2010年05月14日

『グリーン・ゾーン』

グリーン・ゾーンすっきりしない映画でした。大量破壊兵器がイラクには存在しなかったことは今や誰もが知る事実なのに、今になってこういうアメリカ映画を見せられても何とも言い様がありません。痛烈な身内批判もなければ、自分たちの行いに対する自己反省もない。本当に何が言いたいのかはっきりしないので、見終わった後もすっきりしない映画でした。

マット・デイモンが演じる何が何でも大量破壊兵器を見つけ出したい主人公のロイ・ミラー准尉。しかし軍からの情報はスカばかりなうえに、作戦会議の場で情報源の正確さを確認しようとしても上官の圧力で有耶無耶にされる。OPの戦闘シーンの緊張感が凄いがゆえに、彼がより情報源の正確さを求める必死さはよく分かるのですが、ただこのミラー准尉という人間がいまいちよく分からないんですよね。

というのも情報源を有耶無耶にする上層部に不信感を抱いているくせに、CIAのブラウンや国防総省のパウンドストーン、果ては突然現れたイラク人のフレディの言葉を裏取りもせずにすぐに信じよるんです。
しかもフレディの情報を聞くや否や、それが罠かも知れないという危険予測もせずにすぐさま軍事行動を起こすわ、証拠品の手帳を信用できるかどうかまだ分からないブラウンに簡単に渡すわ、軍曹がとある軍事行動をたしなめてきても聞く耳持たずと、本当にもうちょっと現状を考えて初対面の人間を疑えよ!ちょっとは周りをよく見て考えろよ!とツッコミたくなるんです。

また建物が戦闘で破壊されまくったバグダッド市内とは異世界になっている、ここはリゾート地か?と思えるようなグリーン・ゾーンの内側を見ても、そのギャップに心を痛めるとか疑問を持つとかも特にないこのミラー准尉。
結局彼は正義や愛国心で動いているのかどうなのか、国は違えど愛国心の強いフレディを信じて仲間にする一方で家族の安全を保証すると約束したイラク人が拷問で落命してもさほど気落ちもしないなど、とにかく彼の行動や信念に説得力も一貫性もないんです。

そしてそれはまたこの映画の行き着く先も同じで、結局何が言いたいのか分からないんですよね。
仮にイラク戦争を始めた責任者であるドナルド・ラムズフェルドを彷彿とさせるパウンドストーンを痛めつけて痛烈なブッシュ政権批判をするとか、イラクにおけるアメリカ兵の現状をミラー准尉の視点で見せることでアメリカの自己反省を促すとかすれば、『ハート・ロッカー』『告発のとき』『さよなら。いつかわかること』のような反戦映画だと理解できるのですが、最後に取って付けた様にフレディに「お前たちにこの国のことは決めさせない」と言わせてもね~。そんなこと今改めて言うことですか?って話ですよ。

ラストもミラー准尉がマスコミ各社にあんなメールを送って正しい記事を書いてくれと懇願してましたが、そもそも「マゼラン」の正体を裏取りせずに記事を書いたマスコミを批判しておいて、裏取りできない自分のメールを基に記事を書いてくれというのもどないやねん!って話ですよ。

結局アクションは凄いですが、ストーリーは現状を見ずに書かれたような見応えのないもの。まさに「グリーン・ゾーン」というタイトル通り、何か一部分だけでごちゃごちゃやっているだけのすっきりしない映画でした。

深夜らじお@の映画館はまず疑い、次に考えてから他人を信じることにしています。


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. グリーン・ゾーン  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2010年05月14日 21:27
公式サイト。ポール・グリーングラス監督、マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアン、イガル・ノール、ハリド・アブダラ、ジェイソン・アイザックス。これは一見、「事実を元にした映画」風だけれど、実際には、普通に戦争物の娯楽....
2. グリーン・ゾーン  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   2010年05月14日 22:29
イラク戦争の開戦理由の一つだった大量破壊兵器の保有が幻想だったことは周知のことだ。でも、大筋でこの映画の描写がほんとうならあの戦争はなんだったのか。こんな内容の映画を作ってしまうとは、たいしたものだ。娯楽作品として見るのがいい。
3. グリーン・ゾーン  [ 象のロケット ]   2010年05月14日 22:32
ロイ・ミラー上級准尉の部隊は、イラクの砂漠地帯に隠された大量破壊兵器を探す極秘任務に就くが、捜索作戦はいつも空振りに終わり、兵器の痕跡すら発見できない。 糸口と思われた重要参考人さえも、国防総省によって奪われてしまう。 上官と情報源に不信感を持ったミラー...
4. グリーン・ゾーン  [ 晴れたらいいね〜 ]   2010年05月14日 23:13
この手の映画は、どうもそそられてしまいます。14日はTOHOシネマズ千円の日♪つうことで、公開初日の初回に観てきました。マット・デイモンの「ボーン・シリーズ」は、好きです。その2,3作の監督ポール・グリーングラスとのコラボだったら、観に行きますよ(笑)あのまっと....
5. 『グリーン・ゾーン』・・・MOVIXで「グリーン・ゾーン」シートを探せ!  [ SOARのパストラーレ♪ ]   2010年05月14日 23:51
イラク戦争を語る上で欠かせないキーワードのひとつである“大量破壊兵器”。この存在を大義として半ば強引にイラクへの攻撃を開始した時のブッシュ政権。けっきょくアメリカはイラクの大量破壊兵器保有を裏付ける証拠を見つけることができず、世界の警察を自負する大国の威...
6. [映画『グリーン・ゾーン』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2010年05月15日 00:05
☆先のイラク戦争のアメリカの大義としてあった「大量破壊兵器の脅威を排除」、それを、バグダッドの現場での捜索の指揮を執っていた部隊リーダーの物語。  手持ちカメラでの撮影映像は臨場感あるが、私のようなおじさんにはいささか目が疲れるも、「占領地」特...
7. グリーン・ゾーン  [ グリーン・ゾーン: LOVE Cinemas 調布 ]   2010年05月15日 00:53
『ボーン・スプレマシー』、『ボーン・アルティメイタム』でコンビを組んだポール・グリーングラス監督とマット・デイモンが、イラクを部隊に大暴れ!大量破壊兵器の有無に隠されたアメリカ政府の内紛に翻弄される主人公を描いたサスペンス・アクションだ。脚本は『ミスティ...
8. 劇場鑑賞「グリーン・ゾーン」  [ 日々“是”精進! ]   2010年05月15日 05:32
「グリーン・ゾーン」を鑑賞してきました「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」の監督・主演コンビ、ポール・グリーングラス&マット・デイモンが、イラクの戦場を...
9. グリーン・ゾーン  [ Akira's VOICE ]   2010年05月15日 10:06
「戦争」なんて,もともと無意味。  
10. 映画:グリーン・ゾーン Green Zone スニークプレビューで全米公開前に観た、最新アクション!  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2010年05月15日 11:21
日本では珍しいことだと思うが、直前まで「何をみるかわからない」試写会(スニークプレビュー)に参加してきた! う〜んスリル満点。。。 上映前に明かされた映画タイトルは、グリーン・ゾーン Green Zone。 まだアメリカでも3月12日公開、日本では 5月公開という、バ...
11. グリーン・ゾーン  [ Lovely Cinema ]   2010年05月15日 20:18
JUGEMテーマ:映画館でみました!114分間 あなたは最前線へ送り込まれる。
12. グリーン・ゾーン  [ to Heart ]   2010年05月15日 21:54
グリーン・ゾーン──。そこは、偽りに支配された安全地帯。 原題 GREEN ZONE 製作年度 2010年 製作国・地域 フランス/アメリカ/スペイン/イギリス 上映時間 114分 脚本 ブラ...
13. グリーン・ゾーン  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2010年05月15日 22:40
【GREEN ZONE】 2010/05/14公開 アメリカ 114分監督:ポール・グリーングラス出演:マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアン、ハリド・アブダラ、ジェイソン・アイザックスグリーン・ゾーン──。そこは、偽りに支配された安全地帯....
14. グリーン・ゾーン  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2010年05月15日 23:18
『ボーン・アルティメイタム』のポール・グリーングラス監督×マット・デイモンのコンビということで観て来ました〜【story】ロイ・ミラー(マット・デイモン)と彼の部隊は、大量破壊兵器の行方を追う任務に就くが、国防総省の要人パウンドストーン(グレッグ・キニア)によ...
15. 「グリーン・ゾーン」TOHOシネマズ梅田  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2010年05月15日 23:49
「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」のポール・グリーングラス監督がマット・デイモンと3度目のコンビを組みました。 あらすじ 2003年イラク戦争勃発から3週間後、米国陸軍上級准尉ミラー(マット・デイモン)は大量破壊兵器の情報に不信を抱いています...
16. 「グリーン・ゾーン」鑑賞  [ 帰ってきた二次元に愛をこめて☆ ]   2010年05月16日 01:20
世界に目を向ける気持ちがある人には面白い映画マット・ディモンを見に来た人にはつまらない映画・・かもwイラクに大量破壊兵器があるそれがアメリカのイラク侵略の理由だがそれは...
17. 「グリーン・ゾーン」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2010年05月16日 09:31
有るから”脅威”として戦争を吹っかけたのに、その有るハズの”大量破壊兵器”はいつになっても発見されない、というのは実際にあった話。この映画は、そんな事実をもとにして(勘ぐって)、実は宣戦布告の”大義名
18. グリーン・ゾーン / Green Zone  [ 勝手に映画評 ]   2010年05月16日 15:29
2003年3月19日に米軍を始めとした有志連合がイラクに攻撃を始める『証拠』である『大量破壊兵器』。探せば探すほど、その存在に疑問が生じてくる『大量破壊兵器』の謎に、マット・デイモン演じるロイ・ミラーが命を掛けて迫ります。 いまとなっては『大量破壊兵器』なるモノ...
19. グリーン・ゾーン  [ 犬・ときどき映画 ]   2010年05月16日 21:37
グリーン・ゾーン「GreenZone」 <Story> イラクが大量破壊兵器を隠しているとの情報を得て、ロイ・ミラー(マット・デイモン)が率いる部隊は、情報通りの場所を捜索していた、しかしその作戦も3度失敗し、兵器は見つからない。 情報源が確かなのか上官に詰め寄るミラー、...
20. 「グリーン・ゾーン」  GREEN ZONE  [ 俺の明日はどっちだ ]   2010年05月17日 00:45
・ 『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』で良い仕事を見せてくれたマット・デイモンとポール・グリーングラス監督が、三度合い見えタッグを組んだ期待のサスペンス・アクション。 冒頭のアメリカ軍の空爆から逃げ惑うフセインの側近の軍関係者の姿を手持ち...
21. グリーン・ゾーン  [ 心のままに映画の風景 ]   2010年05月17日 01:56
フセイン政権陥落直後のイラク、バグダッド。 米陸軍のロイ・ミラー准尉(マット・デイモン)の部隊は、大量破壊兵器の発見という極秘任務??.
22. 一番の悲劇は・・・。『グリーン・ゾーン』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2010年05月17日 19:24
イラク中心部のアメリカ軍駐留地域グリーン・ゾーンを舞台に大量破壊兵器の所在の秘密を描いた作品です。
23. 「グリーン・ゾーン」戦場のジェイソン・ボーン(^^;??  [ シネマ親父の“日々是妄言” ]   2010年05月17日 20:30
[マット・デイモン] ブログ村キーワード  “主演 マット・デイモン 監督 ポール・グリーングラス”3度目のタッグ。「グリーン・ゾーン」(東宝東和)。「ボーン」シリーズの2人が仕掛けた、“ノンストップ・アクション大作”(←何か安っぽいな??、この書き方…)。『114分間、...
24. グリーン・ゾーン  [ そーれりぽーと ]   2010年05月17日 22:06
最強タッグでシリアスなドンパチもの?? 『グリーン・ゾーン』を観てきました。 ★★★★ スティーブン・ソダーバーグ辺りが撮ってたらもっと人物に焦点当てた社会派映画になってたろうけど、ボーンシリーズ2&3で大成功した監督作だけあって、功名な展開とアクションが前...
25. グリーン・ゾーン  [ ともやの映画大好きっ! ]   2010年05月17日 23:14
(原題:GREEN ZONE) 【2010年・フランス/アメリカ/スペイン/イギリス】完成披露試写で鑑賞(★★★☆☆) イラク戦争の大義とされた「大量破壊兵器」を巡り、その情報に疑問を抱いた一人の米軍兵士が真実を追求していくサスペンス・アクション。 イラク戦争開戦から4...
26. 『グリーン・ゾーン』は諸刃の剣  [ 映画のブログ ]   2010年05月19日 00:27
 【ネタバレ注意】  『グリーン・ゾーン』は、イラク戦争の背景に焦点を当てて映画化した作品である。  本作はワシントン・ポストのバギ..
27. グリーン・ゾーン  [ 5125年映画の旅 ]   2010年05月19日 07:40
混迷するイラク戦争。フセインが逃亡し、イラク軍の統制が乱れる中、アメリカ軍のミラー准尉は大量破壊兵器探していたが、一向に発見することが出来ずにいた。兵器の在処をリークする情報源に疑念を抱いたミラーは独自に行動を起こし、大量破壊兵器の所在を知る最重要人物....
28. グリーン・ゾーン  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2010年05月19日 17:23
2003年、米英連合軍によって陥落したイラクの首都バグダッドで、この街のどこかに隠されているはずの大量破壊兵器を探す任務を負った兵士が直面した真実に迫る緊迫のアクション。 物語:イラク戦争開戦から四週間、米陸軍のロイ・ミラー上級准尉(マット・デイモン)....
29. 『グリーン・ゾーン』: こわごわと提示された余りに遅すぎる疑問  [ マスコミに載らない海外記事 ]   2010年05月20日 01:08
Jane Stimmen 2010年3月19日 監督:ポール・グリーングラス、脚本:ブライアン・ヘルゲランド、ラジブ・チャンドラセカランの著書に基づくもの イギリス生まれのポール・グリーングラスが監督した映画『グリーン・ゾーン』は、ラジブ・チャンドラセカランによる2006年の本『...
30. グリーン・ゾーン  [ ゴリラも寄り道 ]   2010年05月20日 09:43
<<ストーリー>>ロイ・ミラー(マット・デイモン)と彼の部隊は、砂漠地帯に隠された大量破壊兵器の行方を追う極秘任務に就くが、国防総...
31. 「グリーン・ゾーン」  [ ひきばっちの映画でどうだ!! ]   2010年05月21日 16:54
                               「グリーン・ゾーン」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・ポール・グリーングラス 帰京して一発目は、マット・デイモン主演×監督ポール・グリーングラスという「ボーン・スプレマシー」、「ボーン・ア...
32. 「グリーン・ゾーン」感想  [ 狂人ブログ 〜旅立ち〜 ]   2010年05月21日 23:00
 イラク戦争戦時下のイラク・バグダッド。ロイ・ミラー率いるMET隊は、大量破壊兵器(WMD)捜索作戦を三度展開するも、いずれも空振り。飛び交う嘘情報に苛立ちを募らせてい...
33. グリーン・ゾーン  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2010年05月23日 14:02
 『決死のWMD<大量破壊兵器>捜索、唯一の手掛かりは”偽情報”だった─。』  コチラの「グリーン・ゾーン」は、「ボーン・スプレマシー」、「ボーン・アルティメイタム」のポール・グリーングラス監督&マット・デイモン主演の3度目のタッグとなる5/14公開の戦争サスペ....
34. グリーン・ゾーン  [ Yuhiの読書日記+α ]   2010年05月25日 00:13
「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」のポール・グリーングラス監督&マット・デイモンによるサスペンス・アクション。その他のキャストはグレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアン、ハリド・アブダラ、ジェイソン・アイザックス他。 ...
35. 大量破壊兵器は存在しない〜『グリーン・ゾーン』  [ 真紅のthinkingdays ]   2010年05月25日 11:42
 GREEN ZONE  2003年、「大量破壊兵器が存在する」という大義名分のもと、アメリカはイラク に戦争を仕掛ける。軍からの指令により、兵宮.
36. ★「グリーン・ゾーン」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2010年05月26日 03:22
マット・デイモン主演でポール・グリーングラス監督作といえば、 「ボーン〜」シリーズのコンビ。 原題も「GREEN ZONE」だけど、これはイラク・バクダッドの米軍駐留地域の事。
37. 「グリーン・ゾーン」を観る  [ 紫@試写会マニア ]   2010年05月28日 09:57
すっかり試写会に見放された私ですが、「拾う神」が試写ハガキを譲渡してくれました(感涙)。久しぶりの試写は結構♪ファンなマット・デイモン主演「グリーン・ゾーン」。 名作(笑)「ボーン」シリーズのイメージを損なわず、アカデミー賞総なめの「ハート・ロッカー」の...
38. グリーン・ゾーン  [ Movies 1-800 ]   2010年05月30日 01:51
Green Zone (2010年) 監督:ポール・グリーングラス 出演:マット・デイモン、 グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、 エイミー・ライアン 2003年、米軍によるイラク制圧後、グリーン・ゾーンと呼ばれる占領地帯で、開戦の要因となった大量破壊兵器(WMD)を捜索する...
39. 『グリーン・ゾーン』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2010年05月30日 23:05
  □作品オフィシャルサイト 「グリーン・ゾーン」        □監督 ポール・グリーングラス □脚本 ブライアン・ヘルゲランド □キャスト マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライ...
40. グリーン・ゾーン ぎりぎりマット・デイモン愛でるだけの映画になるのを回避(笑)  [ 労組書記長社労士のブログ ]   2010年06月02日 10:18
【{/m_0167/}=19 -7-】 マット・デイモン好きのうちの奥さんが「絶対に観に行く!」と息巻いていたら、試写会が当たった☆⌒(>。≪)イテェ 試写会場は初めて行くABCホール、どの席がいいのかわからんかったから、最前列の真ん中あたりを陣取ってみた(スクリーンが小さいし...
41. 映画:グリーン・ゾーン  [ よしなしごと ]   2010年06月19日 02:10
 マット・デイモン主演で、ポール・グリーングラスなのでもっと流行ると思っていたのですが、思いの外上映期間が短かったグリーン・ゾーンを上映終了ぎりぎりで観てきました。
42. グリーン・ゾーン 評価:★★★  [ 20XX年問題 ]   2010年06月20日 22:56
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
43. グリーン・ゾーン  [ メルブロ ]   2010年06月26日 23:16
グリーン・ゾーン(原題:GREEN ZONE)317本目 2010-21 上映時間 1時間54分 監督 ポール・グリーングラス 出演 マット・デイモン(ロイ・ミラー)     グレッグ・キニア(クラーク・パウンドストーン)      ブレンダン・グリーソン(マーティン・ブラウン) ....
44. グリーン・ゾーン  [ Addict allcinema おすすめ映画レビュー ]   2010年08月01日 01:02
グリーン・ゾーン──。そこは、偽りに支配された安全地帯。 【関連記事】 グリーン・ゾーン 【壁紙1】 【壁紙2】 
45. 「グリーンゾーン」戦争の目的  [ ノルウェー暮らし・イン・London ]   2010年08月25日 18:19
見た直後は、聞いていた評判のわりに面白かった!と思ったのだけど・・・・ 機内上映で観たせいか、見てから随分時間がたってしまったからか、結末が印象に薄い。
46. No.230 グリーン・ゾーン  [ 気ままな映画生活 ]   2010年12月15日 21:51
【評価ポイント】 ☆をクリックしてこの映画の評価をお願いします(5段階評価) var OutbrainPermaLink='http://blog.livedoor.jp/z844tsco/archives/51787981.html';var OB_demoMode = false;var OBITm = "1221446538656";var OB_lang ...
47. mini review 10512「グリーン・ゾーン」★★★★★★★☆☆☆  [ サーカスな日々 ]   2010年12月27日 07:13
『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』のマット・デイモンとポール・グリーングラス監督が、3度目のタッグを組んだサスペンス・アクション。イラク中心部のアメリカ軍駐留地域“グリーン・ゾ...
48. 【映画】グリーン・ゾーン…私なりに色々書いたけど全部削ってこんな感じ。  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2011年01月15日 12:59
まずは近況報告 先週は息子が帰省。で、2010年11月5日(金曜日)に関東の方に戻りました。 息子が帰って来たからと言って、特に何もしてやらなかったけど、私の家がヤツの息抜きになったのなら幸い…どうなんだろうねぇ バイク買うからお金貸してくれとか、財布の中身を落.....
49. 『グリーン・ゾーン』 映画レビュー  [ さも観たかのような映画レビュー ]   2011年02月11日 12:48
『 グリーン・ゾーン 』 (2010)  監  督 :ポール・グリーングラスキャスト :マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアン、ジェイソン・アイザックス、ハリ...
50. 『グリーン・ゾーン』'10・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   2011年06月11日 09:21
あらすじミラーと彼の部隊は、砂漠地帯に隠された大量破壊兵器の行方を追うが・・・。感想『ボーン』シリーズのポール・グリーングラス監督と主演のマット・デイモンが再びコンビを...

この記事へのコメント

1. Posted by SOAR   2010年05月14日 23:59
ミラーのやる事がすべて行き当たりばったりで、国家の陰謀に立ち向かう男にしてはなんだかな〜、でしたね。
大量破壊兵器について今さらその真相をと言われても「おいおい」ってなモンですが、それでも見応えはなかなかだったと思います。
2. Posted by KLY   2010年05月15日 01:06
単にアクション映画としてみれば十分面白かったと思うんですよ。でもねぇ、何だか「いやさ、俺らのほうでもそんなんないって奴ら一杯いたんだけど、結局内部的に意見通らなくってね。」みたいな。通ろうと通るまいとやったことは事実なんだから、グダグダ言い訳する前に言わないかんことあるやろ!ってなもんでして…。どうもすっきりしないってのは全く同感でした。

そうそう、フレディの言葉ね!全くです。今更なにゆーとんねん!って。
3. Posted by BROOK   2010年05月15日 06:31
たしかにスッキリとはしませんでしたね。
イラク戦争を描いているので仕方ないのかもしれません・・・。

アクション映画としては充分に楽しめました。
4. Posted by にゃむばなな   2010年05月15日 16:58
SOARさんへ

ほんと、ミラーの行動に計画性があまり感じられないんですよね。
しかも大量破壊兵器捜査の裏側をこんな形で言われても、誰も「おぉ〜」なんて言いませんよね。
5. Posted by にゃむばなな   2010年05月15日 17:04
KLYさんへ

そうそう、アクション映画として見れば十分面白いんですよ。
でもアメリカの負の歴史になったイラク戦争でこんなことを言われても、おいおいアメリカは反省しとらんのか?になってしまいますよね。
ほんと、イラク戦争について真正面から向き合っていない感じがしましたよ。
6. Posted by にゃむばなな   2010年05月15日 17:11
BROOKさんへ

イラク戦争を描いている云々よりも、アクション映画にしていながら中途半端に反戦映画を気取っているところかも知れませんね。
本当にすっきりしない映画でしたよ。
7. Posted by えふ   2010年05月15日 20:18
臨場感のある戦闘シーンは良かったのですが、
やはり大量破壊兵器がある?ない?で
わがまま勝手にやってる態度が鼻をつきましたね(苦笑
8. Posted by にゃむばなな   2010年05月15日 21:26
えふさんへ

大量破壊兵器について今更改めて言うことか?って感じが拭えない映画でしたよね。
なんか時代遅れみたいな感じもしましたよ。
9. Posted by yukarin   2010年05月15日 23:03
こんばんは♪
確かにすっきりしない作品ではありますね。
でもアクション映画として観ると臨場感があって楽しめました。
10. Posted by ちゃぴちゃぴ   2010年05月15日 23:17
にゃむばななさん、こんばんは〜

おっ、手厳しいですね。観てる間はアクション映画モードだったので、楽しんでみました。
ボーンシリーズが観たくなって、さっき観てました。
イラク戦争もんとか、戦争仕掛け人的な匂いのする映画は、ちょっと時期がすでに遅かったかもしれないですね。
でもね、今更ながらのあの言葉は、未だ向こうの人はわかってないからこそと思います。
11. Posted by 由香   2010年05月15日 23:24
こんばんは〜♪
私もスッキリしないなぁ〜この映画―と思っていたのですが、にゃむばななさんの記事を読んで、改めてその理由が分かりました(笑)
>彼の行動や信念に説得力も一貫性もないんです
そうなんですよね〜ミラーがイマイチよく分からんキャラでした。
危なっかしいにもほどがある。
>ストーリーは現状を見ずに書かれたような見応えのないもの
うん、、、そう思います。
言い過ぎかもしれませんが、こんな映画作って恥ずかしくないのかな?なんて思いが過りましたよ(汗)
12. Posted by YUKKO   2010年05月15日 23:48
ミラーって実在のモデルとなる人がいたそうです。だから、2時間弱では描ききれないもっといろいろな物語が実際にはあるのではないのかなと思います。
私はただ、ひたすら、マット・デイモンが「グッド・ウィル・ハンティング」の頃と段違いと思い、少し感慨深かったです。今更ですか?ハンサム好きな私にとって、眼中になかった俳優なもんで・・・。
13. Posted by たいむ   2010年05月16日 09:32
こんにちは。
反戦っぽいけど、ほとんどエンタメと理解してますが、へんにリアルとリンクしているから中途半端に感じちゃいますよね。

マット好きなので、そこだけで私はOKですけど(^^;)
14. Posted by にゃむばなな   2010年05月16日 11:41
yukarinさんへ

アクション映画としては臨場感もあり楽しめたのですが、それなら別にイラク戦争を題材にしなくても・・・でしたよ。
ほんと、なんでこんな作品を映画化したんでしょうね?
15. Posted by にゃむばなな   2010年05月16日 11:50
ちゃぴちゃぴさんへ

これがブッシュ政権2期目の初年度に公開された映画ならまだしも、もうオバマ政権になって2年目ですからね。
時期が遅いにもホドがあるってなもんですよ。
ほんとアメリカにはまだ何にも分かっていない人もいるんですね。
16. Posted by にゃむばなな   2010年05月16日 11:57
由香さんへ

> 言い過ぎかもしれませんが、こんな映画作って恥ずかしくないのかな?なんて思いが過りましたよ(汗)

いや、これは言い過ぎどころかその通りだと思いますよ。
なんかアメリカだけまだ何も分かっていないというのがまざまざと映画に現れていた感じでしたもん。
ほんま、アメリカっていう国もよく分かりません。
17. Posted by にゃむばなな   2010年05月16日 12:00
YUKKOさんへ

マット・デイモンも『グッド・ウィル・ハンティング』の頃と比べると、ごっつい変わりましたよね。
もう演技派というよりはニコラス・ケイジみたいに何でもやりまっせ的な感じがします。
18. Posted by にゃむばなな   2010年05月16日 12:07
たいむさんへ

反戦っぽいのですが、全く反戦映画になっていないんですよね。
というか、未だにアメリカは間違っていない!と言っているような感じで。
ほんま、あの国は大丈夫ですかいな?と思いますよ。
19. Posted by オリーブリー   2010年05月17日 19:45
こんばんは。

あえてエンタメに徹したのか、人物像もエピも掘り下げてはいませんでしたね。
もう少しアメリカのキナ臭い思惑が錯綜しても良かったかも。
私は普通のアクションと思って出かけたので楽しめました。
20. Posted by にゃむばなな   2010年05月17日 20:05
オリーブリーさんへ

エンタメに徹するのなら別にイラク戦争を題材に使う必要なんてなかったと思うんですよね。
とにかくこの映画を作る時期を間違えているとしか思えませんでしたよ。
21. Posted by ともや   2010年05月18日 00:46
こんばんは、にゃむばななさん♪
イラク戦争自体がすっきりとしない曖昧としたモノだったんで、こういう作品になっちゃったんでしょうね〜。
ただ、グリーングラス監督の見せ方は緊張感たっぷりで、ともやはずっとハラハラドキドキしてましたわん♪
こういう映画の中でちょっとした真実を垣間見せてくれる作品は、意外と好きですww
22. Posted by にゃむばなな   2010年05月18日 10:26
ともやさんへ

この監督、緊張感のある見せ方は本当に巧いんですよね。
それだけにもう少し脚本が何とかならんかったのかなと思いましたよ。
23. Posted by えめきん   2010年05月19日 07:43
こんにちは。

ポール・グリーングラス×マット・デイモンということで、『ボーン』シリーズのようなアクションや緊迫感を期待してたんですが、思っていた以上に戦争映画してて、アクションはちょっと物足りなかったですね。
緊迫感に関しても、大量破壊兵器がないことはとっくに知っているので、物語上でのハラハラ感はありませんでした。

僕も他のイラク戦争映画より評価が下でしたね。
24. Posted by にゃむばなな   2010年05月19日 16:10
えめきんさんへ

イラク戦争という題材をもって描くべき映画でなかったように思いましたよ。
アクション映画としては面白かったんですけどね。
25. Posted by miyu   2010年05月23日 14:02
にゃはは、おっしゃる通りなんですけどねぇ。
でも、裏取りしてたら話が進まないんだよね。
実際はちゃんとそうすべきだし、
そうじゃないとなんか居心地が悪いんだけどね。
映画ってある程度はしょうがないところかもなぁ
ってのはありますよね。
26. Posted by にゃむばなな   2010年05月23日 15:12
miyuさんへ

まぁ映画の尺を考えると、そういうのは省かれても当然なんですけど、普通はセリフでフォローするとか、編集でフォローするとかするんですけど、この映画にはそれがありませんでしたからね。
それがちょい残念でしたよ。
27. Posted by ノルウェーまだ〜む   2010年08月25日 19:26
にゃむばななさん、こんにちは☆
私も評判の割りに面白かった!と思った先からラストが思い出せないくらい、印象の薄い映画となってしまいました。
きっと、社会派問題提起映画にしたいのか、何なのか映画の行く先があいまいだったからなのでしょうね。
ボーンじゃないんだからっ!ってかんじでした。
28. Posted by にゃむばなな   2010年08月25日 20:54
ノルウェーまだ〜むさんへ

戦争反対への希求もない、いったい何が言いたいのか分からない映画でしたね。
というか、大量破壊兵器がないと分かってから何年経ってこんな作品を撮ってるねん!と思いましたよ。
29. Posted by シムウナ   2010年12月30日 00:53
TB有難うございました。
ジェイソン・ボーンシリーズの監督と主演
ということでかなりの期待を持ったのですが
自分にはイマイチでした。しかし、アメリカが
この題材をそして真相を描いたには
感服します。
30. Posted by にゃむばなな   2010年12月30日 11:06
シムウナさんへ

時代遅れの映画でしたよね。
アメリカの自己反省のなさを感じましたよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載