2010年02月27日

『しあわせの隠れ場所』

しあわせの隠れ場所マイケル・オアー。誇りと勇気を持って家族を守り、アメフトプレースタイルの歴史を変えた名選手。そんな彼の感動実話を描いたこの作品は見終わった後に本当に「しあわせ」な気持ちになる素晴らしい映画でした。そしてこの映画におけるサンドラ・ブロックの素晴らしさに、是非彼女にオスカーを受賞してもらいたいと心から願います。

裕福な白人家庭が偶然出会った貧しい巨漢の黒人少年を引き取り家族の一人として迎え入れるという実話は、美談でありながら現実問題で考えると稀有な話です。当然美談の裏側にはビジネスが絡んだ誰かの邪な考えがどこかに潜むのではないかと疑うのが当然なんですが、この映画にはそんな疑問を抱かせるような空気が全くないんですよね。

それは多分この映画がリー・アンたちテューイー家がマイケルを変えたのではなく、マイケルがテューイー家やアメフト部のコーチといった彼を愛する人たち全てを変えたというスタンスで描かれているからだと思うのです。

もちろんマイケルに笑顔を取り戻させたのは間違いなく豪傑ママのリー・アンです。でも彼女がしたことってホームステイ家族の母親がしていることと同じで、単に家族が一人増えたから母親として世話しているだけなんですよね。
一つ屋根の下に一緒に暮らしているのだから、自分の子供と同じように愛情を注ぎ、叱咤激励し、そしてハグをする。たったそれだけのことなんですが、それが母親にしかできない愛情表現でもあると思うのです。

母親って父親と違い、ズバズバ核心を突くことを子供に言う愛情表現をする方が多いですよね。時々鬱陶しく思ってしまうも、でもその言葉の奥に海よりも深い愛を感じると凄く安心感を覚えた経験は誰にでもあると思います。
ですからマイケルも、練習中にも関わらずコーチそっちのけで「チームを家族と思って守りなさい」と言ってくれるリー・アンに凄く勇気をもらったのだと思うんですよね。

一歩前に進むことは一度人生に止まってしまったことのある方なら、それがどれだけ勇気のいることかはご存知のはずです。
でも人は誰しも温かい後押しをもらって一度前に進み出すと、敵チームのやかましい66番をフィールド外に押し出せるほど、どこまでも突き進めるんですよね。

その温かい後押しも本当に大したことじゃないんです。コリンズのように図書館で勉強する机を移動するだけでいいんです。SJのようにマイケルの専属コーチになったり、専属マネージャーになったり、専属代理人になったりしながら、最後には自分の要求を通すために大学のスカウトを困らせるだけでいいんです。たったそれだけで人は誰でも勇気と誇りを持って「家族と同じ大学に行きたい」と堂々と宣言できるのです。

EDロールでもマイケルとテューイー家、そしてもう一人の母親的存在であったスー先生が実際の映像や写真で登場するのですが、そのシーンも一発で誰が誰か分かってしまうんですよね。それはきっと実話が持つこの家族の温かさをこの映画も壊すことなく描けているからなんでしょう。本当に心が温かくなる映画でしたよ。

そして庶民派女優やコメディエンヌとしての経歴と母親役が板につくようになった歳相応の演技力が見事な調和を醸し出したサンドラ・ブロックの演技は、まさにオスカーものだと思います。
正直この映画以外で彼女がオスカーを受賞できることはこの先ないと断言できてしまうくらい、本当に素晴らしかったです。特にミシシッピ大学での別れの際、車の中で見せた母親の涙。あれにオスカーを与えずして何とする!ですよ。

深夜らじお@の映画館はサンドラ・ブロックのオスカー受賞を心から願います。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『しあわせの隠れ場所』  [ ラムの大通り ]   2010年02月28日 00:40
(原題:The Blind Side) ----この映画ってサンドラ・ブロックが 2009年度のゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞した作品だよね。 「そう。それもドラマ部門のね。 最近の彼女ってコメディ路線が多かったから、 まずそのことにビックリ。 作品の内容を知るまで、 これも...
2. 「しあわせの隠れ場所」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2010年02月28日 09:54
2009年、アメリカン・フットボールのボルチモア・イレブンスに入団したマイケル・オアー選手の実話に基づいたノンフィクション小説を映画化したもの。孤独なマイケルと裕福なテューイ家、特に母親のリー・アン・
3. 「しあわせの隠れ場所」感想と「はなのすきなうし」  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2010年02月28日 14:25
実話なんですよね。それもつい最近の。 素直になんか良い映画だったなぁ〜と思いました。
4. しあわせの隠れ場所  [ 心のままに映画の風景 ]   2010年02月28日 16:22
アメリカ、テネシー州メンフィス。 夫と2人の子供と暮らすリー・アン(サンドラ・ブロック)は、雨に濡れながら夜道を歩くマイケル・オーア...
5. しあわせの隠れ場所  [ Memoirs_of_dai ]   2010年02月28日 20:23
サンドラの代表作へ 【Story】 家族と共に車で帰路に着くリー・アン(サンドラ・ブロック)は、雨に濡れながら夜道を歩くマイケル・オアー??.
6. しあわせの隠れ場所  [ ゴリラも寄り道 ]   2010年03月01日 01:10
<<ストーリー>>家族と共に車で帰路に着くリー・アン(サンドラ・ブロック)は、雨に濡れながら夜道を歩くマイケル・オーア(クィントン...
7. しあわせの隠れ場所  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2010年03月01日 17:59
アメリカNFLのドラフト1巡目で指名されデビューしたマイケル・オアー選手の実話を映画化。ホームレス同然の生活から、とある家族との出会いにより、自らの才能を開花させていくヒューマンドラマだ。主演は本作でアカデミー賞主演女優賞ノミネートのサンドラ・ブロック(3...
8. しあわせの隠れ場所◇◆The Blind Side  [ 銅版画制作の日々 ]   2010年03月02日 00:24
上手く写せず(汗) あなたの人生史上、最高の実話 MOVX京都にて初日に鑑賞。実在のアメリカンフットボール選手の半生を描いた作品だそうです。事前に前売りチケットを購入しょうとMOVX京都へ行ったら、置いていないとのこと。以前「3時10分・決断のとき」のときも同じ...
9. しあわせの隠れ場所  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2010年03月02日 21:24
公式サイト。原題:The Blind Side。ジョン・リー・ハンコック監督、サンドラ・ブロック、ティム・マッグロウ、クィントン・アーロン、キャシー・ベイツ、リリー・コリンズ、ジェイ・ヘッド、レイ・マッキノン。アメリカで最も人気のあるプロスポーツNFLの2009年ドラフト1順....
10. 信頼こそが最強の愛情になる。『しあわせの隠れ場所』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2010年03月03日 10:51
生活環境に恵まれなかった黒人少年がアメリカン・フットボールの選手になるまでの実話を基に描かれた作品です。
11. しあわせの隠れ場所  [ to Heart ]   2010年03月04日 22:04
あなたの人生史上、最高の実話 原題 THE BLIND SIDE 製作年度 2009年 原作 マイケル・ルイス『ブラインド・サイド アメフトがもたらした奇蹟』(ランダムハウス講談社刊) 上映時間 128分 脚本・監督 ジョン・リー・ハンコック 出演 サンドラ・ブロック/ティム・マッグロウ...
12. *『しあわせの隠れ場所』* ※ネタバレ有  [ 〜青いそよ風が吹く街角〜 ]   2010年03月06日 11:09
2009年:アメリカ映画、ジョン・リー・ハンコック監督、サンドラ・ブロック、ティム・マッグロウ、クイントン・アーロン、キャシー・ベイツ、リリー・コリンズ、ジェイ・ヘッド、レイ・マッキノン出演。
13. しあわせの隠れ場所  [ メルブロ ]   2010年03月07日 00:53
しあわせの隠れ場所 (原題: THE BLIND SIDE) 304本目 2010-8 上映時間 2時間8分 監督 ジョン・リー・ハンコック 出演 サンドラ・ブロック(リー・アン・テューイ)     ティム・マッグロウ(ショーン・テューイ)     クィントン・アーロン(マイケル・オ...
14. しあわせの隠れ場所  [ そーれりぽーと ]   2010年03月07日 13:43
ラグビーに続いてアメフトで感動できるか? 『しあわせの隠れ場所』を観てきました。 ★★★★ アメフトのスーパールーキーが生まれるまでを描く本作、彼を支えた“家族”の優しさに胸を打たれまくります。 金銭的に余裕があるからとか、慈善事業の一貫とか、そういうもの...
15. しあわせの隠れ場所/THE BLIND SIDE  [ コッスンのヨロカジ ]   2010年03月07日 15:20
英題:THE BLIND SIDE製作年:2009年製作国:アメリカ日本公開:2010年2月27日(新宿ピカデリー ほか)配給:ワーナー・ブラザース映画カラーhttp://wwws.warnerbros.co.jp/theblindside/ チェック:ホームレス同然の生活からアメリカン・フットボールのプロ選手になった少年の...
16. 『しあわせの隠れ場所』(2009)/アメリカ  [ NiceOne!! ]   2010年03月07日 23:03
原題:THEBLINDSIDE監督:ジョン・リー・ハンコック出演:サンドラ・ブロック、ティム・マッグロウ、クイントン・アーロン、キャシー・ベイツ、リリー・コリンズ、ジェイ・ヘッド、レイ・マッキノン公式サイトはこちら。<Story>夫と子供たちと裕福に暮らすアン(サ...
17. しあわせの隠れ場所  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2010年03月08日 20:20
2009年にボルチモア・イレブンスに入団したマイケル・オアー選手の実話に基づいたノンフィクション小説を映画化。 物語:テネシー州のメンフィス。体の大きなスラム街出身の黒人少年マイケル。母親と離れて帰る場所がなく、独りぼっちの生活を送っていた彼は、世話をして...
18. 『しあわせの隠れ場所』'09・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2010年03月08日 23:10
あらすじ夫と子供たちと裕福に暮らすアンは、寒い真冬の夜Tシャツ一枚で街を歩く黒人の少年、マイケルと出会う。アンは身寄りのないマイケルを憐れに思い家族として迎えるが・・・。感想アカデミー賞作品賞主演女優賞ノミネートゴールデン・グローブ賞では、一足先にサン...
19. しあわせの隠れ場所  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2010年03月11日 02:51
2010年3月10日(水) 20:55?? 品川プリンスシネマ5 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『しあわせの隠れ場所』公式サイト ラジー賞受賞女優がアカデミー主演女優賞を取った作品。 日本語タイトルが、ウィル・スミスの感動押し付け愚作群に似て...
20. [映画『しあわせの隠れ場所』]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2010年03月11日 19:46
☆良い映画でした^^  優しさに溢れたテューイ家の母親役を演じたサンドラ・ブロックは、この作品で今年のアカデミー主演女優賞とのことですが、「女王」の如く美しかったですよ^^  今まで、「馬」とか「ホース」とか、「鼻の下が長い」とか言って、すいませんでした...
21. 「しあわせの隠れ場所」梅田ピカデリー  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2010年03月12日 08:06
サンドラ・ブロックがこの作品でアカデミー賞の主演女優賞をとりました。実話です。 あらすじ リー・アン(サンドラ・ブロック)は夫のショーンと二人の子供たちと車で夜道を歩く1人の黒人少年を見かけます。真冬のメンフィスに半袖、短パン。寝る所がないマイケルを自宅に連れ...
22. 「しあわせの隠れ場所」優しい心になれる、深イイ話。  [ シネマ親父の“日々是妄言” ]   2010年03月12日 15:12
[しあわせの隠れ場所] ブログ村キーワード  全米アメフトリーグ(NFL)に所属する、実在のスター選手の生い立ちを綴った感動実話の映画化。「しあわせの隠れ場所」(ワーナー・ブラザース)。驚くなかれ、実話って言ってもこれは過去の物語ではなく、つい最近の出来事、ほ...
23. アメリカン・ドリーム〜『しあわせの隠れ場所』  [ 真紅のthinkingdays ]   2010年03月12日 20:03
 THE BLIND SIDE  テネシー州メンフィス。裕福な白人女性リー・アン(サンドラ・ブロック)は、あ る寒い夜、薄着で街を彷徨う大柄な黒??.
24. しあわせの隠れ場所  THE BLIND SIDE  [ 映画の話でコーヒーブレイク ]   2010年03月13日 19:27
サンドラ・ブロックが髪をブロンドに染め、{/kirakira/}アカデミー主演女優賞に輝いた作品です。 アメリカンフットボールのルールはようわかりませんが、 原題の「blind side」は「死角」とか「弱点」「無防備なところ」という意味で 主人公マイケルのレフト・タックルという...
25. 『しあわせの隠れ場所』の目をつぶる勇気  [ 映画のブログ ]   2010年03月14日 16:40
 『あなたは私の婿になる』と同様、『しあわせの隠れ場所』もオファーはまずジュリア・ロバーツにいったという。  しかしサンドラ・ブロッ...
26. 『しあわせの隠れ場所』 2010-No10  [ 映画館で観ましょ♪ ]   2010年03月15日 21:01
2009年、ボルチモア・イレブンスに入団したマイケル・オアー選手の 実話に基づいたノンフィクション小説の映画化。 全てにおいて??..
27. 『しあわせの隠れ場所』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2010年03月17日 08:48
  □作品オフィシャルサイト 「しあわせの隠れ場所」□監督・脚本 ジョン・リー・ハンコック □原作 マイケル・ルイス □キャスト サンドラ・ブロック、ティム・マッグロウ、クィントン・アーロン、キャシー・ベイツ、リリー・コリンズ、ジェイ・ヘッド、レイ・...
28. しあわせの隠れ場所 [映画]  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2010年03月20日 22:47
【THE BLIND SIDE】 2010/02/27公開 アメリカ 128分監督:ジョン・リー・ハンコック出演:サンドラ・ブロック、ティム・マッグロウ、クィントン・アーロン、キャシー・ベイツ、リリー・コリンズ、ジェイ・ヘッド、レイ・マッキノンバート・コットンあなたの人生史上、最高...
29. しあわせの隠れ場所  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2010年03月21日 05:48
 『しあわせの隠れ場所』を渋谷東急で見ました。  この映画に主演したサンドラ・ブロックがアカデミー賞主演女優賞に輝いたということもありますが、おすぎの「この春、一番のスポーツ映画でしょう」という言葉に押されて映画館に行ってきました。 (1)この間見たイースト...
30. ■13. しあわせの隠れ場所  [ レザボアCATs ]   2010年04月06日 12:28
'09年、アメリカ原題:The Blind Side監督・脚本:ジョン・リー・ハンコック製作:ギル・ネッター、アンドリュー・A・コソボ、ブロデリック・ジョンソン、マイケル・ルイス製作総指揮:モリー・スミス、ティモシー・M・ボーン、アーウィン・ストフ撮影:アラー・キビロ美術:...
31. 『しあわせの隠れ場所』  [ シネマのある生活〜とウダウダな日々 ]   2010年04月22日 00:08
こんな時代に、何の共通点がなくても、人と人は繋がりあえる。 ひとりぼっちの黒人少年と、ある家族の心の絆を描く感動の実話!
32. しあわせの隠れ場所  [ 晴れたらいいね〜 ]   2010年07月25日 00:47
これも、観たかったんですよね。実話であることと、サンドラ姐さんがかなり肝の据わったかあちゃんで、スポーツ選手ものというくらいで臨みました。そうそう、この映画で、サンドラ・ブロックが主演女優賞を総ナメしてたのも知ってるわよ。泣かされちった。いい人が多くって....
33. しあわせの隠れ場所  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2010年08月01日 19:45
 『あなたの人生史上、最高の実話』  コチラの「しあわせの隠れ場所」は、「ウルトラ I LOVE YOU!」でラジー賞を受賞したサンドラ・ブロックが、その翌日オスカーを獲得したバイオグラフィー映画です。とは言っても主演はもちろんサンドラなのですが、主人公は全米で知ら...
34. Blu-ray:しあわせの隠れ場所 今時珍しい "アメリカの良心"を描き予想外に芯を食った  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2010年08月10日 03:27
2009年のNFLドラフト1巡目で、ボルチモア・レイブンズに指名され入団した(実際このシーンが出てくる)マイケル・オアー Michael Oher(写真中央)のエピソードに基づく実話の映画化。 「ただのスポーツもの」なんじゃないかと、と公開時は敬遠したのだけれど、鑑賞後はこの...
35. しあわせの隠れ場所/The Blind Side(映画/DVD)  [ 映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評 ]   2010年08月23日 21:11
[しあわせの隠れ場所] ブログ村キーワードしあわせの隠れ場所 (原題:The Blind Side)キャッチコピー:あなたの人生史上、最高の実話製作国:アメリカ製作年:2009年配給:ワーナー・ブラギ..
36. しあわせの隠れ場所  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2010年09月23日 23:04
 ***ちょっと つぶやき***多忙続きで頭が飽和状態になり、すっかりブログをサボっている今日この頃。劇場になかなか行けないし、家でDVDを観る余裕もないし(そもそも先日DVDプレイヤーが壊れた・涙)、本を読んでも感想を書く気力がない・・・・・「ダメだぁ〜こんなこと...
37. しあわせの隠れ場所の感想  [ SERENDIPITY ]   2010年10月23日 15:28
見に行きましたので感想を。
38. しあわせの隠れ場所  [ mama ]   2011年09月19日 15:05
THE BLIND SIDE 2009年:アメリカ 原作:マイケル・ルイス 監督:ジョン・リー・ハンコック 出演:サンドラ・ブロック、クィントン・アーロン、ティム マッグロウ、キャシー・ベイツ ...

この記事へのコメント

1. Posted by えい   2010年02月28日 00:39
こんばんは。

サンドラ・ブロック素晴らしかったですね。
個人的には『17歳の肖像』が好きですが、
主演女優賞はサンドラ・ブロックに取ってほしいです。
後年、映画史に彼女の代表作=『スピード』だけじゃ悲しいですもの。
2. Posted by たいむ   2010年02月28日 09:54
EDの本人さんたち、そっくりに見えましたよね(^^)
ついつい、この子が敏腕マネージャー?のSJかぁ〜って微笑ましく見てました(爆)
3. Posted by にゃむばなな   2010年02月28日 13:04
えいさんへ

この映画はサンドラ・ブロックの新たなる代表作ですよね。
本当にこの映画における彼女は素晴らしかったです。
4. Posted by にゃむばなな   2010年02月28日 13:08
たいむさんへ

そうそう、SJの成長した姿に不思議とニンマリしてしまいましたよね。
実話が持っている温かい空気感を映画でもきちんと描けていた証拠なんでしょうね。
5. Posted by latifa   2010年02月28日 14:40
エンドロールで、ぐわ〜〜っ!と来てしまいました。最近こういう実話ものの映画は、ラストに実在の方の写真が出ることが多いのですが、今回は特に感動してしまいました。ホントに似てましたね。
個人的には、SJが凄く好きでした☆
6. Posted by にゃむばなな   2010年02月28日 14:54
latifaさんへ

私もSJが好きです。
マイケルの一番の親友であり、弟であり、マネージャーであり、トレーナーであり、代理人であるあのキャラはいいですね。
実際の彼が大人になった姿を見て、また心が温かくなりましたよ。
7. Posted by dai   2010年02月28日 20:21
こちらにも。
サンドラは素晴らしかったと思います。にゃむばななさんも書かれていますがラストの車のシーンはジーンとくるものがありました。
8. Posted by にゃむばなな   2010年02月28日 20:59
daiさんへ

あのラストの車のシーンはリー・アンとサンドラ・ブロックの母親としての深い愛を感じましたよ。
あれだけでも是非オスカーを!と言いたいくらいです。
9. Posted by KLY   2010年02月28日 21:35
その通り。これでオスカー獲れなかったらもう無理ってぐらい素晴らしい芝居でした。そして忘れちゃいけない、家族、家庭教師の先生も地味に名演技だったと思います。特に私はお父さんが好きで。あのお父さんがいるからママは大胆なことが出来るんですよね。
私は正直この美談をまんま受け取れるかというと、心のどこかに若干の抵抗があります。しかしそれとサンドラの素晴らしさはまた別の話ですから!
10. Posted by にゃむばなな   2010年02月28日 22:02
KLYさんへ

そうなんですよね。いい映画は主役だけでなく脇役もみんないい演技をしているものなんですよね。
本当にみんな実話の持つ温かな空気を再現すべく、演技を頑張っておられたのでしょう。
それがスクリーンから凄く伝わってきましたよ。
11. Posted by オリーブリー   2010年03月01日 01:58
にゃむばななさん、こんばんは。

私もサンドラにオスカーを!!!と心から思います♪

にゃむばななさん言われるように、本当に大したことじゃないからこその暖かみを強く感じる作品でした。
素敵な家族ですよね♪

最近は楽しいエンドロールは増えましたが、物語をそのまま引っ張るように気持ちが良いのも珍しいかも〜と感じました!
12. Posted by にゃむばなな   2010年03月01日 17:17
オリーブリーさんへ

ほんと、この作品で是非サンドラ・ブロックもオスカー女優に!ですよね。

実話が持っている温かみを、あの実写真のEDロールで再確認させるこの映画。
本当に最後の最後まで温かい映画でしたね。
13. Posted by mezzotint   2010年03月02日 00:46
にゃむばななさん
今晩は☆彡
サンドラにぜひオスカーを!と
思います。ラブコメの印象を覆して
これからも良い作品に出て欲しい
ものです。リー・アンファミリー
素晴らしいですね。
14. Posted by にゃむばなな   2010年03月02日 13:17
mezzotintさんへ

これまでのコメディエンヌとしてのイメージを巧く用いつつ、これだけの母親たる演技。
本当にこのチャンスしかない彼女に是非オスカーを!と思いますよ。
15. Posted by BC   2010年03月06日 11:13
にゃむばななさん、こんにちは。

リー・アン役は最初はジュリア・ロバーツにオファーがあったそうです。
ジュリアだと華がありすぎてマイケル役の俳優さんが目立たなくなってしまうような気もするので、
マイケル役の俳優さんを引き立てながらも
情に厚いキャラクターを颯爽と演じる事が出来る
サンドラ・ブロックで良かったように思いました。
サンドラがオスカー獲得出来ると良いですね♪
16. Posted by にゃむばなな   2010年03月06日 21:22
BCさんへ

ジュリア・ロバーツは『グッドナイト・ムーン』でも母親役が似合わない女優だと思ったので、今回はサンドラ・ブロックで正解だったと思います。
本当に今年だけは何が何でも彼女にオスカーを受賞してほしいですね。
それくらい素晴らしかったですから。
17. Posted by コッスン   2010年03月07日 15:17
見てきました。
思った以上にいい作品でした。
サンドラ・ブロックが素晴らしかったです。
是非、オスカーあげてください。
18. Posted by にゃむばなな   2010年03月07日 16:17
コッスンさんへ

サンドラ・ブロックは是非この映画でオスカーを受賞してほしいですよね。
本当に彼女にとってたった一度の好機になるでしょうから。
19. Posted by YUKKO   2010年03月12日 08:04
サンドラ・ブロックアカデミー賞受賞おめでとう!ラジー賞受賞のスピーチも最高!私はリー・アンみたいな豪快な女性に憧れます。マイケルみたいな境遇の少年を見たら、ほっとけない!って母性愛が沸く気持ちわかります。でも、なかなか実行に移すのって難しいです。金銭的な問題もあるし。そういう意味でも、稀有な事実ですね。
20. Posted by にゃむばなな   2010年03月12日 16:43
YUKKOさんへ

リー・アンがしたことって本当に母親として当然のことばかりなんですが、それがそうカンタンにできないからこそ、ここまでの感動があるんでしょうね。
それにしてもサンドラ・ブロックが無事受賞してくれてよかったですよ。
21. Posted by yukarin   2010年03月20日 22:50
こんばんは♪
こちらでもやっと観ることができました。
サンドラ・ブロックはさすが主演女優賞とっただけありますね〜良かったです。
こんな素敵な家族がいるのかーと思ってしまいますが実話なんですよねぇ。
ラストの実際の写真をみてさらに感動しましたわー。
22. Posted by にゃむばなな   2010年03月20日 23:12
yukarinさんへ

そうそう、これが実話なのが素敵なんですよね。
しかもそこにサンドラ・ブロックの名演も光ってましたし。
あのラストの家族の写真も素敵でした。
23. Posted by とらねこ   2010年04月06日 12:38
にゃむばななさん、こんにちは!
サンドラが本当に最高でしたね。
一人ひとりが本当に気持ちがいいぐらい、いい奴ばっかりでそこも好き。
私はあの、お父さんがすっごく好きでした。
素敵なダンナさん^^*
こういうあったかい家族っていいなあ〜!
24. Posted by にゃむばなな   2010年04月06日 17:43
とらねこさんへ

本当にこれは実話なの?と思うくらいに、みんないい人ばかりでしたよね。
でもその理由も考えてみれば、あのテューイー夫婦の人柄なんでしょう。
25. Posted by ちゃぴちゃぴ   2010年07月25日 00:47
こんばんは。
本当にいい気分で見終えた映画でした。こういうのも、最近珍しいですね。
人物描写がすばらしくって、嫌味なく彼らを見る事が出来ました。いいなぁ。
26. Posted by にゃむばなな   2010年07月25日 11:00
ちゃぴちゃぴさんへ

素直に美談を美談として受け入れられる映画でしたよね。
まだまだ世の中は捨てたもんじゃないですよ。
27. Posted by miyu   2010年08月01日 19:45
サンドラの演技も良かったとは思うのですが、
母親の愛情同様、彼女としては当たり前のことを
しているような感じがしました。
変な気負いを感じない、ナチュラルな演技で
そこまで評価されたのは、すごく良かったと思います!
28. Posted by にゃむばなな   2010年08月01日 21:50
miyuさんへ

この母親が本当に何も特別なことをしていないというのが、本当にいいんですよね。
母親として当たり前のことばかり。それを見事に演じたサンドラ・ブロックがオスカーを受賞できて、本当によかったですよ。
29. Posted by 由香   2010年09月23日 23:09
こんばんは〜♪にゃむばななさん。

>是非彼女にオスカーを受賞してもらいたいと心から願います。
にゃむばななさんの心からの願いが通じましたね〜
サンドラの主演女優賞受賞は記憶に新しいですが、本当に感動的でした。
彼女は「スピード」でみた時からファンです。サンドラがいい作品に出会えて本当に良かったですね!
30. Posted by にゃむばなな   2010年09月24日 16:48
由香さんへ

本当にこの作品でサンドラ・ブロックが受賞できなかったら、アカデミー賞もあかんのとちゃうか?と思ってましたからね。
彼女がこの作品でオスカーを受賞できたことを心から嬉しく思いますよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載