2010年01月16日

『かいじゅうたちのいるところ』

かいじゅうたちのいるところ少年の心を持ったまま大人になったスパイク・ジョーンズ監督やプロデューサーのトム・ハンクス。彼らが撮った映画だからこそ、この「かいじゅうたち」が人間の嫌な内面部分を具現化したもののように思えました。そして人は誰しも自分の内なる嫌な部分を悔い改めて優しくなることを繰り返しながら成長していくものだと感じました。

一人の夢想家少年マックスが家出して、かいじゅうたちのいる島で内面的に少し成長して、そして家に戻るまでをあのスパイク・ジョーンズ監督がどう描くのかを特に注目して見てみましたが、やっぱりこの監督は何気にいい演出をしてくれますね。
個人的にはマックスが人間世界にいるくだりではセリフが非常に少なく、逆にかいじゅうたちの島にいる時はセリフが多いという演出が好きで、この作品における「かいじゅうたち」が何のメタファーなのかを考えた時に、この演出って結構考えられたものではないかと思えたんですよね。

というのもキャロルは意固地、ジュディスは陰気、話を聞いてもらえないアレクサンダー、知的なのに優しすぎてリーダーになれないアイラなど、この映画に登場する「かいじゅうたち」はみな人間の内なる嫌な部分をそれぞれのキャラの個性にしたものだと思うのです。
ですから何かと文句を垂れるジュディスみたいなヤツやキャロルみたいにちょっと癇癪持ちで偏屈なヤツには、誰しも子供時代や学生時代などの集団生活で出会った経験があると思いますし、同時に「自分はこういうヤツにはならんとこ」って思った経験もあると思うのです。

そして人間って生き物はそういう嫌なヤツを反面教師にして優しさを学んでいく生き物でもあると思います。マックスが王様を辞めて家に帰ろうとしたのもきっとキャロルたちと接して自分の内なる嫌な面を反省した結果であり、そのマックスの優しさが一つの鏡となってキャロルは自分の嫌な面を「ハートマークのC」で目の当たりにして涙を流しながら自己反省していたんだと思うのですよね。
ですからマックスが帰宅してからもセリフを多用しないという演出も見事でした。ただでさえ言葉で相手を傷つけることの多い人間世界ですから、セリフを多用してしまうと余計に嫌な部分だけが強調されていたかも知れませんしね。

しかしこの映画を見て一番驚きだったのが何と言っても「かいじゅうたち」の造形ですよ。CG全盛の時代にあの「かいじゅうたち」のぬくもり感といい、表情の豊かさといい、自然な動きといい、どこかガチャピンやムックと似た安心感さえも感じてしまうところが本当にステキでしたよ。
そしてマックスたちが夕日に向かって走り、遠吠えをするシーンの映像の美しさには感服してしまいました。

深夜らじお@の映画館は着ぐるみを着たり、被り物をしたりするのが今でも大好きです。



この記事へのトラックバック

1. かいじゅうたちのいるところ  [ かいじゅうたちのいるところ: LOVE Cinemas 調布 ]   2010年01月16日 21:48
世界中で愛されるモーリス・センダックの同名絵本の実写化。センダック自身の希望もあり、監督は『マルコヴィッチの穴』のスパイク・ジョーンズが務め、プロデューサーにトム・ハンクスも参加している。主人公の少年マックスはマックス・レコーズが、母親役にはジョーンズが...
2. 『かいじゅうたちのいるところ』・・・少年が出会ったのは自分の心  [ SOARのパストラーレ♪ ]   2010年01月16日 23:47
もっとほんわかのんびりとしたハートフルファンタジーを期待していたのでこの内容は意外だった。少なくとも親子で楽しむファミリー映画ではないような気がする。これ子供が観ておもしろいのかなあ・・・などと余計な心配までしてしまった。
3. かいじゅうたちのいるところ / WHERE THE WILD THINGS ARE  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2010年01月17日 00:20
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「マルコヴィッチの穴」のスパイク・ジョーンズ監督があの絵本を実写化{/ee_3/} と聞いてからずーっと楽しみしてた映画{/m_0139/} ロンドンから一時帰国していた...
4. かいじゅうたちのいるところ  [ 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing ]   2010年01月17日 10:12
 アメリカ  アドベンチャー&ファミリー&ファンタジー  監督:スパイク・ジョーンズ  出演:マックス・レコーズ      キャサリン・キーナー      マーク・ラファロ      ローレン・アンブローズ 【物語】  いたずら好きなマックスはいつものよう....
5. かいじゅうたちのいるところ  [ Akira's VOICE ]   2010年01月17日 11:11
童心にかえって見守ろう!  
6. かいじゅうたちのいるところ  [ そーれりぽーと ]   2010年01月17日 14:57
原作絵本はかいじゅうの絵のタッチくらいしか知らなかったけど、ずいぶん前に予告編を一緒に観た友達がかいじゅうの再現具合に大興奮してたので、折角なので一緒に『かいじゅうたちのいるところ』を観てきました。 ★★★★★ 子供向けの絵本を映画化したにしてはキツイ表現...
7. 劇場鑑賞「かいじゅうたちのいるところ」  [ 日々“是”精進! ]   2010年01月17日 17:45
 かいじゅうたちのいるところ-オリジナル・サウンドトラック「かいじゅうたちのいるところ」を鑑賞してきましたモーリス・センダックの世界的ロングセラー絵本を「マルコヴィッチの穴」「アダプテーション」の鬼才スパイク・ジョーンズ監督が実写映画化。ひょんなことか...
8. かいじゅうたちのいるところ/マックス・レコーズ  [ カノンな日々 ]   2010年01月17日 18:15
1963年に出版されたモーリス・センダックの絵本を原作にスパイク・ジョーンズ監督が映画化した作品です。原作を読んだことがありますが、まず表紙のいかにも外国の絵本って感じのイラストに惹かれちゃうんですよね。日本人的にはちょっと馴染みにくい風貌の怪獣たちですけど....
9. 『かいじゅうたちのいるところ』はあなたの家だ  [ 映画のブログ ]   2010年01月17日 18:16
 親が子どもを「ウチのかいじゅう」などと表現するのはよくあることだが、『かいじゅうたちのいるところ』は、王様気取りの大怪獣たる少年ヮ..
10. かいじゅうたちのいるところ  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2010年01月17日 19:12
 『見たことのない世界、忘れてた気持ち』  コチラの「かいじゅうたちのいるところ」は、20世紀最高の絵本と称されるモーリス・センダックの同名絵本を「マルコヴィッチの穴」や「アダプテーション」のスパイク・ジョーンズ監督が実写映画化した1/15公開のファンタジー・....
11. 「かいじゅうたちのいるところ(字幕)」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2010年01月17日 19:14
やっと、やっと今年の一本目を鑑賞。アンデルセンだのグリムだの、メジャー中メジャー童話しか読んでいない私なので、原作など知るはずもなく。もっと童話童話したお話かと思いきや案外そうでもなく、いわゆる感動モ
12. 「かいじゅうたちのいるところ」試写会 ハンカチ要ります  [ ノルウェー暮らし・イン・London ]   2010年01月17日 20:36
子供の小さいときには、「墓場の鬼太郎」とかを読んで聞かせていたせいか、大ヒットになっている絵本「かいじゅうたちのいるところ」のことは、全く知らなかった私。 今回、あやうくスルーするところだったのを、migちゃんに誘って頂いて、試写会に行って感激!! 直球ど真...
13. かいじゅうたちのいるところ  [ Memoirs_of_dai ]   2010年01月17日 20:37
(成長)でっきるかな?でっきるかな? 【Story】 いたずら好きなマックス(マックス・レコーズ)はいつものようにママ(キャサリン・キー??.
14. 『かいじゅうたちのいるところ』  [ ラムの大通り ]   2010年01月17日 20:38
(原題:Where the Wild Things Are) ----これって、だいぶ前から観たがっていた映画だよね。 「うん。たまたまウェブで見つけた予告編がとても魅力的でね。 そこに流れていた音楽がまたよくて、 予告編だけで早くも涙腺が緩みそうに…。 で、気になって ちょっと調べてみ...
15. かいじゅうたちのいるところ 吹替版 [映画]  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2010年01月17日 21:49
原題:WHERE THE WILD THINGS ARE公開:2010/01/15製作国:アメリカ上映時間:101分監督:スパイク・ジョーンズ出演:マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー、マーク・ラファロ、声の出演:ローレン・アンブローズ、クリス・クーパー、ジェームズ・ガンドルフィーニ、キ....
16. ♯07 「かいじゅうたちのいるところ」  [ cocowacoco ]   2010年01月18日 11:30
映画 「かいじゅうたちのいるところ」 WHERE THE WILD THINGS ARE (日本語吹替版)       スパイク・ジョーンズ監督 モーリス・センダック原作 2009年 アメリカ この映画、 わたしは嫌いではないが、好きだともいえない。   ファンタジーは楽しいばかり...
17. かいじゅうたちのいるところ  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2010年01月18日 13:45
子どもたちが小さい頃に散々読むのをせがんだ絵本『かいじゅうたちのいるところ』 とっても短い絵本のお話を一体どういう風に膨らませているのか気になっていました〜今年最初の劇場鑑賞です【story】いたずら好きなマックス(マックス・レコーズ)は、ママ(キャサリン・キ...
18. かいじゅうたちのいるところ  [ 悠雅的生活 ]   2010年01月18日 17:19
その島には、かいじゅうたちが暮らしていた
19. かいじゅうたちのいるところ (吹替版)  [ Lovely Cinema ]   2010年01月18日 20:27
JUGEMテーマ:映画館でみました!見たことのない世界、忘れてた気持ち
20. かいじゅうたちのいるところ  [ ★ Shaberiba  ]   2010年01月18日 22:09
童話の世界にはきっと隠れてる何かがある・・。
21. 【かいじゅうたちのいるところ】  [ ジョニー暴れん坊デップの部屋 ]   2010年01月19日 01:10
[[attached(1,center)]] {{{[http://eiga.com/movie/53491/ eiga.com 作品情報 『かいじゅうたちのいるところ』]}}} {{{: 原題:Where the Wild Things Are 監督:スパイク・ジョーンズ 製作:トム・ハンクス、ゲイリー・ゲッツマン、モーリス・センダック、ジョン・...
22. ALL is LOVE〜『かいじゅうたちのいるところ』  [ 真紅のthinkingdays ]   2010年01月20日 10:16
 WHERE THE WILD THINGS ARE  両親が離婚し、仕事に恋に忙しい母親に育てられ、年の離れた姉にも相手にし てもらえない孤独な少年マックスN..
23. 『かいじゅうたちのいるところ』(字幕版)  [ 京の昼寝〜♪ ]   2010年01月20日 12:37
  □作品オフィシャルサイト 「かいじゅうたちのいるところ」□監督・脚本 スパイク・ジョーンズ □原作 モーリス・センダック □脚本 デイヴ・エガーズ キャスト マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー、マーク・ラファロ、ローレン・アンブローズ、クリス...
24. 「かいじゅうたちのいるところ」感想  [ 狂人ブログ 〜旅立ち〜 ]   2010年01月20日 20:26
 モーリス・センダック原作。1963年の出版以来、今なお世界中で愛され続ける「20世紀最高の絵本」を、鬼才・スパイク・ジョーンズが映画化。 昨今のハリウッド映画にしては珍しく、銃でドンパチも、セクシーなお色気シーンも登場しない、完全児童向け作品。しかも...
かいじゅうたちのいるところ〜WHERE THE WILD THINGS ARE〜 監督: スパイク・ジョーンズ    出演: マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー??.
26. 「かいじゅうたちのいるところ」 心の中のかいじゅう  [ はらやんの映画徒然草 ]   2010年01月22日 22:15
マックスはとても不機嫌でした。 彼はまだ9歳の男の子。 年の離れたお姉ちゃんは(
27. かいじゅうたちのいるところ  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   2010年01月25日 00:38
かいじゅうたちのいるところ’09:米 ◆原題:WHERE THE WILD THINGS ARE◆監督・脚本: スパイク・ジョーンズ「アダプテーション」「マルコヴィッチの穴」◆出演:マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー、マーク・ラファロ◆声の出演:ローレン・アンブローズ、クリス....
28. 『かいじゅうたちのいるところ』(2009)/アメリカ  [ NiceOne!! ]   2010年01月26日 07:31
原題:WHERETHEWILDTHINGSARE監督:スパイク・ジョーンズ出演:マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー、マーク・ラファロ声の出演:ローレン・アンブローズ、クリス・クーパー、ジェイムズ・ガンドルフィーニ公式サイトはこちら。<Story>空想が大好きな8歳の少...
29. かいじゅうたちのいるところ  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2010年01月29日 18:43
1963年の出版以来、全世界で2000万部以上という爆発的な売上を記録し、“20世紀最高の絵本”とも評される同名のロングセラー絵本、モーリス・センダック原作の『かいじゅうたちのいるところ(原題:WHERE THE WILD THINGS ARE)』を実写映画化。 かいじゅうたちが暮らす不思...
30. かいじゅうたちのいるところ  [ メルブロ ]   2010年01月31日 13:00
かいじゅうたちのいるところ(原題: WHERE THE WILD THINGS ARE) 298本目 2010-2 上映時間 1時間41分 監督 スパイク・ジョーンズ 出演 マックス・レコーズ(マックス)     キャサリン・キーナー(ママ)      ローレン・アンブローズ(KW)      クリ...
31. かいじゅうたちのいるところ  [ ここにあるもの ]   2010年02月01日 00:38
重なって寝るって、楽しい。 スパイク・ジョーンズがちゃんと手を握ってくれてるしね。 『かいじゅたちのいるところ』(スパイク・ジョーンズ監督・2009米) 8歳のマックスは空想好きで、甘えっ子で聞かん坊。 大好きなママとケンカして玄関を飛び出して、 そのままかいじゅ...
32. ★「かいじゅうたちのいるところ」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2010年02月13日 03:59
今週の平日休みの3本目は、チネチッタに移動して観てきました。 ひらりん的にはファンタジーは見逃せないところでしょうけど、 最近、コドモ心を失いかけてて、ちょっと心配。 邦題が全部、ひらがな・・っていうのも、引っかかるし。
33. 映画:かいじゅうたちのいるところ  [ よしなしごと ]   2010年02月14日 14:21
 今回はかいじゅうたちのいるところを観てきました。  モーリス・センダック原作で、各国に翻訳されて世界で2,000万部を売り上げたという20世紀最高と言われる絵本の実写映画化だそうです。
34. 『かいじゅうたちのいるところ』吹き替え 2010-No2  [ 映画館で観ましょ♪ ]   2010年03月16日 09:20
通路を走る子供。 荷物をガサガサしながら、その子供に「帰る?」と フツーの声で聞く(たぶん)おばあちゃん。 後半は全く集中できなの..
35. かいじゅうたちのいるところ  [ 晴れたらいいね〜 ]   2010年05月22日 23:45
これは読んでるはずだ!でも、覚えがない(笑)DVDを楽しみにしていた作品でした。かいじゅうさんたちは、懐かしの着ぐるみ。顔の表情をCGでという豊かにしたとのこと。かいじゅうのデザインは、ちょっと怖いかもでしたね。かいじゅうたちのいるところ原題:Where the Wild T...
36. Blu-Ray:かいじゅうたちのいるところ 実は、自分の感性を確認する分水嶺? リトマス試験紙?!  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2010年05月30日 20:22
公開時、かなりの賛否両論を生んだ本作。 そんな状況で、悩みつつも、公開時にスルーしてしまった。 世界中で約2000万部売れている有名な絵本だが、自分としては既に記憶にないこともそれをプッシュした。 だが、映画を観ていて、徐々に蘇ってくる過去の感覚があった。 (...
37. 【映画】かいじゅうたちのいるところ…25年前の私なら好きだと語るかもね  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2010年07月26日 07:43
夏ですねぇ…実に暑い{/kaeru_fine/} ひとつ前の「アイアンマン2」の記事。 最後に「一旦、このあたりで」と締めているのは、その日にもう一回更新する予定だったからなのですが、流石は“計画は常に計画で終わる”当ブログの事。予定通りの更新は無理でした{/face_ase2/} ...
38. 『かいじゅうたちのいるところ』'09・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   2010年12月16日 21:52
あらすじある晩、ママに怒られて泣きながら家を飛び出したマックスはボートに飛び乗り、辿り着いた先は大きなかいじゅうたちの住む島だった・・・。感想ゴールデングローブ音楽賞ノ...

この記事へのコメント

1. Posted by KLY   2010年01月16日 21:58
その通りだとおもいます。マックスは怪獣たちに自分の今までの行動を見ていましたよね。だからこそちょっとだけ大人になったんだと。
それにしても本当に素晴らしいです。あの着ぐるみ。ぬくもりと表情がしっかりあるんですよね。個人的にK.Wと「食べちゃったの?」って会話するところが好きです。
2. Posted by SOAR   2010年01月16日 23:53
マックスが描き残したあのマークにキャロルは自分を取り戻し、マックスもまたあれを描いたことで母や姉への思いを再確認できたんですよね。
私には全体的にイマイチな作品でしたが、ここはいいシーンでしたね。
3. Posted by にゃむばなな   2010年01月17日 13:06
KLYさんへ

マックスの成長ぶりを優しく演出するようなあの着ぐるみの温かさ。
あれは本当に素晴らしかったですよね。
CGでは絶対に出せない温かさでしたよ。
4. Posted by にゃむばなな   2010年01月17日 13:08
SOARさんへ

他人に優しくなれることで人は成長できるというのを、セリフよりもああいう描き方をするあたり、さすがスパイク・ジョーンズといった感じでしたよ。
やっぱり少年の心を持った監督の演出はいいですね。
5. Posted by BROOK   2010年01月17日 17:52
こんばんは。

たしかにプロデューサーの名前にトム・ハンクスがありましたね。
自分のレビューにも書こうと思っていたのですが、すっかり忘れていました。

あのかいじゅうたちが本当にいたのかどうか・・・
その辺りを明確に描いていないのも評価出来るポイントですよね。
6. Posted by にゃむばなな   2010年01月17日 17:59
BROOKさんへ

夢は夢のままで。それはスパイク・ジョーンズやトム・ハンクスにとっては是非とも描きたいものだったんでしょうね。
ですからかいじゅうたちがいたかどうかをきちんと描いていないところは個人的には結構好きです。
7. Posted by かのん   2010年01月17日 18:27
この物語が単純に心温まるお話というわけではないのはおっしゃる通り心の負の側面を描いているからなんでしょうね。でもそれは子供が大人になっていく上では絶対避けて通れない、むしろ体験することでしっかりと成長出来るのかもしれません。その辺りで子供に迎合するだけのような演出にしなかったスパイク・ジョーンズ監督には感謝したいです。
8. Posted by miyu   2010年01月17日 19:13
そうだよね〜。
ガチャピンやムックを観て育ったあたし達には
あのかいじゅうたちの温かみってのには
弱いのかもしれませんね。
かいじゅうたち、そしてマックスとママの
優しい瞳がいつまでも心に残りそうな映画でしたね。
9. Posted by たいむ   2010年01月17日 19:13
こんにちは。
言葉にしなくちゃ伝わらないし、言いすぎは他人も自分も傷つけるし、失敗しながら成長してきたとは思うけど、やっぱり私は未だに時々かいじゅうかなぁ〜とか思ったり。

子供向け作品を思って観に行くと大人も子供も「あれれ?」ってなりそうな深読み作品と思いましたよ。
10. Posted by えい   2010年01月17日 20:39
>人間の内なる嫌な部分をそれぞれのキャラの個性にしたもの

なるほど。
これまでのもやもやが、少し晴れました。
もう一回、この映画についてきちんと考えてみようかな。
11. Posted by ノルウェーまだ〜む   2010年01月17日 20:40
にゃむばななさん、トラコメありがとうございました。
かいじゅうたちが、とっても温かくてよかってですね〜
もわもわの怪獣たちが積み上がって寝ている真ん中にマックスが入るところは、子供なら大好きなパターンですよね。
ガチャピンやムック!!
一見見た目は?なのに、すごく愛らしくみえてくるところ、世界共通なんですね。
12. Posted by dai   2010年01月17日 20:41
こんばんは★

CG全盛期にあの造形で勝負してくるのは流石ですね。しかもいい味出してるのだから余計ですね。
13. Posted by にゃむばなな   2010年01月17日 20:54
かのんさんへ

奇麗事ばかりを並べるのではなく、負の部分を別のものに置き換えることで見せるというのは本当に巧いですよね。
これが原作があるとはいえ、そのテイストを映像化の際に消さなかったのは単に監督の素晴らしさですよね。
14. Posted by にゃむばなな   2010年01月17日 20:58
miyuさんへ

ガチャピンやムックってよくよく考えてみたら正体不明のかいじゅうなのに、それを難なく受け入れられるのは、単に優しさという魅力があるからなんでしょうね。
そういう優しさと温かさがこの映画のかいじゅうたちにもありましたよね。
15. Posted by にゃむばなな   2010年01月17日 20:59
たいむさんへ

子供向けというより、むしろ大人向けの映画ですよね。
だからこそああいう売り方はあまりいいとは思えないのですが、それでもまぁ一人でも多くの大人にこの映画を見てもらいたいと思いましたよ。
16. Posted by にゃむばなな   2010年01月17日 21:02
えいさんへ

子供向けとして売り出しているだけに、こういう深読みされるかどうかは微妙かも知れませんね。
ビターな映画だけに「よく分からない」などのシビアな意見があまり出ないことを祈るばかりですよ。
17. Posted by にゃむばなな   2010年01月17日 21:03
ノルウェーまだ〜むさんへ

ほんと、こういうキャラって世界共通なんですね。
ん?
ということはガチャピンの世界進出も夢じゃないってこと?

頑張れ!ムック!ガチャピンに負けるな!
18. Posted by にゃむばなな   2010年01月17日 21:04
daiさんへ

本当にCGだけに頼らないあの造形は素晴らしかったですね。
あのクオリティーの高さがアカデミーなどで評価されるといいのですが、そういう部門がないのが残念でなりませんよ。
19. Posted by yukarin   2010年01月17日 22:06
ほんと!かいじゅうたちが味があって良かったですね。
CGが主流なので逆に新鮮でした。
20. Posted by mig   2010年01月17日 22:54
5 こんばんは☆
にゃむばななさんもあったかさがグッときたのね、

>「かいじゅうたち」の造形ですよ。CG全盛の時代にあの「かいじゅうたち」のぬくもり感といい、表情の豊かさといい、自然な動きといい


ほんとにもうこれがCGで存在しないかいじゅうたちだったとしたらこんなに伝わらなかったんだと思いますねー、
もうこのかいじゅうたち大好き!




21. Posted by ボノ   2010年01月17日 23:02
試写会で一足早くに観たのですが、この着ぐるみ感には脱帽ですね。
映画を観てて私も一緒にマックス達と雄たけびを上げたくなりましたもん。
うぉぉおーーん!!笑

演出がよくできてますよね、
心が温かくなる作品でした。
22. Posted by 由香   2010年01月18日 13:47
こんにちは〜♪
かいじゅうたちに温かなぬくもりがあってステキでしたよね〜
個人的には、いい映画だけど微妙だなぁ〜とか、子ども向けではないかなぁ〜とか思いましたが、かいじゅうたちの温かさにはほっこりしました。
23. Posted by 悠雅   2010年01月18日 17:26
こんばんは。
観た人の数だけ感想はあるけれど、
それでもみんなが共通していたのは、「思ったより子供向けじゃない」ことと、
もこもこのかいじゅうたちのあったかい質感ですね。

絵本の世界を膨らませ、解釈を新たに加えて、
新しい「かいじゅうたちのいるところ」を作ってくれた監督に拍手です。
24. Posted by えふ   2010年01月18日 20:26
いわれてみればがちゃぴんに似てる(笑
ただ、唐突にかいじゅうたちが出てきたので、
なんだか世界に入っていけなかったです。
でも家に帰ってお母さんと
ただ見つめあってるだけのシーンは良かったです。
25. Posted by ジョニーA   2010年01月19日 01:13
味のある着ぐるみファンタジーでしたが、
日本だってこの分野は負けてないはず!!
ぜひとも、ガチャピンとムックのいる世界
に迷い込む生意気なガキんちょ物語を、創
ってもらいたいもんです♪
トラバさせてもらいまっす!ヨロシク〜。
26. Posted by にゃむばなな   2010年01月19日 20:07
yukarinさんへ

CG主流の時代だからこそ、ああいう映像はいいですよね。
ほんと、独特の味があってよかったですよ。
27. Posted by にゃむばなな   2010年01月19日 20:09
migさんへ

CGでは出せないぬくもり。それが分かっているスパイク・ジョーンズが監督で本当によかったですよ。
やっぱりこの監督はいいですよね。
28. Posted by にゃむばなな   2010年01月19日 20:12
ボノさんへ

マックスと一緒に雄叫びをあげたくなる気持ち、分かります。
あの居心地のよさそうなぬくもりは着ぐるみでしか出せないものですしね。

うぉぉお〜ん!
29. Posted by にゃむばなな   2010年01月19日 20:14
由香さんへ

子供向けで売ってしまっている分、期待していたのと違う!という感想を持たれる方も多いでしょうね。
やっぱりこういう映画は子供向けよりもかつて子供だった人達向けでしょう。
配給会社もそこらへんを考えてから売り方を考えないと!
30. Posted by にゃむばなな   2010年01月19日 20:20
悠雅さんへ

絵本は基本イマジネーションを必要とする世界ですからね。
その映像化が難しいイメジネーションの世界を巧く映像化した監督には、本当に拍手を送りたくなりますね。
31. Posted by にゃむばなな   2010年01月19日 20:23
えふさんへ

絵本の世界はイマジネーションで唐突さを補うのが前提ですからね。
そのあたりを忘れちゃうと厳しいかもです。
でも私はそういう唐突さも好きですよ。
あの唐突さがなければ、もっと現実感のある夢のない映画に成り下がっていたと思いますから。
32. Posted by にゃむばなな   2010年01月19日 20:26
ジョニーAさんへ

そうそう、こういう世界においては日本も優秀ですからね。
是非ともこういう映画に着手していただきたいものです。
「不思議の国のアリス」とかピッタリなんですけど、まぁあれはもうすぐハリウッド映画で公開されちゃいますからね。
33. Posted by くう   2010年01月21日 00:47
>CG全盛の時代にあの「かいじゅうたち」のぬくもり感といい、表情の豊かさといい、自然な動きといい

そうなんですよね〜。
予告で一番惹かれたのが、そこだったんですよ。
手作りのようなぬくもり感♪
自然ですよね。
良い映画でしたわ^^
34. Posted by にゃむばなな   2010年01月21日 20:49
くうさんへ

ああいう温かさはいいですよね。
CGでは絶対に出せないだけに、こういう演出にしてくれた監督に感謝です。
35. Posted by rose_chocolat   2010年01月28日 18:08
遅くなりました〜。
これ、意外と入れました。 ああいう子がいるので(笑)、その目線になりきれるんでしょうね。
はちゃめちゃなところとか、結構「もっとやれ〜!」みたいな感じでしたね(笑

どどーんとぶつかっても倒れないかいじゅうたちと遊びた〜い。 笑
36. Posted by にゃむばなな   2010年01月28日 21:34
rose_chocolatさんへ

ああいうぶつかっても倒れないくらい大きな存在って何かいいですよね。
私もどど〜んとぶつかってみたいですよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載