2010年03月20日

『マイレージ、マイ・ライフ』

マイレージ、マイ・ライフ自分なりの夢、自分なりの生き方。それが「マイレージ、マイ・ライフ」。
リストラ宣告人として年間322日も全米を飛び回るライアンの心境の変化を描いたこの映画は、ある程度社会の厳しさを知った大人だけが共感できる大人の映画。特に人生に迷っている方は必見です。

ジョージ・クルーニー、ヴェラ・ファーミガ、アナ・ケンドリックというオスカー候補の3人が見せるアンサンブルがとにかく素晴らしいこの映画。中でも女優陣2人が見せる名演は甲乙付け難しで、仮にこの映画が助演女優賞でオスカーを受賞するなら絶対にオスカー像は2体必要だったでしょう。

そんな3人が演じるライアン、アレックス、ナタリーという人物像も決して特別な存在ではなく、社会で働いたことのある大人のみなさんなら一度は出会ったことのあるキャラばかりだと思うんですよね。

例えば「バックパックに入らない人生の荷物は一切背負わない」という哲学で動いているライアン。彼は空港での所作からも完全に自分のやり方というのを構築できていて、それでたくさんの経験も得ている、いわゆる大人。
そんな彼にとって1000万マイルを貯めるというのは始めは単なるちょっとした楽しみだったはず。

一方、情熱と正論と理論で会社に新風を吹き込もうとしたナタリーは、社会の厳しさや人としての温かさもまだまだ分かっていない、いわゆる学生ちゃん。
そりゃ空港にでっかい旅行カバンを持って現れたり、現場で仕事すればリストの多さにげんなりしてしたり、リストラを宣告した黒人女性が自殺したと知って挙句にショックで仕事を辞めるのも、まだまだ仕事の「し」の字も分かっていない証拠であり、そんな彼女がメールで彼氏から別れを宣告されるのはある意味社会の厳しさが生み出す皮肉。

そしてライアンと割り切りの関係を築きながらも実は家族持ちでもあるアレックスもまた彼と同じ大人なんですけど、でも彼女はライアンとは違ったタイプの大人というか、彼女こそ本当の意味での大人なんでしょうね。

というのも本当の意味で大人になるということは自分を抑えることではなく、「自分なりの夢」を持って「自分なりの生き方」で生きることだと思うのです。
そう考えると理想の彼氏を追って一度はいい就職先を蹴ったナタリーは実力と自信があっても自分なりの夢と生き方がないからあのリストラ宣告会社を辞めちゃう子供であり、また「1000万マイルを貯める」という目標を夢だと勘違いしたライアンもその目標の先に夢見るものがないから、ナタリーの言葉に動かされ、アレックスに会いにシカゴに行って凹み、そして渋いサム・エリオット機長に住まいを聞かれると「ここ(飛行機)だ」と答えてしまう、見かけだけの大人。

ですから本当の意味で大人な生き方をしているのはアレックスであり、シカゴでライアンはガッカリでしたけど、でもあれはライアンとナタリーが勝手に勘違いしているだけであって、アレックスはアレックスで好きなように生きて幸せを感じているんですよね。

ライアンの妹とその婚約者が不動産ビジネスに投資し、行けなくなった新婚旅行の代わりにあんな写真を集めるのも彼らなりの生き方であり、夢なんでしょう。「僕の副機長になってくれ」という言葉に私が共感できなくても、それであの2人が幸せを感じれるなら、それは彼らが大人になった証拠でもあると思うのです。

誰かのように幸せに生きたいと思うのは勝手ですが、でもそれは所詮他人様から借りた夢であり、生き方。そこに自分の幸せは存在しないんですよね。
だからこそ妹夫婦にマイルをプレゼントしたり、ナタリーに推薦状を書いてあげたりすることで幸せを感じれるなら、それもまたライアンなりの生き方なんでしょう。あと100万マイル貯めてもう一度1000万マイルを達成するために飛行機に乗りながら、自分なりの夢を探すのもまた彼なりの生き方なんでしょう。

リストラされる人たち一人一人の人生模様を投影するかのようにインタビュー形式で見せながらも、J.K.シモンズのくだりで「自分なりの夢」と「自分なりの生き方」を具体的に見せるジェイソン・ライトマン監督の演出の巧さに唸りつつも、帝国の英雄たちもスポーツ選手も「自分なりの夢」を追って「自分なりの生き方」で生きているからこそ、いつまでも子供たちの憧れでいる。それが本来の大人の在り方ではないかと思いながら、自分の人生を改めて考え直させてくれる、何歳になっても見たい大人の秀作でした。

深夜らじお@の映画館は全裸でネクタイを腰紐代わりに巻いたヴェラ・ファーミガが大好きになりました。

この記事へのトラックバック

1. マイレージ、マイライフ  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2010年03月21日 16:34
公式サイト。ジェイソン・ライトマン監督、ジョージ・クルーニー、ジェイソン・ベイトマン、ヴェラ・ファーミガ、アナ・ケンドリック、ダニー・R・マクブライド、エイミー・モートン、メラニー・リンスキー、サム・エリオット、J・K・シモンズ。原題のUp In the Airは未決定....
2. マイレージ、マイライフ  [ そーれりぽーと ]   2010年03月21日 19:12
今年のアカデミー賞では元夫婦対決に話題が集中してたせいで影が薄くなってたけど、実は作品賞、監督賞、主演男優賞、助演女優賞×2人の計5つのノミネートされるも、全部逃してた影の秀作『マイレージ、マイライフ』を観てきました。 ★★★★★ おおおおおおもしれー。 お...
3. 『マイレージ、マイライフ』  [ ラムの大通り ]   2010年03月21日 20:47
(原題:Up in the Air) -----これなんという曲? いいニャあ。 (※注:いまアメリカ・オフィシャル)を開いています)。 「アカデミー賞主要5部門6ノミネートの話題作 『マイレージ、マイライフ』の主題歌『Help Your Self』。 もそうだったけど、アイバン・ライトマン...
4. マイレージ、マイライフ  [ マイレージ、マイライフ: LOVE Cinemas 調布 ]   2010年03月21日 20:52
アカデミー賞作品賞を含む主要5部門で6ノミネート、一時は本命視された作品。世界的な大不況の中、特にアメリカの現代を描く人間ドラマだ。主演は主演男優賞ノミネートのジョージ・クルーニー。共演の女優二人は共に助演女優賞にノミネートされた『エスター』のヴェラ・フ...
5. マイレージ、マイライフ  [ ともやの映画大好きっ! ]   2010年03月21日 22:15
(原題:UP IN THE AIR) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 第35回LA映画批評家協会賞、脚本賞受賞(ジェイソン・ライトマン/シェルドン・ターナー)。 第75回NY映画批評家協会賞、主演男優賞受賞(ジョージ・クルーニー)。 第67回ゴールデングローブ賞、脚...
6. マイレージ、マイライフ  [ 小部屋日記 ]   2010年03月22日 10:23
Up in the Air (2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:ジェイソン・ライトマン 出演:ジョージ・クルーニー/ヴェラ・ファーミガ/アナ・ケンドリック/ジェイソン・ベイトマン あなたの“人生のスーツケース” 詰め込みすぎていませんか? 「JUNO/ジュノ」「サンキュー...
7. マイレージ、マイライフ  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2010年03月22日 19:48
 『あなたの”人生のスーツケース” 詰め込みすぎていませんか?』  コチラの「マイレージ、マイライフ」は、年間322日も出張で飛び回るマイレージ依存症のリストラ宣告人ライアン・ビンガム(ジョージ・クルーニー)が、人とのつながりを求めずに生きて来た人生をふと...
8. 『マイレージ、マイライフ』・・・背負う荷物はほどほどに  [ SOARのパストラーレ♪ ]   2010年03月22日 22:03
冒頭、リストラを宣告される人たちの反応を続け様に見せられる。怒り出す者、泣き出す者、すがる者。あくまで映画という作り話の世界ながら、平凡サラリーマンの私には彼らが会社へのこれまでの貢献を必死にアピールする姿がなんとも痛々しくて・・・。
9. マイレージ、マイライフ/ UP IN THE AIR  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2010年03月22日 22:20
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 先日のアカデミー賞で、作品賞、監督賞、主演男優賞、助演女優賞×2など 主要部門最多5部門6ノミネートで話題だった1本。 どちらも面白かった「サンキュー・ス...
10. マイレージ、マイライフ/Up In The Air  [ 描きたいアレコレ・やや甘口 ]   2010年03月23日 08:09
バックパックに入らない人生の荷物はいっさい背負わない。by ライアン・ビンガム。 ジョージ・クルーニーさんはずっと独身貴族でいい、と??..
11. マイレージ・マイライフ  [ 象のロケット ]   2010年03月23日 09:20
年間出張322日。 全米中を飛び回り、企業のリストラ対象者に解雇を通告する“リストラ宣告人”、ライアン・ビンガム。 夢の目標1000万マイル達成だけが彼の存在証明。 「バックパックに入らない荷物はいっさい背負わない」主義で生きてきた彼の“心のマイル”は限りなくゼ...
12. 映画『マイレージ、マイライフ』劇場鑑賞  [ 続・蛇足帳〜blogばん〜 ]   2010年03月24日 23:05
 久しぶりに映画館へ行って来ました。観て来たのはジョージ・クルーニー主演の『マイレージ、マイライフ(英題:UP IN THE AIR)』です。  本...
13. 『マイレージ、マイライフ』の宙ぶらりん人生  [ 映画のブログ ]   2010年03月25日 06:45
 退職を勧告するのは命がけである。  クビになる従業員が、勧告を冷静に受け止めるとは限らない。  米国在住歴の長い吉田耕作氏は語る??..
14. 「マイレージ、マイライフ」TOHO シネマズ梅田  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2010年03月25日 11:50
「ジュノ」のジェイソン・ライトマン監督の新作です。アカデミー賞は5部門6ノミネートされましたが、受賞は出来ませんでした。あらすじ 年間322日も出張し、結婚もせずひたすら1000万マイルのマイレージ目指して、飛行機に乗るライアン・ビンガム(ジョージ・クルーニー)は、....
15. ★「マイレージ、マイライフ」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2010年03月25日 23:18
今週の平日休みは、TOHOシネマズららぽーと横浜で2本観てきました。 その1本目。 オスカーでは5部門にノミネートされてた、ジョージ・クルーニー主演作。 監督は「サンキュー・スモーキング」「JUNO」のジェイソン・ライトマン。
16. マイレージ、マイライフ  [ 心のままに映画の風景 ]   2010年03月26日 03:42
年間322日間出張している“リストラ宣告人”ライアン・ビンガム(ジョージ・クルーニー)の目標は、マイレージを1000万マイル貯めること。 彼...
17. 「マイレージ、マイライフ」感想  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2010年03月27日 20:33
リストラ宣告人という職業があるのか・・・と、なんだか心痛みました・・・。
18. 『マイレージ、マイライフ』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2010年03月29日 08:29
  □作品オフィシャルサイト 「マイレージ、マイライフ」□監督・脚本 ジェイソン・ライトマン □脚本 シェルダン・ターナー □原作 ウォルター・キルン □キャスト ジョージ・クルーニー、ジェイソン・ベイトマン、ヴェラ・ファーミガ、アナ・ケンドリック、ダ...
19. それでも人生は続く・・・。『マイレージ、マイライフ』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2010年03月29日 10:09
企業からの依頼でリストラ宣告をする為にアメリカ中を飛び回るひとりの独身男性の物語です。
20. マイレージ、マイライフ [映画]  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2010年03月30日 13:04
【UP IN THE AIR】 2010/03/20公開 アメリカ 109分監督:ジェイソン・ライトマン出演:ジョージ・クルーニー、ヴェラ・ファーミガ、アナ・ケンドリック、ジェイソン・ベイトマン、ダニー・マクブライド、メラニー・リンスキー、エイミー・モートン、サム・エリオット、J....
21. マイレージ、マイライフ  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2010年03月31日 19:45
2010年3月30日(火) 20:45?? TOHOシネマズ日劇2 料金:1300円(シネマイレージデイ) パンフレット:未確認 『マイレージ、マイライフ』公式サイト 企業の上司に代わりクビを宣告するリストラ請負会社のエリート社員、遅れてきたスター、ジョージ兄貴。全米いたると...
22. 〜『マイレージ、マイライフ』〜 ※ネタバレ有  [ 〜青いそよ風が吹く街角〜 ]   2010年04月02日 00:14
2009年:アメリカ映画、ジェイソン・ライトマン監督、ジョージ・クルーニー、ジェイソン・ベイトマン、ヴェラ・ファーミガ、アナ・ケンドリック、ダニー・マクブライド出演。
23. [映画『マイレージ、マイライフ』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2010年04月03日 00:58
☆近所の<MOVIX昭島>や<ワーナーマイカル日の出>・<ワーナーマイカル武蔵野ミュー>で公開されている作品は軒並み観てしまったか、その他のは、あまりにも下らなさそうなので、<立川シネマシティ>まで、面白そうなのを観に行った。    ◇  ・・・ジョージ...
24. マイレージ、マイライフ  [ 5125年映画の旅 ]   2010年04月03日 07:49
彼の名前はライアン・ビンガム。一年で322日出張し、その飛行距離は月よりも遠い35万マイル。みんなが嫌がる出張生活も、彼にとってはくつろげる我が家のようなもの。リストラ宣告人である彼の前に現れた期待の新人ナタリー。上司はライアンに、出張にナタリーを同行...
25. No.212 マイレージ、マイライフ  [ 気ままな映画生活 ]   2010年04月03日 16:22
自分の人生を振りかえってしまうほどの作品でした。 慌ただしい生活の中で、足を止めて詰め込んだ荷物、 ”重荷”を全て捨て去り、身を軽くしてしまい、 自由になりた〜いと観賞後は考えてしまった。
26. マイレージ、マイライフ 寅さんのような映画  [ 映画 大好きだった ]   2010年04月03日 17:18
久しぶりに劇場での観賞。っていうか家でも最近観てないなぁ。「ピースメイカー」を劇場で見て以来、ジョージ・クルーニーファンの僕。この映画でも、空港やいろんなところを颯爽と歩いていたシーンが絵になっており、足が長くてかっこいいなぁ〜 なんて思いながら観てた。....
27. 『マイレージ、マイライフ』   [ +Paraiso*Caprichoso+ ]   2010年04月05日 01:28
マイレージ、マイライフ以前ブログでも紹介したけど覚えてるかな?一応、なんちゃってマイラーなあたしとしてはタイトルに”マイレージ”って言葉が入っているだけで注目しちゃったんだけどこの映画はそれよりももっともっと違うことがテーマなのあらすじ主人公...
28. マイレージ、マイライフ  [ Movies 1-800 ]   2010年04月05日 21:44
Up in the Air (2009年) 監督:ジェイソン・ライトマン 出演:ジョージ・クルーニー、ヴェラ・ファーミガ、アナ・ケンドリック 解雇通告請負人としてアメリカ中を旅している男の物語。 アメリカ人が最も尊ぶ家庭というものに全く興味を示さず、1年のうち300日以上は出張に...
29. 映画<マイレージ、マイライフ>  [ 美味−BIMI− ]   2010年04月09日 11:16
彼の名前は、 ライアン・ビンガム。 1年で322日出張し、 その飛行距離は月よりも遠い35万マイル。 みんなが嫌がる出張生活も、 彼にとっては寛げる我が家のようなもの。   この文句に惹かれて、見に行った映画でした。 旅行好きのみゅうみゅうは、半...
30. マイレージ、マイライフ・・・・・評価額1650円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2010年04月09日 22:30
リストラ宣告人の心の旅。 「JUNO」のジェイソン・ライトマン監督は、軽妙ながら極めて現代性の高い、味わい深い作品を世に送り出した。 これ...
31. 『マイレージ、マイライフ』 Up in the Air  [ *モナミ* SMAP・映画・本 ]   2010年04月16日 09:47
いやぁ面白かった。 実際、時々笑い声が上がるくらいに、面白かったのだけれど。 人生という名のバックパックはあくまでも軽く。 全てを背負い込む必要はない。 中でも人間関係は、一番重い荷物。 そんなもの、背負う意味や必要があるの? と豪語する、敏腕リス...
32. 「マイレージ、マイライフ」  [ クマの巣 ]   2010年04月16日 12:06
「マイレージ、マイライフ」、観ました。 リストラを言い渡す仕事で年間322日間もと全米を飛び回る中年男性のライアン。華麗に、ダークに...
33. マイレージ、マイライフ  [ メルブロ ]   2010年04月21日 23:43
マイレージ、マイライフ (原題:UP IN THE AIR)310本目 2010-14 上映時間 1時間49分 監督 ジェイソン・ライトマン 出演 ジョージ・クルーニー(ライアン・ビンガム)      ヴェラ・ファーミガ(アレックス・ゴーラン)      アナ・ケンドリック(ナタリー・キ...
34. 宙ぶらりんの僕の人生〜『マイレージ、マイライフ』  [ 真紅のthinkingdays ]   2010年04月23日 21:17
 UP IN THE AIR  リストラ宣告人のビンガム(ジョージ・クルーニー)は年間322日も出張し、 1000万マイル貯めることだけを目標に生きる独身...
35. マイレージ、マイライフ  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2010年04月25日 05:56
 『マイレージ、マイライフ』を渋谷のヒューマントラストシネマで見ました。  この映画がゴールデングローブ賞(脚本賞)を受け、アカデミー賞の作品賞などにノミネートされたこともあって、見に行ってきました。 (1)JAL問題が世間を大きく騒がせているときに、“マイレー...
36. 「マイレージ、マイライフ」   up in the air  [ 俺の明日はどっちだ ]   2010年05月10日 08:31
・ 実際にそんな仕事があるのかわからないけれど「敏腕リストラ宣告人」として全米を飛び回り、家族や煩わしい人間関係を避け自由気ままに人生を謳歌していた主人公が、対照的な二人の女性との出会いをきっかけに、それまでの自分の生き方や人との係わり合いを見つめ直してい...
37. マイレージ、マイライフ  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2010年05月11日 14:37
数限りない出張をこなし、“仕事も人生もバックパックに入らないものは背負わない”をモットーに生きてきた男の人生の転機を、軽妙なタッチで描くジェースン・ライトマン監督作。 『サンキュー・スモーキング』で長編映画監督デビュー。 2作目の『JUNO/ジュノ』ではア....
38. マイレージ、マイライフ  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   2010年05月21日 00:49
ジョージ・クルーニー演じるリストラ宣告人が、大学を出たばかりの新入社員に反対にリストラされそうになる。その二律背反の設定から繰り広げられる物語は、興味深い人間ドラマになった。男の方が不器用に描かれているのも愉快だ。
39. 『マイレージ、マイライフ』’09・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   2010年05月22日 23:00
あらすじライアン・ビンガム。職業・凄腕リストラ請負人。企業に雇われて余剰人員に引導を渡すため全米を駆け巡り、年間出張322日。飛行機とホテルが愛する我が家だったが・・・...
40. マイレージ、マイライフ  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   2010年06月02日 13:29
マイレージ、マイライフ’09:米◆原題:UP IN THE AIR◆監督:ジェイソン・ライトマン「JUNO/ジュノ」「サンキュー・スモーキング」◆出演:ジョージ・クルーニー、ジェイソン・ベイトマン、ヴェラ・ファーミガ、アナ・ケンドリック、ダニー・マクブライド◆STORY◆年間...
41. mini review 10487「マイレージ、マイライフ」★★★★★★★☆☆☆  [ サーカスな日々 ]   2010年09月21日 23:07
『JUNO/ジュノ』でその才能を高く評価されたジェイソン・ライトマン監督がジョージ・クルーニーを主演に迎えて描く人間ドラマ。『サムサッカー』の原作者でもあるウォルター・キルンの同名小説を基にリストラ担当として全国を駆け巡る男の、一見身軽そうだが実はそうでもない...
42. 映画:マイレージ・マイライフ Up in the air クルーニー好き「必見」のハマリ役  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2010年09月23日 11:33
アカデミー賞発表後に受賞作をみると、どうしてもその受賞事実に影響されてしまうかもな自分が嫌い。 なので、「ハート・ロッカー」もなんとか発表前に駆け込んだのだが、今日は気楽(笑) というのは、アカデミー賞ノミニーだけで終わってしまった「マイレージ・マイライフ...
43. 映画『マイレージ、マイライフ』を観て  [ KINTYRE’SDIARY ]   2010年11月09日 06:50
10-23.マイレージ、マイライフ■原題:UpInTheAir■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:109分■鑑賞日:4月18日、新宿武蔵野館(新宿)■予告編□監督・脚本・製作:ジ...
44. 【映画】マイレージ、マイライフ…の記事と内視鏡検査初体験  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2010年11月21日 22:34
昨日2010年10月4日(月曜日)、内視鏡検査というのを人生初で体験してまいりました…いわゆる胃カメラ で、その感想なんですけど…ほと...

この記事へのコメント

1. Posted by 佐藤秀   2010年03月21日 16:46
>スティーブン

ってライアンのことでしょう?
2. Posted by にゃむばなな   2010年03月21日 17:31
佐藤秀さんへ

ご指摘ありがとうございます。
訂正しときました。
3. Posted by えい   2010年03月21日 20:51
こんにちは。

あまり<大人>という言い方は
自分には合わないのですが、
確かにこの映画ではアレックスの前では、
ライアンは自分は大人と思っている子供だったと思います。
また、そこがこの映画のいちばんオモシロかったところで、
形は違うけど、
自分は特別と思いこんでいる人々の気づきとへこみを描いたという意味で、
アメリカン・ニュー・シネマを思いだしました。
特に『アリスのレストラン』と『真夜中のパーティ』です。
4. Posted by KLY   2010年03月21日 21:13
いますよね、ナタリーのように現場の何たるかも解ってない机上の空論だけの学生気分が抜けない素人くん。(笑)
にしても3人とも上手い上に脚本も良い。ある意味イラク戦争より身近に感じる人だって多いだろうにと思います。これも紛れもなく現代アメリカを切り取った作品でした。個人的には『ハート・ロッカー』よりこちらに脚本賞をあげたかったです。
5. Posted by にゃむばなな   2010年03月21日 21:37
えいさんへ

> 形は違うけど、自分は特別と思いこんでいる人々の気づきとへこみを描いたという意味で、アメリカン・ニュー・シネマを思いだしました。

これは凄くよく分かります。確かにそうですもんね。

> 特に『アリスのレストラン』と『真夜中のパーティ』です。

この2作品は未見なので、是非見てみたいと思いますよ。
6. Posted by にゃむばなな   2010年03月21日 21:40
KLYさんへ

ほんと、結局この映画はアカデミーでは無冠で終わっちゃったんですよね。
私も同じく脚本賞はこの映画が受賞してほしかったですね。

特に話の内容が全世界共通兼どの時代でも通ずるものだけに、『ハート・ロッカー』と同じ時期でなければ・・・と思いましたよ。
7. Posted by ともや   2010年03月21日 22:39
こんばんは、にゃむばななさん♪
シニカルな雰囲気がスゴい好きな映画です。
これがオスカー取れないとはね〜。
(確か前回の「JUNO/ジュノ」でもオスカー逃してるんですよね)
ちょっとコミカルなクルーニーは好きじゃないんですが、この作品では何かハマリ役でしたね〜♪
8. Posted by アイマック   2010年03月22日 10:49
こんにちは!
なかなかの秀作でしたね。
3人の演技がよくて楽しめました。
アレックスはほんとの大人なんだろうね。
ライアンはまだかわいい。ジョージ・クルーニーが時折みせる笑顔が少年みたいでした。笑
子供たちがスポーツ選手に憧れる理由など、唸らせるものがありました。
9. Posted by にゃむばなな   2010年03月22日 15:20
ともやさんへ

『JUNO』も作品賞にノミネート止まりでしたね。
共に現代をシニカルに、でもコミカルに描いた秀作。
そろそろこの監督にもオスカーを!と思いますよ。
10. Posted by にゃむばなな   2010年03月22日 15:31
アイマックさんへ

アレックスの生き方。あれが本当の意味での大人の生き方なんでしょうね。
そりゃライアンから見れば云々はあるかも知れませんが、子供たちがスポーツ選手に憧れる理由などを改めて考えると、これが大人のあるべき姿の一つなんでは?と思いました。
11. Posted by SOAR   2010年03月22日 22:03
ナタリーのキャラがよかったですね。新人らしからぬ堂々とした態度で弁も立つ彼女も、出張先では時に冷静さを失ったり弱さを見せたり。
単なるエリートニューフェイスではない設定が面白く、それでいてリアルに感じました。
12. Posted by にゃむばなな   2010年03月23日 16:46
SOARさんへ

ナタリーのキャラはリアルでしたよね。
あの小生意気なところも、現実を知ってショックを受けるところも。
ああいうキャラがいることで、ストーリーそのものにもリアリティーが生まれますよね。
13. Posted by ななんぼ   2010年03月24日 23:38
こんばんは。

ライアンとアレックスて一見似た者同士に見えましたが、アレックスの方が現代的で強かでしたね。なんか、彼女が今の現代社会の象徴のような感じがしました。
しかし、あの腰巻きネクタイのセクシィな姿は羨ましい(笑)

ラストがハッピー♪とならないところが妙にリアルで、ライアンと同じ独身貴族を謳歌している自分には遣る瀬無かったです。うう…
14. Posted by YUKKO   2010年03月25日 11:47
ライアンやライアンの妹の旦那の凹み方が可愛くて、抱きしめたくなりました。母性本能くすぐられて、男性の可愛さ満載でした。アレックスの生き方はいいとこどりみたいで、「今に手痛いしっぺ返しがあるよ」と言いたい!ナタリーにはとにかく頑張って!と 言いたかった。あんなに、希望に満ちあふれてる時期が懐かしいです。
15. Posted by にゃむばなな   2010年03月25日 17:26
ななんぼさんへ

>あの腰巻きネクタイのセクシィな姿は羨ましい(笑)

あの後ろ姿は男心を大いにくすぐるものでしたよ。
男性としてあれはたまりませんでしたね。

ああいうセクシーな女性が現代社会の象徴というのも納得です。
16. Posted by にゃむばなな   2010年03月25日 17:29
YUKKOさんへ

アレックスの生き方は彼女なりの巧い生き方なんでしょう。多分あの生き方はしっぺ返しが来ても、それも覚悟のうえというようなものと思いますね。
ライアンはアレックスと比べても、その辺りの自分の生き方に対する覚悟みたいなものがちょっと足りなかったのかも?ですね。
17. Posted by オリーブリー   2010年03月26日 19:03
こんばんは。

私もアレックスが大人の中の大人なんだと思います。
あの割り切りは、無理をしているのではないですものね。
何しろ裸体にネクタイが似合う女性ですもん!!(笑)

リストラされる人たちも含め、登場人物、誰にでも自分を投影できるのでは、と思いました。
人生の転換期、荷物チェックしてみるのも良いかな〜と。
18. Posted by にゃむばなな   2010年03月26日 20:11
オリーブリーさんへ

ほんと、裸体にネクタイが似合うアレックスこそ大人の中の大人ですよね。
あのセクシーさはナタリーのようなお子ちゃまにはまだ出せない色気ですもん。

なんかこの映画を見ると、自分の人生にもそろそろ転換期が必要かな?って思いました。
19. Posted by dai   2010年03月27日 19:26
こんばんは★

非常にシニカルながら、
いろいろと考えさせられる映画でした。
それにしてもリストラ宣告人なんていう職業があるとはなんともアメリカらしいなあなんて思ってしまいました。
20. Posted by latifa   2010年03月27日 20:37
にゃむばななさん、こんばんは★
人生の副操縦士〜は、にゃむばななさん的には、う〜ん・・という感じだったのでしょうか^^ 私も特に・・。ナイス〜とも思わなかったし、それはちょっとな、とも思わなかったので、なんか微妙・・・な感じでした。

良いお話なんだけれど、私は気楽に生きるのも悪くないんじゃ?とか思っちゃっいました・・・。あの妹、将来離婚しなきゃいいけど・・なんて余計な心配もしちゃった。
21. Posted by にゃむばなな   2010年03月27日 20:42
daiさんへ

リストラって普通は企業の責任なんですから役職者が責任を持ってすべきなのに、ほんとアメリカっておかしな国ですよね。
でもこういう職業もある意味アメリカらしいんですけどね。
22. Posted by にゃむばなな   2010年03月27日 20:46
latifaさんへ

私は別にあのセリフに妹夫婦の将来に対する不安を感じたとかではなく、あの場面であの言葉を選ぶ彼のセンスは決していいセンスとは言えないまでも、あれはあれで彼らしくていいのだろうと思っただけなんですよ。
まぁ私ならあんなセリフは選びませんけど、あの夫婦があれで幸せを感じれるのならそれでいいと思いますよ。
23. Posted by yukarin   2010年03月30日 13:20
アレックスが一番大人な生き方をしてましたよね。
なーんかジョージ・クルーニーが可愛く思えてしまった^^;
3人の演技がうまいこともあって面白く観られました。
24. Posted by にゃむばなな   2010年03月30日 17:42
yukarinさんへ

ほんと、主役3人はアカデミー候補になるだけあって、見事でしたよね。
特にジョージ・クルーニーは彼ならではな雰囲気だと思いました。
25. Posted by えめきん   2010年04月03日 07:55
深い映画でした。人が大人に成長する時には痛みを伴うものなんですね。ライアンの痛みは実に痛烈なものでしたが、それがあるから彼は次の一歩を踏み出せるんでしょうね。

ちなみに「裸でネクタイを腰紐代わりに巻いたヴェラ・ファーミガ」には僕もノックアウトです(笑)。
26. Posted by にゃむばなな   2010年04月03日 13:44
えめきんさんへ

本当にこれは大人になると深く心に響く映画でしたよね。

> ちなみに「裸でネクタイを腰紐代わりに巻いたヴェラ・ファーミガ」には僕もノックアウトです(笑)。

ですよね!そうですよね!あれはたまりませんでしたね!
27. Posted by シムウナ   2010年04月04日 20:05
TB有難うございました。
この映画観賞後に、思わず自分の重荷を
全て捨て去って、必要最小限の人間関係、
絆を深めたいと考えてしまいました。
現代社会に蔓延している問題を上手く物語に
反映していていました。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】〜と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
28. Posted by にゃむばなな   2010年04月04日 21:35
シムウナさんへ

この映画は人間関係が時に重荷にも感じる大人の映画でしたね。
本当に巧い脚本と巧い役者陣でした。
29. Posted by Eureka   2010年04月05日 01:27
はじめまして♪

この映画は人生経験を有る程度積んだ
もしくは積んだつもりでいるオトナのための映画なんでしょうね。

この監督の映画は初めてだったのですが
気に入ってしまいました。
ストーリーそのものはけして
重苦しいものじゃないのに
見終わった後に、じっくり独りで
考えたくなる映画って好きです。

旅好きとしては、世界を旅するカエルエピを彷彿させるネタが仕込まれてあって嬉しかったです♪

30. Posted by にゃむばなな   2010年04月05日 12:13
Eurekaさんへ

この監督はサラブレットでありながら、父親以上にいい映画を撮られるんですよ。
『JUNO』や『サンキュー・スモーキング』もオススメですよ。
笑いを混ぜつつ、しっかりとしたメッセージ性のある作品ばかりですから。
31. Posted by ノラネコ   2010年04月10日 23:21
ライアンに近い世代としては身につまされる一本でしたが、見終わって思うのは、やはり女は強いなあという事。
この映画の中で一番したたかで、一番確固たる生き方をしてるのはアレックスですからねえ。
ラストのライアンの姿が何ともわびしかった。
32. Posted by にゃむばなな   2010年04月11日 16:24
ノラネコさんへ

本当に女性は強いですわ。
こういう映画を見ると、ロマンティストってやはり女性ではなく男性なんだなと思いますよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載