19日 23:55
運命。本音。偶然。
35. (500)日のサマー  [ いやいやえん ]   2011年07月11日 09:22
ボーイ・ミーツ・ガール。恋の経験がたくさんある方のほうが、主役の男女の心の機微がわかって面白いと思います。 とにかくトムを振り回すサマー役のズーイー・デシャネルさんが可愛かった。髪型、服も凄く可愛い。最初から本気ではない事を前提にして、最後までそうなら
36. DVD:(500)日のサマー  [ よしなしごと ]   2011年11月07日 07:55
 クロエ・グレース・モレッツが出ているので見たいと思っていたのですが、それ以前にこの作品は名作だと言われ、TSUTAYAでDVDをレンタルしてようやく見ました。と言うわけで今回は新作ではなくレンタルDVDでの鑑賞ですが、(500)日のサマーを見ました。

この記事へのコメント

1. Posted by SOAR   2010年01月10日 14:55
ズーイー・デシャネルのキュートな魅力が本作でもいっぱいでしたね♪

ラストシーンで新たな出会いに臨むトムが、恋愛においても仕事においても一回り大きくなったように見えました。

一瞬のハン・ソロもキュートでした〜(笑)
2. Posted by にゃむばなな   2010年01月10日 16:01
SOARさんへ

本当にズーイー・デシャネルがかわいかったですよね。

そうそう、あのラストは出来過ぎかも知れませんが、爽やかで心が温かくなりましたよね。
3. Posted by rose_chocolat   2010年01月10日 18:17
こういうのを観ちゃうと、何と言いますか、思い通りにはいかないもんなんですよね。恋だとか人生だとかって(苦笑
私は、この映画って男性視点からですと結構キビしいよなーと思ったんですが、そういうほろ苦さをうまく包み込むように作っていたと思いました。
4. Posted by にゃむばなな   2010年01月10日 19:39
rose_chocolatさんへ

現実の女性って男性視点から見れば、あんな感じですよ。
むしろ両思いになれること自体が奇跡と思って接しなきゃ、やってられん!ってところもありますけどね。
まぁ思い通りにならないから人生は楽しくもあるのですが、それが理解できるのが大人になってからですからね〜。
ほんと、男って不器用な生き物。
5. Posted by Ageha   2010年01月10日 21:26
あけおめには遅すぎですが
ご無沙汰しちゃいました。
今年もよろしくお願いしま〜す♪

…予定外の作品だったんですが
あなたのレビュー見てたら無性に見たくなりました!
こういうのがあるから
映画は面白い。(笑)
わからない(笑)。

めざましテレビの事前期待度もダントツ1位でしたからね。
時間作って見たいです〜。


そんなにポニーテール
好きなんですか…(笑)
6. Posted by にゃむばなな   2010年01月10日 21:33
Agehaさんへ

お久しぶりです。そして今年もよろしくお願いします。

これは男性にはオススメですね。女性はサマーをどう見るかで意見が分かれるかもです。

ちなみに数年前にちょっとした衝撃を受けてからポニテ好きになってしまったんです。
あれだけは何とも言えない良さがありますよ〜。
7. Posted by mig   2010年01月10日 21:33
3 にゃむばななさんこんばんは☆
ポニーテールにリボン、かぁ(笑)
ゾーイーデシャネルってすごい男ウケするタイプなんだろうなぁって思いますよ、
きっと彼女じゃなかったらここまで男性陣の共感も得られなかったんじゃないかな?
憎めない感じなんですよね、本人あっけらかんとしてて。
3年くらい前の「フローズンタイム」みたいな感じかなぁって
勝手にかなり期待しちゃってたので
ちょっと思ってたのとは違ったかな、という感じです
あの突然の恋の終わりはある意味現実的ではありましたけどね^^
8. Posted by にゃむばなな   2010年01月10日 21:41
migさんへ

ポニーテールにリボン。
今までそんなのが似合うのは幼女や二次元美少女だけと思っていただけに、あのかわいさはたまりませんでしたね。

そうそう、ズーイー・デシャネルってチャーミングな笑顔が多分男ウケするんだと思います。
私もああいう女性は大好きですから。
9. Posted by かのん   2010年01月10日 22:13
こんばんは。
トムが浮かれまくってたり妄想に浸るハイテンションから悩んで苦しんでるあの落差がまさに「恋」なんですよね。ああいう思いって男女共通だったりするし、サマーといろいろ経験をしたからこそのオータムとの出会いなんじゃないかなって思うのでした。
10. Posted by えい   2010年01月10日 22:14
こんばんは。

この映画、おそらく女性には評判悪いでしょうね。
ヒロインに共感できない可能性が多そう。
でも、そんな女にコロリ騙されるのが男…
という真理を教えてくれた映画として、
ぼくは高く買っています。
11. Posted by KLY   2010年01月10日 22:38
ズーイー可愛いよね!!
だからもう気持ちはどっぷりトムですよ。ぱっと見たら、ムカつく女だなこいつ!って結構不愉快だったんですが、でもズーイー可愛いから…。結局惚れちゃったら男の負けなんですよ。
ちなみに結婚式にでたミリーは「BONES」でズーイーの姉のエミリーと共演してるんで、撮影中そんな話もしたのかなと一人想像してました。(笑)
12. Posted by dai   2010年01月11日 03:14
こんばんは☆

ズーイーは反則ですね。ポニーテールも含めトムでなくともハマりますよw
13. Posted by アンパンマン   2010年01月11日 12:15
 この映画のこと全く知らなかったのですが、「ポニーテール」で僕も見たいと
思ってしまいました。

 あると思います。
 (T津木村さん風に)(苦笑)

 ところで先ほど掲示板に書いて
みましたが、ああいう感じで良かったですかね?
 初めてなんでかなり緊張しました。
14. Posted by にゃむばなな   2010年01月11日 12:57
かのんさんへ

そうですよね。浮き沈みを経験してこその恋ですもんね。
一つの恋が人を成長させるってまさにこういうことなんだと改めて思いました。
15. Posted by にゃむばなな   2010年01月11日 13:00
えいさんへ

> でも、そんな女にコロリ騙されるのが男…という真理を教えてくれた映画

そうですよね。これが男って生き物なんですもんね。
そりゃハタから見ればアホかも知れませんが、それでも幸せを感じちゃうんです。
だって男の子だもん♪
16. Posted by にゃむばなな   2010年01月11日 13:08
KLYさんへ

そうそう、一見ムカッ!ってくるような感じなんですけど、OPでいきなりトムが「クソ女」と言っていたおかげもあってか、やっぱりトムと同じように惚れちゃうんですよね。
いや〜、ズーイー・デシャネル、かわいいッス!
17. Posted by にゃむばなな   2010年01月11日 13:11
daiさんへ

ほんま、あのかわいさは反則ですよね。
でも反則と言いたくなるほどかわいいんですから、男なら誰しもが惚れてまうやろが〜!になりますよ。
18. Posted by にゃむばなな   2010年01月11日 13:13
アンパンマンさんへ

もしかしてアンパンマンさんもポニテ好きですか?
それなら今すぐ映画館に直行して、即確認ですよ♪

ちなみに掲示板へのカキコありがとうございます。
あんな感じで十分OKです。
これからもよろしくお願いします。
19. Posted by はらやん   2010年01月11日 14:39
にゃむばななさん、こんにちは!

これは男性諸氏は激しく共感しちゃうでしょうね。
かくいう僕もそうなんですけど。
相手の態度で浮かれちゃう気持ち、落ち込んじゃう気持ちは誰しも経験あるもので、それがストレートに描かれていて、イタタタ・・・ってなっちゃいました。
20. Posted by にゃむばなな   2010年01月11日 16:53
はらやんさんへ

そうなんですよね。
ハタから見ればイタタの話も、こういう経験をした男性諸氏には共感の連続ですよね。
ほんと、男性から見た女性はいつの時代もあんな感じですよ。
21. Posted by YUKKO   2010年01月11日 21:01
くやしいけれど、サマーはとってもキュート。でも、トムへの別れ方とか、女性としては少し許せなかった。でも、魅力的。恋の苦しさが伝わってきて、久々に若い頃を思い出しました。恋っていいですね。運命の人がいるって思えるだけで幸せになれそうな映画でした。私はサマーの着ていたお洋服に興味深々で自分でも着たいって思ってます。ブルーが綺麗で、サマーの目の色に合わせているのでしょうが、でも髪の色は日本人と同じ黒だから、日本人にも絶対似合うって思ってます。まあ、同じ服は見つからないでしょうね。
22. Posted by にゃむばなな   2010年01月12日 20:22
YUKKOさんへ

サマーのかわいらしさは凄かったですよね。
そうそう、ズーイー・デシャネルは黒髪でしたから、この映画を見て触発される日本女性も少なくなさそうですね。
23. Posted by latifa   2010年01月13日 12:36
にゃむばななさん、こんにちは☆
ポニーテール、私も好きです。
あれは、結構難しいんですよね。頭の形と顔の輪郭が綺麗じゃないと美しくないから。しかもリボンでもOKとなるとハードル高いんですね^^
私的には、うわ〜っ、この年でリボン巻いてるんだ〜(ゴメンなさい)ってちょっと思っちゃいましたが(^^ゞ
女子よりも男子に軒並み好評の映画の様ですね。
24. Posted by にゃむばなな   2010年01月13日 20:44
latifaさんへ

ポニテというのは年齢に関係なく似合う人には似合う。あれがいいんですよ。
しかもリボンをつけるなんて、ある意味凄く勇気がいること。
その勇気にも乾杯!でしたよ。
25. Posted by アイマック   2010年01月14日 23:13
こんばんは!
IKEAでの夫婦ごっこ、アイデアいいですね。
ズ―イー・デシャネルの魅力も大きくて、
『卒業』で涙するシーンは印象的でした。
オータムに出会ったときのトムはかっこよかったですよー。
26. Posted by にゃむばなな   2010年01月14日 23:53
アイマックさんへ

ラストのトムは成長のあとが垣間見えて、確かに格好よかったですよね。
ですからオータムを誘った時の彼は本当にステキでしたよね。
27. Posted by aq99   2010年01月15日 22:52
この映画のラストは大好きです。
あんなガキの妹に恋愛相談する情けなさは、理解できませんが、その他は概ね納得できましたんで、かなりリキ入れて応援してました。一歩踏み出してくれてよかったです。
28. Posted by にゃむばなな   2010年01月16日 13:19
aq99さんへ

そうですよね。いろいろと男性だから理解できるところがある分、あのラストは応援したくなりましたよね。
29. Posted by miyu   2010年01月16日 15:53
うわぁ〜!そうだよね!
なにも運命の人は1人じゃないのかも。
出会って、恋をして、そうやって人はまた
幸せへと1歩近づくんだものね。
色んな人と出会って、今の自分があるからこそ、
最後の相手と結ばれるのかも。
そう思ったら、なんだかすっごく切ない思い出も
切ないだけではなくなるのかもしれませんね。
ズーイーちゃんは同性から観ても可愛いです!
あたしは、あの目にやられます( ´艸`)
結構可愛い女性には目がないのですが、
ズーイーちゃん系の顔がいっちゃん好みかなぁ。
30. Posted by ノルウェーまだ〜む   2010年01月16日 18:55
にゃむばななさん☆こんにちは〜
お正月から忙しくて、ロンドンへ戻ってようやく自分の時間が出来ました。

みなさん、ポニテリボンですごい盛り上がりですね。
私は男目線で描かれた映画で、こんなに共感出来たのは初めてです。
とっても可愛い映画でしたね。

サマーはキャピっとしてないところが、男性に受けるのでしょうか?見た目と内面のギャップが、きっとまたそそるのでしょうね。
かねてより女性との切ない想い出が見え隠れするにゃむばななさんに、コメ入れるの勇気がいりました。

っていうか、ポニテリボンに目を奪われてるから振り回されることに、この映画を見ても気が付かない男性の方々が、またとっても可愛いです☆
31. Posted by にゃむばなな   2010年01月16日 20:15
miyuさんへ

こういう映画を見て、改めて自分の過去の恋愛を冷静に振り返ってみると、やっぱりどの女性もムゲには思えないんですよね。
ですからちょっとご都合主義的かも知れませんが、やっぱりみんな「運命のひと」って思いたくなりましたよ。
32. Posted by にゃむばなな   2010年01月16日 20:44
ノルウェーまだ〜むさんへ

女性との切ない思い出は男性になら誰にも多かれ少なかれあるものですから、遠慮なくコメント入れてくださいね。でもそういうお気遣いをしていただけるのは凄く嬉しいです。

サマーの魅力は多分恋人にできそうで、できないところや、女性らしいのに女性らしさがたまにないところでしょうね。
特に真剣な顔して「自分がシド」と言ってしまうあたり、ああいう女性はなかなかいないですよ。そういう希有なタイプっていうのがより男心を刺激するのかも知れないですね。
33. Posted by Ageha   2010年01月18日 15:23
もう、ポニーテールで盛り上がってたから
ポニテキターー!!って
こっちまでテンションあがっちまいました。
いや、一番可愛かったでしょ、ポニテリボンの時が。(笑)

キスどころか手も繋いだことなかった逆サマー体験者なもんで、思いっきりトムに感情移入してました、アハハ…。
34. Posted by にゃむばなな   2010年01月19日 20:16
Agehaさんへ

ポニテリボン、よかったでしょ?
あれはポニテ好きにはたまりませんでしたよ。

やっぱりあのトムに感情移入できる者にとってはこの映画は心にグッときますよね。
35. Posted by えめきん   2010年01月30日 09:36
こんにちは。

愛を信じる男と愛を信じない女が主人公なのに、実は恋愛映画じゃなく「恋愛観と男女の成長を描いた映画」だったというのがツボでした。今の時代、男の方が恋愛に夢を求めるものなんですね。小学生女子に恋愛相談を持ちかけるのも、女が強い時代の現れでしょうか。

それとポニテリボン、良いですよね(あえて突っ込むところがソコ)。
36. Posted by にゃむばなな   2010年01月30日 21:03
えめきんさんへ

そうですよね。女性が恋愛に夢見ているよりも男性が恋愛に夢見ている時代になってますよね。
でもそれは実は昔からそうだったような気もする映画でしたよ。
37. Posted by mezzotint   2010年03月04日 23:47
にゃむばななさん
今晩は☆彡
ズ―イちゃんにぞっこんで、撃沈とは凄いなあ〜〜!同性から見ても彼女は確かに可愛いと思いますよ。
タイトルのカッコについての疑問にお答え頂きありがとうございます。
なるほどそういうことだったんだと。
時間軸がバラバラではありましたが、そんなことは気にならず、楽しめました。ポニテリボン、本当に素敵でしたね♪私もしようかしら?
38. Posted by にゃむばなな   2010年03月05日 17:22
mezzotintさんへ

この映画を見てから、心なしか街を歩くとポニテリボンの女性をちらほらと見かけるんですよね。

そんなポニテリボンを見ながら、この映画を思い出してます。
本当にズーイーちゃんのかわいさは最高でした。
39. Posted by たいむ   2010年05月28日 17:24
オータムとうまくいけば運命になるかもしれませんね。なんだか願っちゃうけどw

>『卒業』のラストシーンを見て運命の恋など信じないサマーが涙を流した
これには騙されましたよ〜〜。もしかしたらそれを待っているのかな?なんて思ったけど、すでに結婚し終わってました(^^;
40. Posted by にゃむばなな   2010年05月28日 17:52
たいむさんへ

ほんと、オータムとうまくいってほしいと願っちゃいますよね。
女性って、男性から見ると本当にどこでスイッチが切り替わるか、分からないことが多いんですよね。
トムもまさかサマーが『卒業』を見てこうなるとは思いもしなかったでしょうね。
41. Posted by ちゃぴちゃぴ   2010年07月05日 00:53
こんばんは♪
よくできた映画でしたわぁ。
ポニテにリボン、よく似合ってましたね、d(^-^)ネ!
可愛かったし、ややもするとビッチなだけで終わってしまいそうなサマーがそうじゃなくってというのが、また彼女の魅力にかかるところが大きい。
ほんじゃ、トムのジョセフくんのサマーとの笑顔のかわいさは、よかったわといっておきます。
映像的にも、面白くって、バランス感覚も長けてたなぁと思います。
42. Posted by にゃむばなな   2010年07月05日 16:31
ちゃぴちゃぴさんへ

男にとってサマーみたいな女性っていうのが一番やっかいでもあるんですよね。
魅力的すぎてハマっちゃうんですけど、絶対にイタい目に遭わされるのも分かってしまう。でもハマってしまうその魅力。
あぁ〜、たまりませんわ。
43. Posted by yukarin   2010年09月05日 22:55
男性にはサマーを演じたズ―イー・デシャネルが人気ですね(笑)
確かに可愛かったです。
にゃむばななさんも似たような経験があるんですね^^;
トムの気持ちはよくわかってしまいますね、、、
44. Posted by にゃむばなな   2010年09月06日 15:36
yukarinさんへ

この映画を見ると男性は自ずと過去の恋愛話を聞かれてもないのに話してしまう傾向があるみたいです。

まぁ私もその例に漏れずなんですが、このトムの気持ちは男性なら共感できる人も多いと思いますよ。
45. Posted by 悠雅   2011年01月19日 23:52
ポニテリボンでかくも盛り上がる映画だったんだ。。。と
あくまでも、若い女性に特に興味なく、あくまでも、「自分の傍にはいない、いい男たちを観る」が主眼のワタクシとしては、
今回もまた、恋にゆれるジョセフくんの鑑賞でありました(笑)

そうか、ポニテってそんなに人気だったのか、と思いつつ、
そう言えば、わたしもいい男の条件に「煙草と理知的なめがね、できれば長い黒マント」(それ、何者だ)などと勝手なこと言ってるぞ、と思い出したり(笑)

ああ、わたしも、訊かれもしないのに、
大昔のことなどぽろっと書いてしまいました(^^ゞ
46. Posted by にゃむばなな   2011年01月20日 09:13
悠雅さんへ

ポニテというのは結構隠れた人気を誇っているんですよ。
やはり髪の長い女性だからこそ似合う髪形ですし、細かいことを言うとポニテを解くあの仕草も好きだったりして。
そんなポニテに関しても聞かれもしていないのに、あれこれ語り出してますわ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載