2010年03月19日

『NINE』

NINEシネマ・イタリアーノ!そう歌いながら、ずっとこの雰囲気に溺れていたいと思える映画でした。別にストーリーは特別面白いとかいう訳ではないのですが、あの7人の女優陣による、それぞれのミュージカルシーンがとにかくいい!個人的にはもっと見ていたくなるほどに、雰囲気が好きな映画です。

ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、マリオン・コティヤール、ファーギー、ケイト・ハドソン、ソフィア・ローレン、ニコール・キッドマンという豪華な世界の美人女優たちが勢揃いするあのOPが、まず最高です。
もうダニエル・デイ・ルイスが羨ましいとか、そんなレベルではないんです。あの場にいる男性スタッフ全員が羨ましく思えるほど、そして絶対あの撮影現場はめっちゃいい匂いしていたに違いないと断言できるくらいに、最高な雰囲気なんです。

またこの7人の女優陣が年齢や国籍がバラバラにも関わらず、目移りとかできないくらいに全員が魅力的なんですよね。言っておきますが、あの老女ジュディ・デンチでさえ女性として魅力的に見えるんですよ。何か今日、私は熟女好きさんに対して大きく理解度を上げることができたような気がしましたよ。

でもこの7人の中で誰が一番魅力的かと聞かれれば、それはやっぱりスペイン発の小悪魔ペネロペ・クルスですよ。あのかわいらしい甘え方もいいですが、何と言ってもミュージカルシーンで見せるあのふとももがいい!しかも四つん這いになり、こちらに向けてお尻ふりふり♪
あぁ〜、こんな素晴らしいモン見せられたら、そりゃアカデミー候補になるのも納得っす。たまりませんでしたわ。

その他にもケイト・ハドソンの激しいダンス、ファーギーの色気、マリオン・コティヤールの落ち着いた感じ、ソフィア・ローレンの母性的なところもいい!そしていつもはきれいなニコール・キッドマンがカツラを取った時のショートヘアも意外とかわいくていい♪
もう男としては生きててよかった〜!この映画に出会えてよかった〜!と思える映画でしたよ。

ところで肝心の映画の内容についてですが、要はスランプに陥った映画監督という男性がスランプから脱却するために自分の周りにいる女性に無意識に求めてしまうものをそれぞれのミュージカルシーンで描いていると思うんですよね。
甘えてもらいたい、怒らず助言がほしい、常に受け止めてほしい、誘惑してほしい、時に激しくぶつかりたい、優しく背中を押してほしい、いつまでも憧れでいてほしい。

これらを愛人、年上女性、妻、娼婦、仕事相手、母親、女優というファクターとそれぞれに全く違う音楽、歌、セット、衣装、撮影方法で見せるところがさすがロブ・マーシャル監督。完全に7通りの魅力をスクリーンに映し出しているだけでなく、一つのミュージカルシーンが終わるたびに早く次のミュージカルシーンをと求めてしまうくらいに観客を魅了してくれるんですよ。

てな訳でラストでもう一度7人の女優を勢揃いさせるのと、7兎追う者は一兎も得ずになったグイド・コンティーニ監督がようやく女性に何かを求めずに一人の男として頑張ろうとする様をリンクさせる演出も巧く、やはり男性にとって女性という存在は何かを求めても何も与えてくれず、でも何も求めず一人で頑張ろうとすると何かと与えてくれる、いろんな意味でミューズだなと思いました。

深夜らじお@の映画館はケイト・ハドソンのあのダンスにもヤラレました。

この記事へのトラックバック

1. NINE  [ Akira's VOICE ]   2010年03月19日 19:02
男は女性がいないと生きていけません!  
2. NINE  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2010年03月19日 21:25
公式サイト。ロブ・マーシャル監督、ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン、ステイシー・ファーガソン(ファーギー)。フェデリコ・フェリーニのイタリア映画....
3. [映画『NINE』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2010年03月19日 21:32
☆何の予備知識もなく、何か絢爛豪華なイメージだったので、楽しみにして映画館に向かった。  粋なプレイボーイの映画監督の、これまでの女性遍歴と、現在の女性関係・映画監督としての行き詰まりの物語で、  はじまってすぐに、「ああ、これはフェリーニ監督の物語か・...
4. NINE  [ ともやの映画大好きっ! ]   2010年03月19日 22:15
(原題:NINE) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 1963年にアカデミー賞を受賞したフェデリコ・フェリーニ監督の「8 1/2」。 この作品の半歩進んだ解釈を加え、1982年にブロードウェイ・ミュージカルとして上演された作品を映画化。 ミュージカル版は同年のト...
5. NINE / NINE  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2010年03月19日 22:38
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click フェデリコ・フェリーニ監督作「8 1/2」(1963年)を原作とする、 ブロードウェイ・ミュージカル 「ナイン(Nine)」 (1982年初演)をさらに映画化{/ee_3/} 豪...
6. 「NINE 」見た♪  [ ★ Shaberiba  ]   2010年03月20日 00:04
豪華キャストが贈る大人の苦い愛の物語(ミュージカル)!!
7. 『NINE』  [ Cinema+Sweets=∞ ]   2010年03月20日 00:20
この春話題のミュージカル映画『NINE』。先日、PROUD×CSGyaoPRESENTSの試写会でよみうりホールで少し早めに観賞することが出来ました。あいにくの雨の日の試写会でしたが、客入りが悪いようで2階席はかなりガラガラの状態でした。ミュージカル映画は敬遠される人も多いで...
8. NINE  [ 心のままに映画の風景 ]   2010年03月20日 00:44
1964年イタリア。 映画監督グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイス)待望の新作は、撮影開始目前で脚本が未完成で白紙状態。 プレッ??.
9. 豪華ミュージカル映画<NINE(ナイン)>  [ 美味−BIMI− ]   2010年03月20日 01:19
舞台はイタリア――。 天才映画監督のスランプ。 彼に夢中な女達。愛を選びきれない男。 彼が見つける9つめの愛とは? 世界は、男と女で出来ている。。。   見終わった後、踊りだしたくなる映画でした!   歌もまた、耳に残ります!とくに「CINEMA...
10. NINE  [ NINE: LOVE Cinemas 調布 ]   2010年03月20日 04:29
フェデリコ・フェリーニ監督の名作『8 1/2』を基にしたトニー賞受賞の同名ブロードウェイ・ミュージカルを映画化。監督は『シカゴ』のロブ・マーシャル。主演のダニエル・デイ=ルイスを始め、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ニコール・キ...
11. 「NINE」期待したほどでは・・・  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2010年03月20日 08:25
内容があまり・・・つまらなかったです。 えっ?!これで終わっちゃうの??って一瞬焦りました・・・。3つ☆〜3つ☆半(☆の殆どはペネロ...
12. NINE  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2010年03月20日 13:18
 『映画史上最もゴージャス&ファッショナブル!』  コチラの「NINE」は、フェデリコ・フェリーニ監督の「8 1/2」を半歩進んだ解釈に音楽とダンスを加えミュージカル化した舞台を「シカゴ」、「SAYURI」のロブ・マーシャル監督が映画化した3/19公開のミュージカル映画な...
13. NINE  [ 悠雅的生活 ]   2010年03月20日 15:40
想像力は神の庭。
14. NINE  [ そーれりぽーと ]   2010年03月20日 16:47
1月9日の記事で豪華すぎて楽しみって件を書いた『NINE』が公開されたので、早速観てきました。 ★★★ 豪華! →贅沢 →もったいない そんな感想で、尻下がりに盛り上がりに欠けたブツ切りミュージカル。 次々にゴージャスな大女優達が現れるオープニングの豪華この上な...
15. NINE  [ Addict allcinema おすすめ映画レビュー ]   2010年03月20日 22:34
世界は、男と女と愛でできている。
16. NINE  [ 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing ]   2010年03月20日 23:47
 アメリカ  ミュージカル  監督:ロブ・マーシャル  出演:ダニエル・デイ=ルイス      マリオン・コティヤール      ペネロペ・クルス      ジュディ・デンチ 【物語】  1964年のイタリア。スランプ中の映画監督、グイド・コンティーニにとって、 妻の....
17. 「NINE」梅田ピカデリー  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2010年03月21日 09:57
フェリーニ監督の傑作「81/2」をミュージカル舞台に変化させ、今回は映画化されました。最初は亡くなったアンソニー・ミンゲラ監督が撮る予定でしたが、「シカゴ」のロブ・マーシャル監督が撮りました。あらすじ名高い監督として知られているグイド(ダニエル・デイ=ルイス...
18. 「NINE」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2010年03月21日 12:01
ブロードウェイミュージカル『NINE』の映画化。本場のミュージカルをみたことがないから本当の意味で比較にならないけれど、映画ならではの演出効果でより幻想的で煌びやかな作品になっていたように思う。なんて
19. ♪☆『NINE』☆♪  [ 〜青いそよ風が吹く街角〜 ]   2010年03月21日 15:24
2009年:アメリカ映画、ロブ・マーシャル監督、ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン出演。
20. NINE / NINE  [ 勝手に映画評 ]   2010年03月21日 16:30
第82回アカデミー賞4部門ノミネート(助演女優賞:ペネロペ・クルス、衣装デザイン賞、楽曲賞、美術賞)、第67回ゴールデングローブ賞5部門ノミネート(作品賞(ミュージカル/コメディ部門)、主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門):ダニエル・デイ=ルイス、主演女優賞(ミュ...
21. 『NINE』 NINE  [ *モナミ* SMAP・映画・本 ]   2010年03月21日 17:24
まぁ何といいましょうか。 絢爛豪華。 濃厚濃密。 めくるめく妄想世界。 私も妄想は得意ですけども(爆)グイドさんには負けました。 マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、 ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン、 ...
22. 『NINE』とは、8.5+0.5?  [ 映画のブログ ]   2010年03月21日 19:35
 1960年代、チネチッタ、モノクロ、映画監督を取り巻く美女たちとくれば、大傑作『8 1/2(はっか にぶんのいち)』だ。  『8 1/2』の題名は、フェ??.
23. ★「NINE」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2010年03月22日 02:59
オスカーなどの賞レースではぱっとしなかったみたいですが、 ひらりん的にはニコちゃん・ペネちゃんの初共演作ってことで、 久しぶりに週末のナイトショウに足を運びました。
24. 「NINE」  [ ひきばっちの映画でどうだ!! ]   2010年03月22日 21:27
                                     「NINE」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・ロブ・マーシャル フェデリコ・フェリーニ自らが監督した自伝的映画「81/2」の、ブロードウェイ・ミュージカル版を、「シカゴ」のロブ・マーシ...
25. NINE(2009)  [ 銅版画制作の日々 ]   2010年03月22日 21:52
 世界は、男と女と愛でできている。 MOVX京都にて鑑賞。贅沢な作品ですよね。これだけ凄いキャストを揃えた映画はなかなか観ることはないでしょうね。目移りするくらい素敵な女優陣に囲まれた監督グイド役にはあのダニエル・デイ=ルイス。そういえば、2007年の「ゼア...
26. NINE  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   2010年03月23日 00:17
NINE’09:米 ◆原題:NINE◆監督: ロブ・マーシャル「SAYURI」「シカゴ」◆出演: ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、 ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン、ファーギー ◆STORY◆イタ...
27. シネマ・イタリアーノ〜『NINE』  [ 真紅のthinkingdays ]   2010年03月24日 10:37
  NINE  1965年、ローマ。チネチッタ撮影所では、マエストロと呼ばれる映画監督グイ ド(ダニエル・デイ=ルイス)が、新作映画『ITARIA...
28. NINE  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2010年03月24日 15:48
ミュージカル映画界にまた新たな歴史が刻まれます。トニー賞5部門受賞のブロードウェイの名作舞台を、オスカー・キャスト&スタッフが完全映画化。 映像ならではの目もくらむエンターテーンメント! 物語:1964年のイタリア。世界的な映画監督グイド・コンティーニは、...
29. 映画「NINE」  [ Andre's Review ]   2010年03月28日 00:12
NINE アメリカ 2009 10年3月公開 劇場鑑賞 このミュージカルが2003年にリバイバル上演されてトニー賞などで話題になっていたときからちょっと気になっていたのですが、映画化されると聞いてとーっても楽しみにしていた作品です。監督ロブ・マーシャルだし。 ロブ・マ...
30. NINE  [ Movies 1-800 ]   2010年03月28日 00:51
Nine (2009年) 監督:ロブ・マーシャル 出演:ダニエル・デイ・ルイス、ペネロペ・クルス、マリオン・コティヤール、ジュディ・デンチ フェデリコ・フェリーニ監督の63年作イタリア映画「8 1/2」を元に作られた大ヒット・ブロードウェイ・ミュージカル「NINE」の映画化で、...
31. 「NINE」感想  [ 狂人ブログ 〜旅立ち〜 ]   2010年03月28日 19:36
 1982年にトニー賞を受賞した大ヒットミュージカルを、「シカゴ」のロブ・マーシャル監督が映画化。 ちなみにそのミュージカル、1963年に制作されたフェデリコ・フェリーニ監督の自伝的映画「81/2」が元になっているそうな。マメ知識な。 主演のダニエル・デ...
32. NINE  [ メルブロ ]   2010年03月29日 23:41
NINE(原題:NINE) 307本目 2010-11 上映時間 1時間58分 監督 ロブ・マーシャル 出演 ダニエル・デイ=ルイス(グイド・コンティーニ)     マリオン・コティヤール(ルイザ)      ペネロペ・クルス(カルラ)      ジュディ・デンチ(リリー)    ....
33. NINE  [ ゴリラも寄り道 ]   2010年03月30日 05:47
<<ストーリー>>1964年のイタリア。スランプ中の映画監督、グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイス)にとって、妻のルイザ(マリオ??.
34. 『NINE』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2010年03月30日 08:55
  □作品オフィシャルサイト 「NINE」□監督 ロブ・マーシャル □脚本 アンソニー・ミンゲラ □キャスト ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレ...
35. NINE(ナイン)  [ 映画!That' s Entertainment ]   2010年03月30日 22:50
●「NINE(ナイン)」 2009 アメリカ The Weinstein Company,Relativity Media,118min. 監督:ロブ・マーシャル 脚本:アンソニー・ミンゲラ、マイケル・トルキン 出演:ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、    ジュディ・デンチ...
36. NINE  [ 5125年映画の旅 ]   2010年04月10日 09:04
最新作の撮影が目前に迫っている映画監督のグイド。しかし彼は自身最大のスランプの最中で、脚本は1ページも書き上がっておらず、キャストも主演以外は一切決まっていない状態だった。そんなグイドの前に妻や愛人をはじめとする様々な女性が現れ、グイドはますます苦悩す....
37. NINE  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2010年04月12日 02:24
2010年4月10日(日) 18:50?? チネ9 料金:1000円(ポイントカード提示で1000円の日) パンフレット:未確認 『NINE』公式サイト 突然唄いだすミュージカル映画は、嫌いでない。むしろ好きなジャンルと言っていい。 しかし、この作品、イタリアの映画監督が、女に手を...
38. NINE★★★★+劇場44本目:ファビュラ...  [ kaoritalyたる所以 ]   2010年05月04日 01:09
4/10に観に行った映画は、豪華キャストで話題のミュージカルです映画監督グイドを演じるダニエル・ディ・ルイスが、まぁ情けない役なんですがカッコイイというか、ほっとけない...
39. 「Nine」  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2010年09月12日 12:09
フェリーニの映画「8 1/2」を、ミュージカル化。 そしてこれを今回は映画化。 一言でこの映画を例えると..... 「高級アイスを一度溶かし、再び氷結させたような代物」 調和がとれた成分の旨味が全て一度破壊され、「形」だけで再合成させ、元の良さが全て破壊されている。 ...
40. NINE  [ 小部屋日記 ]   2010年09月17日 23:04
NINE(2009/アメリカ・イタリア)【Blu-ray】 監督:ロブ・マーシャル 出演;ダニエル・デイ=ルイス/マリオン・コティヤール/ペネロペ・クルス/ジュディ・デンチ/ニコール・キッドマン/ケイト・ハドソン/ソフィア・ローレン/ステイシー・ファーガソン 世界は、男...
41. NINE  [ いやいやえん ]   2011年07月29日 09:48
マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、二コール・キッドマン、ソフィア・ローレン、ケイト・ハドソンなどなど女優陣が非常に豪華で華麗です。 歌とダンスは見ごたえがあるのだけれど、ストーリーがコレじゃなあ…ちょっと眠たくなってしまいまし

この記事へのコメント

1. Posted by AKIRA   2010年03月19日 19:04
とにかく圧巻でしたね!
各パート最高!

飽きることなく見入ってしまいました。
サントラ欲しい。
DVDも欲しい。

アカデミー会員もペネロペの色気にやられたのでしょう。w
2. Posted by にゃむばなな   2010年03月19日 20:49
AKIRAさんへ

こういう映画の場合、7人中何人かのパートだけいいというふうになるところが、この映画は7パートとも素晴らしかったですよね。
特にペネロペちゃんの色気はアカデミー会員のおじいちゃんたちの血圧を確実に上げたでしょうね。
3. Posted by ミッドナイト・蘭   2010年03月19日 21:29
こんばんわ^^

>>あの撮影現場はめっちゃいい匂いしていたに違いないと断言できる

笑いながら、共感^^
4. Posted by にゃむばなな   2010年03月19日 21:37
ミッドナイト・蘭さんへ

ですよね。あれだけ女優さんが集まれば、そりゃいい香水だって使っているでしょうし、絶対にいい匂いがしないはずがないんですよ。
それが伝わってくる映画でしたよ。
5. Posted by ともや   2010年03月19日 22:48
こんばんは、にゃむばななさん♪
もうグイドが羨ましくて、しょうがありませんでしたよね♪
まるで「うる星やつら」の諸星あたるのよう(扱いはまったく逆ですけど…ww)。
豪華で楽しいミュージカルでしたわん♪
6. Posted by 佐藤秀   2010年03月19日 22:50
ペネロペの方が娼婦ぽいというか、ストリッパーって感じでお尻も太股も大サービスでしたね。
7. Posted by mig   2010年03月19日 22:51
4 こんばんはー★

正直感想ですね^^
ペネは私も大ファンなのでセクシービームに女ながらにヤラレちゃった!

ペネのシーンだけ何度もリピートしたいな!
あと、ケイトもいいし〜
女優皆良かった♪
あ、もちろんダニエルさんもいいんだけど。
8. Posted by くろねこ   2010年03月20日 00:30
だんだん彼がステキに見えてくるのが不思議でした。
多くの女に愛されちゃう男ってのはこういうものなのかもですね〜♪
ペネさんは私もドキドキしちゃった〜!
心情的には妻側なので複雑でしたけど・・(笑)
9. Posted by latifa   2010年03月20日 10:45
こんにちは、にゃむばななさん。
ペネロペのフェロモンは現在世界一じゃないだろうか?と思うほどでしたよ^^

他の女優さんもそれぞれ良かったのですが、彼女の前だと、みんながかすんでしまうように感じました。
10. Posted by KLY   2010年03月20日 11:25
いきなりサントラ買ってしまいました。今聞きながら書いてます。(笑)
ペネロペのあんな姿見せられたらねぇ。でも私はマリオンの姿もちょっと意外だったので新鮮でよかったな。
ケイトとファギーの素晴らしい歌とダンス、ベテラン2人、ソフィアに到ってはもうなにあの存在感!最後に出てきた時の「私は大女優よオーラ」全開なのには参ったです。
11. Posted by miyu   2010年03月20日 13:18
そうそう!ニコール・キッドマンが
「カツラとメイクで作り上げた」みたいなことを
言っていてカツラを取って「これが本当のあたし」
って言うけど、そっちはそっちでやっぱり
キレイじゃんっ!って感じでしたよね〜(´▽`*)アハハ
ゴージャスな美しさだけでなく、シンプルな美しさもある
ニコール素敵でしたね。
ペネちゃんもケイトも良かったですね♪
12. Posted by オリーブリー   2010年03月20日 15:33
にゃむばななさん、こんにちは。

そうですね〜ストーリーに付いては言われる通りと思います。
そこも期待していたので、途中からこれは違う、、、と切り替えるのが遅れました。
でもビジュアルでは男性のみなさま同様に(笑)楽しませて頂きました♪
7人7様の女性揃いですものねぇ〜〜♪天国だわ〜笑。
男性ブロガーさんのコメントが楽しいです(笑)
13. Posted by 悠雅   2010年03月20日 15:49
きっと、多くの男性がペネロペのお色気にメロメロなのでは…と思いつつ、
オネエサンたちがこんな風にくねくね歌い踊ってくれても、
オバサン、特に嬉しくないんですけど、とか思いつつ観てた悠雅オバサンです(笑)
でももし、これが並み居る男前がずらっと出てきたら、
すっかりぽわ〜〜〜な感想書いてるでしょう。

ミュージカルにもいろんな形があるけど、
この構成な舞台ではきっと受けたでしょうねぇ。
どんなミュージカルでも楽しんでしまうわたしだけど、
こんな形の作品も好きですわ。
14. Posted by にゃむばなな   2010年03月20日 22:57
ともやさんへ

> まるで「うる星やつら」の諸星あたるのよう

あぁ〜、これ分かりますわ。
これだけ多くの美女にかまってもらえるところとか、男性としては羨ましい限りですもんね。
ちなみに私はラムちゃんよりしのぶちゃん派でした。
15. Posted by にゃむばなな   2010年03月20日 22:59
佐藤秀さんへ

ペネロペの魅力。たまりませんでしたね。
もうストリッパーでも娼婦でもいい!
あのふとももをもっと拝ませてくれ!でしたよ。
16. Posted by にゃむばなな   2010年03月20日 23:00
migさんへ

ここまでいくと、もうかしこまった感想なんて書く気ゼロですわ。
男としての喜びを残したいという思いでキーボードを打ちまくりました。
ほんと、男として生まれてよかった♪
17. Posted by にゃむばなな   2010年03月20日 23:04
くろねこさんへ

多くの女性に愛されていない男性でも、心の中は常にこんな感じですよ。

おぉ〜、くろねこさんは心情的にはマリオン・コティヤールなんですね。
やっぱり妻という立場は大変なんですね。
勉強になります。
18. Posted by にゃむばなな   2010年03月20日 23:05
latifaさんへ

ペネロペちゃんのフェロモンは年々進化してますよね。
トム・クルーズと付き合っていた頃よりも格段にセクシーになってますよ。
今後どんな色気を見せてくれるのかも楽しみです。
19. Posted by にゃむばなな   2010年03月20日 23:07
KLYさんへ

おぉ〜、もうサントラ購入済みですか!
ということは「シネマ・イタリアーノ」を聞きながら、ケイト・ハドソンのあの腰のフリを思い出せる訳ですね。
あぁ〜、羨ましい!
20. Posted by にゃむばなな   2010年03月20日 23:08
miyuさんへ

ニコール・キッドマンってどちらかというと、かわいいよりキレイな女優さんなのに、あのカツラをとった瞬間、「あっ、かわいい♪」って思っちゃいましたよ。
ほんと、女性からすればロンゲでキレイ、ショートでかわいいって反則と思ってしまうのでは?
21. Posted by にゃむばなな   2010年03月20日 23:10
オリーブリーさんへ

『(500)日のサマー』同様に、この映画は男性が喜び勇んでブログにその思いを綴るタイプの映画ですね。
もうこんな映画に出会えたことが幸せでしたよ。
22. Posted by にゃむばなな   2010年03月20日 23:11
悠雅さんへ

男性ならペネロペちゃんの色気に酔いながらも、他の6人にも完全に酔ってますよ。
それくらいにこの映画は男性にとって魅力的。
最高の映画でした。
23. Posted by YUKKO   2010年03月21日 09:48
なんか、ダニエル・デイ=ルイスのハーレム見てる気がしました。女性なので、本当に冷静に見ちゃいました。やはり男性の方たちとチョット見方が違いますね。あの太い太ももにかなりクラクラはしました。円柱みたいでした。東洋人と違うなんて思ったりしました。7タイプのイケメンなら乗れたのかな?
24. Posted by たいむ   2010年03月21日 12:18
男性陣に大サービス、な感じでしたね。
よくもまぁ〜という世界に苦笑い。大胆な女優陣アッパレでした。
25. Posted by にゃむばなな   2010年03月21日 13:43
YUKKOさんへ

女性ブロガーさんがよくイケメン集団ならと仰っていますが、多分そういう映画はあまり絵になりにくい分、ここまでのゴージャスさは出せないでしょうね。
そういうことも考えると、私は改めて男性として生まれてよかったと思いましたよ。
26. Posted by にゃむばなな   2010年03月21日 13:45
たいむさんへ

ほんと、女優陣の大胆さはアッパレでしたね。
こういう映画は我々男性には最高でした。
27. Posted by mezzotint   2010年03月22日 21:59
にゃむばななさん
今晩は☆彡
いやあ〜同性の私から見ても
あれだけの綺麗どころが登場するの
ですから。。。。ばっちり目の保養
になりました。男性にとっては、
もうもう楽園でしょうね(笑)
28. Posted by にゃむばなな   2010年03月23日 16:44
mezzotintさんへ

あれぞ大人の男が求める最高のハーレムですよ。
もう目の保養どころか、心の保養になりました。
29. Posted by 由香   2010年03月23日 17:00
こんにちは〜♪

ペネロペは色っぽかったですね〜
去年の『それでも恋するバルセロナ』でも強烈な美しさを感じましたが、こういうセクシーで可愛い女も似合うわ〜

ストーリーはあってないようなものでしたが、女優さんたちの歌のシーンに魅了されたので満足でした。特にファーギーがカッコ良かった!

30. Posted by にゃむばなな   2010年03月23日 21:36
由香さんへ

ファーギーは本当に色っぽくて、そして女性から見ると格好いいんでしょうね。
ペネロペちゃんにどうしても目が行きがちですが、ファーギーの魅力も忘れられえませんでしたよ。
31. Posted by Ageha   2010年03月23日 23:24
これだけの豪華競演がつぶしあいにならないとこがすごいですね。
しかもかなりエロティックなのが3人ほどいても
みな魅力があって、
ともすればその誰かひとりに
きゃ〜ってのぼせあがったりもして。
ホント今回は男性ブロガーさんがみな
舞い上がってる感じがしますね。
読んでて楽しい(爆)
個人的にはファーギーがすきかな。
ビ〜イタリア〜ノ・・だっけ?
エンドレスでございます。
ベネロペは照れました・・・すごすぎて。
32. Posted by にゃむばなな   2010年03月24日 16:58
Agehaさんへ

この映画は男性の目の保養だけでなく、心の保養もしっかりしてくれているところが素晴らしいですよ。
女性からは男性の「目の保養」ばかりを話題に出されますが、実はみんなファーギーにもペネロペ・クルスにも心を癒されているんですよ。
33. Posted by えめきん   2010年04月10日 09:07
圧巻のミュージカルシーンはどれも素晴しかったですね。映画館の大迫力サラウンドで興奮もひとしおでした。
ミュージカルが良かった分、話の単調さが気になりました。映画監督のグイドがひたすらスランプに悩まされるだけの展開は正直退屈でしたね。彼を支える女性たちからインスピレーションを受けて映画を面白くしていく、という展開の方が好みでした。
34. Posted by にゃむばなな   2010年04月10日 13:28
えめきんさんへ

ミュージカルを楽しむにはやはりストーリーはある程度単調なのがいいのかも知れませんね。
私は結構この映画は男性心理を巧く描いていたと思いましたよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載