2010年01月30日

『ゴールデンスランバー』

ゴールデンスランバーびっくりした?いや~びっくりした!まさか「痴漢は死ね」という書初めと「ダンナさん、キャバ嬢と浮気してましたよ」という告げ口に泣かされるとは思いもしませんでした。やはり伊坂幸太郎先生と中村義洋監督のコラボは本当に素晴らしい!そして個人的にはキレ者だけどほんわかした主役の堺雅人さんよりも濱田岳さんが凄く気に入りました。

ビートルズの名曲「ゴールデンスランバー(黄金のまどろみ)」を聞けば楽しかった学生時代を思い出す。このような経験は誰にしもあるからこそ、原作を読んでいない私でも懐かしささえ感じるこの妙な雰囲気。
話の筋としては首相暗殺の濡れ衣を着せられた青柳が逃げることなのですから、ミステリーとして『逃亡者』のように緊張感一辺倒になってもいいところを、この妙な雰囲気のせいか、それとも伊坂作品特有のほんわかした笑いのせいか、時々ミステリーであることさえ忘れそうになってしまうんですよね。

特に通り魔キルオを演じた濱田岳さんが個人的にはツボで、あのちょっとかわいらしささを感じる話し方と前髪をきちんと揃えた髪型が心地よさを感じるほど面白く、「びっくりした?」という口癖も凄く印象的でした。ですから途中退場になってしまったのにはとても残念でしたよ。

そしてこの映画でもう一つ印象的と言えば、あのカローラのCMソング。実はあのCMソングを聞くたびに疑問に思ったことがあったのです。それは歌詞に出てくる人数が1人、2人、3人、そして5人であって、なぜか4人がないということ。
でも思い出の轟煙火の花火がマンホールから仙台の夜空に打ち上げられるくだりを見て思いました。4人はないのではなく、ここにいないだけだと。

つまりアイドルを助けた過去を持つほどいい人である青柳を1人目、元恋人の樋口を2人目、後輩のカズを3人目と考えると、4人目は死してなおiPodで銃弾を防いでくれた森田であると思うんですよね。
そして「とっとと行っちまえ」と言ってくれた父親や人質になってくれた岩崎先輩、雨水下水道という逃走経路を教えてくれた裏稼業の保土ヶ谷、花火打ち上げに協力してくれた轟親子、そして車で迎えに来てくれたアイドル凛香など青柳には彼を慕ってくれる無数の5人目がいる。

そして彼らを繋ぐのが信頼。「痴漢は死ね」や「ダンナさん、キャバ嬢と浮気してましたよ」で分かりあえる信頼。「俺は犯人じゃない、青柳雅春」に「だと思った」という返事を書くことで涙と勇気をもらえる信頼。ボタンを親指で押すという習慣を見て「たいへんよくできました」という娘のハンコを捺すことで通じ合える信頼。

犯人が誰かや青柳を選んだ目的なども一切不明のままでしたが、アイドル凛香の整形疑惑の真相が明かされないままであったように、世の中には陰謀も知人の生死など明らかにならないことは多々あるもの。
でも「アイツを信じている」よりも「アイツを知っている」と言えるくらいの信頼があれば、不安なことはないのかも知れません。だって彼は今日もどこかで必ず逃げ延びているでしょうから。

深夜らじお@の映画館はアイドルを助けたら必ず頑張ります。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 劇場鑑賞「ゴールデンスランバー」  [ 日々“是”精進! ]   2010年01月30日 21:25
ゴールデンスランバー〜オリジナルサウンドトラック〜「ゴールデンスランバー」を鑑賞してきました原作は未読。圧倒的なリーダビリティと鮮やかすぎる伏線回収で、2008年の“本屋大賞”や“山本周五郎賞”を受賞するなど各方面から絶賛された伊坂幸太郎の傑作ミステリ...
2. ゴールデンスランバー  [ 悠雅的生活 ]   2010年01月30日 22:38
黄金のまどろみ。父と息子。ロックだよ。(試写会にて)
3. ゴールデンスランバー  [ ゴールデンスランバー: LOVE Cinemas 調布 ]   2010年01月30日 23:26
伊坂幸太郎が2008年の本屋大賞と山本周五郎賞を受賞したベストセラー小説の映画化。監督は『アヒルと鴨のコインロッカー』、『フィッシュストーリー』と伊坂作品お馴染みの中村義洋。主演はこれまた中村監督の『ジェネラル・ルージュの凱旋』で共演した堺雅人と竹内結子...
4. 【ゴールデンスランバー】【おとうと】邦画のハシゴ  [ ジョニー暴れん坊デップの部屋 ]   2010年01月31日 02:59
[[attached(1,center)]] {{{[http://eiga.com/movie/54556/ eiga.com 「ゴールデンスランバー」]}}} {{{: 監督:中村義洋 原作:伊坂幸太郎 脚本:中村義洋、林民夫、鈴木謙一 製作国:2010年日本映画 上映時間:2時間19分 配給:東宝 ☆解説:山本周五郎賞を...
5. 『ゴールデンスランバー』(2010)/日本  [ NiceOne!! ]   2010年01月31日 08:20
監督:中村義洋原作:伊坂幸太郎出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、貫地谷しほり、相武紗季、ソニン、大森南朋、柄本明、香川照之試写会場 : 東宝試写室公式サイトはこちら。<Story>首相の凱旋パレードが行われているそのすぐ近くで青柳(堺雅人)...
6. 「ゴールデンスランバー」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2010年01月31日 09:07
伊坂作品を原作にした映画は原作を読んでいない方がより楽しめるといつも思うけれど、今回も片時たりとも目が離せない展開に釘付け。さすが吉田義洋監督!『アヒルと鴨のコインロッカー』以来、伊坂作品原作の映画は
7. 『ゴールデンスランバー』  [ ラムの大通り ]   2010年01月31日 10:39
----これは超話題の映画だニャ。 「うん。人気の伊坂幸太郎原作。 小説は読んでいないけど、 発表されたとき、そのタイトルを聞いて うわあ。やるな…と思った」 ----タイトルで? 「そう。これは有名なビートルズの『アビーロード』のB面。 メドレーが始まっていく最初に位...
8. 映画「ゴールデンスランバー」試写会鑑賞〜伊坂幸太郎作品の味わいが見事に表現されてる!!  [ 世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星) ]   2010年01月31日 12:43
 映画『ゴールデンスランバー』試写会を、小3の娘とともに大阪市にある”朝日生命ホール”で観賞しました。  本当は怖い話だけど、笑いをまぶして意図的にシリアスさを薄めていることが、この映画の大きな魅力で、伊坂幸太郎の小説を愛読する小生のストライクゾーンど真...
9. 「ゴールデンスランバー」冤罪を訴えながら逃げ続けた先にみた無罪を信じる人たちの支援  [ オールマイティにコメンテート ]   2010年01月31日 14:41
「ゴールデンスランバー」は伊坂幸太郎原作の作品で地元仙台で運送業に勤める男性が突然首相暗殺犯に仕立てられ、無実を訴えながら逃げ続けるストーリーである。冤罪事件が後を絶たない中に置いて本当に彼を犯人じゃないと信じる人たちが彼を助け続け、無実を訴えていくスト....
10. ゴールデンスランバー  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2010年01月31日 17:02
 『無実の男、首相暗殺犯に断定』  コチラの「ゴールデンスランバー」は、The Beatles最後のアルバム「Abbey Road」に収められている「Golden Slumber」をモティーフに仙台で凱旋パレードをしていた首相暗殺事件の犯人に仕立てられた男の逃走劇を描いた伊坂幸太郎の同名...
11. ゴールデンスランバー  [ 勝手に映画評 ]   2010年01月31日 17:09
首相公選制が実現している時代が舞台。当選後初めてのお国入りの首相を暗殺した濡れ衣を着せられた男の二日に渡る逃亡劇。原作の舞台は、仙台市。映画も、全編仙台での撮影を敢行しています。 映画化を知ったのが先だったか、原作を読んだのが先だったか忘れてしまいました...
12. 『ゴールデンスランバー』・・・「信じてるんじゃない、知ってるんだ!」  [ SOARのパストラーレ♪ ]   2010年01月31日 17:44
逃げること、生きること。 冒頭で旧友の森田(吉岡秀隆)からこの二つを言い聞かされ、青柳(堺雅人)の逃走が始まる。前置きにさして時間は割かれず、明かしてしまえばラストも実にシンプルだ。しかし最初から最後までこれでもかと張り巡らされる伏線が、前後しながら絶妙...
13. ゴールデンスランバー [映画]  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2010年01月31日 20:23
公開:2010/01/30製作国:日本上映時間:139分監督:中村義洋出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、柄本明、濱田岳、渋川清彦、竜雷太、伊東四朗、香川照之、貫地谷しほり、永島敏行無実の男、首相暗殺犯に断定事件のガギを握るのは、ビートルズの名曲Story:凱旋....
14. ゴールデンスランバー  [ 象のロケット ]   2010年01月31日 21:44
杜の都・仙台。 宅配ドライバーの青柳が、大学時代の友人・森田から「お前、オズワルドにされるぞ」という謎の言葉を投げかけられた直後、首相暗殺事件が勃発する。 身に覚えのない証拠と見えない力によって無実の首相暗殺犯に仕立て上げられていく青柳。 大学時代の友人...
15. 『ゴールデンスランバー』 片目を開けて眠れるか?  [ 映画のブログ ]   2010年01月31日 22:49
 " きっと、つながる " というコピーのもと『フィッシュストーリー』が公開され、『サマーウォーズ』では " 「つながり」こそが、ボクらの武器...
16. ゴールデンスランバー  [ ★ Shaberiba  ]   2010年02月01日 00:59
この不条理さが現実・・!?(涙)
17. ゴールデンスランバー  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   2010年02月01日 12:26
ゴールデンスランバー’09:日本 ◆監督: 中島義洋「ジェネラル・ルージュの凱旋 」「アヒルと鴨のコインロッカー」◆出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、貫地谷しほり、相武紗季、ソニン、大森南朋 、柄本明、香川照之 ◆STORY◆首相の凱旋パレードが行わ....
18. ゴールデンスランバー  [ Akira's VOICE ]   2010年02月01日 16:56
「よく出来ました」止まりだけど面白い。  
19. [映画『ゴールデンスランバー』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2010年02月01日 18:16
☆面白かった。  この原作者は、主に仙台を舞台にして数々の作品をものしているとのことで、  総理大臣の暗殺犯とされた主人公・青柳は、自分を陥れた奴らと戦うために、仙台市街を『ダイハード』風に縦横無尽に走る。  もちろん、アクションもあるのだが、『ダイハー...
20. 映画「ゴールデンスランバー」  [ FREE TIME ]   2010年02月01日 22:47
映画「ゴールデンスランバー」を鑑賞しました。
21. ゴールデンスランバー  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   2010年02月01日 23:23
強大な権力の犠牲になりそうになったお人よしの男性が、大学時代の友人たちや見ず知らずの人間の助けによって生き延びる様子を描いている。爽快な仕上げは、杜の都に吹く風のようにさわやかだ。「JFK」や「ダラスの熱い日」に負けない邦画の勢いが感じられる。
22. 『ゴールデンスランバー』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2010年02月02日 08:42
  □作品オフィシャルサイト 「ゴールデンスランバー」□監督 中村義洋 □原作 伊坂幸太郎(「ゴールデンスランバー」新潮社)□キャスト 堺 雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、貫地谷しほり、相武紗季       大森南朋、ソニン、濱田 岳 、柄本 明、...
23. ゴールデンスランバー  [ Addict allcinema おすすめ映画レビュー ]   2010年02月02日 14:28
無実の男、首相暗殺犯に断定
24. ゴールデンスランバー  [ そーれりぽーと ]   2010年02月02日 21:46
立て続けに期待してた割りにつまらなかった映画を観てしまった勢いで、あんまり期待していなかった『ゴールデンスランバー』を観てきました。 ★★★★★ 考えてみると、邦画のサスペンス逃亡劇でこんなにワクワクした記憶がないかもしれない。 ベースにあるのは学生の頃の...
25. 「ゴールデンスランバー」を観る  [ 紫@試写会マニア ]   2010年02月03日 00:39
今や井坂か海堂か、という位この二人の小説が映画化しまくりである。当然だ、面白いのである。その面白くて仕方ない両雄から主演の誉れを得ているのが堺雅人。くしくもヒロインも同じく竹内結子。その井坂幸太郎氏・原作「ゴールデンスランバー」観てきちゃいました、だって...
26. ゴールデンスランバー  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2010年02月03日 09:55
公式サイト。伊坂幸太郎原作、中村義洋監督、堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、濱田岳、貫地谷しほり、相武紗季、大森南朋、ソニン、永島敏行、柄本明、香川照之、伊東四朗、木内みどり。藪の中に眠っている黄金色の塗料がすっかり剥げ落ちたカローラ。それは青春の....
27. 【ゴールデンスランバー】アビーロードに打ち上げ花火  [ 映画@見取り八段 ]   2010年02月03日 21:46
ゴールデンスランバー 監督: 中村義洋 原作: 伊坂幸太郎    出演: 堺雅人、竹内結子、濱田岳、吉岡秀隆、劇団ひとり、    香川照...
28. ゴールデンスランバー  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2010年02月03日 23:48
ある日突然、首相暗殺犯人に仕立てられた平凡な男の2日間にわたる逃亡劇。 原作はベストセラー作家の伊坂幸太郎。監督は『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』についで、伊坂作品3度目の挑戦となる中村義洋。完成した本作は、大人気コンビによる最高....
29. ゴールデンスランバー (堺雅人さん)  [ yanajunのイラスト・まんが道 ]   2010年02月04日 14:36
◆堺雅人さん(のつもり) 堺雅人さんは、伊坂幸太郎さんの同名小説を中村義洋監督が映画化した『ゴールデンスランバー』に青柳雅春 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想
30. 舞台挨拶へ行けなかったので1000円で見てきた『ゴールデンスランバー』  [ |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο ]   2010年02月05日 22:12
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w 今回は、速記というよりただ書き殴ったメモから、エジプトの象形文字を解読するようにしてお届けする、超アナログ式“そんじょそこらの映画サイトやワイドショー、芸能誌、スポーツ新聞より無駄に詳しい舞台挨拶レポート...
31. 真実は闇の中で終わらせていいのか?!『ゴールデンスランバー』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2010年02月06日 09:20
伊坂幸太郎の同名小説を映画化した作品。首相暗殺事件の犯人にでっち上げられた男性の逃走劇を描いた物語です。
32. ゴールデンスランバー  [ Lovely Cinema ]   2010年02月06日 17:04
JUGEMテーマ:映画館でみました!無実の男、首相暗殺犯に断定誰が、彼を救えるのか。
33. ゴールデンスランバー  [ みすずりんりん放送局 ]   2010年02月09日 09:57
 『ゴールデンスランバー』を観た。  杜の都・仙台。  野党初となる金田首相の凱旋パレードの真っ最中に、突如ラジコンヘリが首相の..
34. 「ゴールデンスランバー」  [ ひきばっちの映画でどうだ!! ]   2010年02月11日 00:12
                             「ゴールデンスランバー」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・中村義洋 原作・伊坂幸太郎 舞台は仙台。オール・ロケーションの力作であります。 まぁ、簡単に言うと、「逃げる映画」ですね(笑)!いやいや...
35. [映画]ゴールデンスランバー  [ 余白日記 ]   2010年02月13日 22:10
パズルのピース合わせをするような伏線が楽しい。 「ロックだな」「何で敬語・・」など一々笑わせてくれる。 中村監督の仕事を見るのはこれで二作目だけど、50代くらいの ベテランだと思っていた。 台詞の呼吸と間の取り方が上手い。これはクドカンのような 畑違いもいい
36. 「ゴールデンスランバー」  [ 大吉! ]   2010年02月15日 23:26
<金曜日> 「仙台在住の青柳(堺雅人)は、ごく普通の宅配ドライバー。 違うのは、2年前に仕事先でアイドルを暴漢から助けて、有名になった事くらい。 首相の凱旋パレードの日、学生時代の友人・森田と再会を果たすも、首相が爆死するという暗殺事件が勃発。 何故か、青...
37. ゴールデンスランバー  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2010年02月17日 03:00
2010年2月14日(日) 19:05?? キネカ大森2 料金:1000円(Club-Cテアトル会員料金) パンフレット:600円(買っていない) 『ゴールデンスランバー』公式サイト タイトルの「ゴールデンスランバー」は、ビートルズの最後のスタジオアルバム「アビーロード」の中の曲。...
38. ゴールデンスランバー 原作の世界で忠実に作り込むとやはりいいのだ!  [ 労組書記長社労士のブログ ]   2010年02月21日 23:59
【 {/m_0167/}=11 -4-】 上映時間が17時20分からとちょっと平日には行きにくい時間のこの映画、今日は仕事だったので、だから海は無し、そのおかげで封切りしてかなり時間が経ってからながらようやく今日観に行けた。 以前に友人が貸してくれたので読んだ原作、むちゃくちゃ...
39. ゴールデンスランバー  [ 5125年映画の旅 ]   2010年02月24日 07:40
旧友の森田に呼び出された青柳。彼らが談笑するすぐそばでは、総理大臣の凱旋パレードが行われていた。その時、謎の爆破によって総理大臣が暗殺される。森田は青柳に「お前を犯人に仕立てるよう命令された」と告白。濡れ衣を着せられた青柳は、警察や世間を敵に回して逃亡す....
40. 何気ない思い出一つ一つが心をつなぐ ─ 映画『ゴールデンスランバー』 ─  [ Prototypeシネマレビュー ]   2010年03月14日 12:07
─ 映画『ゴールデンスランバー』 ─ 最近、やたらと伊坂幸太郎の原作小説が映画化されてますね。『陽気なギャングが世界を回す』『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』『フィッシュストーリー』、そして今作『ゴールデンスランバー』 個人的には予想以上に心に残....
41. 「ゴールデンスランバー」感想  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2010年03月15日 09:29
だいぶ前に見て来たのに、感想書くのがやたら遅れてしまいました・・・。 結果から言えば、原作を2時間でよくまとめたなー、そこそこ良かっ...
42. 『ゴールデンスランバー』 2010-No5  [ 映画館で観ましょ♪ ]   2010年03月16日 09:00
伊坂幸太郎作品 ふつーの...どちらかと言えばいい人で、 なんの力も持たない人が、 突然、とてつもなく大きな罠にはめられて、 ??..
43. ゴールデンスランバー  [ 単館系 ]   2010年04月05日 12:40
首相暗殺犯に仕立て上げられた主人公が仙台の中をひたすら逃げ回る! 彼は何もしていないから逃げているわけですが・・・ 話の展開は面白の..
44. ゴールデンスランバー(映画/DVD)  [ 映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評 ]   2010年08月21日 23:25
[ゴールデンスランバー] ブログ村キーワードゴールデンスランバー(GOLDEN SLUMBER)キャッチコピー:無実の男、首相暗殺犯に断定事件のガギを握るのは、ビートルズの名曲製作国:日本製作....
45. DVD『ゴールデンスランバー』  [ みかんのReading Diary♪ ]   2010年11月17日 21:18
 凱旋(がいせん)パレード中に首相が暗殺された仙台、宅配ドライバーの青柳は、久々に再会した旧友の謎の言葉を聞いた直後、警官から突然銃を向けられる。訳もわからず逃げ出した彼は、身に覚えのない証拠と見えない力によって無実の首相暗殺犯に仕立てられていく...
46. 『ゴールデンスランバー』'10・日  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   2010年12月30日 09:19
あらすじ首相の金田が、仙台市内で凱旋パレードを行うその日、数年ぶりに大学時代の友人・森田に呼び出された青柳は「お前、オズワルドにされるぞ」という忠告を受け・・・。感想本...
47. 映画 :「ゴールデンスランバー」  [ H-KのカンフルDaze(デイズ) ]   2011年10月29日 08:48
「ゴールデンスランバー」 2010年 日本 カンフル評価 4.0点(5点満点) 監督:中村義洋 原作は、伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」(新潮社刊)。 08年本屋大賞受賞。 原作を読んでいて、それ...

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2010年01月30日 21:28
こんばんは。

伏線の回収の仕方が見事でしたね。
私もその2つに涙が・・・。
感動的でしたね。

黒幕が分からないままの結末は、ちょっと爽快感がありませんが、
あのラストで帳消しに。
良かったです。
2. Posted by にゃむばなな   2010年01月30日 21:41
BROOKさんへ

『逃亡者』のようにスッキリしてくれてもよかったのですが、やはりあのラストの2つの素晴らしさを考えると有耶無耶にならざるを得ないのも仕方ないかと。
でも仰るとおり、全てを許せるほど素晴らしいラストでしたね。
3. Posted by 悠雅   2010年01月30日 22:53
本当に大好きな小説が、ここまで小説の世界を壊すことなく映画化されていることに、
喜びを通り越して感謝の意を捧げた悠雅でございます。

>そして彼らを繋ぐのが信頼
にゃむばななさんが指摘された「信頼」の数々、
小説に登場するたび、いちいちぼろぼろに泣きながら読んだところでした。
だって、「痴漢」に「キャバ嬢と浮気」ですもんね。
「だと思った」に「知ってる」「たいへんよくできました」ですよ。
ビックリするような言葉と、どこにでもある平凡な言葉、
それがオチになり、読者や観客の胸にいつまでも残る言葉になる…
それが伊坂作品の特徴の1つでもありますね。

文章でこそ面白いと思う表現を本当に巧みに映像化してくれて、大満足でした。
4. Posted by KLY   2010年01月30日 23:33
悠雅さんではないですけど、何となく最新刊だったからハードカバーで買ってしまった原作。あまりに面白くて、寝るのがもったいない、というより眠くならないんです。入り込みすぎて。昼間買って、翌日の昼休みに会社で読み終わりました。
それがまた見事に映像化されてる。細部は確かに本の方が詳しいに決まってますが、その代わり実に素晴らしいキャスティングの俳優による演技はそれを補って余りあります。
原作と映画がそれぞれこんなに面白かった作品てあまり記憶にないです。大抵はどっちかが好きってなりますし。
唯一オリジナルの冒頭とラスト、世界観を崩さない自然な流れの中でのオリジナルが秀逸としかいいようがないです。
5. Posted by kajio   2010年01月30日 23:50
よっ!轟屋!
6. Posted by ジョニーA   2010年01月31日 02:58
http://www.youtube.com/watch?v=MGkf5EfDfw4
♪ひとり、シャバダダバダ♪
♪ふたり、チュチュチュチュルチュ♪
♪さんにん、パパパパヤパ♪
♪ごにん、ドィビドゥビドゥバァー♪
だそうですw

トラバさせてもらいますね。
7. Posted by SOAR   2010年01月31日 08:41
「だと思った」・・・あまりにそっけない一言がこんなにも温かく固い絆を感じさせる。そしてラストの「たいへんよくできました」は、“開”ボタンを押している親指を見た樋口が彼だと確信するからこそなんですよね。
実にすばらしい作品でした。伊坂・中村両氏に「たいへんよくできました」をあげたいです!
8. Posted by たいむ   2010年01月31日 09:05
こんにちは。
よく知っているからこそ、簡単に信じているとか、信じられないとか口にしないのかもしれません。

花火の打ち上げはサプライズだから説明はほとんどなかったけれど、あの短い時間でいつ仕掛けたのかなぁ〜ってそれが疑問です。
9. Posted by にゃむばなな   2010年01月31日 16:46
悠雅さんへ

そうそう、どこにでもある平凡な言葉が感動へと変化するんですから、伊坂作品は素晴らしいですよね。
そしてそれを巧く映画化する中村監督の演出力も素晴らしかったです。
10. Posted by にゃむばなな   2010年01月31日 16:56
KLYさんへ

原作がそんなにも早く読めてしまうほど面白いとは驚きですが、でも映画を見たらそれも納得かもです。
スティーブン・キングとフランク・ダラボンのように伊坂先生と中村監督の今後の作品も楽しみですね。
11. Posted by miyu   2010年01月31日 17:00
いやぁ〜ツボが丸かぶりでしたw
あの「痴漢は死ね」と「浮気」のくだりは
笑い泣きしちゃいますよね〜。
あの状況でみんなが「お前やったの?」って言えば、
当然そのことだと思うのに、「あのアイドルと?」
なのがいいよね。お父さんが「アイツを知っている」って
言ってたのと同じように、みんな信じているからじゃなくって
知っているからそうだと思ったとあっさり言えるんだものね。
12. Posted by にゃむばなな   2010年01月31日 17:02
kajioさんへ

青柳と樋口のキスシーンの写真を撮れなくてゴメンね〜!
13. Posted by にゃむばなな   2010年01月31日 17:08
ジョニーAさんへ

おっ、こんなのがあるんですね♪
ありがとうございま〜す。
14. Posted by にゃむばなな   2010年01月31日 17:13
SOARさんへ

そうなんですよね。
そっけない言葉なのに、そこに涙を流せるだけの温かさを感じる。
青柳がカローラの中で泣けるその気持ちも凄くよく分かりましたよ。
15. Posted by にゃむばなな   2010年01月31日 17:19
たいむさんへ

あの打ち上げ花火を短い時間でたくさん仕掛けるところが、もしかしたら轟煙火の底力なのかも知れませんね。
恐るべし轟煙火!
16. Posted by にゃむばなな   2010年01月31日 17:29
miyuさんへ

「信じている」よりも「知っている」に感涙するなんて思いもしませんでしたよ。
やっぱり普段何気に使っている言葉の中には実はいい言葉、深い言葉ってのがたくさんあるってことなんでしょうね。
17. Posted by yukarin   2010年01月31日 20:29
予告編を見た時からの印象と内容が思ってたのと違ったりして、さらに原作を読んでいないせいか絶賛は出来ませんでした。
でも最後の痴漢〜の所は泣けますね〜。
18. Posted by にゃむばなな   2010年01月31日 21:12
yukarinさんへ

『逃亡者』のイメージとは違い、黒幕が有耶無耶なことに賛否両論あるみたいですね。
でもやはりあのラストの2つは感動でしたよね〜。
19. Posted by YUKKO   2010年02月01日 00:03
本は読んでラストで、大泣き。頼むから映画化しないでと思いましたが、最高のキャストでした。特にお父さん!原作通りで泣き笑いでした。本ともちろん違うのですが、映画の方がしっくりくるところがありました。あと、花火は本の中で想像してたのと全く違う豪華さで驚きました。大きな花丸つけたい映画でした。
20. Posted by にゃむばなな   2010年02月01日 20:25
YUKKOさんへ

伊東四朗パパには2度泣かされましたね。
「アイツを知っている」と「痴漢は死ね」で。
ほんと、キャスティングは申し分なかったです!
21. Posted by えい   2010年02月01日 23:15
「痴漢は死ね」
「ダンナさん、キャバ嬢と浮気してましたよ」

これ、うまいですよね。
おそらく原作もそうなんでしょうけど、
あのエレベーターのオープニングと、
ラストはどうなんだろう。
ここが映画オリジナルだとすると嬉しいです。
22. Posted by くろねこ   2010年02月02日 01:08
私もた笑いのコネタ、思い出が。
後できちんと意味を持ってくるこの展開にはうなりました!!
「そう思った」確かに嬉しい言葉ですね。カレのように私を助けてくれる人はいるんだろうか?とふと思いましたよ。
ラストは爽快さより不条理さに泣いた私ですけど。
これが現実なんですよね〜(涙)
23. Posted by にゃむばなな   2010年02月02日 19:10
えいさんへ

私も原作未読なんですが、たぶん映画は原作通りだと思いますよ。
原作ファンの方のレビューを拝見していると、そんな感じですね。
24. Posted by にゃむばなな   2010年02月02日 19:13
くろねこさんへ

伏線が見事に回収されるあのラストは素晴らしかったですよね。
ほんと、私にもああいう風に助けてくれる人は何人いることやら?
25. Posted by FREE TIME   2010年02月02日 22:31
こんばんは。TBありがとうございます。
事件そのものは理不尽な形で決着したしまった分、ラストで青柳が仲間達に送ったメッセージはホッとさせられるものがありました。
結局、黒幕は誰だったのでしょうね?
26. Posted by にゃむばなな   2010年02月03日 20:00
FREE TIMEさんへ

やはり黒幕はどこぞの権力者あたりじゃないですか?
でもどんな状況でも人と人の繋がりが温かく感じる映画でしたね。
27. Posted by くう   2010年02月03日 21:48
「痴漢は死ね」までが伏線だとは。。。
素晴らしかったです。

堺さんの大ファンなワケですが、私も濱田くんに
魅せられました。幅の広い良い役者さんですよね。

信頼できる人間関係が、どれだけ大事だか
思い知らされるようなストーリーでした。
28. Posted by にゃむばなな   2010年02月04日 17:58
くうさんへ

ほんと、あの「痴漢は死ね」の話がラストで絡んでくるとは思いもしませんでしたよね。
ああいう巧さは本当に面白いですね。
29. Posted by えふ   2010年02月06日 16:43
私も“痴漢は死ね”と
“キャバ嬢と浮気”に
うるっとくるとはおもってもいませんでした(笑
ただやはり事件の真相がはっきりしないのがいまいちでした。
もともとこういう作品なのですか?
30. Posted by にゃむばなな   2010年02月06日 21:21
えふさんへ

事件の真相を明確にするということは、この作品の意図に反することだと思うので、私はこれでいいと思いますよ。
もし事件の真相を明らかにすると、アイドルの整形疑惑なども明らかにしないとダメになるので、それはそれで味気ない世界観になるような気がします。
31. Posted by みすず   2010年02月09日 10:02
面白かったですね♪

『痴漢は死ね』と『キャバ嬢〜』は泣けましたー(>_<)
『冤罪』という重いテーマなのに、ワクワクドキドキして、大笑いして・・・
キャストも魅力的で良かったし♪

『仲間』って良いですねー^^
32. Posted by にゃむばなな   2010年02月09日 16:55
みすずさんへ

ほんと、仲間っていいですよね。
普通なら感動的でない言葉を感動の言葉に変えてしまう伊坂作品の素晴らしさには参りましたよ。
33. Posted by えめきん   2010年02月24日 07:44
こんにちは。

この原作&監督コンビは毎回外れがないですね。ジャンルはバラバラだけど、雰囲気や膨大な伏線なんかはしっかり継承していて面白さが安定しています。
ハリウッド大作が好きなので、(少々こじんまりした所もありましたが)首相暗殺と逃亡劇というスケールの大きな話を日本で本気でやってくれたのが嬉しかったです。
34. Posted by にゃむばなな   2010年02月24日 17:43
えめきんさんへ

日本映画でもこういう大きな規模の映画が撮れたのは映画ファンとしては嬉しいことですよね。
今後もこの原作者&監督でいい映画を量産してもらいたいものですよ。
35. Posted by GAKU   2010年03月14日 18:01
なるほど!5人目は第三者なのか。
なんだか凄く納得してしまいました。

伊坂×中村タッグはハズレなしですね。
「アヒルと鴨」「フィッシュストーリー」同様、
この作品の裏に流れる空気感はとても難しいハズなのに
絶妙に伝えてくれるこの構成、演出は、ホントに何かしらの受賞レベルだと思います。

それにしても濱田岳、私も意表を付かれました(笑)
あのヘナチョコなイメージだった濱田さんがこんな役するんだ、なんて。
でもかわいらしい声と、悪なのか善なのかわからない、非現実世界から来たかのような雰囲気は彼にしかできないかもしれませんね。
36. Posted by にゃむばなな   2010年03月14日 18:32
GAKUさんへ

濱田岳さんは本当にいいですよね。
それまでのヘナチョコくんとは違い、本当にかわいいと思えるあのキャラ。

非現実世界から来たかのような雰囲気というのもよく分かります。
37. Posted by latifa   2010年03月15日 09:50
にゃむばななさん、こんにちは!
キルオ、あっという間に出番が終わってしまって残念でしたね。
>「びっくりした?」という口癖も凄く印象的でした。
 そうですね。ただ、私は連続切り裂き殺人犯人って事で、自分(堺さん)も殺されるんじゃないか?って思う様な感じが、このキルオからは伝わって来なくて・・・だから、ちょっと残念でした。
やっぱり先に原作を読んでしまって、しかもその原作が凄く良かった!って思っていると、映画はどんなにがんばって良いものを作り上げても、ちょっと残念に思ってしまうようです・・・
38. Posted by にゃむばなな   2010年03月15日 16:12
latifaさんへ

原作を読んでから映画を見ると楽しめなかったりすることって、よくありますよね。
私も『レッド・ドラゴン』を読んでから映画を見たときはそうでしたもん。

やっぱりそういう時は原作をすっかり忘れるくらいの覚悟で映画に臨まないとあきませんよね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載