2010年01月10日

『誰がため』

誰がため何のために戦うのか。誰がために戦うのか。出世のためか、愛国心のためか、憎悪のためか、正義のためか、家族を守るためか。それとも猜疑心のためか。
実話を基にナチスに協力する売国奴暗殺に身を投じたフラメンとシトロンの2人を描いたこの映画はどんな戦争にも正義も意味もなく、ただ人の心を悲しくさせるだけということを静かに伝えてくれる作品でした。

ドイツ北隣の国デンマーク。海を挟んでスウェーデンやイギリスと面する小国家デンマーク。その位置関係からも大国の思惑に翻弄されながらも、第2次世界大戦で最も苦しみの歴史を歩んだ国家の一つだったことでしょう。
ですから「あの日を覚えているか」で始まる実録映像と共に始まるOPは、あの戦争がいかにデンマーク国民の心の奥深くにまだ癒えぬ悲しみとして残っているかを象徴しているんだと思うんですよね。

しかもこの映画で描かれているフラメンとシトロンは別に軍人でもなければ、大きな政変を起こした革命家でもなく、ただ売国奴暗殺という内地の最前線で自らの手を汚していた2人。生きている間に国家や国民から崇められたりされなかった2人。仲間に守られることもなくフラメンは服毒自殺し、シトロンは銃殺されるという悲しい結末を迎えた2人。そして守るべき女性に売られ、守るべき家族を失ってしまった2人。

そんな戦争によって人生の全てを狂わされた2人の言葉に表せれない苦悩を見ていると本当に悲しくなるんです。本当に戦争がただ虚しく見えるのです。
例えば家族を守るために仕事を辞めてレジスタンスに入ったシトロンは、初めての暗殺失敗や娘の誕生日ケーキさえ買ってやれないがために犯した強奪の末に辿り着いた結果が、その守りたかった家族を失ってしまうという虚しさ。
また正義のために暗殺を繰り返してきたフラメンも標的者から「猜疑心」という言葉を聞いてしまってからは、愛するケティを信じればいいのか、上官のヴィクターを信じればいいのか、そもそも正義とは何かに戸惑い、その結果裏切り者が誰かをも判別できずにケティに売られてしまうという悲しさ。

家族を守りたい。正義を守りたい。その思いで戦う道を選んだにも関わらず、ナチスに降伏してただ生きるのではなく生きるために存在するために戦う道を選んだにも関わらず、守りたい家族や守りたい正義を失ってしまった2人。
しかしそれでも自暴自棄になることなく、家族を守るため、正義を守るために戦いの道を選び続けた2人。その虚しいまでの苦悩を思うと、戦争は戦いに挑む人の「初心」までをも「猜疑心」で変えてしまう恐ろしいものなんですよね。

ですから恐らくフラメンやシトロンと同じ思いでスパイ活動に身を投じたはずのケティも、戦争に関わるうちに「猜疑心」で「初心」を忘れてしまったのだと思うのです。そんな彼女だからフラメンの「初心」を記した「あの日を覚えているか」の手紙は心の奥深くにまで響いたことでしょう。彼女が90歳代で亡くなるまでフラメンのことを話さなかったのも、そんな彼女なりの贖罪ではないかと思いました。

そして悲しくもフラメンとシトロンの苦悩と信念を一番理解してくれたのが、ナチス撹乱のためにデンマークのレジスタンスを支援してくれたイギリスでも、そのレジスタンスの上層部でも、シトロンが守りたかった家族でも、フラメンが愛したケティでもなく、最も排除したかったゲシュタポのリーダーであるホフマンということも、戦争がもたらした悲しみ。
この世界に「正しい戦争」など存在しないことを痛感した映画でした。

深夜らじお@の映画館はこういう歴史に埋もれた英雄たちの映画に敬意を示します。

acideigakan at 15:55│Comments(6)clip!映画レビュー【た行】 

この記事へのトラックバック

1. 誰がため  [ 誰がため: LOVE Cinemas 調布 ]   2010年01月10日 22:11
デンマーク・アカデミー賞で5部門受賞、国民の8分の1を動員した大ヒット作品です。主演はトゥーレ・リントハートとマッツ・ミケルセン。監督はオーレ・クリスチャン・マセン。ナチスドイツ占領下のデンマークを舞台に、レジスタンス組織“ホルガ・ダンスケ”の一員として...
2. 誰がため  [ 象のロケット ]   2010年01月10日 22:35
1944年、第二次世界大戦末期のナチス・ドイツ占領下におかれたデンマーク。 地下抵抗組織に所属し、次々とナチス協力者を暗殺をしている23歳のベント(コードネーム:フラメン)と、33歳のヨーン(コードネーム:シトロン)には、ナチスの秘密警察ゲシュタポから莫大な懸賞...
3. 誰がため  [ 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing ]   2010年01月17日 10:13
 デンマーク&チェコ&ドイツ  ドラマ&戦争  監督:オーレ・クリスチャン・マセン  出演:トゥーレ・リントハート      マッツ・ミケルセン      スティーネ・スティーンゲーゼ      ピーター・ミュウギン 【物語】  第二次世界大戦末期。打倒ナチ...
4. 誰がため  [ にいなの日記 ]   2010年01月25日 21:07
教科書には載らない歴史の真実。 第二次世界大戦時、北欧のデンマークでレジスタンス活動があったなどと日本人の多くは知らないだろう・・・  
5. 誰がため  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2010年01月30日 06:15
 『誰がため』を渋谷のシネマライズで見てきました。  予告編で見てこれはいい映画に違いないと思い、またこれまで見たことがないデンマーク映画でもあるので、見に行ったところです。  ヨーロッパの映画と言えば、日本では従来、イギリス映画、フランス映画、イタリア映...
6. 『誰がため』(2008)/デンマーク・チェコ・ドイツ  [ NiceOne!! ]   2010年02月04日 07:57
原題:FLAMMEN&CITRONEN/FLAME&CITRON監督:オーレ・クリスチャン・マセン出演:トゥーレ・リントハート、マッツ・ミケルセン、スティーネ・スティーンゲーゼ、ピーター・ミュウギン、クリスチャン・ベルケル、ハンス・ツィッシュラー観賞劇場 : シネマライズ公式サイ...
7. 誰がため  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2010年06月29日 12:47
【FLAMMEN&CITRONEN/FLAME&CITRON】 2005/10/15公開 デンマーク/チェコ/ドイツ PG12 136分監督:オーレ・クリスチャン・マセン出演:トゥーレ・リントハート、マッツ・ミケルセン、クリスチャン・ベルケル、スティーネ・スティーンゲーゼ、ハンス・ツィッシュラー....
8. 映画『誰がため』を観て  [ KINTYRE’SDIARY ]   2010年12月31日 18:42
10-1.誰がため■原題:FlammenOgCitronen■製作年・国:2008年、デンマーク・チェコ・ドイツ■上映時間:136分■鑑賞日:1月9日、シネマライズ(渋谷)■料金:1,800円スタ...
9. 誰がため  [ いやいやえん ]   2015年09月17日 08:05
【概略】 第二次世界大戦末期、打倒ナチスを掲げる地下抵抗組織の一員であるコードネーム、フラメンとシトロンの任務はゲシュタポとナチに寝返った売国奴の暗殺だった。確固たる信念のもと、任務をこなしていく2人だが…。 ドラマ マッツ・ミケルセンがみたくて借り

この記事へのコメント

1. Posted by にいな   2010年01月10日 21:58
これ見たいんです。

だからにやむばななさんの感想も最初だけしか読んでません。
いつ見られるかわかりませんが、史実を元にした作品は毎回のごとくソソられます。
2. Posted by にゃむばなな   2010年01月10日 21:59
にいなさんへ

こういう歴史に埋もれている史実を扱った映画、特に対ナチスに関する映画がここ数年多く作られていますが、そのほとんどがいい作品ばかりですよね。
この映画もその例に漏れずといったところでしたよ。
3. Posted by KLY   2010年01月10日 22:34
そもそもデンマークとナチスが結びつかない。まだまだ不勉強だなぁと痛感しました。戦争は人を殺すけれど、人の心も殺しますね。シトロンの顔がどんどん狂気に染まっていくのが凄く哀しかったです。
こういう作品を観ると思うのですが、アジアにだってまだまだ私たちの知らない戦争の事実が埋もれているきがするんです。例えば「私は貝になりたい」のようなメジャーな題材も良いですが、埋もれた事実を掘り起こして作品化してくれる監督はいないんでしょうか。

ちなみにシトロンのマッツ・ミケルセンが『シャネル&ストラヴィンスキー』のイゴール・ストラヴィンスキー役だとこの間気づきました。(笑)
4. Posted by にゃむばなな   2010年01月11日 13:04
KLYさんへ

日本も埋もれているであろうたくさんのエピを掘り出していかないといけませんよね。
それが愛国心でもあり、アイデンティティーでもありますもんね。

ちなみにマッツ・ミケルセンって『カジノ・ロワイヤル』の悪役さんでもあったんですね。どうりでどこかで見たことのある顔だと思ったんですよね。
5. Posted by にいな   2010年01月23日 22:21
見ました・・・・

ボロボロになりながらも自分たちの信念を貫き通した悲運の英雄の最期に涙が止まりませんでした。

KLYさんもおっしゃるようにこのような史実ベースの作品を映画化してほしいです。もう最近はリメイクばっかで飽き飽きですよ。

バット・ルーテナントもリメイクとは・・・
6. Posted by にゃむばなな   2010年01月24日 15:32
にいなさんへ

そうですよね。やっぱりリメイクよりも、こういう隠れた史実を映画化してくれる方が断然面白いですし、人々の強き思いも感じられ、いろんな意味で勉強になりますもんね。
こういう映画がもっと日本でも作られるといいのですが。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載