2010年04月23日

『ウルフマン』

ウルフマンクラシックホラーとVFX。怪優アンソニー・ホプキンスと名優ベネチオ・デル・トロ。まさに新旧が巧く融合した映画でした。
まぁ脚本に目新しさは特にないものの、クラシックホラーの雰囲気を大事にした演出と狼男への見事な変身シーンに、ホラーサスペンスなのに妙に安心しながら見ることのできましたよ。

1941年の古典作品『狼男』のリメイクにVFXを融合させたこの作品。
まず何と言ってもローレンスが狼男へと変貌していくシーン、特に学会の場で車椅子に縛られたローレンスの指が折れ曲がり、靴を破るほど足が膨らんでいく変貌ぶりは見応え十分でたまりませんでしたね。

古典作品では技術面で描くことができず、カット割で対応せざるを得なかったリアルタイムに変貌する様。これを脚本家アンドリュー・ケビン・ウォーカーと作曲家ダニー・エルフマンによる『スリーピー・ホロウ』に通ずる安定した調和を持つホラー要素の世界観の中でVFXでリアルに見せていく面白さ。
まさに今後もこのような形でクラッシクホラーがリメイクされていく。そんな気がしましたよ。

またそんな狼男の恐ろしさを、『ジュマンジ』や『ジュラシック・パーク掘戮茲蠅癲悒▲ぅ▲鵝Ε献礇ぅ▲鵐函戮『遠い空の向こうに』が代表作であると断言したいほど大空に強い憧れを抱いている我らがジョー・ジョンストン監督がクラシックホラーの雰囲気を重んじた演出で見せてくれるところも面白いです。
特にロンドンの街中を走る狼男の顔をドアップにしたり、終盤での狼男同士の対決を少し早回しのような演出で見せてくれるところなど、妙に楽しかったりしましたからね。

ただ本当にこの脚本は目新しさが特にないんですよね。ですからグエンがどうしたとか、アバライン警部が今後どうなるとかは基本不問のまま。真犯人が誰で、どういう経緯とかも驚きは全く無し。

でもだからこそ逆に目立ってくるのが怪物顔のベネチオ・デル・トロの人間から獣になる達者な演技であったり、怪優アンソニー・ホプキンスとの対峙シーンなんですよね。
特に現代版にリメイクされた『ウルフ』のジャック・ニコルソンよりは人間顔なのに、ジャック・ニコルソンよりも凶暴に見えるベネチオ・デル・トロの変貌ぶりはさすが。

さらにラストでハンニバル・レクターの雰囲気たっぷりのアンソニー・ホプキンスと対峙するシーンでは、まるで新旧モンスター俳優対決みたいで、ベネチオ・デル・トロもいつかはアンソニー・ホプキンスみたいに「ニヤッ」と笑いながら猟奇殺人犯とか演じるのかなと思いましたよ。
あっ、でも彼なら「ニヤッ」よりも「フッ」の方が似合うかも?

てな訳で大空に強い憧れを持つジョー・ジョンストン監督だけにまさか狼男が空を飛んだりしないかと心配でしたが、そんなシーンなど全くなく、むしろ夜空に浮かぶ満月が常に狼男を見守っているかのように描く様に、この監督は昼夜関係なく「月」や「空を飛ぶ」など大空に関係することが大好きなんだなと思いました。

深夜らじお@の映画館はこういう雰囲気の映画が好きです。


この記事へのトラックバック

1. 『ウルフマン』  [ ラムの大通り ]   2010年04月23日 22:21
※ちょっと辛口な部分もあります。各ファンの方はスルーしてください。 (原題:The Wolfman) 「いやあ一瞬勘違い。 これって(チャック・コナーズ)の テレビ『ライフルマン』を映画にしたものかと…」 ----そんなことあるはずないじゃニャい。 ん?その言い方からすると...
2. ウルフマン  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2010年04月23日 23:34
1941年公開の著名な古典作品『狼男(原題:The Wolf Man)』のリメイク。満月の光を浴びて狼男に変身した主人公が己の罪に苦悩するサスペンスホラーだ。主演は2人のオスカー俳優、アンソニー・ホプキンスベニチオ・デル・トロ。共演に『ヴィクトリア女王 世紀の愛』の...
3. 「ウルフマン」は19世紀版アルカーイダ?  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2010年04月23日 23:42
公式サイト。1941年の「狼男」(原題は同じTHE WOLFMAN)。ジョー・ジョンストン監督、ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラント、ヒューゴ・ウィーヴィング。 「シャーロックホームズ」と同じ19世紀末の科学とオカルトが入り混じったロンドンなどが....
4. ウルフマン /THE WOLFMAN  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2010年04月24日 00:17
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click デルトロが狼男ってそのままでもイケそう!?失礼{/m_0162/} 1941年に製作された古典ユニバーサル・モンスター映画「狼男」をベニチオ・デルトロ主演、 「ジュラ...
5. ウルフマン  [ 象のロケット ]   2010年04月24日 10:59
19世紀末、英国。 生家タルボット城があるブラックムーアの村へ25年ぶりに帰郷した人気俳優のローレンスは、無残に切り裂かれた兄の遺体と対面する。 犯人の探索中に流浪民(ジプシー)のキャンプで謎の殺人鬼の襲撃を受けた彼は、瀕死の重傷を負うが、あり得ない早さで回...
6. ウルフマン(2010年)  [ ともやの映画大好きっ! ]   2010年04月24日 12:47
(原題:THE WOLFMAN) 【2010年・アメリカ】完成披露試写で鑑賞(★★★☆☆) 1941年に公開されたユニバーサルの古典モンスター映画「狼男」をリメイク。 行方不明になり不審な死を遂げた兄の死を調査する、舞台俳優の男に降り掛かる恐怖を描いたサスペンス・ホラー。 18...
7. 劇場鑑賞「ウルフマン」  [ 日々“是”精進! ]   2010年04月24日 14:08
 「ウルフマン」を鑑賞してきました「トラフィック」のベニチオ・デル・トロと「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスの2大オスカー俳優共演で贈るホラー・サスペンス。ユニバ...
8. ウルフマン  [ Lovely Cinema ]   2010年04月24日 16:07
JUGEMテーマ:映画館でみました!今宵は満月。月が欠けるまで、悲鳴が止まらない。
9. ウルフマン  [ そーれりぽーと ]   2010年04月24日 16:25
「タイトル『狼男』でいいやん」 『ウルフマン』を観てきました。 ★★★★ ぜーんぜん期待してなかったけど、意外と面白かった。 モンスターホラー映画の古典を最新のVFX技術で再構築。 リック・ベイカー本人が関わってるから、狼男に変身する場面は『狼男アメリカン』を...
10. ウルフマン  [ ゴリラも寄り道 ]   2010年04月24日 17:16
<<ストーリー>>19世紀末、兄の行方不明の知らせを受けて帰郷した人気俳優のローレンス(ベニチオ・デル・トロ)は、到着早々無残に切り??.
11. 「ウルフマン」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2010年04月24日 17:54
特殊メイクの進化もここまできたかーという自然さ。臓物系も生々しく、食事直後には見たくない感じ?アンソニー・ポプキンス×ベネニオ・デルトロだけあって、期待どおり肉厚な作品になっているけれど、「ということ
12. 映画:ウルフマン THE WOLFMAN 全く予想外にgood! 久々に「古典」登場と言い切りたい。  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2010年04月24日 18:09
まず感心させられたのは、その「映像」 手を抜いたカットはまるで皆無。 「満月」が現れるストーリーに直結した部分(写真)は当然のこと、次々と。。。 1ショットごとに唸らせるまま、時間が経過していく。 で、かつ力を入れすぎた結果、暑苦しい画面になる愚(ありがち!...
13. 「ウルフマン」TOHOシネマズ梅田  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2010年04月25日 12:15
あらすじ 英国のブラックムーア。30年ぶりに、生家のタルボット城に有名な俳優ローレンス・タルボット(ベネチア・デル・トロ)は帰ってきました。兄の婚約者グエン(エミリー・ブラント)から兄が行方不明になったと手紙を受け取ったからです。出迎えたのは冷たい父ジョ....
14. ウルフマン  [ 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing ]   2010年04月25日 12:51
 アメリカ  ホラー&サスペンス&アクション  監督:ジョー・ジョンストン  出演:ベニチオ・デル・トロ      アンソニー・ホプキンス      エミリー・ブラント      ヒューゴ・ウィーヴィング 【物語】  19世紀末、兄の行方不明の知らせを受けて帰郷し....
15. ウルフマン  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2010年04月25日 20:46
【THE WOLFMAN】 2010/04/23公開 アメリカR 15+ 102分監督:ジョー・ジョンストン出演:ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラント、ヒューゴ・ウィーヴィング、ジェラルディン・チャップリン今宵は満月。月が欠けるまで、悲鳴が止まらない。Sto...
16. ウルフマン  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   2010年04月26日 00:06
流れる雲から光る満月が顔を出したら体の中から血が沸きあがって体に剛毛が出てくる。全身に痛みが走り、いつのまにか自分が自分でなくなる。映画を見ていたら、おもわず自分が狼男になった気分になってしまった。
17. ウルフマン  [ 5125年映画の旅 ]   2010年04月26日 10:41
19世紀末の英国。兄の訃報を聞き、故郷に戻ってきた俳優のローレンス。兄は全身がズタズタに引き裂かれていた。犯人の正体は、恐るべき力を持った狼男だった。狼男に襲われ瀕死の重傷を負うローレンス。かろうじて命を取りとめたものの、彼の体にはある重大な変化が起こ....
18. ウルフマン 評価:★★  [ 20XX年問題 ]   2010年04月28日 20:47
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
19. ウルフマン  [ 悠雅的生活 ]   2010年04月29日 09:03
満月の夜。銀弾。苦悩する狼男。
20. ウルフマン  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   2010年04月29日 21:49
ウルフマン’10:米◆原題:THE WOLFMAN◆監督:ジョー・ジョンストン「ジュラシック・パークIII」「遠い空の向こうに」◆出演:ベニチオ・デル・トロ 、 アンソニー・ホプキンス 、 エミリー・ブラント 、 ヒューゴ・ウィーヴィング◆STORY◆19世紀、イギリス・ブラック...
21. ★「ウルフマン」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2010年04月30日 03:46
今週の平日休みはTOHOシネマズららぽーと横浜で2本。 その1本目。
22. ウルフマン 怪物くんも是非ベニチオ・デル・トロで!  [ 労組書記長社労士のブログ ]   2010年04月30日 10:41
【{/m_0167/}=20 -7-】 昨日、ふら〜っと平城遷都1300年祭のメイン会場に行ってみたけど・・・ ただただだだっ広くて・・・たくさん歩くだけで・・・せんとくんにも会えないし・・・う〜んと・・・ よほどの歴史好きか、奈良時代に特別の思い出がある人にはいいのだろうけど...
23. ウルフマン  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2010年04月30日 16:45
満月の夜に起こる惨劇に隠された呪われた一族の忌まわしい事実とは?__。 1941年製作のホラー映画の古典『狼男』をベースに、『ロケッティア』などのジョー・ジョンストン監督がアレンジを加えてリメイク。 出演はベニチオ・デル=トロ、アンソニー・ホプキンス、....
24. ウルフマン  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2010年05月01日 15:10
べニチオ・デル・トロの狼男〜楽しみにしていました【story】19世紀末、兄の恋人のグエン(エミリー・ブラント)から兄の行方不明の知らせを受けたローレンス・タルボット(ベニチオ・デル・トロ)は、帰郷して無残に切り裂かれた兄の遺体と対面する。犯人の捜索中に怪物に襲...
25. 【ウルフマン】首飛ぶの早っっっっ・・・  [ 映画@見取り八段 ]   2010年05月01日 22:20
ウルフマン〜 THE WOLFMAN 〜 監督:  ジョー・ジョンストン    出演: ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラン??.
26. ウルフマン  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2010年05月02日 05:16
2010年5月1日(土) 17:45?? TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:1000円(映画サービスデイ) パンフレット:600円(買っていない) 『ウルフマン』公式サイト 古臭い題材、古臭い設定、古臭いストーリーの、「いつの時代の作品だよ!」な映画。実際、大昔の作...
27. ウルフマン  [ Addict allcinema おすすめ映画レビュー ]   2010年05月04日 12:37
今宵は満月。月が欠けるまで、悲鳴が止まらない。
28. 「ウルフマン」鑑賞  [ 狂人ブログ 〜旅立ち〜 ]   2010年05月05日 22:41
 古典ホラーの代表作「狼男」を、「ジュラシックパーク3」のジョー・ジョンストン監督、「チェ」「トラフィック」のベニチオ・デル・トロ、「羊たちの沈黙」「ハンニバル」のアン...
29. 狼男〜『ウルフマン』  [ 真紅のthinkingdays ]   2010年05月07日 13:54
 THE WOLFMAN  1891年、英国・ブラックムーア。シェークスピア劇の舞台俳優として活躍して いるローレンス(ベニチオ・デル・トロ)は、...
30. ウルフマン  [ Movies 1-800 ]   2010年05月12日 00:57
The Wolfman (2010年) 監督:ジョー・ジョンストン 出演:ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラント、ヒューゴ・ウィーヴィング 1941年作のホラー映画「狼男」のリメイクで、19世紀末のイギリスを舞台に、失踪した兄の捜索の為、久しぶりに帰郷し...
31. 映画:ウルフマン  [ よしなしごと ]   2010年06月07日 07:52
 最近、見たい映画がどんどん終わってしまう。上映終了ぎりぎりに見てもそれを記事にする時間もない。と言うわけで、2週間前によく行く映画館の最終日に見た映画ウルフマンです。
32. 『ウルフマン』 映画レビュー  [ さも観たかのような映画レビュー ]   2011年03月05日 00:58
『 ウルフマン 』 (2010)  監  督 :ジョー・ジョンストンキャスト :ベニチオ・デル・トロ、エミリー・ブラント、アンソニー・ホプキンス、ヒューゴ・ ウィーヴィング、ジェラルディン・チャップリ...

この記事へのコメント

1. Posted by KLY   2010年04月24日 11:08
良くも悪くも古典のリメイクだなぁと思いました。でもデルトロさん自身も言ってましたが、敢えてそのままリメイクしたんでしょうね。
古色蒼然としたダークな映像表現、私はこれ系がとても好きなので、変身シーンも含めて結構気に入りました。
2. Posted by ともや   2010年04月24日 13:05
こんにちは、にゃむばななさん♪
ラストのバトルはちょっとやり過ぎ? …なんて思ってしまいましたが、毛むくじゃらのホプキンスが可愛くて、独り身もだえてました(笑)。

変身シーンは申し分ないんで、古典リメイクにこだわらず、もっと面白いオリジナル・ストーリーでやっても良かったかもしれないですよね〜♪
3. Posted by BROOK   2010年04月24日 14:16
手厳しいレビューが目立ちますが、
個人的にはなかなか面白かったです。

グロい描写の数々にはビックリしました。
変身シーンは凄い!のひと言。

ラストのバトルは笑ってしまいました。
ホプキンスも頑張っていましたね。
4. Posted by えふ   2010年04月24日 16:06
クラシックホラーとVFXで楽しめましたね。
ただそれだけだったのでこれといった感想が湧いてこないのが残念(苦笑
ベネチオ・デル・トロはわざわざ変身しなくてもOKでしたわ(爆
5. Posted by えい   2010年04月24日 16:43
こんにちは。

ぼくは、あまりノレなかったです。
どうも、クラシック・ホラーを
今の手法で再現するというのが
自分には合わないみたい。
ある程度、すかすかの方が、
想像の余地が残されていて
楽しめるような、
そんな気がしています。
6. Posted by にゃむばなな   2010年04月24日 17:00
KLYさんへ

そうですね。
良くも悪くもというのが一番妥当な評価でしょうね。

私もこういう雰囲気が好きなんで、結構楽しめましたよ。
7. Posted by にゃむばなな   2010年04月24日 17:03
ともやさんへ

多分オリジナルが大好きなデル・トロは昔の雰囲気をそのまま再現したかったんでしょうね。
ジャック・ニコルソン版のようにはしたくなかったんでしょう。
8. Posted by にゃむばなな   2010年04月24日 17:05
BROOKさんへ

まぁあのアンソニー・ホプキンスがラストバトルに参戦するとは思いませんでしたから、ちょっとびっくりでしたね。

でもあの御大はあれだから逆にいいんでしょうね。
9. Posted by にゃむばなな   2010年04月24日 17:07
えふさんへ

デル・トロ自身がフランケンシュタインみたいな怪物顔してますからね。
変身しないと狼男かフランケンシュタインか見分けがつかなくなるかも?
10. Posted by にゃむばなな   2010年04月24日 17:11
えいさんへ

『猿の惑星』もそうでしたが、技術的に不完全だからこそ生まれる恐さってありますよね。
それが革新した技術で失われるというのは分かりますよ。

ですからこの映画もそういう部分で好き嫌いが分かれてしまうのかも知れませんね。
11. Posted by たいむ   2010年04月24日 17:54
アンソニーには「世界最速のインディアン」のような役を沢山やってほしいのだけど、結局レクター博士が見え隠れしちゃう作品ではそっちを期待してしまう。

古典ばやりのこの頃。もう少し脚本にひねりが欲しいかなー
12. Posted by にゃむばなな   2010年04月24日 22:18
たいむさんへ

アンソニー・ホプキンスも一度は引退してギャラを吊り上げてもらいましたからね。
そろそろ何でもいいみたいな路線から卒業してもらいたいものですよ。

古典リメイクブームに乗って、次はどの作品が蘇るんでしょうね。
是非脚本には気をつけてほしいものですね。
13. Posted by YUKKO   2010年04月25日 12:08
たいした期待を抱かずに見に行き、なんだか、物凄い得した気がしました。古典的な作りに新しさが入ってスリル、サスペンスが満載ですね。ただ、あれほどグエンが調べてたのに、ウルフマンを救う方法はないのかなあ?
14. Posted by にゃむばなな   2010年04月25日 14:10
YUKKOさんへ

まぁ期待せずに見て楽しめる程度が一番かも知れませんね。
私はジョー・ジョンストン監督という部分で楽しんでいたのですが、世間一般では古典的な作風とVFXの融合を楽しむのが一番でしょうね。
15. Posted by yukarin   2010年04月25日 21:34
こんばんは♪
変身シーンは見応えありましたね〜。
デル・トロさんはそのまんまでもいけそうな感じでしたが(笑)
時代の雰囲気など映像的には気に入ってるんですけど、どうもお話の印象が薄かったです。
16. Posted by にゃむばなな   2010年04月25日 21:42
yukarinさんへ

お話はまんまオリジナルのままにしたんでしょうね。
デル・トロがこの映画が好きと言ってましたし、彼自身もそうしたかったからこそ製作に名を連ねたのでしょう。

でも変身シーンは本当に面白かったですね。
17. Posted by えめきん   2010年04月26日 10:46
こんにちは。

デル・トロ×ホプキンスということで期待していましたが、キャラクター自体に深みが足りなかったのは残念な所でした。二人の存在感は流石だったので、余計に残念ですね。

B級好きとしては、狼男が大暴れするパニック描写が開き直ったかのようにB級だったのが好印象でしたね。最後の対決もベタベタながら興奮してしまいました。
18. Posted by にゃむばなな   2010年04月26日 17:16
えめきんさんへ

狼男が大暴れするくだりは本当に面白かったですね。
悲鳴ではなく人々がパニックになる様子で狼男の恐ろしさを描いたところなど、私も好きです。
19. Posted by 悠雅   2010年04月29日 09:08
オリジナルを観てない(か、観ても大昔すぎて忘れてる)のに、
顔ぶれだけで筋書きの見当がほとんど外れないお話というのは、
逆に安心して観れるとも言え、
その分、できたらもうちょっと穏やかに…と思う大暴れのシーンで、
中和されたような感じ(笑)
血腥いお話ではあるけど、わたしはこの作品が嫌いじゃないです。

20. Posted by にゃむばなな   2010年04月29日 11:07
悠雅さんへ

ホラー映画のジャンルに属していながら安心して見れるのも、ちょっとどうかと思いつつも、やはりこういう古典ホラーはいいですよね。
雰囲気を楽しめるのがよかったのかも?と思いました。
21. Posted by 由香   2010年05月01日 15:14
こんにちは〜♪
GWは如何お過ごしですか?

この映画の持つ雰囲気が好きでした〜
ストーリーに目新しさがなかったのが残念ですが、それでも結構入り込んで観れたわ〜
デル・トロの変身シーンは見事でしたね。
あんな場面を目の当たりにしたら逃げるのを忘れて見入りそうです(笑)
22. Posted by にゃむばなな   2010年05月01日 16:53
由香さんへ

GWは部屋の掃除で忙しくなりそうです。最近まともにしていませんでしたので。

で、この映画ですが、やっぱりこういう古典ホラー作品の雰囲気っていいですよね。
VFXもいい具合でしたし、これからはこういう映画が増えるんでしょうね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載