2010年02月14日

『オースティン・パワーズ』

オースティン・パワーズバカも休み休みyeah!もうこの時代錯誤なキャッチコピーから好きになれるほど、くだらなくて面白い映画です。『007』をパロディにした作品ながら、まぁとにかく下ネタ満載、ズレた笑いも満載、ついでにマイク・マイヤーズの1人2役のバカバカしいちょこまか演技も満載という、本当にくだらないのが逆に面白い映画でした。

デミ・ムーアが製作をしたコメディ映画と聞いた時は、まぁある程度のヌルい笑いかと思ってましたが、いざ映画を見るとこれが本当にヌルいどころか寒いを通り越して逆に温かい?と感じるような笑いばかり。
もちろん爆笑できる笑いなんてほとんどありませんが、それでも不思議と「つまらん!」と思うことなく、全て「アホやわ〜」の一言で片付けられる程度の笑いが妙に心地よく感じちゃうんですよね。

例えばオースティンが全裸でスクワットするシーンも常に何かが上下に動くことで局部だけがバッチリ隠れるようにしたりなど、本当に小さい子供しか喜ばないようなくだらない笑いばかり。
でもたまにオヤジギャグが恋しくなるような、サバンナの八木さんの面白くないギャグも箸休めで欲しくなるような、どこかくだらない笑いもなければ逆につまらんのです!と言いたくなるような感覚が私たちにあるからでしょうか。このくだらない笑いが少しずつ面白く感じてしまうんです。

さらにジェームズ・ボンドを意識したシーンなど『007』を中心に映画パロディも多いですし、また普段は何の注目も浴びない悪組織のすぐにやられちゃうザコ要員の、友人たちに彼の訃報が届いて彼の冥福を祈ろうネタなど、変化球ネタも多いこと。

そして何と言ってもこの映画で一番面白いのは世界征服を画策するDr.イーブル。主演のマイク・マイヤーズがオースティン・パワーズと1人2役を演じているものの、個人的にはこのDr.イーブル役のおマヌケぶりが大好きで、バカばっかりが集まっている悪組織の中でダントツにバカなところがいい!
正直『秘密結社鷹の爪THE MOVIE』の総統よりも世界征服が難しいと断言できるキャラながら、そのバカバカしい存在感は最高でした。

またヒロイン役のエリザベス・ハーレーの色気も最高。同じスパイ・コメディ映画の『ゲット・スマート』よりもはるかにくだらなくて下品なんですけど、「ソウル・ボサノバ」を聞くたびにまた見たくなる中毒性は保証書をつけてもいいほどです。
ですから未見の方は是非ご覧になってください。きっと失笑しかできないと思いますから。

深夜らじお@の映画館はトミーズ健さんレベルのくだらない笑いも大好きです。

acideigakan at 17:14│Comments(2)clip!映画レビュー【あ行】 

この記事へのコメント

1. Posted by kajio   2010年02月16日 14:15
よりによってこれが3作目まで作られた訳ですから、世間の映画ファンは、たまには失笑をしたくてしたくてたまらない時があるって事なんでしょうね(苦笑)
2. Posted by にゃむばなな   2010年02月16日 17:19
kajioさんへ

こういう笑いは欧米では好かれるんでしょうね。
まぁこんな失笑映画が3作も作れたのも、やはり文化の違いなのかも?ですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載